人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今度実験で水酸化ナトリウム水溶液を作るみたいなんですが、
作る時の注意点を教えてください。

水と混ぜると発熱するんですよね? 水に対して水酸化ナトリウムを
入れるのですか? それとも逆? 一気に入れていいかなども教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

どれくらいの濃度の溶液を作るのかわかりませんが,



1,ガラス容器(器具)を使わない
2,高濃度の溶液を作る時は,氷で冷やした水に少しずつNaOHを加える

かな?

12 M の溶液を作った時は,かなり熱くなりました.
1 M 程度なら一気に水を加えても大丈夫だと思います.

ま,私は化学専門じゃないんで,参考になりますかどうか・・・?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ガラスは高熱で割れてしまうということですか?
それとも反応して溶けてしまうのですか?
でも、よくビーカーで作ってるような・・・

2、30%のものを作ると思います。
大丈夫そうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/02/04 02:09

氷水を推薦している方がいらっしゃるので.氷が手に入らない(特に夏は理化学実験よりも福利厚生(=清涼飲料水)に使われる場合が多いので)場合の対応を。



ドラフトの水道出口(パイプが出ているだけなので)にビニールホースをつなぎます。
なるべく大きな写真用バットをドラフト内に置きます。
バット内にビニールホースの先を入れで.水がはねない程度の推量にします。
JIS法の場合には.ポリコビンに手早く入れて.密封.バットの中に放り込んでおきます。
30分か1時間すぎて冷えたころに取り出します。

硫酸を薄める場合も結構便利ですよ。1リットル程度のトールビーカーに目見当で水を入れて.計っておいた硫酸を入れて.そのまま冷えるのを待って.ガラス棒でかき混ぜて(重量式の場合には.せんびんで硫酸をビーカーに移して)...を繰り返して.冷えた頃にメスフラに移してメスアップします。
    • good
    • 3

 悪乗りです。


 私は、NaOHを秤り採った容器に直接水を加えます。(およそ40%見当の分量) この方が発熱が大きくて溶解も速いし、容器の洗浄個数も1個で済みます。
 PyrexかDuran製のビーカーなら、発熱は全然障害になりません。 濃硫酸の様に飛び跳ねる事もなく、簡単なものです。
 、、と慣れた者が煽動してはいけませんネ。
 まずは教科書的にやって、なおかつ、教科書なんか卒業・凌駕して下さい。
    • good
    • 2

 皆さんのお答えは完璧です。

で、危険承知で早く水溶液を得たいなら、
ゴム手袋(薄いポリエチの手袋は熱いし、穴があったら逆により危険な密閉状態)と保護眼鏡サイドカバー付きを装着しポリ容器とテフロン攪拌棒(これらは短時間ならパイレックス製で代用可)を用意しておき、所定量の水をあらかじめ別容器に計量しておき、水酸化ナトリウムを素早く計量し溶解すべき容器に入れておよそ40%濃度見当の水を一気に入れる。激しい発熱とミストが発生しますので換気の出来る場所でやる(好ましくはドラフト内)必要があります。固形物が見えなくなるまで我慢してかき回して残量の水を追加して均一にして出来上がり。濃度にもよりますが、これでほんのり暖かい状態に仕上がりますから、炭酸ガスを吸わせないようゆっくりかきまぜながら冷やしましょう。
 と、いうのがあるのですが、文面からして水酸化ナトリウムという物質に初対面のようなので、まずは丸いペレット状の試薬がどのくらい潮解性があるのか、天秤の上で計量していくうちにどのくらい重くなるのかを観察・・・この際、薬包紙についた強アルカリには十分注意を。少量の水酸化ナトリウムと水で予備的にどのくらい凄い発熱なのか(初めてだと結構迫力ある発熱量ですね)を身をもって体験されてから本番に移るとよろしいのですが、学校の実験だとすると「マニュアル通りにやりなさい」で終わってしまい、物の本質を見極める余裕が与えられていないのが残念です。もし、興味があれば、実験の後にでも先生にお願いして実験させて頂いたらどうでしょうか?
 上の危険覚悟の方法と「正しいやり方」の所定量の水の中に水酸化ナトリウムを入れて行くやり方で溶け方がどう違うのかを観察するとかも今後の役には立つかと思うのですが・・・やはり、学校では危険なことはやっては駄目?
    • good
    • 3

 注意点については充分な回答がある様に思いますので,少し具体的な操作について回答いたします。



1)パイレックスのフラスコ(作製容量よりも大きめのもの),容器を冷やすための氷水を用意。

2)フラスコ内に作成容量の半分くらいの水を入れる。

3)水酸化ナトリウムを手早く量って(必要量の±5%位の誤差は無視),上記の水に加える。跳ねた水がこぼれるほどボチャボチャっと入れてはいけませんが,入れて少し待って入れて,ってまでは必要ないと思います。ようは発熱の程度が問題です。

4)発熱するので,その熱で水酸化ナトリウムを溶かす。必要に応じて撹拌する。あまり発熱がヒドイ場合は,上記の氷水に容器を浸けて,あるいは水を少量加えて,冷やす。

5)水酸化ナトリウムが溶けきったら,水を全量加えるとともに,氷水などで充分冷やす。

 以上です。あ,慣れてないようですから,防護眼鏡を着用される方が良いですよ。アルカリは酸より怖いですからね!
    • good
    • 1

 う~む。

#1-4の答えで殆ど注意点をカバーしていますね。
 もう一度整理してみると、
(1)潮解性が強いので、試薬瓶から取り出す以後の操作を迅速にする。
 正確に重量を測定するなぞは、逆効果。手早く操作すること。
(2)皮膚への腐蝕作用が強いので、保護具着用が必要。特に保護眼鏡は必須。
(3)水への溶解発熱が強いので、注意。
 ガラスでは割れる、とありましたが、硬質ガラスはそうでしょうが、パイレックス系のガラスならなんともありません。
(4)濃厚溶液はガラスを溶解するので、容器材質に注意する。
(5)溶解時にヒュームが飛散し喉などをやられる場合が有るので、換気に注意する。
 ドラフトチャンバー内が良いと思います。
(6)溶解させる水は脱炭酸する。
 ふんだんに使用可能なら、窒素Bubblingが簡単です。

 他の方のネタで楽をさせて貰いました。

 蛇足ですが、多量の水に直接NaOHペレットを入れると溶解が少し遅いので、私は、ペレット全量に対し少な目の純水で多量の発熱を利用して速く溶解させ、後で薄めます。
 容器の破壊は余り不安が有りません。
    • good
    • 1

追加して.


水にソーダを入れると.溶存酸素が沸いてきて.細かいヒュームが飛ぶのです。有害なので.吸わないように。

純度が問題に鳴る場合には.炭酸ガス・ようぞん炭酸の取り扱いを配慮して。
JISK0101か0102あたりが参考になるでしょう。
    • good
    • 0

すでに回答があるので本筋から外れた捕捉回答。



たんぱく質からすると塩基性の方が酸性より致命的です。
手などについたときも塩基性水溶液がついたときはしっかりあらいませう。
あと、目とかにはいったら水洗の後、すぐ医者にかかりませう。
    • good
    • 0

水酸化ナトリウムは潮解性があるので、ビンから取り出したらすぐに使用しないと大気中の水分を吸収して実験データに誤差が生じてきます。

天秤などで質量を測ると思いますので、迅速に行動する事が必要です。
また、水酸化ナトリウムに水を加えると発熱してビーカーの底が割れることがあるので、必ず水の中に水酸化ナトリウムを溶かし込んでください。
劇薬ですので取り扱いにはご注意を…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは何か聞いたことあります。すばやくやります!
水にNaOHを加えるんですね。わかりました。

なんか、塩基って感覚的に劇薬な感じがしないのは私だけ?
気をつけますね。

お礼日時:2003/02/04 02:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水酸化ナトリウム水溶液の安全な正しい作り方を教えて

