ネットが遅くてイライラしてない!?

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない自分には特に難しく思われます。
(当方経営学部です)

海外の大学、大学院に進学するためのお金と高い学力もありません。

最近は就職留年してでも、一度日本で就職してから、
時期を見て海外に行った方が良いんではないかと考えるようになりました。


そこで、学校を卒業してからすぐに
海外に行かれた経験がある方がいればお話をお伺いしたいです。
例えば、どう海外で過ごしたか、その経験が今どう活かされているかなどです。

また、何かアドバイスがあればお願いします。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大学卒業後、就職せず海外に行きました。

語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地の企業が外国人(私たち日本人のことです)を雇うには、会社側がワークパーミットを申請するためにそれなりの費用が必要です。その費用に見合うだけの能力のある人間でなければ意味がないので、必然現地の人間よりもハードルが高くなります。同じ能力だったらもちろん現地人を採用するでしょう。ことばに少しでも不自由があるようではもちろん却下です。

日本語が話せるということは、特定の分野では大きな武器になる場合があります。ただ、日本語を話せる人材を欲している企業がそもそも少ない上、日本人が多い地域ですと、就労ビザをもっている人が優先されます。
社会人経験がなく、就労ビザをもっていないとなると、その人たちには勝てませんね。それに日本企業の現地支社などは、特に社会人経験を優先します。まず新卒は採らないでしょう。

海外で就職をしたかったら、日本で経験を積んだ方がはやいと思います。海外に支社のある企業だったら、駐在の可能性もあります。3年ほどの社会人経験があって同業種に限れば、日本にいても海外の転職先が見つかるかもしれません。海外就業希望者のための求人サイトだってありますし、英語のできるSE等、言語+専門知識のある人を募集している所は多いです。

abarenbo15さんはすでに英語がかなりできるようですし、あとは社会人経験となんらかの専門分野を身につけることで道は開けてくると思います。英語ができる人はゴマンといますから、特に海外で働きたいとなったら、あまり武器にならないでしょう。英語は当たり前のこととして、プラスアルファです。専門分野といっても、貿易事務や旅行代理店での経験程度でも、ないよりはましです。

・・・とはいっても、就職留年をするんだったら海外に行ってなんとかがんばってみるのもひとつの手でしょうね。でもその場合にはあまり長居をしないほうがいいです。
2年以内に帰ってくれば、第二新卒として扱われると思うのでまだ間に合うと思います。英語ができるだけでも第二新卒までだったら許されるようです。それ以上だと、英語ができるがあとは何もなしっていうことで敬遠されてしまうでしょう。それと、日本はまだまだ新卒至上主義で、新卒で就職しないと後々厳しいことは確かです。茨の道でも生きていける強い意志がなければ、おとなしく新卒(就職留年をしてもいいです)のうちに就職することをオススメします。この機会を逃すと求人は顕著に減りますし、レールからはずれた人間だとみなされます。

まぁ、自分は何も考えず海外に行ってしまったので人にアドバイスできるような人間ではないのですが、自分の経験から思ったことを書きました。ですので、必ずしも上記のことが絶対ではないですし、実際何ら特別な知識や経験もないのに現地で就職できた人も知っています。それと、僕の場合はヨーロッパ圏のことですが、アジアや中東とかだとまた実情は異なるのかもしれません。

どんな道を選ばれても、意欲さえあれば軌道修正は可能だと思います。うまく第一歩を踏めるといいですね。
    • good
    • 1

わたしは、フランス語の語学専門学校を出てから、フランスで更に半年、大学と語学学校に行きました。

その後現地日系企業に就職し合計2年の海外生活になりました。時代も違いますし、参考になるかわかりませんがいくつかのポイントをお知らせしたいと思います。
海外語学留学で結果を出すのにはやはり2年は続けたいところでしょう。わたしも財力が許せばそうしたかったですが。。。

海外での就職は、採用数に対し応募者が大変多いとおもいます。また、日本企業にとっては多くの場合、「現地採用」ということで、日本からの出張者から比べると、住宅の保証はしなくて良いし、日本―現地の交通費、引っ越し費用を持たない、日本の社内就業規則は当てはまらない、等々、日本企業の雇用者側に有利なことが多いと思います。そして、現地採用から本社に入って出世して行くのはなかなか大変だと思います。

もう一つは、「日本社会からドロップアウトするのではないか?」と常に不安を持っていました。japprendsさんがお書きになっているとおり、2年がその一つの分岐点かもしれません。わたしも何となくそんな感じがして2年で帰国しました。それは27~28歳までに就職するのを目安にするという感じでしょうか?

日本でも、フランスでも「卒業証書の賞味期限」があります。そして、「卒業証書の劣化」があります。前者は、卒業後あまりもたもたしていると有利な就職が難しくなるのと、後者は卒業後の最初の就職先起業がAランクだったら、つぎにBランクに容易に転職出来るのですが、BからAはなかなか難しいです。だから、卒業後最初の企業は出来るだけ高く売り込みたいところです。

そのようなことから、2年と区切って留学し、帰国して就職するという手もあると思います。

無責任な意見の様ですが、国民新党の亀井静香さんはホリエモンと苦しい戦いをして当選し、自民党をタイミング良く離れて、新党を結成し政権与党に入って、今は重要ポストが取れそうです。人間万事塞翁が馬、自分で決断して常に最前を尽くしていれば道は開けると思います。

最後に一言、英語だけで食べて行こうとする人は多いので、競争は激しいです。頑張って下さい。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒業後のワーキングホリデーについて。

大学卒業後、日本で社会人経験のないままワーキングホリデーなどで海外に1、2年、働く経験をして、日本でキャリアを積むことは難しいのでしょうか?ハローワークの方や、市の就職支援機関のスタッフの方と話している限り、日本で何年か社会人として働く経験のないまま、海外に行って帰ってくる人は、日本での就職活動にとても苦労するとよく聞くのです。やっぱりそれって本当なのでしょうか?

