個人事業でソフトウェア開発をしています。
「やよいの青色申告」を使って、自分で確定申告しています。

今度、事業用の銀行口座に印税が入金されます。
本業はソフトウェア開発ですので、印税は雑所得として確定申告書(第一表)の「所得金額」の「雑」に記入することになると思います。

この場合、事業用の銀行口座に入金された印税の仕訳はどのようにすればよいでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>本業はソフトウェア開発ですので、印税は…



本業とは全く関係ない分野の本でも出版したということですか。
それなら、

>事業用の銀行口座に入金された印税の仕訳…

【普通 (or当座) 預金 ○○円/事業主借 ○○円】

>雑所得として確定申告書(第一表)の「所得金額」の「雑」に記入することになると…

「所得金額」の「雑」欄は、経費を引いた数字です。
銀行に入金された数字は、「収入金額」の「○ク」です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

この回答への補足

ご回答いただきありがとうございます。

> 本業とは全く関係ない分野の本でも出版したということですか。
書籍の内容は本業と関連しますが、執筆業が本業ではありません
この場合、書籍の印税も事業所得になるのでしょうか?

ご存知でしたら教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

補足日時:2009/05/18 11:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々申し訳ありません。

タックスアンサーでは次のようになっています。
> 雑所得とは、・・・著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

お礼日時:2009/05/18 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作家に著作権料を支払った時の簿記の会計仕分けは?

 会社会計の簿記の仕分けなどについて。

 A出版社が、Pさんという個人の作家から絵画と文章を借りる契約をし、著作権というか、使用料というか、印税というのか、10万円をPさんに支払ったとします。

(1)会社として10万円の支出なのですが、簿記での仕分けの勘定科目は何になりますか?

  5/30  ??? 10万円 ー 普通預金 10万円

  ???には、世の中よく使われる科目は、何が入りますか?

  また、会社として確定申告する時に注意点はありますか?単なる経費で終わりですか?

(2)受け取った側のPさんは、その10万円を収入として、確定申告する時に注意点はありますか?給料や不動産収入、(株)による収入などと同じ扱いで確定申告すれば終わりですか?

 こういう出版みたいな著作権による使用料、経験がないので教えてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

>著作権というか、使用料というか、印税というのか
これでは答えようがありません。著作権と印税(=著作権使用料)では経理上の位置づけが異なるからです。

(1)支払う会社側の経理

著作権なら、非減価償却資産なので、
  無形固定資産(著作権・減価償却なし)/現金預金
となります。

印税の場合、契約内容によりますが、一般的には販売数量に応じて発生する販売費に該当するので、
  販売費(印税)/現金預金
となります。

印刷数量に応じて発生する場合には原価になるので、未販売分(在庫分)に対応する分は棚卸資産の額に加算する必要があります。ひとまず、支払い時には
  出版原価(印税)/現金預金
とすることになるでしょう。


(2)受け取る個人側の税務

著作権の売却は譲渡所得になります。自己著作の著作権の場合、著作から5年以内の譲渡であっても長期譲渡の扱いになります。転売なら取得から5年以内の譲渡は短期譲渡です。
印税については、事業規模で行っていることなら事業所得、そうでないなら雑所得になります。
いずれにしても、給料(給与所得)や不動産収入(不動産所得)、株保有による収入(配当所得)とは別の種類の所得です。

こういう質問をする前に、まずは個人の所得税の計算はどういう仕組みになっているかくらいは調べておきましょう。掛け算のわからない人間に積分を教えるのは困難です。それと同じくらい質問のレベルが低いです。

>著作権というか、使用料というか、印税というのか
これでは答えようがありません。著作権と印税(=著作権使用料)では経理上の位置づけが異なるからです。

(1)支払う会社側の経理

著作権なら、非減価償却資産なので、
  無形固定資産(著作権・減価償却なし)/現金預金
となります。

印税の場合、契約内容によりますが、一般的には販売数量に応じて発生する販売費に該当するので、
  販売費(印税)/現金預金
となります。

印刷数量に応じて発生する場合には原価になるので、未販売分(在庫分)に...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q確定申告での印税および消費税について

確定申告での印税および消費税について質問させていただきます。

副業で原稿料収入がありました(本業は会社員です)。
支払者からの支払調書には、支払金額と源泉収税額(支払金額の10%)とともに、
消費税(支払金額の5%)が「摘要」部分に記載されていました。
振り込みがあった際に届いた支払い通知書では、印税と消費税の合計から
源泉税が引かれた額が私の口座に振り込まれる、という内容になっています。

確定申告で、この原稿料収入は「雑所得」の部分に入ると思うのですが、
そこでの「収入金額」は印税と消費税とを合算したものになるのでしょうか?
それとも、支払調書で「支払金額」の枠にある印税のみでよいのでしょうか?
過去にも原稿料収入はあったのですが、摘要部分に消費税の記載があったのは
今回が初めてです。説明が下手で恐縮ですが、どなたかご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん免税業者でしょうから、印税と消費税との合算額です。

ただ、通常は支払調書の支払金額はその合算額が記入されるはずです。
摘要部分に消費税が書かれていたとしても、それは支払金額の内訳として書くのが普通です。

例えば、印税が10万円なら、
支払金額:105,000円
源泉税額:10,000円
摘要欄:内消費税5,000円
というように。
(振込額は95,000円)

だから、(支払金額/1.05)×0.05=消費税 となるはずですが、
支払金額×0.05=消費税 になっているんでしょうか?

Qセコムの料金の勘定科目は?

初歩的な質問で恐縮ですが、個人事業所(法人ではありません)のセコムの料金(会社のセキュリティ関係)が普通預金から毎月引き落とされる場合の仕分けを教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」で処理をします。

支払手数料 **** / 普通預金 ****
摘要 セコム ○月分警備料

なお、勘定科目は内容が推測できれば良く、特に決まりはありません。
要は、継続して同じ勘定科目を使うことです。

Qカードの年会費の仕訳

こんにちは。
初めて書きます。
当社ではクレジットカードを持つことになり、さっそく
年会費が1,312円(内消費税62円)引かれていました。
仕訳でまよっています。
1.雑費1,312 普通預金1,312
2.支払手数料1,312 普通預金1,312
3.諸会費 1,312 普通預金1,312
どの仕訳が正しいでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

いずれにしても、経費となる事には変わりありませんので、継続して同じ処理をされていれば問題ないこととはなりますが、それでは回答になりませんので、書き込んでみますね。

まず、雑費は、できれば別の該当科目があれば、使用しない方が良いものと思います。

となると、残りは支払手数料か諸会費か、という事になりますが、年会費という事からすれば諸会費で処理する方法もあるとは思いますが、カードの年会費については消費税の課税仕入となるものですから、不課税仕入が多い書会費の中に入れるよりも、手数料的な意味合いもありますので、支払手数料で処理される会社も少なくないものと思いますし、消費税の課税区分に関しては、間違う可能性が少ないものと思いますので、個人的な意見としては2がお勧めと思います。
(もちろん、最初に書いたように、どれが正解、というのはありません)

Q前もって引かれた源泉徴収所得税の勘定科目は?

青色申告初心者で、はじめて「やよいの青色申告09」を使いはじめました。具体的に入力を始めると、印税などの源泉徴収票をみて、どう入力していいのかわからず困っています。たとえば支払い額:1,111円、源泉徴収額:111円、となっていたとき、実際に入金されたのは1,000円なのですが、借方、貸方に、どういう勘定科目をたてたらいいのでしょうか? 源泉徴収税は、確定申告で、他の所得と損益通産し、確定申告書Bで、所得税を再計算しなければならないのですが、借方にどのような勘定科目をたてれば申告書Bに反映できるのかわかりません。申告書Bへの反映のしかたも含め、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

回答番号:No.2のberceauです。
始めたばかりなので、まごつきます。ごめんなさい。

入金されないのに売上げを計上しなければいけない。
それをバランスさせるには借り方科目が必要。
もちろん経費科目は使えないし、
翌年はゼロから始めるから、資産科目でもだめ。
それなら、事業主貸。・・・ってな考え方でよろしいかと。

決算で下のようになったとします。
事業主借と事業主貸とは相殺して、
一方をゼロにすると考えやすいです。
 資産100
 事業主貸40
 負債80
 元入金15
 事業主借0
 売上65
 経費20
貸借対照表でいえば、
 100+40-80-15=45
損益計算書ですと、
 65-20=45
となり、45が
「青色申告特別控除前の所得金額」になります。
 これらの数字で申告することになります。

------------------
>事業主貸、事業主借、は年末にプラスマイナス・ゼロになるように

決算書にはゼロでない残高を生じます。
でも、翌年年初はゼロから始めます。

「ヤヨイ」でも翌年更新という作業があると思います。
これによって2科目とも、強制的にゼロにされるはずです。
以下は、その説明です。
------------------
さて、翌年の会計開始ですが、
青色決算書の貸借対照表の下の欄外にも記載されていますが、
年初の元入金は、年初資産合計-年初負債合計となります。
上の例では
 資産100
 負債80
 元入金100-80=20
となります。
元入金が、昨年末の15から、何も経理しないで20になります。
これは、
 15+45(所得金額)-40(事業主貸)=20
という計算が行われた結果です。
会計ソフトの更新というのは、これらを自動的に行います。

回答番号:No.2のberceauです。
始めたばかりなので、まごつきます。ごめんなさい。

入金されないのに売上げを計上しなければいけない。
それをバランスさせるには借り方科目が必要。
もちろん経費科目は使えないし、
翌年はゼロから始めるから、資産科目でもだめ。
それなら、事業主貸。・・・ってな考え方でよろしいかと。

決算で下のようになったとします。
事業主借と事業主貸とは相殺して、
一方をゼロにすると考えやすいです。
 資産100
 事業主貸40
 負債80
 元入金15
 事...続きを読む

Q入会金と会費の勘定科目を教えて下さい。経理税務

お世話になっております。
質問させてください。
一般社団法人の経営○○支援センターに、
入会金50000円、会費70000円を支払う事に
なりました。
勘定科目はどのように処理すれば良いでしょうか?
入会金は繰り延べ資産に計上しなければいけないので
しょうか?
少額ですし、共に会費で処理して問題ないでしょうか?
ご指導の程、よろしくお願いいたします。

お世話になっております。

Aベストアンサー

その支出の性格が不明ですが、仮にその性格が繰延資産に該当する内容であっても20万円未満であれば支出時の損金とすることができます。(法人、個人とも)

したがって、会費でも雑費でも問題ありません。

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q車検代の仕訳について

車検代には整備料金、自賠責保険料や、重量税
などが含まれますが、仕訳はどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

会社にもよりますが、「車両費」という科目を設けて、全てをそれで処理する会社もありますし、そうでない場合は、整備料金は「修繕費」や「雑費」、自賠責保険料は「保険料」、重量税は「租税公課」、車検代行料は「手数料」や「雑費」、という感じになると思います。

ところで、前回の車検時はどういう仕訳をしていたのでしょうか、基本的には同じ方法を継続すべきだとは思います。

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報