民主党の小沢幹事長は10日、和歌山県高野町の高野山・金剛峯寺を訪ね、102の宗教団体が加盟する「全日本仏教会」会長の松長有慶・高野山真言宗管長と会談した。

 小沢氏は会談後、記者団に、会談でのやりとりについて、「キリスト教もイスラム教も排他的だ。排他的なキリスト教を背景とした文明は、欧米社会の行き詰まっている姿そのものだ。その点、仏教はあらゆるものを受け入れ、みんな仏になれるという度量の大きい宗教だ」などと述べたことを明らかにした。

 さらに、小沢氏は記者団に、「キリスト教文明は非常に排他的で、独善的な宗教だと私は思っている」とも語った。

 小沢氏の発言は、仏教を称賛することで、政治的には「中立」ながら自民党と古くからつながりのある全日本仏教会に民主党との関係強化を求める狙いがあったものと見られる。しかし、キリスト教やイスラム教に対する強い批判は、今後、波紋を広げる可能性もある。

 小沢氏の訪問は、来年夏の参院選に向けた地方行脚の第1弾という位置付けで行われた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00001 …

ってあるんですが、そうなんですか?
ユダヤ教の方が排他的なイメージが強いのですが。

簡単に言って、どう違うのでしょう?
日本人なので、全然わかりません。。。
小沢さんはユダヤ教なんですかね?仏教?

あと、ユダヤ教って、イスラエル以外にどこの国に広まっているんですか?シオニストというらしいですが。
ユダヤ人が全世界に散らばっているので、特に国もなく、ばらばらなんでしょうかね?

また、米国はユダヤとキリスト教どちらが多いのでしょうか?←これは知りたい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

はい、そうなんです。



ユダヤ人が神の名の下に、他の文化や文明を抹殺したという事例は私には寡聞にして聞かないのですが、キリスト教徒が神の名の下に抹殺した文化や文明は、南米の文明をほんの一例として、幾らでもありますね。

アメリカが所謂先進国の中で、最も宗教的な国であることご存知ですか。ヨーロッパで毎日曜日に教会に行くと答えた人の一番多い国はフランスで約15%だそうですが、(イギリスは5%)、アメリカ人は50%を越えています。最近の統計によると、アメリカ人の80%程の人がダーウインのよ進化論を信じないと出たそうです。統計の取り方にもよりますが、少なく見積もった統計でも進化論を信じない人の数は60%以上でした。その人達は、神による創造説を信じています。最近なんか、アメリカのキリスト教徒達は創造説に適当にオブラートを包んで、インテリジェント・デザインなんて言う説を称え出し、多くの州でそれを学校で教えることを義務付けることによって、進化論の教育を妨害しようとしていることは、質問者さんもきっとご存知でしょう。ウェッブサイトで調べることが出来ますから、ご自分で納得して下さい。

私はウン十年アメリカで生活しておりますが、その経験で、彼らは、何が正しく、何が間違っているかを世界中に人達に教えて上げようと心から考えているらしいことを知りました。こと程左様に、彼らの独善と非キリスト教徒に対する優越感と排他性は特筆に値します。特に911同時多発テロ以降では、テレビ・ラジオのイスラム教徒たたきは目に余るものがあります。アメリカで一番視聴者が多いとされているFOXニュースは、フェア・アンド・バランスというキャッチフレーズの下にイスラム教徒たたきの大キャンペーンをやっております。昔、小中学校の頃、戦前の日本では国とメディアによって、日本礼参、鬼畜米英の大キャンペーンが行われ、まともなことを言った人は皆から白い目で見られたり、場合によっては牢屋に入れられたりしていたと先生が言っていたのですが、大人達ってそんなに馬鹿なの?っとその頃の私は半信半疑でした。しかし、アメリカに生活するようになって、なるほど先生はこのことを言っていたのか、と納得しました。そう言えば、日本でも戦後見事に180度方向を変え、今では戦争反対と言っておりますが、よく調べてみると、朝日新聞も毎日新聞も戦前は戦争を煽る急先鋒だったんですね。

皆さんの意見の中には、その宗教自身はそうでないんだが、その宗教の教徒や指導者がおかしなことをやるのだ、という人も居られるようです。しかし、宗教とはその信者の行動を律っし、その行動様式に決定的に影響を与えるものです。ですから、言葉を弄ぶのでない限り、その信徒達の行動様式だけが、その宗教の何たるかを判断する基準であり、それ以外にその宗教について判断する方法はありません。例えば、その宗教の聖典に書いてあったことを、ああだこうだと屁理屈を捏ねながら、ああも解釈できる、こうも解釈できると言ってみても空で意味のないことです。そこに書いてあることによって、信者達がどういう行動形態を喚起されたかによってのみ、宗教の何たるかは判断されます。

>米国はユダヤとキリスト教どちらが多いのでしょうか?

以下のデータは、U.S. Religious Landscape Survey. Pew Forum on Religion & Public Life. 2007. Retrieved 2009-05-09.、 のものです:

キリスト教:78.4%
ユダヤ教徒:1.7%
仏教:0.7%
イスラム教徒:0.6%
ヒンドゥー:0.4%
その他宗教:1.2%
無宗教:16.1%

もし英語が聞き取れるようでしたら、



を聞いて見て下さい。ここで話している人達は、アメリカのメディアで大変影響力のある連中です。FOXなどの巨大メディアでイスラム教を非難しています。この画像の中でも、かつて太平洋戦争が始まったときに、アメリカ政府が、日系アメリカ人の財産を没収して、彼らを強制収容所に入れたのは正しかった。危険なイスラムの宗教を信じる連中を、また強制収容所に入れるべきだと喧伝しています。繰り返し出てくるお爺ちゃんはパット・ロバートソンと言うアメリカで支持者の多い大変有名なキリスト教伝道者です。下のURLを参考にして下さい。

そう言えば、911同時多発テロの直後に、ブッシュ大統領が、これは現代の十字軍であると宣言してしまい、それをイギリスを当時のブレア首相がもみ消すのに躍起になっておりましたね。ブッシュ大統領の選挙基盤として重要な役割を演じたのは、2000年の選挙のみならず、イラク戦争真っただ中の2004年の選挙でも、福音派エバンジェリストというアメリカのプロテスタントの最大組織でした。

皆さん、お願いですから現実のキリスト教徒の行動から目をそらして、聖書によるとどうのこうのと、言葉の陵辱をしないで下さいね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/パット・ロバートソン
    • good
    • 0

chrisdiorです。


追加で書かせて頂きます。
あなたの質問を読み返している内に妙な言葉に気が付きました。
小沢のブーニャンが発言した「キリスト教文明」ていったい何なんですか?
歴史的に見ても例えばメソポタミア文明、インダス文明、エジプト文明etc..などは聞きますが、ある宗教の名称を使って「xx文明」と聞いたのはお初です。それでは日本は「神道文明」あるいはインド、中国、タイetc..などの「仏教圏文明」ということになりますね。
ブーニャンの発言は全く話になりませんね。
質問者さんに大変失礼なのが、このような方の発言を気にしてもあまり価値がないのではと思います。
政権を担う等の代表的立場の方がこのような発言をして恥ずかしくないのでしょうか?本当に何をかいわんやですね。小沢ブーニャンこそ宗教とは何たるかを全く理解していませんね。
このような次元の低い発言を気にする価値は無いと思います。
逆側に立場言うと、キリスト教を国教とする国々を十羽一からげで「キリスト教文明」逆のと表現してくれることは誇れることではないでしょうか?
その理由として、これらの国の人はキリスト教に対して「信仰」を持つ本当の意味でのキリスト教徒が多いからです。
その逆に日本はどうでしょう。日本人はよく「日本は殆ど仏教徒だから。」や「私は仏教徒だからクリスマスは関係ない。」など発言します。
日本人は仏教徒?何をもってそう思っているのでしょうか。
ただ先祖代々のお墓が仏教のとある宗派のお寺にあるだけで仏教徒ですか?
日本において仏教徒はお寺のお坊さんか、信心深い一部の日本人ではないかと思います。何故ならそこには「信仰」というものがあります。
信仰とは、御仏の教え、戒律を心に留め、普段の生活の中でそれを実践していることです。そのような方々を仏教徒というのです。
そういう日本人がいったいどれだけいるでしょう。
そんな仏の教えに信仰を持たない国民が殆どの国が仏教徒の国であるとは言えるはずありません。
そういった意味では、日本は「仏教圏文化」から除外されてしまうでしょう。「無信仰」は無宗教を意味します。そういった日本人が溢れているのです。
ですから、「キリスト教文明」といわれ国々は誇れることと考えることができます。
ですから、日頃信仰のない人が「日本は殆ど仏教徒だから。」などと発言する日本人の実態は宗教的レベルが幼稚過ぎることを意味します。

話しは変わりまして、ユダヤ教の方が排他性が強いのは事実だと思います。先程の回答でも申し上げましたが、旧約聖書の中にはかなり明確に読み取れると思います。
あと、ユダヤ人がにどこの国に広まっていかですが、欧州、米国が一番多いと思います。明確でなくてすみません。
米国はユダヤよりもキリスト教が多いいと思います。
米国のクリスマス時期には当然クリスマス休暇になりますね。
米国社会全体がクリスマス休暇ですのでユダヤの人も会社を休まないわけにはいきません。そこでユダヤの人はクリスマス休暇とは言わずビッグ・ホリデーという言い方をすると聞いたことがあります。
この状況からみてもキリスト教の方が多いことが伺えます。
    • good
    • 0

あまり難しいことはいえませんが、「キリスト教」即ちキリストの教えが排他的なんでしょうか?


それは一般の民ではなく、権力を持った人達が本当の意味でのキリストの教えに従わないせいではないのでしょうか?
確かに旧約聖書(ユダヤ教)においては、そういう部分が端々に見られますけれど。
錯覚してはならないのは、一般に言う「キリスト教」や「仏教」というときは、その団体組織やそれを国教としている国の権力者を含めてイメージするもので、「キリストの教え」や「仏の教え」となると人間が生きて行く上において失ってはならない御言葉であり、最終的に両者は人に対する慈愛という共通の教えになります。両者とも排他性などどこにもありません。
従って、小沢のブ-ニャンが言っていることは宗教団体組織をイメージして論じているものです。
しかしその議論にも矛盾が生じています。
「キリスト教」は排他的だが「仏教」はそうではないと比較(非難)する言動そのものが、他を排除しようとする行為の始まりなのです。
先進国であるならば日本社会において様々な宗教の共存を考えることが一番必要なのではないでしょうか?
小沢のブ-ニャンも、たとえそれがリップサービスであろうとも同じことをしているのですよ。
    • good
    • 0

Np.7です。


No.12さんのコメントを拝読して、「廃仏毀釈」を思い出しました。
国の政策によってはそんなことも起こります。

(今回の小沢さんの発言は場が場ですから、幾分リップサービスもあったんだろうなとも思います)

宗教から離れてしまいますが、日本も別の意味で排他的と見られることがあります。
細かく見ると、どこの国でも寛容な面と不寛容な面があるのだと思います。

南米は・・・・・宗教と言うより、世俗的な勢力が滅ぼしたのだと思いますよ。
確かに、キリスト教文明からやってきた人々ではありましたが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB% …

>ユダヤ人が全世界に散らばっているので、特に国もなく、ばらばらなんでしょうかね?

イスラエルがあります。
パレスチナや周辺国ともめてますが。
    • good
    • 0

      *** オウム真理教サリン事件は中国が望む日本属領支配への序章 ***



ご質問は、民主党の小沢氏と特定宗教との関係についてのようですが、
民主党幹事長である小沢一郎氏が民主党の影の実力者といわれているような、日本の未成熟な民主主義と二重権力の
政治構造から生じる、実に危険な動向ではないかと回答者が個人的に思う意見であり、参考にして頂ければと思います。

今回の選挙で60年余続いた自民党から民主党への政権交代が実現しましたが、中国やインドなどかつての経済後進国は
その豊富な国土資源を元に世界の大国を目指しています。
特に中国は共産思想から市場経済へと経済の構造は変化したものの、旧共産勢力が依然として独裁支配していますが、
この変貌する世界勢力地図によって日本は将来、中国や北朝鮮など特権支配国家との同盟共同体か、それとも今のような
自由民主主義を維持するかの選択を迫られることになります。

中国や北朝鮮などとの同盟共同体を選んだとしても中国はもはや共産国家ではないから、共産主義的政治にはならないと
思いますが、中国や北朝鮮は依然として特権階級による “ 独裁支配国家 “ ですから、今の日本の自由民主主義的平等は
否定されて、戦前日本の天皇絶対崇拝のような “ 特権独裁国家 “ への変貌を迫られるでしょう。

日本でもこの中国や北朝鮮などとの同盟共同体を組むことで、” 強権支配によって “ 今の経済寡占や利権を維持
しようとする経済界の一部やその手先となる超党派政治家グループと、戦前の絶対崇拝をもくろむ皇室が一体となって
“ 特権支配国家 “ への移行を画策しています。
特に “ 民主党員の仮面を被った小沢一郎氏 “ は民主党政権となったこの機会に、日本の経済不安や社会不安を
増大させて、それを民主党の失政であるかのように押し付けて “ 特権独裁国家 “ への政権交代を狙っています。
    • good
    • 0

#10です。



>>キリスト教徒が神の名の下に抹殺した文化や文明は、南米の文明をほんの一例として、幾らでもありますね。

に対しての#12さんのコメント、

>こういった歴史をしらないやからによるデマが蔓延していることが、キリスト教への誤解を生むことになります。

に関して、一言。

もう一度繰り返します:
しかし、宗教とはその信者の行動を律っし、その行動様式に決定的に影響を与えるものです。ですから、言葉を弄ぶのでない限り、その信徒達の行動様式だけが、その宗教の何たるかを判断する基準であり、それ以外にその宗教について判断する方法はありません。皆さん、お願いですから現実のキリスト教徒の行動から目をそらして、聖書によるとどうのこうのと、言葉の陵辱をしないで下さいね。

どうも所謂宗教家と言われる方は排他的なようで、ご自分の宗派の非を指摘されると、普段寛容を説いているにも拘らず、しばしば感情的になるようですね。この点が、科学を志す人とは違う、宗教家の特徴なのでしょうか。科学者は、その本質を理解するために常々キーワードを探っております。所謂キリスト者の反応を分析することによって、宗教とは何か、科学とは何か、そして、その違いとは何かを探る面白い情報を与えてくれそうですね。
    • good
    • 0

 実は曖昧(つかみどころがなく)で確証も物証もしない、できない宗教や信仰というものの意味を見下げていました。


 宗教も論理性の中で、神学的にとか理屈で理解しようとしていました。
 しかしインド思想の一つを勉強し始め、納得しながら理論を理論外から理解するインドの宗教に入っています。
 この会の創始者が一定の考えでヨーロッパ文化圏に広める意図からか、キリスト教の教義や聖書もインドの思想と強調させて理解できるようにしております。
 私自身は元は、西洋哲学をかじり、禅宗の読書をしてきて、このインド発祥の思想に違和はないのですが、キリスト教のことが出てくると、少しひっかかります。
 
 何も信仰していないで勉強しているうちは、寛容です。何に対しても。特にラートブルッフやカントなど西洋のことをしているうちは、価値相対論でもありますが、一人の人間が信仰に入るとやはり価値相対論は社会生活でのことです。
 信仰の内容としては、わが仏が一番。という諺の通り、わが信仰が一番です。
 その絶対主義の信仰を多様な社会と歴史の中でどう生きていくかの事になりますね。
 つまり、現れ方はどうであれ、信仰は寛容ではありえないと存じます。
 しかし信仰自体も寛容を第一の教えとしなければなりません。
 でも絶対主義です。
 信仰がなければ、はは暢気、呑気だね。という寛容です。
 仏教は、ヨーロッパに伝わったキリスト教に比べ、理知的ですし歴史条件も異なりますので、異教に対して攻撃するばかばかしさは在りません。
 仏教同士も底は同じという感情がありえます。
 キリスト教はやはり私には違和感があります。
 たくさんのクリスチャンも親しい友人であり、恩師もキリスト者なんですが、明確に言えば受け入れがたい異文化です。
 小学校や青年のある時期は教会にも通い多くの友人も今も付き合っていますが、どうもわたしには違いますね。
 ヨーロッパにおけるキリスト教はともかく、キリスト教もどんな宗教も根底は寛容であるが、異教や異文化との関係の仕方は民族の心性や個人のあり方で異なると存じます。
 キリスト者にも仏教的な寛容を示す方もおられますし、創価学会みたいな信仰団体もあります。
    • good
    • 0

この発言は、リップサービスが過ぎたものでしょう。


キリスト教を排他的と言うのであれば、神道はもっと排他的です。
その神道を根幹に持つ日本は、ユダヤ教を根幹に持つイスラエルよりも排他的といえます。
そもそもユダヤ教は、イスラエルの民族宗教であり、他民族に広めようとする考え方を持ちません。
この点神道も同じです。
また両宗教とも、自身にかかわらない限り、他宗教を排除しようとしません。(戦前の国家神道という異端は別にして)
これは、そもそも排他的と言うのでしょうか?
イスラエルでは、ユダヤ教だけが認められているわけではありません。
多数のキリスト教徒も住んでいますし、バハイ教の本部もイスラエルにありますし、イスラム教のドズール派の本拠地もイスラエルです。

>キリスト教徒が神の名の下に抹殺した文化や文明は、南米の文明をほんの一例として、幾らでもありますね。

こういった歴史をしらないやからによるデマが蔓延していることが、キリスト教への誤解を生むことになります。
    • good
    • 0

キリスト教のとーいつきょーかいがアップを始めたようです。

    • good
    • 0

小沢氏の発言については、その真意が分からないので言及は避けておきます。


なんで、受け入れ方という意味で、改宗について述べてみます。

ユダヤ教は基本的に改宗や布教は行っていないので、血縁関係によって受け継がれてきた宗教といえます。
敬虔なユダヤ教徒は、自分の子供が異教徒と結婚したら、その子を破門するくらい頑なな態度を取っています。
しかし、全く布教や改宗者を受け入れていないかというと、そうでもありません。
むしろ、改宗が受け入れられるとユダヤ人以上に立派なユダヤ人として称えられることもあります。
また、少数ながら米谷ふみ子氏や小辻節三氏など日本人の改宗者もいます。
「ユダヤ人」というのは民族名でなく「ユダヤ教信者」という意味の方が強いかもしれません。

キリスト教は色々な宗派に分かれますが、多くは何度かの講習で聖書の内容や教会の考え方を知った後、納得したら洗礼を受けて改宗することができます。
また、別の教会(カトリックからプロテスタントとか)に移ることも比較的自由に行えます。
歴史的に言えば、カトリック信者やプロテスタント系信者は大航海時代~植民地時代に支配地の人々を改宗させて人口を増やしてきたという背景があります。
まぁ、原住民を支配するツールの一つとしてキリスト教が利用されてきたわけですね。

イスラームへの改宗ですが、コーラン(イスラーム法)にはその手続きは明記されていません。
改宗も比較的簡単で、改宗者が無宗教者や多神教者の場合は、「アッラーの他に神はない」とアラビア語で唱えると、アッラーに認知されたとして改宗したとみなされます。
次に、改宗者が神の存在は認めながら預言者(ムハンマド)の存在を否定していた場合は上記に加え「ムハンマドはアッラーの使徒である」とこれまたアラビア語で唱えると改宗したとみなされます。
最後に改宗者がユダヤ教徒・キリスト教徒の場合は、上記の二つの呪文に加え自分が所属していた教会に対して帰属の否定をしなければいけません。
歴史的に見れば、イスラム教徒はキリスト教徒からの改宗者が一番多いのですが、それはイスラム教が無理矢理改宗させたわけではなく、イスラム教国家(オスマン帝国など)に支配されているときに自主的に改宗する者が多かった故です。
その理由ですが、イスラム国家に支配された地域では、異教徒でも普通に生活することができました。
しかし、人頭税を初めとした異教徒のみに適用される法律などがあり、生活面でイスラム教徒に改宗した方が有利な場合が多いので、宗教にあんまりこだわらない人は気軽に改宗していたようです。

次に仏教ですが、こちらはあまり「改宗」という考えはしないようです。
「改宗」というのは、ある意味「出家」することであって一在家信者には仏の教えを受け入れればそれで良いようです。
しかし、この一事をもって仏教が他の宗教(特にアブラハムの宗教)と比べて寛容的で優れていると言い切ることは出来ません。
仏教にも「密教」のように、「大衆」に向けたモノではなく、個々人の修行を重視し門戸も固く閉じている集団もあります。

おまけとしてヒンドゥー教を取り上げると、こちらは多神教としられますが、実は「一神教的」宗派があります。
ブラーマ(梵天)、ビシュヌそれにクリシュナの三大神を一種の「三位一体」とし、世界の真理とする考え方で、他の神々はただその神がそうした形で表出したのであって、根本は一つだということです。
同じような思想は仏教にもあります。
つまり、一神教VS多神教でどちらが寛容・非寛容かは一概に言えないわけです。

>また、米国はユダヤとキリスト教どちらが多いのでしょうか?

最後にこちらも回答しておきますね。

プロテスタント(51.3%)
カトリック(23.9%)
モルモン教(1.7%)
エホバの証人(0.7%)
東方正教会(0.6%)
ユダヤ教(1.7%)
仏教(0.7%)
ムスリム(0.6%)
ヒンドゥー教(0.4%)
無宗教(16.1%)
その他(2.3%)

詳しくはアメリカ合衆国国勢調査局の報告書を
http://www.census.gov/compendia/statab/tables/09 …

ついでに、おおざっぱですが世界の宗教人口を
キリスト教信者 約19億人
イスラム教信者 約10億人
ヒンドゥー教信者 約7億人
仏教信者 約3億人

因みに、イスラム教徒は今後大幅に伸び世界の総人口の約25%になると予想されています。
日本人もムスリムに対する理解を深めないと、グローバル化の波に飲み込まれかねませんね。

長文になりましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教とユダヤ教

キリスト教がなぜユダヤ教を執拗に嫌ったかも自分なりに理解できました。エルヴィラ教会会議でユダヤ教徒との結婚、性交、食事などを禁じたりと本格的な迫害が始まったりした時に、お偉いさんとかはともかく一般のキリスト教徒の方は、イエスはユダヤ教徒として死んだわけですから、なぜイエスと同じユダヤ教徒を迫害してんだってならなかったんですかね?
もしなったとして、それをどう納得させたんでしょうか?

Aベストアンサー

「イエスはユダヤ人であるが」ってとこですけど、「三位一体」という概念を思い出せば、明らかに「one of ユダヤ人 」ではなく、いやそれどころか「one of 人間」ですらなさそうだ。

Qギリシア神話はユダヤ教やキリスト教に当てはめられたことは有るのですか?

多民族の神々を自国の似た神々に当てはめて理解していたギリシャ・ローマ人はゾロアスター教
はアフロディーテを崇めてるとか行ってましたが(ヘロドトス)
 ユダヤ教やキリスト教に自国の神々を当てはめたことは有るのですか?

Aベストアンサー

たしかに古代ギリシア人は、インドのシヴァ神を「ディオニュソス」と呼んだり、エジプトのセトを「テュポン」と呼んだりしていますね。ヤハウェについても同じことが起こったとしてもおかしくはありません。

ただこういう問題は、日本の本やサイトでは、あまりとり上げられていないようです。洋書には、それらしい話がいくつか出てきました。

「ゼウスがヤハウェと同一視されていたことを示す多くの実例がある。」
(D. M. Murdockほか "Did Moses Exist?" 432ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=8ZWPAwAAQBAJ&pg=PA432&dq=%22There+are+many+instances+in+which+Zeus+is+identified+with+Yahweh%22&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjVp8qqq6HMAhWEKpQKHc0mDr4Q6AEIHDAA#v=onepage&q=%22There%20are%20many%20instances%20in%20which%20Zeus%20is%20identified%20with%20Yahweh%22&f=false
「したがって、非ユダヤ教徒たちがヤハウェをしばしばディオニュソスと同一視したのは、驚くほどのことではない。」
(Barbara Ehrenreich "Dancing in the Streets" 61ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=rqoUa90ut8IC&pg=PT74&dq=%22Accordingly,+it+is+not+surprising+that+Yahweh+was+often+identified+by+gentiles+with+Dionysus%22&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjIo_PSq6HMAhWKHpQKHY-pCQYQ6AEIGzAA#v=onepage&q=%22Accordingly%2C%20it%20is%20not%20surprising%20that%20Yahweh%20was%20often%20identified%20by%20gentiles%20with%20Dionysus%22&f=false
「モートン・スミスによれば、マカバイ戦争以前、ヤハウェはイェルサレムで、ゼウスやディオニュシオスと同一視された。」
(Mark S. Smith "God in Translation" 284ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=yvWlC0kUlkYC&pg=PA284&dq=%22before+the+Maccabean+revolt+Yahweh+was+identified+in+Jerusalem+with+Zeus+and+Dionysius%22&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjJl7K7raHMAhVEEpQKHXAmDBkQ6AEIHjAA#v=onepage&q=%22before%20the%20Maccabean%20revolt%20Yahweh%20was%20identified%20in%20Jerusalem%20with%20Zeus%20and%20Dionysius%22&f=false

これらが正しいとすれば、ヤハウェは主にゼウスやディオニュソスと混同されていたようですね。実際似たところがありますし、起源は同じなのかもしれません。

たしかに古代ギリシア人は、インドのシヴァ神を「ディオニュソス」と呼んだり、エジプトのセトを「テュポン」と呼んだりしていますね。ヤハウェについても同じことが起こったとしてもおかしくはありません。

ただこういう問題は、日本の本やサイトでは、あまりとり上げられていないようです。洋書には、それらしい話がいくつか出てきました。

「ゼウスがヤハウェと同一視されていたことを示す多くの実例がある。」
(D. M. Murdockほか "Did Moses Exist?" 432ページ)
https://books.google.co.jp/books?id=8ZW...続きを読む

Q李氏朝鮮時代、朝鮮人庶民の識字率はほぼゼロだったところに、キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字

李氏朝鮮時代、朝鮮人庶民の識字率はほぼゼロだったところに、キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた根拠として以下の論文を紹介されました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000990148
しかしどう贔屓目に読んでも、これはキリスト教宣教師たちが聖書を現地語に翻訳してキリスト教を広めた痕跡を研究した資料で、もともと朝鮮は識字率が低くて、男性に限定しても40%も識字率があるわけではなく、キリスト教宣教師たちが朝鮮人庶民にハングルを教えたことなんて書いてないですけど、もう少しはっきり李氏朝鮮時代、朝鮮人庶民の識字率はほぼゼロだったところに、キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた根拠がわかる資料や論文ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた

ハングルの民衆への普及に最も貢献したのが日本の政策ですが、
それ以外には全くハングルを教育する機会が無かったということはなく、
キリスト教が教育に熱心であり、各地に学校を作ったのは事実です。
しかし、当時の布教の中心は都市部で、地域格差もありました。
また、書堂やキリスト教が設立した学校は個別の活動をしていたので
担当者による差が大きく、当時は朝鮮人の学問の主流が漢文なので、
ハングルしか読めないから教科書や聖書がハングルで書かれていても、
教科としてハングルを教えたとするのは無理があります。
ハングルの普及に寄与したとしても非常に限定的であったと考えます。



ちなみに、当時のキリスト教の学校でどのような教育をしていたか、
日本側の調査報告があります。

「1.政況/14 韓国地方政況ノ概要(統監府政況報告並雑報)」
(アジア歴史資料センター レファレンスコード B03041514200)

 ロ.耶蘇教徒の状況
 耶蘇教徒は依然として排日思想極めて旺にして、各地方に於ける
 耶蘇教徒の勢、亦侮るべからざるものあり。
 (中略)
 又、耶蘇学校に於ては近来解散兵を傭ひ、日々学事を曠廃して
 兵式操練を教習し、銃剣を携へ、喇叭を吹き、隊伍を組んで
 市中を闊歩するが如き虚勢を張り、我官民に対し、
 暗に其の威を示さんとするが如き不穏の妄動を為し~
(P20 3~7行目 15行目~P21 2行目、ちなみに1908年頃です)

現在のイスラム国の様に、学校で学問ではなく軍事教練をして
示威行動をするなどの反日活動に精を出していたそうです。
当時のキリスト教は、本国政府からの潤沢な資金によって
各地で布教を行いながら甘言を弄して反政府活動をして、
自分たちの支配下に置くことで影響力を拡大していました。
実際に、李朝末期にはそれほど多くなかった教会が、
大韓帝国時には急増しています。
その理由は勧誘方法にあります。

「韓国警察報告資料巻の3」
(アジア歴史資料センター レファレンスコード A05020350600)

(二)宣教師・韓人牧師等の態度
 宣教師にして思慮浅薄、人格劣等なる者及韓人牧師にして
 時事に不平なる者の中には、布教伝道の際に於ける口実として、
 外国の圧迫を免るるには耶蘇教に入るの外、道なし。
 韓国を文明に導くは、耶蘇の力にあり。
 耶蘇教徒は、官憲の干渉を受くることなし等時事問題を提げ、
 韓人の弱点に乗じて信徒たらんことを勧誘するものなきに非ず。
 尤も、此等不穏の言は、多く韓人牧師輩の口にするところにして、
 宣教師の多くは此等の言動は与り知らざるものの如し。
 (P458 20行目以降)

病院や学校を開設するとともに、「キリスト教に入信すれば
政府のいうことを聞かなくて済む」と言って勧誘していました。
他の資料では、町で暴れて「耶蘇信徒は韓国政府の支配を受けず」
と言って警官に抵抗したり、「税金が安くなる」とか、
まともな宗教活動とは到底思えない勧誘方法でした。
ここではこの活動が韓国人主体で宣教師は知らないことになっていますが、
1908年8月26日の「私立学校令(隆熙2年韓国勅令第62号)」に
「キリスト教の学校は私塾だから学校令には従わない」と
俵孫一学部次官に抗議しに行っています。
彼らがまじめに朝鮮のためにハングルの普及に努力したという説は
そのような事実がほとんどないので、資料はおそらくありません。

>キリスト教宣教師たちがハングルを教えて識字率を向上させた

ハングルの民衆への普及に最も貢献したのが日本の政策ですが、
それ以外には全くハングルを教育する機会が無かったということはなく、
キリスト教が教育に熱心であり、各地に学校を作ったのは事実です。
しかし、当時の布教の中心は都市部で、地域格差もありました。
また、書堂やキリスト教が設立した学校は個別の活動をしていたので
担当者による差が大きく、当時は朝鮮人の学問の主流が漢文なので、
ハングルしか読めないから教科書や聖書がハン...続きを読む

Qキリスト・イスラム・ユダヤ教の信じる神は元は同じ?

キリスト教とイスラム教は、ユダヤ教から派生したもので、旧約聖書はこの3つの宗教の聖典となっていると聞きました。

つまりキリスト・イスラム・ユダヤ教とも信じる神は同じということになるのでしょうか?

すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

>旧約聖書はこの3つの宗教の聖典となっていると聞きました。
聖典となったというよりも、この三つの中ではユダヤ教が最も古く、現在旧約聖書と呼ばれているものは、ユダヤ教の聖典でした。
最近の考古学ではさらに古いと思われるものが見つかっているようです。
これに、現在新約聖書と呼ばれているものを付け加えたのがキリスト教です。
ユダヤ教では新約聖書なる代物は認めていません。
キリストも単なる預言者の一人として扱い、キリスト教のような神格は認めていません。

イスラム教は三つの中では一番新しいものですが、聖典であるコーランはムハンマドが聞いた神の声(啓示)を年代順に並べたものです。
普通歴史書の類は古い時代から書き始めて新しい時代へと書き進めますが、コーランは逆になっています。
キリスト教の神学者はコーランのここに旧約聖書と同じ話がある、あそこにもある、とかなんとか言って、コーランは元はと言えば旧約聖書だ、と主張しているようですが、部外者には真偽のほどが分かりません。

>つまりキリスト・イスラム・ユダヤ教とも信じる神は同じということになるのでしょうか?
全知全能を持つ唯一絶対なるものの存在を神として崇拝するという共通点があります。
神学論的には知りませんが、部外者からみれば、どこがどう違うのか良く分かりませんので、同じだと言っても差し支えはないでしょう。

唯一絶対なるものの存在を信じるというのはユーラアシア大陸北部一帯に認められ、ユーラシア大陸の東の端である中国では「天」と呼んでいます。
西側のユダヤ教やキリスト教、イスラム教のように人格化していないだけです。
中国の王朝の正当性は、この「天」の命令である「天命」を受けた王が支配しているのだ、というところにあります。
いい加減な王様に天が愛想をつかして、他の王様に命令を下すことを天の命が革わる、すなわち革命と呼びます。
西側の人達と東側の人達とでは、この唯一絶対なるものの役割が少し違うだけです。

日本人は唯一絶対なるものなどはハナから受付ませんでした。
開闢いらい八百万神です。
仏教渡来時も「外国の客人神(とつくにのまれひとがみ)」として受け入れました。
キリスト教が伝来したときもマリア観音として受け入れました。
敬虔なクリスチャンである遠藤周作は「沈黙」という小説のなかで、宣教師に
「この国の民が信じた神は私が教えた神ではない」と嘆かせています。

日本人にとっては「全知全能の唯一絶対なるものの存在」というのがピンときません。
このよく理解できないもののどこが同じか違うかを日本人同士で議論するのには限界があります。

>旧約聖書はこの3つの宗教の聖典となっていると聞きました。
聖典となったというよりも、この三つの中ではユダヤ教が最も古く、現在旧約聖書と呼ばれているものは、ユダヤ教の聖典でした。
最近の考古学ではさらに古いと思われるものが見つかっているようです。
これに、現在新約聖書と呼ばれているものを付け加えたのがキリスト教です。
ユダヤ教では新約聖書なる代物は認めていません。
キリストも単なる預言者の一人として扱い、キリスト教のような神格は認めていません。

イスラム教は三つの中では一番新し...続きを読む

Q【ユダヤ人】ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した。どういうことですか?ユ

【ユダヤ人】ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した。

どういうことですか?

ユダヤ人が共産主義を作り、失敗したと思って資本主義を作ったのではなく、共産主義と同時に資本主義も存在していましたよね?

資本主義の方が歴史が古くて共産主義の方が日が浅い。

ということは、ユダヤ人が資本主義を作り、次の人類の進化として共産主義を考え出したが、ユダヤ人が作った資本主義で成功を収めていた資本家がユダヤ人が新たに作ろうとした資本主義の次のステップのはずだった共産主義を潰し、もう2度と資本主義ではない次の主義を生み出さないためにユダヤ人を虐殺した。

というのが資本主義と共産主義の関係性という認識で合ってますか?

もうユダヤ人はまた虐殺されたくないので資本主義の次のステージを人類に提示するということは止めてしまったのでしょうか?

その割にアメリカのユダヤ人はイスラムの中東に必要に関心があるようでアラブ諸国をどのようにユダヤ人は使おうとしているのでしょう?

ユダヤ人が世界の石油を牛耳りたい?

でももう石油の時代は終わりを迎えようとしています。

サウジアラビアも石油が暴落して毎年10兆円の財政赤字に転じています。

アメリカのユダヤ人たちは次に何をしようとしているのでしょう?

【ユダヤ人】ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した。

どういうことですか?

ユダヤ人が共産主義を作り、失敗したと思って資本主義を作ったのではなく、共産主義と同時に資本主義も存在していましたよね?

資本主義の方が歴史が古くて共産主義の方が日が浅い。

ということは、ユダヤ人が資本主義を作り、次の人類の進化として共産主義を考え出したが、ユダヤ人が作った資本主義で成功を収めていた資本家がユダヤ人が新たに作ろうとした資本主義の次のステップのはずだった共産主...続きを読む

Aベストアンサー

「ユダヤ人が共産主義を作り、ユダヤ人が資本主義を作り出した
 どういうことですか?」

 それは、ワシが聞きたい。
 質問の前提となってる上記の文言は誰がどこで言ってるのかね?

Qキリスト教はなぜ宗派が多いんですか?

キリスト教、特にイギリスでは宗派がなぜたくさんできたんですか?

その理由と、経緯をできるだけ詳しく教えてください!

Aベストアンサー

多いのはプロテスタントですね。
その数、数千とも言われ、いくつあるのか
専門家でも判らないと言われています。

その原因。

1,プロテスタントは、カトリックに対する
 反発、抵抗として産まれたものである、ということが
 挙げられると思います。

 反発、抵抗の仕方は色々あるわけで、だから宗派も色々
 できました。


2,カトリックのような総本山が無いので、
 教義の解釈がばらばらになり、必然的に
 流派が多くなる。


3,理論的には、プロテスタントは教会を通さず
 直接神と対峙します。
 だからプロテスタントは牧師であり、
 カトリックは神父なのです。

 教会を通さないで、個人で対峙しますから、
 どうしても宗派が増えるわけです。


英国に多いのは、英国がプロテスタント国家だからだ
と思われます。

Q【なぜユダヤ人が共産主義を生み出したと言われているのでしょうか?】ユダヤ人と言えば資本主義の象徴だと

【なぜユダヤ人が共産主義を生み出したと言われているのでしょうか?】ユダヤ人と言えば資本主義の象徴だと思っていました。

どういうことですか?

共産主義を作り出したのはユダヤ人というのが第1世界大戦時の世界のイメージだったのが、なぜ現在では共産主義=ロシア、中国という認識に変わったのでしょう?

真実: ドイツは共産主義のユダヤ人を迫害して資本主義国家を作ろうとした。

教科書では間逆で、資本主義のユダヤ人を迫害してドイツは共産主義を作ろうとして失敗したとなっています。

この歴史の認識の差は何ですか?

アメリカ人は共産主義=ユダヤ人という認識のままですか?

それともアメリカも今はユダヤ人=資本主義という認識で学校で習いますか?

共産主義はユダヤ人が作り出したものなのでユダヤ人を根絶するというのが資本主義の始まりだそうです。

Aベストアンサー

カール・マルクスとかフリードリヒ・エンゲルスという名を聞いたことがあるか?

彼らが学問としての社会主義とか共産主義というものを作り上げた

彼らは共にユダヤ教徒だと聞いている

Qキリスト教の割礼について

先般、テレビを見ているとキリスト教教会で洗礼を受ける赤ん坊がいました。何とまだ首も座っていない赤ん坊のおちんちんに剃刀をあて割礼していました。なんでこのような赤ん坊に傷をつけるのでしょうか?何か感染でもしたらどうなるのか考えないのでしょうか?宗教的風習だと言われるとそれまでですが、その割礼の意味はなんでしょうか?もちろん大人になれば包茎で悩む必要がないので良いことは良いのですが、

Aベストアンサー

組織や共同体の結束力を高めるため行われるイニシエーション(通過儀礼)です。
割礼の儀式は、集団で行われ、長老や、集団の有力者、神職などの指導で行われます。
集団(共同体)に新しく入るメンバーに、肉体の中で最も大切な部分を傷つけることで、
裏切りや、規律違反が与える恐怖を疑似体験させるのです。
性器を他人から傷つけられることは、大きな衝撃を心の底に植え付けます。
割礼のトラウマは、一生涯、集団の規律を守らせ、忠誠心を高めるのです。

世界的に見ても、割礼が盛んな民族は、団結が強く好戦的です。
ユダヤ人やイスラム教徒のセム語族は、パレスチナ問題で妥協しません。
報復に次ぐ報復の繰り返して、どちらかが滅びるまで戦い抜くつもりです。
そして、一神教です。

マサイ族やアボジリニなども割礼を行いますが、成人式の通過儀礼です。
一人前の戦士として認められる儀式です。
この割礼の儀式では、麻酔もなしに切開されますが、
このとき、少しでも痛そうな表情をすれば、一生集団の中で臆病者の烙印を押されます。
日本の縄文人は、永久歯を抜くことが成人の通過儀礼だったと聞きます。

狩猟民族時代の成人式の名残が、セム語族の中で受け継がれ、幼児への割礼儀式として残っているのでしょう。
される方にすれば、強烈な恐怖を植え付けられるので、集団側からしてみれば効果絶大でしょう。

昔の大学の体育会や寮、入社式では、強烈な通過儀礼がありましたが、最近の日本では少なくなりました。

組織や共同体の結束力を高めるため行われるイニシエーション(通過儀礼)です。
割礼の儀式は、集団で行われ、長老や、集団の有力者、神職などの指導で行われます。
集団(共同体)に新しく入るメンバーに、肉体の中で最も大切な部分を傷つけることで、
裏切りや、規律違反が与える恐怖を疑似体験させるのです。
性器を他人から傷つけられることは、大きな衝撃を心の底に植え付けます。
割礼のトラウマは、一生涯、集団の規律を守らせ、忠誠心を高めるのです。

世界的に見ても、割礼が盛んな民族は、団結が強く好...続きを読む

Q田舎のキリスト教教会での出来事と神父の仕事

いま、仕事である(ど)田舎に来ています。御縁があり、ある地域の郷土史編纂の手伝いをしています。

ある地区での出来事です。
戦時中、特攻隊の基地があり、その地区にあった教会が特攻隊の本部にされました。
私はその教会に電話し、そういった歴史的事実をできる限り調査し、記録に残したいので、一度、訪問したい旨つげました。

神父さまから 「そんな話聞いたことありません。」「知りません。」

私は唖然とし言葉もつなげられず、思いました。
 ・この神父さまはキリスト教の信仰にかかる勤めが純粋に仕事。
 ・自分のいる教会について、信仰以外の歴史に全く興味が無い。
 ・戦時中に敵勢宗教と抑圧されたので戦時中のネタはタブー。
 ・田舎の教会だから地元民しか知らない面倒なネタに触れたくない。
 ・単純にムカついていた
などなど・・・

私の自宅は大きな街の中心地になるところにあり、すぐ近くに小さいながらとても古い教会があります。道路から教会を眺めていると、そこのシスターは、「よろしければ中もご覧になってくださいね。」といつも笑顔で接していました。ほかでもおおよそ、似たような対応で私はキリスト教徒ではありませんが、教会やその関係者に対してとても暖かく良い印象でした。
しかし、この一件がありとても残念な感情が生まれました。(正確には、他の教会でも似たような扱いをされて計2件。)
来月、1泊2日の行程でそのエリアを含めた調査に行きますが、このような対応をされて、この2か所の教会は行く価値が無いと判断せざるを得ませんでした。(地元の方の協力により、信徒の方からの協力は得られる。)

キリスト教の神父様、教会を職場(表現に語弊があれば申し訳ありません)としている方々からコメントを頂けると幸いです。

いま、仕事である(ど)田舎に来ています。御縁があり、ある地域の郷土史編纂の手伝いをしています。

ある地区での出来事です。
戦時中、特攻隊の基地があり、その地区にあった教会が特攻隊の本部にされました。
私はその教会に電話し、そういった歴史的事実をできる限り調査し、記録に残したいので、一度、訪問したい旨つげました。

神父さまから 「そんな話聞いたことありません。」「知りません。」

私は唖然とし言葉もつなげられず、思いました。
 ・この神父さまはキリスト教の信仰にかかる勤めが純粋に...続きを読む

Aベストアンサー

教会関係者ではありませんが、私も教会や神社・寺院などの古い記録を調査しに行くことがあります。
まず、一般に公開されている資料館・文書館などでない限り、たとえ学術的に意義のあることであっても、「教えてもらって当然」「見せてもらって当然」ではないことのほうが多い、ということを忘れてはいけません。

自分は聞いたことがない、知らない、という事実をそのままその通りに言っただけかもしれないのに、なぜそこまで唖然とされるのでしょうか。
あなたには「自分が関わる教会の、こんな大事な過去の歴史に無関心だなんて!」という思いがあるのかもしれませんが、それはあなたの勝手な価値観です。教会は宗教施設であり、歴史資料館ではありません。
むしろその反応こそが、戦時中の記憶の風化を示す現実であり、あなたが「記録に残さなければ」と調査を行っていることの意味なのではありませんか?

他の方の回答にもあるように、神父さんは世襲ではありません。一度赴任したら終身そこにいるということもなく、国際的な転勤も普通にあります。
本職以外のことは、前任者から引き継がれていなくても、なんの不思議もありません。世襲のお寺でさえ、代替わりすると「父なら知っていたでしょうが、私は当時のことは知らないんですよ」「私は聞いたことがないのですが、昔からの檀家さんなら知っているかもしれません」となってしまうことが多いんです。
教会が特攻隊の本部にされていたということですが、軍部に建物を接収されたのだとしたら、教会関係者は特攻隊本部時代のことはよく知らなくても不思議はありません。教会関係者はその地区から一時撤退せざるを得なかったかもしれませんし、教会が接収されたあとの教区に関する記録を持っていないのかもしれません。

その神父さんの立場に立って考えてみてください。
まったく面識のない他人から、対面でもなく、電話で突然、問い合わせがあった。それは自分が赴任するよりはるか前の(たぶん、神父さんが生まれるより前の)教区の歴史。しかも戦争の悲劇に関わること。
知らないから知らないと答えるしかない。
もし知っていたとしても、うかつには答えられません。
問い合わせてきた人はそれらしい理由を挙げたが、本当にその人が信用できるのか、身元は保証できるのか。うっかり話した内容が、どんな風に流用されるか、わかりません。
現代・近代の歴史は、そこの教区信者さんや地域住民のプライバシーに大きく関係します。記録に残っていることだとしても、公開されていないことでしたら、それはプライバシーです。個人的には差し支えないことだと思っても、どこでどんな人に迷惑をかけるかわかりません。
もし当時のことを知っていたとしても、コミュニティ全体に関わることならば、軽々しく部外者に話すわけにはいきません。
歴史について語るのは、記録者との信頼関係があってこそできる行為です。

これまでにキリスト教関係の方にはあたたかい対応をされたということですが、それは、そこまで踏み込んだ話をしていないときですよね。
教会を眺めていたらシスターに「中もご覧になってくださいね」と言われた、これはよくある話です。教会(神の家)の扉は誰にでも開かれていますから、興味を持っていそうな人には「どうぞ」と声を掛けるのです。それは大なり小なり、宗教的な動機(神の家へのお誘い)によるものでしょう。
歴史調査に対する対応とは別物だと考えるべきです。

電話の問い合わせだけで、その地区の歴史や住民のプラバシーに関わるかもしれないことを聞き出そうとし、思ったような返事を得られなかった理由について穿った見方をするあなたの姿勢のほうが、むしろ無礼ではないでしょうか。
一般企業なら「知らない」どころか、「そういったお問い合わせにはお答えしておりません」とノーコメント回答されてもおかしくないところです。電話では言った言わないになるので、必ず書面で、そして身元がはっきりした人にしか応対しない、というのが普通です。
信徒さんやシスターが優しいからと、それに甘えてはいませんでしたか。
神父は、宗教者であると同時に、教区民をあずかる責任者です。もちろんいろんな人がいるでしょうが、宗教的コミュニティの指導者・教師であり、宗教的な疑似家族における「父親」の立場です。不審な部外者に対しては、毅然とした厳しい対応も取ります。

なにかの調査において、相手に「知らない、聞いたことがない」と言われたら、そこでいかに相手に興味を持たせるか、協力してもらうように話を仕向けるか、がポイントです。
その神父さんは、あなたの電話での問い合わせの時点ではその歴史を知らなくても、あなたの説明で興味を持ってくれたら、教会の上の方に問い合わせて当時の記録などを探して、そういう事実があったことを知るかもしれません。
「この教会は行く価値がない」と切り捨てるのは、自分の感情優先で、歴史の現場というその重要性は置き去りにする姿勢で、歴史を記録する姿勢としてはいかがかと思います。

教会関係者ではありませんが、私も教会や神社・寺院などの古い記録を調査しに行くことがあります。
まず、一般に公開されている資料館・文書館などでない限り、たとえ学術的に意義のあることであっても、「教えてもらって当然」「見せてもらって当然」ではないことのほうが多い、ということを忘れてはいけません。

自分は聞いたことがない、知らない、という事実をそのままその通りに言っただけかもしれないのに、なぜそこまで唖然とされるのでしょうか。
あなたには「自分が関わる教会の、こんな大事な過去の歴...続きを読む

Q日本の神様とキリスト教の神様は

日本の神様とキリスト教の神様は別物ですよね。

仮に十字軍の時代に日本がすぐ隣に隣接してた国だったとしたら

日本はキリスト教の率いる十字軍に侵攻されてたのでしょうか?

Aベストアンサー

十字軍の時代に日本が隣接していたら、その時代のまえにキリストや12使徒などが熱心に布教してとっくにキリスト教になっていたでしょう。

大陸に近いイギリスもキリスト教ですし、アイスランドもキリスト教です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報