ちなみに海外(英語圏)では、前半はTOEICのスコアを800点くらいまで上げて、後半はどこかの企業でインターンさせてもらうことも考えています。キャリア&留学カウンセラーの方に聞いたら、私の英語力だと、よく言う、日本の土産屋とか、日本食レストランで働かなくとも、地元の企業で働かせてもらうこともできるとも言っていました。

どうなんでしょうか?

卒業後、日本で働くとしても1年くらい働いて(この場合も、正社員以外の、契約社員とかでも大丈夫なのか心配です。)それから海外に行くことも考えています。

特に海外でワーキングホリデー、または長期留学経験のある方、なにかアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

ちなみにいま22歳です。

大学卒業後、日本で社会人経験のないままワーキングホリデーなどで海外に1、2年、働く経験をして、日本でキャリアを積むことは難しいのでしょうか?ハローワークの方や、市の就職支援機関のスタッフの方と話している限り、日本で何年か社会人として働く経験のないまま、海外に行って帰ってくる人は、日本での就職活動にとても苦労するとよく聞くのです。やっぱりそれって本当なのでしょうか?

ちなみに海外(英語圏)では、前半はTOEICのスコアを800点くらいまで上げて、後半はどこかの企業でインターンさせ...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1様の意見が当たっています。

ちょっとワーキングホリデーの解釈があいまいというか、
良いように取りすぎているというか、ワーホリは基本的に「遊び」です。
仕事もバイト程度しかありません。
その内容も日本食レストランや日本人相手の土産物店がほとんどです。

そもそもなぜ海外に行くことを考えているのでしょうか?
明確な目的がないと海外に行く意味がありません。
漠然と「英語を使える職業に就きたい」だけならまず就職してからです。
でも、英語圏でどのような学問を学びに行きたいのか?
それは日本の大学で学べないのか?
将来、海外でこういう職業に就きたい。
例えば「アメリカの大学で会計学を学び、米国公認会計士(CPA)の資格を取得してアメリカで働きたい」など具体的な目標が必要です。
長期留学を考えている人はしっかりと考えています。
本当に確固たる意志を持って海外に行かないと流されて終わりです。
就職では「英語+何ができるか」です。
「英語話せます。TOEICのスコアは800点です」だけではダメなんですよ。

また、企業側からすれば
「ワーホリで1年間?ああ、まだ働きたくなくて遊びたかったのね」
と思うのが大半です。
「真面目に語学を学びに行ったんだな」とは残念ながら考えないのです。

ちゃんと就職活動して就職し、自分の人生に遊びであれ、学びであれ海外生活は必要なのかを何度も考えて下さい。
それから必要であればワーホリを考えてはいかがですか?
就職してキャリアアップしていくうちに
「ワーホリでこのキャリアを捨てるのはもったいない」
と思うようになるかもしれませんよ。

NO.1様の意見が当たっています。

ちょっとワーキングホリデーの解釈があいまいというか、
良いように取りすぎているというか、ワーホリは基本的に「遊び」です。
仕事もバイト程度しかありません。
その内容も日本食レストランや日本人相手の土産物店がほとんどです。

そもそもなぜ海外に行くことを考えているのでしょうか?
明確な目的がないと海外に行く意味がありません。
漠然と「英語を使える職業に就きたい」だけならまず就職してからです。
でも、英語圏でどのような学問を学びに行きたい...続きを読む

Q大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら、
編入の際に認められやすい科目を出来るだけ選択してみる予定です。
また、英語力の面でもTOEFLで良いスコアが取れるように頑張りたいです。
更に、課外活動の面でも充実できたら良いなと思います。

ただ、今から少し考えることがあります。
?日本の大学で学位を取得後に、
再び、海外の大学で学位を取り直すことは就職において
悪い影響を及ぼすのでしょうか?

?私は現在19歳ですが、
順調に卒業できても、日本の大学卒業時で23歳、
更に海外の大学卒業時は25~26歳くらいです。
就職をする際に年齢はかなり重要視されるのでしょうか?

?大学卒業後に社会経験を積んでから留学するのと
社会経験なしに留学するのでしたら、一般的に、
どちらが良いのでしょうか?

補足。
留学するのに必要な学校の成績やTOEFLの成績、推薦書などの
知識はあります。
出来れば、留学準備・出願などは自分自身でやってみたいと思ってます。

大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら...続きを読む

Aベストアンサー

大学、大学院までアメリカで出ました。一般的に言うと第二学士をとっても年を取った分、就職に不利に働くと思います。まあ、昨今の場合、日本の会社に就職する場合には昔と違ってそれ程留学経験が就職に有利に働かず、逆に不利に働く場合が多いと思います。私の場合も、一部の会社を除いては、門戸すら開かれていませんでした。時期が会わないので新卒にならない、職務経験がないので中途にもならないと言われた事もありました。でも信念を持って頑張れば道は開かれる物ですし、留学はそういう強さを身に着ける機会でもあります。情報を集めて頑張ってみたらよいと思います。

私があなたの立場でしたら、これから進学する大学の交換留学プログラムを調べてみます。私が行っていた大学にも日本のいろんな大学から交換留学で1年来ている人が多くいました。これですと、アメリカの大学で取った単位も日本の大学で単位として認められるので、ちゃんと4年で卒業できるようです。そこで気に入れば、院への留学を検討したらいいのではないでしょうか。

Q専門学校卒業後に留学

現在高校3年生で将来留学がしたくていろいろ調べています。

日本では専門学校卒業後に大学の2年生か3年生か(忘れてしまいました…)に編入できる制度があるらしいのですが、英語力が海外の大学に直接入学できるくらい高く、大学で学びたい学科の勉強(たとえば経済とか会計とか)を日本の専門学校で学んでいるとして
日本の専門学校を卒業後に海外の大学に編入することって可能ですか?
短大卒業後や4年生大学の途中でというのはよく聞きますが専門学校はどうなのでしょうか?

続けて質問してもうしわけないのですが、
日本の専門学校を卒業後海外の語学学校へ入学し、日常会話やビジネス英会話に困らない程度の英語力がついていてパソコンがある程度使える、中国語が喋れるとして、海外(希望としてはカナダかアメリカかオーストラリアです)で就職することは可能でしょうか?
日本では一流企業はほとんど大卒しかとりませんよね?日本の専門卒(現地では外国人)ではたとえ就職に有利とされる資格があっても就職は難しいでしょうか?

何もしらないバカな高校生で、いろいろ質問して申し訳ないです。
回答よろしくお願いします。

現在高校3年生で将来留学がしたくていろいろ調べています。

日本では専門学校卒業後に大学の2年生か3年生か(忘れてしまいました…)に編入できる制度があるらしいのですが、英語力が海外の大学に直接入学できるくらい高く、大学で学びたい学科の勉強(たとえば経済とか会計とか)を日本の専門学校で学んでいるとして
日本の専門学校を卒業後に海外の大学に編入することって可能ですか?
短大卒業後や4年生大学の途中でというのはよく聞きますが専門学校はどうなのでしょうか?

続けて質問してもうしわけな...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカの大学は編入しやすいですが、アメリカ現地の専門学校からの編入はシステムが違うと簡単に認めないため、日本の専門学校から編入しても単位は認めて貰えず、1年生からやり直しになる可能性が高いと思われます。
日本の編入でも短大での単位は殆ど認めて貰えませんしね。

ただし、日本の専門学校に姉妹校システムがあれば別です。
知人は日本で写真専門学校を卒業し、提携しているアメリカの美術大学の3年生へ編入できましたから。
こういう制度があるかどうか、志望校にお問い合わせください。

ただし、先進国が就労ビザを出すのは「高学歴で高度な職能を持つ人」なので、専門学校卒では海外就職は難しいです。
たとえば、アメリカやカナダでは、就労ビザや永住権を取得して働くには、4大卒の学歴が最低限必要ですし、修士等の上級学位があれば、もっと有利になります。
北米の大学は、日本の専門学校にある多くの分野をカバーしていて、調理やホテル業まで専攻があり、卒業すれば準学士や学士の学位が貰えます。
一方、専門学校は美容師などの職人になりたい人や大学へ行けない人が進学する学校とみなされて評価が低く、就労ビザが取得しにくいんです。

「日常会話やビジネス英会話に困らない程度の英語力がついていてパソコンがある程度使える、中国語が喋れる専門学校卒」では、北米で就労ビザや永住権を取得するのは難しいでしょう(中国やアジアなら可能かもしれませんが)。
それに、英語を使って仕事をするには、読み・書き・話すが万遍なくビジネスレベルでなければならず、日常英会話だけでは無理です。
語学学校へ1~2年通ったところで、このビジネスレベルの英語力を身につけることは不可能です。
アメリカのESLは大学へ入学するための語学力をつける学校であり、内容は日本の高校英語の復習ですから。

海外の大学へ編入するつもりであれば、日本の大学へ行きましょう。
また、将来的に海外で働きたいのであれば、専門学校卒ではどこへ行っても不利になります。
専門学校へ行くくらいならば、自分が将来働きたい国の大学へ直接に入学して卒業しましょう。
カナダやオーストラリアの個人技能永住権申請では、自国の大学を卒業した場合には加算点が貰えますから。
No1さんお勧めのような外語専門学校は、費用がバカ高くて内容が悪いのでお勧めできません。
大学へ入学できるほどの英語力がないなら、外語専門学校へ入学するより、直接に現地の語学学校へ通う方がましだと思います。
たとえば、アメリカなら、付属ESLの上級コースを卒業すればTOEFLなしで自動的に入学できる短大や大学がたくさんありますしね。

就労ビザや永住権の申請については、以下のサイトがよくまとまっています。
自分で研究してみてください。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/

アメリカの大学は編入しやすいですが、アメリカ現地の専門学校からの編入はシステムが違うと簡単に認めないため、日本の専門学校から編入しても単位は認めて貰えず、1年生からやり直しになる可能性が高いと思われます。
日本の編入でも短大での単位は殆ど認めて貰えませんしね。

ただし、日本の専門学校に姉妹校システムがあれば別です。
知人は日本で写真専門学校を卒業し、提携しているアメリカの美術大学の3年生へ編入できましたから。
こういう制度があるかどうか、志望校にお問い合わせください。

...続きを読む

Q新卒を逃した方はどのように就活をしていますか?

私は新卒を逃してしまいました2012年度卒です。

こうなると既卒者というわけで新卒では受けられないわけです。

しかし中途採用は基本的に経験者中心とききますし、採用人数が少ないです。

わけあって就活をしばらくしてこなかった私ですが、
既卒となってしまった今正直憂鬱というかいまいちやる気が出ません。

やはり既卒者でも何とかして数少ない中、
既卒後も新卒扱いしてくれる、または未経験OKで中途採用してる会社を探すしか選択はないのでしょうか?


また新卒を逃した方はどのように就活を続けているかも気になるのでその辺の近況をできたら報告お願いします。

Aベストアンサー

2011年3月卒で、つい数か月前まで約1年半、既卒身分で就活していました。

正直、私の場合、既卒者でも何とかして数少ない中、探すしかない状態でした

東京の私立大に通ってましたが、卒業後は地元に戻って就活してました。
在学中はこれといって勉強もせず、資格も取らず、ただバイトしてダラダラ遊んでいるという状態でした。そんなですから単位も落として1年留年してしまい、とりあえず卒業する事で頭が一杯で、ほとんど就活もしておらず…新卒を棒に振った自業自得なダメ大学生でした。

卒業後は、はたらいく、リクナビといった求人サイトよりも、地元のハローワークを中心に職探しをしてました。
既卒含む新卒用の求人検索も出来ますし、ハローワークの担当職員も丁寧に対応してくれてましたので。

卒業後3年以内であれば、既卒でも新卒扱いしてくれる制度を使った企業もそこそこあり、学生に混じって新卒採用試験に臨んでいましたよ。
営業、介護福祉の求人が多くて、それ以外の求人は競争率が高く、しかも採用枠はかなり少ないです。当然、新卒者に勝てるスペックのない自分は連戦連敗で、書類選考に受かり、筆記をパスして面接までいければ良い方でした。
中途採用の求人にも何度か応募しましたが、まあ、社会経験もなく新卒でもない既卒ですから、よっぽどでないと受からないです。

