民間生命保険会社の女性に、貯蓄型保険、年金型保険、介護型保険などなど、とにかく生命保険に入れ入れと勧められて困ってます。
全く他人なら簡単に断れる性格なのですが、自分に対して取引先やお客様だとしたら・・・
こんなことみなさんは有りませんでしたか?

自分本人の希望としては今はまだ保険には入るつもりがなく、波風が立たないようお断りして、今後も変わらぬお付き合い、お取引をして頂きたいのですが、返答によってはそうできないような勢いでセールスされます。

セールスレディーが親身に考えてくれているのか、お付き合いで一つ入りなさいという強気な気持ちなのかは見当もつきません。
うまく断る言い訳を誰か助言してください。
または入る気がなくとも付き合いで入るべきなのでしょうか?(その場合は安くて早く終わり損金がない貯蓄型保険にしようかな・・・イヤだけど・・・)
よきアドバイス、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

失礼な回答になるかもしれませんが、どうかご容赦ください。



下の皆さんはいい事いってますね。buranさんの言うとおり、貯蓄型保険するなら貯蓄したほうがずっといいですよ。なぜなら貯蓄型保険って保険会社の取り分があるじゃないですか。

さて、まず私は一応まだ20代です。いまだに民間生保に全く入っていません。保険に入ったつもりで貯蓄しています。最低限の保障はと、安い掛け捨ての共済にははいっています。
ただ、保険にへたに入っている人よりも若干保険に関しては、詳しいかもしれません。それは以下をお読みいただければ分かると思います。

まず、tyounさんが断りきれない原因は、本当に必要ないということを、勉強して理解していないからではないでしょうか?

しつこく勧誘といってもたぶん私のときよりもたいしたことないと思います。
何人くらいの人に勧誘されましたか、私は新人の時、最高で仕事中に同時に同じ会社の8人に取り囲まれ勧誘を受けたことがあります。また、最高同じ日に7社から勧誘受けました。休日の朝、家まで来ました。
そのときは本当に金がなく、独身者が入る必要もなかろうという思いで必死に断りました。

しかもその保険会社は思い切り、上取引先です。

断り続けてかなりたちますが、いまでは心ある外務員(それでも6社8人くらいいる)しか話してこなくなりました。そこで分かったのは、本当に、よい外務員は絶対に無理強いしないということです。新商品の説明を丁寧にしてくれます。あと、私が保険に対して真剣に知ろうとしているということがみなにある程度認識されてきたようで、今ではもうしつこくは勧誘してきません。

ことわる方法、それは、保険の勉強をすることです。
まず、保険の外務員のお薦め商品の傾向、新人には、「このくらいがいい」と、結構過剰な会社の利益重視の保険をすすめます。この傾向が理解できると簡単に撃退可。

そして、まずみんながいうのが「若いうちが安い」これって大嘘かも、額だけはそうかも知れないが給与比で考えるとたっけーって感じがします。控除が受けられるからって払った以上に戻ることは絶対無いからねっていってます。そしてみんなが薦めてくるのが、「定期的終身」という非常に保険会社の貢献度の高い商品。これはどういうものか略しますが、とにかく商品を理解したうえでで断りました。同様に「個人年金」、こんな予定利率の見通しの立たないときに、しかも年金受け取るのは30年以上も後、あんたの会社はそのときあるのかな? といった内容をやわらかく、趣旨はずばりいってきました(これらの内容については口調はソフトにですよ!)。
 tyounさんも勉強してください。私も外務員の攻撃をかわすために(本当に凄かったんです。それをパワーにして勉強しました)物凄く勉強しました。あなたも勉強して下さい。自分のためにもなります。ただ断るだけだと外務員の方も納得してくれません。しかし本当に勉強して理解して本当に必要ないということを、言えばきっとわかっていただけます。それでわかってくれない人は、物事を短期的に考える利益重視の人でしょう。
そのような人に付き合いで入る必要は全くありません。

勉強し、理解し、本当に必要になったと思ったら必要な分だけ入ればいいのです。なんせ家の次に高い買い物ですから。いいもの買いましょうよ。

もっとはっきりいうと保険会社の外務員はいれかわりが激しいので、義理立てする必要はありません。

今では結婚したら入る、といっています。
また、常に「もし入れたいなら結婚相手連れてきてください。『ふじわらのりか』レベルの人とかつれてきてください。うまくいったらあなたから保険はいりますから。」とか外務員にリクエストしたりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強をしているところですが諦めて入ろうと思っていましたが、考え直しました。思ったより皆さんも苦労されているようで驚きました。なぜ勧誘なんてものがあるんでしょう・・・やり方が行き過ぎの人が多いのはなぜなのでしょう?

お礼日時:2001/03/27 14:34

まあ一番カドがたたない断り方は「義理のある人に頼まれてもう十分入ってるから。

」ってところでしょう。kyaezawaさんのお書きになっているように、親戚の誰かに頼まれてということにすれば、無理に乗り換えも言い出せないはずです。
ただ、その場合も「どの生保のどんなのに入ってるの?保障額が足りないんじゃない?」とか言われそうですから、保険商品の勉強は一応しておかなければなりませんけど。

何でもいいからとにかく入れ入れ、と言ってくるような外務員は、結局自分の成績しか考えていないのですから、ウソも方便、さっさと諦めをつけてもらえるようにしちゃったほうがいいと思います。

保険は、もしもの時の備えには保険料の安い掛け捨てを使い、貯蓄型は利回りと安全性を他の金融商品とも比較して選ぶのが正しいと思います。
保険会社の都合で勝手にパッケージングされた割高な商品を押し売りされたんじゃかないませんものね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険と貯蓄を別に考えることにしました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/27 14:29

無理な勧誘をしてるって事は、


セールスレディーが親身になって考えてることは絶対無いです。
完全にノルマのためです。
「審査に引っかかるから」って断っても、「じゃあ、告知だけで入れるから」と
違う商品を持ってくる事でしょう。
告知は多少の嘘をかいててもばれませんからね。

今、まったく生命保険に入ってないのだったら、勧誘は止まりませんよ。
かと言って、「OO生命に、契約があるから」なんて言うと、今度は切り返させようとしますからね。

損のないものでしたら、年金とか。
若いうちに入っておくと掛け金も少なくてすむし。
どうしても、入りたくないんでしたら、
「今は、まだ入りたくない」って、はっきり断るべきですよ。
やんわり、遠まわしに言えば、何かと手をかえて勧誘しますからね。

以上、元セールスレディの意見でした。
    • good
    • 0

生命保険の外交員が、1契約をゲットして得られるポイントよりも、その人が解約したときのマイナスポイントのほうがでかいということを知ったのは、解約した後でした。



はっきりいいます。いらん契約はしないほうがいい。親身になんて考えてません。あの業界は既にそんな生易しい状態にありません。

あなたのその態度を突いて、何とかしようと思っているだけです。

保険料って安く見えるようにしかパンフレットには書いてませんが、あれだけの人を雇い、あれだけの宣伝をするのですから、経費は相当かかっていて、それは我々の保険料から出て行きます。
つまりどうひっくり返っても「高い」のです。そのお金は大事に貯めるなり使うなりしましょう。
    • good
    • 0

実家が商売をしており、父が「入ってもスグ辞めるから、もう絶対入らん。

」と昔申しておりました。断る言い訳は、kyaezawaさんの例はとても適切な言い訳だと私も思います。セールスレディーが、親身に考えてくれていると言うより、ノルマ達成の為と推測します。その気が無いのに加入され、このご時世、倒産でもされたら後悔なさるんじゃあないでしょうか?病気を理由にすると、生命保険は免れますが、「年金は如何でしょう。」と言われる事も、考えておきましょう。あと、最近は生保でも損保を扱い始めました。どうしても、断れない事情がおありなら、車の保険の期限がきたら、変えてあげる約束で、納得していただいたら如何でしょう?損金が無い割の良い貯蓄型保険、今あるのか疑問です。
    • good
    • 0

「叔母が生保に勤めていて、頼まれて入ったばかりなんです」。


「実は、血圧が高くて駄目なんです」なんていうのはどうでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自営の社会保険に入ると失業保険は?

夫が失業し、失業保険を貰いたいのですが夫は実家の自営業の代表者です(給料は0円)自営業から給料を貰っていないので今まで企業に勤めていて、今後も企業に就職する予定です。しかし失業中は自営の方の社会保険に入る予定ですがそうなると失業保険は貰えないのでしょうか?

Aベストアンサー

これは特殊ケースですね、、、

個人事業主の場合は事業主は加入できませんが、代表者とのことですから自営業というのは法人ですね?
ならば社会保険に加入することは可能です。
しかし、単に代表者では駄目で、雇用して給料を決めないと社会保険には入れないはずです。
給料が決まらないと保険料も決められませんから。(ご存じだと思いますが)

つまり実体としてみると、本人が一円も受け取らなくても、雇用契約を結び、
・社会保険料の会社負担分を会社が支払い
・社会保険料の個人負担分は会社が給与として支払いそのまま天引き
となり無給とは言えなくなります。
形式上も雇用されていることになります。
他にも問題があり、この状態だと法律上は雇用保険、労災も払わないと行けません。
上記の状態は公式には「休職」で会社の好意により社会保険料を会社が負担しているという形式になります。

つまり、全うに遵法精神で手続きすると、雇用保険を支払っている状態であり、失業状態にはなり得ません。
これはハローワークに行き、解決の抜け道がないかよーく聞いて見るしかありません。

ちなみに、なぜそんなめんどうなことをするのですか?
ご質問者自身がその会社に雇用されて、社会保険に加入し、自分の給与受け取りは0円にして(休職扱いの本人保険料会社持ち)、とすればよいのでは?
もちろん夫本人は国民年金・国民健康保険に加入しないといけません。
(失業保険の受給額が日額3611円以上では社会保険の扶養になれません。)

