車検をディーラーで行ったのですが
頂いた点検記録簿にタイヤのチェック欄のところに
タイヤの残り溝の数値が書かれてませんでした。

以前車検に出したとき頂いた点検記録簿には
あと何ミリと数字が書かれていたのですが
今回書かれていませんでしたので疑問に感じました。

ディーラーチャック・記録ミスなのでしょうか?

宜しくお願い致しますm(__)m

A 回答 (4件)

個人経営のカーショップでアルバイトしている者です。


どのような作業内容を行ったのか分かりませんし、ディーラーではないですが、完全にタイヤを履き換えたばかりでしたら私は溝深さの数値は記入しません。

もし不安であるのなら、ディーラに電話して、作業日、作業内容、作業者、車種、名前を言って確認してみて下さい。
直接行って、問題の点検記録簿を直接見せて聞くのが一番はやいでしょう。
    • good
    • 0

車検と定期点検では同じ検査項目でも確認方法が違います。


・車検
 次回の車検までに問題がないか? と言う観点で具体的に判断する。
・定期点検
 現状問題ないかをチェックする程度。
    • good
    • 0

こんにちは、100Zさん。



記載情報が不足なのでハッキリとは言えませんが、ディーラーのミスの可能性は1%以下だと思います。(ゼロでは有りませんが)

推測ですが、おそらく以前の車検の時には、タイヤの残り溝が少なくなっていて、今回の車検の時にはタイヤの溝は十分に残っていたのだと思います。

残り溝が少ない時には、親切な整備工場でしたら「今回はタイヤを換えなくても車検は通りますが、残り溝が少ないので注意して下さい、早めに交換した方が良いですよ」と言うお知らせの意味で、残り溝1.8ミリなどと点検記録簿に記入する場合が多いです。

溝が十分に残っている場合は、レ点チェックかOKとしか記入しませんし、お客様にも何も言いません。(今回はタイヤが新しかったのではありませんか?)

ブレーキシューやパットの場合も同じで、残り溝が少なくなっていてもギリギリ基準値をクリアーしていて、制動力に問題が無ければパットの交換はしませんが、パットの残りが後○○ミリなので早めに交換して下さいと口頭で伝えたり、記録簿にパットの残りのミリ数を記入したりします。

ディラーや整備工場としては新しいタイヤへの交換を勧めて儲けるチャンスなのですから、先ず見逃さないと思いますよ。
    • good
    • 0

基本的に、定期点検では、溝の深さを測るのが目的ではなく、基準以上あるかないのかだけでOKとなります。



ですので、数値を書くのは好意であって必須事項と言う事ではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q板チョコの溝

板チョコやカレールーに刻まれている折り目の溝のことを英語で何と言うのですか。教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://images.google.com/imgres?imgurl=http://www.istockphoto.com/file_thumbview_approve/2514280/2/istockphoto_2514280-chocolate-bar.jpg&imgrefurl=http://www.istockphoto.com/file_closeup/food-and-drink/food-backgrounds/2514280-chocolate-bar.php%3Fid%3D2514280&usg=__a2tXeNmPoNXtrKnhfMRq_xiyAGI=&h=253&w=380&sz=49&hl=en&start=15&itbs=1&tbnid=k0LUpv9YFUGs7M:&tbnh=82&tbnw=123&prev=/images%3Fq%3Dgrooved%2Bchocolate%2Bbar%26hl%3Den%26sa%3DG%26gbv%3D2%26ie%3DUTF-8%26tbs%3Disch:1

上記の長い文字のサイトにあるように、最初の大写しの板チョコの写真の説明文を見てください。

二行目に英文で

grooved chocolate bar (溝つきの板チョコ)

従って、板チョコなどの溝は“groove” で良いと思います。

なお溝で仕切られた四角の部分は、"segment"(一部分)と呼ばれます。 

http://images.google.com/imgres?imgurl=http://www.istockphoto.com/file_thumbview_approve/2514280/2/istockphoto_2514280-chocolate-bar.jpg&imgrefurl=http://www.istockphoto.com/file_closeup/food-and-drink/food-backgrounds/2514280-chocolate-bar.php%3Fid%3D2514280&usg=__a2tXeNmPoNXtrKnhfMRq_xiyAGI=&h=253&w=380&sz=49&hl=en&start=15&itbs=1&tbnid=k0LUpv9YFUGs7M:&tbnh=82&tbnw=123&prev=/images%3Fq%3Dgrooved%2Bchocolate%2Bbar%26hl%3Den%26sa%3DG%26gbv%3D2%26ie%3DUTF-8%26tbs%3Disch:1

...続きを読む

Q車検の際に作成すろ「定期点検記録簿」について

「軽自動車」のユーザー車検を行おうと思いまして、その際に提出する
「定期点検整備記録簿」と言う書類は、何処に行けば新しい物を
購入出来るのでしょうか??
どなたかお心の温かいお方、教えていただけませんでしょうか??
宜しくヽ(▽⌒*)お願い致します♪

Aベストアンサー

軽自動車検査協会、陸運局、整備振興会で購入できます。
ユーザー車検なら、自動車に付いてくる点検記録簿の24ヶ月(2年)を使ってもOKです。

Q英語経験者の方に英訳でお聞きしたいことがあります。

次の文章を英語に訳せる方おられますか?
自分で英訳してみたのですが、単語が分からないのと、通じるかお聞きしたいです。


「平たい乾電池のように、プラスとマイナスの電極板が固体高分子膜(電解質膜)をはさむ」
→「固体高分子膜」と「はさむ」とは英語でどう表現したらいいでしょうか?

「セルのプラス極(酸素極)とマイナス極(水素極)には数多くの細い溝がある」
Many narrow ditches on the anode side and cathode in the cell.
→thereを使わずに英訳したいのですが、この文では通じないでしょうか?

「この溝を外部から供給された酸素と水素が電解質膜をはさんで通ることによって反応が起こり、電気が発生」
React by moving supplied oxygen and hydrogen電解質膜をはさんでthrough this ditch and generate electricity.
→同じくはさむの表現が分かりません。

一部だけ分かるというのでも構いませんので、
英語が得意な方、よろしくお願いします。

次の文章を英語に訳せる方おられますか?
自分で英訳してみたのですが、単語が分からないのと、通じるかお聞きしたいです。


「平たい乾電池のように、プラスとマイナスの電極板が固体高分子膜(電解質膜)をはさむ」
→「固体高分子膜」と「はさむ」とは英語でどう表現したらいいでしょうか?

「セルのプラス極(酸素極)とマイナス極(水素極)には数多くの細い溝がある」
Many narrow ditches on the anode side and cathode in the cell.
→thereを使わずに英訳したいのですが、この文では通じないでし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

> 「平たい乾電池のように、プラスとマイナスの電極板が固体高分子膜(電解質膜)をはさむ」
→「固体高分子膜」と「はさむ」とは英語でどう表現したらいいでしょうか?

As a flat dry cell, the solid polymer membrane (electrolyte film) is sandwiched in between positive and negative electrode plates.

こんな感じでいかがでしょうか?
技術的な内容が良くわかりませんので、「平たい乾電池のように」は、「平たい乾電池として」として訳しました。
また、「固体高分子膜」は、固体の「高分子膜」としました。
「はさむ」は、sandwich でいかがでしょうか。

> 「セルのプラス極(酸素極)とマイナス極(水素極)には数多くの細い溝がある」
Many narrow ditches on the anode side and cathode in the cell.
→thereを使わずに英訳したいのですが、この文では通じないでしょうか?

thereを使わなくても英訳できると思いますが、作成された英文には動詞(be動詞)が抜けていますので、通じにくいと思います。

ご参考に
 Numerous narrow ditches are on the positive and negative poles of the cell.
(プラス極とマイナス極に溝がどのような状態で存在するかわかりませんので、trabajoさんが記載されているとおり、”on the”としました。

> 「この溝を外部から供給された酸素と水素が電解質膜をはさんで通ることによって反応が起こり、電気が発生」
React by moving supplied oxygen and hydrogen電解質膜をはさんでthrough this ditch and generate electricity.
→同じくはさむの表現が分かりません。

「はさんで通る」のニュアンスがわかりませんが、汎用的な”across”を使われたらいかがでしょうか。

ご参考
 Reaction is initiated when externally-supplied oxygen and hydrogen go along this ditch across the electrolyte film, and electricity occurs.
(反応が開始されるというニュアンスで書いています。”electricity occurs”の部分は、より専門的な表現があるかも知れませんね)

こんにちは

> 「平たい乾電池のように、プラスとマイナスの電極板が固体高分子膜(電解質膜)をはさむ」
→「固体高分子膜」と「はさむ」とは英語でどう表現したらいいでしょうか?

As a flat dry cell, the solid polymer membrane (electrolyte film) is sandwiched in between positive and negative electrode plates.

こんな感じでいかがでしょうか?
技術的な内容が良くわかりませんので、「平たい乾電池のように」は、「平たい乾電池として」として訳しました。
また、「固体高分子膜」は、固体...続きを読む

Q同一ディーラーで車検や点検の違いがあるのか

新車購入、5年目の車検で、昔のディーラーが遠いため、ディーラーを変えようと思っています。
近くにネッツトヨタが2店舗あるのですが、車検や点検において価格や整備内容(税関係は除く)に違いがあるのでしょうか?
見積もりを取ればそれまでとは思うのですが、もし選ぶポイントなどがありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>違いがあるのでしょうか?

自分の経験でいえば、あります。
ターボ4WDのセダンを所有していますが、自宅周囲にあるディラーを利用せず、引越し前に世話になっていた店舗で車検・整備をお願いしています。

おそらく店が違っても、基本的な点検項目に違いはないと思います。
ただ、車を見るのはあくまで人ですから・・
私が車をどのように使っているか、どういう整備が私の走り方にとってプラスになるか、それをキチンと理解してくれている整備士さんがいる店にお願いしています。

「ココとココとココ、まだ交換する程でもないんですが・・」
『いや、ぜひお願いします』
「そう思って、発注かけておきました(苦笑」

「この部分、ご自身でメンテナンスしてますよね?」
『はい』
「こういう手順でやると、簡単だしミスも減りますよ」

「この部分、いちど分解して清掃しておきました」
『・・見積もりに入っていませんが?』
「いや、まあグリス代くらいのものですから」

万事この調子ですから、もう他所へは出せません。

>もし選ぶポイントなどがありましたら

やはり人を見ることですね。
できれば、メカニックさん達と話をして、車と客に対してどのような考え方を持っているのか知りたいところです。

あまり参考にならないかも知れませんが・・

>違いがあるのでしょうか?

自分の経験でいえば、あります。
ターボ4WDのセダンを所有していますが、自宅周囲にあるディラーを利用せず、引越し前に世話になっていた店舗で車検・整備をお願いしています。

おそらく店が違っても、基本的な点検項目に違いはないと思います。
ただ、車を見るのはあくまで人ですから・・
私が車をどのように使っているか、どういう整備が私の走り方にとってプラスになるか、それをキチンと理解してくれている整備士さんがいる店にお願いしています。

「ココとココとコ...続きを読む

Qこれを英語でなんと言いますか?

スクリュー(ネジ)をドライバで締め付け過ぎた時ネジの頭の + や - の溝が取れてしまうことがあります。日本語では「なめる」といったりしますが、英語では何というのか知っている人教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1の方の英語でも通じますが、stripped screw だとネジ山自体がつぶれたネジを示すこともあります。貴方のご質問のような場合は stripped screwhead と言えば間違いありません。

QJA11の点検整備記録簿の記入方法について

よろしくお願い致します。
ジムニーJA11のH4年式をユーザー車検に持って行こうと思っています。
点検整備記録簿の項目で該当するのか?
その装置がどこにあるのか?
を知りたいのです。
1、二次空気供給装置の機能
2、一酸化炭素等発散防止装置の配管の損傷、取付状態
3、減速時排気ガス減少装置の機能
ご存知の方、詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

JA11は画期的な電子制御燃料噴射装置がついていた気がしたので、(キャブなんてSJ30までかと)

1、2次空気はありません。 斜線でお願いします。
2、コレは吹き抜けガスとかその辺なので レ点でいいです。(一応確認だけしてくださいw)
3、ようはエンブレ時の燃料カットです。 電子制御なので レ点でいいです。


ここだけの話ですが、記録簿なんて適当に書いても大丈夫だったりします。

持ち込みユーザーの記録簿見ると 全部チェック入ってるしw

FFでトランスファーのチェックとかw

Q英語の基本表現を固めるには

英語をやり直す際の教材として、中学の英語の教科書を勧められる人が多いですよね。大切な表現が大幅に欠如している、多少ぎこちない文章が目立つものの、あれほど体系的に編纂された本は他にないでしょう。
それから、NHKの講座も評価が高いですね。しかし、時間に縛られるし、初級から上級に進むにも講座間の若干の溝や開きなども否定できませんし、時間もかかりますよね。
そこで思いついたのがネーティブの英語の教科書ですが、どのように活用したら効果的で、どの位の英語力が付くでしょうか?
その他、お勧めの教材がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

英語を大学で専門に勉強してきた人やTOEICでも高得点を取れる人でも
英語圏のネーティブより明らかに劣る部分、それを補える格好の教材がネーティブの英語の教科書です。というか、英語の教科書よりも 社会科とか算数、理科の教科書の方が為になる部分が多いですね。
メリットも大きいのですが、欠点もあります。これは、外国人が日本語を学ぶ場合 国語の教科書を使うようなものですね。

(1)教科書は学校で先生が生徒に教える題材であり、自習用には不向きな点もある。
(2)ネーティブ向けなので、外人には不親切な面も多い。
(3)生の英語には違いないが、実践的な会話を覚えるのには遠回りになる。
(4)内容的に幼稚に感じられる。

以上の欠点を考慮してもワンランク上の英語力を目指すには必要なアイテムだと思います。

Qディーラー車検or民間車検

お世話になりますぺこ <(_ _)>
今年車検なのですが、今まではディーラー車検しかしたことがありません<友人から「安くしとくから知り合いの民間整備工場で車検をしてくれないか」と頼まれました。
通常ディーラー車検だと普通小型車は最低でも10万円はしますよね?その整備工場は高くても5万円いかないと言っています。
この場合、安い方に気持ちが行くのは仕方がないと思うのですが、何せ一度も利用したことがない民間車検だしディーラー車検と何も変わらないのならいいのですが、確かめようもありませんし、だいいち今回その民間車検をしたら、今までずっとディーラーで定期点検もやってきたので、これからの付き合いに変わりがなければいいのですが、虫が良過ぎるのかも知れませんし、この場合、どのようにしたら良いでしょうか?<アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

アドバイスにはならないかも、ですけど。

まず、その車が比較的新しいものなら安いにこしたことはないと思います。
車検を通すだけの車検で良いと思う。
比べてディーラー車検は、2年問題なく乗ることを前提に車検をすると思う。
それも勝手に部品を取り替えるわけではなく、その前に見積もりをだしますし、
事前の確認がなされます。
このディーラー車検で、自分では思いもしないようなトラブルが発見される場合もあります。

高いけど、2年間の安心を買うと考えて、ディーラー車検でいいのではないでしょうか。
安価な民間車検では、車検に取り掛かった事実を元にアレも交換ですね、これも心配だ、
と結局はディーラーと変わらないか、むしろ高くついた・・・ってことにならないように。

Qバイクのタイヤの溝

バイクのタイヤの溝の深さ、数についてです。車のタイヤは市販のハイグリップといわれるものでも結構溝がありますし深さもあります。しかし、バイクのタイヤはハイグリップになればなるほどすじのような溝しかなく溝の深さも余りないタイヤも出てきます。例えば、パイロットパワーのようなすじがあるだけのタイヤです。そして、車のタイヤは溝がタイヤの横まで貫通していることが多いですがバイクはツーリングタイヤ以外はあまり溝が貫通していません。(溝の貫通とはタイヤの中心から外側に向けての溝の出口があるということです)接地面積の問題かもしれませんがなぜなんでしょうか?

 他にも、一周にわたってのストレートグルーブ、何本ものストレートグルーブというのもあまり見かけません。(グリップのなさそうな昔の純正装着タイヤでは見たことがあります ダンロップのK505のような)
 溝の深さもフロントは特に新品で5mmほどしかないです。対して車は大体8mmくらいあります。

Aベストアンサー

バイクのハイグリップタイヤと、車のハイグリップタイヤでは、同じ「ハイグリップ指向」であるのは確かですが、想定される使用条件が大きく異なっています。

車の場合、路面コンディションがウェットであろうが、ドライと比較して極端なグリップ力の低下は許されません。
走りの性能を謳い文句にする車であっても、通勤や買い物など、あくまで日常の生活の足として使われる事を想定せずに作られる事は有り得ません。
あくまで、万人向けの、万能性が求められる乗り物です。
また、車の場合は好みでインチアップを図る事で、乗り心地の悪化やランニングコストの低下などと引き換えに更なるハイグリップを得る、という選択肢があります。

それに対してバイクには、車のようにインチアップやタイヤ幅の変更でグリップ力を向上させる方法はありません。
更にバイクという乗り物には、元々車のような万能性は持ち合わせていません。
雨が降ればライダーはカッパを着る必要がありますし、そのカッパを車体の中に収納するスペースすら無いものも多くあります。
そういうバイクという乗り物のハイグリップタイヤというものは、あくまでドライ路面でのグリップ力の高さを求めており、その為にはライダーの側もウェット路面でのグリップ力の低下の犠牲は仕方ない事、と考えています。
溝が多ければドライグリップが低下するのはもちろん、溝のせいでタイヤのコシがなく、グニャグニャなフィーリングになってしまいます。
ハイグリップタイヤを履いたバイクでウェット路面を走る際は、タイヤのグリップ力を当てにした走りはしないものです。
ウェット路面でのグリップを維持したいと考える場合は、ツーリング指向のタイヤを選択すれば良いのです。

しかし、さすがに完全なスリックでのウェット路面走行は危険すぎます。もちろん、車検も通りません。
ウェット路面での最低限の排水性を確保し、なおかつ、最も効率的な溝のパターンを追求していった結果、現在ではあのような溝のパターンになっているのです(各社とも非常に似たパターンになってしまっています)。

バイクのハイグリップタイヤというものは、車で言うレース仕様タイヤにより近い考え方で作られた物、と認識した方が良いと思います。

バイクのハイグリップタイヤと、車のハイグリップタイヤでは、同じ「ハイグリップ指向」であるのは確かですが、想定される使用条件が大きく異なっています。

車の場合、路面コンディションがウェットであろうが、ドライと比較して極端なグリップ力の低下は許されません。
走りの性能を謳い文句にする車であっても、通勤や買い物など、あくまで日常の生活の足として使われる事を想定せずに作られる事は有り得ません。
あくまで、万人向けの、万能性が求められる乗り物です。
また、車の場合は好みでインチア...続きを読む

Qディーラー車検か修理工場車検か

トヨタ2500CC車で、新車購入後5年で2回目の車検を迎えますが、リサイクル費用の追加もありできれば費用を押さえたいのですが、検討ポイントをお願いします。
運転歴は15年ですが、整備等は一切お任せというタイプです。

走行距離26,000km(年間5千キロ平均)
オイルはおおよそ1年毎交換中
去年の1年法定点検はやらずにパスした
バッテリー交換は未済(GSのチェックではパワーは十分だがそろそろ交換時期かと)
タイヤの消耗は大丈夫(1本はバーストで1年前交換し、その際ローテーション済)
事故・故障等は無し(接触事故でリアバンパー塗装やり直しが1回)、不良箇所もなさそう

接触事故で世話になった地元修理工場からは、「税金・強制保険・リサイクル費用(1.5万円)含めて基本料金10万円+一般整備3万円、その他部品交換は状況次第」という見積りを貰いました。
ディーラー車検の安心感は捨てがたいのですが、2年前の新車3年車検では記憶では約15万円(4回分20Lのオイル交換付)、あれこれとオプションで余計なサービスを付けられるのに弱いのと、セコイようですが2万円以上差があれば地元修理工場での車検で良いのかと考えています。後バッテリー交換をGSなりカーショップでやって節約という手段も有りかと考えています。

トヨタ2500CC車で、新車購入後5年で2回目の車検を迎えますが、リサイクル費用の追加もありできれば費用を押さえたいのですが、検討ポイントをお願いします。
運転歴は15年ですが、整備等は一切お任せというタイプです。

走行距離26,000km(年間5千キロ平均)
オイルはおおよそ1年毎交換中
去年の1年法定点検はやらずにパスした
バッテリー交換は未済(GSのチェックではパワーは十分だがそろそろ交換時期かと)
タイヤの消耗は大丈夫(1本はバーストで1年前交換し、その際ローテーシ...続きを読む

Aベストアンサー

ディラーは 人件費宣伝広告費が掛かるので 必然的に 割高な整備料金です。 
メーカーブランドバリューの力も加わり 高くても客が来るので安くしないのが実情
整備士も ベテランは管理職になってしまい ハンコウ押すだけ? 難しい仕事でなければ ベテランがやってくれない 若手整備士で大丈夫??
分解整備などはやらせたくないのが ディーラーかな
難しい整備や修理は大体 民間整備工場へ出してるのが殆どみたい

知り合いの民間整備工場が有るとか
車に詳しい知り合いの紹介される 民間整備工場があれば こちらがお薦め 安く 正確な整備をしっかりやってくれます。社長さん自身たたき上げの整備士ですから!

ディーラーも立地条件によっては 車検整備の認可を受けていない店(認定工場ではない)も有ります。こういった店は、
系列店整備工場に出すか 
地元民間整備工場に出します。
こういった場合 民間整備工場に整備費を安くたいてやらせてます 部品はディーラーが持ち込みです 
お客からは中間マージンをのせでの請求になってます。
自分の知り合い整備工場は ホンダ、日産の車検整備を下受けてますが 
交換の必要の無い 部品まで アッセンブリー交換を強制指示されると聞きました。
板金修理も 修理補修できる程度の物も ドア等部品交換だそうです。

こういった点で 民間へ直接出せば 整備工場側も利益が出るし 客もかなり安く出来ます。
大体2~3万は安くなります。

整備内容も 部品を直ぐに新品交換しちゃうディーラーに対して あと2年使えるけど ディーラーなら交換するけどどうしますとか確認とってくれますし マフラー穴空きなどは 溶接修理してくれる民間に対し ディーラーは加工等は 補償できないからと 一切やりません
様は 部品の状態に対して 最良の判断を してくれるのが整備工場です。

ここで注意 安い車検の看板 ユーザー車検はただ車検をパスさせるだけの物 車検後の重大故障が問題になっています。
ガススタや 大型カー用品量販店の車検も基本価格は安くとも 部品交換や修理箇所がでると 結果かなりの割高になります。整備技術もミスやトラブルの確立が高いといえます(優秀なところも有るでしょうが少ないのが実情) こんな所に出すなら 割高なディーラーがお薦めです。(メーカーとしての保証はあるから)

あと 去年の12ヶ月点検受けていない のでは
少しお金が掛かるかと思います。
5年経過ですし
車検整備+ エンジンオイル、ブレーキオイル、クーラント、FRならデフオイルの交換はしておくことをお薦めします。
その他 5年ですから ベルトやオイルシールなど悪いところの整備がでるかと予想します。

バッテリー、タイヤはディーラーですと 交換を強く勧められると思われます。

あれこれ迷うなら ディーラー

安く確実整備で乗るなら 勇気を出して ご近所の良さそうな民間整備工場の門を叩いて見てください

あと 上手な付き合い方として
12ヶ月点検は ディーラー(秘密のリコールなどの整備が有るので)
車検は 民間整備工場   と使い分けます。

ディーラーで点検を受けると補償が付き 走行中トラブルで止まってしまったりの トラブルには 補償(無償)で最寄のディーラーが引取りと修理(消耗品のトラブルは除く)してくれます コレは当たり前で ディーラー点検時の書類裏に書かれてます。

ディーラーでの車検整備を断る場合の理由は
仕事の関係とか知り合いの関係で 付き合いで仕方ないとか 
価格が高すぎるのと 過剰整備 部品交換が多く早いと聞くからね~とズバリ 言いましょう 
但し点検はちゃんと持ってくるから宜しくと言っておけば 多分ディーラー フロントマンは 言い訳は出来ないと思います。

ディラーは 人件費宣伝広告費が掛かるので 必然的に 割高な整備料金です。 
メーカーブランドバリューの力も加わり 高くても客が来るので安くしないのが実情
整備士も ベテランは管理職になってしまい ハンコウ押すだけ? 難しい仕事でなければ ベテランがやってくれない 若手整備士で大丈夫??
分解整備などはやらせたくないのが ディーラーかな
難しい整備や修理は大体 民間整備工場へ出してるのが殆どみたい

知り合いの民間整備工場が有るとか
車に詳しい知り合いの紹介される 民間整備...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報