法隆寺のパンフレットなんですが、法隆寺の写真の左端にマーク?家紋?みたいなものがあるのです。
○で中に◇の木のマークのような感じ、判り難いかも?
意味が知りたいのですが、誰か知ってる方いらっしゃいませんか?

A 回答 (2件)

法隆寺はユネスコの世界遺産(World Heritage)に登録されていますが、そのロゴマークではありませんか。


参考ページ(ユネスコ世界遺産)でご確認ください。


http://whc.unesco.org/nwhc/pages/home/pages/home …

参考URL:http://whc.unesco.org/nwhc/pages/home/pages/home …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ユネスコの世界遺産のマークだと確認できました。

お礼日時:2003/05/05 17:11

こういった質問は、直接法隆寺にメールでもされて


質問なさったらいかがでしょうか
一番確実な解答が得られると思います。

参考URL:http://www.horyuji.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/05/05 17:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留学生に法隆寺を案内するのですが・・・

 留学生に法隆寺に案内する予定なのですが今まで行った事もなく奈良に奈良に詳しくありません;法隆寺に参拝する予定ですが、その他法隆寺近くで名所?おすすめスポットがあれば教えてください!(できれば歩いていける範囲で)
 どこかのサイトで法隆寺の観光説明が詳細に載っている所があれば教えて欲しいです!

Aベストアンサー

こんばんは。

法隆寺にはボランティアの案内人がいます。
法隆寺のことをとても詳しく教えてくれます。
特に予約とかしなくても正面から入って、案内図の
前でボーっとしていたら向こうから
「ご案内しましょうか?」と声をかけてくれました。
お寺が広いのでゆっくり説明を聞いていたら1時間
くらいはあっという間でした。

ただ、人数が限られてますので会えるかどうかは
運しだいかな・・・???

ご参考になれば。
(案内はもちろん日本語ですので通訳してあげて
くださいね。)

Q「徳川家の葵の家紋」と「武田家の四つ割菱の家紋」のある寺

以前 あるTV番組を見ていた時に

 関東(正確に覚えていなくて)のとあるお寺に
「徳川家の葵の家紋」と「武田家の四つ割菱の家紋」が
刻まれた建物が、そのお寺の奥の院?にあり 武田家が
生き残りの保険として徳川家と繋がりが云々という放送をみました。

詳しく知りたいと思いましたので どなたか正確な情報お願いします。

Aベストアンサー

世羅田東照宮では
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/mystery.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/rise38it/49604890.html

Q焼失した国宝

昭和25年7月2日、国宝・金閣が放火されましたが
その後再建されたわけですが
燃えた金閣の瓦礫はすべて捨て去られたんでしょうか
足利義満像も焼失したといいます、炭になった写真をみたような気がします
ご存知の方お教えください

法隆寺の金堂も内陣は別に保存されているといいます。
しかし、失火のあとも、金堂は国宝として指定されていますが、なぜ国宝のままなのでしょうか

Aベストアンサー

 金閣については情報がありません。悪しからず。
 但し、義満像に関しては写真を見ると完全に焼けて原形を留めていませんし、首もなくなってしまっていたようです。東寺(教王護国寺)や寂光院の仏像のような修復は出来ないでしょう。

 法隆寺の金堂に関しては確かに火事にはなりましたけれど、焼けたのは内陣の壁画のみです。
 建物そのものは無事に残りました。これは丁度幸いにも修復作業のため屋根を外していたからです。
 もっともこの際の壁画模写作業のために持ち込んだ電気座布団が火災の原因ですから、幸いとは言えないかもしれません。
 そういうわけで、建物自体や仏像、さらには外陣の壁画も本来の飛鳥時代のものがしっかり残っています。

 ちなみに焼け残った内陣の壁画も別に保存しつつ重要文化財に指定されています。
 数年前に法隆寺を訪れたところ、事前予約制でその壁画を公開していたようでした。もちろんそんなことは知る由もなかったので(関西の新聞で募集していたようです)残念ながら入口と看板しか見られませんでした。
 ただ、そうしたことが可能ならいずれは何らかの機会に公開されることは有り得るかもしれません。

 金閣については情報がありません。悪しからず。
 但し、義満像に関しては写真を見ると完全に焼けて原形を留めていませんし、首もなくなってしまっていたようです。東寺(教王護国寺)や寂光院の仏像のような修復は出来ないでしょう。

 法隆寺の金堂に関しては確かに火事にはなりましたけれど、焼けたのは内陣の壁画のみです。
 建物そのものは無事に残りました。これは丁度幸いにも修復作業のため屋根を外していたからです。
 もっともこの際の壁画模写作業のために持ち込んだ電気座布団が火災の原因...続きを読む

Qヤマサ醤油や丸井のマークと家紋

商売をやっている日本の老舗で、社名や屋号の音の一部が

シンボルになったマークをたまに見かけます。


醤油のヤマサのマーク?・・・「Λ」の下に「サ」

丸井のマーク・・・「○」の中に「井」

などなど  そこで、

(1)これって何と呼ぶものでしょうか。家紋?

また、家紋でもたまに名字に含まれる文字や音が一部に入った物を見かけます。

(2)家紋との関係(アバウトですいません・・)についてお教えください。


よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

(1)『商紋(しょうもん)』と呼びます。
    
    http://www.city.echizen.lg.jp/office/060/050/museum.html#10
     (10番目の『MODE大井ビル』のところを見る。)

    http://www.ogawa.net/profile/history.html
 
 
(2)『家紋』は、その紋の家人の持ち物であること表し、
   『商紋』は、その紋の商家の物や販売元を表す。
 
 
でしょうか。

Q法隆寺観光について

法隆寺の観光について教えてください。

JR法隆寺駅から歩いていくことは可能ですか?

法隆寺、もしくは周辺等で、これは見たほうがいいとか
見るポイントがありましたら、教えてください。

全部見るにはどれくらい時間がかかるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

周辺を散策するくらいのお気持ちがあるのであれば、JR法隆寺駅から法隆寺・南大門までは、苦にならない距離だと思いますよ。

駅から門までの距離が負担になるようであれば、周辺は見物せずに、法隆寺だけを見てお帰りになるほうが良いと思います。

「歩くのは苦にならない、いや、むしろ斑鳩の里の散策を楽しみたい」と、おっしゃるのであれば、オススメコースとしては・・・
JR法隆寺→法隆寺西院→法隆寺大宝蔵院→法隆寺東院(夢殿)→中宮寺→法輪寺→法起寺→慈光院→JR大和小泉

下記の参考サイトでは、松尾寺や矢田寺もコースに含まれていますが、松尾寺や矢田寺への道は、どちらかと言えばハイキングコースなので、山登りやハイキングが好きなかた以外は、外したほうがいいです。
http://homepage2.nifty.com/bu-ra-ri/ikaruga.htm

中宮寺や法起寺については、先の回答者さんがお書きになっているので省きますが、せっかく法起寺まで行ったのなら慈光院へもどうぞ。
http://www1.kcn.ne.jp/~jikoin/
この慈光院の庭園は、美を求めて世界を旅したあの岡本太郎氏が「世界一だ」と絶賛したと言われる庭園で、「庭を見ながら、ゆっくりとした時間を過ごしていただきたい」という住職さんの意向により、ここの拝観には、必ずお茶と落雁がついてきます。。。。まったりした時間を過ごせますよ!

その後、慈光院からJR大和小泉駅は徒歩15分です。

周辺を散策するくらいのお気持ちがあるのであれば、JR法隆寺駅から法隆寺・南大門までは、苦にならない距離だと思いますよ。

駅から門までの距離が負担になるようであれば、周辺は見物せずに、法隆寺だけを見てお帰りになるほうが良いと思います。

「歩くのは苦にならない、いや、むしろ斑鳩の里の散策を楽しみたい」と、おっしゃるのであれば、オススメコースとしては・・・
JR法隆寺→法隆寺西院→法隆寺大宝蔵院→法隆寺東院(夢殿)→中宮寺→法輪寺→法起寺→慈光院→JR大和小泉

下記の参考サイトでは、松...続きを読む

Q【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩

【日本史・家紋の謎】江戸時代に300藩があって300藩主にはそれぞれの家紋があったわけだが、300藩に同じ家紋の藩があるのはなぜですか?

しかも遠い地域の藩に同じ家紋がある理由を教えてください。

隣りの藩が同じ家紋はあり得るがなぜ遠い他の地に同じ家紋が点在しているのか。藩名も共通点がなく全然違う。

それと現在の各家庭には冠婚葬祭時に着る和服にそれぞれの家紋を持っている。

この現在の家紋は江戸時代の藩の家紋が引き継がれているのでしょうか?

今の家庭の家紋を見れば、江戸時代にどこの藩に仕えていたか分かる?

けど江戸時代の300藩の家紋に存在しない家紋を使っている家庭もある。

江戸時代に存在しなかった家紋が江戸時代以降に作られて自分の家族の家紋として使っているのも不思議です。

藩制はなくなり藩はないのに存在しない藩の家紋をわざわざ作って今も疑いなく使っている家庭は何者なのでしょう?

Aベストアンサー

まず江戸時代300藩とは言いますが、分家や一族も別々に数えて300藩ですから、同じ家紋を持つ藩が有っても当然です。
また、功績を立てた部下には主君から何かしらの家紋を下賜された武将もあり、また他家と差別化を図るために家紋をゴージャスにするなど色々とあったようです。

江戸時代では士農工商の身分制度で、武士以外は苗字を名乗るのは公式には禁じられていましたが、
家紋は特に規制されていなかったようですね。遊女・芸人でも使用したと言いますね。
もちろん葵の御紋は禁止だと思いますが…。

Q法隆寺の五重塔は何の目的で建てられた建物?

3歳の息子が五重塔の写真を指差して「これ、誰かのおうち?」と聞いてきました。無知の私は答えられず、少し調べてみました。すると、「塑造の群像を安置する」と書かれてあったのですが、塑像を安置するだけのためにあんな物凄いものを作ったのですか?
分かる方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

五重塔は
仏舎利(釈迦の遺骨)を祀り、仏法興隆を祈る塔です。
法隆寺の五重塔は
中国の釈迦の真骨の仏舎利塔の前で供養した七宝(金、銀、瑠璃、玻瓈、硨磲、赤珠、瑪瑙)を仏舎利の代用として五重塔の心礎の地下に埋めています。

 インドを統一したアーショーカ王(BC268~232)は、敬虔な仏教徒で
八基のストゥーパに分けられ埋葬されていた仏舎利のうち七基を掘り起こし、
釈迦の遺骨を細かく砕き、八万四千の寺に、仏舎利塔を建立寄進したと伝えられます。
またさらに仏舎利を求める民のために再分骨されたり、
法隆寺のように
仏舎利塔の前で供養した七宝を仏舎利の代用にするなど
仏舎利と伝わるものは、十万か所以上あるそうです。
浅草・釧路・熊本などの仏舎利塔は、インド・スリランカから送られた釈迦の真骨と伝えられます。

Q【日本史・家紋の謎の続き】「江戸時代は特定な家紋(例えば徳川の葵だとか)以外は何を使っても自由だった

【日本史・家紋の謎の続き】「江戸時代は特定な家紋(例えば徳川の葵だとか)以外は何を使っても自由だったそうです」

江戸時代に特定の家紋は無断使用出来なかったという家紋は何種類あったのでしょう?

徳川家の葵の他に何がありましたか?

Aベストアンサー

特定のというかすでに使われてる武家の家紋はダメだったという事でしょう。
どこかと被ったら家紋にする意味がなくなりますし。

Q法隆寺界隈 観光モデルコースを教えてください。

京都から車で奈良まで日帰りの予定です。

法隆寺に行きたかったので、法隆寺がメインですが

せっかく行くので、他にも見所を観光できればと思っています。

車は駐車場へ止めておいて、ぶらり散策もOKですし

少し離れた場所なら、また車で移動もOKです。

こういうコースを辿ればいいんじゃないかというモデルコースを

組み立てていただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近所に住んでいます。
京都からだと
平城京朱雀門(P無料)
県道9号→唐招提寺・薬師寺(どちらにも有料Pあり)(唐招提寺のPに停めて歩くといいです。ただ現在唐招提寺金堂は解体修理中なので仏様はいらっしゃいません)(1~1.5時間)
県道9号→法起寺・法輪寺(法隆寺とともに斑鳩三塔です。無料Pあり)(1~1.5時間)
国道25号→法隆寺前の有料Pに停めて、法隆寺・夢殿・中宮寺まわる(2時間は必要)
ちょっとハードですが「奈良時代の寺院堪能コース」です。
はっきり言ってこのコース上に美味しく食事するところはありません。
(地元民はこの辺りでは食事しませんので、、)でも法起寺から法輪寺へ曲がる交差点角に良さそうなレストランがあります。(私はまだ行ってません、、、)
わからないところがあればまた質問して下さい。
気をつけて行って来て下さいね。

参考URL:http://www.horyuji.or.jp/

Q【日本史・家紋の謎の続きの続き】徳川家は葵紋を使っていましたがなぜ葵を家紋にしたのか知っていますか?

【日本史・家紋の謎の続きの続き】徳川家は葵紋を使っていましたがなぜ葵を家紋にしたのか知っていますか?

あと河骨紋を使っていたのは誰ですか?

Aベストアンサー

葵祭に見られるように葵は賀茂氏の象徴であり、葵紋は賀茂神社の神紋(二葉葵・加茂葵)になっています。 三河の国の武士団は その賀茂氏との繋がりが深いため、葵紋を家紋としてきました。 これにより、三河武士である徳川家が葵紋を使用していることは、徳川家が清和源氏の末裔ではなく賀茂氏の末裔ではないかとの説の根拠ともなっているようです。 河骨門については、「丸に三つ河骨」が堀江氏、「三つ割り蔓河骨」が田沼氏です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報