【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

私は、侵略の反対は、自衛ではないような気がしています。
侵略の「略」とは、略奪ではなく、戦略だと思っています。
つまり、自国の自存の為の戦略を持つ他国の領土内への侵攻は
すべて侵略であると・・・要は、「侵攻」は手段であり、
「侵略」は目的であるという考え方です。他国の主権・独立を
脅かす攻撃・侵攻は、すべて侵略です。なぜなら、主権国家は
みな基本的に性悪説の上に成り立っているからです。
なので、その侵略行為の中で、唯一、正当性があると国際社会が
認める許される侵略が、「自衛」であると・・・でないと、
過剰な正当防衛を咎めることができないからです。

そういうふうに考えると、侵略の反対は何なんだろう・・・?
という疑問が湧いてきました。
自衛が、侵略の中に含まれる正当防衛的な攻撃・侵攻であると
すれば、加害者の反対が、被害者であるように、侵略の反対は、
侵略された側の立場を表す言葉であると思われますが、
そのような適切な言葉はなにかありますでしょうか???
ご存知の方、是非、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

対義語」に関するQ&A: 青年の対義語について

A 回答 (4件)

侵略戦争と自衛戦争はイコールです。



大義名分が逆さなだけであって行う行動は全く同じです。
ま、これが原因で侵略の定義が定まらなかったので…

この回答への補足

「盗犯ノ防止及処分ニ関スル法律です。」昭和5年
は、因みに、「正当防衛の特例」という条項です。

侵略の反対語・対義語は、なんでしょうかね~?(笑)

補足日時:2009/03/03 14:56
    • good
    • 3
この回答へのお礼

どうも早々に感謝です。
>大義名分が逆さなだけであって行う行動は全く同じです。
どうもです。まさにこれですね!

行う行動は同じ!!!
侵略の中に自衛があり得るのであり、
先制的かどうかですね。しかし、専守防衛では自衛できない
ことも今や自明の理であり、他国からの侵害が「予見」されれば、
何らかの侵略的攻撃的アクションを先に起こさなければならない場合
も多々あると思います。イラク戦争の大義名分のように・・・
あっ、イラク戦争は完全に侵略戦争だと思いますが・・・
(大量破壊兵器がないことをアメリカは知っていましたから・・・)

常に、侵略=自衛だとは思いませんが、侵略行為の中に、「自衛の目
的」のケースがあるというくらいでしょうか?応戦しないと言うので
あれば、完全にそれは、侵略ではないですね。しかし、同時に自衛でもない・・・
領土内でのみの応戦であれば、限りなく、自衛でしょうね。
それでも、敵国の戦闘員を殺すこともあるのでしょうから、
敵国の主権を脅かしていることには変わりないですね。
純粋な自衛は、敵国の戦闘員を殺さない自国領土内での応戦のみ
ということになりますが、そんなの自衛とは言えないしょうねぇ・・・
最初から、無条件降伏しているようなもんですね。だから、自衛は、
侵略の中の一部だと思うのです・・・
だから自衛の反対は、無抵抗かな?要は、その侵害が、正当防衛行為
と認められるかどうかですね・・・先制攻撃かどうかは重要ですね。

現に相手を殺してしまっても、許される法律があります。
「盗犯ノ防止及処分ニ関スル法律です。」昭和5年
すごい法律です。過剰な正当防衛とも判断されません。
しかし、これも、急迫不正な侵害を排除する危険を感じた場合
のみですね・・・先制攻撃された場合のみです。
しかし、立派な殺人です。同じ行動です。法律では許されますが・・・
むしろ、犯人の方が、被害者です。要は、やるかやられるか
というような危機的状態になれば、自衛は貴殿の仰せの通り、
侵略ですね。だから、どちらが先に仕掛けてきたかが問題になるわけですよね。

お礼日時:2009/03/03 14:48

これは歴史の問題ではなく、言語の問題ですね。


難しく考えないで、「侵略する」 「侵略される」でいいと思います。
性悪説まで考えると善い侵略と悪い侵略の区別という話になります。
 反原爆運動の分裂を思い出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。確かに、私は、言語の問題として、質問しています。
侵略の反対語は無いということですね。どうも有り難うございました。

お礼日時:2009/03/03 17:36

 和平。

戦争から和平というのがおかしければ、互恵。
 さもなくば、協調、或いは強調和平。協調互恵。
 憲法前文でも使っていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。道義的な観点からのご判断ですね。
どうも有り難うございました。とても共感できます。感謝。
憲法でも使用されているんですね!?是非、確認してみます。

お礼日時:2009/03/03 17:37

避難とか撤退ではどうでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございます。
避難も、自分の身を衛るという意味では、自衛の一つの手段ですね。
なるほど!!それならば、侵略行為ではないですよね。
しかし、主権国家の承認の3つの条件には、領土が含まれるから、
自国の領土を護らないで、逃げるのは、もはや、軍隊としては
自衛ではないですね・・・個人ならいざしらず・・・
危険を排除しないかぎり自衛ではない・・・

そして、侵略の反対は何か?という質問なんですが、

侵略とは、何らかの目的(戦略)を以て、侵害してくる行為ですから、
その反対はとなると・・・侵害されること・・・??

