Q1.
通常の水素と異なり、中性子を含む重水素Dがありますが、
これは化学反応において通常の水素と異なる働きをするのでしょうか?
それとも、全く同じように扱ってよいのでしょうか?
水とすればH-O-Dのように、重水素と軽水素が同時に化合物を形作ることはあるのでしょうか?

Q2.
酸化剤として過マンガン酸カリウムKMnO4があります。
OH-とH3O+中では反応が異なるらしいのですが、どのように変わるのでしょうか?
二重結合を持つ有機物ではOH-中では二重結合が開き同じ向きからOH-が付加する。
H3O+中では二重結合が外れ、酸素が付加する。
って聞いたのですが、いまいちメカニズムが理解できません。
説明しにくいのでしたら、何か参考文献を教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 Q2。

アルカリ性での過マンガン酸と二重結合の反応では、過マンガン酸が二重結合に付加して遷移状態として五員環の化合物を形成します。
┌O-C-C-O┐
└--Mn---┘
ついで、O-Mnの結合が切れることで生成物になります。 Synthesis 1987, 86-96. が参考文献。

 酸性でも同様の遷移状態をとっていて切れる場所が違うだけだと思うのですが、教科書にははっきり書いていないので推測です。(ベンゼン中クラウン共存下で制御できるので多分合っている。)

 ちなみに「Fieser and Fieser's Reagents for Organic Synthesis」なら載っているかもしれません。調べてみてください。(いま手元にないので、、)

 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/03/10 23:15

Q1の補足ですが、重水素と軽水素では化学反応の速度が異なります。

通常の生物は重水素の中ではいきることができません。
    • good
    • 0

Q1.


>これは化学反応において通常の水素と異なる働きをするのでしょうか?
 化学反応では同じと扱って可能です。質量が異なるだけです。
>水とすればH-O-Dのように、重水素と軽水素が同時に化合物を形作ることはあるのでしょうか?
 はい、H-O-D、D-O-Dもあります。
 酸素にも16O、17O、18Oの同位体が存在しますから、天然の水分子には9種類のものがあるのです。

Q2.についてはちょっと分かりませんが、
 参考のため、酸性溶液中での酸化作用の式
 MnO4+ + 5e- + 8H+ → Mn2+ + 4H2O
 なんですが、通常は左辺の H+ の存在で、酸化反応を起こさせるのですが、
 アルカリ溶液中での酸化反応の式は知りません。
 中途半端でごめん。
 
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


--------------------------------
生体系の水/上平恒,逢坂昭/講談社/1989.5 
生命からみた水/上平恒/共立出版/1990.7 
水とはなにか/上平恒/講談社/1977.10 
水の分子工学/上平恒/講談社/1998.4 
水の分子生理/上平恒,多田羅恒雄/メディカル・サイエン…/1998.11
重水素およびトリチウムの分離/中根良平∥〔ほか〕編…/学会出版センター/1982.2
--------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重水素の割合とは

地球の水がどこから来たのか?という研究で、彗星に含まれる水の重水素の割合を調べると、地球の水とは割合が違うので、地球の水は惑星由来の可能性があるということでした。

ウィキペディアによると、地球上の水素全体の中での存在割合は、軽水素が99.985%、二重水素が0.015%である。三重水素の割合はごく僅かである。

質問は、
彗星の水の重水素の割合はどのくらいなのですか?
また、その水を摂取すると人間はどのように変化していきますか?

ケンコーコムでは重水素減少水なるものが、売られていました。
癌の種類によっては、効果があると謳っているページもありましたが、
重水素はできるだけない方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

重水素の割合は
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/12/12rosetta/index-j.shtml
てな感じ.

人体に対する影響はほとんどないといっていいでしょう. 重水素の多い 67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星でさえ 0.045 % くらいしかないんですから.

ちなみに「癌に効果がある」と明示してしまうと法的にアウトな気がする.

Q高1の化学の問題です 水を燃焼させると以下の反応が起こる。 2H2+O2→2H2O 4.0gの水素を

高1の化学の問題です

水を燃焼させると以下の反応が起こる。
2H2+O2→2H2O
4.0gの水素を燃焼させるのに必要な酸素と生成する
水の質量をそれぞれ求めなさい。です。
わかる方いたら係数の比を使ったやり方でお願いします( ˃ ⌑ ˂ഃ )

Aベストアンサー

H=1.0
O=16.0 で計算します

1molについて
水素H2の1mol=2.0g

問題は、4.0gの水素H2なので、2.0molになります。

水素H2の完全燃焼は、水素2:酸素1なので、
2.0molの水素H2を完全燃焼させるのに必要な酸素O2は1.0molです。

つまり、4.0gの水素H2を完全燃焼させるのに必要な酸素O2は…

O2:1mol=16.0×2=32.0g

生成する水H2Oは、4.0g+32.0g=36.0g
となります。

Q重水素ってなんですか(>_<)?

重水素ってなんですか(>_<)?
水素とどう違うんですか><?

水素っていうのは
中性子がないのが普通なんですか><?

すごい困ってます(;_;)
お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

まず重水素ですが 水素の同位体です

中性子ってのは原子核を構成している物質です 原子核はすべて中性子と陽子で構成されてます
っが 唯一水素だけは中性子を持ちません。
水素原子の原子核は陽子1つで構成されています。
原子核に中性子をもたないのはすべての元素の中で水素だけです。
でも重水素は違います 重水素の原子核は陽子1 中性子1から構成されます。
一番大きな違いは中性子をもつか持たないかなんですが
質量も重水素は水素の2倍近くあります。

Q過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水

過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水溶液の酸化還元反応式を導く問題で 
MnO4(-)+8H(+)+5e(-)→Mn(2+)+4H2O
と 
H2O2→2H(+)+O2+2e(-)
の 
半反応式を掛け足しして電子e(-) を消そうとするのは何故?



最後に反応に関係なかったK(+)とSO4(2-)はどのように、どこに、どうやって加えるの?

Aベストアンサー

この反応が終わった後, 溶液全体でみると電子は「余る」こともなければ「足りなくなる」こともありません. つまり, 溶液全体でおきた反応としては (見掛け上) 電子は関与しなくなります. この事実に対応して, 最終的な反応式には電子が含まれないことになります. 従って「電子を消す」ということになります.
あと, 反応に関係しなかったやつらは「最後に帳尻を合わせるため」に加えます. 例えば MnO4^- は過マンガン酸カリウム KMnO4 として存在していたので, 最終的な式に残っている MnO4^- と同じだけの K^+ を両辺に加えることになります. また, 水素イオン H^+ は硫酸から出てくるので, 水素イオンをすべて硫酸にするために必要な文の硫酸イオンを両辺に加えます. 結果的に右辺では K^+ と SO4^2- が両方余ってきますが, これは K2SO4 という形でまとまるはずです.

Q重水素化されたアルコール(エタノール)

表題の通り、重水素化けされたエタノール(全ての水素をD)を購入したいのですが、可能でしょうか?
有名なメーカーのSigmaAldrichに問い合わせたところ、「アルコールは法律で禁止されていて輸入できません」と言われてしまいました、、、。

使用目的は、重水素化された別の試薬を、アルコールに溶かして、アルコールを蒸発させて、結晶を作ることです。

Aベストアンサー

>恒温槽で温めてます。

これは非常に良いことです。温度を一定に保つことで(多くの場合は)純度が高い結晶が出来やすくなります。

>蒸発エタノールガスの出口を補足するため、サランラップでふたをして、小穴を開けているのですが、

これはよくありません。空気中の水分の出入りが確実にあると思います。これを確認したければ、実際にどれだけの水分が混入したのかを、カールフィッシャー水分計、GC(検出器はTCDなど水を検出できるもの)などで定量してみてください。あるいはビーカーにP2O5やKOHなどを入れて同じ条件でしばらく放置してみてください。べとべとになるようでしたら水分の出入りが十分にあることを示します。

このような状態では、無水の溶媒を用いても空気中の水分を吸収してしまうので無意味です。

ラップでは(穴を開けなかったとしても)空気から遮断するのは不可能です。乾燥した空気や窒素をゆっくりと流して徐々に溶媒を気化させていく方法が良いです。詳しくは前述の参考文献に記載されています。

Q炭化水素の単結合、二重結合について

以下の問題が分かりません。

問題
炭化水素の単結合、二重結合について、電子軌道の結合から説明せよ。

分かりやすく説明してもらえると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メタンの場合には炭素原子の2s軌道と3個の2p軌道の合計4個の軌道が混成してsp3になります。なぜかと言えば炭素の結合相手の原子が4個あり、4本のシグマ結合を作る必要があるからです。(「なぜかと言えば」以下の議論は簡略な説明のためのものであり、厳密なものではありません)

エチレンの場合には結合相手の原子が3個なので、2s軌道と2個の2p軌道の合計3個の軌道が混成してsp2になります。その混成軌道を使って、相手の原子とシグマ結合を作ります。ちなみにsp2などの混成軌道は原子軌道の1つであり、それが結合の形成によって分子軌道となります。たとえばHの原子軌道とCの原子軌道が重なってC-H結合のための分子軌道ができると思えば良いでしょう。

で、炭素原子がもっている2p軌道は3個であり、そのうちの2個が混成に使われたわけですから、混成に使われなかった2p軌道が1個残っているはずです。エチレンには2個の炭素原子があり、それぞれにその2p軌道が残っており、そこに電子が1個ずつ入っています。そこでそのそれぞれの2p軌道が横から重なることによってパイ結合ができます。パイ結合はシグマ結合に比べて、軌道の重なりが小さいので結合としては弱いです。なので、シグマ結合よりも切れやすく、そのためパイ結合をもつ分子は付加反応を起こしやすい性質があります。
すなわち、一般に単結合はシグマ結合からで来ており、二重結合はシグマ結合とパイ結合からで来ていることになります。また、二重結合のシグマ結合にはsp2混成軌道は使われます。

当然ですが、この内容をコピペしたのではダメです。レポートなどを書くのなら、講義内容をふまえて自分の言葉で書き直して下さい。

メタンの場合には炭素原子の2s軌道と3個の2p軌道の合計4個の軌道が混成してsp3になります。なぜかと言えば炭素の結合相手の原子が4個あり、4本のシグマ結合を作る必要があるからです。(「なぜかと言えば」以下の議論は簡略な説明のためのものであり、厳密なものではありません)

エチレンの場合には結合相手の原子が3個なので、2s軌道と2個の2p軌道の合計3個の軌道が混成してsp2になります。その混成軌道を使って、相手の原子とシグマ結合を作ります。ちなみにsp2などの混成軌道は原子軌道の1つであり、そ...続きを読む

Q重水素ランプのスペクトルについて

実験で重水素ランプを使用したのですが。160 nm付近にピークがあることがわかりました。
このピークなのですが、水素のライマンやバルマーなどの発光原理とはまた異なると思う(重水素ランプはブロードな発光のように見えます)のですが、
この発光は何による発光なのでしょうか?

この発光スペクトルの詳しいことを知りたいので、どうぞお願いします。

Aベストアンサー

ほんの数行ですが、ライトエッジ(ウシオ)No.33 p22前後に記載されています。
「B1Σu+、C1Πuからの( 許容)遷移によってLyman帯( B→X )、Wermer帯( C→X )と呼ばれる帯スペクトルが80~170nmに放射します」
https://www.ushio.co.jp/documents/technology/lightedge/lightedge_33/ushio_le33-06.pdf

Q過酸化水素の酸化還元反応について質問です 【酸化剤】 中性〜塩基性のとき H2O2 +2e- →2O

過酸化水素の酸化還元反応について質問です

【酸化剤】
中性〜塩基性のとき
H2O2 +2e- →2OH-
酸性のとき
H2O2 +2H+ +2e- →2H2O

【還元剤】
酸性のとき
①H2O2 →O2 +2H+ +2e-
塩基性のとき
②H2O2 +2OH- →O2 +2H2O +2e-

質問は、中性条件下で還元剤として働くとき、①と②のどっちの反応が起こりますか?

Aベストアンサー

酸化剤(還元される)か還元剤(酸化される)になるのかはNo.1さんの書いているように、反応する相手によります。
さて、質問の
>中性条件下で還元剤として働くとき、①と②のどっちの反応が起こりますか?
について、
反応式を見てください。②の反応には「OH-」が入ってますね。
つまり、この反応を起こすためには「OH-」が必要なのです。
では、「酸性条件下で還元剤として働かないのか?」となるとそうではありません。
前にも書いていますが「相手による」のです。
その時の反応式として考えられるのが①の半反応式というだけです。
つまり回答としては「①の反応式」となります。

①の半反応式には、右辺(生成物)側に「H+ 」があります。
つまり、酸性条件であるにもかかわらず、「より酸性度を上げる反応」が起きていることになるのです。
これは、相手の酸化力が強いためであり、仕方がないことなのです。
同様のことが「酸化剤」側でも言えます。
つまり乱暴な説明をすれば、
「酸性条件下では酸化剤になりやすい」
「塩基性条件下では還元剤になりやすい」
のです。
再度書いておきますが、「勿論、実際にどちらの反応を起こすかは、反応する相手によります。」

酸化剤(還元される)か還元剤(酸化される)になるのかはNo.1さんの書いているように、反応する相手によります。
さて、質問の
>中性条件下で還元剤として働くとき、①と②のどっちの反応が起こりますか?
について、
反応式を見てください。②の反応には「OH-」が入ってますね。
つまり、この反応を起こすためには「OH-」が必要なのです。
では、「酸性条件下で還元剤として働かないのか?」となるとそうではありません。
前にも書いていますが「相手による」のです。
その時の反応式として考えられるのが①の半反...続きを読む

Q重水素と海洋深層水

海洋深層水内に重水素が多く含まれていると聞いたのですが、なぜですか??

Aベストアンサー

重水素元素は、水素元素より、重いと錯覚しているのでしょう。
それで重水素が、深層水に蓄積していると思ったのでしょう。

科学理論に見せた似非科学の論法です。

Q二重結合って何?二重結合を含む物質にはどんなものがある?

中2です。
二重結合とはなんですか?
二重結合を含む物質にはどんなものがありますか?

Aベストアンサー

>>>C2H6(エタン)は単結合ですか

前回回答の
「有機化合物では、二重結合を持つ最も単純な物質は、上述したエチレンです。」

「二重結合を持つ」
という部分に注意してくださいね。

エチレンは、CとCは二重結合ですが、ほかの部分は単結合です。


ですから、
「C2H6(エタン)は単結合ですか」
ではなく
「C2H6(エタン)のCとCは単結合ですか?」(ちなみに答えはYesです)
「C2H6(エタン)における結合はすべて単結合ですか」(ちなみに答えはYesです)
というような質問にすべきですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報