はじめまして。
正確にはマーケティングとは違うのですが、デザインの業務にポジショニングマップを有効に使いたいと考えています。

そこで、質問なんですが、ポジショニングマップの2軸の設定方法にルールなどはあるのでしょうか?
上下などの絶対的価値のない反義語でないとダメとか、縦と横の関係は一定の関係性がないとダメとか・・・

右も左もわからない私にもわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本カラーデザイン研究所では、「ハード」-「ソフト」・「ウォーム」-「クール」という軸を使用しています。


 http://www.ncd-ri.co.jp/solution/commodity_color …

特に軸の決まりはありませんが、お書きのように「反対語-対語」が基本です。重要なのは、縦軸と横軸、それぞれをどのようなキーワードで設定するかです。それによってマップ(世界)の見え方が変わります。
ひとつは、多変量解析という統計ソフトで軸を求めることができますが、製作者のセンスで設定することもできます。

縦軸・横軸のマップではなく、類似の要素で整理するグループ化もひとつの方法です。そして、それぞれのグループにふさわしい名前をつけます。

スタッフ同志で行うのもひとつですが、ユーザーを集めたグループインタビューなどの際に行うことでより消費者目線でグループ化・マッピングができます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスポーツする時に足底板を履いている人・・・

スポーツをするときに足底板を履いている人はいませんか?どんな症状・痛みがあるから足底板を履いているのですか?スポーツ活動と足底板について研究しているので、すこしでも情報がいただけたらと思います。 

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

#2の方も書かれている、ソルボを息子が使っています。
スポーツ用品店に行けば、ソルボコーナーがあります。
これは、着地したときに踵や膝なんかに負担がかかるのを防ぐジェルなどが入っている中敷です。
スポーツによって足にかかる負担が違うので、バスケット用、陸上用などにわかれて売っていたと思います。値段は1000円台からあると思います。

そもそも息子はバスケ部で、オスグッド病というスポーツしている人がかかる膝下の骨の変形のような病気になってしまって、痛くてたまらないということから、友達にソルボがいいよと教えてもらいました。
使った感想は、とてもいいそうです。
オスグッドは整形外科で経過観察をしてもらいながらの使用です。

アシックスで今、キャンペーンをしていて、
自分の足にかかる力を測定する機械を使って、
その人の走りの癖をつかみ、その人にあった中敷をオーダーできるというらしいので、息子と行くつもりです。うちは近くのスポーツ用品店で知りました。
全国であるといいのですが。

私が学生時代はそんないい中敷はなかったので
ちょっと羨ましいです。
今はスポーツはしていませんが、普段のスニーカー用にほしいと思っています。

足底板って書いてありますが、私の回答、的はずれだったら許してくださいね。

こんばんは。

#2の方も書かれている、ソルボを息子が使っています。
スポーツ用品店に行けば、ソルボコーナーがあります。
これは、着地したときに踵や膝なんかに負担がかかるのを防ぐジェルなどが入っている中敷です。
スポーツによって足にかかる負担が違うので、バスケット用、陸上用などにわかれて売っていたと思います。値段は1000円台からあると思います。

そもそも息子はバスケ部で、オスグッド病というスポーツしている人がかかる膝下の骨の変形のような病気になってしまって、痛くてたまらない...続きを読む

Qマス・マーケティングよりもセグメントマーケティング

マスマーケティングよりもセグメントマーケティングのほうが有効になりつつ理由を教えてください。できれば、企業の例もつけてもらいたいです。

Aベストアンサー

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースから始まり、いまの日本メーカーまで続いて来ました。

この原動力は、市場側ではニーズの多様化であり、生産技術的には、トヨタのカンバン・システムでした。

現在はこの多様化がもっと進みつつあり、One-to-one マーケティング(↓URL第2段落目)が必要だと言われています。問題はどう生産がコストを上げずに対応するかです。ITに熱いまなざしがそそがれていますが。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fitbiz/crm/crm01/crm02.html

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースか...続きを読む

Qターゲティングとポジショニングの違い

まだ勉強中の身です。

今企業の戦略的強みについて調べようと思っているのですが、
初歩的なことをキチンと知らなければいけないと思い勉強をし直しています。

そこで、ターゲティングとポジショニングの違いについて疑問を持ちました。
ターゲティングはセグメンテーションによって分けられた市場のなかでどこにアプローチをするかということですが、ポジショニングの中にも「マーケットポジショニング」というものがあって、正直言って混同しています。
どういった違いがあるのが、具体的に教えていただけるとありがたいです。

あとセグメンテーションをする時に、どのようにグループ分けするのが一般的なのかということも調べています。
こちらはお時間があればでいいので、ご意見をお聞かせ願いたいと思います。

それでは、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

簡単に分けると、ターゲティングは「どの相手を選ぶか」で、ポジショニングは「自分がどの位置を選ぶか」です。
マーケットポジショニングの場合、ターゲットにする市場を選択することなので、少し混同しがちかもしれませんが、特定の市場を狙うという行動がターゲティング、自分の強みをどの市場に置こうとするかがポジショニングということで、やはり「相手」について言ってるか「自分」について言ってるかということになります。

たとえば、「この商品は20代前半の新社会人に買わせるような広告をしよう」とするのがターゲティングで、「20代前半の社会人に買ってもらえる商品にしよう」とするのがポジショニングです。

あと「セグメンテーションをする時に、どのようにグループ分けするのが一般的なのか」ですが、これはそもそもそれを決めるのがマーケティングなのではないでしょうか。
市場が個人か法人かでも違ってきますし、用途が誰でも使う物か特定の用途に使う物か特定の年代が使う物かといったことでも違ってくるでしょう。
たとえば「携帯電話のマーケティングでセグメンテーションするときに」といったような、限定条件がつかなければ、一般化することは難しいでしょう。

簡単に分けると、ターゲティングは「どの相手を選ぶか」で、ポジショニングは「自分がどの位置を選ぶか」です。
マーケットポジショニングの場合、ターゲットにする市場を選択することなので、少し混同しがちかもしれませんが、特定の市場を狙うという行動がターゲティング、自分の強みをどの市場に置こうとするかがポジショニングということで、やはり「相手」について言ってるか「自分」について言ってるかということになります。

たとえば、「この商品は20代前半の新社会人に買わせるような広告をしよう」...続きを読む

Qマーケティングについて詳しい方、お願いします。(STPなどについて)

マーケティングについて詳しい方、お願いします。(STPなどについて)

フィリップコトラーという方がいると思いますが、
その人によると
マーケティングとは説得と奉仕である
ということを授業で習ったのですが、意味がわかりません。
なぜ
説得と奉仕なんでしょうか?


あと、説明では
説得=市場の創造
奉仕=市場への適応


らしいのですが、いまいちこちらもわかりません。
コトラー 奉仕 説得
などで調べたのですが、いいページがありませんでした。
解説をおねがいします。

Aベストアンサー

個人的な経験からは、新しいお客さんは、使ってみて便利だと思ってくれると信頼してくれるようになります。

その過程では、試しに使うと何が得なのか、納得してもらう必要があります。また、実際に使ってうまくいくために一番適した物・サービスを提供するとともに活用法やシステムの構築というソリューションというお膳立てをする必要があります。

これが、試してもらうための説得であり、試してもらう間の奉仕なのではないでしょうか。

QモバイルGoogleマップを営業外回りで活用したいのですが、可能でしょ

モバイルGoogleマップを営業外回りで活用したいのですが、可能でしょうか?
現在ドコモのT-01Aというスマートフォンを利用しており、モバイルGoogleマップを利用しております。
仕事は営業外回りなのですが、今回お客様を沢山引き継がせてもらいまして、エクセルで作ったお客様リストから住所をコピペしては、モバイルGoogleマップで検索して訪問しております。
これをパソコン上で行い、スマートフォンのモバイルGoogleマップで一覧表示させることはできませんでしょうか?
モバイルGoogleマップで住所検索すると、ピン状の目印アイコンが地図上に表示されますが、これを毎回検索するのではなく、パソコンで登録かお気に入り化しておいて、モバイルGoogleマップに常時表示させたいのです。
区や市町村が異なっていても、案外近くにお客様が集まっていらっしゃる事がありますので、一件訪問したあとモバイルGoogleマップを開けば、検索しなくても近くのお客様の所在地にアイコンが立っていて、分かるようにしたいのですが、そのような事は可能でしょうか?
モバイルGoogleマップでお気に入り登録すれば良いのでしょうが、パソコンで行えれば時間を大幅に短縮できるので、そのような方法をご存知であればご教授下さい。
(ちなみにGoogleのアカウントは有ります)
よろしくお願いいたします。

モバイルGoogleマップを営業外回りで活用したいのですが、可能でしょうか?
現在ドコモのT-01Aというスマートフォンを利用しており、モバイルGoogleマップを利用しております。
仕事は営業外回りなのですが、今回お客様を沢山引き継がせてもらいまして、エクセルで作ったお客様リストから住所をコピペしては、モバイルGoogleマップで検索して訪問しております。
これをパソコン上で行い、スマートフォンのモバイルGoogleマップで一覧表示させることはできませんでしょうか?
モバイルGoogleマップで住所検索すると...続きを読む

Aベストアンサー

T-01だとウインドウズモバイルでしたね。
ウィンドウズモバイル版だと、メニューボタンからレイヤー>レイヤーをブラウズ>マイマップ
で、ネットにつながっててアカウント登録されてれば、マイマップ情報をネットから落としてきます。
キャプチャ画面はANDOROIDの画面ですが、同様にwindowmobileにも表示されるでしょう。

windowsmobile版のgooglemapは結構ちょこちょこ更新されてるので、最新をDLしましょう。
日本語サイトのmobilegoogleサイトからだと、更新がおろそかなことが多いので、アメリカ版のmobilegoogleサイトから落とすといいでしょう。

Q既存のデータを有効活用してマーケティングを行いたい。データの組み合わせ、読み方を教えてください。

データを有効活用してマーケティング調査を行う方法を勉強したいと考えています。データは既存のデータなら何でもよく、総務省や都道府県が出しているデータなら無料なのでこれが活用できるなら、それでよいと思っています。
ただし、複数のデータを組み合わせて、ある傾向が読み取れないかということが一番勉強したく、あるデータとあるデータとに相関関係を見出す手法や、その他なんでもよいのですが、何かよいサイトや本、専門書をご存知ならご教示ください。
純粋に勉強したいと考えているだけで、マーケティング調査の対象は特に分野を絞って考えているわけではありません。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Excelでデータ分析できます。上田太一郎さんの本。
 実践ワークショップ Excel徹底活用ビジネスデータ分析 (単行本)
ピポッドテーブルもクロス集計に便利です。

もっと高度には「データマイニング」
すべて、キーワード検索して調べてみてください。

Qどの地図検索サービスがいいのだろう?

検索エンジンなどで提供している無料の地図検索サービスというのでしょうか、
例えば「ISIZE MAP」や「Mapion」などの地図検索サービスで
出来るだけ細かく(ピンポイント)表示でき判り易く、
操作しやすい地図検索サービスを探しているのですが、
皆さんがオススメの地図検索サービスを教えてください。

Aベストアンサー

再びすみません。
No.2で参考URLを二つ入れたつもりだったんですが、
入っていなかったので、もう一度。

参考URL:http://www.do-map.net/

Qマーケティングに必要な情報の仕入れ方

こんにちわ。

タイトルどおり、事業計画書やマーケティングレポートに必要な情報[統計データ、各種業界の市場占有率、商品開発の平均コストetc...]の手に入れ方を知りたいです。

フェルミ推定の答え合わせなどに使っているものがあれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 そんなパッケージはない。
 「統計」でキチンと検索してみたの?
 その統計から計算すれば良い。

 そもそもマーケティングって、何を知りたいのかね。

Qgooマップで拡大図が表示されません。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=&um=1&ie=UTF-8&q=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%A7%85%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B&fb=1&split=1&gl=jp&view=text&ei=85zhSau6GY-W6wOnxKmCDA&sa=X&oi=local_group&resnum=1&ct=more-results&cd=1

京都駅周りのコンビニを調べようと思って
gooマップで調べてみたのですが、「大きな地図を表示する」のところをクリックして拡大マップが表示されません。
以前はちゃんとできていたと思うのですが、なぜかエラーが出てうまくいきません。
どなたかどうすれば良いかご存じでしょうか?

Aベストアンサー

ブラウザのJavaScriptやJavaのスイッチをオフにしているのではありませんか。あなたのブラウザの設定を確認すべき。

Qマーケティングを職業とされている方へ

こんにちは。
私は大学生1年生です。そろそろ将来の仕事について考え始めているのですが、マーケティングの仕事にとても興味を示しています。(まだ販売促進や市場調査といった細かい方向性まではわかりませんが)
そこでマーケティングを仕事とされている方へいくつか質問があります。

(1)マーケティングを仕事とする人にはどういった性格の人が適しているのでしょうか?たとえば「独創性がある人」だとか「協調性がある人」などでお願いします。

(2)この道を目指すなら、大学生のうちに何の能力をつけるべきでしょうか?(ここが1番気になるところです。)資格や知識、磨くべきセンスなど、詳しくお願いします。

(3)最後に、ずばりマーケティングの仕事はやりがいがあって面白いですか?そして安定した生活をおくれますか?

以上の質問をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
現在IT業界のマーケティングを行っています。

マーケティングは非常に幅の広い言葉ですし、業界によっても企業によっても違うと思いますが、私が行っている主な仕事は、商品の販売促進、ブランド戦略、新規商品開発、企業提携等々、となります。

質問の回答ですが、
(1)「根暗な人」「協調性が無い人」は向かないと思いますが、そうでなければあとは努力次第でなんとでもなると思いますが・・・

(2)とりあえず単位を落とさずに大学を卒業してください。それが一番大事なことです。
磨くべきセンスで言うと、数字や統計に強くなるというのは一つあるかもしれません。あとは例えば電車の中吊り広告をチェックして傾向をつかむとか、そういう情報に敏感になる必要はありますね。
例えば私は男ですが、女性週刊誌やファッション系の中刷り広告をチェックしたりもします。
というのも、ITというのはどの業種どの分野でも浸透しているので、どこにいつビジネスのネタがあるかわからないからです。

(3)私は元営業職ですが、営業だとなんだか商売っ気があって引いてしまうお客さんがいますが、マーケだと商売関係ないところで気軽にお客さんと会えたりするのでそれは良いと思います。
ただ、いきなりマーケになるよりかは、営業とか他の部門で経験を積んでからマーケにならないと「独りよがり、理論ばかりのマーケ」になる可能性が高いです。
マーケティング理論は確かに大切ですが、それがベストなんだ!みたいな形で現場に押しつけても誰も動きませんし、協調性が無ければその時点でNGです。
ということで、現場のプロセスを理解するために、まずは現場で修行を積むことを強く薦めます。

安定的な生活については、このご時世どこの企業でも潰れる時代ですからねぇ・・・あとは自分次第では?

こんにちは。
現在IT業界のマーケティングを行っています。

マーケティングは非常に幅の広い言葉ですし、業界によっても企業によっても違うと思いますが、私が行っている主な仕事は、商品の販売促進、ブランド戦略、新規商品開発、企業提携等々、となります。

質問の回答ですが、
(1)「根暗な人」「協調性が無い人」は向かないと思いますが、そうでなければあとは努力次第でなんとでもなると思いますが・・・

(2)とりあえず単位を落とさずに大学を卒業してください。それが一番大事なことです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報