という意味でなければならず、避難は、その結果としての防衛の為の
一つの行動ですね。あくまでも、個人の行動原理でしょうね。
軍隊としては、最初から撤退・避難という行動原理は有り得ないですね。
存在目的が、そもそもが自衛の為でもありますから・・・

お礼日時:2009/03/03 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

対義語」に関するQ&A: 理性の対義語は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q「1つづつ」と「1つずつ」とでは

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

いっこずつ いっこづつ で変換してみてくださいな
一個ずつ いっこづつ
ずつが正解です。

Q国民の三大義務と三大権利について

むかしむかし中学で習ったのですが忘れてしまいました。三大義務と三大権利教えて下さい。ちなみに選挙権が入っているのはどちらでしたか?

Aベストアンサー

三大義務は勤労、納税、子供に教育を受けさせることで、三大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。
選挙権は「権利」になります。(義務だったら、投票率があそこまで低くなることはないかと…)。

参考アドレスも掲載しておきます。

参考URL:http://www.city.miura.kanagawa.jp/index/download/007385;000001.pdf

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q結界を英語でなんと言うか

結界を英語でなんと言いますか?
「非日常の世界、あちら(死後の世界)とこちらの世界との境、いやゆる結界にそれは存在する」といいたいのですが。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

 こんな感じではいかがでしょう。

It exists in an unordinary world, around the borderlines between this world and that one (the afterworld); in the so-called Boundary Zone (Kekkai).

Boundary Zone はそういう定訳をどこかで見つけたわけではなく、質問者さんの文意から作った訳です。

 英語にちょうど用意されたそういう言葉があるかどうかは分からないのですが、連想として、昔のシリーズもののドラマのタイトルで、The Twilight Zone という言葉もありました。これは「たそがれ(誰そ彼)の領域」という意味ですが、こちらの世界とあちらの世界のちょうどは境にある、未知の領域といった意味合いだったように記憶しています。

参考URL:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=twilight+zone&word_in2=%82%A0%82%A2%82%A4%82%A6%82%A8&word_in3=PVawEWi72JXCK

 こんな感じではいかがでしょう。

It exists in an unordinary world, around the borderlines between this world and that one (the afterworld); in the so-called Boundary Zone (Kekkai).

Boundary Zone はそういう定訳をどこかで見つけたわけではなく、質問者さんの文意から作った訳です。

 英語にちょうど用意されたそういう言葉があるかどうかは分からないのですが、連想として、昔のシリーズもののドラマのタイトルで、The Twilight Zone という言葉もありました。これは「たそがれ(誰そ彼)の...続きを読む

Q"love-affair” の意味を教えて下さい

自分の趣味、興味を語る文章で、突然、下記の一文がでてきました。

I have a love-affair with Japanese hotsprings (onsen).

今まで、"love-affair” というと、不倫とか、情事、浮気、、、などと言う意味に捉えていましたが、
上記のような文で使われる場合は、どのように訳したらいいのでしょうか?

どなたかご存知の方、教えて下さい <<(_ _)>>

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

この使い方は一般的な使い方ではない、使い方をしているんじゃないかなと言う事をまず知ってください。

love affairという単語は、結婚している相手ではない、という意味と同時に、「同棲している相手」ではない、と言う意味合いを持っている時代になりました。 つまり、一昔は、同棲することもlove affairの中に入れる人が多かったわけです。 しかし、これだけ同棲することが普通になると、結婚している間柄でなくて同棲していてもlove affairと言うレッテルはつかない、と言う事になり、不倫・浮気の中には入らない事になるわけです。 もうひとつのことを書いておく必要があるので、ちょっとこれを頭に入れて置いてください。

もうひとつのフィーリングは、love a lotと言うフィーリングで、大好きだ、夢中だ、と言う意味合いでよく「人間ではない物に対してのlove」をMy love affair with karate is something my wife can not understand sometimes.と言うように使います。

さて、私の個人的回答です。

この表現のフィーリングに、いつでも「出来る(この意味を分かってください)」情況にいるわけじゃないけど、と言うフィーリングを入れたいときに使う、と言う事があるのですね。 つまり、不倫っていつもできることじゃないですか。 通常の間柄と言うわけに行かない、と言うフィーリングがありますね。

ですから、異国に来て、母国には無い温泉に「恋をしちゃった」、温泉と恋に落ちた、と言っていいほど好きになっちゃった、(母国のバスタブには悪いけど、なんて考えているかどうか分かりませんが)というフィーリングが私には感じるのです。 Japanese hotspringsという表現をしていますね。 I have a love-affair with onsen.と入っていないわけです。

つまり、ちょっと茶目っ気を出した表現だな、と私は感じるわけです。

日本の推理小説が好きで好きでたまらないのはみんな知っていることだけどアメリカに来てアメリカの推理小説にも「不倫」しています、I have a love affair with American mysteries!と言う感じかな。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

この使い方は一般的な使い方ではない、使い方をしているんじゃないかなと言う事をまず知ってください。

love affairという単語は、結婚している相手ではない、という意味と同時に、「同棲している相手」ではない、と言う意味合いを持っている時代になりました。 つまり、一昔は、同棲することもlove affairの中に入れる人が多かったわけです。 しかし、これだけ同棲することが普通になると、結婚している間柄でなくて同棲していてもlove ...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較