就活9カ月目でようやく1社受かった既卒含む若手採用の仕事(食品業界)ですが、続かないなと感じて入社1週間で試用期間中に辞めました。1週間程度ならば履歴書には職歴つかないので、初仕事を短期間で辞めたという下手な経歴がつかない内に再び「無傷の既卒」として就活に戻ろうと思いました。
その後すぐに就活を再開し、数カ月後に、来年の定年退職で空く席を埋めるための求人(教育業界、総務職正社員)に受かり、今現在ハラハラしながら何とか勤めています。
採用枠2人の所に20人ほど試験に来てました。

こんなダメダメな自分が言うのもおこがましいですが、質問者様のお気持ちはよく理解できます。

無職期間は辛いですが、今後得られない貴重で長大な自由時間と前向き捉え、就活に支障のない範囲でバイトするなり、資格所得の勉強なり、趣味や遊びに費やす(笑)なり、とにかく引きこもり状態にならないようにするのだけは注意してました。ただでさえ肩身狭いですので、ことさら憂鬱にやられないようにするのが大事だと思います。
心と身体が健康であれば、あとは何とかなるのではないかと身を持って実感しています。

2011年3月卒で、つい数か月前まで約1年半、既卒身分で就活していました。

正直、私の場合、既卒者でも何とかして数少ない中、探すしかない状態でした

東京の私立大に通ってましたが、卒業後は地元に戻って就活してました。
在学中はこれといって勉強もせず、資格も取らず、ただバイトしてダラダラ遊んでいるという状態でした。そんなですから単位も落として1年留年してしまい、とりあえず卒業する事で頭が一杯で、ほとんど就活もしておらず…新卒を棒に振った自業自得なダメ大学生でした。

卒業後は、はたらい...続きを読む

Q欧米の大学生が卒業後1年間かけて世界を旅することは特別珍しいことではないんですか?

先日、NHKの「アフリカ縦断114日の旅」の前編の冒頭で何人かのメンバーがツアーに参加した動機を話していました。
その中で、一人のイギリスの大学生(男)が”アジア・オセアニア・アフリカを1年間かけて卒業旅行をして自分の目で世界を見てみたい。”、と言っていました。
日本と違ってゆったりしてるなー、と言う感想を持ちました。

日本でもこんなことしてる人はいると思いますが、きっと少数でしょう。欧米では若者が1年かけて世界を旅するというのは特別なことではないんでしょうか?

Aベストアンサー

まず、「大学生」そのものの価値が日本とはまったく違います

大学を卒業すれば「学士」という資格保持者になり(これは日本でも同じですが)、
何に対しても即戦力を求められます
大学を卒業して、企業側が「新人研修」なんてしていたら、
「バカにするんじゃない!」って感じで、採用された新卒者は会社を訴えかねません。
大学在学中に、プロとしての実践も積むのが普通だからです
高校卒業後、自分で働いて、30歳を過ぎて「学費がたまったから」と大学に入学する、なんてことも普通です

ということで、日本と違ってゆったりしているのではなく、
日本と違って自分に対してシビアなんです
イギリスならいまだにかなりの階級社会ですから、少しでも自分の価値を高めることに真剣なのは当然でしょう

卒業後の世界一周旅行も、自分の価値を高める方法のひとつなのでは?
大人としての覚悟のレベルが違うので、世界一周から学びとる内容の濃さは、もしかすると、日本の若者の比ではないのかもしれません。
もっとも、ドラッグやパーティに時間と身を費やす大学生も多いのですが、
それでも、卒業後はしっかり社会人として立派に機能していて驚きです

若者が、上流階級でもないのにゆったりしているのは、先進国の中ではおそらく日本が一番くらいなんではないでしょうか

まず、「大学生」そのものの価値が日本とはまったく違います

大学を卒業すれば「学士」という資格保持者になり(これは日本でも同じですが)、
何に対しても即戦力を求められます
大学を卒業して、企業側が「新人研修」なんてしていたら、
「バカにするんじゃない!」って感じで、採用された新卒者は会社を訴えかねません。
大学在学中に、プロとしての実践も積むのが普通だからです
高校卒業後、自分で働いて、30歳を過ぎて「学費がたまったから」と大学に入学する、なんてことも普通です

ということ...続きを読む

Q今すぐ第二新卒で就活か、ワーキングホリデーか…?

22歳女性です。
この春就職先が決まらないまま関東の国立大学(文系)を卒業し、実家に出戻りしてしまいました。


元々留学に興味があったことに加え親が肯定的な姿勢を取ってくれたこともあり、就職を断念してからつい最近まで、「オーストラリアにワーキングホリデー(以下ワーホリ)に行って資格をとって、第二新卒のうちに就職する!!若いうちにしかできないことやる!!」と息巻いていました。
しかし、ネットでワーホリの経験はそれほど就活に有利に働かないことを知り、バカなこと考えるのはやめて今すぐ就活再開したほうがいいんじゃないか…?とも思うようになってしまいました。

今心に引っかかっているのは、以下のような点です。

1.ワーホリに行くとして

・帰国は来年の夏あたりになるが、就職が1年遅れるのと2年遅れるのとでは、大きな差はあるのか?
・人事は、就職できずにワーホリに行ってきたという経験はどのように受け取るのか?


2.今すぐ就職活動するとして

・すでに今年の就活の流れに乗り遅れているが、挽回できるのか?
(自己分析やWebテスト対策等。自分次第ではあるのですが。)
・面接に落ちまくっていたときからなにも進歩していないのに、内定なんてとれるのか?
(ワーホリに行って、資格とか取ってきた方がまだマシなんじゃないか)

こんな感じでどちらを向いてもマイナス思考になってしまい、若干パニックです…。


ワーホリに行くならば、児童英語教師や日本語教師など、なにかしら専門性のある資格を取り、帰国後それらを生かせる仕事を探したいな、と考えています。遊ぶことは一切考えず、あくまでアピールできる資格を取るための渡航にするつもりです。
また現時点では、私のような第二新卒の人の就職を支援する仕事もいいなあと、漠然と考えています。


ゆとりはこれだから云々・・・と言われるのも承知の上です。
ワーホリ経験のある方、人事経験のある方、どっちもないけど社会人だよという方…等々、どんな方でも構いません、「人事はこう受け取るよ」「自分が同じ立場だったらこうするよ」等、人生の先輩としてアドバイスしていただけたら幸いです。

乱文で申し訳ありません。読んでいただきありがとうございます。
よろしければ回答をお願いいたします。

22歳女性です。
この春就職先が決まらないまま関東の国立大学(文系)を卒業し、実家に出戻りしてしまいました。


元々留学に興味があったことに加え親が肯定的な姿勢を取ってくれたこともあり、就職を断念してからつい最近まで、「オーストラリアにワーキングホリデー(以下ワーホリ)に行って資格をとって、第二新卒のうちに就職する!!若いうちにしかできないことやる!!」と息巻いていました。
しかし、ネットでワーホリの経験はそれほど就活に有利に働かないことを知り、バカなこと考えるのはやめて今す...続きを読む

Aベストアンサー

んー、私だったらワーホリに行きますね。安いお金では無いはずなので、行けるチャンスが有るなら行っておきたい所です。正直今の就活状況を見ると1年遅れだろうが2年だろうがあまり変わらない気がします。なら、ワーホリでもなんでもやって経験を積んで戻って来た方がまだチャンスが有ると思うんですよね。

ただまあ、私も海外に居るワーホリの人を見てきましたが、最初は息巻いてくる物の結局回りと迎合して堕落してしまい、あまり身の有る経験を積むことが出来なかった、、、なんて話はとても良く聞きました。正直、1年のワーホリで出来る事ってものすごく少ないです。現地に慣れるのに2ヶ月帰国準備に1ヶ月位取られるので、実質9ヶ月くらいしか修行出来ないのですよね。その中で身の有ることをしようと思ったら、それこそ寝る間も削って勉強しないと役に立つ「何か」は身に付かないですよ。逆に、そういう生活をして「何か」を得る事ができたなら、それは次の就活時に必ず役に立ちます。

もう分かっていると思いますが、ワーホリに行って英語をちょっと学んで資格を得た位で、次の就職が安泰になるなんて事は絶対にあり得ません。日本語教師にしたって、今や腐るほど居ますし、専門性のある資格なんて言っても今の時代必要なのは実務経験でしょうから役に立つとも思えません。ワーホリに行って学ばなければ行けないのは、海外でのビジネス感覚を養う事だと思います。いかにして海外企業と接し、彼らを取り入ることが出来るか?それを養いに行くべきだと思いますよ。

次の就活時に、自分がどんな風にアピールするか?どんなPRできるか? そういった事を念頭に置いてワーホリ生活をする必要は有ると思います。資格を取るために、、「習う」為にワーホリに行くというのはあまり意味が無いと思います。積極的に行動し、学び、なんでも吸収する強い意志を持ってワーホリに望んでください。

んー、私だったらワーホリに行きますね。安いお金では無いはずなので、行けるチャンスが有るなら行っておきたい所です。正直今の就活状況を見ると1年遅れだろうが2年だろうがあまり変わらない気がします。なら、ワーホリでもなんでもやって経験を積んで戻って来た方がまだチャンスが有ると思うんですよね。

ただまあ、私も海外に居るワーホリの人を見てきましたが、最初は息巻いてくる物の結局回りと迎合して堕落してしまい、あまり身の有る経験を積むことが出来なかった、、、なんて話はとても良く聞きました...続きを読む

Q海外勤務の実現可能性が高い業界や職種

私は現在大学三年生でそろそろ就職活動を本格的に始めようと思っています。
そこで質問なのですが、私は将来どうしても海外で仕事がしたいと考えています。一口に「海外勤務」といっても色々な勤務があるとは思いますが、現実的に自分の英語力(TOEIC700点程度)から考えて英語圏ではなく、入社後に特別な語学教育を受けて(例えばマレーシア語など)その地域へ派遣されるという形がベストではないかと考えています。正直この国がいいなどのこだわりはありません。
そこで、上のような海外勤務ができる可能性が一番高い業界や職種にはどのようなものがあるのでしょうか?回答よろしくお願いします。
またなぜ海外勤務にこだわるか疑問をお持ちになるかもしれませんが、自分は今までの大学生活で長期休みのたびに一人で世界を旅してきて、それに魅せられたという部分が大きいです。このような経験は就職の際強みになるのでしょうか?そんなことをしている人間はいくらでもいるのでプラスにはならないのではないかと自分では考えているのですが・・・
回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、業種から言えば金融、商社、メーカー、流通、サービス、マスコミと何でもあり状態ですね。
かくいう私も上記の一分野ですが・・・。

業種にもよるでしょうが、入社した時から一貫してその気持ちを持ち続けていればチャンスは巡ってきますし、特技をアピールすることでさらにその道は近づきます。
ただ、漫然と希望しているだけでは望みは叶いません。
TOEFLやTOEICなどの語学は、現地でスムーズに業務を行うためのツールに過ぎません。
むしろ、その会社が海外で行っている事業に必要な業務スキルを身につけることが絶対条件です。

>このような経験は就職の際強みになるのでしょうか?

入社の際のアピールになるかどうかは分かりませんが、入社後の海外勤務へのアピールとしては意味が無いと思います。
前述の通り、海外で必要な業務スキル(語学除く)を持っているかどうかが決め手です。

老婆心ながら、海外で働くことだけが目的なら現地採用という手もあるかもしれませんが、現地採用と日本からの駐在員では待遇に天と地ほどの差があります。
もし、あなたの希望が一過性のものでないなら、しっかりと日本で就職して、駐在の道を求めた方が良いと思います。
目標を見失わずに努力すればチャンスは巡ってきます。しかし、後悔は先に立たないのです。

>入社後に特別な語学教育を受けて(例えばマレーシア語など)

これから就職される身のあなたにはキツイ言葉ですが、この手の考えは早く捨てた方が良いと思います。
私はある程度の自身の目標が定まった時期に、自腹で地元の語学学校に通いました。
そして、赴任後も自力で勉強を続けています。

「本来、そんな金は会社が払うんじゃないの?」という正論も理解できます。
しかし、自分の目標を達成するには、「納得しようがしまいが、アピールできる事は全てする」ぐらいの気概が無ければ実現しません。
正論を振りかざして自分の目標が絶たれるほうがよっぽどもったいないですから。
仮に、あなたと私のような人間が同時に就職したら、会社はどっちを海外派遣するでしょうか?

私なりの結論は、
1.海外にある程度の事業規模をもっている会社なら業種は問わずにチャンスはある
2.就職してからどの業務が海外事業と繋がっているか把握し、その仕事に積極的に絡む
3.その努力を数年続ける。そして時期を見計らって希望する
これが一番有効だと思います。

バンコク駐在

まず、業種から言えば金融、商社、メーカー、流通、サービス、マスコミと何でもあり状態ですね。
かくいう私も上記の一分野ですが・・・。

業種にもよるでしょうが、入社した時から一貫してその気持ちを持ち続けていればチャンスは巡ってきますし、特技をアピールすることでさらにその道は近づきます。
ただ、漫然と希望しているだけでは望みは叶いません。
TOEFLやTOEICなどの語学は、現地でスムーズに業務を行うためのツールに過ぎません。
むしろ、その会社が海外で行っている事業に必要な業務スキルを...続きを読む

Q大学4年生なのに就活にやる気が出ません

私立文系に通う2013年卒業予定の大学4生年の男性です。
就活しないと来年から無職なことは分かり切っているのに、
嫌なことはしたくないしまだ遊び足りないという思いが募っています。

私が就活を始めたのは一年以上前でした。
3年の春先からは業界セミナーなどを受け、夏には地元の財団法人へのインターンシップ、
12月からの合同企業説明会への参加など、いたって普通の手順を踏んできました。
ぬるい学生気分なのに就活→社会人という流れを前にして将来が非常に怖く、
何となくやりたいことがあっても自分の学力ややる気ではどうにもならないと感じていました。
そのため、多くの学生がそうであるように、自分の学歴や能力に見合った企業を探して何社か
受ければ、高校・大学が推薦で決まった時のように早く決まるだろうと、その時は考えていました。
しかし、いざ書類を書くとなると大学生活で体系的に表現できるような頑張ったことは無いし、
こんなことなら真面目に授業なんか受けずに好きに遊んでおけばよかったと思いはじめました。
ネタをねつ造しようとすれば罪悪感が募るし、バイトにも出なければ生活できないので、
長い春休みにも就活に完全集中するという気にはなれませんでした。

就活が嫌になり、友達や先生に勧められたこともあり春先には大学院進学も考え始めました。
その頃は学部の必修単位が1単位残っていて、嫌で仕方ない語学に出席するのが憂鬱でした。
やがて出席するのが嫌になり、内定が出たら後期に単位を取ろうと思い授業を休みだしました。
しかし入りたいなと思う企業は無く、試しに受けてみるということも私にはできませんでした。
したがって受験した数も10社とちょっとで、どれも嫌々受けていたので悟られたのか惨敗でした。
今年でもう学生は終わりなのに、こんなことで社会に通用するのかと更に不安になってきました。

6月になると代返して遊んでいた奴や話を誇張した奴にも続々と内定者が出始めました。
私は学内の奨学金を取るために真面目に大学の勉強をしてきたつもりでした。
4年生までは平日のバイトや友達からの誘いも断り、馬鹿正直にせっせと学校に行っていました。
もちろん勉強は楽しかったですし、先生や友達にも認めてもらい嬉しかった部分もありましたが、
結局将来の飯のタネにも就活のネタにもならないのが大学の勉強だということに気付きました。
大学に入学した頃、「学問と就職が直結する人間は少数だし、自分の好きな勉強を楽しんだ後で
自分に見合った企業を探して就職すればいい、4年もあるしそのくらいの覚悟はついてくる」
そう考えていました。
しかし、奨学金には成績が届かなかった挙句、先の必修単位をいつまでも残してしまいました。

夏前になると全てがバカバカしくなり、院進学の考えも捨てて秋採用から頑張ることにしました。
3年間やっているイベンターのバイトに多く出て、稼いだお金は飲み代や買い物に費やしました。
このアルバイト先については既卒フリーターの人が圧倒的に多く、入った頃には
「なんでみんな就職しなかったんだ?30近いのにバイトとかやばいだろ…」と思っていましたが、
自分が就活に躓いたこともあり、バイト先の人達のような人生もありなのかなと感じ始めました。
さすがにフリーターになる気はありませんでしたが、要領よく遊んで必要最低限の単位を取り、
就活を終えて社会に出ていくという「普通の学生」の道からどんどん離れている気がしました。

8月、夏休みに入り、秋採用までの充電期間のつもりで遊びました。
彼女と別れたりイライラすることもありましたが、友達と旅行やキャンプやコンサートに行き、
「それなりに楽しんだしこれで秋からは本気になれる」とその時は決意できました。
9月末から後期が始まりましたが、必修の授業に出るのが面倒くさくてたまりませんでした。
今でも授業に出ていますが、まったくついていけません。勉強するかと思えばそうでもなく、
就活するかと思えば授業があるからと言い訳にし、週末はバイトに出て毎日あっという間です。


最近、バイトや授業を通して大学生の後輩と話す機会がありますが1、2年の子が羨ましいです。
彼らは今どれだけ遊ぼうとバイトしようと学校をさぼろうと、「それなりに経験や形として残る何か」
をして大学生活を楽しめば、就活もきっと早く終わって今の自分の時期にはまた遊べるんだなと。
私も留学やサークルなど、やりたいことは何となくありましたが、金の問題や人の目が気になり、
同じような友達とつるんでたまに遊んで楽しいからまあ良い大学生活だなと思うことがあれば、
サークルも恋愛もしてないしオレは何のために生きてるんだと思うことの繰り返しでした。
何が言いたいのかというと、大学に真面目に行っていた(つもりだった)ことへの疑問と、、
やりたいことは失敗を恐れずやり、もっと視野を広く持って過ごせばよかったなという後悔です。

親や先生や友達は私に対して、しっかりしているし意志が強いから就活も大丈夫と言いますが、
それは周りに良く見えるように作り上げた「広報用の自分」の姿でしかありませんでした。
本当は神経質で気が小さく、不器用さとつまらぬこだわりで常に身を縮めているのが本性です。
良い自分を演じて人に認められたり評価されたりすると、うまくいったと内心有頂天になり、
その後にダメな本当の自分の無力さを思い出し、暗い現実に苦悩することの繰り返しです。

就職活動も2014卒に移行しつつありますが、私はこの期に及んでやる気が出ません。
本当のことを言うと
「卒業はしたいけど学生気分で居たい、友達も頭も今の状態のまま大学2年生くらいに戻りたい」
という子供みたいなことばかり考えています。こんな後悔をするくらいなら、
難しく考えずに単位はしっかり取って遊んで、就活も短期集中すれば良かったと感じています。
それならそれで私の性格だと、就活に行き詰ると勉強でも頑張ればよかったと思いそうですが…
卒業も就職も留年も嫌だ、しかし就活も授業も出たくない、なら休学してフリーターにでもなって
将来を考えるか、いやそれはレールから外れるからダメだ。 本当に頭の中が支離滅裂です。
もう大学生活の全てが支離滅裂な気がし、就活がうまくいかないのが分かる気がします。

以上大変な乱文となりましたが、
やはりストレートに就職して卒業したいと思います。
人生に悩んだとき海外留学で全てが変わったという人などに憧れはしますが、
やはり今はやる気を出して就活をとにかく早く終わらせたいです。
何でもいいのでアドバイスの程よろしくお願い致します。

私立文系に通う2013年卒業予定の大学4生年の男性です。
就活しないと来年から無職なことは分かり切っているのに、
嫌なことはしたくないしまだ遊び足りないという思いが募っています。

私が就活を始めたのは一年以上前でした。
3年の春先からは業界セミナーなどを受け、夏には地元の財団法人へのインターンシップ、
12月からの合同企業説明会への参加など、いたって普通の手順を踏んできました。
ぬるい学生気分なのに就活→社会人という流れを前にして将来が非常に怖く、
何となくやりたいことがあっても自分の...続きを読む

Aベストアンサー

自分の経験談を話すと、私も高卒で働きたくないから大学に行った。
就活したくないから大学院も考えた、と言うあなたとさして変わらないと思う。
大学は文系。時間はあったのでバイトをした。そこで私を指導したパートタイマーはいつも怒鳴っていた。
私が仕事に対して考えが甘かった点もあるとは思うが、それ以上に個人的感情を押しつけられているように感じた。
あれから数十年経ち社会経験を積んだ今でも、あの時のパートタイマーは私に対し理不尽に怒っていたと思う。
あの当時、私は何を決意したか。「自分はパートタイマーを指導する立場の人間になってやる」
その気持ちは、多少困難なことにぶつかっても壊れることはなかった。

あなたと私が違うのは、この点だと思う。
あなたもバイトをしていて、「なんでみんな就職しなかったんだ?30近いのにバイトとかやばいだろ」と思ったにも関わらず、
今ではなんだかそれでもいいや、と諦めムードになっている。
長い長い自分語りを読んで感じたことは、あなたには将来に対する危機感がまったくないということ、
過去ばかり振り返り、前をちっとも向いていないということ。
将来結婚をし、子どもを育てていくには定職に就くことが最低条件であり、非正規雇用では家族を持てない。
人生設計はできているのか。過去と今現在しか見ていないのではないか。

繰り返すが、私も働きたくないから大学に行った。しかし、いずれ定職に就くことは自分の人生で決まっていることだと自覚していた。
タイムリミットがあること、それをもう先延ばしすることなどできないことも自覚していた。
限られた時間内でやるべきことはさっさと決めた。何とかなる、と楽観したことはなかった。

あなたが就活に失敗し続けているのは危機感がないからだと思う。
自分は無能な人間だと認めているように見えて、実は周りから「大丈夫」と言われていることに安心していないか。
無能でも有能でも本当は関係がない。どちらでもいいから、必死になればいいと思う。
働きたくて働きたくてたまらない、自分こそが御社に貢献できる最高の人物である、その気持ちは言葉を紡がなくても繕わなくても通じるものだ。

私は今、人を雇う側の人間になっている。
小さな私塾だが、パートタイムで事務をやってもらっている。
真面目に勉強してきた人は仕事が緻密で信頼ができる。
しかしそれ以前に、働きたい気持ちが前に現れていない人を採用することはない。

日本の将来を任せられる若い人たちが数多く育って欲しい。
あなたもどうかくじけずに頑張って欲しいと、強く願っている。

自分の経験談を話すと、私も高卒で働きたくないから大学に行った。
就活したくないから大学院も考えた、と言うあなたとさして変わらないと思う。
大学は文系。時間はあったのでバイトをした。そこで私を指導したパートタイマーはいつも怒鳴っていた。
私が仕事に対して考えが甘かった点もあるとは思うが、それ以上に個人的感情を押しつけられているように感じた。
あれから数十年経ち社会経験を積んだ今でも、あの時のパートタイマーは私に対し理不尽に怒っていたと思う。
あの当時、私は何を決意したか。「自分は...続きを読む

Q日本の大学を卒業後海外の大学に一年から入学したい

こんにちは。
日本の4年生大学を卒業後、アメリカなどの海外の大学の学士入学を
することはできるのでしょうか?
アメリカでは、一度大学を出た人は、再度大学の学士から
入学することができないようなことを聞いたことがあるのですが、
実際のところ、どうなのでしょうか?

知識をお持ちの方、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

出来ると思います。私が留学していたのは、かなり前ですが、あなたの様に日本の大学をすでに卒業してから、学士に留学している人が何人かいました。州立大学です。でも、1年から入学する必要はないのでは? 日本の単位も認めてくれると思います。大学に頼めば取った単位の英文書類も作ってくれると思います。それを出せば、アメリカの大学はどの単位が認められるか審査してくれるはずです。学士とってから来ていた人は、かなり単位が認められて、いきなり3年生以上だったと思います。アメリカの大学の1年次の一般教養は特に理系に限れば、日本の中学、高校レベルなので、日本で大学卒業しているなら、一般教養をスキップした方が効率的です。効率的に学士とって、早く修士に行った方がいいと思います。いきなり修士に挑戦してみてもいいのではないでしょうか。 全く畑違いの専攻を狙っているのかな。

学士も修士もアメリカでとりましたが、修士の方が落ち着いて勉強できます。生徒の年齢も上がり、皆落ち着いていますし、難易度は高くなりますが、自分の興味のある分野のみの勉強ですので、楽しかったです。英語が初めはネックになると思い、いきなり修士は?と思うかもしれませんが、修士で自分の好きな分野に集中した方が、英語のネックにならないかと思います。

私は、Undergraduateの必須の数々のEnglishとアメリカ史の授業が一番苦痛でした。

出来ると思います。私が留学していたのは、かなり前ですが、あなたの様に日本の大学をすでに卒業してから、学士に留学している人が何人かいました。州立大学です。でも、1年から入学する必要はないのでは? 日本の単位も認めてくれると思います。大学に頼めば取った単位の英文書類も作ってくれると思います。それを出せば、アメリカの大学はどの単位が認められるか審査してくれるはずです。学士とってから来ていた人は、かなり単位が認められて、いきなり3年生以上だったと思います。アメリカの大学の1年次の一般...続きを読む

Q新卒で契約社員や派遣社員は可能でしょうか?

現在大学4年の女子です。

卒業まであとわずかという時期ですが、未だ一社からも内定を頂けていません。
最近では求人自体もかなり減り、もう正社員は諦めて契約社員や派遣社員の少しでも良い条件の仕事を探そうかという考え方になってきました。

その考え方が間違っているかどうかというのはここでは置いておいて、現実問題として新卒が派遣や契約社員として採用されることはあるのでしょうか?

最近では新卒派遣という言葉も聞きますし、一応あるにはあるのだろうとは思うのですが、実際に新卒派遣で働く人の話を聞いたことが無く、どこまで広まっていてどれくらいの人が利用しているのか、など分からないことが多々あります。

新卒で派遣や契約社員などとして働いていらっしゃる方がいらしたら、どのような仕組で、どのようなお仕事が紹介されるのかなど、色々教えて頂ければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの質問に答えると、派遣や契約はありますよ。先にそういう会社を受けるか、登録するんですよ。
ただキャリア0の状態だから、あんまり良い条件では無いでしょうね。

ただ、いまは「AかBか?」みたいな単純にそういう枠組みで動かない方がいいですよ。
例えば銀行や航空会社の女の子の半数以上は既に派遣や契約ですよ?
大手メーカーの事務の子とかもそうです。
でも言わば「派遣・契約の勝ち組」みたいなもんで、優秀だし、
ふつうの派遣や契約よりもずっと待遇も良いのです。
(でも人気でなれない人が多いわけです)
知る限りそこから社員になる人もけっこういますよ。
だからもしそこに就けるなら十分にアリな選択ですよ。

>となると、派遣期間の定まっている登録型派遣よりも普通にフリーターとして働く方が、100%仕事を切られると決まっているわけではないのでいいんですかね?

日本の場合は、キャリアは「流れ」を重視します。
だから東大を出てすぐ主婦になって3年が経過して「さあ働こうか」となると、
中小企業で3年働いた人よりもずっと下の評価になります。

つまり日本においてキャリアの断絶は「キャリアの死」を意味します。
日本は大学や高校を卒業するまではコドモとしてすごく優しく『権利』を多く与えるのに対し、
卒業をすればオトナとして扱われて、多くの『義務』を課しすごく厳しいのです。


【結論】
留年してでもいいのでまずは正社員、あるいは契約、派遣を目指すべきですよ。
ある意味で、中小企業でも3年5年とやれば、それを評価してくれる人や会社が出てきます。
周囲を見て焦ることもあるでしょうけど、長いスパンでキャリアを見て、
楽しみながら就職活動を続けてください。
特殊なことをする必要はまったくなく、ビジネス本や先生や親に言われていることをコツコツ守って、
継続していれば合格率はずっと上がります。

僕自身が学生や新卒を見て感じるのは、ふだんの生き方が甘いのかな、と言う感じです。逆に普段から厳しさを持って自律できている人は「シュウカツごときちょろい」感じですね。
お金も時間も能力も、言い訳せずに、コツコツやれば結果はついてきますよ。

あと「女には結婚があるから」と言う逃げの考えは捨てて下さい。そんなものありません。
データによると20代男性の半数以上は結婚後もパートナーに働く事を求めています。
また30代女性の30%以上が未婚です(今後日本人の20%程度は生涯、結婚しなくなると言われて
います。)
女性だからこそ働く事に前向きになって、キャリアを真剣に選択していくべきです。

あなたの質問に答えると、派遣や契約はありますよ。先にそういう会社を受けるか、登録するんですよ。
ただキャリア0の状態だから、あんまり良い条件では無いでしょうね。

ただ、いまは「AかBか?」みたいな単純にそういう枠組みで動かない方がいいですよ。
例えば銀行や航空会社の女の子の半数以上は既に派遣や契約ですよ?
大手メーカーの事務の子とかもそうです。
でも言わば「派遣・契約の勝ち組」みたいなもんで、優秀だし、
ふつうの派遣や契約よりもずっと待遇も良いのです。
(でも人気でなれない人が多い...続きを読む


人気Q&Aランキング