ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

元夫の経営する会社の連帯保証人になっていました。

元夫から一昨日、破産の手続きを始めたと聞きました。
私が自分の口座から今日お金を下ろそうとしたら引き出せなくなっていました。

口座には給料以外に定額給付金・母子扶養手当などが最近立て続けに入金になっていて・・・

私の口座は、私が破産手続きをしない限り凍結したままなのでしょうか?
定額給付金・母子手当・児童手当などお給料以外のお金まで差し押さえられてしまうのでしょうか?

数千円しか持ち合わせがありません。

明日からどう生活すればいいのか・・・

ちょっとパニックでうまく伝わらない文章ですみません。

どなたかわかるかた、お願いします。

A 回答 (3件)

仮差押の本人(連帯保証人)への通知は、押さえられてから約1週間たってから通知が来ます。



本人に先に通知してしまったら、預金が全て引き下ろされますから。
本人に気付かれない内に、先に仮差押えをやるものです。
確か民事保全法20条だったかな。

母子手当・児童手当は、確か差押え禁止債権になっていると記憶しています。
しかしながら、行政当局(第三債務者)に仮差押えの執行はできなくても「銀行預金」に入っちゃったら年金などの差押え禁止債権でも仮差押えをされます(仮差押えの裏技みたいのようなもの)。恐らく、債権者もそれを狙っていたのでしょう

今後、恐らくお給金の1/4も差し押さえされると思われます。

もはや、どーしようもありません。
諦めてください。

給料の3/4で生活していくか、自己破産です。

連帯保証債務が、多額でなければ、返済しながら生活していく手段もあります。

弁護士か司法書士と要相談です。
無料相談もできます。
弁護士会などで相談ですと、有料です(約5000円)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとございます。
給料の3/4は戻ってくるのですか?

昨日夕方になって、銀行からTELがあり、差し押さえられたお金は債務に充当する。って言われました。

破産の手続きを始めたと聞いた時、まさか自分の口座が凍結されるとは思わなかったので・・・
さっさとお金を引き出さなかったことを悔やみます。

お礼日時:2009/05/14 06:40

前後のいきさつがよくわかりませんが、


裁判所から差し押さえ仮処分の通知とか来ていませんか?
そういうものを放っておいたのではありませんか?

取りあえず、裁判所に連絡いれてみましょう。
遅いかもしれませんが、生活資金や公的支援金は差押えから除外でき
ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

通知とかは一切きていませんでした。

いきなりだったので動揺しましたが・・

保証人になった自分が悪いので諦めるしかないのでしょうね。

これからどうしようって感じです。

お礼日時:2009/05/14 06:31

連帯保証人になっていたのでしたら


債務者が破産申し立てしたので
保証人の口座に対して債権者等が差し押さえをした
事が考えられます。
離婚されたときに連帯保証人を解除しておくべきでしたね
今から取る方法はあなたが保証金額分返済するか
無理ならば自己破産等の民事再生手続きをするしかありません
事前に破産申請がわかっていたのなら
現金を引き出しておく方法等があったのですが
法テラス等を利用して弁護士司法書士を紹介してもらい
手続してください
費用が必要になりますけど
何とかお願いして分割払いでお願いするしかないでしょう
いろいろ大変だと思いますが
頑張ってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございます。

債務はとても私のお給料で返して行くことは不可能なので・・

夕方、銀行から電話がきました。
「口座にお金が入ったままなので(元)ご主人さんが手続きされるのをご存じなかったのかと思いまして・・我々は通知が届いた時点で
凍結しなければならないので・・」と

頑張りたいと思います。

お礼日時:2009/05/14 06:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連帯保証人の口座の凍結について

連帯保証人の口座の凍結について

私は、両親の住宅ローンの連帯保証人になっています。
近々、両親が諸事情により、自己破算の手続きに踏み切る事となりました。
その際の心配事として、私名義の金融機関(銀行・ゆうちょ銀行)の口座も凍結されていまうのでしょうか?(私は自己破算せずに支払い続けるつもりです)
私名義の口座は、関係ないと思っているのですが、もし口座の凍結をされると引き落としや生活の面で非常にやっかいな事になるのです。
ちなみに、両親名義の口座と私名義の口座の金融機関は同じ銀行です。
ゆうちょ銀行は私名義のみです。
申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的な回答はすでにされているとおりですが、いくつか注意すべき点があるので補足しておきます。

まず、あなたが連帯保証人になっている住宅ローン会社が、あなたが開設している口座の金融機関と異なる場合については、すでに回答されているとおり、いきなりあなたの口座を凍結することはできません。

しかし、住宅ローン会社と金融機関が同一な場合(A銀行の住宅ローンを利用して、A銀行で口座を開設している場合)は、A銀行は、自己の住宅ローンを保全するために、裁判所を通さずに、あなたの口座を凍結したり、あるいは口座の残高と住宅ローンとを相殺したりすることは可能です。

なぜ、裁判所を通さなくてもいいかといえば、「(保証債務も含めた)預金者が銀行に対する借り入れの返済を滞ったときには、口座を凍結したり相殺したりしてもかまわない」との約款を前提にして口座は開設されているからです。

ですから、あなたが口座を開設している金融機関が、ご両親が利用されている住宅ローンと同じ場合には、口座を凍結されたり相殺されたりする危険がありますから、今のうちに残高を0に近いようにしておいて、公共料金の引き落としや給与等の振込口座からは変更しておきましょう。

なお、ご両親の破産について弁護士に依頼される場合には、あなたの保証債務についても相談にのってもらってください。また、あなたと住宅ローン会社との交渉も弁護士が引き受けてくれることもあります。

基本的な回答はすでにされているとおりですが、いくつか注意すべき点があるので補足しておきます。

まず、あなたが連帯保証人になっている住宅ローン会社が、あなたが開設している口座の金融機関と異なる場合については、すでに回答されているとおり、いきなりあなたの口座を凍結することはできません。

しかし、住宅ローン会社と金融機関が同一な場合(A銀行の住宅ローンを利用して、A銀行で口座を開設している場合)は、A銀行は、自己の住宅ローンを保全するために、裁判所を通さずに、あなたの口座を凍結...続きを読む

Q連帯保証人で口座凍結された。

お世話になります。

早速なのですが、先日父親の銀行口座が凍結されました。
私の兄弟からお金を借りて凍結解除しました。


凍結理由を聞くと、亡き祖父が連帯保証人になっていたお店が倒産し、相続していた父に支払い義務があるという事でした。

そこで質問なのですが、銀行口座が凍結されるという事は、その負債額に見合うだけの残高があったという事なのでしょうか?極端に1円しか入っていない口座を凍結されても、本人はなんの痛手もないように思ったのです。

それと、こういう場合は差し押さえとかではなく、凍結されるものなのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 預金の約款に、そんなようなことができるという規約があったような気がします。

 詳しくは覚えていないですが、例の、銀行が倒産したとき1000万円までの引き出しはできる(それ以上はできない)となった時、ローンを持って預金もある人はどうなるのか、的な流れで話題になったような気がするんですけど。

