ちょっと変わったマニアな作品が集結

「以上」と「以下」は、60キロ以上、60キロ以下。その数を含んで、多いか、少ないかですよね?

「じゃあ、以内は?」と聞かれて、
「範囲」と答えましたが、1万円以下、1万円以内だと、区別が「以下」と「以内」の区別がよくわからなくなりました。

「以上」「以下」「以内」の違いの上手な説明の仕方を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「以上」はいいですよね。

「基準点を含んでそれより上」という意味です。

問題は「以下」と「以内」の違いです。かなり意味が重複しているので、置き換え可能な場合がほとんどですが、一部に置き換えることができない場合もあります。つまり、微妙に意味が異なるんですよね。

「以下」は「基準点を含みそれより【下】」、「以内」は「基準点を【超えない範囲】」という意味です。ですので、「以内」を「範囲」と理解するのは、必ずしも間違っていないと思います。

「下」は、文脈により様々な意味を持ちます。値段であれば「安い」、年齢であれば「若い」、長さであれば「短い」、速度であれば「遅い」、質であれば「劣る」、前後であれば「後」などです。あとは、そのまんま「下の部分」という意味もありますよね。例えば「以下同様」、「以下同文」、「以下余白」などは「前後」のうち「後」の意味でしょう。文末を表す意味で「以上」を用いることもありますよね。

「1万円以下」は「1万円を含みそれより【安い】金額」、「1万円以内」は「1万円を【超えない】金額」という意味です。つまり「1万円以内」には「安い」という意味合いはないのです。営業などで訴求力を持たせるために「安い」という意味合いを強調させたければ、「1万円【以下】で済みますよ」という言い方の方が適切でしょう。

区別するならば、「以下」と「以内」が同時に用いられている文章を探してみましょう。例えば箱根駅伝で「次回のシード権(予選免除で出場する権利)が与えられるのは10位【以内】のチームであって、11位【以下】のチームには与えられない」。一目瞭然ですよね。
    • good
    • 9

不等式で書くなら、


 一万円以下は x≦10000
 一万円以内は 0≦x≦10000
ですかね。

「以内」という表現の場合、どこか範囲を考える基準となる点があり、そこからどこまで
離れていてもよいか、という意味になると思います。
「一万円以下」などの場合、自明な下限となる「0円」のところに意識をおいて、そこから
どれだけ離れているかという上限が「一万円」だという意味になります。
だから、同じようにある時点を基準点において「3日以内」などのように期間を表したり
「0回」を基準点において「5回以内」なとのような表現にも使えます。

それに対し、「以下」という場合はそのようにどこかを基準とする感覚はありません。
「一万円以下」という場合、あくまで意識があるのは境界となる一万円のところで、
そこから見て「ここより下」という感じですね。

だから、0が絶対的な基準として適当でないもの、例えば気温などの場合は「10度以下」
とは言えますが「10度以内」とは言えません。


あと、ご質問の内容とは直接関係ないですが、「以○」という表現は、その境界となる数値
などを含むかどうかを明確にする必要がある場合は「含む」と定義するのが普通だと
思いますが、実際に使われる場合、意識の上では境界を含んでいない場合も多いですよね。
たとえば、「一時間以上待った」と言う人がいたら、その人が実際に待った時間が一時間
ちょうどである可能性は全くないと思います。

また、明らかに境界を含まない言葉としては「以外」がありますね。
    • good
    • 2

ごめんさい、2に追記です。



「以内」は数字のみにはつかず、単位がセットになると思います。
×をつけたのはそういう意味です。
    • good
    • 4

10以上…10、11、12、13・・・


10以下…1、2、3、…9、10
10未満…1、2、3、…8、9
10以内…×

対象(?)が1人の場合は「以内」、複数の場合は「以下」かなと。
「10分以内に答える」←答えるのは自分1人
「半径2m以内に」←自分1人の半径2m以内

「5歳以下の子ども」←1歳の子ども、2歳のこども、3歳のこども…
「150cm以下」←140cmの人、141cmの人、142cmの人…

うまく言えないですけど。。。

「1万円以下」だと「罰金」
「1万円以内」だと「お買い物」なイメージですね。
    • good
    • 3

「以内は?」と聞かれて「範囲」と答えられたのでは、質問した相手の方がお気の毒な気がします。


質問者さまの「以上」「以下」の理解は正しいのですから、もったいない。
「以内」も「以上」や「以下」と同じく、基準にした数・量などを含みます。
だから、「1万円以内」というのは「1万円」も含みます。9,999円までOKということではないです。
「10キロ以内」といったら、丁度10キロまではOKです。

「以上」「以下」「以内」の3者に共通するのは、いずれも「以」という文字が入っていることです。
「以」はそこが基準点であることを示します。
ある地点に立って、「ここからこっちは俺の土地だ」と宣言する場合を想像してみると、自分が立っている地点も含まないと、そう宣言した途端に他人の土地に立っているということになってしまうでしょう。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q以内とは

30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?
60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?
契約上の問題などです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>30日以内とは30日も入りますか?それとも29日までですか?

30日も入ります.

>60日以内とは60日も入りますか?それとも59日までですか?

60日も入ります.

「以内」だけでなく,「以上」,「以下」についても共通ですが,ある数値や日数を基準にして,その基準を含んで(等しい場合を含む)それより多いか少ないかを表す方法です.
ただし,日本では昔,この意味がけっこうあいまいだったそうです.

数学では,「数値」≦ 「基準値」などと表わしますが,数学の影響もあり,法律の世界でも使うようになっています.
また,表わされた範囲の「30日以内」の外側については,「30日を超える/超過する」という表現がありますし,基準を含まない場合は,30日未満とかとも表現します.
さらに,「30日以内」は「30日を超えない」ということもあります.

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q★以上・以下★

『30以下』って30も含みますか?
含むとなると、『30以上』も30を含みますよね?

『30未満』は30を含まないですよね?

未満の反対の言葉ってありますか?

すみません。ばかばかしい質問ですが、どなたかご回答ください

Aベストアンサー

「以下」「以上」はそれを含みます。
未満は含みません。
覚えやすいのは漢字の意味を考えたらいいですよ! (^-^)v
以上の以は「もって」という意味がありますよね。
だから「○○以下」は「○○を以て下」という意味。
「○○未満」は「未だ満たず」だから「○○に未だ満たず」で含まない。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「以上以下」と「以外」の「以」の意味の違い

たとえば
「5以上」「5以下」の場合、5を含みますが
「5以外」の場合、5は含まれませんよね。

この場合、「以」の意味合いはどうなのでしょうか。
「外」に意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場所・地位・順序・時間・年齢・価値・等級などの高いこと・早いこと・前方にあるもの。また、そのもの。】として用いられています。「範囲」ではありません。「ある起点よりの方向」を示し、その限界はありませんから、範囲ではないのです。「5以上」と書いて、【5より上のもの】【5から上のもの】です。5を起点としてそれから上のものですから、5を含むことになります。
「下」についても同じです。

以上のような説明で、「以」の意味は同じであることが、お分かりいただけたでしょうか。

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「15日まで」とは、15日は含まれますか?

15日までに書類を提出しなくてはいけなくて、
私は15日も含まれると思っていたのですが、
14日中に書類を提出してほしかったと言われてしまって。。

「●日まで」というのは、その日は普通含まれるのでしょうか。。

Aベストアンサー

>「●日まで」というのは、その日は普通含まれるのでしょうか

言葉の上では、その日は含まれます。

ここから先は独り言

だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。

 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく
 れ」と言ったとします。言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。
 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック
 したいかもしれないですね。できれば
>14日中に書類を提出してほしかったと
 言われることも会社組織のなかではあることですよ
 ね。

 「だったら、そう言って下さいよ。」って言えませ
  んよね。

  また、本当に15日中で提出がいいとしても終業
  間際に提出してたらだめですよね。

もう一つ、ちょっと違うけど、

  「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで   ください。」と言われたら、15日のうちなら
  何時に振り込んでもいいのではないですよね。
  当然相手口座に15日中に入金されていなくては
  ならないですよね。質問とは関係ないですけど。

「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました
から。
  
14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。
確かに質問者は正しい。でもネ。
人生、先手先手。

「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。」

な~んてね。

>「●日まで」というのは、その日は普通含まれるのでしょうか

言葉の上では、その日は含まれます。

ここから先は独り言

だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。

 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく
 れ」と言ったとします。言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。
 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック
 したいかもしれないですね。できれば
>14日中に書類を提出してほしかったと
 言われることも会社組織のなかで...続きを読む

Q以上~未満でその数を含む物とは

以上、以下、以内、未満でその数を含む物含まない物をそれぞれ教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

10以上 100未満
    ↓
10 ~ 99 までの数となります。

「以上」、「以下」の意味は、それ自身をふくみます。
「未満」は、それに満たない、という意味です。
100未満だと、100に満たない、すなわち、99 までの数となります。

10以上 100以下
    ↓
10 ~ 100 (10から100まで含む。)

これは子供の頃のそろばんで習いました。

10日以内 → 今日を含めて10日目にあたる日まで

「以内」も「以上」「以下」と同様に考えられます。 
 

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング