カーネーションと菊(スプレーマダムと書いてあったと思います)の切花を購入しました。

挿し木で鉢植えを作ってみたいのですが、方法がわかりません。

とりあえず、水に挿してあります。

花だけ切り取って、アレンジに使いました。
ツボミは残っています。

かなり、丈があるのですが、下の方は、茎がとても硬くて、葉は切り取られているようです。

根が出るまで、水でよいのか、土に挿した方がいいのか、どの部分をどれほどの長さで使うのか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

挿し木」に関するQ&A: 挿し木の仕方

A 回答 (2件)

お花のきれいな季節ですよね!


私はバラを中心に育てていますが、以前、アレンジに使う
ポンポン菊(ボールみたいに真ん丸い花)を花瓶にさしていたら
根が出て、今では鉢植えですっかり大きくなり、
花をつけるようになりました。
菊は本当に強いので、水差しでも十分根が出ると思います。

ただし、発根するには光を嫌うのでガラスのビンに入れた上で
日光のあたらない暗いところにおいておくとよいと思います。

なぜ、ガラス瓶かというと、陶器の花瓶だと光があたらないのですが
水のにごり具合とか、発根しているかどうかを確認できないからです。
バラもそうですが、発根中はデリケートで 土にさした挿枝を抜いて
見たりすると たとえ立派に発根していても必ず枯れます。

また、発根を促進する薬がホームセンターやお花屋さんに売っています。「メネデール」や「HB101」などを規定の希釈で使うと効果があがると思います。(ちなみに、私は発根させるつもりはなかったので、お水をきれいに保つクリザールという延命剤をお水に入れていただけでした)

また、蕾をつけたままにしていると 花は蕾にエネルギーを注ぐので
発根させたい枝からは蕾をつんだほうがよいと思います。

以上、偶然 菊の水差しで根が出た経験しかありませんが、
毎年 バラの挿し木をしている経験から書いてみました。
参考にされば幸いです。
    • good
    • 7

 できれば葉っぱはあったほうが発根しやすいですね。


10センチ程度の長さにしてから半日ほど水に切り口を入れて
水を吸い上げさせてから鹿沼土(粒小)+バーミキュライトを半々の
分量でまぜたものに挿してください。
 半日陰のところ(できれば午前中日光が十分入るのがよろしい、西日はだめ)に1ヶ月水管理(朝晩)やれば根っこが出るでしょう。
 菊のほうが早く発根します。 新芽が十分出て成長してから一回り大きなポットに植え替えましょう。
 秋菊なら管理しだいでは成長が早いですから七月にもう一度挿し木しても十分秋に咲くでしょうね。
    • good
    • 7

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q菊の株分けの時期

 今、つぼみと花が咲き始めた菊があります。
隣人にこの菊を株分けして欲しいと、言われました。
菊の株分けの時期はいつごろが適当でしょうか?今がいいのかもう少し時期を経てからなのか?
ちなみに菊の名前は分かりません。

Aベストアンサー

お答えします。春の芽は下にしっかり根がついています。その芽根をなるべく切らないように植えるといいです。
なお秋咲き菊は4月か5月頃挿し芽(挿し木)します。
水揚げは2時間程します。
用土は鹿沼土の粉を除いた細目の用土使用します。
なお切り口には鹿沼土の粉を水で練って付けます。
その後鹿沼土の粉(乾燥させておく)をまぶします。
それを鹿沼土細目に穴を開けてそっと入れて
回りに空気が入らないようにしっかり手で抑えます。
なお挿すまえに鹿沼土細目は如雨露で濡らしておきます。
挿し終えたら又如雨露で水をやります。その後一週間は水は
やらず霧吹きで葉水をします。

Qカーネーションを種から育てたい

これまで、簡単な花(パンジーなど)と野菜は種から育てていますが、次にカーネーションを育てたいと思っています。
よく難しいと聞くのでアドバイスお願いします。

関東で戸建てに住んでいます。冬に霜がおりることは時々ですがあります。
最終的には地植えしたいですが、カーネーションの場合、ポット苗状態で屋内か軒下で越冬させるほうが安全と聞きました。

お伺いしたいのは、

(1)カーネーションを種から育てるのが難しいというのは、1番にどの段階ですか?(芽が出ない、病害虫被害が多い等)夏の暑さに弱いのは存じてますが、正直な所、母の日周辺にキレイな状態でいてくれたら、以降は全部残らなくてもいいかな、と思っています。

(2)10.5cmのビニールポットなら大量にあるんですが、芽だし後の育苗&越冬にこのサイズでも大丈夫ですか?

(3)地植えよりプランターを推奨される記事を見たことがあるんですが、これは夏場の管理のし易さからでした。他にもプランターのほうが良い理由はありますか?

その他、ポイントやコツがあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)何が一番難しいのではなく意外と気を付ける点が多いので難しいといわれているのかもしれません。
普通に種まきすれば発芽率は結構いい方です。
水はけよく、日当たりよく、肥料は結構多め、根腐れしないように水は控えめ、
花(蕾)に水をかけない、アブラムシ、ナメクジの防除、
耐寒性はあまりない、種まきは遅めになど注意点が沢山あります。
ちなみに当地では今頃から10月初旬に種を蒔きますが
開花は母の日が終わって暫くしたころなので母の日には間に合いません。
品種にもよると思いますが。

(2)大丈夫です。当地は雪も30cmほど積るので、
ポットに移植後は小さなビニール温室にいれて外で管理してます。

(3)地植えにすると雨で花が病気になりやすくなります。
プランターなら移動も可能ですので便利ですね。
あとは水はけが大事なので水はけの悪い花壇よりはいいです。

難しいからと尻込みするよりまずは挑戦です。
頑張ってくださいね。

Qさし芽のコツをご教示ください

さし芽のコツをご教示ください

カーネーションやキクなどを「さし芽」で増やしたいと挑戦中の初心者です。

それぞれのわき芽3~4cmを消毒した鋭利な刃物で切り、
さし芽・種まき用の粒状培養土にさして、水やりをしていましたが、
1~2週間で、萎れて枯れてしまったり、腐ってしまったりして、うまく根がはりません。


1.さし芽のコツなどありましたら、些細な事でも結構ですのでご教示ください。

2.さし芽に適した、粒状培養土ではない土や配合などご存知でしたらご教示ください。

Aベストアンサー

>1.さし芽のコツなどありましたら、些細な事でも結構ですのでご教示ください。
・まず挿し穂の葉の数を減らしてやることです。下葉の方は取り、それ以外の葉でも大きな葉は、ハサミで1/2や、場合によっては2/3以上ぐらいカットします。
葉からは水分が蒸散します。根の無い状態では水分を吸い上げる力が弱いので、葉の総面積を減らしてやらなければいけません。随分不恰好にはなりますが、新しい草姿は鉢上げ以降の新芽で整えられてゆきます。
ですから挿し芽期間中は直射日光にも当ててはいけません。水分の蒸散が益々ひどくなります。置き場所は屋外の日陰か、少し明るい日陰ぐらいのところです。

・挿し穂をカットしたら、切り口を傷つけないように注意して、1時間ぐらい水揚げしておきます。

・大事なポイントは用土を乾かさない事です。挿し芽を開始して15~20日ぐらいは用土は常に湿っている状態が望ましいです。水遣りは普通に毎日行いますが、用土が少しでも乾き気味の場合は、直ぐ水遣りするようにします。また霧吹きで挿し穂や用土に水スプレーして、潤いを与えてもよろしいです。
しょっちゅう監視できない場合は、受け皿に水を溜めておきます。例えば6号浅型の駄温鉢を使うならば、7号ぐらいの高さ1.5cmぐらいの受け皿を敷き、その受け皿に水を溜めておきます。
挿し穂がクルクル回ったりグラグラしなくなったら発根していますから、この受け皿ははずしても構いません。後はあまり鉢土を乾かさないように注意して、毎日水遣りします。

>2.さし芽に適した、粒状培養土ではない土や配合などご存知でしたらご教示ください。
肥料成分のない土でしたら、一応何でも構いません。鹿沼土、赤玉土、パーライト&バーミキュライト、川砂などがあります。市販の挿し木用土でも構いません。ここら辺は個人の慣れたもので構いません。
ちなみに私は鹿沼土を多く使います。できたら鉢の下層部には荒い粒、中上層部には細かい小粒を使った方がよろしいです。
また挿し芽期間中は一切肥料は与えません。また挿し穂を挿す前に、挿し床は水遣りして湿らせておきます。
挿し穂もいきなりズブッと挿さず、細い棒で穴を開けておいて挿し穂を挿入し、指で土寄せしてやります。

挿し芽が完了する期間は、約30日ぐらいみておきましょう。十分発根すれば培養土に鉢上げしますが、いきなり日光に当てるのは避けましょう。日陰から明るい日陰、半日陰と2週間ぐらいかけて日照の慣らしを入れます。そうしておいて施肥も始めます。
発根しにくい植物であれば発根促進剤やメネデールなども使いますが、これらはあくまでも補助的なものです。基本の方が大事です。
・用土を乾かさない。時々水スプレーして潤いを与える。
・日光に当てない。肥料を与えない。葉の総面積を減らす。