 私の周辺だけだったかな・・・ 。


 おそらく、倒産したその「お店」に貸し出ししていたのはその銀行なのでしょうね。

 もちろん、質問者さんのお祖父さまもお父様もその銀行の取引相手。

 お父様は黙っておじいさまを相続されたので、債務、つまり連帯保証人としての履行義務も相続されたので、お父様は「債務を負っている預金者」の立場。

 で、約款によって、差し押さえなどの裁判手続きを経ずに凍結できてしまったのかな、と。

 例え1円しかない口座でも、凍結は不便であり、不名誉なことです。

 凍結すれば質問者さんのお父様がそうなさったように、返済に努めてくれるわけですから、凍結は無駄な作業ではないのしょう。

 振込め詐欺の口座は例外的に凍結してくれるようですが、ふつうの我々が銀行に言って、凍結してもらうというようなことはできません。

 差し押さえだって、簡単にはいきません。口座の存在自体、教えてくれませんから。
  

 預金の約款に、そんなようなことができるという規約があったような気がします。

 詳しくは覚えていないですが、例の、銀行が倒産したとき1000万円までの引き出しはできる(それ以上はできない)となった時、ローンを持って預金もある人はどうなるのか、的な流れで話題になったような気がするんですけど。

 私の周辺だけだったかな・・・ 。


 おそらく、倒産したその「お店」に貸し出ししていたのはその銀行なのでしょうね。

 もちろん、質問者さんのお祖父さまもお父様もその銀行の取引相手。

 ...続きを読む

Q債務者と連帯保証人の財産差し押さえ

債務者と連帯保証人を相手に裁判をし、各自連帯して200万円を支払えとの勝訴判決が出ました。
そこで、相手の銀行預金を差押えをしようと考えていますが、主債務者の預金を200万円分差し押さえる申し立てと、保証人の預金を200万円差し押さえる申し立て(結果400万円の差押え)は認められますか。それとも主債務者と保証人とで割り振って合計200万円しか差押えの申し立ては認められないのでしょうか。

Aベストアンサー

どちらの方法でも、それぞれ債務名義が必要なので、2通が必要です。
2通交付の申請もできますが、理由が必要です。
同時に差押しなければならない具体的な主張と立証が必要なため
事実上、どちらもできないです。
素直に、一方だけとし、全額取立できないとき、奥書付きの債務名義を返してもらい、
不足分を他の一方の差押申請します。

Q連帯保証人の時効の援用について

始めて質問させていただきます。教えてください。20年ほど前に3000万の連帯保証人になってしまいました。連帯保証人は2人です。債務者は保証協会をつけて銀行で借りたのですが、払えず。何処かに行ってしまいました。それ以来毎年1度「債権額のお知らせ」という通知が保証協会から届いていたのですが、平成18年には、保証協会債権回収株式会社というところに移りその年に1度だけ催告書というのが届きました。何年かに一度相談に来るようにという封書も届いていましたが、行っていません。身体を壊してしまいいつ子供に迷惑をかけるか分からないため後々の事を考えて時効の援用が出来るかもしれないと思い、手続きをはじめたのですが、債権額の通知を見ると元金が毎年数万円づつ減っています。
保証協会が債務者を見つけて本人もしくはもう1人の連帯保証人に払わせているのかもしれませんが、確認は、取れずにいます。また金額から見ても年間1万円から多い時で6万円としっかり払っているとは思えません。しかし減っているということは払っていると思うのですが、今まで何もなかったので、ヤブヘビになってしまうと困るので、保証協会に確認も怖くて取れない状態です。やはり少しづつでも入っていると時効は停止してしまっているのでしょうか?その場合どうすることもできないのでしょうか?保証人になっておいて何を勝手な事をと思われるかもしれませんが、教えてください。よろしくお願いいたします。

始めて質問させていただきます。教えてください。20年ほど前に3000万の連帯保証人になってしまいました。連帯保証人は2人です。債務者は保証協会をつけて銀行で借りたのですが、払えず。何処かに行ってしまいました。それ以来毎年1度「債権額のお知らせ」という通知が保証協会から届いていたのですが、平成18年には、保証協会債権回収株式会社というところに移りその年に1度だけ催告書というのが届きました。何年かに一度相談に来るようにという封書も届いていましたが、行っていません。身体を壊してしまいいつ子...続きを読む

Aベストアンサー

消滅時効の援用に関しては、債務の存在を認識している場合と存否が不明の場合とがあります。

1)債務の存在を認識しており時効期間満了前に時効完成を勘違いして
  時効援用を主張すれば、正に債務承認ということになりそうです。

2)消滅時効を援用する場合、債務の存否が不明であり、先ず取引履歴の開示を求め、時効完成と
  判断される場合に消滅時効を援用するなら、債務を承認したことにはならないと思います。

(連帯保証人は、二つの意味で時効を援用できます。)
一つは、主たる債務者の消滅時効を援用し、主たる債務が消滅したことにより附従性により
保証債務も消滅したという主張、(2)保証人自身の保証債務について消滅時効を援用する場合です。
(1)は主たる債務者が破産していると保証人は時効を援用できなくなります。
(2)は主たる債務者が破産していても時効援用は可能です。ただ、主たる債務について
時効中断事由があると保証人にも効力が及びますので、主たる債務者が破産し、
債権者が債権届出をして時効が中断すると、その効力が保証人に及びますので、
破産手続が終了した時点から時効期間が再スタートします。
その時点から5年ないし10年が経過していると時効を援用できることになります。

            (東京弁護士会の好川久治弁護士さん談)

ここで詳細や私の法的な考えを主張したり指導する弁護士法に触れるので
参考URLで無料相談⇒有料相談⇒見積もり依頼(無料)で相談されてはいかがでしょうか?

(参考URL)
連帯保証人について
http://www.bengo4.com/bbs/201211/
元夫が行方不明と債権回収会社から連絡
http://www.bengo4.com/bbs/201756/
時効援用終了しました
http://www.bengo4.com/bbs/199634/
保証人の消滅時効援用終了後
http://www.bengo4.com/bbs/201211/

消滅時効の援用に関しては、債務の存在を認識している場合と存否が不明の場合とがあります。

1)債務の存在を認識しており時効期間満了前に時効完成を勘違いして
  時効援用を主張すれば、正に債務承認ということになりそうです。

2)消滅時効を援用する場合、債務の存否が不明であり、先ず取引履歴の開示を求め、時効完成と
  判断される場合に消滅時効を援用するなら、債務を承認したことにはならないと思います。

(連帯保証人は、二つの意味で時効を援用できます。)
一つは、主たる債務者の消滅時...続きを読む

Q銀行預金を差し押さえた場合の、銀行の対応は?

企業Aに担保なしで金を貸し、返済が遅れたため、訴訟で勝訴したとします。
企業A所有の土地の登記簿より、企業Aが銀行Bより土地を担保(根抵当)に借金をしていると分かりました。他に取引先銀行が不明なため、銀行Bにある(かもしれない)預金の差押をしようと思います。

銀行=企業の金銭貸借契約の中に、期限の利益喪失条項(例えば、支払いが遅れた場合、破産申し立てがあった場合、即時全額返済せよ、など)があると思いますが、
こうした条項の中に「差押があった場合」というのは、あるものなんでしょうか?
あと、実務として、こういった状況になった場合、銀行は期限の利益喪失を主張して、銀行が貸している全額の返済を求め、取引を止めるモノでしょうか?

契約の内容は個々の銀行で違うと思いますので、一般論で教えて下さい。

なお、企業Aがツブれて、債権回収が不可能になっても構いません。

Aベストアンサー

下記リンクで銀行取引約定書のひな型が見る事が出来ますので参考にしてください。
http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html
この様な重要な約定は個々の銀行、信用金庫、信用組合に至るまですべて同じです。
約定書第5条(期限の利益の喪失)、第1項(当然喪失条項)第3号に
私または保証人の預金その他の貴行に対する債権について仮差押、保全差押または差押の命令、通知が発送されたときには、貴行からの通知催告等がなくても貴行に対するいっさいの債務について当然期限の利益を失い、直ちに債務を弁済します」との約定があり、期限の利益は当然喪失し債務者は債務を一括請求される事になります。
この条項は、銀行が自行預金と自行債権を他の債権者(差押債権者も)に優先して相殺できるように、通知が発送されたときに遡って相殺適状にする為のものですから厳密で、裁量の余地の無いものです。

実際の対応については、差押が取下げられた時は差押が無かった事として取引を継続することが可能なので、銀行としてそれなりの取引先であれば、差押債権者と円満に解決して差押を取下げてもらうよう促すことになるでしょう。
その場合でも、取下げがされるまでの間は新規の融資は当然出来ず、少なくとも約定の返済は最低でも履行しなければならないでしょう。
期限が到来しているので本来全額一括返済が建前で、約定返済を認めているわけではありません。
差押債権者がさらに転付命令等の取立手続を進め、銀行が相殺を実行せざるを得なくなればもう修復不能なので銀行は本腰を入れて債権回収に掛かります。
それなりの取引で無い場合はさらに厳しい対応になるでしょう。

参考URL:http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html

下記リンクで銀行取引約定書のひな型が見る事が出来ますので参考にしてください。
http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html
この様な重要な約定は個々の銀行、信用金庫、信用組合に至るまですべて同じです。
約定書第5条(期限の利益の喪失)、第1項(当然喪失条項)第3号に
私または保証人の預金その他の貴行に対する債権について仮差押、保全差押または差押の命令、通知が発送されたときには、貴行からの通知催告等がなくても貴行に対するいっさいの債務について当然期限の利益を失い、直ち...続きを読む

Q凍結または差し押さえされた預金口座について

タイトルのように、
凍結または差し押さえられた銀行口座への
振り込みや入金もできなくなると考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

口座凍結
相続があったことを知った金融機関が、相続財産となる預金を、一人の相続人に払ってしまうと責任を問われるために、所定の手続き(遺産分割協議書の提出、相続人全員の委任状など)が行われるまで、預金引きろしをできなくすること。
具体的には各金融機関で取り扱いが違うでしょうが、入金は受付されます。

差押
差し押さえ時点での預金の支払い請求権の差し押さえ。
預金通帳という紙切れを差押するのではなく、金融機関を第三債務者として、債権者(預金者)が持つ支払い請求権の差押がされる、債権差押です。
口座凍結とは違い差押えされた金額を別段預金にして、債権者からの支払い請求に応じる金融機関もあります。
別段預金に差押された額を移動する手続きをする金融機関なら、その後口座は以前同様使用できます。

仮に100万円残高がある時点で差押された預金は「100万円の普通預金の払い戻し請求権」として差押されるので、その後に振込や入金がされた預金額には差押の効力がおよんでませんので、金融機関は預金者から支払いを求められたら拒絶する理由がありません。
「差押時における預金残高+差押時までの利息の払い戻し請求権」の差し押さえですと、金融機関によっては解約手続きをとるので、口座そのものが消滅します。
すると入金も出金も当然に不能となります。

凍結と差押は違うものです。

振込先の口座が差押されたことなど、例えば家賃振込をしないとならない人は知りませんので、それが口座に入金できないという処理をされたら、店子は家賃滞納という不利益な立場になってしまいます。
指定された口座への振込は有効でないとこまります。
これこそ金融機関によって対応してることでしょうが、「差押」として引出しがされ、その後の入出金が記録されてる通帳を見たことがありますから、差押された額が支払いされてしまえば「自由の身」になってると思います。

口座凍結
相続があったことを知った金融機関が、相続財産となる預金を、一人の相続人に払ってしまうと責任を問われるために、所定の手続き(遺産分割協議書の提出、相続人全員の委任状など)が行われるまで、預金引きろしをできなくすること。
具体的には各金融機関で取り扱いが違うでしょうが、入金は受付されます。

差押
差し押さえ時点での預金の支払い請求権の差し押さえ。
預金通帳という紙切れを差押するのではなく、金融機関を第三債務者として、債権者(預金者)が持つ支払い請求権の差押がされる、債権...続きを読む


人気Q&Aランキング