沖縄にてRC構造で自宅建設中ですが、石膏ボード→クロス仕上げにて内壁を考えておりますが、その場合の理想的な石膏ボード施工方法を教えてください。 もちろん外壁はコンクリート壁となっております。

 建築責任者の方は、コンクリート壁にGL工法(ボンドを使用し
コンクリート壁直張りと言っていますが、断熱効果などを考えると
あまり良い方法ではないよう気がするのですが、専門家の方々はどうお考えでしょうか? 最善の方法をお教え下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1) 断熱NDPBをGL工法で張り付ける。



(2) 室内側コンクリート面に発泡ウレタンを15~20mm全面吹き付けてその上からPBをGL工法で張り付ける。

(3) 躯体コンクリート施工時にスタイロフォームを室内側に打ち込み、その上からPBをGL工法で張り付ける。

(4) LGSで下地を作りGWを充填し、PBを張り付ける。

(5) 躯体施工時に木コンを入れ垂木等で下地を作りGWを充填し、PBを張り付ける。

殆どの場合、(1)又は(2)が採用されています。

コスト的には番号が若い程安く上がります、
又、(3)、(4)、(5)はコストとデイティール部分(開口部廻り)の断熱材処理に問題がある。

断熱材のディティール処理とコストから言えば、(2)です、(1)との金額差はm2当たり200~300円位かと思います。
    • good
    • 0

断熱考えるなら、断熱材入れないとだめです。

LGか木で下地組んで、断熱材入れて、下地にボード釘効かせる。
コスト優先なら、ダゴ張りでもいいのですが。
    • good
    • 1

コスト優先ならそのGL工法


断熱考えるなら躯体にスタイロ打ち込むか 軽鉄壁立ててウール詰めてPB貼り
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリート壁に石膏ボードを貼るには

1.コンクリート壁に石膏ボードを貼り、クロス仕上げにしたい

2.コンクリート壁にPタイルを貼りたい

貸店舗なので現状回復の簡単な施工を考えているのですが御指導お願いします。

壁の現状は、コンクリートの塗装仕上げになっています。

石膏ボードの貼り付けは通常GL工法が妥当だとは思うのですが、コーキングや両面テープのような簡易的な貼り付け方法はないでしょうか?

また、Pタイルの場合もお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして

コンクリート面の壁面に下地石膏ボードを貼るのは、コンクリート面に木下地や軽量鋼製下地などの下地を先に施工してから、その下地にボードを釘やビスなどで固定していきます。

しかし、ボードを貼ろうと思っている壁が外部に直接面している場合は、温度差による内部結露が考えられますので、下地部分に断熱材の挿入などの処置が必要です。

GL工法でも、ボード自体に断熱材の入ったボードが有りますので、現状で結露などが考えられる壁には対策が必要だと思います。せっかく店舗等を始めたのに、店の中からカビ臭いにおいがする等にならない様に注意が必要だと思います。

また、壁にPタイル等の合成樹脂系の物を貼り付ける場合は、下地がボードの場合は、仕上げ材の方が引き起こしの力が強いので、Pタイル施工範囲は、下地をボードからベニヤ板に変えた方が良いと思います。

Qマンションのコンクリート壁の結露対策(2)

前回の質問で良いアドバイスなど頂きましたが、DIYで施工するのは無理と思い、下記の方法での質問を致します。
(30年前に購入した無断熱処理のマンションで冬になると結露するのでタオルでオオザッパ二ふき取っています。住まいの場所は大阪で定期的に大規模修繕は行っています)
コンクリート壁に断熱材と化粧ボード等を一体にした製品を直接 接着剤で貼り付けたら良いのではないかと考えています。
1)直接 貼り付けることが出来ますか
2)1)の材料と方法の入手のやり方
3)DIYで出来るほかの方法(騒音の出ない方法)
ご指導のほどよろしくお願い致します

Aベストアンサー

アキレス準不燃NDパネルノンフロン

コンクリート壁下地、木又は軽量鉄骨下地等に断熱パネルを留め付ける工法です。
下地の状態、部屋の用途等に応じて適切なパネルを選択することにより、
優れた施工性が得られます。

アキレスND工法


アキレスNDパネルをコンクリート壁にGL工法又は接着工法で張り付ける工法です。
断熱結露防止工事と仕上下地工事が同時にできる非常に施工性に優れた工法です。

http://www.achilles-dannetu.com/achilles/koho/st_atozuke.html



タイガ-GLボンドによるせっこうボ-ド直張り工法
(せっこうボ-ドのせっこう系接着剤による直張り工法)


簡単な施工(下地にGLボンドをダンゴ状に塗りつけせっこうボ-ドを直接圧着するだけで、
特殊な技術を必要としません)

http://www.yoshino-gypsum.com/kouhou/syousai/gl_kouhou.html

で如何ですか
通常屋外に面したRC壁にはスタイロフォームを吹き付けその上に石膏ボードを
GLボンドで貼り付けます いわいるGL工法(団子張り)です

カッターナイフでボードを切断してGLボンドを水でとき 貼り付けるだけです

アキレス準不燃NDパネルノンフロン

コンクリート壁下地、木又は軽量鉄骨下地等に断熱パネルを留め付ける工法です。
下地の状態、部屋の用途等に応じて適切なパネルを選択することにより、
優れた施工性が得られます。

アキレスND工法


アキレスNDパネルをコンクリート壁にGL工法又は接着工法で張り付ける工法です。
断熱結露防止工事と仕上下地工事が同時にできる非常に施工性に優れた工法です。

http://www.achilles-dannetu.com/achilles/koho/st_atozuke.html



タイガ-GLボンドによるせっこうボ-ド直張...続きを読む

Qクロス壁の下地を全てベニヤ板にできないか?

約25m2程度の部屋を1階に増築予定です。

一般的に壁のクロスの下地として、12ミリ厚の石膏ボードを使用するようですが、
将来、クロス壁に薄型テレビ等を取り付る場合、石膏ボードだとアンカーを
使う必要がありますが、重量物は強度的に心配です。私は素人なので、
下地がボードかベニヤ板かを、拳で叩いた音で判断するのは難しいので
(安い判別センサーも考えてますが)いっその事、壁の全てをベニヤ板に
できないかと思い質問です。
また、具体的に薄型テレビ(複数)をどこに取り付けるかも決まってないので
迷ってます。他に棚板やスピーカー(天井もしくは壁)の取り付けも考えてます。

【質問】
(1)壁の下地を全てベニヤ板にした場合、石膏ボードよりどの程度、割高になりますか?
(2)消防法上、壁面積100%をベニヤ板にできない法律はありますか?
(3)石膏ボードとベニヤ板、どちらがクロス張りの作業性及び密着力が良いでしょう?
※(3)は質問の趣旨からそれるので、回答なしでもかまいません、

Aベストアンサー

#2です。

私の積算資料では、
 石膏ボード12.5mm:600円/m2
 12mm構造用合板 :900~1000円/m2
程度で考えます。
設計屋の単価ですから、少し高いかもしれません。

ただ、25m2程度でしたら、100m2位の壁面積でしょうか?
そうすると、4万円程度の値段の差でしょうかね。

以上です。

Qコンクリートへの壁下地の取り付けについて、ご教示下さい。

コンクリートへの壁下地の取り付けについて、ご教示下さい。

コンクリート造の駐車場の一部に、ちょっとした部屋を作りたいと思っています。
そこで、コンクリートの壁に木の下地を取り付け、そこへプラスターボードを貼ろうと思っていますが
木の下地の固定は、コンクリート用釘、ビスコンとどちらが宜しいのでしょうか?
また、直接ボードを貼る方法(GL工法)もあるようですが、素人で簡単に施工できるのはどちらでしょうか?沖縄の為、GL工法では部屋が暑くなりそうな気がしておりますが・・。
それから、下地間に断熱材を入れるのは、コンクリートからの熱を防ぐ為に有効でしょうか?

色々と質問をして申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。

もちろんご指摘の通り、コンクリート面に発泡ウレタンを吹き付けてからボードを張ります。
ボードを張る面の胴縁に付着したウレタンは除去して下さい。
吹付けの発泡ウレタンでしたら、隙間なく断熱出来ますので、効率的でしょう。
また、ロックウールやグラスウールだと、断熱材を押える物が必要に成る。
スタイロボード類だと接着剤でコンクリートに張付けないと施工し難い。
どちらにしても、なかなか隙間無く断熱材を敷き込むのは難しいですし、必ず無駄材(残材)が大量に発生する。
そんな理由で発泡ウレタン等の断熱材を御薦めしました。

以上です。

Qマンション内壁下地の施工方法について

断熱(結露やカビの防止)施工方法の詳細について教えてください。

あるサイトに、「下地PB+クロスでマンションの内装を施工する場合、外壁の内側には発泡ウレタンを20~30mm厚で吹き付けてからPBを取り付ける」とありました。

【Q1】PBはどのようにして固定されるのでしょうか?施工途中の写真を見ましたが、壁一面に発泡ウレタンが吹き付けられており、GL工法用のモルタル団子らしきものは見当たりませんでした。(吹き付けられた発泡ウレタンは凸凹しているようでした。PBを直接この上に貼ったら、内壁の仕上がりも凸凹になると思うのですが・・・)

【Q2】結露やカビを防ぐという観点から、発泡ウレタンによる断熱処理は効果的でしょうか?

【Q3】発泡ウレタンを使う工法以外に、どのような工法があるのでしょうか?各工法の費用面と施工の詳細が知りたいです。(断面図があるとありがたいです)

【Q4】PBを貼るタイミングはいつでしょうか?床下地組み、天井下地組み、間仕切り壁下地組み、等との前後関係が知りたいです。

どうぞ、よろしくお願いします。

断熱(結露やカビの防止)施工方法の詳細について教えてください。

あるサイトに、「下地PB+クロスでマンションの内装を施工する場合、外壁の内側には発泡ウレタンを20~30mm厚で吹き付けてからPBを取り付ける」とありました。

【Q1】PBはどのようにして固定されるのでしょうか?施工途中の写真を見ましたが、壁一面に発泡ウレタンが吹き付けられており、GL工法用のモルタル団子らしきものは見当たりませんでした。(吹き付けられた発泡ウレタンは凸凹しているようでした。PBを直接この上に貼ったら、内壁...続きを読む

Aベストアンサー

A1.発泡ウレタン吹き付けの上に、通常はGL工法でPBを取り付けます。団子はPB取り付け時に付けますので、ボード取り付け時にしか見られません。また、外壁側内周壁でも、軽鉄間仕切り下地、木間仕切り下地の場合もあります。

A2.効果的と考えられていて、ほとんどのマンションはこの工法です。(ただし、内部結露を起こすと、効果は半減してきます。)

A3.発泡ウレタンが費用面では安いですし、施工性も良好です。断熱材打ち込み工法もありますが、施工性が悪いです。外断熱工法もあるようですが、高価で、ほとんどマンションでは行われていません。

A4.一般的には、軽鉄下地の場合:天井下地→壁下地(GLボード張り)→床下地→壁ボード→天井ボード→壁天井仕上げ→床仕上げとなります。ただし、工程上の理由により、順序が変わることもありますので、施工業者に問い合わせしてください。

Qコンクリートの内壁をきれいにしたい_2

とにかくコンクリートの壁を綺麗にしたいのです。
コンクリート打ちっぱなしというのには、こだわっていません。
前回、同じような質問をし、やはり業者に頼むのが良いという
ご意見をいただいたのですが、何とか自分でやれないものだろうか、
とあきらめきれず、今度は分かりやすく画像を添付いたしました。

画像を見ていただくとお分かりの通り、ムラがあるのです。
壁の色が所々違うのです。これを綺麗に同じ色にしたいのです。
築25年ほどの古い鉄筋コンクリート住宅です。

質問に対するお答え、アドバイスをよろしく願いします。

質問1_壁紙は貼れるのでしょうか?ネットで色々調べましたが、
明確な答えにたどり着く事ができませんでした…。

質問2_カビが生えている箇所があるのですが、いかんせん室内
ですので、カビキラーを使う事に抵抗があります。
室内に生えてしまったカビに対して塗布する、何か良い
カビキラー的なスプレーってありますでしょうか?

アドバイスして下さい_壁紙を貼る、珪藻土などを塗る意外に、
何か綺麗にする良い方法はあるでしょうか?
電動サンドペーパーを試してみましたが、うまく削れませんでした。
結構目の粗いサンドペーパーだったのですが…

よろしくお願いいたします。

とにかくコンクリートの壁を綺麗にしたいのです。
コンクリート打ちっぱなしというのには、こだわっていません。
前回、同じような質問をし、やはり業者に頼むのが良いという
ご意見をいただいたのですが、何とか自分でやれないものだろうか、
とあきらめきれず、今度は分かりやすく画像を添付いたしました。

画像を見ていただくとお分かりの通り、ムラがあるのです。
壁の色が所々違うのです。これを綺麗に同じ色にしたいのです。
築25年ほどの古い鉄筋コンクリート住宅です。

質問に対するお答え、...続きを読む

Aベストアンサー

写真を見る限りでは、ごく普通のコンクリート打ち放しですね。
色むらは普通の状態です。
右のサッシ周辺は、サッシを取り付けるための空間にモルタルを詰めて、
周辺のコンクリートとなじませるために刷毛でなぞった跡です。
時計の左側下は型枠のベニアが良くなかったのか、モルタルを薄塗して
補修した跡です。
こんな住宅があるんですね。倉庫のようですね。

壁紙を貼ることは可能です。
コンクリートにシーラという下地処理剤を塗装します。
これはコンクリート表面の細かい粉を抑えて接着をよくします。
1週間ほど放置して(シーラの取り説を読んでください)クロスを貼ります。
塗装する際も同じです。

カビはどこに発生しているのでしょうか。
カビの発生は原因がありますから、原因を取り除かなければ退治できません。
どこかから水漏れがして湿気を含んでいるのなら、水漏れを防ぐ。
結露して湿気を含んでいるのなら結露対策をする。
カビの上からクロスを貼ったり塗装しては駄目です。よけいにカビがひどくなります。
原因対策をした上で、カビ除去剤を塗布して乾燥させることです。

コンクリート直だと冷たいでしょう。触ったら硬くてけがをしますよ。
わたしなら、断熱材を貼って、プラスターボードを貼ります。
その上にクロスを貼りますね。

写真を見る限りでは、ごく普通のコンクリート打ち放しですね。
色むらは普通の状態です。
右のサッシ周辺は、サッシを取り付けるための空間にモルタルを詰めて、
周辺のコンクリートとなじませるために刷毛でなぞった跡です。
時計の左側下は型枠のベニアが良くなかったのか、モルタルを薄塗して
補修した跡です。
こんな住宅があるんですね。倉庫のようですね。

壁紙を貼ることは可能です。
コンクリートにシーラという下地処理剤を塗装します。
これはコンクリート表面の細かい粉を抑えて接着をよく...続きを読む

Q鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどち

鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどちらでしょうか?

Aベストアンサー

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であり、錆止めと言う下塗りが一番重要なのですよ、錆止めが悪ければ、錆で塗膜が浮いてきたり、錆止めごと剥がれたりします。
ウレタンとシリコンは上塗り塗装と言うのですが、どんなに高価な上塗り塗装でも下塗りの錆止めが剥がれては意味がありませんよね。
錆止めの状態や屋外や屋内の様に環境にも左右されるので目安でしかありませんが、ウレタン系で8年~10年・シリコン系で12年~15年の一般的に耐久力があるとされてます。

用途にもよると思いますが、フッ素系はあまり使いませんね。高額ですが高品質なのは確かです。

下塗りにはエポキシ系で良いかと思います。

硬化方法による耐久性の違い
一般的な1液自然乾燥硬化塗料 < 硬化剤を混入し化学反応にて硬化する 2液硬化形塗料 < 空気中の湿気に反応する1液反応硬化形塗料

ウレタン樹脂塗料でも2液硬化形で強溶剤タイプなら水性シリコン樹脂より強く溶剤別で 一番 耐久性低い水性塗料でもシリコン樹脂で 反応硬化形ですと12年から15年の耐久性が有りますので2液強溶剤形ウレタン樹脂より強いのです、現在一番人気のあるシリコン樹脂塗料でも水性・弱溶剤・強溶剤・自然乾燥・応硬化乾燥・2液硬化・など沢山のタイプが有り 耐久性や価格も違うのですシリコンでも ウレタンより 劣る場合も 又その逆も 有ります。

ここからは参考に
ステップ1 ケレン
 剥がれかかっている旧塗膜や錆を落とす作業のこと、または、既存塗膜が活膜(新しい塗膜)の場合は密着を強くするための目荒らしをケレンといい、鉄部塗装全般において最も重要な工程といえます。

ステップ2 錆止め
 鉄部における下塗りの工程です。
  錆止め塗料には
・一般錆止め塗料(ホームセンターなどで入手可能)
・鉛丹錆止め塗料(鉛中毒の危険性あり)
・シアナミド鉛錆止め塗料(建築現場で多く使用)
・エポキシ樹脂錆止め塗料(一液、二液)

エポシキ系をお勧めします。

ステップ3 中塗り
 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。上塗り塗料は通常2回塗ることによってその効果を発揮することができるので、上塗り1回目の工程を中塗りともいいます。

ステップ4 上塗り
 中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。言い替えますと、上塗り材を2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

っと基本的な常識的なプロの工程作業です。

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であ...続きを読む

Qスタイロフォームと発泡スチロールの違い

スタイロフォームと発泡スチロールで温・冷室を作ろうと思っています。ステンレスラックの外側にスタイロフォームと発泡スチロールを囲う構造です。スタイロフォームと発泡スチロールではどちらが保温・保冷性能が高いですか。厚さは4cmだとします。

Aベストアンサー

スタイロフォームはダウの押出発泡ポリスチレンの商品名です。
欧州ではXPSと表記されます。

これに対し、発泡ポリスチレンはEPSと表記されます。

どちらも、原料は発泡剤を含むポリスチレン樹脂のビーズから作られます。

XPSは押出機内で発泡ビーズを加熱し発泡させながら板状に成形した物です。
EPSは型に発泡ビーズを充填し加熱蒸気を型に導入し軟化発泡させ成形した物です。

XPSは泡が細く、互いに独立していて、全体に渡る微細構造をしているために、
断熱性が高く強度がより高いという特徴が有ります。EPSに較べて吸湿性も低いのが
特長です。
燃えにくくする難燃剤を入れた物は、建築用の断熱材として使われます。

EPSは発泡したビーズ同士が表面で溶着し合っているだけなので、ビーズ中の泡も
XPSに較べ粗いため断熱性も低く、強度も落ちます。

価格は、一般的にXPS>EPSです。XPSは着色品(青)が多く、選択は
用途と値段の兼ね合いでしょう。


ポリスチレンと発泡ポリスチレンはドイツの会社の発明です。ダウではありません。

Q床板にコンパネを使うのはダメ?

洗面所の床板を張り替えようと思っています。
現在の床板は合板で近くのホームセンターで売られている床板材も合板です。
それなら表面を加工したコンクリート型枠用のコンパネのほうが
安く売られているので、これを使ってその上にフロアシートを貼れば
同じじゃないかと思うのですが、何が具合の悪いことになるでしょうか?
床板用に加工された合板は床面(表面)のプリント以外に何か特別な加工が
施されているのでしょうか?

Aベストアンサー

型枠用の合板は、内装には使えなくなっています。 近くのホームセンターの品物は、F☆ でしたね。

シックハウス症候群という言葉を聞いたことがあると思いますが、合板等のランクを、F☆ ~ F☆☆☆☆の4段階に分けています。(ホームセンター等では、表示してあるはずです。)

☆の数が多いほど(最高4つ)、安全だということです。 実際問題、F☆☆☆☆でも、有害物質が全然含まれていないという訳ではないので、この微量の化学物質でも、体調を崩される方がいらっしゃるそうです。

フローリング材も安い品物を探せば、面積当たりの単価は、数割増し程度のはずです。 それに、はめ込み易いように凹凸の加工をしてありますので、浮き上がり等の問題にも対処しやすいです。

合板でやるとなると、それなりの施工しないと、しばらくしたら、床面が凸凹してきますよ。

Qコンクリート釘の打ち方

ホームセンターで購入したコンクリート釘を実際に打ってみたのですが、途中で曲がり入っていきません。
モルタル部は何とか打てそうなのですが、コンクリートの中にある石にあたると釘が曲がってしまい入っていきません。

うまく打つコツを教えていただきたいです。

コンクリート釘はモルタル専用って事でしょうか?

根本的にうてないのであればコンクリート釘の意味が無いような・・・

Aベストアンサー

コンクリート釘は仮設に使う釘です。本設用には使用しません。振動などで簡単に外れるからです。
一般的な用途は、目印の糸を張る時の支点にする、接着剤が乾くまで仮に抑えておくツッパリを打ち込むなどで、一時使用に便利なものです。
本来ならドリルで穴を開けてプラグを使用しなければならないコンクリートに、簡単に打ちつけて固定できるところから使用されているものです。あくまでも一時使用です。
打ちこむ要領は、大きめのハンマーで「まっすぐ」に打つ、2~3回で打ちこめるほどの「大きな力」で打つ、です。まっすぐ打てないと入っていきませんし、折れてしまいます。コンクリートですから当然砂利があります。砂利に負けないくらいの大きな力で打ちこむことです。できなければ砂利に当たるたびに位置を変えるしかありませんが、コンクリート表面が傷だらけになります。
本職の大工さんでも、少し大きなコンクリート釘を打ちこむ時は大きめのハンマーでしっかり打ちます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報