dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

テレビのニュースでは、ドル円などの為替相場が報道されますが、具体的には、どこの(ブローカーの?銀行の?)レートなのでしょうか。

インターバンクレートの、仲値?なのかと思うのですが、だとしたら、どこのブローカーが示しているインターバンクレートなのでしょうか。

上田ハーローのディーリングルームがNHKで映し出されることが多いですが、どのブローカーでも、全世界すべての金融機関とつながっていて、すなわち、インターバンクレートはどのブローカーを通してでも実質同じ、と言うことなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

# そこまで限定されていたんですか



個人投資家が為替取引をする場合は、金融機関やFX会社などに予め対価である円や証拠金を預託しておくわけですが、金融機関同士の取引では、たとえば三井住友がMUFGに証拠金を預けておくとかその逆といったことはないわけです。だから金融機関同士で相互に、この金融機関に対しては最大これだけの額の取引ができるという与信枠を設定しています。それをブローカーに伝えてある。だから、たとえばEBSに参加している金融機関の中でも取引できないところがある。もしクレディリヨネが与信を設定していない金融機関がベストビッドを提示していても、それはリヨネには提示されません。
EBSはそういう仕組みになっています。テレフォンマーケットでも担当のブローカーが把握していてレート提示しない。
ブローカーは清算責任を負いませんし、クリアリングハウスも無いんです。1本1000万ドルとか2000万ドルとか半端じゃない額の取引をするので、決済リスクがあるようなところは金融機関でも参加できません。地銀や信金みたいな規模だと毎日何千万ドルも資金需要が無いという事情もあります。


# マイクでしゃべっているのは、誰に対してなのでしょう?

私は見物したことがあるだけなので断定できませんが、マイクでしゃべるとしたらフロア内の取引です。電話の相手にマイクを使うことはありません。


# 企業のオフィスみたいに横並びの机の上にパソコンとディスプレイが並んでいて、画面上で取引している様子でした。

短資会社でも為替以外の取引はテーブルを囲んで対面するような形態じゃありません。


# 私も安心して

ときどきインターバンクと乖離したレートを提示するFX会社があるそうなので、そっちの方は安心できません。
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2008/2008/20081 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼文を書くのが遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。おかげで、大夫、かゆいところに手が届きました(笑)。

お礼日時:2009/01/07 13:05

トウフォレ上田の為替のフロアには、テレビ局のカメラが常設してあります。

NHKだったかな?だからテレビによく映ります。
メイタンは行ったことが無いから知りませんが、最近は外為ドットコム提供レートをよく見るから、主要株主であるメイタンのレートを提供してるのかもしれません。

金融機関にも大小あって、与信が低い金融機関はインターバンク市場で直接取引きすることが出来ません。日本でいうと地銀・信金でインターバンク取引に参加できるところはありませんし、証券会社は野村だけのはずです。主要金融機関はみんな主要な短資にアカウントを持っています。
インターバンクの主流はEBS(電子取引)になっているので、テレビでフロアが映し出されるようなテレフォンマーケットは衰退しています。マーケットが動いてないときはみんな暇そうです。
公設・相対あわせていろいろな取引市場が存在し、それぞれ別個に価格形成されますが、流動性のある市場では、少なくとも誰でもわかって裁定取引で儲けられるレベルの差が頻繁に発生することはありません。原則として「実質的に同じである」と推定して良いと思います(確認不可能ですが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

インターバンク市場で直接取引できる金融機関って、そこまで限定されていたんですか、知りませんでした。

テレフォンマーケットは衰退していますか、やっぱり。でも、あの方が取引している感じがしますよね(笑)。(ところでマイクでしゃべっているのは、誰に対してなのでしょう?電話の相手?ルーム内の他の人?)

そう言えば、どこかの銀行のディーリングルーム?がテレビに映っていたこともあったような。企業のオフィスみたいに横並びの机の上にパソコンとディスプレイが並んでいて、画面上で取引している様子でした。これからは、この手の映像が中心になっていくのでしょうかね。

インターバンクレートは実質的に同じであると推定して良さそうであれば、私も安心して眠れそうです(笑)。ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/27 15:43

インターバンクレート。

金融機関同士が電話やパソコンで
外国為替取引を行っています。ようするにお互いの氏素性が
明確になっている者同士の取引です。

上田ハローもその中の一社にしかすぎないです。

誤解を恐れずに表現すると、外国為替の取引の現場は、
株式市場のように物体が存在するものではない。

しかも、株式なら時価が明確であるが、為替取引は一物一価
の法則で取引されていない。

昔、日本では旧東京銀行が本日の東京終値として公表して
いました。今では、何らの指標性もありません。

今では、ロイター社が取引の場所を提供していて、そこで
取引された大まかな取引を公表している数値が一般的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

え?ロイターは、取引の場も提供していたのですか。知りませんでした。

ですと、わかります!世界中あちこちで行われている取引のうち、ロイターの場で成立したレートを、ロイターが発信しているとあれば。

お礼日時:2008/12/23 22:19

公表されていないので、わかりかねますが、ロイターあたりだと思います。

仲値ではありません。

この回答への補足

ありがとうございます。

仲値・・・そうですよね、インターバンクレートに仲値なんてないですよね、失礼しました(笑)。

ロイターは情報提供をしている企業ですよね?ロイターからの情報をテレビなどが流すのはわかるとして、ではロイターは、どこのレートを発信しているのでしょうか。

テレビ局によってソースが違えば、ニュースで報じているレートも、テレビ局によってズレもあり得ると言うことでしょうか。

補足日時:2008/12/23 21:38
    • good
    • 1

何かしら勘違いされているようです。



為替レートが、まったく同じ瞬間において、大きく異なるレートを提示されている状態なら、すぐに裁定取引が起きて、レートの差はなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