では。

これは特殊ケースですね、、、

個人事業主の場合は事業主は加入できませんが、代表者とのことですから自営業というのは法人ですね?
ならば社会保険に加入することは可能です。
しかし、単に代表者では駄目で、雇用して給料を決めないと社会保険には入れないはずです。
給料が決まらないと保険料も決められませんから。(ご存じだと思いますが)

つまり実体としてみると、本人が一円も受け取らなくても、雇用契約を結び、
・社会保険料の会社負担分を会社が支払い
・社会保険料の個人負担分は会社が給...続きを読む

Q確定申告と生命保険

確定申告では、生命保険で支払っている額なども申告するのでしょうか

Aベストアンサー

「支払っている金額」を「申告『しなければいけない』」という事は、ありません。

と言うか、支払っている金額そのものを申告する場所はありません。支払い金額の中で、控除の対象となる金額というのがあるんです。控除証明書に書いてあります。
控除の対象になる金額を申告すると、控除できますから、税負担が軽減されます。ただし、控除金額に上限があります。

税負担を軽減したい場合、申告する権利はありますが、税務署の方で「この人は生命保険でいくら支払っている」という金額をチェックしているわけじゃありません。

Q年末調整の生命保険料控除

保険料の申告で、20歳の男性(Aさん)ですが、母親が契約者で、Aさんが被共済者の生命共済の証明書でも申告できますかと聞かれたのですが、控除の対象になるでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>保険証券も預りましたが、受取人の記載はありません。

でも、おそらく赤の他人は受取人になっていないでしょうから、大丈夫とは思います。

>私自身も、高校生の息子に医療コース(銀行引き落とし)で共済に入っていますが、就職した場合現金で本人に支払ってもらうなら、息子の控除の対象になるのでしょうか?

そうですね、息子さんが負担されるようになれば、契約者に関わらず、息子さんの方から控除できます。

それと最初の回答で、契約者は関係ないと書きましたが、適用上は関係ないのですが、保険料控除申告書には一応記入欄がありましたね。
それについてはkyaezawaさんの回答のとおりです。

Q公庫団体信用生命保険の脱退について

公庫団体信用生命保険から脱退しようと思っています。
返済とともに保険料が安くなっていくのはわかっていますが、一般の
生命保険に上乗せした場合よりも現状ではかなり割高であることが
わかったためです。
この保険は任意とはなっていますが、脱退することによる弊害は
あるのでしょうか?

Aベストアンサー

すみません.No.3の回答の「公庫団体信用生命保険でも生命保険料控除はあるはずですが,」 はないことがわかりましたメリットは万一の相続のときに「保険金が相続税の対象」にはならないことと、他の保険では保険金に相続税がかかるときがあります.、他の保険では支払いに2か月程かかること--公庫団体信用生命保険ではその心配が要らないこと--で資金が余分にいるかもしれないという事です..

Q生命保険のことで教えて下さい。

こんにちは、初めまして。
初歩的な事かも知れないのですが、教えて頂きたくて投稿してます。
実はこの度結婚したことにより、今まで入っていた保険のプラン変更を提案されていくつか資料を頂き目を通した上で、最終的な判断は妻におまかせという形ととることにしたんです。

もらった資料は全て現在加入している「定特付終身」の保障金額を増やすというものでした。
私は現在29歳で2005年の3月で30歳となります。
昨日担当者が来ていて妻が話していたようで、今日の夜に最終的に契約をするらしいのですが、今朝妻に簡単に話を聞いたところ契約するのは15年更新のやつで30歳~45歳のプランということなのです。

今日契約するのに29歳~44歳ではなく、30歳~45歳になっているのが少し気になるのです。
これには何か理由があるのでしょうか。

よく友人に30歳までに保険を考えたほうがいいよ、と言われたことがあったので気になってしようがありません。
30歳~になっている理由、及び30歳までに考えたほうがいいといっていた理由について教えて頂けないでしょうか。
情報が不足しているとは思いますが、宜しくお願い致します。

こんにちは、初めまして。
初歩的な事かも知れないのですが、教えて頂きたくて投稿してます。
実はこの度結婚したことにより、今まで入っていた保険のプラン変更を提案されていくつか資料を頂き目を通した上で、最終的な判断は妻におまかせという形ととることにしたんです。

もらった資料は全て現在加入している「定特付終身」の保障金額を増やすというものでした。
私は現在29歳で2005年の3月で30歳となります。
昨日担当者が来ていて妻が話していたようで、今日の夜に最終的に契約をするらしいのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険の場合、保険会社によって年齢のカウントの方法が異なっています。

ひとつは「満年齢」です。これは説明の必要がないと思います。

もうひとつは「保険年齢」といわれるものです。
誕生日を境に半年前から半年後までは実年齢で計算し、それ以降は年齢をひとつあげる方法です。

例えば、昭和45年1月生まれは現在満年齢では34歳です。しかし保険年齢でいえば既に35歳になります。

おそらく実年齢と契約年齢が違うのは「保険年齢」を採用しているからだと考えられます。

「30歳までに・・・」というのは言葉の真意がわかりませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報