超100歳の義母が脳出血(+梗塞)で突然倒れ、入院中です。

倒れる前日までは在宅で、年齢なりの老衰は感じられましたが、デイサービスに通い、杖に縋って歩いてトイレにも行き、茶の間に出てきて普通食を自分でしっかり食べていました。
だから体力はあり、倒れて2日ほどでで昏睡状態から回復し始め、呼びかけに応えたり、点滴が漏れたとき「イダイ(痛い)」と訴えるようになりました。麻痺していた左手足が動くようになり、在宅での点滴ができにくくなり、往診の先生に入院加療を勧められ入院させました。

ここ1,2年は脈拍が30台~40台で安定していたのですが、血圧が高くなったこともあり入院当初は病院の先生から数日と宣告されましたが、持ち前の健康体のお陰でそのまま安定した状態になっているようです。
呼び掛けには声を出して応じ、入院1週間後くらいに手足をマッサージしてくださった療法士に「アディガドー(ありがとう」と、お礼を言って周囲を驚かせたのです。

そんな状態で、できれば家に連れ帰りたいと夫と私は先生に申し出ていたのですが、嚥下不能で口からの摂取が無理だから在宅はできないと言われました(入院3週間後)。(実は嚥下の訓練をもう少し早く始めてくれていたら、と残念に思う節があるのですが、それは今は詮無い事なので。)
今後の措置は、点滴だけで寿命が終わるのを待つか、もう少し積極的に鼻からの経管栄養で延命するか、家族の判断でと言われました。
点滴については、必要なカロリーが800から1000なのに対し、点滴では50から100余りくらいしか吸収されないとも説明されました。(数字を聞き間違えていたらすみません。ご指摘ください。)

年齢が年齢なので、無理な延命は望まないけれど、たった3週間ほど前まで普通に食事して、薬も飲まず医者にかかる必要のなかった体を、急激に栄養不足にして寿命が尽きるのを待つなんて、とてもむごいことに思われるのですが、どのように判断するべきか専門の立場や、経験された方からのご意見をお聞きしたく、よろしくお願いいたします。

ここ1日2日、呼びかけへの反応が弱くなり、寝ていることが多くなったように感じます。体力も弱っているでしょうが、家に帰りたいだろう本人の諦めとも思えて辛いです。

質問のカテゴリーの選び方が間違っていたらご指摘ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

病院に入院して治療をしていると一度始めた治療はやめられないといったことはよく聞かれることです。

これは倫理的なことや医師の判断にゆだねられることが多いと思います。
最近は寝ていることが多くなってきているということですから、しっかり起きているときに飲み込みやすいものを口から飲み込めるか試してもらうことができるかもしれません。飲み込みの状況は入院先の職員がよくわかっているので、口からの取り込みは難しい状況なのでしょう。具合がよくなった時点でもう一度口から食べられるか試してほしいという希望は、お医者さんに伝えるのよいと思います。病院では食事に関係するチームが活動していますから、現場の職員が経管栄養を始めた後でも口から食べられそうだと感じれば試してみることはあると思います。
十分な栄養が口から飲み込めないにしても、点滴と併用しながら本人のほしがる分だけの量で在宅療養をはじめる高齢者の方もいます。
また、在宅では点滴は最小限の量で、訪問診療を受けながら訪問看護やそのほかの介護サービスを使って家で看取るつもりで家に帰ってくる場合もあります。
住み慣れた家を離れて家族と一緒にいる時間も少なく寂しい思いもしているのではと想像すると余計かわいそうに思うこともあるでしょう。手や足からする点滴はいずれは入りにくくなってくることもあります。希望した治療でもそれが続けられない状況になることもあります。
どこまで治療をするのかと悩むところではありますが、ご家族と相談の上答えを出すのが一番です。かかりつけの先生に相談をして今の状況でつれて帰ってこれるのか、どこまで治療を受ければ在宅で見てもらえるかなど相談してみればより答えが出しやすくなるのかもしれません。
入院していてもご家族のできることはイロイロあります。何もしてやれなかったと思うと後悔が多くなり寂しい思いも強くなります。入院中でもよく声をかけてあげて手足をさすったり、看護師さんと一緒に寝返りの手伝いなどをしていけばお母様もうれしいことでしょう。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

再度のきめ細かいアドバイスをありがとうございました。私どもの思いに添ってくださるようなお話、いちいち胸に落ちます。

今回倒れる直前まで、自立心がしっかりある上に私達が勧める介護保険のお世話などにも順応し、ほんとうに優等生の年寄りだったので寝付いた場合も家で看取りたいとずっと思っていました。なので今回の状況は本当に残念です。在宅で看取りができればお話のように最小限の加療だけでも納得がいくのではないかと思います。

ふだん掛かり付けの開業医の先生が体調を崩され病後であることもあり、在宅は無理といわれている点についてはその先生と病院の先生との間でお話が通じているのだろうと受け止めております。
倒れた当初、何度も医院に電話したりと、迷惑をかけたことを反省し、もし在宅に戻れれば、ご意見いただいたように介護サービスをきちんと使うなど可能な限りの対応を考えたいと思います。
このサイトのお陰さまで、点滴、経鼻栄養の双方について知ることができ、是非の判断のポイントが納得できた今は、どうやらお二人の先生との意思疎通をはかることが最重要かもしれないと思います。

決断が下せるまで、あるいは不本意な決断をせざるを得なければなおのこと、少しでも母の傍にいて対話やふれあいに努めたいと思います。

重ねてご親切なアドバイスをありがとうございました。心より感謝いたします。

お礼日時:2009/05/18 15:49

100歳も長生きをされているのですから丈夫な身体に生まれついているのでしょうね。

年が多いですから本人の嫌がる治療はしたくはないし、水分だけ点滴で入れて弱っていくのを見守るにもつらいものがあるのはよくわかります。
丁度具合が悪くなったときにゴールデンウイークが重なっているのでしょうか?在宅で点滴ができない状況で入院しているのですから、鼻から管を入れて栄養が入るようになれば退院できると思いますよ。栄養が入らないで今の点滴治療で見ていれば、体力も弱ってくるのはしょうがないです。
数年介護する気持ちがあるのなら、経管栄養を試してみたらいかがでしょう。管が入っていることに苦痛を感じるようならば、胃から入れるようにすることもできますし、口から少しでも食べる望みがまったくないわけではないと思います。看護師さんに相談してみたら具体的にアドバイスがもらえると思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私どもの迷いをご理解いただいてのアドバイス感謝いたします。
ご推察通り入院当初がゴールデンウイークでした。飲みたい素振りをするので水分を浸した脱脂綿を口に当ててやると吸い付くような口をして喉を何度もゴクリと動かしました。(看護婦さんに見つかって叱られてやむなく中止・・)

>数年介護する気持ちがあるのなら、経管栄養を試してみたらいかがでしょう。

数年介護・・ここに問題を抱えています。夫は末子(75歳)で跡取り。私どもの子供は遠隔地に住み同居はしません。夫の姉弟はもう介護できる環境や状態にないので「余計な延命をしないで」と申します。
つまり介護を担えるのは私達夫婦だけなのです。直前の母の状況からまだまだ在宅で、と願う一方で万一のときの対応なども視野に入れると在宅介護が現実的なのだろうか、可能だろうかと不安になります。でもそれは何とかなる、今の状態で在宅は無理でももう1、2年は介護をがんばりたい、がんばれるだろう。というのが本音です。

現時点で母の体力を考えると、点滴だけではむごい、暫く経管栄養を試してもらえないだろうか(少し体力がつけば嚥下もできるようになるかも)と考えて、一人だけ、看護士さんに相談してみました。
お答えは、家族の考えが大事だとことわった上で、経管栄養を始めれば途中で中止するわけにはいかなくなる。ずっと継続しなければならない。というお話でした。(この点について再度ご意見をいただけるとありがたいと思いますが・・)

ここで質問を投稿した後、関連の過去の質問と回答をいくつか読みました。経管栄養のデメリットの部分もよくわかり、それを長く続けることの可否をさらに自問していました。

お二人の専門の立場からアドバイスいただいて経管栄養についてもう一度病院に相談してみようかと考えています。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 12:09

普通の点滴ではあまり濃いものは入れられません(浸透圧などの関係で)。

中心静脈栄養というもっとカロリーの高いものを血液に入れられる方法もありますが、鼻からの経管栄養が可能なのであれば、そちらのほうが食事に近いです。経管栄養、試してみてもいいのでは。

モノは、嚥下が出来る方が栄養補助に飲んでいるものと同じです。
栄養剤はおおむね1Kcal/1mlなので、消化器からの吸収ができるようであれば、一日に必要なカロリーを賄えると思います。
一日に1200ml入れている人も知っています。

商品名で言うとエンシュアリキッドやラコールなどですが、カロリーを維持するために油分が入っているので、下痢がおこることがありますのでご注意を。(ラコールの方が起こりにくいようです)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
点滴ではなぜ栄養不足になるのかがよくわかりました。

「経管栄養も試してみたい」という心境が強いのですが、迷っています。no.2の回答を下さった方へのお返事とも共通しますのでそちらに書かせていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女子栄養大学の偏差値

高校3年の女子です。長くなります..

将来、管理栄養士として働きたいと思っています。
管理栄養士の国家試験の合格率や設備などを見て
女子栄養大学 栄養学部 実践栄養学科に
進学したいと思いました。
先日、学校のほうで指定校推薦が取れたので
10月に試験を受けることになりました。

実績もありましたし何より自分自身が
女子栄養大学で勉強したいと強く思っていたので
今回、推薦を受けられることはとても嬉しく思っています。

しかし、ある大学の偏差値一覧表を見ると
偏差値がとても低く書かれていたので
少しショックでした。
自分が調べた中では偏差値も
そんなに低くなかったので
進学を決めたのですが...
でも、違う大学の偏差値一覧表を見たら
かなり高く書いてありました。

本当のところはどっちなんでしょうか?
いろんな情報があって困惑しています。

他の栄養系の大学と比べて
わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

二日前に、別の人が大学選択について質問されていました。
そこで私が管理栄養士のことを例えとして出しましたので、その時に回答で使用したURLを再度使わせてもらいます。

高校の同級生が管理栄養士になるための学部・学科を受験し、今では管理栄養士として活躍しています。
私も管理栄養士については知っていますが、女子栄養大学のことは詳しくはわかりません。
(個人的に東上線沿線のことはくわしいので、大学名や場所はよく知っていますが。)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1314196508?fr=rcmd_chie_detail
最後の方の回答がすべてだと思いますよ。女子栄養大学は管理栄養士を目指す人はみな知っています。
それほどの大学なのであまり偏差値とかにこだわらなくていいと思います。

また多くの回答者が答えていますが、○○大学の出身というのは管理栄養士の世界ではあまり関係なさそうですね。 

こんなURLもありました。参考までに。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1021641795 

偏差値などはあまり鵜呑みにしないほうがいいですよ。
大手でも代々木と河合と駿台でもかなり違いますから(それぞれ得意分野がありますから)。
例えば駿台などでは、女子栄養大の受験者数が少なくサンプルそのものが少ないので、あまり当てにはならないと思います。

またその他の具体例として、関西の私立中学高校の偏差値などは、関東系で関西に進出している大手塾の偏差値は全然当てになりません。
灘や東大寺などの関東でも有名な学校については正確に近いですが、
知られていないところの学校の偏差値などは本当にいいかげんなものです。
要はその学校を受験する受験者が少なく、学校自体のこともわかっていなければ偏差値も正確にはでません。

だからひとつひとつの予備校の偏差値をみて、一喜一憂するのは馬鹿げたことだと思いますよ。 
そんなことより大学入学後に優秀な成績をとり、またいろんなフードに関する実力を蓄えればいいと思いますが。

二日前に、別の人が大学選択について質問されていました。
そこで私が管理栄養士のことを例えとして出しましたので、その時に回答で使用したURLを再度使わせてもらいます。

高校の同級生が管理栄養士になるための学部・学科を受験し、今では管理栄養士として活躍しています。
私も管理栄養士については知っていますが、女子栄養大学のことは詳しくはわかりません。
(個人的に東上線沿線のことはくわしいので、大学名や場所はよく知っていますが。)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_d...続きを読む

Q延命治療とは?

95歳の母の事です。病弱で入院中のところ、この1け月で悪化してベットから降りられなくなり、寝たきりとなりました。食事もあまりとれません。担当医は老衰と言います。延命治療はしなくていい、痛みなどの症状には対処してくださいと実家の弟は言います。(私は二女で結婚しています)質問ですが延命治療と治療の違いはどこでつけるのですか?母も苦しむ無理な治療はしなくていいと思いますが、食べられないのなら点滴以外に鎖骨の辺りに点滴の管を埋め込んで、栄養補給するとかの対処法は延命治療に当たるのでしょうか?私としては痛み止め以外の治療も時として必要と思うのですが?難しい質問かも知れませんがアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

確かに難しく、そして微妙な問題ですね。

>鎖骨の辺りに点滴の管を埋め込んで、栄養補給するとかの対処法は延命治療に当たるのでしょうか
中心静脈栄養といいますが、これを延命治療というかどうか誰にも
決められないと思います。
せいぜいケース・バイ・ケースというくらいでしょう。

もちろん明確に延命治療であるという行為や、明確にそうでない場合もあるのですが
グレーゾーンが大変広く延命治療を定義することが出来ないわけですから、
医療サイドと延命治療なし、痛みに対症療法ありでと決めたとしても
それはかなりのフリーハンドを渡したことになると思います。

もう老衰で寿命なのだから、大まかなことだけ決めて細かいことはプロである
病院に任せようという考えも当然ありですし、今後どんな状態になりうるか
いろんなケース、それに対する可能な対応法を全部聞き、どう対応してほしいか
家族会議で決めて一覧表にして病院に渡す、なんていうのもありかとおもいます。

痛み止め以外の治療も時として必要と思うのであれば、他の親族の方と相談の上
具体的な形にして、病院に伝えればよいのではないでしょうか。
延命治療なしで了承したのだから、後は何も受け付けませんなんていうことはないと思います。

ただ、家族がそれぞれ違った要求をすると病院は困ると思いますので、
かならず一本化してから、伝えるべきと思います

確かに難しく、そして微妙な問題ですね。

>鎖骨の辺りに点滴の管を埋め込んで、栄養補給するとかの対処法は延命治療に当たるのでしょうか
中心静脈栄養といいますが、これを延命治療というかどうか誰にも
決められないと思います。
せいぜいケース・バイ・ケースというくらいでしょう。

もちろん明確に延命治療であるという行為や、明確にそうでない場合もあるのですが
グレーゾーンが大変広く延命治療を定義することが出来ないわけですから、
医療サイドと延命治療なし、痛みに対症療法ありでと決め...続きを読む

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Q飲んだら倒れます。

ここ1年で飲酒をして帰りに倒れることが数回ありました。それは酔ってるとかじゃなく、1時間ぐらい経ってるにもかかわらず症状がでます。
いい時はとことん飲んでも酔わないのに・・・
倒れるときはまず、耳鳴りからし始めて目の前が真っ白になります。見えないぐらいまでなります。
あっくるな~と思ったら倒れ、すぐに気づき起き上がれます。ゆっくり座ってたら目の前が見えだし、普通に戻ります。
病気かどうか心配です。何かご存知だったら教えて頂けませんか。あと、病院に行く場合は何科に受診したらいいですか?

