現在腸炎で入院中です。
(正式な病名は上行結腸憩室炎)

点滴治療と絶食のみの治療ですが、入院時と3日目の今朝受けた検査結果を見て下さい。

項目が多いので、正常値は省き異常値のみにします。

アミラーゼ
入院時 42
3日目 38 ←L

血糖
入院時 114 ←H
3日目 81

A/G比
入院時 1.24 ←L
3日目 1.19 ←L

CRP
入院時 2.52 ←H
3日目 2.07 ←H

白血球数
入院時 11.5 ←H
3日目 7.6

血小板数
入院時 45.6 ←H
3日目 41.0 ←H

尿潜血反応
入院時 (+-)←H
3日目 未検査

以上です。

気になってるのは、CRPが減少傾向とはいえ依然高いことです。
何か感じたことがあればご意見下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いわゆる胃腸炎と憩室炎だと話が違いますので、CRPが上昇していても妥当でしょう。

改善傾向とみても問題ないデータだと思います。同時に、症状がそれほど改善していないのも頷けます。
憩室炎から、部分的な腹膜炎を併発しているのでしょう。虫垂炎と同程度のものだと思っていただければ、痛みがひかなくてもしょうがないかなぁと思えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
仰る通り腹膜炎も併発していました。
でも幸いにも手術するまでには至らない…という事で助かりました。

私は長男に嫁ぎ、自宅に90歳近い高齢の義父がいますし、仕事も穴を開けられない立場なので、公私共に忙しい身で焦っております。

お礼日時:2009/05/18 17:25

CRPは数字としてはたいした事ありません。


風邪をひいてもそれ以上になることがあります。
ただ、腸炎は病勢に比較しCRPが上がりにくい疾患ですので、低いから安心
というわけっでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

一応白血球数も減少しているし、医師は回復傾向と判断したようです。

実際入院当初より痛みも軽減していますので、それはそうなのですが、期待したほど劇的な軽減ではなく、入院当初が痛み10としたら、3日目の今は7~6くらい。
安静時の痛みは少ないですが、腹筋に力を入れる(クシャミ、起き上がる、横たわる)動作時は依然として痛みます。

早く良くなりたいです。

お礼日時:2009/05/18 16:05

腸炎を患ってるために、上昇してるだけでは?


CRPや白血球数は、炎症があると上昇します。
http://medical-checkup.info/article/43216268.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きますm(_ _)m

お礼日時:2009/05/18 16:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液検査のCRP

半年ほど前に胃カメラ検査する際に血液検査しました。その際に血液検査した時にCRPは1、93ありました。他の項目は基準内でした。CRPは身体の炎症反応?みたいなこと医師が言ってました。
もう一度検査した方がいいと思いますか?歯周病、かるい前立腺炎などでCRPの上昇はみられるもんですか?

Aベストアンサー

あります

Q結腸切除、腹部への腸収納時について

S状結腸切除⇒切除部を自動縫合器で縫合⇒引っ張りだ出していた腸をお腹に戻す⇒お腹をとじる
S状結腸切除手術を致しました。縫合後、一般的にはただそのまま腸を
元の位置に戻すだけなのでしょうか?
私の場合、『腸をぎゅうっととめてある(縫合部ではなく)』そうなのですが、全くイメージが浮かびません。
この『腸をとめる』と言う場合
1.どのような方法で留めるのでしょうか?(例えば、隣接している
腸同士をそれぞれ縫い合わせるようにする、あるいは、
新聞を束ねるようにグルっと全体に紐をかけるような要領、等)
2.またその『留めているもの』は何が考えられますでしょうか?
一生死ぬまで、そのものは体内に残り腸を締め付けているものなのか、
あるいは縫合時に使う溶ける糸のようなもので、いずれ溶けて
無くなるものなのか。
まだ当分は生きていくつもりですので、その『ぎゅっと留めてあるもの』が加齢と共に更に弱っていく腸に与えるダメージが心配です。
担当の先生が変ってしまい、新しい先生はおわかりにならず、電子カルテを見て頂いた限りではそちらにも特に記載はないようでした。
きちんと最初に確認しておかなかった自分自身に非があるのですが、
どうか私のお腹の中を解明する手助けをいただければと思います。
よろしくお願い致します。

S状結腸切除⇒切除部を自動縫合器で縫合⇒引っ張りだ出していた腸をお腹に戻す⇒お腹をとじる
S状結腸切除手術を致しました。縫合後、一般的にはただそのまま腸を
元の位置に戻すだけなのでしょうか?
私の場合、『腸をぎゅうっととめてある(縫合部ではなく)』そうなのですが、全くイメージが浮かびません。
この『腸をとめる』と言う場合
1.どのような方法で留めるのでしょうか?(例えば、隣接している
腸同士をそれぞれ縫い合わせるようにする、あるいは、
新聞を束ねるようにグルっと全体に紐をかけるよ...続きを読む

Aベストアンサー

お腹を切って腸の手術をするときは(内視鏡は別)、腸をビロンとひっぱり出して、切って縫い合わせます。
それをお腹の中に適当に押し込めて、お腹を縫って終了です。
適当に押し込めた腸は、お腹の中で正しい位置に自然に戻っていきます。

「腸をぎゅうっととめてある」というのは、通常無いことですが、腸の一部を腹壁に縫い合わせたのかもしれませんね。
まあ、手術記録にも書いていないのであれば、なんかの表現が間違って伝わっているだけだと思いますよ。よくある、一般人に分かりやすく伝えようと平易な言葉を使って、間違った理解を与えてしまう、典型的な例かもしれません。
ま、気にすることはありませんね。

Q血液検査の結果。CRP定量について。

私の母、(51歳)なのですが、足のくるぶしからかかとにかけて痛みと腫れが発生し、救急で整形外科へ行きました。

レントゲンの結果、骨などには異常がなく、
『ウイルス性のものもあるから血液検査をしてもらいに行ってください』と言われ後日内科へ行きました。

血液検査の結果、何も異常がないといわれたのですが
検査結果の用紙を見ると気になるところがありました。

CRP定性 (4+)
CRP定量 5.86

と書いてありました。

サイトなどで調べるとCRPはマイナスが正常だと
書いてあるところがほとんどですが、
定性によって適正な値は異なると書いてあり、
意味がまったくわかりません。

この数値には問題があるのでしょうか…。

Aベストアンサー

かつてCRPは定性的に測定され、(-)、(+-)、(1+)~(6+)としていました。
近年では定量法が普通となりましたが、従来の表現のほうがなじみやすい医師向け便宜的に定性法表示分類へ換算して併記する施設もあります。
どちらにしましても今回のCRPの値は明らかに異常値ですから原因を探る必要があります。
CRPは体内の種々の炎症性疾患で上昇するものですから、この値から特定の部位を推測することはできません。
足の症状の変化につれて値も推移するようであればその部位の炎症の程度を反映していると考えられます。
しかし、何らかの慢性的な病気が以前からあった場合は関連がわかりにくいこととなります。人間ドックなどで測定したことがあれば参考になるのですが?

足の痛みや腫れ、熱感が収まっていないようであれば、皮膚科、外科、整形外科がそろっている病院を朝、受診なさってください。

なお、似たような症状に長野県知事がなったことがあります。

参考URL:http://www.pref.nagano.jp/hisyo/governor/inform/phlegmon.htm

かつてCRPは定性的に測定され、(-)、(+-)、(1+)~(6+)としていました。
近年では定量法が普通となりましたが、従来の表現のほうがなじみやすい医師向け便宜的に定性法表示分類へ換算して併記する施設もあります。
どちらにしましても今回のCRPの値は明らかに異常値ですから原因を探る必要があります。
CRPは体内の種々の炎症性疾患で上昇するものですから、この値から特定の部位を推測することはできません。
足の症状の変化につれて値も推移するようであればその部位の炎症の程度を反映していると考えられま...続きを読む

Q住宅ローンとS状結腸癌

私は、3年前に自宅を購入しました。
名義は、夫になっております。

今年の2月に夫の大腸にポリープを見つけ、切除し、検査した所、S状結腸癌と判明しました。
今現在は、全摘しているので、問題ありません。が、住宅ローンを組む時に、団体信用生命保険に加入しました。
先日、金利の相談で、夫が銀行に行ってきて、団信の被保険者のしおりを持って帰ってきました。
ひょっとして、団信の保険金支払が適用されるのではないかと思い調べているのですが、よく解りません。
しおりの中には、S状結腸癌の事が書かれていないので、よくわかりません。
TNM分類は、TINOMOと書かれています。
それも意味が解りません。

団信の保険金で住宅ローンが免除されるのか知りたいです。

Aベストアンサー

どこの団信かはわかりませんが、高度障害でも残っていない限り通常は免除にならないと思います。
三大疾病特約、七大疾病特約、八疾病特約・・・等を付けていれば癌と診断された時点で免除になると思いますが、保険料が高くなるので加入されていれば覚えているのでは?
http://allabout.co.jp/finance/gc/10424/3/
こんなところで詳細を明かすのもなんでしょうから、書類一式を持って保険屋さんに聞いてみるのが確実です。

TNM分類はこの辺を
http://ja.wikipedia.org/wiki/TNM%E5%88%86%E9%A1%9E

Q血液検査でのCRP値

お世話になります。
風邪で、近くの内科を受診し、点滴を射ってもらったのですが
その際、血液検査も並行して行われ、CRP値が20mg/dl以上という結果がでました。
熱は4日ほど前から出ており、他に症状もなかったので、
持っていたロキソニンで熱を下げていましたが
昨日、ロキソニンの飲み過ぎだと思うのですが、嘔吐し、喉も痛くなってきたため
近くの内科を受診しました。
今のところ、喉の痛み程度しか無いのですが
医者の表情もすごく真剣になっており、近くの総合病院の紹介状をもらいました。
インターネットで調べてもCRP値から、病名はわからないのですが
この値は、かなり危ない値なのでしょうか

Aベストアンサー

CRPだけでは病名は付きません。CRPが高いということは体のどこかで炎症が起こっているということです。細菌やウイルスなどの病原微生物やその他の原因で免疫活動が盛んになっているということです。病因はほかの検査所見や自他覚的所見を踏まえて行います。しかしいずれにせよCRP20は少し高いです、放置せずに原因を探らなくてはいけません。

QS状結腸癌の肝転移 原発巣切除後の治療

S状結腸癌の肝転移 原発巣切除後の治療

私の大切な人(45歳・男性)が今月初旬、S状結腸癌の肝転移(切除不能)とわかり、先日、腸の切除手術を行い、経過は良好のようです。
ただ、やや肝臓が腫れているそうです。今後の肝臓の治療について、アドバイスをいただきたく、お願いいたします。

先日の手術は早く切除したほうが良い、とのことで最初に診察を受けた小さな病院で受けました。
主に胃・大腸・肛門・胆道などの消化器疾患に対して診断と治療を行っている病院です。
術後、回復を待って抗癌剤投薬を行い、うまく腫瘍が縮小したら切除するそうです。
肝機能は手術前の検査では正常とのこと。

癌が発見された時、どこの病院で治療を受けるか、あたってみても、それなりの評判のある病院では手術の順番待ちでいっぱいでした。

待っている時間は無いし、消化器専門の病院ということも有り、結局その病院で手術を受けました。

しかし、今後の肝臓の治療は専門医のいる、それなりの設備の整ったところで受けたほうがいいのでは?という思いが強くあります。

しかし、セカンドオピニオンの意見は
「普通、原発巣も転移巣も同じ病院で治療を行うもの。転院は実際難しい。病院は自宅から近いほうが良い。」
というものだったようです。(現在入院している病院は自宅近く)

本人も「ここで良いかと思う・・」と言ってますが、(医師や家族に気を遣っている部分もあると思います)
本人はある日いきなり癌が発覚し、即入院・手術となったので、インターネットなども使えず、癌治療の知識がありません。

肝臓癌の進行はそれほど早くないものらしいので、転院して手術待ちする時間はあるのでは?と思えるのですが・・。

(1)肝動注療法の成果は、専門医がいるそれなりの病院と、消化器専門の小さな病院では大きく差があるか?
(2)それなりの設備の整った病院に転院するのは難しいことなのか?
(3)できるとしたらどのタイミングでするのか?
お教えいただけますでしょうか。(特に(1)について)
その他、助言もいただけると大変ありがたいです。

今、どういう選択をするかによって彼の命を大きく左右する、分かれ道にいるのではないか、という気がして非常に焦っております。
なんとか、切除にもっていきたいのです。

彼の状態で、どこで治療を受けても変わらない、というのであれば今の病院でもいいと思います。
しかし、選択を誤った、と後で後悔するようなことはしたくないのでこうして質問させていただきました。

ちなみに、現在入院している病院はMRIが無い、とのことです・・・。

よろしくお願い致します。

S状結腸癌の肝転移 原発巣切除後の治療

私の大切な人(45歳・男性)が今月初旬、S状結腸癌の肝転移(切除不能)とわかり、先日、腸の切除手術を行い、経過は良好のようです。
ただ、やや肝臓が腫れているそうです。今後の肝臓の治療について、アドバイスをいただきたく、お願いいたします。

先日の手術は早く切除したほうが良い、とのことで最初に診察を受けた小さな病院で受けました。
主に胃・大腸・肛門・胆道などの消化器疾患に対して診断と治療を行っている病院です。
術後、回復を待って抗癌剤投薬を行い...続きを読む

Aベストアンサー

>全身化学療法は、どこで受けても、その成果に大差はありませんか?

治療についてはある程度標準化されている部分はあるでしょう。ガイドラインがありますから、それに則って、薬の選択などや治療効果の判定などは標準化されています。
副作用に対しての対応などは担当医の腕によるところもあるでしょうが、「横柄な態度」だと思うような担当医とコミュニケーションをとりながらやることは難しいでしょうね。

通院の距離的には大差ないでしょう。

どちらを選択するか。
どちらの医師と一緒に治療をしたいか、でしょうね。
本人がその担当医といやいや治療を続けていくことになるのならば、治るものも治らないでしょうね。

Q犬の血液検査のCRP値の異常について

4歳のボーダーコリー(雄)を飼っています。去年暮れあたりから、寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり、かかりつけの病院で検査してもらったところ、レントゲン所見では異常がなく、血液検査でCPK2000オーバー、CRP4.4と出ました。一応、消炎剤で様子を見たところ、後脚については症状はおさまり、CPKはほぼ正常になったのですが、CRPは依然として下がりません。
症状としては、まだすこし寝起き時に後脚にぎこちなさは残るような気がしますが、それ以外に目立ったところはなく、食欲もあり、いつも通り元気です。
このような場合、何か病気が進行していることが考えられるのでしょうか?
うちの子は、ひどく神経質で、病院にいくとなると震えだしたり、待合室でもひどく落ち着きがなかったりします。特に、病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり(本人は全くもって元気ですが)、少なくとも腸に何らかの影響(ストレス)を与えているように思うのですが、これがCRPの数値に出てきているということは考えられるのでしょうか。
病院でも何も症状がないので様子を見ることぐらいしかできないのですが、どなたか同様な症状の子の経験がある方がいましたら、お教え下さい。

4歳のボーダーコリー(雄)を飼っています。去年暮れあたりから、寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり、かかりつけの病院で検査してもらったところ、レントゲン所見では異常がなく、血液検査でCPK2000オーバー、CRP4.4と出ました。一応、消炎剤で様子を見たところ、後脚については症状はおさまり、CPKはほぼ正常になったのですが、CRPは依然として下がりません。
症状としては、まだすこし寝起き時に後脚にぎこちなさは残るような気がしますが、それ以外に目立ったところ...続きを読む

Aベストアンサー

(^_^) こんにちは。3年前に腎臓病で17才の愛犬を亡くしました。

あくまで可能性のひとつ、仮説のひとつとして聞いてほしいのですが。

>寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり
>食欲もあり、いつも通り元気です。
>病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり

・・・ココのへんに、ウチのコのときの経験がチョットかぶる点があり、ひっかかるのです。
ウチのコが腎臓病が発覚したときなのですが・・・後ろ足を少し引きずっていて、捻挫とまちがえて病院に連れて行きました。
起き抜けや散歩の出かけはじめのころは足を少し引きずっているのですが、しばらくすると普通のなんでもない歩き方に戻ります。食欲もあり、とても元気にしていたので「捻挫でもしたのかナ?」と思いました。でも転んだとか、ぶつけたとかの心あたりは、まったく無いので、とても不思議でした。

うちのコが運が良かったのは、たまたま獣医さんが腎臓病の治療に自信を持っている先生だったことです。尿検査をすると、すぐに結果が出ました。ほどなくして多飲多尿やお漏らしの症状があらわれてきました。

腎臓は肝臓とともに「沈黙の臓器」といわれ、なかなか症状がオモテにでてこないので、腎臓病は、しばしば発見がおくれる病気です。主治医は、血液検査では腎臓病は発見することは出来ないと言います。腎臓は細胞の一部が損なわれても、残った細胞が倍の働きをして補ってしまうため、表面上は犬は元気になんともなく過ごしています。
血液検査でBANなどの数値が変化するのは、すでに腎臓の細胞が4分の3くらい損なわれていて、かなり重症になってからだそうです。

ウンチを包んでいる膜は腸壁がはがれたものです。腸に過剰な負担が、かかってしまっている証拠です。ウチのコもよく、そういうことがありました。コレがさらに悪化すると腸壁から出血を起こして、血便が出るようになるのだそうです。腎臓は解毒の器官ですから腎臓が機能低下を起こして弱りはじめていると、他の解毒器官である肝臓や大腸に、余分に負担がかかります。その結果という可能性もあります。
ただし、もしかしたらば・・・治療に消炎剤だけでなく抗生物質を使っているのかもしれません。そのせいで、下痢をするのかもしれません。ウチの主治医は抗生物質を使ったアトは、必ずビオフェルミンを飲ませておきなさいと言いますよ。

同じ「沈黙の臓器」といわれる肝臓ですが、肝臓は正しい治療をうければ、再生するのにくらべて、腎臓は一度損なわれた細胞は2度と再生しません。消しゴムのように磨り減っていく一方なのです。ココが腎臓病の怖いところなのですが。一方で食事療法などが効果的で飼い主の努力次第で、かなり寿命をのばすことも出来る病気でもあります。
とりあえず尿検査をしてみては、いかがでしょうか?オシッコに試験紙を浸すだけのカンタンな検査です。初期~中期の腎臓病の発見には尿検査が有効だそうですから。

CRP値とは炎症性の病気を疑う数値だそうですね。通常は関節炎などを疑うべきなのでしょうが。万が一、もしかして・・・腎臓が腫れていて・・・という仮説です。

(^_^) こんにちは。3年前に腎臓病で17才の愛犬を亡くしました。

あくまで可能性のひとつ、仮説のひとつとして聞いてほしいのですが。

>寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり
>食欲もあり、いつも通り元気です。
>病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり

・・・ココのへんに、ウチのコのときの経験がチョットかぶる点があり、ひっかかるのです。
ウチのコが腎臓病が発覚したときなのですが・・・後ろ足を少し引きずっていて、捻挫...続きを読む

Q義父が肺ガン(腫瘍11.5センチリンパ転移) の治療を開始しました。 新薬のオプジーボを使っての免疫

義父が肺ガン(腫瘍11.5センチリンパ転移)
の治療を開始しました。
新薬のオプジーボを使っての免疫治療だそうです。
病院の先生は効果があると言っていますが
本当に腫瘍が小さくなったり消滅する事があるのでしょうか?
事例が少なく調べようがありません。
詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肺がんには種類が有ります、非細胞がんと小細胞がんです、オプジーボが使用できる条件は同じ肺癌でも非細胞がん(腺がん、扁平上皮がん、等で)小細胞がんには使用出来ません、オプジーボは保険適用になりましたが毎月の治療費は高額医療費を使用しても10万円強係ります、オプジーモも未だ新薬の為にデーターが不足しているのが現実です、今は約25%位の人に効果が確認されています。転移がなければ癌が小さくなれば手術にて癌が有る葉を切除するのが一番ですがね。

Q血液検査のCRPとはなんですか?

先日扁桃腺が腫れて41度の熱をだしました。市販の薬や、家にあった子供の座薬を多めに入れたりしましたが、あまり下がらず、一時間もすれば上がってしまい、翌朝内科へ行き、解熱剤を注射してもらい、点滴を受けて、薬をもらいましたが38度ぐらいまでしか下がらず、扁桃腺は喉ちんこにくっつくぐらい腫れ、白い膿がべったりついており飲み食い、会話が困難な状態でした。
仕方なく次の朝、耳鼻咽喉科でみてもらうと、急性扁桃炎と言われ、血液検査を行い、白血球が女性の平均3500~9100のところ、15900あり、CRPの基準値0,3のところ、13,3ありました。10を超えてくると重症、入院レベルだと言われました。内科の薬とあわせて抗生物質を飲むよう言われ、なおかつ抗生物質の入った点滴をしました。そして下がるまで必ず毎日点滴を受けに来て、入浴はやめて安静にと言われたのですが、CRPの説明がいまいちわかりませんでした。
CRPとは一体何ですか?数値が高いとどうなるんですか?どなたか詳しい方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

CRPは炎症反応の値です。

CRPが高ければ高いほど体の中で炎症が起きていることになります。

私はCRPが高くて入院したことがありますが、抗生剤での点滴で治まらなかったため、手術して悪い部分を摘出することになりました。

とにかくお医者さんの言うとおり安静にされることがよいと思います。

QS状結腸がん ステージ2 

初めて質問させていただきます。

今回、58歳になる私の父が夏の健康診断で便潜血+(2回中1回目は-、2回目は+)で内視鏡検査を受けたところ、大腸がんだと診断されました。
病名はS状結腸がん、ステージ2(今現在がん研にて2度目の内視鏡検査、腫瘍マーカーを受け検査結果を待っています)で、所見では初期であるとの診断でした。

そこでご質問なのですが、先生に書いていただいた面談表に「高分子線がん」と記述があるのですが、これはどういった内容でしょうか。自分なりに検索してみたのですが、低分子型と高分子型に2分されるということはおおまかには理解したのですが、線がんがよく分かりません。

また、リンパ節への転移なのですが、現段階ではどのくらいの割合が考えられるでしょうか。リンパ節転移は、一般的にがん発症後どのくらいで、という指標はあるのでしょうか。

どうかご教授下さい。

Aベストアンサー

腺癌というのは,癌を顕微鏡で見たときの形態分類です.大腸癌のほとんどは腺癌に分類されます.腺癌は更に細かく分類されます,日本の大腸癌取り扱い規約という分類では,頻度の高い管状腺癌を高分化型,中分化型と分類します.低分化型は管状腺癌とは別に扱っています.高分化と中分化の差はあまりないとされることが多いですが,低分化型は悪性度が高いといわれております.

次にステージです.2という術前診断がされていますが手術時の所見,術後の病理所見と合わせた最終ステージが今後の予後を左右します.リンパ節転移がある場合はステージ3になりますので,現時点でのステージ2は内視鏡で見る限りは腸管の外側の壁近くまで病気が広がっているけどもCTでみるとリンパ節転移が無い状態と診断されたのだと推測されます.術前後でステージ2が3に変わる確率はすいませんわかりません.癌を発症前からみて放置して,リンパ節転移が出るのを待つなんていう観察研究は倫理的に許されないですから発症からリンパ節転移が出るまでの期間というのはわからないのではないでしょうか?


人気Q&Aランキング