フォトニック結晶はある特定の波長を遮断するバンドギャップ(フォトニックバンドギャップ)を持つ光学結晶のことである。PCと呼ばれることもある。屈折率の異なる二種類の物質を,光の半波長程度の周期で交互に並べると,その波長の光の存在が許されないフォトニックバンドギャップが作り出される。

 フォトニックバンドギャップに相当する波長の光は結晶の内部を通過できない。っということはFDTD法で電場の強さを見た場合、結晶内中の電場は0になるということですか?
それとも打ち消しあって0になるだけで、強さは0にはならないですか?
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

0になります.

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは自分のプログラムにやはりミスがあるということなので再検討してみます!

お礼日時:2009/05/24 16:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報