人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

あの幕末の人斬りといわれた岡田以蔵の家族が知りたくて投稿させて頂きました。
父・義平と弟・啓吉以外にご存知の方いらっしゃいませんか?
フィクションや別の人斬りとまざって覚えてしまっているので曖昧なのですが、妹がいたような気がするのですが調べても一向に出ず…。

ご存知の方、お力添えの程宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

岡田家は現在も続いております。


何年か前に岡田以蔵が愛用した拳銃を博物館に寄贈したという報道がありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの拳銃が一体どこから発掘されたのかと思ったら岡田家から直々に寄贈された物だったのですね。
それにしても岡田家が今日も続いているとは驚きました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/02/15 23:55

>父・義平と弟・啓吉以外にご存知の方いらっしゃいませんか?



知っていても、残念ながら公表する方は少ないでしようね。
幕末、人斬り以蔵・人斬り半次郎・人斬り彦斎など色々な方の名前が残っていますね。
人斬り半次郎のように、明治新政府で陸軍将校になり、下野後には西郷軍に参加。賊軍の将として官位を剥奪されましたが、大正時代に正五位を追贈されて名誉回復した者もいます。
が、「人斬り=殺人」を意味します。

未だに静かに暮らしている子孫も多いのです。
将軍家の刀を(罪人遺体を用いて)試し斬りしていた、歴代山田浅右衛門の子孫でさえも同様です。
竜馬を暗殺した実行犯として名乗り出た「今井信郎」の子孫がTVに出演しました。が、住所・氏名だけでなく顔もモザイクを入れるなど人権に配慮しています。

質問者さまの興味も分かりますが、ご自分で調査した方が良いでしよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご意見ありがとうございます。
もしご存知の方がいらっしゃればと思い投稿しましたが、ご子孫の方への配慮が確かに足りませんでした。
当時家族だと公表するのは相当のリスクだったでしょうし、きっと妹がいたという私の情報も何かと混合して覚えてしまっているのでしょうね。
ご指摘ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/15 23:46

探してどうするの?


ヒトの迷惑も考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘至極ごもっともです。
確かに探し出して何かしでかしてしまうような内容ともとれてしまいますね。配慮が足りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/15 23:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q岡田以蔵は結婚したのですか?子孫はいますか?

岡田以蔵は結婚したのですか?子孫はいますか?
ご教授お願いします。

Aベストアンサー

>岡田以蔵は結婚したのですか?

正式には、結婚していません。片思いだったようです。
ですから公式には、直系子孫は存在しないハズです。

ところが、高知県立坂本龍馬記念館で岡田以蔵所有のフランス製ピストルが子孫の方の協力で展示していました。
この子孫の方は、香美市土佐山田町にお住まいです。
直系か傍系か、はたまた・・・。
まぁ、竜馬の子孫と名乗る方もいますし・・・。

Q岡田以蔵と武市半平太

以蔵は拷問に耐えられなくて武市の事を言ったんですか?


岡田以蔵は下級身分の家で育った為
塾や道場に通えず自己流で剣術をやっていたところ
武市半平太に拾われ以蔵は武市を尊敬していた
以蔵は武市の為に人を斬り「人斬りの以蔵」と呼ばれていた
以蔵が捕まった時以蔵は拷問に耐えたが
武市は自分の悪さをバラされると思い
毒入りのおにぎりを差し出したが以蔵は死なずに助かった
以蔵は武市が自分を殺そうとした為自白し死んだ


以上が私が聞いた以蔵と武市の話です

私はずっと以蔵は裏切られたから自白したのかと思っていました

Aベストアンサー

おはようございます。真実は下記の様です。

『岡田以蔵』は既に入牢していた同志らとは別に捕まり、拷問により暗殺に関与した仲間を自白、これが土佐勤王党崩壊の端緒となった訳です。同志が次々に入牢、また吉田東洋暗殺の背後には山内家保守派層の関与が公然の秘密であり、お家騒動への発展を恐れ以蔵毒殺計画が仲間内で相談されました。しかし強引な毒殺はいかんと『武市半平太』や島村寿之助らが止め、以蔵の弟である岡田啓吉に、以蔵の父から毒殺の許可、ないしは自害を求める手紙を寄越すよう獄外の同志に連絡を取らせます。これらの遣り取りの間に、武市半平太の弟・田内衛吉は拷問に耐え切れず兄に毒薬の手配を頼み自害、島村衛吉は拷問死。
『武市半平太と土佐勤王党』に依ると、結局以蔵に毒は送られることなく結審を迎えたようです。

創作にみられるエピソードによれば、この際、毒を送られた以蔵はそれを毒とは知らずに服んだが死なず拷問に屈して白状したとか、毒を見破って憤りのあまり自白に及んだなどと様々に推測されていますけれども、いずれも事実とは異なります。


箇条書きにしてまとめますと、より解り易いでしょう

・岡田以蔵は単に拷問に耐え切れずに屈服し、一連の暗殺に関与した仲間の名前を自白

・これにより同志が芋づる式に捕まる

・お家騒動を恐れた同志が「以蔵毒殺」を計画

・武市半平太らが「そんな強引な毒殺はだめだ」と一旦止めさせる

・以蔵の弟に以蔵の毒殺或いは自害の許可を以蔵の父に取らせる為に手紙を出す様、獄外の仲間に指示(律儀)

・しかし半平太の弟も拷問に耐え切れず、兄に毒薬手配を委託し自害

・結局、以蔵に毒は盛られなかった


歴史の真実はどこかで話が大きくなったり、実はこうだった、いや違う、といった論争は果てしが無いですが、この「以蔵の件」については信憑性はかなり高いです。

おはようございます。真実は下記の様です。

『岡田以蔵』は既に入牢していた同志らとは別に捕まり、拷問により暗殺に関与した仲間を自白、これが土佐勤王党崩壊の端緒となった訳です。同志が次々に入牢、また吉田東洋暗殺の背後には山内家保守派層の関与が公然の秘密であり、お家騒動への発展を恐れ以蔵毒殺計画が仲間内で相談されました。しかし強引な毒殺はいかんと『武市半平太』や島村寿之助らが止め、以蔵の弟である岡田啓吉に、以蔵の父から毒殺の許可、ないしは自害を求める手紙を寄越すよう獄外の同志に...続きを読む


人気Q&Aランキング