推薦を確実にするために、小論文が苦手なので小論文対策をしようと、いろいろ買ったりして準備していたのですが。。。
人文学部には小論文ないって本当ですか!?
本当ならムダな買い物したってことですよね。。。
orz

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

またshubalです。

絶対とは言えないのですが、いつの時代もどこの大学もおんなじようなものなので、それを書いておきます。それから後で考えていたのですが、山形大学の高校の推薦枠を取れたというのは、すごいことですよ。これは公には大学も高校も(当たり前ですが)言えないことですが、山形大学人文学部に推薦する人を、高校が○○さんにしたということです。つまり合格ということです。でもフニャフニャにならないでくださいよ。やるべきことはきちんとやってくださいよ。
(1)志望動機(これがメインです):なぜ山形大学人文学部の志望したか?大学受験(就活ではなく)ですから、あまり独特なことは書かなくてもいいのですが、あまりにも通り一辺倒なのも考えものです。一般的な山形大学の優れたところ、勉強のカリキュラム(これは学校案内などで調べて書いてくださいね。全然違うことを書いたらまずいですから)とか、将来(山形大学での4年間も含めて)こういうことがしたい。職業を出してもいいですよ。できるだけ地に足のついた「夢」なんか魅力的ならいいですね。それに高校の先生にこの学校がいいからと強力に勧められたとか。卒業生(または現教授でもいいです)に憧れるような尊敬する著名人がいる(これも調べてね)。
(2)どんな高校生活を送ったか?:生徒会活動などは点が高いですが、そうじゃなくても気にすることはありません。あと部活動。スポーツ系で一所懸命やったみたいなのがいいとされるようですが。たぶん人物のイメージですね。スポーツマンは元気で健康で明るくてみたいな。そうでなくても一つのことを3年間(中学の3年を加えてもいいですよ)やりとおしたものがあれば、これも点が高いですね。高校で、生涯忘れられない恩師に出会った(ちこっとその理由も)。友達がたくさんできた、大学に入っても付き合っていきたいとか。それからその高校ならではの行事やイベント(おんなじか?)で、こんなことをやった(自分がね)
(3)尊敬する人物(ちょっと古い質問だなぁ):著名人の場合は調べることのできる、あまりあり触れていない人がいいですね。いつも黙って大盛りにしてくれた定食屋のおやじさんみたいなのもユニークでいいかも。お父さん、お母さんなどにする場合は、それなりの理由がないとインパクトが弱いです。あと映画監督とか長年アフガニスタンで医療ボランティアをしているペシャワール会の中村哲さんとか。中村さんのとっておきの話をしましょうか?妻が中村哲さんの募金の講演会に行った時に彼はこう言われたそうです「くれるというなら、私は乞食からでも寄付をもらう」。どうです。私のその言葉に目からうろこでした。まあ、人物を書けという可能性は低いでしょうね。最近は。
(4)(逆に)好きな本ではなく、好きな映画は?:なんていう質問があるかもしれませんね。これは好みのもので、絶対観たことのあるものにしましょう。面接のときなんかに理由を聞かれたりするかもしれませんから。
(5)本校に期待するものは:これはまじめな質問です。学校案内などを見て調べてみましょう。「学食!」なんてのも面白いですが、その場合はまじめなものも書きましょう。「こんなことを書いていいのかわかりませんが、やっと専門教育が受けられることがとてもうれしい。たとえば○○について」みたいに。(6)将来、就きたい職業(これも定番ですね):これは正直に書けばいいです。複数でもいいです。理由も書くか考えておくこと。
おそらくそんなもんでしょう。○○があれば、必ず理由が説明できないとダメということは忘れないでください。たぶん面接時に面接官はこの志望理由書を眺めつつ、質問されるでしょうから。
あと文章が苦手と書いていましたが、上手な文章だからと言って、人の心が動くとは限りません。むしろちっちゃな子供が言ったひと言に、周りの大人が考え込むなんてこと、あるでしょう?それと一緒で、なんか手慣れた文章などよりも、自分の言いたいことを一生懸命言おうとしてるな、と感じてもらうほうが得です。人間性がいいなと思われるのも理想ですね。でも実際には、フォーマット(質問内容や文字数)が来てみないとわかりませんが、かまえていると空振りを食らったみたいに文字量が少ないと思うはずです。だからむしろ「何を書くべきか」で悩むと思います。こんだけ準備していたのに、全部書けないみたいな。
まっそんなとこです。大学側は学術論文みたいなものを期待しているわけではないので、気楽に面白いことを書くときにも「真面目」を忘れないでください。前向きな、明るい、欠点もある、長所もある、やはり少しは頭が良さそうな、そんな(贅沢ですが)イメージのいくつかでも相手につたわればいいです。
だだ、面接に使われる可能性は意識してください。
課題というかフォーマットが手に入って、また困ったら補足質問でもしてください。頑張って!(て、いうかもう受かってると思うんだけどなぁ)
    • good
    • 0

いまは3年生でしょうか?いろいろ調べました結果、山形大学人文学部の推薦入試は、去年は、人文学部は高校の調査書と面接のみでした。

正確な情報はまだ出ていないか、山形大学のホームページに「人文ニュースAgoro」と「電子版学部案内・魅力ある人文学部を知っていただくために」というのがPDF版で見ることができます。人文推薦入試は例年、学校調査書と面接のみという入試形式が変わっていないので可能性は低いですが、昨年と違う場合もないとは言えません。ただ大学入学後に小論文の課題などがすぐに出される場合が多いので、時間があれば小論文の対策はしておくといいです。それと「志願理由」の提出というものが必要と高校などで言われませんしたか?それがちょっと私には確認できなかったので、ご存知のない場合はすぐに高校か山形大学に問い褪せてください。政経の方はあったようです。またちなみに政経の推薦の場合は、学校の調査書と志願理由書と面接、および読書感想文があったそうです。読書感想文は課題を出されて後日提出になるとう形式のようです。実は私の娘も某都市の某大学にAO入試(推薦入試とはずいぶん違うかもしれませんが)で入学しました。推薦入試は基本的に学校の推薦枠に入れたということですので、よほどのことがない限り落ちるということはないはずです。で、なぜ一般入試でなく推薦にしたかというと、娘は喋ることにかけては天下逸品だったことと作文が上手だったこと(その大学にはエントリーシートがあり、入試の事前に約半分の志願者を振い落とす方式でした。つまりこれが志願理由書のようなものかも知れませんが)、面接、小論文、英数の学科試験がありました。もう小論文は、何十回となく書き、そのたび私が添削して書き直しを繰り返させました。もちろん面接の私が試験官になり、相当練習しましたし(意地悪な質問もバンバンしてやりました)、塾講師をしていた妻が英数を徹底的に叩き込みました。そこは大きな都市の有名私学でしたので、結構大変な受験でした。ですが、やはり一般入試より娘には向いていたと思います。
私の情報はこれだけです。もし私にお力になれることがあれば、また補足などにでも書いてください。その娘はおととし、2000分の4というものすごい倍率を突破して東京の会社に就職しました。そのときにも私はもうくたくたになるくらい徹底的に手伝いました。私は反則だとは思っていません。それは娘がその会社に入れば絶対に役に立つと確信していたからです。志願理由書や面接、小論文ならアドバイスできると思います。では頑張って!

この回答への補足

娘さんすげー!!!
「天才は1%の才能と99%の努力」という言葉を思いだした。。。

話を戻して補足質問ですが、志願理由書などというものは初めて聞きました。今まで小論文だけで精一杯でして。。。
後日学校で聞きますが、どういうものなのですか?
小論文がダメというので察していると思いますが作文は不得手でして。。。正直書ける気がないっす。。。

補足日時:2009/05/23 17:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員に向いている学部は?

現在高校3年の女子です。今まで将来の事をあまり考えずに
興味が湧いたからというだけで慶應と早稲田の文学部を志望してたのですが、
改めて将来のことを考えると、結婚する気がなく、できれば生涯働きたいと思っているので
公務員を目指してみようかなという気持ちが出てきました。
そこで公務員試験について調べたら、経済や法律からの出題が多いようなので、
志望学部を変えようかなと思い始めました。
こういった観点から考えると、経済学部と法学部だったらどちらの方がよいのでしょうか?
親に相談したら、「お前はやりたくないことに向けて努力できる性格じゃないから興味のある学部にした方がいい」と言われてしまいましたが…
この時期に学部に迷ってるというのはあまりいい事ではないと思うので、
なにかいいアドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だったそうです)法律か経済か、興味のあるほうでよいでしょう。邪道ですが、単に公務員を目指すのならば、入試段階で入りやすいほうの学部でも良いのかもしれません。

 それから、ひとつ注意点を。
 お調べになったとおり、行政職の公務員採用試験、特に「専門試験」と言われる物は法学や経済学、政治学といった分野からの出題が圧倒的です。なので、「とっかかりやすさ」で言えば、法学部や経済学部の方が有利なわけです。しかし、「とっかかりやすさ」はあるにしても、大学の講義がそのまま採用試験に結びつくか、というと必ずしもそうではないそうです。公務員試験の受験者は公務員試験用の予備校に通う場合が多いです。

 なので、もし文学部の方に興味があるのならば、文学部へ進学した方が良いでしょう。文学部から公務員になる人も多いです。No1の回答者の方のお話の通り、4年間も勉強するわけですから、自分がより興味のある方を選択するのが良いと思います。

 以上です。何か疑問点あれば補足してください。

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だっ...続きを読む

Q国立大学の推薦入試に詳しい方

国立大学の推薦入試を受験することになりました。

出願条件は4.3です。
試験の配点は、書類審査と口頭試問が1:1です。
口頭試問の過去問を見ると、簡単で差がつかないと思われます。
そこで質問ですが、この2人ではどちらが有利でしょうか?

中学時代友人  高校の偏差値 60    評定 ほぼオール5
僕         高校の偏差値 70    評定 4,4
 
細かいことを書きましたが、短刀直入に言うと、高校の偏差値は考慮されるかということです。
詳しい方は教えて下さい。うわさでもかまいませんが、個人的な予想は不要です。

Aベストアンサー

偏差値が選考材料に含まれているという話は聞いたことがありません。
仮に含まれるとすると、下のようなことが起こり得ます。

中学では学力が伸びず、偏差値50程度の高校にしか入れなかったAさんが、高校に入ってから一念発起して勉強し、偏差値70、評定オール5になったとします。
そして、Aさんが「偏差値60以上の高校出身者」というのを選考材料に含めている大学の推薦入試を受けるとします。
すると、評定オール5,偏差値も70あるのに、「出身高校が偏差値50」という理由だけから不合格になる可能性があります。
(↑その場合は、恐らく高校と大学を相手取った裁判になります)

つまり、偏差値を選考材料の一つにするということは、「中学生の時に学力が伸びなければ、この大学の推薦入試は最初から諦めろ」と言っているのと同じです。
高校の偏差値と個人の成績は関係ありませんし、ましてや大学入試に中学校を巻き込むのは論外です。


また、面接で面接官が受ける印象等にも依りますが、質問者さんが書いておられる二人に限定するならば、中学時代の友人の方が断然有利です。

ただ推薦入試ですので、現実には評定平均4.8あたりの受験者が大量にいます。
よって質問者さんの成績では、かなり不利な状況にあるのは間違いないです。

長文失礼しましたm(__)m

偏差値が選考材料に含まれているという話は聞いたことがありません。
仮に含まれるとすると、下のようなことが起こり得ます。

中学では学力が伸びず、偏差値50程度の高校にしか入れなかったAさんが、高校に入ってから一念発起して勉強し、偏差値70、評定オール5になったとします。
そして、Aさんが「偏差値60以上の高校出身者」というのを選考材料に含めている大学の推薦入試を受けるとします。
すると、評定オール5,偏差値も70あるのに、「出身高校が偏差値50」という理由だけから不合格になる可能性があり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報