質問なのですが、

単相三線の200Vは電灯回路
三相三線の200Vは動力回路

という解釈でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

電力会社との契約では三相三線は動力しかつなげません


したがって動力回路(通称名称)
と呼ばれることが多いです

単相三線の200Vは電灯回路は電灯契約なので通称電灯回路と呼ぶこともあります

定義は(関西電力約款)

電  灯
白熱電球,けい光灯,ネオン管灯,水銀灯等の照明用電気機器(付属装置を含みます。)をいいます。

小型機器
主として住宅,店舗,事務所等において単相で使用される,電灯以外の低圧の電気機器をいいます。ただし,急激な電圧の変動等により他のお客さまの電灯の使用を妨害し,または妨害するおそれがあり,電灯と併用できない
ものは除きます。

動  力
電灯および小型機器以外の電気機器をいいます。

ただし
高圧受電後に200V単相に動力機械を繋ぐこともあります


ので正しい名称では無いです
動力回路の定義が無いですのでご注意下さい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に回答いただき、有難うございます。
明確に解りました。

お礼日時:2009/05/21 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターの回転速度とバッテリーの電圧の関係

お世話になります。

モーターの回転速度とバッテリーの電圧の関係についてお聞きします。

バッテリーA(ニッケル水素):8.4V、1600mAhの公証値→テスター計測値9.02V
バッテリーB(ニッケル水素):9.6V、1300mAhの公証値→テスター計測値10.31V

の2種類のバッテリーが手元にあります。

その2種類のバッテリーをモーターに接続してモーターの回転スピードをテストしたら、バッテリーAの方が明らかに早いのです。

普通、電圧が高いバッテリーの方が、モーターを早く回転させられるのではないのでしょうか???


ちょっと別のテストを実施するために、バッテリーCを借りてきて、

バッテリーB(ニッケル水素):9.6V、1300mAhの公証値→テスター計測値10.31V
バッテリーC(ニッカド):8.6V、600mAhの公証値→テスター計測値8.73V

の、2種類のバッテリーをモーターに接続してモーターの回転スピードをテストしたら、バッテリーCの方が明らかに早いのです。

これって、どう判断すればよいのでしょうか?

※電圧のVは、関係無いの?(笑)


◎備考
バッテリーBのみ電池ボックスを利用。
バッテリーAとバッテリーCにに関しては、ラジコン等で使われているような、パック型のバッテリーです。

最初はこれが理由で、抵抗が発生しており、電圧低下を招いているのかと思ったのですが、テスターで計測したら、10.31Vあったので関係無いと判断したのですが、もしかして?


以上の情報から、お分かりになる方いらっしゃいますでしょうか?

お世話になります。

モーターの回転速度とバッテリーの電圧の関係についてお聞きします。

バッテリーA(ニッケル水素):8.4V、1600mAhの公証値→テスター計測値9.02V
バッテリーB(ニッケル水素):9.6V、1300mAhの公証値→テスター計測値10.31V

の2種類のバッテリーが手元にあります。

その2種類のバッテリーをモーターに接続してモーターの回転スピードをテストしたら、バッテリーAの方が明らかに早いのです。

普通、電圧が高いバッテリーの方が、モーターを早く回転させられるのではないのでし...続きを読む

Aベストアンサー

 No.1回答者の意見にもあるように、動作中の電圧を確認しないと
いけません。
 質問者様の測定されたバッテリー電圧は、解放時電圧ですので内部抵抗が
無視された電圧です。
 バッテリーの内部抵抗によって、動作時にモータ自体にかかる電圧・
流れる電流は変化します。
 定格電力負荷時のバッテリー定格電圧と無負荷時の電圧差が、バッテリーの
内部抵抗で費やされる事になります。
 試験用モータの消費電流が、それぞれの定格電流より大きい場合は、
より内部抵抗での電圧低下が起きますので、モータ回転数の変化は内部抵抗の
大きいバッテリーBほど大きく下がりますね。

 

Q200V三相モーターを220V単相電源で使用する方法

中国で仕事をしている者ですが、電気には詳しくありません。先日、ある会社から設備を貰いました。その設備はモーターでファンを回すようになっていますが、三相のモーターでした。私の職場には、220V単相と380V三相の電源が入っていますが、場所の関係で220V単相の電源で動かしたいので簡単に動かす方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

単相を3相に変える「インバータ」を使用すれば可能です。

ヤフオクで出品を見つけました。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k32660284
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r28936941

東芝のカタログです。
http://www.inverter.co.jp/product/inv/series/ckvj-71.htm

大手電機メーカーなら、大抵作っています。
200V仕様が多いですが、220Vで使うのは何ら問題ないと思います。
詳細はメーカーHPからお尋ねになってください。

参考URL:http://www.inverter.co.jp/product/inv/series/ckvj-71.htm

Q*大至急お願いします!!*DCモーターの制御回路について

バッテリー 24V
モーター 定格24V 16A
を使い、小さな電気駆動車を作成しようとしています。
モーター制御回路を作成したいのですが、上手くいきません。考えた回路を添付しておきます。

この回路だと無負荷の時は異常は起きませんでした。しかし、負荷をかける(人が乗ると)とトランジスタが壊れてしまいました(モーターに電流が流れっぱなし)。コレクタ損失を越えたからだろうと考えています。
モーターの特長がよく分からないのです。

・教えてほしいこと
トランジスタを使ったモーター制御の設計方法。
また、他のモーター制御方法があれば、設計方法を教えてほしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2SD2083の定格制御電流は12Aですが、モーターの定格16Aに対しても足りません。
つまり、モーターの始動電流=16A×10=160Aでは壊れてもおかしく無いです。(電源能力により、ここまで大電流は流れないし、トランジスタもそこまで電流は流せないので、実際は数倍程度のはずです)
単純にトランジスタの定格制御電流が大きい物に変える方法もありますが、人が乗る車の場合は、このような単純な回路では、始動電流が過大になるので、実用的では無いと思います。
したがって、PWM制御回路などを使って、ソフトスタート出来る回路を組んだ方が良いと思いますよ。
マイコンでパルス電流を与えられるはずなので、モーターのー極と+極の間にフライホイールダイオードを組む事で可能だと思います。(フライホイールダイオードは、モーターのー極から+極へ電流が流れるようにつなぎます)
トランジスタの制御電流を超えないように、パルス幅を工夫してプログラムを組んでください。(モーターに定格電流を流したいならば、トランジスターはもっと余裕の有るものに変える必要があるかもしれません)
モーターと車輪のギヤ比を工夫して、始動時の負荷を軽減するなどの機械設計も考えた方が良いです。

2SD2083の定格制御電流は12Aですが、モーターの定格16Aに対しても足りません。
つまり、モーターの始動電流=16A×10=160Aでは壊れてもおかしく無いです。(電源能力により、ここまで大電流は流れないし、トランジスタもそこまで電流は流せないので、実際は数倍程度のはずです)
単純にトランジスタの定格制御電流が大きい物に変える方法もありますが、人が乗る車の場合は、このような単純な回路では、始動電流が過大になるので、実用的では無いと思います。
したがって、PWM制御回路などを使って、ソフトスタート...続きを読む

Q交流200v3相4極モーターは130vでも回る?

船に搭載している主機(エンジン)駆動の交流発電機(200v3相4P)で発電した電気を使って、交流200v3相4極モーターを回したいのですが、アイドリングの回転数ですとAVR(電圧調整器)を使って電圧を上げても130vほどまでしか電圧が上がりません。
少しエンジンの回転数を上げれば200vに上がるのですが、アイドリング状態での使用も多くありそうなので130vで止まってしまうと困ってしまいます。
電圧が下がるとモーターは止まってしまうのか回転数が下がるだけなのか、どのような状態になってしまうのでしょうか?
取り付けてからでは遅いので、詳しい方おりましたら教えて頂けないでしょうか。よろしくお願いします。
ちなみにモーターと散水ポンプをベルトで繋いでイケスを強制循環方式にしたいと考えてます。

Aベストアンサー

ただ単にトルクが下がるだけなので回ります
ポンプ動力は流量と圧力に比例しますので
「流量と圧力を下げれれば」
と、言う条件が付きます

イケスの強制循環との事なので(漁船とか釣船のイケス?)
揚程はゼロでしょうか? <圧力はほぼゼロ近くにする事は可能
それとポンプ入口側にバルブを付けて半開くらいに絞ります
これでポンプ要求動力を半減する事は可能

ただ、問題はそれで必要な循環能力を得られるか?
チョロチョロだけでも流れれば魚は死なないのか?
ドピューンと流れなければ魚は死んでしまうのか?


ところで、肝心の発電機容量は何kW?モータ容量は何kW?
最大の問題、ポンプ能力は?(要求動力kw、流量と圧力)

概ね、
発電機容量の半分以下のモータ
モータ容量の半分以下のポンプ動力
であれば運転可能であろう

Qモーター駆動回路

添付回路図ですが、モーターの正転、逆転のスイッチを押した瞬間に半導体は壊れないでしょうか?
また、正転逆転同時に押した場合はどうでしょうか?
電子的な速度で瞬間的に半導体に過電流が流れ壊れないでしょうか?
スイッチング素子は絶対最大電流は7Aのようです。

Aベストアンサー

今日は。

この回路ですと「モーターの正転、逆転のスイッチを押した瞬間に半導体は」

 壊れます。

 DCモータには等価的にインダクタンスが含まれます。そのインダクタンスのためにモータの電流を遮断するたびに非常に大きな逆起電力電圧が発生します。その大きな逆起電圧がドライブ用のFET(CPH3440)に加わりFET(CPH3440)が耐圧オーバーで破壊されてしまいます。

「また、正転逆転同時に押した場合」に最後にOffされたスイッチにより同様に大きな逆起電力電圧が発生するため、ドライブ用のFET(CPH3440)が破壊されます。

こちら(http://yahoo.jp/box/9DbTqh)に、回路図とシミュレーション結果をアップしました。

 回路でDCMはDCモータでモータの駆動端子はe+とe-で表されてます。また、m+とm-はモータの負荷端子です。
 また、FETは同じもののmodelが無かったためCPH3440に近い特性のFETを使用しました。

 7777777vさんの回路との違いは2つあります。
まず、

1)モータのインダクタンスによる逆起電力電圧によりFETが破壊されるのを防ぐために1Aクラス以上のダイオードD1,D2をを図のように取り付けます。
2)また、トランジスタQ1,Q2がスイッチがoffされた場合にopenになってしまいQ1,Q2のOffへの切り替わりが遅くなってしまいますのでスイッチがoff時にそれぞれのトランジスタのベースのインピーダンスを下げるために図のように抵抗R7(10kΩ)、R8(10kΩ)を取り付けます。

以上の対策で問題なく動作するようになると思います。

今日は。

この回路ですと「モーターの正転、逆転のスイッチを押した瞬間に半導体は」

 壊れます。

 DCモータには等価的にインダクタンスが含まれます。そのインダクタンスのためにモータの電流を遮断するたびに非常に大きな逆起電力電圧が発生します。その大きな逆起電圧がドライブ用のFET(CPH3440)に加わりFET(CPH3440)が耐圧オーバーで破壊されてしまいます。

「また、正転逆転同時に押した場合」に最後にOffされたスイッチにより同様に大きな逆起電力電圧が発生するため、ドライブ用のFET(CPH3440)...続きを読む

Q単相と三相の違い

単相モーターと三相モーターの違い・特徴が知りたいです。
あと三相電源で単相モータは使えるのでしょうか?
逆に単相電源で三相モータは使えるのでしょうか?
それと家庭では単相ですが、これは使う電圧が低いから
単相で十分と言う事なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単相モータと三相モータ
三相だと(120度軸の傾いた)コイルを3対用意して電源につなぐと回転磁界ができ、モータに適用しやすいです。
単相の場合には、右回りと左回りが合成されたような向きが一定の磁界になります。モータを回転させるためには、右回りか左回りの一方の成分を強くするような工夫が必要です。また、右回りの成分と左回りの成分両方があるので、モータのトルクの割りに電流が多く流れるとか、トルクの脈動がある、といった短所もあります。

三相電源で単相電動機
三相のうちの一相を使えば、使えますが、あえて短所の多い単相電動機を使うこともないかと。

家庭用電源
もともと、家庭用電源は照明器具などの小電力を使うことを想定してたようです。(電力会社との契約にも「電灯」の名称が残っています。)
一般家庭でも、三相200V(低圧動力)を引くことは可能です。たとえば、農家でコンプレッサを使っているところではコンプレッサ用に三相200Vが入っていたりします。

QDCモーターの制御方法、回路について教えて下さい。

 5インチの乗用鉄道模型の電動機関車を作っています。モーターは中国製の電動スクーターのモーターを使います。DC24ボルト・200 W・11.5Aのラベルがあります。このモーターの制御ができるような方法を教えて頂きたいのです。スクーターについているコントローラーを使用するつもりでしたが、動きませんでした。(バッテリーと直結すればモーターは回転します)
 
鉄道模型のメーカーのコントローラーを購入すれば早いのですが、かなり高価ですので、できるだけ安く仕上げたいと思っています。 
 
(1)共立電子のモーターコントローラーキットのワンダーキットBOSO-8で制御できるのでしょうか? 
 
(2)発熱が大きいとは思いますが、可変抵抗のホーロー製の100W10オームぐらいのレオスタットで制御できるのでしょうか?(何オームの抵抗器がよいのでしょうか?)
 
(3)それとも電子工作の初心者でも、部品を手に入れられて、組み立てられるようなセットや回路があるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)共立電子のモーターコントローラーキットのワンダーキットBOSO-8で制御できるのでしょうか? 

少なくともそのまま繋ぐのは無理です。

>(2)発熱が大きいとは思いますが、可変抵抗のホーロー製の100W10オームぐらいのレオスタットで制御できるのでしょうか?(何オームの抵抗器がよいのでしょうか?)

出来なくもありませんが、「100W-10オームの可変抵抗」って、現在では電子制御ユニットより入手は難しく、安くもないはずですよ。
昔の電車であったように、複数の抵抗器を繋ぎスイッチで切り替える方がまだ現実的かも。
手作りに拘るなら、抵抗も自作する方法もなくはないです。
例えば、ホームセンターで一巻60円程度のステンレス針金(太さ0.28mm程度の細いもの)と
レンガを買ってきて、電熱器よろしく巻きつけて自作抵抗器を作るとか
必要な針金の長さを調整しおわったら、上からセメントを塗って保護、
当然発熱はしますから、火傷その他には注意が必要です。

>(3)それとも電子工作の初心者でも、部品を手に入れられて、組み立てられるようなセットや回路があるでしょうか?

スクーターについているコントローラーを使用するのが簡単でしょう。
>スクーターについているコントローラーを使用するつもりでしたが、動きませんでした。
ありがちな例でいうと、モーターの駆動に関係なさそうだからというような思い込みで、センサー類とか保安部品類への配線を外したままにしていませんか?
普通は、配線切れ異常を検知して駆動しなくなるはずですよ。

>(1)共立電子のモーターコントローラーキットのワンダーキットBOSO-8で制御できるのでしょうか? 

少なくともそのまま繋ぐのは無理です。

>(2)発熱が大きいとは思いますが、可変抵抗のホーロー製の100W10オームぐらいのレオスタットで制御できるのでしょうか?(何オームの抵抗器がよいのでしょうか?)

出来なくもありませんが、「100W-10オームの可変抵抗」って、現在では電子制御ユニットより入手は難しく、安くもないはずですよ。
昔の電車であったように、複数の抵抗器を繋ぎスイッチで切り替える方が...続きを読む

Q単相、三相交流

送電の話でよく三相交流は単相交流にわけられ、効率がよく、単相交流より安価であると、書かれているのですが、なぜそうなるのかがわかりません。また、安価についてはほかのページで安価になる理由は、電線の終わりを三本結べば電流が流れなくなり、帰りの電線が不要で電線が半分ですむからというものがありましたが、ただそれだけなのですか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

送電に限って説明します。送電の際に重要な事は、

1)送電線の銅線抵抗によるロス
2)異常電圧による絶縁破壊
3)送電事故の際の保護
4)無線通信機に与える雑音の低減

1、は電流に比例しますから同じ電力を送電する際に一本の送電線に流れる電流を下げれば良いわけです。その為には送電電圧を上げるか、相数を増やしてやれば良いわけです。
3相にする事により一本あたりの電流は0.58(√3分の1)となります。東京電力の例では原発1基分の電力が失われていると言われています。

2、は送電線のインダクタンスと対地間容量による共振で発生します。特に電圧印加時や急激な電流変化が発生した際に発生し、特に送電先が無負荷の際は送電元電圧の数倍に達する事があります。よって、3相にする事により送電電圧を下げる事が可能です。その分絶縁体の耐圧を下げることができます。

3、はちょっと難しいのですが、中性点の接地が可能と言う事です。変圧器をY字に接続した際の中心が中性点でそこを接地する事により大地からの電圧が安定します。

4、は負荷が不均一になった際、循環電流が3本の電線内で収まり、大地を流れる電流が無いため無線通信妨害が少なくなります。

その他、変圧器の巻線あたりの電圧が低く出来る事や、同じ変圧器を3台使うので保守用の変圧器の数を減らせるとかと言われていますが、最近ではそれぞれに対応した設計を行なっておりますのでどうでしょうか。

実は送電は奥が深く、それだけで研究材料になり、今回の回答も必ずしも真ではありませんが、分かりやすくする為に一部省いています。

では、なぜ4相とか6相とかにしないのか。
これはコストと関係し、3相で送る事が最もコスト安となる為です。

送電損失を下げるため最近では直流送電も実用化されています。

送電に限って説明します。送電の際に重要な事は、

1)送電線の銅線抵抗によるロス
2)異常電圧による絶縁破壊
3)送電事故の際の保護
4)無線通信機に与える雑音の低減

1、は電流に比例しますから同じ電力を送電する際に一本の送電線に流れる電流を下げれば良いわけです。その為には送電電圧を上げるか、相数を増やしてやれば良いわけです。
3相にする事により一本あたりの電流は0.58(√3分の1)となります。東京電力の例では原発1基分の電力が失われていると言われています。

2、は送電線...続きを読む

Qモーターのフルブリッジドライバ回路

DCモーター(マブチモーターレベル)をトランジスタでフルブリッジ回路を組むとじかに電池接続したよりも高い電圧が必要になるようですがトランジスタの特性上のものでしょうか?
FETでフルブリッジ回路を組むと変わってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

フルブリッジドライバ回路はモーターの正・逆回転を電子制御する為に採用されて
います。
ラジコンのサーボモーターや、少し前のVTRなどのテープ駆動回路のモーター制御の
正・逆回転を電子制御しています。

>電池接続したよりも高い電圧が必要になるようですがトランジスタの特性上のものでしょうか?
リレーなどの機械的接点で制御するなら電圧低下は無視できますが、トランジスタ等の
場合には飽和電圧が存在し、どんなに頑張っても0.2Vから0.3Vの飽和電圧が発生します。
 電子回路で制御する場合は、通常電源電圧の-0.2Vから-0.3Vの範囲でしか利用できません。
FETの場合には飽和電圧がより少ないタイプも開発されていますのでそちらを選択すると
電源電圧の利用率が改善されます。

よって、フルブリッジドライバ回路の場合0.2Vから0.3VX2倍の電圧低下が発生します。
トランジスタの特性上のものであるのと同時に、制御回路を挿入するとエネルギーの
ロスとして、利用電圧低下が発生します。
信号電圧波形の直線性を必要とする用途では、必要な出力電圧範囲+5Vから+10V程度を
供給している場合があります。
 

フルブリッジドライバ回路はモーターの正・逆回転を電子制御する為に採用されて
います。
ラジコンのサーボモーターや、少し前のVTRなどのテープ駆動回路のモーター制御の
正・逆回転を電子制御しています。

>電池接続したよりも高い電圧が必要になるようですがトランジスタの特性上のものでしょうか?
リレーなどの機械的接点で制御するなら電圧低下は無視できますが、トランジスタ等の
場合には飽和電圧が存在し、どんなに頑張っても0.2Vから0.3Vの飽和電圧が発生します。
 電子回路で制御する場合は...続きを読む

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報