軽トラックか2トン車ほどの車で米や野菜を隣の県(個人対象)に移動販売してみたいと思うのですが、何か許可等が必要でしょうか?
販売したいものは米と家庭菜園で作っている少しの野菜のみです。
食品を扱う関係の許可と他県に販売するための許可などありますか?
販売は月1回、米は200から300キロ程度(個人に1キロ単位で販売)の予定です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特別な許可は必要ありませんし、必要な免許は運転免許だけです。


米の販売には届け出が必要です。
野菜は問題無く販売できます。

http://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?Action …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考URLありがとうございました。
20トンも販売しないので許可は不要のようですね。

お礼日時:2009/01/25 19:33

自ら加工して漬け物や総菜として販売する場合は、各都道府県の保健所に届け出て許可を得る必要があります。


農産物を加工せずに販売する場合は食品衛生法の許可は不要です。
米の販売にも届出は不要です。届け出が必要なのは、精米換算で年間20トン以上販売する業者だけです。(玄米なら約350俵)


道路上での営業をする場合、「道路交通法」、「道路法」により、管轄の警察署長に道路使用許可の申請が必要です。
公園内で営業する場合は、「都市公園法」により、管轄の地方公共団体や国土交通省に申請が必要です。 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

加工品を販売するつもりはありません。
団地などを廻ってみようかと思っているのですが、よくわからないので警察に聞いてみようと思います。

お礼日時:2009/01/25 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野菜の産地表示・・・和歌山県/●●県はok?

無農薬野菜の宅配を利用しています。
このあいだまで、カタログの野菜の産地表示は和歌山県、となっていたのに
和歌山県/●●県とふたつの産地の表示に替わっていました。
同じ種類の野菜でも、和歌山県産は売れて、原発事故の影響が心配される●●県産は売れず
そのためふたつの産地を表示をしたのだと思います。
商品番号は同じなので、消費者にはどちらの産地の野菜が届くかわからず
また、届いた野菜が●●県産でも、文句は言えません。

このようにふたつの産地を表示することは、法律的に問題はないのでしょうか。

Aベストアンサー

産地を偽っているわけではないので、法律的には問題ないと思います。
なので、●●県産の野菜をどうしても食べたくない場合は、その野菜を買わないしかないでしょうね。
無農薬野菜の宅配を頼むような人は、人一倍、健康被害に気を使っているから割高でもお金を出しているわけですから、その業者はちょっと無神経ですね。苦肉の策なのかもしれないですが。。
余談ですが、野菜の宅配って自分の目で見て選べないので、がっかりも多くないですか?
私も先日、初めてオーガニック宅配を利用してみましたが、自分の目で見て選んでいたらこれは買わないな~と思う貧相な上においしくない野菜が多くて、自分にはむいていないと思いました。

Q古物商許可について 許可必要? 許可不要?

以下の3点の行為は古物商許可は必要でしょうか?

1点目
海外から新品のものを輸入して、Amazonでコンディションを中古として販売する。
(輸入時の傷、汚れがあるため、コンディションを中古として販売)

2点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載無し)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?

3点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載有り)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?


ご存知の方、3点のご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。【令】第1条、 第2条2 この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。

1.古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

2.古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業

3.古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)【令】第3条
《改正》平14法1153 この法律において「古物商」とは、次条第1項の規定による許可を受けて前項第1号に掲げる営業を営む者をいう。

4 この法律において「古物市場主」とは、次条第2項の規定による許可を受けて第2項第2号に掲げる営業を営む者をいう。

5 この法律において「古物競りあつせん業者」とは、古物競りあつせん業を営む者をいう。

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものを...続きを読む

Q雑貨販売に関係する法律、許可

一応、化粧品の株式会社ですが、「入れ歯の消毒、防汚剤」を雑貨として販売したいと考えてます。(1)雑貨の製造、販売に許認可は必要でしょうか?(2)「入れ歯の消毒、防汚」という効果を表示すると「雑貨」としての販売はダメでしょうか?(3)雑貨販売に関して問い合わせができるお役所はどこになるのでしょうか?--よくご存知の方の回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

雑貨の製造、販売に許認可に関しては何もありません.

化粧品をやられておられるので,ご承知と思いますが,県庁の医薬品の許認可の中に監視指導課か係りがありますから,ここで,表示上問題ないかを見て貰えます.(医薬品からみにならないかの判断です.)

Q酒類の販売許可について

家(法人)で経営しているレストランで、近いうちに夜ベルギービールなどの取り扱いや、販売をしようと考えております。

ただ、許可をとるのは厳しいと聞いていますが

お酒類の取扱、販売許可はどのようにして取れるか、またどんな条件があるのか。わかる方いましたら是非教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

要件:
http://www.shurui-shinsei.com/kourimenkyo/youken.htm
一般小売業免許:
http://www.shurui-shinsei.com/kourimenkyo/ixtupankouri.htm
必要書類・費用:
http://www.shurui-shinsei.com/sonota/hituyouhiyou.htm

Q食品の生産販売?

生の椎茸や、干し椎茸をメインに、
そのほか、山菜の塩漬けとか、ジャムとか、うどん(生麺)等々を、
直販所で売ったり、知人に売ったりしていたのですが・・・
(食品衛生関係とか、関係しそうな資格・許可は一切もっていません)

これを、友人のお店(移動店舗+ネット販売)で扱ってもらうことになりました。
(ネット販売は、注文を受けてもらって、こちらから発送するという形で)
ちなみに、この友人は、食品衛生管理の資格を持っています。

直販所で野菜や漬物などを売っている人は、
たいてい資格も何ももっていないようですが・・・
これを今回のように他のお店で扱ってもらう場合、手続き?許可?が必要になるでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

・食品衛生法や条例の規定業種については営業許可が必要です。
 例えば,次の業種は食品衛生法で営業許可が必要となっています。
1.飲食店営業
2.喫茶店営業
3.菓子製造業
4.あん類製造業
5.アイスクリーム類製造業
6.乳処理業
7.特別牛乳搾取処理業
8.乳製品製造業
9.収乳業
10.乳類販売業
11. 食肉処理業
12.食肉販売業
13.食肉製品製造業
14.魚介類販売業
15.魚介類せり売営業
16.魚肉ねり製品製造業
17.食品の冷凍又は冷蔵業
18.食品の放射線照射業
19.清涼飲料水製造業
20.乳酸菌飲料製造業
21.氷雪製造業
22.氷雪販売業
23.食用油脂製造業
24.マーガリン又はショートニング製造業
25.味噌製造業
26.醤油製造業
27.ソース類製造業
28.酒類製造業
29.豆腐製造業
30.納豆製造業
31.めん類製造業
32.そうざい製造業
33.かん詰又はびん詰食品製造業
34.添加物製造業

 また,条例で許可か必要とされているものは,都道府県などによって違うのですが,
1 水産加工製造業
2 こんにゃく及びところてん製造業
3 漬物製造業
4 容器包装入食品製造業
5 食品販売業
6 行商
などが,営業許可が必要とされている場合が多いです。

・また,営業許可施設には食品衛生責任者養成講習会修了者,調理師,栄養士,製菓衛生師等の資格を有する「食品衛生責任者」の設置が必要です。
 食品衛生責任者が不在の施設は,講習会を受講する等資格を取得する必要があります。

---------------
 以上から,

>生の椎茸や、干し椎茸をメインに、そのほか、山菜の塩漬けとか、ジャムとか、うどん(生麺)等々を、直販所で売ったり、知人に売ったりしていたのですが・・・(食品衛生関係とか、関係しそうな資格・許可は一切もっていません)

・Pholiotaさんが製造もしている場合は明らかに営業許可が必要ですし,販売しているものによっては営業許可が必要です。「うどん(生麺)」の販売は大抵,営業許可が必要ですね。(汗)

>これを、友人のお店(移動店舗+ネット販売)で扱ってもらうことになりました。(ネット販売は、注文を受けてもらって、こちらから発送するという形で)ちなみに、この友人は、食品衛生管理の資格を持っています。

・そもそも現在されていること自体が,食品衛生法または条例に違反していると思われますから,まずその違反状態を解消することが先決かと思います。

>直販所で野菜や漬物などを売っている人は、たいてい資格も何ももっていないようですが・・・これを今回のように他のお店で扱ってもらう場合、手続き?許可?が必要になるでしょうか?

・上記のとおりです。

---------------
(例)
http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/hoken/6962/6963.html
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/HokkaidoWeb/Templates/AuthoringTemplates/iburi/IKOU/IkouTemplate.aspx?NRMODE=Published&NRNODEGUID=%7b38BC6256-5C28-407D-98F0-1389EDACF091%7d&NRORIGINALURL=%2fhf%2fhfc%2fsyokuhin2%2ehtm&NRCACHEHINT=
NoModifyGuest#label6 

 こんにちは。

・食品衛生法や条例の規定業種については営業許可が必要です。
 例えば,次の業種は食品衛生法で営業許可が必要となっています。
1.飲食店営業
2.喫茶店営業
3.菓子製造業
4.あん類製造業
5.アイスクリーム類製造業
6.乳処理業
7.特別牛乳搾取処理業
8.乳製品製造業
9.収乳業
10.乳類販売業
11. 食肉処理業
12.食肉販売業
13.食肉製品製造業
14.魚介類販売業
15.魚介類せり売営業
16.魚肉ねり製品製造業
17.食品の冷凍又は冷蔵業
18...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報