最新閲覧日:

平行な導体表面に垂直に磁界をかけたときに渦電流が右ねじの法則で
流れるってありますけど、
それは導体の内部でしょうか?
または導体の一番表面になるんでしょうか?
それとも全体??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いくつか、前提条件を整理します。


まず、渦電流は直流磁界では起きません。
右ねじの法則も忘れて下さい。

磁界が変化したとき、その磁界変化を妨げる方向に渦電流が流れます。
渦電流が反発する磁界を作るときに右ねじの法則が適用されます。
磁界の変化が継続するのが交流磁界です。
交流磁界の周波数が低いときは渦電流は導体(の厚み)全体を流れ
周波数が高くなると、表面だけを流れるようになります。
これを表皮効果と言います。高周波のコイルに太い線を使ったり、
細い線を何本も束ねたり(リッツ線)するのは表面積を大きくする
ためです。
参考URLは以下の通り。

参考URL:http://www.nkgk.com/seihin.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