水酸化ナトリウム水溶液の作り方は 「NaOHに少しづつ水を加える」のか、「水にNaOH」を加えるのか どちらが正解(安全)でしょうか。

化学実験ではなく、「手作り石鹸」を安全に作るためのNaOH水溶液の作り方です。

「水にNaOH」を加える方が安全とは思うのですが、「NaOHに少しづつ水を加える」方が溶解熱で溶けやすいので正しかったでしょうか。

家庭で化学実験に慣れていない女性などが行う前提で教えてください。

失明防止のゴーグルと、ヒューム防止のマスクは着用します。
(※マスクは市販のディスポーザブルマスクを使用)

Aベストアンサー

一般には粒子状のものを水に加えるのではなく粒子状のものに水を加えることですね。そして撹拌します。
粒子状の水酸化ナトリウムは空気中の水分でべとつくようにもなりますし、空気中の二酸化炭素とも反応しやすいので一気に水に加えようとしますと飛沫が飛ぶといったことにもなります。
粒子状の水酸化ナトリウムに水を加わえますと発熱し一部が溶解するものの比重が局所的に高くなり全体が溶けにくい状態となりますが十分に撹拌しながら溶かすことですね。

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む

Q50% NaOHの作り方

50% NaOHをつくるには
50グラムの水酸化ナトリウムに対して、50グラムの水を加えれば
いいんですか?
でもどう考えても溶けないですよね?

Aベストアンサー

蛇足的なことですが、
原液や結晶に対して、直接水を加えることは、危険だと思います。
実験操作での説明であると「50グラムの水に50グラムの水酸化ナトリウムを加える」と答えないと、先生によっては減点の対象になるかもしれません。(学生の質問の前提です)
但し、この操作は、一般的に云われている「大量の水に薬品を加える」ことを根拠にしているので、このケースでは何とも言えません。実際に実験の過程でこの操作をして、水を加える(水にであっても)と発熱するのでかなり危険だと思います。
それと水酸化ナトリウムは、吸湿性が高いので、結晶粒を放っておくと、空気中の湿気を吸って容易に水滴状の(高濃度の)水溶液になってしまいます。
(乾燥した)水酸化ナトリウムの重さを量って、(湿気のある)所に放置して、重さが倍になったら50% NaOH(重量%)の完成です。(但し、50%の濃度になるまでの吸湿性を持つかは不明です)
おそらく、テストやレポートにこんな湿気にある所に放置する云々と書いたら、減点或いは辛うじて三角位の評価かなとは思います。
時間がかかるのと、(専門家から見ると)雑に見える操作ですが、作ることはできると思います。※長時間放置すると、空気中の二酸化炭素も吸ってしまいます。

蛇足的なことですが、
原液や結晶に対して、直接水を加えることは、危険だと思います。
実験操作での説明であると「50グラムの水に50グラムの水酸化ナトリウムを加える」と答えないと、先生によっては減点の対象になるかもしれません。(学生の質問の前提です)
但し、この操作は、一般的に云われている「大量の水に薬品を加える」ことを根拠にしているので、このケースでは何とも言えません。実際に実験の過程でこの操作をして、水を加える(水にであっても)と発熱するのでかなり危険だと思います。
そ...続きを読む

Q強アルカリ水溶液を中和したいのですが・・・

苛性ソーダのフレーク状を水に溶かした液を中和して排水したいのですが、中和剤に何を使うと良いのでしょうか?
なるべく詳しく教えてください。
取り扱いのなるべく安全なものでお願いいたします。

Aベストアンサー

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起こします
大量の水のなかにすこしづつ濃硫酸をいれてください
又たの方も書かれていますがゴム手・ゴーグル等はしたほうがいいでしょう

「排水できる許容数値なるものってどれくらいでしょうか」

pH5.8~8.6以内で調整してください

だいたいでもいいですが100リットルに相当する苛性ソーダの量(重さ)は分かりませんか?だふん相当する濃硫酸の量も計算でだいたいでると思います、計算は私は遠慮しておきます

後中和のさいの攪拌は相当しないといけませんできたら攪拌機など機械でがベストです

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起...続きを読む

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q★濃塩酸→希塩酸★

学校の実験をするにあたって

濃塩酸を希塩酸にしなければ

ならないのですが、この薄める際にどのようにして

薄めればいいのでしょうか???

