あの戦争で何人の日本兵が戦地に赴き、そのうち何パーセントぐらいが帰還したのでしょうか。ご存知の方、宜しくご教授ください。
(出典も教えて頂ければ幸いです〉

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

戦死者数は130万人を超えるとされていますが(原朗「戦時統制経済の開始」『岩波講座日本歴史20』近代7)、単なる戦死というより、日本軍は飢餓とも戦っていました。

これこそ無謀な戦争といえる現実でした。

NHK取材班編 太平洋戦争 日本の敗因2「ガダルカナル 学ばざる軍隊」(角川文庫)
>アメリカ軍は結局この日本軍の撤退の動きにまったく気がつかず、奇跡的な成功だったといわれる。これは『戦争叢書・南太平洋陸軍作戦2』によれば、1万0665人であった。これはガダルカナルに上陸した総人員3万1358人のおよそ三分の一であった。戦死・行方不明は合わせて2万1138人、そのうち戦闘で死亡した兵士は5000人ほどと推定され、残りの1万5000人以上が飢えと病に倒れたのであった。
 
 精神論だけで勝とうとする日本軍の指導者について以下のように記載してあります。
 >またアルビン・クックス教授は、このノモンハン事件(死傷率70%)の失敗が太平洋戦争でも繰り返されたもう一つの大きな点は、事件の指導者(辻正信、服部卓四郎)が責任も取らずに再び太平洋戦争も指揮したことにあるとしている。

インパール作戦でも半数は補給作戦もなく、飢えと病で死んでいます。NHK取材班「責任なき戦場 インパール」(角川文庫)

 
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

q1241xさん、ありがとうございます。
ガダルカナルの生還は1/3ですか。悲惨ですね。
203高地や盧溝橋の成功〈?)体験が忘れられず、ノモンハンの失敗からは学ばず、その結果ガダルカナルや硫黄島のような凄惨な事態を招いてしまったのですね。
翻って今、我々は充分に学んだのかと不安になります。
回答ありがとうございました <(_ _)>

お礼日時:2009/05/05 01:21

ただ単に興味をもって計算しただけですから、勘違いがあると思いますのでどなたか指摘してくださると助かります。



「1/4も亡くなられたのですか」とのご感想ですが、
「玉砕」や「餓死」から想像する日本軍の実態とはほど遠い気がします。
数字のマジックではないでしょうか。
戦没者概数212万人は、満州事変以来15年間にさらに戦後旧ソ連やモンゴルに抑留されて亡くなった55000人の方々を含んでいます。
一方の母数は、根拠とされたKITAIKKI氏の回答には「昭和20年8月15日時点で把握されていた兵力」で、しかも「日本全土、中国、シベリア、東南アジア、太平洋諸島のすべてにおいて」の兵力です。

ご質問には、「何人の日本兵が戦地に赴き」とありますね。
#2の方の回答は「800万人弱が出征して」となっていますが、全員が海外に派遣されたのか、疑問です。
800万人弱の内、終戦時、日本国内にいた兵力が分かればよいのですが、諸説があるようで、170万人から350万人と言われていますから、この数を引く必要があると思います。
170万人とすれば789万人から170万人を引いた619万人が、昭和20年8月時点で海外に派遣されていたことになります。
前記619万人(軍属を除く)中、軍人・軍属の戦没者は212万人ですから、生存者率は66%になりますね。
戦地では3人に1人は亡くなっていることになります。

しかし、この計算も乱暴ですね。
戦没者は15年間以上の数で、母数は終戦時の数ですから単純に割り算して平均してよいのか疑問です。
戦没者が15年間で212万人だと、平均年間14万人となり、平均すれば焦点がぼやけます。
KITAIKKI氏のご回答には、212万人には「日中戦争における陸軍・181,000名、海軍・7,700名も含みます。」とあります。
すると太平洋戦争5年間弱での戦没者は約186万人になり、実感に近いです。

作戦毎、部隊毎あるいは地域別にはかなり正確な数が出ていますが、この方が実感に近いです。
地域では最大の戦没者を出した昭和19年10月以降のフィリピン決戦では、参加兵力の総数は約59.2万名(厚生省発表)。うち、戦没者は約46.5万名。
レイテ戦だけでは
投入兵力84,006名、戦没者79,261名。
戦死率を計算する気にはなりませんね。

厚生労働省「海外戦没者数」
http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/01/06.html

レイテ島の戦い
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4% …

この回答への補足

この欄をお借りして

皆さん回答ありがとうございました。
皆さんの回答を拝読させていただき、戦死率の高さもさることながらその絶対数の大きさに驚きました。
現在の自衛隊員が25万人であることや、当時の日本の人口が約8000万人であることを考えると、凡そ200万人というのは、やはり甚大な人的損失だったのだと思います。
そこに至ってもまだ「勝てる」と軍人が考えていたのだとすれば、なんともやりきれない気持ちになります。

ありがとうございました <(_ _)>

補足日時:2009/05/08 03:47
    • good
    • 2
この回答へのお礼

goo-par1732さん、回答ありがとうございます。
質問には「戦地に赴き」と記しましたが、曖昧なイメージで質問してしまったかもしれません。
いま考えてみると「赤紙が来た人のうち、何人が生き残ったのか?」というようなイメージでした。

昭和20年8月時点で619万人が海外に
   『派遣されていた』
ということですが、これはその時点での戦闘員の数という意味でしょうか。もしそうだとすれば、この母数にはそれ以前に死んでしまった人々(たとえば昭和16年のマレー沖海戦で戦死した人)は含まれていないということになります。

KITAIKKIさんの回答では「7,889,100名が
   『投入された』
とあり、こちらからは昭和16年12月8日から同20年8月15日までに徴兵された延べ人数というニュアンスが感じられます。

凡そ200万人が死亡ということですので、いずれの母数を採ったとしても1/4乃至1/3が亡くなられたわけですから、かなりの高率だと感じます。

配属先が国内(本土)か海外か。海外でも蘭印、仏印、太平洋諸島かそれとも中国大陸かで、相当な戦死率の違いがあったというお話には、教えられるところが大でした。

回答ありがとうございました <(_ _)>

お礼日時:2009/05/08 03:47

#1 です。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
   
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa3399295.html

800万人弱が出征して、200万人余りが亡くなったことになります。
500数十万人が復員したことになります。

日清・日露から先の大戦まで、多くの犠牲があって、
今の平和を我々は享受しているのですね。
改めて平和の有り難みを痛感しています。
合掌。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

good-lucky産、早速の回答ありがとうございます。
1/4も亡くなられたのですか。やっぱり無茶な戦争だったのですね。
もし勝っていたら今頃どんな国だったのか、と考えてしまいます。
ありがとうございました <(_ _)>

お礼日時:2009/05/05 01:11

本や先人から、300万人?が戦死したと聞いている。



その当時の人口が1億人として、
1割の1000万人が出征したとしたら、
7割が生還したことになるでしょうか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本兵でもこういう人何人もいたの?日本兵の多くが特攻隊の人のような勇敢なイメージなんですが・・・

きけ わだつみの声という映画をみました。太平洋戦争時代の話の映画で織田裕二さんや緒方直人さんらがでている物です。
戦争中だからどこで何があったかすべて表ざたになるわけではないのはわかりますが疑問があります。
この映画の中にとても嫌な感じの隊長みたいな人が出てきます。看護婦の女の子を犯そうとしたり、慰安婦だったり・・フィリピンでも武器も何も持たない女、子供、老人などを 斬り殺したり、楽しそうに銃殺したり。。日本兵なのに、こういう人何人もいたんですか? いろんな人間がいるというのはわかります。ただ昔の日本人の考えやb教育などでこのような人が何人もいるとは想像ができないのですが・・・

中国の慰安婦というのも日本兵が風俗的にかっていたのは事実なんですか?
教えてください

Aベストアンサー

http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/56.html
これだけたくさんの人間が参加していますから、例え1%とという比率であっても、数的には相当な人数になってしまいますね。

戦闘に参加すれば、人格が変わってしまう人もいるでしょう。
特殊な環境というものは、人格を変えてしまうには十分な動機です。
ただ、90%以上の兵士はそのようなことはありません。
メディアなどが出してくるときには、その部分を強調するので、皆がそのようなことをやっていると勘違いしてしまいます。

日本軍は、業者とくっついて売春をやっていました。
皆、若くて健康な人たちばかりですから、当然抜かなきゃ危ないわけです。
現地の人たちを陵辱してしまいます。
そのために、「ここ(慰安所)では遊んで良し。ただし、それ以外の場所では禁止」となるわけです。
現在のソープランドと変わりません。
彼女らも、お金をもらってます。
現在もそうであるように、そこらのOLよりよほど高給取りです。

他の国の軍隊はそのようなことはしていません。
陵辱し放題だったんです。
勝った方は何をしてもかまわないというのが当時の常識でしたから。

http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/56.html
これだけたくさんの人間が参加していますから、例え1%とという比率であっても、数的には相当な人数になってしまいますね。

戦闘に参加すれば、人格が変わってしまう人もいるでしょう。
特殊な環境というものは、人格を変えてしまうには十分な動機です。
ただ、90%以上の兵士はそのようなことはありません。
メディアなどが出してくるときには、その部分を強調するので、皆がそのようなことをやっていると勘違いしてしまいます。

日本軍は、業者とくっ...続きを読む

Qベトナム戦争の黒人兵、貧困兵

ベトナム戦争中に、黒人や貧困人が多く兵隊にかり出されたのは何故ですか?また、戦争を終えた兵士の心理状態などの資料は(できればネット上で)ありませんか?どなたか至急お願いいたします!!!!急いでます

Aベストアンサー

まず、No.3さんも書かれているのですが、当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。
一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた移民の多くも最前線に送られました。まあ、アメリカ人の立場からすれば「よそから来て俺たちと同じ権利をもらいたいなら嫌がる仕事くらい、やれ」というところでしょう。当時アメリカの占領下にあった沖縄の青年の多くがアメリカへの移民を望み、そのために兵役につきました。もちろん戦死者も出ています。

この時代、兵役にまつわる話で有名なのがエルビス・プレスリーとモハメド・アリ(カシアス・クレイ)です。超人気歌手で白人だったプレスリーは兵役につきましたが国内勤務でした。もし彼が危険な任務についたら多くのアメリカ娘がぶったおれてしまいます。
一方、黒人でしかも黒人差別撤廃を求める政治的発言をしていたアリは保守的な白人から憎まれていたので(いやがらせで)ベトナムの最前線に送られる可能性はとても高かったのです。ですから、アリは兵役につくことを拒否してベルトを剥奪されてしまいました。

現在の米軍は志願制ですが、兵役につく代わりに奨学金がもらえる制度があります。現在、この奨学金の利用者が多くイラクやアフガニスタンに派遣されています。奨学金を求める人はやはり貧困層が多いのです。また、イラクの危険な任務の多くが「民間人材会社の傭兵」によって行われています(民間会社の死亡者は戦死者にはカウントされないため)。この傭兵の多くがブルーカラーの貧困層です。他に仕事がないので仕方なく短期間で高額の給与がもらえる傭兵をするのです。しかし、恐ろしいことにこの傭兵は人材会社との契約で負傷や戦死しても一切お金は出ないのです。「イラクで大怪我を負ったが治療費で給与以上かかってしまった」という人が実際にいます。これがイラク戦争の現実なのです。
(註・現在はこの危険な任務はアメリカから外国の人材派遣会社にシフトしつつあるそうです。南アフリカの派遣会社に頼むと「イラク人の車に爆弾が仕掛けられていないか」というめまいがするほど危険な任務をなんと一日一万円程度でやってくれるそうです。深刻な失業率にある南アフリカではこの安月給でも応募者が殺到しているそうです)

まず、No.3さんも書かれているのですが、当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。
一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた...続きを読む

Q大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について

大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について
戦争映画が好きで、よく第二次世界大戦のものを見ます。
最近wowwowでThe pacific(太平洋戦線)やband of brothers(ヨーロッパ戦線)等、第二次世界大戦のドラマや映画が放送されています。
それで、日本兵の描写について少し気になるのですが・・・
日本兵が大声を上げ、九九式短小銃を構えて私を撃ってくださいといわんばかりに敵めがけて突進していくのですが、アメリカ兵に射撃されてしまいます。
うまく説明できないのですが、戦時中本当に日本兵はこのような戦い方をしていたのでしょうか?
万歳突撃等が有名ですが、あまりにも自殺行為な気がしてなりません。
アメリカ海兵隊のような感じではないですよね
銃撃シーンもありましたが、部隊が全滅後にに上記のような感じです(万歳突撃でしょうか)
お国を守ってくれた英霊についてよく知りたいと思い質問しました。
わかりにくい質問かと思いますが、当時の日本兵の戦い方、戦術、環境などを教えていただければ、と思っています。
そこら辺詳しくお願いします!

Aベストアンサー

現代人の目から見ると狂気の沙汰としか思えないバンザイ突撃ですが、当時の日本軍が置かれた状況から考える必要があります。当時の日本軍は、中国で国民党軍と共産党軍と戦争していたわけですが、これらの相手というのが「突撃すればなんとかなった」相手だったのです。
機動力を重視した共産党軍には重火器はほとんどありませんでしたし、国民党軍も然り。さらに共産党軍は毛戦略により日本軍との正面決戦は避けていたので、日本軍が突撃するとなんだかんだいっても結局相手が共産党軍であれ国民党軍であれ、撤退してくれたのです。だから、知らず知らずのうちに日本軍の中で「突撃すりゃなんとかなる」というノウハウが積み上がってしまったのです。

それが甘い考えだったと思い知ることになったのがノモンハン事変を始めとするソ連軍との国境紛争でした。一般的に、ノモンハンの敗戦は「現場部隊がフヌケだった」ということで総括されてしまったといわれていますが、実は日本軍とてバカじゃないのでちゃんとそれはそれで調査はしました。しかし、その結論というのが絶望的なものだったのです。
どういうことかというと、ソ連軍は日本軍より大砲の性能が優れていて、弾薬量も格段に多かったのです。しかし、これはどうしようもない問題でした。なぜかというと、製鉄技術がソ連に比べて劣る日本では、ソ連軍に対抗しうる性能の大砲はどう頑張っても作れませんでした。さらに、弾薬についても当時の日本ではそんなに湯水の如く使えるほどの大量生産をすることはできなかったのです。なにしろ当時の弾薬の生産といったら関西の町工場でちまちま作っていたのです。ご存知のように、大量生産するためには大規模工場が必要で、それによってコスト圧縮効果が発生するわけです。ソ連やアメリカのような重工業の大規模工場なんてものが当時の日本では作れなかったのです。
だから、それを認めると「もう国として日本はソ連に対抗できない」という絶望的な結論に至ってしまうので、「現場が悪い」と責任を押し付けてしまったのです。

緒戦の勝利による驕りもあり、日本軍は米軍に対しても自信満々で突撃戦術をかましましたが、諸兵連合効果の戦術を得意とする米軍によって叩きのめされてしまいます。どうも米軍相手に突撃じゃ歯が立たないと分かって、The Pacificで再評価されることになったペリュリュー島戦から持久戦術に切り替えることとなります。The Pacificでも原作として使われているユージン・スレッジ氏の回顧録を読むと、ベテランの海兵隊員がペリュリューで「日本軍がバンザイ突撃をしてこない」と戸惑っている姿が描かれています。

この持久戦術は大変に効果的で、ペリュリューのノウハウを積極的に取り入れた硫黄島戦で米軍が大変な犠牲を強いられたことはご存知のとおりです。
しかし、日本人つーのは大変にストレスに弱い民族でございまして、この「押されてもじーと我慢して粘り強く戦う」つーのはなかなか耐えられないんですね。いいや、日本人は粘り強いだろと思うかもしれませんが、日本人てのは自分たちで思っているほど粘り強くありません。てか、逆境にはとても弱いんですね。なぜかっていうと、サッカーで日本代表が相手チームに押されると見てる方がもう耐えられなくなりますよね。大概「負けてもいいからもっと積極的に攻めないとダメだ」と批判されます。これが南米のチームなんかだと相手に攻めさせて、それでいてカウンターの機会を粘り強く待っています。そういうことができない。
だから、沖縄戦では持久戦術を主張する八原参謀に対し長中将が「こんなグダグダやってないで一発突撃でパーッといけ!」と主張して司令部は内部崩壊します。

また、捕虜についてですが、日本兵は捕虜になってはいけないと教えられていたので、基本的に捕虜も取りませんでした。また、味方の兵士を救出しようとする米兵にも容赦なく銃撃を浴びせました。また死体のフリをして近づいた米兵に襲い掛かることもよくやったようです。それを米兵は分かっていたのである意味当然なのですが「相手が捕虜を取らないんだから、こっちも捕虜を取る必要はない」と負傷している日本兵も情け容赦なく殺しました。ユージン・スレッジ氏の回顧録にはそういった「むき出しの獣性と敵意」が戦場に満ちていたことが書かれています。太平洋戦線で日本兵の捕虜が極端に少ないのは、「生きて虜囚の辱めを受けず」という思想が根本にはあったのですが、そういった事情も影響していたようです。

現代人の目から見ると狂気の沙汰としか思えないバンザイ突撃ですが、当時の日本軍が置かれた状況から考える必要があります。当時の日本軍は、中国で国民党軍と共産党軍と戦争していたわけですが、これらの相手というのが「突撃すればなんとかなった」相手だったのです。
機動力を重視した共産党軍には重火器はほとんどありませんでしたし、国民党軍も然り。さらに共産党軍は毛戦略により日本軍との正面決戦は避けていたので、日本軍が突撃するとなんだかんだいっても結局相手が共産党軍であれ国民党軍であれ、撤退...続きを読む

Qことわざ、というか教訓のようなもので以下の出典についてご存知でしたらご

ことわざ、というか教訓のようなもので以下の出典についてご存知でしたらご回答いただきたいと思います。

【大きな荷物を背負った老人が道を歩いていた。そこに荷馬車で通りかかった若者が老人を不憫に思い、荷台に乗せてあげた。目的地につき、老人をおろすと、老人はやはりしんどそうだった。荷台の上でも荷物を背負っていたからである】

子供向けのなぞなぞ集にあったものだと思うのですが、解答に出典が書いてあったような気が・・・ただし数十年前のことで思い出せません。旧約聖書なのか、なんなのか、さっぱり検討がつきません。出典があるとすれば、どういった訓示なのかも併せてご回答願えれば嬉しいです。

※哲学カテゴリで相談したところ、回答者さまから【歴史】カテゴリで相談してみては?との誘導でこちらに相談させていただきます。

Aベストアンサー

「若者」ではなく「イエスキリスト」であれば, キリスト教のどこかにあったような気がします.

Q日露戦争には少年兵は出兵したか

1896年生まれの祖父が日露戦争に行ったと、祖母から聞かされていますが、年齢を計算すると当時、16,7歳ということになります。

Aベストアンサー

当時、兵役は最年少で17歳からだったと思います。
成人してからの兵役が大半で割合としては少ないですが
1904~5年当時で16~7歳というと微妙な線でしたので・・・。
 (・・・当時実際に対露戦で未成年者の出兵があったかは調べておりませんが)

でも1889年生まれですと15~6歳ですね。
お祖母さんが日露戦争以降の別の戦役でのお話と思い違いなされていたのかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報