なぜインドは民主主義で、ベトナムが社会主義国なのかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

インドは


国家として社会主義を国是として標榜したわけではありません。
一貫してほぼ国民会議派の独裁状態にありなすが、別に結党の自由を禁止したわけではありません。国民会議派はイデオロギーはどうでも良くて、世俗的にインドの独立と発展を考えてきた政党です。政策的には社会主義的な政策を取った時代もありますし、軍事的にも対立するパキスタンや中国との関係上、ソ連と近い位置にいたこともありました。但し、国民会議派のインドの政策で一貫しているのは何処にも組みされないバランスです。

ベトナムは共産教育を受けたゲリラが元となって社会主義を国是として国が作られました。主にソ連の援助で国の基礎を作りました。
今では、共産党の独裁で中国型の市場経済導入政策のドイモイを行って、経済的に発展してきていますが、社会主義が国是であることには変わりません。
    • good
    • 0

独立に際してのソフトランディングとハードランディングの違いです。


インドはイギリスが平和的に撤退したので、それまでに政党化していた国民会議派がそのまま権力の座に着いた。
ベトナムは日本の撤退の後、フランスが再占領に来て、ホーチミンらが独立戦争を通じて独立した。その時にホーチミンの支援に入ったのがソ連や中国という共産主義国家。
    • good
    • 0

インドは


議会制民主主義が、根付きを選んで、
軍政やクーデターが、なかったから。
(近年まで、国有企業中心など、
長期与党であった国民会議派は
社会主義的政策であった。)

 社会主義経済で、共産党支配の北ベトナムに、
親米資本主義国の南ベトナムが敗北(^^)して、
併合されたから。(ドイモイで市場経済化したけどね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただきありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 01:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報