人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

友達と話していて、疑問に思ったのですが、
よく、検事から弁護士になったという話は聞きますが、
弁護士から検事になったという話はあまり聞きません。
なぜなのでしょうか?
弁護士から検事にはなれないのですか?
裁判官と検事と弁護士は、一度どれかに就いてしまうと
その他のものにはなれないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 弁護士から検事にはなれないのですか?


 1991年から弁護士任官制度が発足しており,制度的に規制されているということはありません。なろうと思えばなれます。
http://www.dntba.web.sh.cwidc.net/qna/qna05.htm

 弁護士から検事になったという話はあまり聞きません。なぜなのでしょうか?
 弁護士から検察官や裁判官になりますと,手持事件の処理をどうするのか,顧問先との関係をどうするのかというような個別の問題がありますし,転勤というそれまでに生じなかった問題の新たな発生が起こります。また,通常,収入が激減するだろうとも思われている節もあります。
 さらに法曹界は司法試験の合格の「期」という上下関係を規律する不文律がありますが,公務員はさらに入庁年次と在職年数でポストや給料が決まりますから遅れて入庁することはこの点においても不利に働く虞があると思われています。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgl6015/hitori/ht …
 また,弁護士活動は金銭的に考えると民事事件が刑事事件に比べ,収入の面であるかにうまみがありますので,刑事事件は国選弁護人を仕方なく引き受ける程度という方も少なからずいらっしゃいます。裁判官任官者に比べ検察官が圧倒的に少ないのは,裁判官は民事・刑事或いは家事事件と幅が広いのですが,検察官は基本的に刑事事件のみですから,実務上,不慣れであるということも考えられます。さらに検察官の方が転勤のサイクルが短いし,裁判官ほど独立していないので,自由さの面で見劣りするようにも受け止められます。

 とはいえ,実際に任官された方は,それなりに肯定的意見をお持ちのようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
とてもよくわかりました☆

お礼日時:2003/02/06 22:53

 弁護士から検事になることは,法律上可能です。

検察庁法18条1項1号で,2級の検察官になる資格として,「司法修習生の修習を終えた者」が掲げられ,同法19条1項1号で,1級の検察官になるための資格として,「8年以上弁護士の職に在つた者」とされています。したがって,検事になるためには,司法修習さえ終了しておればよく(ただし,1級検事になるためには,8年以上の弁護士経験が必要),弁護士からも裁判官からも,また学者からも,検事任官が出来ることになります。
 現に,弁護士から検事に任官した者は,少ないながらも,10人程度はいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました!!
ふと気になったことを質問しただけなのですが、
こんなに丁寧に回答していただいて、申し訳ない思いでいっぱいです(;=+)

お礼日時:2003/02/06 23:04

「転職」する理由として、


「弁護士のほうが儲かるから」というのがありますから、
その意味で、あえてキャリアのある弁護士が、ヒラの検察官や裁判官の安月給で始めようというのは、あまりやらないのでしょう。
キャリアのある裁判官とか検事だと、弁護士事務所やっても、ハクがつくので儲かりそうですからね。(何か後ろめたいことに手を染めそうな企業なんかは、そういうコネのある顧問弁護士をありがたがるんじゃ?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
キムタクのドラマと、今回の阿部寛のドラマの話しを友達としていて、ふと
気になってしまったのです。
回答ありがとうございました☆

お礼日時:2003/02/06 23:05

検察官という職業では、弁護士個人が思うところの正義というものを行うことは不可能であるという認識があるからではないかと思います。


代用監獄や、取り調べ受忍義務の問題、上司の命令に服従しなければならないことの不自由性、検察官は裁判官と結託しているのではないかという検察に対しての根強い不信感、それらの理由から検察官に任官する弁護士の数は少ないのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の思いつきの質問に、詳しいご回答ありがとうございます。
なるほど!と思いました。
一つ物知りになりました。ありがとうございました☆

お礼日時:2003/02/06 23:09

裁判官や検事は、国に採用された公務員ですから、「私やります」といってすぐなれるかどうかわからない。



弁護士は個人事業主だから、資格があれば、やろうと思えばできる。

元大阪府知事の黒田さんが弁護士してましたね。(知事の前は教授だった)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました☆

お礼日時:2003/02/06 23:09

 法曹一元と言う言葉がありますが、現状において、司法修習が完了した時点で、判事・検事への進路は、定まっているというのが現状のようです。



 現在弁護士をしている友人にきくと、司法修習中に、「優秀」な人間には、判事・検事への、スカウトがあるようです。
 それ以外の人が、判事・検事を希望しても、公務員としての採用という壁があり、なかなか、なれないということです。

 また、弁護士として活動し、その後に、判事・検事という公務員に採用されることも、ありません。

 判事として、就職し、その後再任拒否されて、判事でなくなる人は、かつていました。

 

 判事・検事は、その職を辞すると、各地の弁護士協会に登録すれば、弁護士として活動することが、できます。
 検事をやめて、弁護士になった人を、「ヤメ検」と呼ぶこともあるようです。

 判事をやめて、弁護士活動する人もいます。

 あと、大学の法学部の教授で、大学をやめてから、弁護士登録される人もいるようです・・・。

 

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学の教授が弁護士になれるなんて知りませんでした(+O+)
何でも聞いてみるものですね。
一つ賢く(?)なった気がします。
ありがとうございました☆

お礼日時:2003/02/06 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ裁判官や検察官になることを避け、弁護士になる傾向があるのでしょうか?

公務員としては最高の待遇なはずですが・・・。

理由をお教えください。

Aベストアンサー

 既に回答にあるとおり,裁判官や検察官になるには,上位の成績でなければなりません。裁判官も検察官も公務員ですから定員があります。定員を超えて採用することができませんので,自ずと成績上位の者から採用されることになります。司法修習生のうち1割程度しか,裁判官又は検察官になれません。9割の者は弁護士にならざるを得ないのです。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 民事法を専攻した人が検察官を志望することは少ないので,裁判官志望よりも若干成績が悪くても採用されることがありますが,裁判官志望者はかなり上位成績でなければ採用されません。
 無論,成績上位の者でも弁護士を志望する方もいらっしゃいます。
 他の方の回答にあるとおり,裁判官も検察官も全国あちこちに転勤しなければならないので,これを嫌って弁護士を志望される方も居ます。

Q検察事務官の昇進試験について

検察事務官が検察官になるまでに試験を受けなければいけないと聞きました。
その内部の試験は、司法試験と同じ難易度、倍率、形式なのでしょうか?知っている方がいたらお願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい。
試験の具体的内容はちょっとわかりません。ただ、憲法、刑法、刑事訴訟法等の法律の基本的科目の試験があるのではないのでしょうか。法務省に電話すれば教えてくれると思いますよ。

あと、確か、試験合格後に一定期間研修があったと思います。

昇任というか、基本的には、検察事務官と検察官はまったく別個の職種と考えてもらったほうがいいと思います。検察官の種類に、副検事と検事があります。
検察事務官から検察官副検事になることは可能ですが、検察官検事になれないと思います。ここも法務省にお聞きになったほうがいいと思います。

Q検察官の出身大学による有利・不利

現在高2で検察官志望の者です。

今、志望校は一橋大学なのですが、この大学出身というのが不利になったりするのでしょうか?(派閥などの関係で)

また、有利になるとしたらどういう大学があるでしょうか?

受験する大学を決める参考にしたいので回答お願いします。

Aベストアンサー

>大学出身というのが不利になったりするのでしょうか?

残念ながら、検察庁には学閥が存在します。
検事総長は東大、京大卒が7割を占めていますし、各地方検察庁も同様です。
本当は違法なんですが、人情的に同窓が後任になる場合が多いようですね。
ただ、検察官は「個々に独立した存在」ですから、正義を求める姿勢があれば気にする必要はありませ3ん。
事実、岡山大学出身の田中森一は、東大京大卒が多数を占める検察のエリート集団である東京地方検察庁特捜部に所属し、輝かしい成果を残しています。
彼は「特捜エース検事」として有名でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報