>1.さし芽のコツなどありましたら、些細な事でも結構ですのでご教示ください。
・まず挿し穂の葉の数を減らしてやることです。下葉の方は取り、それ以外の葉でも大きな葉は、ハサミで1/2や、場合によっては2/3以上ぐらいカットします。
葉からは水分が蒸散します。根の無い状態では水分を吸い上げる力が弱いので、葉の総面積を減らしてやらなければいけません。随分不恰好にはなりますが、新しい草姿は鉢上げ以降の新芽で整えられてゆきます。
ですから挿し芽期間中は直射日光にも当ててはいけません。水分の蒸...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q下葉が枯れてきたカーネーション

カーネーションの鉢植えをいただきました。
かなりの大株で、つぼみもたくさん付いていますが、下葉が枯れてきています。
株に対して鉢が小さすぎるように思えるのですが、関係あるでしょうか。
また植え替えるとしたら、花が咲き終わるのを待ってからのほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

カーネーションはナデシコ科の植物で原産地は地中海沿岸ですので半耐寒性で高温多湿を嫌います。
盛夏の間は半日陰の風通しの良い涼しい所で夏越しさせます。
夏を越した株は9月頃に茎を半分ほど切り戻し肥料をあげます。
鉢が小さすぎるように思えるとの事ですので根が詰まっているかも知れませんので花が咲き終わるのを待ってから一回り大きめの鉢に植替えその時、少し石灰を施しておき晩秋になってから霜に当たらない様に室内に取り込みます。
冬場は明るい室内で保温すれば3月頃花芽があがってきます。
肥料は好むほうですので植替え時に元肥に暖効性化成肥料を与えます。
生育期には追い肥として10日に1回を目安に薄めた液肥を与えます。
花後、結実すると株が弱るので終わった花は摘み取ります。
カーネーションは下葉が枯れる性質がありますので枯れた下葉や傷んだ花弁は灰色かび病の原因になりますのでこまめに取り除きましょう。
なおカーネーションは一年草と思われている方が多いようですが管理さえ間違わなければ翌年以降も咲きますし挿し木でも簡単に増やせますので挑戦してみてください。
挿し木についてはここのサイトで色々と答えていますので回答者のHNをクリックして頂ければ探せます。
下記参考URLにナデシコの育て方のHPがありますが前述のように基本的に同じですのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/na_00001g.htm

カーネーションはナデシコ科の植物で原産地は地中海沿岸ですので半耐寒性で高温多湿を嫌います。
盛夏の間は半日陰の風通しの良い涼しい所で夏越しさせます。
夏を越した株は9月頃に茎を半分ほど切り戻し肥料をあげます。
鉢が小さすぎるように思えるとの事ですので根が詰まっているかも知れませんので花が咲き終わるのを待ってから一回り大きめの鉢に植替えその時、少し石灰を施しておき晩秋になってから霜に当たらない様に室内に取り込みます。
冬場は明るい室内で保温すれば3月頃花芽があがってきます。
...続きを読む

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Q水仙の花がつきません。

水仙の花がつきません。
植え替えをしすぎると花芽がつかないと聞いて
植え替えをしなかったけど花がつきませんでした。
今度は寄せ植えすると花芽がつくと聞いて寄せ植えして
みました。
結局花がつきませんそれでも諦めずに今度は鉢に上げて
肥料を沢山上げてみましたが花がつきません。
かれこれ十年以上も花がつかない球根を大事に大事に
育てています。毎年立派な葉がつきます。
何時になったら花が咲くのでしょう?
田舎の畑にあるときはとても可憐な花を咲かせていたのに・・・東京の気候がいけないのでしょうか?
誰か教えてください。

Aベストアンサー

水仙の種類は何ですか?
球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?)

原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。(日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。)
一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。(特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。

球根生産農家では親球根の花雷を摘んでしまいます。花や種に栄養を消費させないで球根を太らせ花芽を作らせます。そして#1のsattinnさんの言う通りの作業をします。(出荷まで何年か繰り返します。)
>植え替えは球根の堀り上げは葉がすっかり枯れてからします。掘り上げた球根は風通しのよい場所で乾燥させ,涼しいところに貯えておきます。
生産者は特別な冷蔵庫に入れて冬を疑似体験させて、植え付け後の成長を早くするようにしています。(←これは一般には不要な作業です。)
一般家庭でのポイントは
1)花が終わったら早めに花茎を切り落とすこと。(種を作らせない。余分な栄養を浪費させない。)
2)お礼肥えを充分に与え、日光によく当ててやる。【P(燐酸)‐葉の肥料とK(カリ)‐花の肥料を主力にすると良いと思います。】
をしてやるのが良いと思います。(毎年咲くはずです。)
これをしないと球根は年々弱って行きます。(特にチューリップは顕著です。)

鉢植えやプランターのようにシーズンオフを球根が腐らないように乾燥状態を保てる場合は
#3のmikaoさんの言うように鉢に植えたままでも良いと思います。
>3年ほどしたら植え替えたほうが良いでしょう。

これでダメな場合は土質が水仙にに不適なのかもしれません。
適した土質に改良・交換が必要だと思います。
肥料や土質は本屋で立ち読みするか、園芸店で品物を見ればわかると思います。

水仙の種類は何ですか?
球根の大きさはどうでしたか?(市販品と比べ充分な大きさはあったでしょうか?やせ細っていませんか?)

原種に近い日本水仙は強い植物で野生でも群生してしっかり花を付けますが、花の大きい改良品種では弱い可能性があります。(日本水仙は通常は種が出来ない品種で球根でしか増えません。)
一般に花の球根の花芽は前シーズンにできます。(特に葉が変形して出来た球根:水仙、ヒヤシンス、チューリップ、フリージア等):#3のedogawaranpoさんの言う通りです。

球根生産農...続きを読む

Q挿し木 発根してないのに成長

8月~9月初旬、ラベンダーの親株が危機的な状況になったため
時期的にどうかな?と思いながらも数本挿し木をしました。

挿し木苗はじわじわと大きくなり、しっかりしてきました。
2か月経過した11月初旬に、ひとつだけ抜いてみてところ、根が全く出てませんでした。

早めに挿し木した苗は、新しい葉や茎も出て、かなり成長してます。
こちらは抜いてないので発根してるかどうかはわかりませんが
ポットの底から根が見えることはありません。

何度も抜くのも良くないだろうと思い、12月現在の根の状況はわかりませんが
未だ枯れる様子もありません。

ひと月くらいなら元々持ってる栄養分で育つのもわかりますが
2か月たっても根が出ずに成長し続ける原因はなんでしょう?
このまま春を待てば根が出てくるんでしょうか。

ラベンダーの挿し木とは別件のお花も
作業中にポロっと抜けてしまった幼苗を見ると
ひ弱な根が根元で千切れたのか根が全くなく、ダメ元で植え直したら(と言っても土の表面に置いて押さえる程度)
成長は遅いものの元気にしてます。
え?根がないのに?と驚いてますが、今抜いて発根を確認するのもどうかと思ってそっとしてます。

ですので私の育ててる土に、栄養分の偏りなどで
根が育たず葉茎だけが育ってしまう傾向がある?と思いまして。
挿し木の土は使い回しなので
肥料は、特にやってませんが、マグァンプKを混ぜた土が混ざってる可能性はあります。

8月~9月初旬、ラベンダーの親株が危機的な状況になったため
時期的にどうかな?と思いながらも数本挿し木をしました。

挿し木苗はじわじわと大きくなり、しっかりしてきました。
2か月経過した11月初旬に、ひとつだけ抜いてみてところ、根が全く出てませんでした。

早めに挿し木した苗は、新しい葉や茎も出て、かなり成長してます。
こちらは抜いてないので発根してるかどうかはわかりませんが
ポットの底から根が見えることはありません。

何度も抜くのも良くないだろうと思い、12月現在の根の状況は...続きを読む

Aベストアンサー

挿し木ってそういう物じゃないですか。
今年春に挿して、芽は成長しているけど根は出ない木ってかなりあるはずです。
夏から秋にかけて挿すと、来春発根かも知れません。
来年春に根を出して、秋に鉢上げするとか、栽培手引きかなんか調べては如何でしょうか。
ラベンダーは秋に成長しすぎた所をハサミで刈ると、その枝葉が来年まで青いままそこにいる事がありますので、結構強いかと思います。
常緑樹の枝葉は夏に刈った物は駄目ですが、秋に刈ると結構春まで青くて居ます。
他の挿し木の花物も同様かと思います。

苗木の業者さんは通年挿し木をするのが当たり前のようになっていますので、時季外れの挿し木の成長記録なんかも見つかるかと思います。

挿し木の土ですが、出来れば新しい土か砂が良いですね。
別のに使った土だと、雑菌も繁殖していて、根が出られない事があります。

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング