だいぶ昔ですが、横浜で受験した日商簿記の2級と3級に合格しました。ところが、合格証書がどこかへ行ってしまいました。2級の合格証書だけでもいいのですが、どこへ再発行をお願いできるのか、ご存知の方、教えてください。

A 回答 (2件)

下記サイトの


Q.合格証書をなくしてしまいました。合格を証明したいのですが、どうしたらよいですか?
をご参照ください。
これによれば、合格証書の再発行はいたしませんが、代わりに合格証明書を発行いたします。
とあります。先ずはお問い合わせするのが一番のようですね。

参考URL:http://www.kentei.ne.jp/faq/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。NO.1の方ともども良回答20点を差しあげたいところですが、どうして2つとも20点入れられないのかしら?

お礼日時:2003/02/23 16:20

横浜商工会議所のホームページの検定試験のところ見てね。


いつ受けたか分かると、早いけど。

参考URL:http://www.yokohama-cci.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。ご投稿のお二人とも「良回答」を差し上げたい。。。。 

お礼日時:2003/02/23 16:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q日商簿記2級の本支店会計がわかりません。2級合格者の皆様、よろしくお願いいたします。

本支店合併財務諸表を作成するとき、「支店の期首商品に内部利益が加算されているときは、その内部利益を差し引きます。そして、その内部利益は本店の繰越利益剰余金にも含まれているから、そこからも差し引きます。」

↑に関して、わからないことがあります。

Q1.そもそも、本店が支店に商品を送付するときに、なぜ、原価に利益を上乗せして送付するのでしょうか?「本店が支店に商品を送付する」という行為は、他者に商品を売ったわけではなく、本店・支店という立地の違いはあれ、自社内で商品が移動しただけなので原価のまま本店から支店に送付するのではないのでしょうか?

Q2.なぜ、本店の繰越利益剰余金にQ1.で上乗せした利益が含まれるのでしょうか?←これは、本店から支店に商品を送付したときに上乗せした利益を、本店が支店との間で生じた利益として繰越利益剰余金に含んで処理していると思うのですが、なぜ同じ会社なのに他者に売ったようなかんじになっているのでしょうか?

Q3.そもそも、なんで支店の期首商品に内部利益が残っているのでしょうか?前期末に本支店合併損益計算書で内部利益を差し引いているはずなのに、なんで次期首に控除されたはずの内部利益が含まれたまま繰り越されているのでしょうか?参考書には、「本支店合併損益計算書上は内部利益は控除されるけど、帳簿上は残っている」とあるのですが、これは、言い換えれば、『本支店合併損益計算書は外部用に内部利益を控除したもので、帳簿上は本支店間だけの内部用だから内部利益は維持されたまま本支店間の取引が続く』というふうに解釈してみたのですが、この考え方は正しいのでしょうか?

本支店合併財務諸表を作成するとき、「支店の期首商品に内部利益が加算されているときは、その内部利益を差し引きます。そして、その内部利益は本店の繰越利益剰余金にも含まれているから、そこからも差し引きます。」

↑に関して、わからないことがあります。

Q1.そもそも、本店が支店に商品を送付するときに、なぜ、原価に利益を上乗せして送付するのでしょうか?「本店が支店に商品を送付する」という行為は、他者に商品を売ったわけではなく、本店・支店という立地の違いはあれ、自社内で商品が移動した...続きを読む

Aベストアンサー

2級取得者です。

これは企業での活動形態や評価と密接な関係があります。
支店や各部門の活動力などを評価する場合、独立採算で仕事の評価をすることがあります。その場合「各部門でどれだけの利益(付加価値)を稼ぎ出し、部門内での支払をまかなえるか」ということが重要になってきます。

その場合、本店が仕入→支店が販売のために本店から仕入→お客さんへ販売という形態を取った場合、独立採算で本社が利益0だとどうなるでしょうか…?損益計算書を見れば分かりますが、給料とか雑多な費用は、売上から商品原価を引いた差額から捻出しているわけですから、本店単独では赤字、ということになります。本店もそれなりの付加価値を生み出していますし、また売上の貢献(利益)は支店が全て総取りというのもまたおかしな話です。従って、本店相当分の利益を上積みして、支店に送っているのです。

2や3については、利益の実現時点の問題です。
いくら社内で商品の移動があっても、会計原則では「会社として利益の発生が認識出来るのは社外に売り出してから」です。
そして本支店会計は、あくまで支店は支店単独で帳簿を付けて決算書を作成しているという前提です。そのため、決算の時点で支店在庫の商品には本店の利益相当分が支店の商品在庫評価額に乗っている状態です。支店の決算をそのまま本店に足してしまうと、まだ実現してないはずの利益が乗ってしまいます。それでは上の前提と矛盾してしまいます。その矛盾を解消するために、内部でのみで売り上げて、まだ外部に売り上げていない利益相当分は除外する必要があります。

簿記は帳簿の付け方や読み方がメインになってしまうのですが、実際の取引や企業活動の裏付けがあってこそ成り立つものです。余裕があれば、そのような取引に関わることも合わせて学んでいけば、簿記の活用の幅は広がります。

2級取得者です。

これは企業での活動形態や評価と密接な関係があります。
支店や各部門の活動力などを評価する場合、独立採算で仕事の評価をすることがあります。その場合「各部門でどれだけの利益(付加価値)を稼ぎ出し、部門内での支払をまかなえるか」ということが重要になってきます。

その場合、本店が仕入→支店が販売のために本店から仕入→お客さんへ販売という形態を取った場合、独立採算で本社が利益0だとどうなるでしょうか…?損益計算書を見れば分かりますが、給料とか雑多な費用は、売上から...続きを読む

Q簿記の勘定科目の見分け方

簿記3級で、自分で勘定科目を書く問題のときに
資産と収益、負債と費用
がおなじような意味に捉えてしまい、貸方借方を逆に書いてしまいます。
勘定科目を暗記するしかないのでしょうか?量が多く暗記に自信がないので見分け方が有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

「取引の8要素」をまず覚えることには、賛否両論有ります。以下のリンクは、賛成、反対各々の観点で解説したものです。
http://www.eczen.com/sub/index005.html
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/360/

私も、簿記の勉強を開始したころは、これを意識していました。
しかし、途中で意識するのをやめてから、学習の進度が急に進むようになりました。

取引の8要素を意識した仕分けは、以下のように考えます。
 現金100円の売上の仕訳に対し、
 現金は資本である。
 売り上げると現金=資本は増える
 よって、現金を左に書く
 売上は収益である
 売り上げると売上=収益は増える
 よって、右に書く
 以上により、
 (現金)100/(売上)100

これは、簿記の基本と言えば基本です。
そこで、私も学習当初は、一つ一つの勘定科目が資産、負債、費用、収益、純資産のどれに属するかを覚えようとしました。
しかし、なかなか覚えきれるものでは有りませんし、覚え間違いしてしまうと、記憶を修正するのも容易では有ません。

私が仕訳に開眼したのは、簿記3級レベルのほとんど全ての仕訳は、
 (現金)100/(売上)100
を2~3回変形させれば、得られるということです。
売上時の代金の受け取り方を変えるのは、この(現金)を(売掛金)等に置き換えれば良い。
仕入れ時は、この逆なので、
 (仕入)100/(現金)100
仕入れ時の代金の支払方を変えるのは、(現金)を(買掛金)等に置き換えれば良い。
これだけで、簿記の試験に出る仕訳の8割ほどは、片側は迷わず左右どちらかが分かります。
他のものも、ほとんど、そこから、もう1回相手科目の入れ替えをすれば、得られます。

実は、この考え方は、「伝票会計」のベースです。
言い換えると、「伝票会計」をマスターした時点で、私は仕訳に開眼することが出来ました。

あと1ヶ月ほどですが、GWを遊ばずに勉強すれば、必ず、合格できます。
頑張って下さい。
 

「取引の8要素」をまず覚えることには、賛否両論有ります。以下のリンクは、賛成、反対各々の観点で解説したものです。
http://www.eczen.com/sub/index005.html
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/360/

私も、簿記の勉強を開始したころは、これを意識していました。
しかし、途中で意識するのをやめてから、学習の進度が急に進むようになりました。

取引の8要素を意識した仕分けは、以下のように考えます。
 現金100円の売上の仕訳に対し、
 現金は資本である。
 売り上げると現金=資本は増える
 よっ...続きを読む

Q日商簿記2級と建設簿記(2・3級)

今年の6月の日商簿記試験で3級に合格しました
今度は、日商簿記2級に挑戦しようと思っていましたところ、
つい先日、建設簿記というものがあるということを初めて知りました。
私はずっと建設関係で働いてきたのですが、経理部門ではなかった為
建設簿記というものがあるという事を全く知らず・・・(無知も良いところですね・・・)
せっかく簿記を勉強するのなら、建設簿記にすれば良いのではないかと周りに勧められています
調べた結果、次回の建設簿記の試験は9月ですが、申し込みは締め切られており、その次は来年の3月です
11月の日商簿記2級に挑戦後、3月の建設簿記(2・3級同時)に挑戦・・・というのはどうかな?・・・と自分で考えたのですが、
日商簿記と建設簿記・・・両方取得する方向でいくのは無謀(無駄?)でしょうか?
また、今後、転職等をふまえて考えると、日商簿記と建設簿記、どちらが有利になってくるのでしょうか?
長くなってしまいましたが、詳しい方、どうか教えて下さい

Aベストアンサー

建設簿記というのは建設業経理士のことでしょうか??
日商簿記2級の知識があって、建設業の基本的な勘定科目等を知っていればほとんど勉強しなくても建設業経理士2級は合格できます。
私がそうでしたからほぼ間違いないでしょう。
建設業経理士3級は持っていて悪いとは言いませんが、あまり必要ないと思います。
11月に日商簿記2級、翌年3月建設業経理士2級。充分に間に合います。

ちなみに建設業経理士は土建関係及びその周辺の業種に関しては多少の強みはありますが、それ以外の会社には特に強みにはなりません。
日商簿記と違って広範に知られている資格でもないので『こんな資格あるの?』と聞かれたりもします(笑)

Q簿記2級での勘定科目について質問です

10年ほど前に簿記2級の資格は取ったのですが、転職に向けてまた受験しなおそうと勉強しています。

勘定科目についての質問なのですが、まず貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?(10年前は貸倒償却/貸倒引当金というように仕分けしたのですが、問題集には貸倒償却という勘定科目が出てきません。精算表などの場合は勘定科目のヒントがあったりして修正できるのですが、普通の仕訳の問題だと勘定科目リストがない場合、浮かんできにくいのです。)

Aベストアンサー

> 貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?

そうですね。使われ方は同じです。

あえて相違点を挙げれば、現在一般的に用いられているのは「貸倒引当金繰入」のほうであり、「貸倒償却」は一般的ではない科目と位置づけられています。

Q日商簿記2級か全商簿記1級か

自分は高校2年です。全商簿記2級を持っています。
全商協会特別推薦対象大学というものでの進学を狙っています。
私の行きたい大学の資格条件には日商簿記2級か全商簿記1級があります。
来年の9月までにはこの種目を取らないといけないです。
日商簿記は来年の2月と6月の2回チャンスがあります。
全商簿記は来年の6月の1回のチャンスがあります。
合計3度のチャンスしかありません。
日商簿記2級と全商簿記1級(会計と原価)はどちらが難しいでしょうか?
また、今から勉強して2月の日商簿記2級に合格することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

高校生にとっては全商の方が易しいと思います。

全商は教師が問題作りを、生徒が解答し、教師が採点します。
このシステムは高校の期末試験と同じです。
また良くも悪くも学習指導要領に影響されます。
内容は基礎が多く基本に忠実です。
勘定科目や言葉遣いなどは教科書と同じになるように気をつかっています。
高校生には取っつきやすいです。
逆に日商に慣れている人にとっては戸惑います。

全商1級の特徴は科目合格制ですが、チャンスが1回しかないのなら活かせません。

日商2級は学者が問題を作り、会議所の職員が採点します。
日商2級は法規や基準などが絶対的な正解となります。
学習指導要領に縛られる全商とは違う内容が正解になることもあります。

3ヶ月間での日商2級の学習時間は、社会人ならば1日3時間くらいです。
実際には人それぞれなので、もっとかかる人もいます。

Q簿記3級で支払手数料を含む勘定科目は何ですか?

簿記3級で支払手数料は固定資産購入した時は固定資産の代金にいれますがあと有価証券と固定資産のほかに支払手数料をほかの勘定科目の代金にいれてしまう勘定科目は何かありますか?

Aベストアンサー

逆に入れないのを覚えたほうがいいですよ。
3級では出ませんが、自己株式といって自分の会社の株を買うときに払った手数料は取得原価に入れません。
他の資産は基本的に入れちゃうもんだと思ってOKです。

その資産を買うのにかかったトータルのお金=取得原価

ですから。

Q全商簿記2級所持者の日商簿記2級挑戦について。

全商簿記2級所持者の日商簿記2級挑戦について。

お世話になります。
高校時代に全商簿記検定2級をとりました。
全商1級に進むコースかマーケティングかで悩み結局マーケティングを選び
工業簿記の知識は得られませんでした。

それからすでに5年ほど経ち、簿記の知識は薄れてしまったのですが、
いずれ日商簿記1級を取得したいと考えております。

全商簿記2級の所持者が日商簿記2級を取得するには、
どの程度の勉強量が必要でしょうか?
日にガシガシ勉強すれば意外と早く行けるものでしょうか?
(次の試験は11月ですが…)

また全商2級では足りないのは工業簿記の知識だけなのでしょうか?

以上、回答頂けましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>全商2級では足りないのは工業簿記の知識だけなのでしょうか?

日商簿記2級は全商1級、全経1級と同レベルくらいです。
レベルは同じでも日商のほうが難しいとは思いますけど。
なので商業簿記の知識も工業簿記の知識両方足りませんね。

>全商簿記2級の所持者が日商簿記2級を取得するには、どの程度の勉強量が必要でしょうか?

がんばれば11月の試験に間に合うとはおもいますけど簿記はセンスもあると思うのでどのくらいかかるとは一概には答えられないですね。
日商2級の講座を受けるのか独学かということもあると思いますし。
いずれは日商1級をとりたいとのことですが日商1級は範囲も広いし、難しいので日商2級にてこずるようであれば講座を受けたほうがいいとは思いますよ。

Q簿記3級の勘定科目の覚え方

簿記の学習をはじめました。
勘定科目を覚える必要がありますが、数の多さに戸惑っています。
皆様はどの様にして覚えましたか。
アドバイスやちょっとしたテクニックなどありましたら回答をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

勘定科目・・・。確かに初めて見た時はあまりの多さに唖然としましたねぇ。「こんなのどうやって覚えるねん!」みたいな。(笑)

勘定科目を覚える前に、まず会社ではどういった取引があるのかを知ることから始めたほうがいいと思います。
聞いたことのある取引(現金の出し入れ、備品の購入、商品の売買など)もあれば初めて聞く取引(手形の扱い方、減価償却、決算整理事項など)もあるでしょうから、まずはそういった取引の時にはどういった仕訳をするのかをひとつひとつ確認していく作業が大事です。

簿記の学習を始めたということは簿記検定を踏まえてのことだと思いますが、今すぐに勘定科目を覚えなくても簿記の学習を進めるうちに自然に覚えてしまうものですので、じっくりと取り組んでみて下さい。
3級ですとある程度パターンが決まっているので、慣れてくるとちょっと物足りなくなるかもしれませんが。

がんばって下さい。

Q日商簿記2級、3級の合格率が30%前後の理由は?

「1ヶ月もあれば合格出来る」「2級から受けて合格しました」などの意見を聞きます。
受験者数が多いメジャーな資格だと思います。
定員は関係なく合格点数に達すれば合格出来たと思います。
合格率が30%前後で推移する理由は何なのか皆様の考えを教えてください。
受験者数が多いのでユーキャンなどの通信教育も充実していると思います。それに書籍も沢山あると思います。
1級の問題が2級にも入っていると聞いた事があります。年々試験が難しくなっているからでしょうか?もう8年ぐらい前に2級に合格しました。その後実務に使う事が無くすっか内容を忘れている私です。
単なる試験対策不足なのでしょうか?
実務経験が豊富でも試験と仕事は勝手が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

試験日までに実力が付くだろうからと申込したが、思ったほど力が付いてないという方が「せっかくだから受ける」とした場合には、合格率は低くなります。
合格率の分母を、申し込んだ者にしてるか、実際に受験した人にしてるかも確認したいところです。

質問後半は、質問の要点がぼやけてますが「簿記2級合格者でも実務にほとんど使うことなく、8年たったら合格する自信がない。問題が難しくなってるのだろうか。」という意味でしょうか。
問題レベルは変わらないでしょう。
減価償却の方法に変更があったので、その点は昔の知識だと誤ります。

「実務経験が豊富でも試験と仕事は勝手が違うのでしょうか?」
23年度の簿記2級の模擬問題を見ました。感想は
「こんな仕訳が必要な事例が、実際に起こりえるわけがない。」ものが数点。
「実務的に使用されるのは、全国の企業のうち10件はないのではないか」というような事例の仕訳を求めるもの。
でした。2級認定されるためには、このぐらいの問題を解けないと駄目だという意味もあるのでしょうが、現実とかけ離れた事例の仕訳を求めるのが「試験」のもってる特性なのでしょう。

鉱山の全採掘量から、全てを掘り出す期間を計算して、それを基準にして資産の減価償却をするという問題がありましたが、このような減価償却を必要な企業が日本にどれだけあるかです。
特殊な処理が出来ないと2級認定は無理だというのは理解できますが、百年実務をして、一度あるかないかの仕訳をせよという問題もあります。
合格のためにそれを一生懸命勉強するのは必要ですが、実務では役にたつ機会がないに決まってます。

試験日までに実力が付くだろうからと申込したが、思ったほど力が付いてないという方が「せっかくだから受ける」とした場合には、合格率は低くなります。
合格率の分母を、申し込んだ者にしてるか、実際に受験した人にしてるかも確認したいところです。

質問後半は、質問の要点がぼやけてますが「簿記2級合格者でも実務にほとんど使うことなく、8年たったら合格する自信がない。問題が難しくなってるのだろうか。」という意味でしょうか。
問題レベルは変わらないでしょう。
減価償却の方法に変更があったので、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング