「ブロック機能」のリニューアルについて

簿記の2級しか持ってません。
教えてください。
設立三期目で前二期は赤字でした。
市民税と県民税のみの支払いでした。
今期は前期分の県民税の支払いが、利子割(81円)と相殺されて、
19,919円でした。
それで、法人税等は69、919円でした。

そうやって作っていくと、最終的に納税充当金が70,081円になってしまって、未払法人税等の70,000円にはならないことになりました。

納税充当金は未払法人税等と一致させると聞いた覚えがあるのですが、
未払法人税等を70,081円にあわせることになるのでしょうか?
それとも別に何か考え違いをしているのでしょうか?

<前期の申告書>
別表5の(1)
(期首)
還付県民税     11
繰越損失   700,000
納税充当金   64,100

(減)
還付県民税     11
繰越損失   700,000
納税充当金   64,100

(増)
還付県民税      81
繰越損失   2,000,000
納税充当金    70,000

(差引翌期)
還付県民税      81
繰越損失   2,000,000
納税充当金    70,000

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

NO.1です。



NO.2さんのお礼のところにあるやつだと
期首
△81
20,000
計19,919

充当金取崩し納付
計 19,919

損金経理による納付
△81
当期  20
計 △61

未払法人税等/現金預金 69,919
未払法人税等/雑収入    81
上記の仕訳がしてあるということですので
充当金の取り崩しは20,000円
損金経理のところが△81円にすればあいますよ。
今の状況だと81円分二重になってしまっています。
もしくは19,919円でやっておいて損金経理のところを記載しないかどちらかです。
雑収入でうけたってことですので損益計算書の租税公課と金額を合わせたいのであれば納税充当金を19,919円取り崩して損金経理のところを記載しなければいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

本当に助かりました。
一致しました。

これを良い機会にして、別表の学習に励みたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/13 18:11

前期末の貸借対照表に計上されている未払法人税等の金額は70,000円であるとして、


当期の仕訳は次のようになっているということですね。
(前期分の納付)
未払法人税等/現金預金 69,919
未払法人税等/雑収入    81
(当期分の計上)
法人税等/未払法人税等 70,000

別表5(1)の下の
未納道府県民税はどうなっていますか。

もし上記のような仕訳で、N01のかたへのお礼に書いているような内容であれば
期首 △20,000
減  △19,919
増  △20,000
期末 △20,081  となっているはずです。

別表5(2)の道府県民税の欄で
81円を還付税金の納税充当金での受入として処理すれば
あうかと思います。




 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お世話になります。ご回答ありがとうございます。
もう少しお願いします。

別表5の(2)の県民税ですが、以下の通りとなっております。
期首
△81
20,000
計19,919

発生
当期 利子割 20
確定 △20
20,000
計   20,000

充当金取崩し納付
計 19,919

損金経理による納付
△81
当期  20
計 △61

期末未納税額
81
確定 △20
20,000
計 20,061


別表5の(2)の「納税充当金の計算」の「繰入額」のところに
利子割還付額として -81を記入すればいいということでしょうか?

確かに、こうすれば期末納税充当金は 70,000となりますが。

お礼日時:2008/11/13 15:49

別表はこれであってますね。


前期の未払法人税等は70,000円になっているのだと思いますがもしそうであれば
未払法人税等 / 現預金 69,919
しか仕訳をおこしていないのではないでしょうか?
もしそうなら次の仕訳がたりないのだと思います。
未払法人税等 / 雑収入 81(利子割相殺分)
これをいれれば70,000円になると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

質問がへたくそで申し訳ないのですが、
おっしゃる仕訳はしております。

今期の申告書を作成したところ、
<今期の申告書>
別表5の(1)
(期首)
還付県民税      81
繰越損失   2,000,000
納税充当金   70,000

(減)
還付県民税      81
繰越損失   2,000,000
納税充当金     69,919

(増)
還付県民税      20
繰越損失    1,900,000
納税充当金    70,000

(差引翌期)
還付県民税      20
繰越損失    1,900,000
納税充当金     70,081

となって、納税充当金が70,081となってしまうということなのです。

お礼日時:2008/11/13 13:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング