Ten years have passed since he died. という文が学習参考書では現在完了の継続用法の一つとして紹介されています。一体、何が継続しているのかよくわかりません。sinceが「過去のある時点からずっと」という意味で使われるのが普通なので、過去から現在に至る期間を表していることはわかるのですが。時間が経過する状況が継続しているということなのでしょうか。
例えば、We have known each other since childhood. においては、知り合いである状態が継続しているのだと分かるのですが。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

I have wanted a new bike for a long time.


は継続ですが,今この瞬間(time period 的に同じ時間とみなされる限りはある程度時間が経っていてもかまいません)望みが達成していても用いられます。

すなわち,店に置いてある自転車を見ながら言うことも,
新しい自転車を買ってもらったばかりの時にも用いられます。

今の瞬間までが for a long time であればよく,今後も続くかどうかは別問題なのです。

It has rained for 2 hours. と It has been raining for 2 hours. の違いも,断続的かそうでないかという違いはあり得ますが,どちらも,今この瞬間,降り止んだ可能性はあります。

今回の英文は,rain のような時間のかかる動作でなく,pass という瞬間に行われる動作である点に注目すべきです。

瞬時に行われる動作であるため,継続というのはあり得ないのです。

ジーニアス英和辞典の同じく瞬時に行われる動作である die のところにこんな説明があります。

He has died for five years. のように「継続」の意味で用いるのは不可。
ただし,Many people have died of cancer.
「これまでに多くの人が癌で亡くなってきた」は可。

一人一人が亡くなるのは継続しないが,many people が主語であることにより,継続的な幅が生じます。

pass の場合も,一回一回の pass は継続しませんが,ten years が主語であるため,継続的な幅が生じ得ます。

このような,反復動作の完了は継続的な意味合いが含まれています。

He has been dead for ten years. の方は,
be dead が「死んでいる」という状態を表す表現
(be 動詞は状態動詞の典型です)であるため,「継続」として用いられます。
その点が die とは異なります。

追加の方は,Ten years have passed since he died. でなく,
Ten years have NOT passed since he died. でしょうか?

この回答への補足

-- pass の場合も,一回一回の pass は継続しませんが,ten years が主語であるため,継続的な幅が生じ得ます。このような,反復動作の完了は継続的な意味合いが含まれています。--
 なるほど、よく分かりました。確かに反復すれば継続の様相を呈しますね。
つまり、 Ten years have passed since he died.は、a year がすぎ、another yearがすぎ、さらにstill another yearがすぎ、------- tenth yearの終わりが過ぎたところなのですね。 


--It has rained ---- とIt has been raining -- の違いについて、
何かの本に、has rainedだと雨が降っている状況が継続して終わっていることを表し、It has been raining だと今も雨が降っている状況が続いている。ただし、It has been raining は雨が降っている状況が継続して終わっていることも表せると書いてあったのを真に受けていたのですが、そういうことではなかったわけですね。
断続的かどうかということが両者の違いであるなら、while節の表す継続状況と似ていますね。While it rained / While I workだと断続的で、While it was raining / While I am working だと、降っている時だけを表したり、/ 労働している間だけを表しますから(休憩を含まない) 


-追加の方は,Ten years have passed since he died. でなく,Ten years have NOT passed since he died. でしょうか?--

どうも失礼しました。書き間違えてしまいました。
Ten years have been passing since he died. という文を作った場合、どのような意味になるのか、それとも全く意味をなさないのかということを聞きたかったのです。
彼の死後9年たって、さらに今10年目がすぎようとしている(まだすぎていない)ところなのでしょうか。それとも1年も経過していない、つまりこの文に意味がない-ということなのでしょうか。
その場合、A decade has been passing since he died. なら、彼の死後9年たって、さらに今10年目がすぎようとしている(まだすぎていない)状況を表せるように思いますがいかかでしょういか。


--それともう一つお聞きしたかったことがあります。
The ten years have passed since he died. だとどういう意味になるのでしょうか。
この文だと The ten years はひとかたまりなので、継続的状況を表すことはできないのではないかと思うのですか。すでに話題に出ている(あるいは話者の意識にのぼっている)特定の10年がすぎたばかりだということでしょうか?(例えば、彼の死語10年間だけ支払われるような特殊な保険金があったとして、その支払い期間がついに過ぎてしまったとか)

よろしくお願いします。

補足日時:2009/05/16 04:56
    • good
    • 1

I have finished my homework.


という完了は,「終わった状態が継続している」という説明をすることはあります。

My father has gone to work.
という完了(結果)は,「行ったまま」という感じで,行ったままの状態が継続していると説明することもできるでしょう。

ただ,基本的に現在完了の基本は「~したところ」という完了です。
基本的に,「今したところ」なのですが,その「今」が残っていると考えられる時点まで用いられます。

これを英米では time period という英語で説明します。
I have raad the newspaper this morning.
「私は今朝,新聞を読んだ」という現在完了は,今午前中である限りは用いられますが,正午をまわった時点で time period が過ぎてしまって用いられません。

Seven years have passed ~のような英語を10年,20年経って使う意味はありません。
Ten years という切りのいい数字の場合はやや事情が異なりますし,場面によっては at least「少なくとも」を補えることもあるでしょう。

でも,通常は11年目が始まった時点で,現在完了にはなりにくいと思います。

Spring has come. は基本的には「(今)春が来たところ」で,数時間,一日,数日たっても使えますが,夏に入った時点で使えなくなります。

この回答への補足

同じように考えます。

補足日時:2009/05/13 21:19
    • good
    • 0

簡単ですよ.


(話し手から見て)「10年経過したこと(状態)」が継続しているのです.
ある時点で10年経過したわけですが,その時点以降もその状態は「継続」しているのです.この状態は,he died の時から,仮に11年経過しようが,20年経過しようが,変わりません.言いかえると,10年経過したことは永久に変わりません.
話し手が,その時点での表現をした,ということです.

現在完了時制(Present Perfect Tense) には,(1)現在まで(話し手が話した時点)継続している動作や状態を表す継続的な用法,(2)終了した動作や状態を表す完了的な用法とがあります.
主語が時の場合は分かりにくいかも知れませんが,(2)の場合でも,実際には過去の事象であっても,I have broken my arm. ではその状態が継続していますが,I broke my arm. だと,話した時点により,その後のことは何も表していません.治ったのか治っていないのか.
    • good
    • 0

すみません,補足させていただきます。


現在完了には,「完了」とも「継続」とも言えず,「~してきた」と訳せるものがあります。

今回もそれにあたり,反復的な動作の完了で,「反復」であるが故に継続的色彩が含まれています。

たとえば,
England has produced a lot of great poets.
「イングランドは,すぐれた詩人をたくさん生み出してきた」

produce という動作が継続しているわけではなく,一回,produce して終わりという完了でもない。
一人,一人が反復して生み出されていって,a lot「たくさん」となっていった。

今回も,pass は一回過ぎたら終わりで,継続性のない動詞です。
しかし,一年 pass し,二年目 pass という風に,反復して動作が行われています。

このような反復的な動作の完了ともいうべきもので,継続っぽい部分もあります。
    • good
    • 0

その参考書は since があるから「継続」という中学校文法に則ったものでしょう。



「継続」というのは,have known のように,状態の継続を現在完了で表わすか,have been sleeping のように,動作の継続を現在完了進行形で表わします。

どちらかというと,この have passed は「完了」ですね。
「10年が経ってしまっている」
「10年,経ってきた」

「10年経って,まだ11年になっていないので,過去のこととならず,10年経ったままである」
過去形でなく,現在完了であることにより,このような意味が出ます。

since は継続でなくても,経験で「~以来,したことがない」でも用いられます。

今回は,一年,二年と pass していったのが,10年。
その始まりが he died なので,「~以来」という since が用いられています。

この回答への補足

私が抱いていたイメージに近いですね。例えば、It has rained for 2 hours. と言う時、雨が降り続いて、発話時点では止んでいるわけですから、継続と言うより、継続完了と言うべきでしょうね。(It has been raining for 2 hours. であれば、今も降り続いている状況を表せるはずです。)
 ということは、Ten years have passed since he died.も同じように考えて、彼が死んでから10年たってしまった。ということなのでしょうね。その場合、同内容だとされるHe has been dead for ten years. は、死んでいる状態が10年継続したことを表しますから、2つの文は内容的に同じであっても、表現の仕方が違うということなのでしょうか??。

--もう1点、お聞きしたいことがあります。Ten years have passed since he died.という文を作った場合、それはいかなる意味を持つのでしょうか。意味をなさない非文なのでしょうか。それとも、彼が死んでからまだ10年たっていない(10年という時間がまだpassし終わっていない)ことを表せるのでしょうか。よろしくお願いします。

補足日時:2009/05/13 21:05
    • good
    • 1

> 時間が経過する状況が継続しているということなのでしょうか。



そう理解しておくか、または違和感があるのでしたら丸暗記しておくのが一番シンプルだと思います。
    • good
    • 0



この人は非常にわかりやすく英語を教えてくれます。ここでは現在完了を扱っています。参考になればと思います。

ちなみにこのビデオは2つにわかれているので後半部分も見ることをお勧めします。
    • good
    • 0

継続用法なる専門用語(?)はよく分かりませんが...



I have slept for 10 hours. という表現では過去から未来の1次元時空間の中で片側を「現在」に置いて10時間を切り取ります。
Ten years have passed. という表現では過去から未来の1次元時空間の中で片側を「現在」に置いて10年を切り取ります。
同じことと考えられませんか? 時間軸を現在から切り取るのが現在完了ですよね。

since は<継続する十年>がどこから始まるかという切り取り時点を表します。「継続」するのは時間ですかね...

この回答への補足

<継続する十年>というのがもう一つよくわかりません。彼が死んで以来、時間が10年継続する、つまり経過するということですか。

学校文法では(つまり、参考書では)Ten years have passed since he died.と同じ表現として、He has been dead for ten years. を紹介しています。この場合は、継続するのは彼が死んでいる状態だと思います。Ten years have passed since he died.とHe has been dead for ten years.は内容的に違うものなのでしょうか。

補足日時:2009/05/13 02:33
    • good
    • 0

現在完了形は自分が学生の頃も苦戦しました。


I caught a cold.
I have caught a cold.
ただ単に日本語で訳すと「わたしは風邪をひいた」になりますが、
英語の文法上は上が「私は風邪をひいていた(今の状況は元気なのか、治ってないのかこの文には書いてない)」
下が「私は風邪をひいて(今もそうなのだ)」と言う感じの訳になるそうです。
これは日本語の決まりが「~した」と言う表現は全て過去形になるので苦戦するんだそうです。
と言う事は「死んだまま時が過ぎている」と言う意味になるんでしょうか。
ちなみに人が死んだ時に die や death をあまり使わず passed away という言い方をする方が良いと言われているのは
そういった理由による物なのかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIt's three years since か It's been three years since

It's three years since か It's been three years since かどちらが正しいんでしょうか?どちらも見ました。どちらかが英国英語ということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

今ではどちらも正しいとされるようになっています。

以前は It is three years since の方が正しいとされてきました。それは

I have not seen him since he moved to Tokyo.
彼が東京へ引っ越してからずっと会っていない。

I have been reading since this morning.
今朝からずっと本を読んでいる。

これらは「会っていないこと」「本を読んでいること」が過去から「継続」しているため現在完了を必要としますが、

It is three years since he moved to Tokyo.
彼が東京に引っ越してから3年になる。

「3年」あるいは「3年になること」が継続するというのは本来変で、時間の流れそのものが継続するのは分かりますが、「始まりと終わりのある期間」である3年は、始まりである「彼が東京に引っ越したとき」と終わりである「今現在」の間に存在しているだけです。しかし「現在完了 since 」の形が他に多く見られることから論理よりもパターンの一つとして意識されるようになりもやは誤りとはされなくなったのです。あるいは「3年が継続する」のは変であっても気持ち的に「ずっと」という感じがあるので不自然な感じがなくなったのかもしれません。関連することととして

It has been three years since I have been here.
あるいは It is three years since I have been here.
ここに来て3年になる。

since の後に現在完了が来るのは文法違反と言われていました。since は基点を表す以上過去形なくてはいけないという理由です。しかし時間の継続以上に「自分がここにいる」ことの継続が強く感じられるために since の後ろにも現在完了が使われるようになり、誤りではないと見なすような動きも出てきました。実際これを過去形 I was here のすると今はここにいないことになり文意が分からなくなります。動詞を変えて I came here のようにする必要がありますが特に It is three years since I came here. の場合は継続する感じが弱くなります。
ただしこれは試験などで使う場合は注意が必要です。

今ではどちらも正しいとされるようになっています。

以前は It is three years since の方が正しいとされてきました。それは

I have not seen him since he moved to Tokyo.
彼が東京へ引っ越してからずっと会っていない。

I have been reading since this morning.
今朝からずっと本を読んでいる。

これらは「会っていないこと」「本を読んでいること」が過去から「継続」しているため現在完了を必要としますが、

It is three years since he moved to Tokyo.
彼が東京に引っ越してから3年に...続きを読む

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

Qinteresting for me?to me?

中学生でも習うIt for toの構文で、
It is interesting for me to learn English.などの文章は間違っていますか?

ある問題集でinteresting to meが正しいとありました。でも、中学生の文法問題集で、interesting for usなどと書かせる問題もあります。

interesting to meとなるのは例えば
(1)The book is interesting to me.で、
for meとなるのは
(2)It is interesting for me to read the book.の構文の時、とかでしょうか??

今回初めて interesting to meとなる、という記述を見てびっくりしました。
interesting の用法について、教えてください。

Aベストアンサー

interestingの後に来る前置詞は、toかforか、という問題に関しては、結論から言えば「どちらもOK」です。つまり、The book is interesting to/for me. のどちらでも使える、ということです。
ネット上の用例を検索してみると、interesting to me/3,1000,000件に対しinteresting for me/635,000件とtoの方が良く使われているようですが、toもforもちゃんと辞書にも載っていますので、安心して使えます。

ただ、気になることがあるので、ひと言付け加えさせてください。
ここでfor/toが使われているのは、あくまで「~にとって」と言う意味の前置詞です。質問者の方が最初に書かれている「中学生でも習うIt for toの構文」というのとはちょっと違いますよ。いわゆる形式主語の文 It is~for…to 。。の文で、forはto。。の意味上の主語になる、と学校で習ったでしょう? それとは違う、ということです。
It is interesting for me to learn English.という文は、あり得ますが、×「わたしが英語を学ぶこと」は「おもしろい」ではなく、○「わたしにとって」「英語を学ぶことはおもしろい」ということです。
To learn English is interesting for[to] me. と書き換えることができますね。
[Learning English]
meだと、意味の違いがよく分からないかもしれませんが、It is interesting for him to learn English.としてみるとどうかしら。
×「彼が英語を学ぶこと」が「おもしろい」ことだ(おもしろい、と思ってるのは彼以外の人)というのではなく、○「彼にとって」「英語を学ぶことはおもしろい」…ね、英語大好きでがんばってる男の子が思い浮かびますか。
形式主語の構文と、interestingにくっつく前置詞の問題が、いっしょになってしまったので、わかりにくいところですよね。そういった誤解は、toを使えば起こらないかな。

interestingの後に来る前置詞は、toかforか、という問題に関しては、結論から言えば「どちらもOK」です。つまり、The book is interesting to/for me. のどちらでも使える、ということです。
ネット上の用例を検索してみると、interesting to me/3,1000,000件に対しinteresting for me/635,000件とtoの方が良く使われているようですが、toもforもちゃんと辞書にも載っていますので、安心して使えます。

ただ、気になることがあるので、ひと言付け加えさせてください。
ここでfor/toが使われているのは、あ...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、...続きを読む

Aベストアンサー

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=...続きを読む

QHe has been dead for five years.は正しいですよね。

He (  ) for five years.
(1)is dead (2)has died (3)has been dead (4)died

の答えは(3)で、(2)ではないですよね。
学校のテストで(3)にしたら×になり、抗議したら、いや(2) だと・・・
検討してみるというから月曜日また訂正してもらいに行きますが。

もしいやこの文では・・・ というのがあれば

Aベストアンサー

He has been deadであってます。dieは1回の行動を表す動詞なので、He has diedは間違いです。dieは現在完了の継続用法では使えません。この場合は死んでいるという状態を表すdeadを使わないといけません。ただ、Many people have died of this diseaseのようにすれば使えます。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qsince two years ago?

こんにちは!

現在完了では since two years ago など
since と ago を一緒に使ってはいけないと中学・高校で教わってきて
参考書にもそのように書いてあるのですが、
先日教え子に(私は塾の講師をしております)
「since two years ago はアリだと学校で教わった」と言われてびっくりしました。

このような使い方は本当にアリなのでしょうか?
地域や時代によってはアリになる場合もあるのでしょうか?
できたらネイティブの方か、英語圏に長く住んでいらっしゃる方に
ご意見を伺えたらと思います。

Aベストアンサー

こんにちは、再び、ANo.4です。私は、ANo.6さんが紹介して下さっているサイトで
言われているようなことが主張されていることを知らなかったのですが、これについても、
ネイティブ(今度は、アメリカ人男性、20代、大学院生)に尋ねてみました。
一応、"I haven't bought anything since two years ago"という
文で聞いてみたのですが、やはり、"for two years"にしないと不自然だということでした。
又、"I have known Mary since two years ago"という文と比べても、
特によいということはないとのことでした。もし、よろしければ、参考にして下さい。

Q【完了と結果の違い】現在完了

現在完了で完了と結果の違いがよくわかりません。

1、The clock has just struck ten.(完了)
時計がちょうど10時を打った。
2、I have already cleaned my room. (完了)
私はすでに自分の部屋を掃除した。

3、She has lost her dictionary (結果)
彼女は辞書をなくしてしまった。
4、The river has frozen.(結果)
川が凍った。

http://www.englishcafe.jp/tense/3-1-1.html
に「完了と結果の違いは、結果の用法が出来事の完結した後に何らかの確認できる結果が残ることを言い、完了がそのような結果が残らないのを言う。」とありました。

もし「結果の用法が出来事の完結した後に何らかの確認できる結果が残ることを言」うなら、2の英文は掃除をした結果は残るので、完了であるという判断はおかしいような気がするし、なにか自分の中で、完了と結果の違いが明確になっていません。

ご存知の方がいましたら、教えて下さい。よろしくお願い致します。

現在完了で完了と結果の違いがよくわかりません。

1、The clock has just struck ten.(完了)
時計がちょうど10時を打った。
2、I have already cleaned my room. (完了)
私はすでに自分の部屋を掃除した。

3、She has lost her dictionary (結果)
彼女は辞書をなくしてしまった。
4、The river has frozen.(結果)
川が凍った。

http://www.englishcafe.jp/tense/3-1-1.html
に「完了と結果の違いは、結果の用法が出来事の完結した後に何らかの確認できる結果が残ることを言い、完了が...続きを読む

Aベストアンサー

お調べになったサイトの説明「完了と結果の違いは、結果の用法が出来事の完結した後に何らかの確認できる結果が残ることを言い、完了がそのような結果が残らないのを言う。」これを簡単に言い換えると、
「結果は、その結果が目に見える形で今も確認できる」
「完了は、既にすんでしまったことは今は確認できない。(完了時点での結果は、今は別の事実結果となっている)」という意味です。

ご質問文の例文で説明しますと、
1、The clock has just struck ten.(完了)「時計がちょうど10時を打った」
では、完了時点では10時だったが、今は10時ではありません。→(既に完了した結果は、既に別の事実となっている。)
2、I have already cleaned my room. (完了)「私はすでに自分の部屋を掃除した」では、部屋は(数時間前に)既に掃除が終わったが、今別の人が掃除しているかもしれない。→(既に完了した結果は、今は別の状態になっている)


3、She has lost her dictionary (結果)「彼女は辞書をなくしてしまった」では、辞書をなくして今もない→(結果が今も続いており、確認できる)
4、The river has frozen.(結果)「川が凍った」では、川が凍って今も凍っている→(同上)

完了は「ある時点で終了してしまっていることで現在とは何の関わりもないこと」、結果は「ある時点で終了してしまったことが、現在も継続していること」ということです。
もっと大雑把にわかり易く言えば、完了は「過去のこと、今は知らん(さっぱりした性格)」、結果は「過去のこと、今もひきづっている(じめじめした性格)」・・・ちょっとズレたかな?(笑)

恐らく中学の問題だと思われますが、現在完了の試験では副詞と一緒に覚えるのが得策です。現在完了の各用法を問う試験では、だいたい決まった副詞と一緒に用いられるからです。
完了:just、already、yet(もう)など
結果:already、yet(もう)、または副詞がつかない
経験:once、ever、yet(まだ)
継続:since、for
完了と結果では同じ副詞が使われることもあるので、区別は上記の方法で。

以上ご参考になりましたでしょうか。

お調べになったサイトの説明「完了と結果の違いは、結果の用法が出来事の完結した後に何らかの確認できる結果が残ることを言い、完了がそのような結果が残らないのを言う。」これを簡単に言い換えると、
「結果は、その結果が目に見える形で今も確認できる」
「完了は、既にすんでしまったことは今は確認できない。(完了時点での結果は、今は別の事実結果となっている)」という意味です。

ご質問文の例文で説明しますと、
1、The clock has just struck ten.(完了)「時計がちょうど10時を打った」
で...続きを読む

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報