う~ん、私が根本的に構造を誤った理解をしているようで、おっしゃる意を理解できないでいます。すみません。

外国為替の「取引所」がどこかにあり、取引はすべてそこで行われている、と言うのであれば、何とかイメージできそうなのですが。ブローカーのディーリングルームがそれに近い感じがしますが、実際はそれがすべてではないですよね、つまり、無数の取引(と、その取引で成立したレート)が、同じ瞬間において、世界中にたくさん存在するわけですよね。


不勉強ですみません。

お礼日時:2008/12/23 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公示相場の決め方

銀行関係の方でもいらっしゃれば、教えていただきたいのですが、毎日10時に公示になる為替レート(とくにUSD)は、どういう計算で出すのでしょうか。
どこの銀行でも(大体)同じですし、何か計算方法があるのかなあと思い、質問させていただきました。
ロンドンやニューヨークの終値などと必ずしも同じではないし・・・
どうかよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

「計算」というほど大そうなものではありません。

すでにご承知かと思いますが、為替相場(例えばドル/円相場)は一日中世界中のどこかで、時々刻々休むことなく動いています。

あなたがお尋ねの「公示相場」は、東京外国為替市場での午前10時ごろの相場をもとにして決めます。

この基になる午前10時ごろのレートを「仲値(なかね)」と呼んでいます。
この仲値に1円上乗せしたものをTTS(Telegraphic Transfer Selling の略で、あえて日本語に訳すと、電信売相場となりますが、意味にこだわる必要はありません)・1円差し引いたものをTTB(同じくTelegraphic Transfer Buying の略で、電信買相場)と言います。

この Selling(売り)と Buying(買い)とは、どちらも銀行の立場から見た売り・買いです。ですから、あなたが銀行でドルを「買おう」とするとTTSレートが適用されます。

ここまでの説明は、ご理解いただけましたでしょうか。

次に、どの銀行でもほぼ同じであるという実態についてご説明します。

午前10時ごろのレートをその日の「仲値」にするという慣行は、ずっと変わっていませんが、以前は、仲値をいくらにするかを特定の(複数の)銀行が、毎日輪番制で決めていました。

特定の銀行とは、外国為替専門銀行であった「東京銀行」(東京銀行のことを銀行業界では、「為専(ためせん)」と呼んでいました。)と上位都市銀行(当時の第一勧業銀行・富士銀行・三菱銀行・住友銀行・三和銀行)です。

以前は、在日外国銀行も含めて、日本で営業しているすべての銀行が、こうして決められた「仲値」に従っていました。ですから、どこの銀行の窓口へ行っても、TTS・TTBともに同じ値が表示されていました。

現在は、どのレートを仲値にしようと、また上下1円という幅(すなわち銀行の外国為替手数料)をいくらに設定しようと、それぞれの銀行の裁量に任されています。

しかしながら、現実には銀行の「横並び意識」は強く、事実上、旧東京銀行の流れを汲む、東京三菱銀行が発表するレートをそのまま使用している銀行がほとんどです。例外は、大手外国銀行だけです。

上でも述べましたが、為替相場は時々刻々変化しているのに、どうして、その日の「公示相場」という一定のレートを出す必要があるのでしょうか。

これは、ある銀行の支店窓口に顧客が外貨(例えば米ドル)を買いに来たり、売りに来たりするたびに、全国各地の支店から、「今現在の相場はいくらですか」と本部に問合せることは、事実上不可能だからです。

そこで、上下1円のいう幅を設定しているのです。つまり、1日の為替相場の動きが1円を超えることは、滅多にありません(まったくないこともありません)ので、上下1円の幅を持たせておけば、まあ大丈夫ということです。

ですから、銀行は必ずしも窓口での為替売買で、1ドルにつき1円の儲けがあるとは限りません。1円以上儲かるときもあれば、50銭しかないこともあります。

そして、相場が大きく荒れて上下1円の範囲におさまりきれなくなったときは、公示相場をなくして、すべて「市場連動」に変更します。また、一日の途中で、公示相場そのものを変更することもあります。

これは、東京外国為替市場での「慣行」ですので、ロンドンやニューヨークの終値とは、まったく関係ありません。

以上、ざっとご説明しましたが、ご理解しにくい点がありましたら、補足でお知らせください。

「計算」というほど大そうなものではありません。

すでにご承知かと思いますが、為替相場(例えばドル/円相場)は一日中世界中のどこかで、時々刻々休むことなく動いています。

あなたがお尋ねの「公示相場」は、東京外国為替市場での午前10時ごろの相場をもとにして決めます。

この基になる午前10時ごろのレートを「仲値(なかね)」と呼んでいます。
この仲値に1円上乗せしたものをTTS(Telegraphic Transfer Selling の略で、あえて日本語に訳すと、電信売相場となりますが、意味にこだわる...続きを読む

Q為替レートは銀行によってちがうのですか?

会社でドルを換算する時に仲値を使っていますが、
いろいろな銀行のホームページを見ると、それぞれ違っています。
ただ、単にバラバラではなく、ある銀行とある銀行は同じという風に
グループ分けのようになっています。これはどういうシステムからくるのでしょうか。たとえば、みずほ銀行と東京UFJと三井住友は違いますが、私の住んでいる地方銀行は東京UFJと同じ為替レートを公表しています。これはどういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

為替レートは仲値に各銀行所定の手数料を加減算して定まりますから、為替レートの差異の原因は手数料の差異にあるのではないでしょうか。手数料が同一であれば、為替レートも同一になるでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報