地球上の大陸は、大昔の大陸移動により徐々に現在の大陸の地形になりましたが、はたして月では大陸移動がおこっているのでしょうか?

よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

ウェゲナーが唱えた大陸移動説を現在の地学ではプルームテクトニクスとプレートテクトニクスの2つを使い説明しています。


これらはウィキペデェアを見れば詳しくのっています。

1番さんの回答通り火山活動や地震などのプルームテクトニクス
やプレートテクトニクスにより起こる現象が確認されていないので大陸は移動していないと考えてよいと思います。
    • good
    • 0

 大陸移動が起こっているなら火山活動を観察できるはずですが、月面のクレーターは隕石の衝突痕ばかりで噴火口がありません。


 かなり前(数億年以上前)に月全体が冷え切ってしまい、今は大陸移動は起こらなくなっているのでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引力と重力

引力と重力はどこが違いますか?

また、引力と万有引力と重力の違いは何ですか?

引力や重力は見かけの力ですか?それともほんとに存在する力のことですか?

具体例を交えた解説をお願いします!

Aベストアンサー

引力とは、引き合う力という意味ですから、万有引力も含めた引き合う力です。
万有引力以外としては、正電荷と負電荷が引き合う力や磁石のN極とS極が引き合う力があります。

万有引力は、質量と質量の間に働く力です。
一方を(たとえば地球と)固定して考えれば、力の大きさは質量に比例するので、加速度は一定になります。

重力は、万有引力と遠心力の合力ですが、計算で求まるものではありません。自由落下を基準とした加速度の大きさです。
つまり、重力は加速度運動による見かけの力という解釈もできます。

Q大昔から常に地球に届いている太陽の光

大昔から常に地球に届いている太陽の光の速度ってどうやって測定したのですか?
どうやって太陽からの光は地球まで8分21秒かかると測定したのですか?

Aベストアンサー

太陽の光の速度を測る必要はありません。

簡易的な方法ですが例えば距離の離れた二か所の地点で、同じ時刻に太陽が見える角度を計れば、大体の距離は計れます。
もちろん、精度の高い機器を使えば、もっと正確に測れます。


光の速度は違う方法で測ったので、光の速度は分かっています。

こうして判明した、太陽までの距離を光の速度で割れば、光が到達する時間が分かりますよね。

Q太陽系の惑星たちと引力の強さ

太陽系の惑星たちと引力の強さ

太陽系の惑星たちは、みな引力があるのでしょうか?また、太陽系の中で引力が強いのはどの惑星でしょうか?

Aベストアンサー

多分、万有引力の話(電気的な引力とかは無しに)だと思いますが、質量があるからにはあるでしょう。一番強いのは一番質量の大きい木星でしょう。

Q【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?なぜ地球から見え

【月の謎】なぜ月は地球から見える面と地球から見えないの地表の厚さが違うのですか?

なぜ地球から見える面の地表は厚くて、裏面は地表が薄いのか教えてください。

Aベストアンサー

たぶんですが、「潮汐力」の影響ではないでしょうか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E6%B1%90%E5%8A%9B

Q引力

 悲しいほど、科学、数学、そして天文学には無知で理解ができない質問者です。

 1. 地球など、日月星辰には引力というものが須らくある。という理解をしていても大丈夫でしょうか?
 2. 引力の大元(引力を持たせている本体、或いは原因)は、なんなのでしょうか?(例えば地球や月、或いは太陽における引力の本体は)。
 3. 地球に引力がないと、無論表面に居る私たちや大気は宇宙に離れ離れになるのでしょうか?
 4. 地球に引力がないと、地球自体もばらばらになる可能性はあるのでしょうか?
 5. 仮に引力が遠い星か、或いは宇宙の中心(仮にそういう中心があるとして)にだけあって、その引力に引き寄せられないようにして、個々の日月星辰が運動などをしていても、個々の日月星辰はその引力の場所から一定の距離を保てるでしょうか?

 (実はエゴとかいう自分意識を自分というものに限定しないとどうなるのかなという問題を考えていて、日月星辰の引力ってどういう性格なのだろうと、参考にしたくお尋ねしております。)
 笑わないでどうかよろしく、易しくお教え賜れますように。

 悲しいほど、科学、数学、そして天文学には無知で理解ができない質問者です。

 1. 地球など、日月星辰には引力というものが須らくある。という理解をしていても大丈夫でしょうか?
 2. 引力の大元(引力を持たせている本体、或いは原因)は、なんなのでしょうか?(例えば地球や月、或いは太陽における引力の本体は)。
 3. 地球に引力がないと、無論表面に居る私たちや大気は宇宙に離れ離れになるのでしょうか?
 4. 地球に引力がないと、地球自体もばらばらになる可能性はあるのでしょうか?
 5. ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。(実はエゴとかいう自分意識を自分というものに。。。と
いう部分は別として、1~5のみ簡単にお答えします。
 1と2ですが、質量を持つ物体は、すべて引力を持つと考えてOKです。
引力の大元は、質量と考えてください。質量が大きければ大きいほど、
引力が強くなります。ですから、自分も質問者さんも引力を持っている
ということになります。
 3 引力がなければ、空気もひきつけられません。自分たちもばらばらですが、その前に生まれてこなかったでしょうね。
 4 地球自体は質量がありますので、ばらばらにはなりません。3の
答えと矛盾しますが、質量があるから地球として存在しています。
 5 星の運動は引力の相互作用で動いています。ビックバンはご存知
でしょうか?宇宙に中心はないと考えられていますが、遠い星ほど
早いスピードで遠ざかっています。膨脹する力と引力の関係で星の
動きは決まっていきます。
 ですから長ーーーーい目でみれば、星の位置関係は変化していきます。
北斗七星も何万年後には、形が変わって見えています。
  ちょっとわかりずらい回答になったかもしれません。引力や宇宙の
ことに興味がおありでしたら、どこの本屋でもニュートンという科学
雑誌がおいてあります。イラスト、写真が豊富で(ちょっと高いけど)
初歩から勉強する大人にはいい雑誌だと思います。機会ありましたら、
立ち読みでもしてみてください。
 
 引力は冒頭に書いたように、誰でも持っていますが、質量が人間は
小さいため、他のものを引きつけられません。体重このままで引力が
強ければ、藤原のりかひきつけるのになぁ。。あっ森三中もひきつけて
しまうか。。。。。
 女性を引き付けるのは、個人の魅力と言う引力ですね。余談でした。

こんにちは。(実はエゴとかいう自分意識を自分というものに。。。と
いう部分は別として、1~5のみ簡単にお答えします。
 1と2ですが、質量を持つ物体は、すべて引力を持つと考えてOKです。
引力の大元は、質量と考えてください。質量が大きければ大きいほど、
引力が強くなります。ですから、自分も質問者さんも引力を持っている
ということになります。
 3 引力がなければ、空気もひきつけられません。自分たちもばらばらですが、その前に生まれてこなかったでしょうね。
 4 地球自体は質量...続きを読む

Q【今後、地球は世界人口の増加で地球上だけでは全ての人類は生活出来なくなる】よって地球外に人類は進出す

【今後、地球は世界人口の増加で地球上だけでは全ての人類は生活出来なくなる】よって地球外に人類は進出する必要がある。と言いますが、


人類は宇宙に飛び出す前に海底都市を作ると思います。

なぜ海底都市計画より先に人類が宇宙に飛び出さないといけないのか理屈が良く分かりません。

なぜ人類は海に住むより宇宙に飛び出ないといけないという思考の人が多いんですか?

Aベストアンサー

海底より宇宙の方がロマンがありますからね。

宇宙のロマンの方が、お金を集めやすいんですよ。
新規事業にはお金がかかります。
宇宙開発になら金出してやろうか!って言う人の方が多いんでしょうね。

Q月の引力と太陽の引力

 理科系雑学(三笠書房)に、
満月か新月のときは、月の引力と太陽の引力が強めあい、
半月のときは、引力が直角になり打ち消しあう、
との説明がありましたが、
納得できません。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベクトルで考えると、どちらも「和」の話で、「打ち消す」というのは、ご質問者さんの疑問の通り、ヘンな表現です。でも、よく言われる表現ですよ。

Q【地球が自然と人口調整を始めている説】地球上に生存出来る地球人口はマックスになっており世界人口のMA

【地球が自然と人口調整を始めている説】地球上に生存出来る地球人口はマックスになっており世界人口のMAXは73億人で、2050年に世界人口は97億人になることなく地球は自然環境を利用して地球を痛めつけてきた人間という生物を自然環境を変化させて人間の数を減らそうとしているという。

地球は太陽の力によって自然環境が変化すると思われていたが、地球自身の力で地球環境を変えられる能力があるという。

地球は自然を回復させるために人間の数を減らそうとしているという。

疑問1:

どうやって人類を抹殺する?

人間が食べられる生物、植物を淘汰させて人間が食べられない毒がある生物と毒がある植物を増やす?

毒性を持つ生物、植物が本当に増えているのか?

疑問2:

地球温暖化は太陽の力ではなく地球自身がわざと人類減少のために引き起こしている?

Aベストアンサー

そんなにむつかしいことは起きません、ただ単に同一種はいつか飽和する、それだけで、場合によっては無機物でさえ上限に達すると動きが取れなくなる。我々は地上に居候していますが、地球はそんなもの全く無視している、騒ぐのは生物だけで、我々は地球に傷一つ付けられない、地球は水晶玉のように無傷で居候共は「地球に優しい?」冗談じゃないそれは自分達が自分の首を締めたくないから騒ぐだけ。

Q万有引力についての質問です。

・地球が物を引っ張る強さってどれぐらいですか?

・「人間同士にも万有引力の法則は働いているけれど引っ張られないのは、人間同士に働く引力よりも地球から引っ張られる強さの方が大きいから」
というのはわかるのですが、ならばなぜ惑星同士は「万有引力」が働いて衝突したりしないのですか?

・地球以外の惑星(たとえば太陽など)にも、「万有引力」は存在するのですか?ということは太陽にも重力は存在するのですか?

・でも宇宙には引力はないんですよね。
具体的に地球の場合はどこからどこまでの範囲で引力が働いているんですか?大気圏の外までいってしまうともうそこは宇宙で引力はないですか?地球と宇宙の境目はどこなんでしょうか。

わからないことをそのまま書き綴ってしまったので、質問文にまとまりがなくてすみません><
勉強し始めたばかりで全然知識ないのですが、こんな私でも理解できるような回答お待ちしています。

Aベストアンサー

まず、難しい事は抜きにして、引力はその質量が大きいほど強いと考えて下さい。
つまり、人間程度の質量では互いに引き合う引力は極小ですから、影響はありません。
太陽ほどの膨大な質量だと、引力も大きいのでもしその引力にとらえられたら、抜け出すのは非常に難しいです。飲み込まれるでしょう。
しかし、惑星は太陽の周りを回ることによってその遠心力で、外に出て行く力と太陽の引力が釣り合って均衡を保っています。
月と地球も同じです。
また、その膨大な引力の影響で彗星が数十年もかけて太陽の周りを楕円軌道で回っていることはご存じでしょう。

惑星同士はその距離が膨大ですから、惑星感での引力で衝突することはまれです。
夜空を見上げれば、隙間無く星が埋まっているようですが、実際には近い惑星でも数光年も離れています。
まあ詳しいことは本を読む方が良いですね。わたしもうろ覚えですからw

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む


人気Q&Aランキング