Aベストアンサー

状況失神と呼ばれる症状ではないかと思われます。
下記サイトでは飲酒と排尿失神について述べられていますが、軽い失神発作であるのかもしれません。

ご心配であれば神経内科で受診されてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.asahi.com/health/soudan/jh040430.html

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q脳貧血?てんかん?倒れちゃいました

昨日、立ち話中に、気持ち悪くなって意識を失い、倒れて壁に頭を打ちつけ救急車で運ばれ、3針縫いました。

倒れる前の症状として吐き気がありました。
その後、意識が無くなり倒れてしまいました。
倒れている間は手がブルブル震えていたそうです。
ふわーっとした感じがして、遠くで人が話してる声が聞こえました。
意識が戻ってからは気分が悪く、胸がドキドキしてちょっと苦しい感じでした。
現在も少し、胸が締め付けられる感じがします。

運ばれた病院でCTスキャンをしましたが脳に異常はないようです。血圧は正常でした。貧血でもないようです。
病院では脳外科にまわされ、CTの結果が正常だからと、血液検査もせずに帰されました。
2年くらい前にも倒れたことがあります。

倒れて怪我をしたのは初めてなので今後が不安です。
この症状は一体、何なのでしょうか?
精密検査を受けた方がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

典型的な起立性低血圧(いわゆるたちくらみ)の症状のようです。子供が学校で朝礼中に倒れるのと同じです。

 原因は、長めに立っていると血圧が下がって脳へ血液が充分に回らなくなることです。ですからCTを撮影しても、なにも無いはずです。ふつうは、そういうことがあると理解して、長い時間たったままにならないだけでOKです。

 よく運動して、脚の筋肉を鍛えるのはいいですね(脚の筋肉で、血液が上へ戻ります)。それでも頻繁に起きるようなら、内科で血圧(起立性低血圧)の検査をするのがいいですね。

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q点滴の後の手足の痺れ

喘息の点滴(ソルデム200ml:ネオフィリン1A:ソルメド30)を打ちました2時間かけて落としました。手足に正座をした後の痺れに似た痺れが起きるのです。今までに何度か経験をしているのですが合わないのでしょうか?因みに20年近く同じ内容で点滴を受けています。

Aベストアンサー

2時間かけて点滴したなら、その間じっとしていましたよね。正座していたかのようなしびれが出ても当たり前のような気がしますが・・・20年同じ内容ということは30~40代以上ですよね。年齢的に老化のはじまる頃ですから、若いときよりしびれも出やすくなるかと思います。次回点滴の時に、手足を動かし続けて同じようにしびれるか試してみたらどうですか。

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q点滴での栄養補給について

父が1週間前から、足の付け根に太い点滴を入れてもらい、栄養補給をするようになりました。
それまでは、手に普通の点滴で入れてもらっていたんです。

もう、胃からは栄養を取ることができないので、こういう処置になっております。

この太い点滴だと、必要なカロリーを得る事ができると、ドクターから説明がありましたが、父は日ごとに痩せていきます。

こういう状態だと、あとどれぐらいの命なんでしょうか?
お身内で経験がおありの方、ご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。
お父様のご容態、心配ですね。

質問者様のお父様とは病名が違うので、あまり参考にならないかも
しれませんが、「足の付け根の点滴」という事で経験した事を
書いてみます。

私の母(末期肺ガンで腰・頭に転移、余命1~2ヶ月)が足の付け根に
点滴をして約2週間で亡くなりました。
5/31に入院し腕に点滴し、6/2に足の付け根の点滴に変更し
2日程は安定してました。
それを過ぎると日に日に衰弱して微熱も出て、夜は38℃前後になり
一日中氷枕をしていました。
肺ガンといっても息苦しさは無く、酸素吸入も必要なく血圧も
正常だったので担当医もそれほど急変はしないだろう・・と
言ってました。
・・が、6/15に急に呼吸が止まり亡くなりました。
今思うと亡くなる2日前頃から、一日中眠ってる状態でした。

質問者様のお父様の回復をお祈りしております。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報