1994年から1997年まで存続した新進党とはズバリなんでしょう?

Wikipediaを見ると、結局旧公明党の連中が新進党から離れる気配を見せたため、(選挙に勝てない。)と判断した小沢代表が解答してしまった様な表現ですが、

1:結局色々な政党からの寄せ集めだったのから、こうなったのか?解答の一番の理由は何か?
2:1997年ごろには多くの新進党所属代議士や参議院議員が新進党を離れ自由民主党になびいたが、当時のマスコミはどう報じていたのか?「寄せ集め政党上やむをえない。」という表現なのか、「節操が無い。」という表現だったのか?

の2点を確認したいのです。ご存知の方いませんか?

A 回答 (3件)

もともとは、細川連立の7党で新与党「新・新党」を結成しようという話が始まりです。

そのまま名前が新進党となりました。ところが結党前に社会党とさきがけが抜けてしまい、野党の合同になってしまいまとまりのない党となりました。

1:最大のタガ「政権」がなかったのが第一の理由。公明が袂を分かったのが引き金。

2:新生党(小沢一郎)、さきがけ結成時に自民を離れた人以外に、細川政権時代は、自民党からの離党者が相次ぎました。さらに小沢一郎と対立して自民に戻ったりして非常に流動的でした。今誰がどの党にいたっけ?といった感じでした。各個人の離党復党などニュースにもなりませんでした。
 今の自民党や民主党の議員の経歴をよく見るといくつもの党を渡り歩いた人が多いですね。
 ちなみに新進党は参議院で勝利し次の衆議院選挙で敗北、解党に至りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2009/05/18 22:17

>有難うございます。

結局小沢氏の独善が全てのキーなんですか---?
新進党は結果的にそうなったとおもいます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解。

お礼日時:2009/05/18 22:17

1. 自民党は元々田中角栄率いる田中派が最大勢力を誇ってました。


  しかし権力闘争、派閥闘争の中で田中派は田中派本流(小沢一郎)VSと対立派閥(竹下)等の争いになり、本流である小沢一郎が敗北しました。
 そこで小沢は自民党を抜け出し、対自民党となる政党を作りました。それが新進党です。

 しかし、政権をにきったのはいいですが、元々新進党は対自民党の為の政権で内部の新進党議員の意見はバラバラ(今の民主党と似てます)
 そこでとりあえず、お飾り的な細川等、見栄えのする首相を置いておいてのらりくらりと何もしない政治をおこなってきたため、内部の不満が爆発しました。
 例を挙げれば新進党の『海部俊樹』は自民党の河本派(旧二木派)山身で派閥の領袖でもない単なる平議員です。
  このように小沢は、権力的に力のない人を傀儡として新進党をあやつってきました。このような独裁に嫌気がさし、又小沢はころころ意見を変える人なので議員が離れ離れになったのです。

2.マスコミは当時、新進党を大いに盛り上げました。ですので特に批判の類はすくなかったとおもいます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。結局小沢氏の独善が全てのキーなんですか---?

お礼日時:2009/05/17 13:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAKB48初期の小さい子は誰ですか?

AKB48初期の小さい子は誰ですか?
AKB48初心者で、このたび発売されたシングルビデオコレクションを購入しました。
その中で「スカート、ひらり」や「桜の花びらたち」に出ている
小学校低学年or中学年?と思われる背が一番小さい子は誰でしょうか?
主に後ろのほうで踊っています。
今でもAKB48に居るのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

増山加弥乃ちゃんでしょう。当時の他の若い子より2歳若いです。今もいますよ。現在16歳、とても可愛らしくなりました。

http://www.oricon.co.jp/music/interview/060125_04_comment.html#movie
一番上の写真(右下の髪の長い子)、一番下の写真(下段右から3番目の子)

紹介 http://www.youtube.com/watch?v=EMGKfVt5wrQ&NR=1

↓参考メンバー

スカート、ひらり 2006年 (スカひら7+バックダンサー)
スカひら7フロントメンバーは、大島麻衣、中西里菜、板野友美、高橋みなみ、前田敦子、成田梨紗、小嶋陽菜。http://musicmovie.blog48.fc2.com/blog-entry-932.html
バックダンサー:
佐藤由加理、篠田麻里子、峯岸みなみ、浦野一美、平嶋夏海、渡辺志穂、折井あゆみ、星野みちる、増山加弥乃、大江朝美、駒谷仁美、戸島花、川崎希

<桜の花びらたち> 曲のメンバー 2006年当時の年齢
板野友美、小嶋陽菜、佐藤由加理、篠田麻里子、高橋みなみ、前田敦子、峯岸みなみ13歳、浦野一美、平嶋夏海、渡辺志穂、宇佐美友紀、折井あゆみ、星野みちる、増山加弥乃11歳、大江朝美、駒谷仁美、戸島花、中西里菜13歳、成田梨紗、川崎希、大島麻衣

参考URL:http://www.oricon.co.jp/music/interview/060125_04_comment.html#movie

増山加弥乃ちゃんでしょう。当時の他の若い子より2歳若いです。今もいますよ。現在16歳、とても可愛らしくなりました。

http://www.oricon.co.jp/music/interview/060125_04_comment.html#movie
一番上の写真(右下の髪の長い子)、一番下の写真(下段右から3番目の子)

紹介 http://www.youtube.com/watch?v=EMGKfVt5wrQ&NR=1

↓参考メンバー

スカート、ひらり 2006年 (スカひら7+バックダンサー)
スカひら7フロントメンバーは、大島麻衣、中西里菜、板野友美、高橋みなみ、前田敦子、成田梨紗、小嶋...続きを読む

Q二大政党「民主党、自民党」を除く「新党日本、社会民主党、国民新党、公明

二大政党「民主党、自民党」を除く「新党日本、社会民主党、国民新党、公明党、日本共産党、みんなの党」はどのような理由で支持されているのですか?(できれば党別に教えてください)

Aベストアンサー

共産党はそのままの通り、社会主義体制を目指す政党であり、労働者を代表した政党ということですから、その体制に共感する人、労働者の保護をより求める人、また、憲法9条を守りたい人、自衛隊に反対している人などがいると思います。

それよりもややソフトなのが社会民主党でしょうか。女性が代表をしているということもあるので、女性のための政策(少子化対策、夫婦別姓、民法改正など)を実現してほしい人なども支持していそうです。

公明党は創価学会という支持母体がありますが、イデオロギー的には中道で、憲法改正などよりも生活関連の政策を訴える傾向にあるので、そういった政策に共感する人の支持もあるでしょう。

みんなの党は、渡辺代表が天下りの問題などの行政改革に取り組んだ人なので、そういった無駄遣いや行政のスリム化、脱官僚に共感するが、民主党には任せられないと考える人の支持が多いと思います。なので、最近支持率が上がっているのでしょう。

新党日本と国民新党は、個人政党の感が強いと自分は思っています。
政党としてよりは、その政党に所属している個々人がそれぞれ支持者を抱えているという感じです。

新党日本は田中康夫に共感する人たちが支持者。

国民新党は、郵政民営化の際に自民党を離党した人たちの集まりですから、それぞれが地元の後援者たちをそのまま引き連れているだけなので、政党としての支持はあまり少ないのではないかと思います。なので、先の衆院選でも議席をあまり獲得できませんでした。もちろん、郵政民営化に反対の人が支持しているとも考えられますが。

共産党はそのままの通り、社会主義体制を目指す政党であり、労働者を代表した政党ということですから、その体制に共感する人、労働者の保護をより求める人、また、憲法9条を守りたい人、自衛隊に反対している人などがいると思います。

それよりもややソフトなのが社会民主党でしょうか。女性が代表をしているということもあるので、女性のための政策(少子化対策、夫婦別姓、民法改正など)を実現してほしい人なども支持していそうです。

公明党は創価学会という支持母体がありますが、イデオロギー的には中...続きを読む

Q4/1生まれの学年

4/1生まれは、前年度の学年。
4/2生まれ以降~4/1まででひとくくりとされているのはどうしてなのでしょうか?
どうして、4/1~3/31で一学年ではないのですか?
誰に聞いても納得できる説明をしてくれる人はいません。
みんな、「昔からそうだから・・・」と言った具合です。

どうしてですか???
お腹の赤ちゃん、4/1に生まれるかも・・・なのでどうしても知りたいのです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

法律上の、ややこしい仕組みによるものだそうです。

学校教育法では、学年は4/1に始まり、翌年3/31に終わるとされているんだそうです。

しかし、民法上の「人の歳の数え方」というか、「歳のとり方」が、
「歳をとるのは前の日の午後12時00分である」と定められているそうです。

つまり4月1日生まれの人は、3月31日の午後12時00分(4月1日午前0時00分を民法上、こう呼ぶようです)に、ひとつ歳をとるワケです。

そして、さらに前述の学校教育法では、
「子女が満6才に達した“翌日以降”における最初の学年の初めから小学校に行く」ことになっているんだそうです。

4月1日生まれの人は、生まれて6年後の3月31日の午後12時00分(31日の一番最後の時間)に、
満6歳になります。
その翌日4月1日以降における最初の学年の始めということは、その年の学年になり、
4月2日以降の最初の学年(翌年の学年)と分けられてしまうということらしいです。

Q自民党を「派閥と呼ばれる政党が複数集まった長期政党連合」と見る研究者って?

当方大学生です。卒論を執筆中です。

卒論の一部で、「他国の政党の代わりを自民党の派閥が行っていたこと」を指摘しようとしています。

そこで、ウェブで調べてみたのですが、wikipediaに、

>研究者によっては、自由民主党を「一つの政党」ではなく「派閥と呼ばれる政党が複数集まった、長期政党連合」との見方を採る場合もある

と書かれているので、先行研究が存在していることは間違いないようです。しかし、どの研究者がどの文献でそれを指摘しているのか皆目検討がつきません。


どなたか、適切な文献をお教え願えないでしょうか?

Aベストアンサー

伊藤(2006)には、「自民党は派閥の連合体であり」(p15)との一節があります。しかし、ここには脚注がついてなくて、#1のおっしゃるように前提条件として扱われています。
ドンピシャリといかなかったので、手元にあった教科書から抜き書きします。

■#3のおっしゃる“擬似政権交代”は、“自民党が包括政党で党内派閥の政策選好の幅が広かったので世論に柔軟に対応できた”とする捉え方。伊藤他(2000)によれば出所は富森(1993)。#4と同じ人です。
■しかし、しだいに派閥間の政策的差異が希薄になり、「政策決定については政務調査会」「人事については派閥」の棲み分けが生じた。
■保革伯仲以前の自民党については、総裁選に党内派閥の最小勝利連合をポスト配分に関するゲーム理論で分析している先行研究があるとのこと。最小勝利連合は、通常、連立政権の形成の分析で用いられるモデルなので、これも自民党を“派閥連合”と見做した研究だと思います。伊藤他(2000)によれば出所はLeiserson(1968)。
■保革伯仲と五大派閥への整理によって自民党自体が国会内での最小勝利連合になると、主流派優遇人事から派閥均衡人事&年功序列人事へと移行した。伊藤(2006)によれば佐藤他(1986)、川人(1996)。選挙制度改革と執政府改革を経た小泉政権の人事については伊藤(2006)。
■ちなみに、党内派閥に関するオススメ文献として、伊藤他(2000)は西川他(1996)を挙げています。

参考になったら参考にしてください。

伊藤光利「官邸主導型政策決定と自民党」『レヴァイアサン』38号、木鐸社、2006年
伊藤光利、田中愛治、真渕勝『政治過程論』有斐閣、2000年
富森叡児『日本型民主主義の構図』朝日新聞社、1993年
Michael Leiserson, 1968, "Factions and Coalitions in One-Party Japan: An Interpretation Based on the Theory of Games." American Political Science Review 66: 770-787.
佐藤誠三郎、松崎哲久『自民党政権』中央公論社、1986年
川人貞史「シニオリティ・ルールと派閥」『レヴァイアサン』臨時増刊1996冬、木鐸社、1996年
西川知一、河田潤一編『政党派閥』ミネルヴァ書房、1996年

伊藤(2006)には、「自民党は派閥の連合体であり」(p15)との一節があります。しかし、ここには脚注がついてなくて、#1のおっしゃるように前提条件として扱われています。
ドンピシャリといかなかったので、手元にあった教科書から抜き書きします。

■#3のおっしゃる“擬似政権交代”は、“自民党が包括政党で党内派閥の政策選好の幅が広かったので世論に柔軟に対応できた”とする捉え方。伊藤他(2000)によれば出所は富森(1993)。#4と同じ人です。
■しかし、しだいに派閥間の政策的差異が希薄になり、...続きを読む

Q誰か俺に火をつけて!!!!!!

誰か俺に火をつけて!!!!!!

定期テストの勉強をしたいのですがやる気が出ません。
というのも、僕は前回、前々回のテストではそれぞれ学年4位、6位をとっています。
なので心の中に油断があると思います。
しかし今回少し内容が難しくなってきています。

やる気が出る方法や言葉があったら是非お願いします!!

Aベストアンサー

次回の為に、今回その鼻っ柱をたたきおっておこう!
一回失敗するのも勉強だ!!油断したからの後悔が次回に実を結ぶ・・・はず?

ま、それでも今回頑張りたいなら、
ハードルを決めて、それを超えたら自分にご褒美みたいに、「もので釣る」か、
もし、それを超えられなかったら、大好きなものを金輪際やめるみたいな「背水の陣」
誰かと点数を競い合って、勝ったら奢ってもらう「競争」

ま、やる気の出し方なんて人それぞれや。自分にあったの色々試してみ!

Q民主党に投票した人はなんで「まともな政党が無いから支持政党が無い」とか言うんですか?

民主党に投票した人はなんで「まともな政党が無いから支持政党が無い」とか言うんですか?

Aベストアンサー

民主党に限りませんが、知識がない人、偏っている人に多いようです。
端的に言えば無知がなせるわざです。

Q私,我,僕,俺,彼,誰はいつ習うべきだと思いますか

 私,我,僕,俺,彼,誰という,いずれも人称代名詞用の漢字ですが,私と我は小学6年,僕と彼は中学校で習います。また俺と誰は先日常用漢字表に追加されたばかりです。そこで質問です。
 これら6字の漢字は第何学年に習うべきだと思いますか。私は外国語活動の時間を考慮して,6字とも小学5年で習うべきだと思います。

Aベストアンサー

オレは小学3年生で習うべきだと思うよ。
マンガとかで接する機会もある漢字を中学で習うんじゃあ、新し漢字を教えてもらうワクワク感にかけるような気がする。

あと、我ですか?
そんなの日常会話で使いませんから、習わせなくていいです。
極稀に「なめとんのかぁ?わりゃー」で使う人がいるとかいないとか、いやもう我は使用禁止だよな、怖いし

Q一度代議士になると一生代議士?

今年の刺客とかいわれる顔ぶれの人たちにはこれまでまったく代議士には縁のない職業だった人も多々おられますが、会社員などでも一度代議士になるとずっと代議士と言う方が大半なのでしょうか?

Aベストアンサー

代議士になったからといっても一生できるわけではありません。

代議士たちも選挙に立候補し当選しなければ続けることができないので、人柄のいい人や、実績を持った人など、有権者に支持されるようにしなければ当選は難しいので、一生できるという保障はありません。

昔アントニオ猪木さんも議員をしていましたが二期目を立候補したときに選挙で落選してしまってからは立候補していません。

ですので一度なっても、続ける意思と有権者の支持がない限り政治家を続けるのは難しいです。

Q私はクラスで友達がほとんどいません。 でも学年で5番目に頭がいいので テスト前はすごく人が集まってき

私はクラスで友達がほとんどいません。
でも学年で5番目に頭がいいので
テスト前はすごく人が集まってきます。

勉強以外の事では、ほとんど誰も話しかけてきてくれません。
こちらから話しても、てきとうに
返事をするだけです。
良いように使われてるだけな気がします。
クラスではひとりで寂しいです。
どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

ならば、あとはきっかけだけですね。
そういうのを発表する場があるといいかもしれませんが、
学校で休み時間とかに、テレビ番組載ってる雑誌とか読んでみたり。

まず学校は学業を専念するところですが、友達って大事ですよね。
作ろうと思ってもなかなかできないですが、自然と心を広くもって、
今まで通り得意な勉強でみんなの役にたってるうちに、自然と友達できるといいですね。
話しかけられるって大事ですよ。
世の中勉強が得意でも鼻高な人には人は寄っていかないですからね。

Q二大政党制(民主党と自民党)について

別の質問で右翼と左翼を考えていた時に思ったのですが、自民党と民主党を見比べた時に政策や体制が私には民主主義と社会主義の再来のように見えてしまいます。

自民党の方は民主主義と同様に派閥などの大勢の意見が通りやすいがお互いに折り合いがつきにくく、大きな改革をするには中々進みません。そして、結局は多数の意見が尊重される点も同じです。最善とはいえないが、他のものよりマシだからこれかなという存在です。

対して、民主党は様々な思想で割れる中でも小沢さんなどの上層部の思想が反映されやすく、党員の主義思想も様々であっても上層部の意向には逆らえない空気があるようにみえます。
マニフェストを見ても財源が今だ明確でないままに弱き存在を助けるために社会福祉を充実させることばかり謳ったり、参政権などの政権後に行われるであろう構想についてはあえて外しているなど、社会主義国の平等社会思想や秘密主義と似ているように感じます。

支持母体からしても自民側には企業や宗教関連が多く、民主党側には労働組合や外国勢力が多くあるように思われます。それは二大政党制に近くなっているともいえるのかもしれません。

そこで、質問です。
一、日本では過去に自民党と社会党の体制が今で言う二大政党制に近いものだったと思うのですが、旧社会党出身の議員も多い民主党がより多くの議席を獲得して自民党と二大政党制をなしたとして一体何がどう違うというのでしょうか?

二、二大政党制を導入している国の問題として二大政党のどちらかの意見ばかりが反映されるために、結果として二大政党のどちらでもない小数の意見は反映されにくい点があります。小沢さんらが導入した小選挙区選で同じく小沢さんらが進めた二大政党制が現実味を帯びてきた中、小選挙区制で得た少数の意見は本当に日本の二大政党制の中では反映されるのでしょうか?

三、二大政党制の場合にはどちらかの党が議席を獲得したとしても片方の支持層も多く、結果として片方の支持層にも配慮をした為に誰しも損をしにくい政策=中身が薄い政策になる点があります。つまりは独自性のある政策は現実として通りにくくなります。現在の民主党が政策を修正するたびに自民に似通ってきているのもこの為です。アメリカなどである小さな政府は結果として格差社会を広げますし、話題性などで流動的に投票してしまう傾向がある日本において本当に二大政党制は有効なのでしょうか?

別の質問で右翼と左翼を考えていた時に思ったのですが、自民党と民主党を見比べた時に政策や体制が私には民主主義と社会主義の再来のように見えてしまいます。

自民党の方は民主主義と同様に派閥などの大勢の意見が通りやすいがお互いに折り合いがつきにくく、大きな改革をするには中々進みません。そして、結局は多数の意見が尊重される点も同じです。最善とはいえないが、他のものよりマシだからこれかなという存在です。

対して、民主党は様々な思想で割れる中でも小沢さんなどの上層部の思想が反映され...続きを読む

Aベストアンサー

1.
なにも違いがありません。それこそが日本人(政治家も国民も)の怠慢といえます。他国の2大政党の対立軸は、おおむねどこの国でも、保守対革新、資本主義的対社会福祉主義的、小さな政府対大きな政府です。
ところが日本は自民党の中に上記の対立軸を持った派閥があり、国民が与党の交代を嫌ったために、2大政党の対立軸が未熟なのです。
一応、各党の支持母体などの背景により、自民党がどちらかというと保守・民主党が革新という構図になっていますが、対立軸というほどの違いはありません。

どうしてこうなるかというと、本来政治の機能は「有限な富をどのように分配するか」が焦点なのに、戦後の高度成長期の日本は「今日より明日のほうが必ずよくなる」と信じられていたため(実際もそうですが)、毎年増える富をどのように分配するのかが仕事だったからです。このように考えれば、与党を変えるのを国民が嫌がるのも分かります。
「うちの地元の先生は実力があるから道路が出来た」
「うちの先生は先代から代替わり下ばかりだど、先代は偉かったんだから来年ぐらいにトンネルできんかねー」
と、地元も地元選出の国会議員を尋ねて陳情することを繰り返し、富の分配の報酬を得ていたのですから、富を最初に資本家に提供して国が豊かになってから弱者救済という保守ととりあえず弱者も生活が出来るようになってから国の富を増やす革新の対立の構図などありはしなかったのです。

21世紀に入ってバブルの後遺症を一応克服し、見えてきたのは”もう高度成長はありえず、少子化と高齢化で疲弊する国力”ということです。まさしく有限な富をどのように再分配すれば国力が上がる(または維持できる)のかを政策の焦点にすべきなのですが、自民党も民主党もまだそれがでてきていません。国民のほうもそれを聞いて判断するだけの準備が出来ているか疑問といえます。

もしかしたら、今年の衆院選が終わった後、この次の選挙で自民党も民主党も割れて、本当の保守対革新の対立軸が現れてくるのかもしれません(ていうか、私はそう願望しています)

2.
下の方の回答がすばらしすぎるので、直接的な答えではないのですが、比較的硬直したアメリカの2大政党と違って、共産党があり、社会党と公明党に一定の支持が集まる政治風土では、あまり心配の必要はないと思います。(アメリカでは共産党を作ることが出来ません)

3.
国民が富の分配を真剣に考えて投票するようになれば、自然と対立軸が明確になると思います。現状では2大政党制のほうが、これからの日本の課題克服に適している、とまでしかいえないでしょう。
残念ながら、もう右肩上がりで1億総中流の時代は帰ってきませんので、どうしたって国の経済を発展させるために、経済(資本家や会社などの援助)にお金をつぎ込むのが先か、それとも発展のスピードを緩めても弱者を救済(今で言えば子供手当てとか派遣社員の雇用手当ての拡充とか)し、みんなが生きられる社会を作るか、その負担は間接税か法人税か、福祉は直接福祉か間接福祉(企業などに補助金を出す)に焦点が絞られてきます。

今のところ、民主党は野党であり、与党である自民党(行政府である内閣から情報が入る)に比べれば、官僚から取り出せる資料も少なく、政策を自立的に決定するのが困難です。
これは逆にいえば、自民党が2期連続5年以上野党に下野していれば同じ状況になるといえます。野党のままでは、自立した立法能力は養われません。

3.の補足
>ただ、改革を行う場合にはどこかが損をおわないといけない訳でどちらにも・・・
rui2012様が喝破されているように、まさに誰が損をかぶるのかを決めるのが2大政党制の一番大きな役割です。
例を出すと、アメリカは共和党のブッシュから民主党のオバマに変わりました。ブッシュ時代の中東との戦争では、持てるものが富(戦争請負といわれるイラクの民間セキュリティ会社は共和党議員の関連会社が多かった)を増やすのに対してて、持たない庶民のうち特に貧困層は、兵隊になることでお金を稼ぐことしか出来ないため、命を提出することで今日のご飯を食べている、という現状があったからです。
また経済通が「中国はこのままでは絶対に破綻する」というのも、鄧小平時代に先富論(持てるものが先に豊かになることで、国全体が豊かになるという、事実上資本主義を容認した考え)で資本主義を一部導入し、沿岸部などは豊かになったのに内陸部はおいて行かれた上に、労働力として都会に出稼ぎ労働者が増えるという悪循環(つまり食べれる保障のない労働者をいっぱい生み、その子供は学校にも行けず貧困層が再生産されること)など、国の根幹を揺るがすほど不公平が広がっているのに、国民にはそれを選択する権利(民主主義的に選挙をして、国をどの方向に向けるか)がないのです。
これでは国民の格差が広がると、よほど政府がうまくやらない限り不満が暴発します。
これも富の分配が政治の大きな役割だということの、ひとつの例でしょう。

1.
なにも違いがありません。それこそが日本人(政治家も国民も)の怠慢といえます。他国の2大政党の対立軸は、おおむねどこの国でも、保守対革新、資本主義的対社会福祉主義的、小さな政府対大きな政府です。
ところが日本は自民党の中に上記の対立軸を持った派閥があり、国民が与党の交代を嫌ったために、2大政党の対立軸が未熟なのです。
一応、各党の支持母体などの背景により、自民党がどちらかというと保守・民主党が革新という構図になっていますが、対立軸というほどの違いはありません。

どうし...続きを読む


人気Q&Aランキング