ただ単にむやみに水を流しこんでは、いけないと思うのですが・・・。

なにせ、本当に素人なのもですから、丁寧に手順を
教えてくれたらうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に酸やアルカリを希釈するときは、水を入れてはいけません。特に硫酸や苛性ソーダだと危険なことになりかねません。

純水をメスシリンダーで測ってビーカーやフラスコに入れ、スタラーなどで攪拌しながら(ガラス棒でも可)、そこに「少しずつ」必要な量の塩酸を加え(メスシリンダーやメスピペットではかっておく)、必要な濃度にします。

「塩酸、希釈」などで検索してみてください。

http://www.e-sensei.ne.jp/~ashida/calcgrap/apadj003.html
http://www.city.obama.fukui.jp/~edu/rika/model/kosyu/kosyu_d03.htm

Q水溶液の作り方。

学校で実験をすることになったのですが基本的なことがわからず困っています。
水溶液の作り方なのですが、みんなは100mlに10gで10%、30gで30%になると言います。
でも物質によって溶ける量が違うと思うので、そのことも考えなくてはいけないと思うのですがこれであっているのでしょうか?
そして↑とは関係のない質問ですが、濃度100%のグルコース水溶液っていったいどんなものですか?
水あめしか思いつかないのですが・・・

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>みんなは100mlに10gで10%、30gで30%になると言います。

それは間違いです。
濃度は、質量の合計が分母になります。

通常、
100mL の水は 100g としてよいです。
体積に変化はないとしてよいです。

10g/(100g + 10g) × 100%
30g/(100g + 30g) × 100%


>>>でも物質によって溶ける量が違うと思うので、そのことも考えなくてはいけないと思うのですがこれであっているのでしょうか?

全部溶けない場合は、
溶けた量/(100g + 溶けた量) × 100%
とすればよいだけの話です。


>>>そして↑とは関係のない質問ですが、濃度100%のグルコース水溶液っていったいどんなものですか?

水溶液ではなく、グルコースだけということになります。

もしかしたら、
「濃度100%のグルコース水溶液」=「飽和濃度のグルコース水溶液」
という勘違いをしているのではないかという気がしますが。


以上、ご参考になりましたら。

こんばんは。

>>>みんなは100mlに10gで10%、30gで30%になると言います。

それは間違いです。
濃度は、質量の合計が分母になります。

通常、
100mL の水は 100g としてよいです。
体積に変化はないとしてよいです。

10g/(100g + 10g) × 100%
30g/(100g + 30g) × 100%


>>>でも物質によって溶ける量が違うと思うので、そのことも考えなくてはいけないと思うのですがこれであっているのでしょうか?

全部溶けない場合は、
...続きを読む

QPE,PP,ガラスのうち最適の容器は?

5~10%程度の水酸化ナトリウム水溶液はガラス容器での長期保存は良くないように思いますがどうなのでしょうか?
PPやPEの方が適しているように思います

実験用ビーカーでPPやPEなんかがありますが
ずっと保存するわけでなければ
有機溶剤や硫酸などを入れても問題ないと思うのですが
詳しい方教えてください

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムのガラス容器の保存は、よくないと思います。でもそんなに濃度が濃いわけではないから、大したことないかも。
私は、0.1Nはガラス、それより濃いのは、樹脂性の容器を使っていますが。

有機溶媒とPPやPEに関しては、有機溶媒によって耐薬品性が異なります。エタノールは大丈夫だけど、アセトンだとすぐ固くなる(チューブの場合)とか、溶けてしまうとか。
酸にしてもそうですが、材質と耐薬品性については、器具のカタログの後ろのほうに、一覧表で載っていると思うので、チェックしてからの使用をお勧めします。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング