中学○年生、高校○年生を英語で言う場合、

小学1年生を 1st grade としてそれに数を増やしていく言い方でいいのでしょうか。

junior high school やhigh shool といった語と一緒に言う表現などは
一般的ではないのでしょうか。その他、他にナチュラルな表現ありますか。

教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>小学1年生を 1st grade としてそれに数を増やしていく言い方でいいのでしょうか。



いいです。

>junior high school やhigh shool といった語と一緒に言う表現などは一般的ではないのでしょうか。

そんなことはありません。

ただ、米国など英語圏の多くの地域の学校制度では、例えば「中学の1年生」と言わずに「7th grade(7年生)」と言います。米国の場合、12th gradeでhigh schoolを卒業します。high schoolの学年を「freshman, sophomore~」という言い方で表す場合もあります。

これはその国や地域の学校制度がそうなっているのです。また、学校制度に関して言うと、米国の多くの地域ではjunior high schoolが7th gradeと8th gradeの2年間だけあり、(senior) high schoolが9th~12th gradeの4年間です。イギリスなど違う国に行くと、また制度は全然違います。

したがって、例えば「私、アメリカに住んでいて、今、9th gradeなの」というセリフがあったとすると、これを安易に「中3」と訳すべきではありません。「9年生」と訳すのが一般的です。一方で、「僕、日本の学校に行っていて、今、中2なんだ」というセリフを安易に「8th grade」と訳すべきではありません。そもそも、英語を読んでいる人の全てが「8th grade」が何歳くらいの人に相当するのか知っているわけではありません。国や地域によって学校制度が違いますから。

「(日本で)中学2年生だよ」と言いたい時には「I'm on my 2nd grade (yearも可) of junior high school.」と言うのが一番親切で、できれば年齢も添えると、よりわかりやすいでしょう。

ちなみに、#1さんの表現でももちろんいいわけですが、なぜ中学と高校とで表現を変えたのか疑問に思いました。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

中学が2年で高校が4年とは初耳でした!!!

お礼日時:2009/07/08 11:41

アメリカの「高校生」について補足させて頂きます。

通算のグレード以外に次のように呼びます(これは大学でも共通です)。

「一年生」freshman
「二年生」sophomore
「三年生」junior
「四年生」senior

つまり、日本の「高校三年生」は卒業し、就職するか大学へ進学するかという岐路に立たされる重要な節目になるのですが、これを"junior"と訳したのではそういうニュアンスが出ません。日米のシステムの違いで、注意が必要という一例です。
    • good
    • 3

アメリカのような国では、その学年の範囲を修了できれば、飛び級もあります。

逆に留年もあります。

そのように、入学してから何年目という考え方というよりは、何年目のカリキュラムを受けている学生か、という観点から小中高をとわず、通算して○年目=○年生、という表現をとります。

中学1年生、高校1年生という概念は、新入生(freshman)を歓迎する場(freshman party)などで用いられることはありますが、進級の度合いを示す語としては用いません。

これは既にでているように、小中高の区切り方(12年間を小中高それぞれに何年ずつにするか)が自治体によってことなる(自治体が自主的に決定する権限をもっている)ことによります。

そのため、引越しなどで隣町にいっただけでも、何年目の課程まで修めたのかをはっきりさせるために、通算での年数で ○th grade の表現で統一するほうが実用的なのです。
    • good
    • 3

小学1年生~6年生


The first grader in an elementary school
The second grader in an elementary school
The third grader in an elementary school
The fourth grader in an elementary school
The fifth grader in an elementary school
The sixth grader in an elementary school

中学1年生~3年生
The first-year student in a junior high school
The second-year student in a junior high school
The third-year student in a junior high school

高校1年生~3年生
Tenth grade student
Eleventh grade student
Twelfth grade student

大学1年生~4年生
The freshman in a university
The sophomore in a university
The junior in a university
The senior in a university


一般に○年生という言い方はしませんので、高校生はhigh school student、中学生以下はstudentといいます。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で大学生の学年をどう表現するのですか?

英語力中学生レベルなので、質問します。

大学生の学年を1回生、二回生と表現しますが、これをある大学生の多い道で無作為に日別時間別にアンケートして、全てデータに残したいと思っています。

そこで、アンケートの結果を入力するデータベースのテーブルの項目名をなんとつけるかで、友人ともめたので、適切なアイデアを下さいませ。
項目名は、英語で、半角、文字数は特に規定は無いけれど、単純なテーブルなので、長くても20文字程度までと考えています。
大学生の「学年」をデータベースの項目名にする場合適切な意味の通る英語表現をアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大学生の学年をそれぞれ項目にするのでしたら、
1年:freshman
2年:sophomore
3年:junior
4年:senior
が妥当だと思います。

それとも、「学年」を項目名にして、そこに1、2などの数値を入力するのでしょうか。
その場合、gradeという表現でよいと思います。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qhigh schoolの省略形

今度引退した先輩にオリジナルタオルを送ろうと思うのですが学校名を英語で入れる部分について質問があります。
私の学校は「○○高等学院」という校名で英語で訳すと「○○senior high school」なのですがデザインの都合上「senior high」で止めたいんです。
この場合って「senior high.」という風にピリオドを入れなきゃいけないんでしょうか?
「university」 をよく「Univ.」という風に省略しているのを見てふと悩んでしまいました。
それとも根本的に「senior high」で止めるのは間違いなんでしょうか?
オーダーの期限が近いので至急お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<それとも根本的に「senior high」で止めるのは間違いなんでしょうか?>

英語ではあり得ません。

日本語では中高一貫の学校の場合、中等部、高等部を区別して「ジュニアハイ」「シニアハイ」と言うこともありますが、英国ではそのような区切りはしません。


ご質問2:
<この場合って「senior high.」という風にピリオドを入れなきゃいけないんでしょうか?>

どうしてもその呼び方をされるのであれば、ピリオドは入れる必要はありません。

ピリオドは文末か、省略を示す場合に使われますが、ご質問の例は、文末でも省略でもないからです。

highをhiと省略するような場合はhi.とピリオドが置かれますが、そのような省略は不可能なので、ここはhighで終るならピリオドは必要ありません。

デザインに使われるということですから、Senior Highとイニシャルを大文字にした方がいいでしょう。

ご参考までに。

Q「映画をみる」を英語に訳すと。

今まで「see a movie」と訳してきましたが、今日の参考書に「watch a movie」と書いてありました。

どちらが正しいんですか?
また、両方正解なら、どういったニュアンスの違いがありますか?

高1です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am watching the movie. 観ている

I will see the movie. 見る経験を持つ予定
I will watch the movie. 観るつもり

I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり
I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり

上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie.と言う感じですね。

確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした(これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね)、と言うフィーリングになるわけです。

I saw him. 彼を(そのときの)みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him.と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。

ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am ...続きを読む

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q英語で「ぜひ日本に遊びに来てください」

こんにちは。英語力に自信がないので、教えてください!
私はアメリカに住んで1年ほどですが、4月に帰国予定です。
いつもお世話になっているお友達が、ポーランドに帰ることになりました。そこで、カードを送ろうと思うのですが、
「日本に遊びに来てくださいね」
「いつかまた会える日を楽しみにしています」
と表現したいのですが
「Please visit Japan!」
「I am looking forward to seeing you again.」
でよいのでしょうか?
また他に良い表現があれば教えてください!
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。

You are very welcome always to visit Japan.
こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな...

You'll be missed very much.
これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。

他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。

Q「部活動」を英語では?

中学校の時、英語の時間に 「部活動」は “club activity”だと教わりました。
でも、英語圏の国には日本の部活動のようなものはないみたいだし、“club activity”では
よく通じないような気がします。どのように言ったら確実にわかってもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

>「部活動」は “club activity”だと教わりました。

アメリカでは、エクストラカリキュラー・アクティビティーズ (Extracurricular activities)
こういうとスポーツやそれ以外も含められるので。

課外活動は、学校や大学教育の通常のカリキュラムの領域外の学生たちによって行われる活動です。課外活動は、小学4~6、中学/高校、大学と大学教育から、教育のあらゆるレベルに存在する。
活動は一般的に自発的であり(教員の後援の下でですが学生主導のイニシアチブ)、必須ではなく、会費もない。

“club” という言葉は全部に使われないことがわかりますね。“club”はスポーツよりも学術領域の活動の部に使われるみたいな感じです。

Clubs: (クラブと呼ばれるもの)
Chess club, mathletes, mock trial, debate, animé club, role playing club, language clubs, film club, skateboarding club, diversity/minority groups and so on.

クラブ以外のカテゴリーは:

Arts:  theater, music, dance, painting, photography, creative writing
Church activity:  community outreach, helping the elderly
Community activity:  community theater, event organizing, festival staff
Governance:  Student government, student council, prom committee
Hobbies:
Media:  school radio or television, yearbook staff, school newspaper
Sports:  Football, baseball, hockey, track, gymnastics, dance, lacrosse, swimming, soccer, skiing, cheerleading and so on
Volunteer Work and Community Service:  Habitat for Humanity, tutoring and mentoring

>「部活動」は “club activity”だと教わりました。

アメリカでは、エクストラカリキュラー・アクティビティーズ (Extracurricular activities)
こういうとスポーツやそれ以外も含められるので。

課外活動は、学校や大学教育の通常のカリキュラムの領域外の学生たちによって行われる活動です。課外活動は、小学4~6、中学/高校、大学と大学教育から、教育のあらゆるレベルに存在する。
活動は一般的に自発的であり(教員の後援の下でですが学生主導のイニシアチブ)、必須ではなく、会費もない。

“club” ...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qthanks! と thx の違い。

thank youのことを
海外のブログやYoutubeなどのコメントで
thanks!と書かれているのをよく見るのですが
たま~にthxと書かれているのを見ます。
これは同じ意味ですよね。向こうの言葉の省略語なのでしょうか?
馬鹿にして言ってるのでしょうか?
それともおちゃらけて言ってるのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

thxはthanksの「略」で、Thanksと発音します。 Thank youの簡易表現のThanksを略したと言うことに過ぎません。 これは実は新しいチャット用語ではないのですね。 #4さんもおっしゃっているようにテレックスtelexが唯一の「一瞬コミュニケーション」だったときの表現方法で一時一時にお金がかかってしまうので出来るだけ短くしたものがこれだったわけです。

ビジネスコミュニケーションではやはりThank youと言いたい時がありますよね。 しかしこれでは高くついてしまうわけです。 よって、これが普通となり金銭感情を持たずに用語として使われるようになったわけです。

ちなみにTelexはTLX, documentsはdocsになりそれがdoxとなったし、picturesがpicsからPIXと言う表現にテレックスでは使うようになったわけです。 クス、と言う表現をXを使ったわけですね。 このほかにpleaseをPLS, businessをbiz(今ではサイトのドメインとして.bizがあるくらいです)、TokyoをTYO, 結びのregardsがrgdsなどの表現が懐かしい感じがします。

と言うことで、別に馬鹿にしていると言うことではないですね。 帰って砕けた表現として「親近感」を与える事にもなりますね。

chat expression terminologyなどのキーワードを入れて検索すると「一般的」と言えるほど違和感のない表現方法が見つかります。 そして、その多くが頭文字を取るか発音どおりに表現しているのにきがつくと思います。

loveがluv、I love youがILY, areがr, youがuはよく知られていますね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

thxはthanksの「略」で、Thanksと発音します。 Thank youの簡易表現のThanksを略したと言うことに過ぎません。 これは実は新しいチャット用語ではないのですね。 #4さんもおっしゃっているようにテレックスtelexが唯一の「一瞬コミュニケーション」だったときの表現方法で一時一時にお金がかかってしまうので出来るだけ短くしたものがこれだったわけです。

ビジネスコミュニケーションではやはりThank youと言いたい時がありますよ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報