株式会社である親会社の取締役が、その子会社から個人的な物を値引いて買いました。
親会社は子会社の株式の50%を所有しており、他株式は45%と5%を親会社とは無関係な個人が有しています。
この場合、今回の取引は利益相反取引とされる可能性があるのでしょうか?
ご教示宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

文面だけで可能性があるか?という質問であれば、



「可能性はある」です。

ただし、論点は値引き額(幅)に対する、客観的評価だと思います。
親会社取締役という立場でなければありえない値引きであればクロ
ですが、他にも類似例があったり、子会社の値引き決済ルールに
従った通常値引きの範囲であればシロです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

poolisher様。
ご回答を誠にありがとうございました。

論点につき承知しました。
会社法において対子会社取引は触れられていないものの、法理から言うと疑問を感じておりました。

あまり行って欲しくない取引と思っていましたが、事後なので改めて確認させていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 09:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

今年、就職活動を行ない、大手メーカーの100%子会社二社を含めた四社より内々定をいただきました。
しかし、どこへ入社するべきかで迷っております。
そこでお尋ねしたいのですが、大手メーカーの100%子会社に新卒で就職するメリット・デメリットを分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
又、当該100%子会社の事業規模は年間売上高で400億、従業員数1000名程度です。

Aベストアンサー

短期間ですが、あるグループ会社の子会社におりました。

・メリット
どこの会社にいるのか尋ねられた時に、自信を持って答えやすい。

・デメリット
一定以上の役職に就けるのは、親会社から舞い降りてきた人のみということが多い(プロパーではいくら努力しようとも出世し辛いらしい)
組織にもよるのかもしれませんが、常に、親会社の人の顔色を伺った行動を取らざるを得ない。

・総評
「○○グループ」ということで、一見、知名度が高くて良さそうに見えますが、デメリットのほうが多いかもしれません。まさに「牛の尻尾よりも鶏の鶏冠」とは、このことではないかと。

親会社の人間にとって子会社はありがたい存在かもしれませんが、その逆のケースは考え辛いと思います。ありがたい存在というのは、親会社で業績不振などにあった場合、即クビではなく、子会社や孫会社などの関連会社に流してもらえることがあるからです。

Q利益相反取引・競合取引・自主取引とは?

利益相反取引、競合取引、自主取引について、どのようなことをいうのか簡単に教えてください。当社は非公開の100%子会社であり、親会社の取締役が代表取締役を務めています。また、当社の代表取締役は他の数社の関連会社の代表取締役を、また、当社の他の数名の取締役も他の関連会社の代表取締役や取締役を務めています。当社は3月決算で6月に定時株主総会を開催いたしますが、そのような状況で、5月と6月(総会後)の取締役会では、どういった内容の議案をかけることが必要でしょうか。

Aベストアンサー

自主取引 (直接取引)
直接取引とは取締役が自ら会社を代表して自分と契約を結ぶことです。
会社の機関としても自分が個人としての自分と売買契約を結ぶよな場合がそうです。

間接取引 これは取締役の債務を会社が保証人になるような場合です。個人と会社の機関は例え同一人物でも法律上別の人格だとされますから現実には自分ひとりど契約を結ぶことができてしまいます。

上記の二つを利益相反取引といいます。

競合取引 (競業取引)
会社の取締役が自己の会社の種類に属する営業を行うことです。
取締役はその会社の部類に属することにはノウハウがあることから自己又は他人のためにその部類の取引をすると会社に損害をあたえることがありますから制限されてます。

このように取引をするには取締役会設置会社なら取締役会の承認を取締役会非設置会社なら株主総会の承認が必要になります。

これは上記の取引する要件であって承認を経ても会社に損害があった場合責任が免除されるわけではありません。

特に直接取引は過失の有無をとわず責任が発生します
これは総株主の同意ないと責任免除できません。

自主取引 (直接取引)
直接取引とは取締役が自ら会社を代表して自分と契約を結ぶことです。
会社の機関としても自分が個人としての自分と売買契約を結ぶよな場合がそうです。

間接取引 これは取締役の債務を会社が保証人になるような場合です。個人と会社の機関は例え同一人物でも法律上別の人格だとされますから現実には自分ひとりど契約を結ぶことができてしまいます。

上記の二つを利益相反取引といいます。

競合取引 (競業取引)
会社の取締役が自己の会社の種類に属する営業を行うことです...続きを読む

Q海外支店(子会社)の経理

こんにちは。

次の転職先で経理として入社することになりました。
その会社は海外に支店と子会社があります。
資料等で英語が少し必要になるそうです。(会話はなし)

私は、実務経理は大丈夫だと思いますが英語がまったくできません。
それを理解してくれた上での採用ですので私も早く
役に立ちたく思い気が焦っています。

私がネットで調べた範囲ですと
英文経理やBATICは、国際基準をもとに決算を作成するので
どちらかというと外資系のためのもの。
海外支店の決算は本社と合算して国内基準で作成した
申告書を日本に提出、海外子会社の申告書は国際基準で
作成したものを現地に提出する。
という風に理解しました。

海外子会社は現地の方が処理をすると思います。
なので、英文経理やBATICについてそんなに焦って
心配することはないでしょうか?

海外支店、子会社の経理はまったく触れたことがないので
その他注意点などありましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

うーん、この掲示板なら一般論はいくらでも出てくると思いますが、どのような仕事を任されるのかは、結局のところは会社次第です。だから、英文経理を今のうちに把握しておいたほうがいいかどうかは、その会社へ問い合わせなさったほうが早いと思いますよ。

Q根抵当権の利益相反取引(間接取引?)について

お世話になります。

未確定の根抵当権があるとします。
根抵当権者=A、設定者=株式会社B 債務者=株式会社Bの代表取締役Cとします。

株式会社Bが代表取締役Cの債務を重畳的債務引受すれば
直接取引で利益相反になり、取締役会等の承認がいることは
理解できるのですが、

(ここの部分がしっくり理解できないです)

根抵当権者と設定者の間で変更契約をして、
債務者及び債権の範囲を、
重畳的債務引受をした分を追加するときの変更登記申請には
取締役会の承認があったことを証する書面の添付はいらない。

ようなのですが、

これはどうしてなのでしょうか。
代表取締役の債務も会社が担保していくことになるのに、
取締役会の承認があったことを立証する書面が要りそうな気がするのですが・・・

自分では煮詰まってしまって、答えが理解できずにいます。

お詳しい方どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 「登記原因」につき取締役会の承認が必要な場合、取締役会議事録の添付が必要となります。本件は、元本が確定していない根抵当権ですから、重畳的債務引受契約によって根抵当権の内容が変更になるのではなく、根抵当権変更契約によって根抵当権の内容が変更になることに注意して下さい。(ですから、登記原因は年月日変更であって、年月日重畳的債務引受ではない。)
 変更契約の内容は、債務者として株式会社Bを追加し(Cは、もともと、根抵当権設定時の債務者ですから、根抵当権設定登記申請書には取締役会議事録が添付されているはずです。)、「株式会社Bに対する債権」の範囲として重畳的債務引受契約による債権を追加しているだけです。「会社」が設定した根抵当権について、「会社」が根抵当権者に対して負っている債務が担保されるだけの話ですから、変更契約について利益相反は生じません。誤解がないように申し上げますが、重畳的債務引受契約が利益相反にならないという意味ではありません。

Qみずほファクター口座振替手続き、悪いのは私ですか?

みずほファクターの口座振替手続き(3枚つづり)を金融機関に依頼しました。
私の元に戻ってきたのは3枚目の「お客様控え」のみ。
その日の夜、2枚目の「委託者控え」も必要なことに気づきました。
2枚目は私から引き落としをかける会社へ渡す書類です。
すぐに金融機関へ連絡すると、すでにもうみずほファクターへ送付済みとのこと。
普通は1,2枚目共に金融機関からみずほファクターへ送るものだから、
2枚目が欲しいならば前もって言ってくれればよかった、とのニュアンス。
本当にそうなのでしょうか?
みずほファクターのHPを見ると返却するようにみえますが。
この場合は2枚目はどうなるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

みずほファクターに直接聞いて下さい。問い合わせ先です。
http://www.mizuho-factor.co.jp/request/

Q親子会社間での利益相反についてお教え下さい。親会社の代表権を持った役員

親子会社間での利益相反についてお教え下さい。親会社の代表権を持った役員が、子会社の代表取締役になって、親子間で取引する場合は利益相反になるのは分かるのですが、親会社の社員が出向のまま子会社の代表取締役になって親子間で取引する場合は、利益相反行為に該当しないのでしょうか?また、その根拠は何で分かるのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

利益相反には該当しません。

社員はあくまで使用人であり会社の意思決定にたずさわる役員、代表取締役
と違い何の権限もありません。

Q完全子会社を吸収する簡易合併について

親会社が100%子会社を吸収合併する場合、存続会社は、新株を発行したり、合併交付金を子会社の株主に交付しなくても良いのはなぜですか?
自分が自分に払うことになるからですか?混乱してしまい、よくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

存続会社が保有する消滅会社の株式に存続会社の株式を割り当てる行為は、会社自身が自分の構成員になることを意味し、法解釈上問題ありとされています。
経済上も自己株式相当分について存続会社に出資がなされるわけではありません。
そこで、存続会社が保有する消滅会社株式については、存続会社の株式を割り当てなくてもよいとされています。
ご質問の場合は、存続会社である親会社が消滅会社である子会社のすべての株を保有しているので、株式をまったく割り当てなくてもいいことになります。簡易合併に限らず通常の合併でも同様です。

Q取締役の利益相反について

株式会社○○○○の代表取締役Aが取締役を兼任する株式会社▲▲▲▲に対し、株式会社○○○○が資金の貸付を行う場合、利益相反にあたると思うのですが、直接取引きなのででしょうか、間接取引なのでしょうか?

Aベストアンサー

 株式会社甲(代表取締役A)が、Aが取締役をつとめている株式会社乙(代表取締役B)に対して貸し付けをする場合で考えます。
 そうしますと、株式会社乙の取締役であるAは、第三者である株式会社甲の為に株式会社甲を代表して、株式会社乙と金銭消費貸借契約を締結するのですから、直接取引となり、株式会社乙の取締役会(株主総会)での承認を要します。なお、株式会社甲については、代表取締役Aとの利益相反にはなりません。

Q債務超過の100%子会社を吸収合併するとします。

債務超過の100%子会社を吸収合併するとします。

例えば、資産100、負債150、純資産△50を0で購入したら、のれん50と思いますが、こののれん
は償却分は損金算入できるのでしょうか?

普通の会社を吸収するとできるとは思いますが、100%子会社の吸収合併の場合、グループ法人税の主旨を読むと、損金にはならない気がしてますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

5年超以前から100%子会社だったら
合併によって子会社の青色繰越欠損金もそのまま引継ぎ、
合併存続会社の繰越欠損金として使うことができます。

適格合併であれば、税務上も償却が認められるようなのれんを計上することは絶対にありません。
7年以内に生じた欠損金ならそのまま引き継げるのですから。

前回の回答は欠損金の引継ぎを書き忘れていました。

Q子会社からの経営指導料と利益相反

このたび、新設の子会社との間で、売上高に比例した経営指導料徴収に関する契約を締結することになりましたが、これは相互に利益相反となるのでしょうか。
実質子会社で、役員が1名兼務しています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

内容が分かりませんが、経営指導料やロイヤリティなどを傘下の会社と契約した場合は、課税対象になるという通達があるので、利益相反ではないと思います。
ただ、役員兼務と書いてありますが、こちらに明確な経営指導報酬や顧問料などの明確な取り決めがないと損金が発生する可能性はありますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報