ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

外国の論文の文献の中に,
to bo published というのと,submitted というのが使い分けられていますが,どのように違うのでしょうか?

A 回答 (4件)

 論文の掲載までの流れを簡単に示すと,次の様になります。



 1)原稿投稿 -(審査,原稿修正)→ 2)掲載決定 -(順番待ち)→ 3)印刷 -(校正)→ 4)掲載

 ここで,1)の段階(投稿)以降「submitted」と,2)以降「accepted」と,3)以降「in press」と,4)になると具体的に巻数やページ数を,それぞれ記載します。

 以上は何度も「経験あり」で「自信あり」ですが,以下の「to be published」は余り目にしませんので「自信なし」です。

 まったくの推測ですが,「to be published」には2つの可能性が考えられます。1つは既に回答があるものですが,この場合は雑誌への掲載というよりは,本の形体での出版の方が多いのではないかと思います。

 もう1つは,投稿して雑誌に掲載する予定であるが,未だ投稿していないもの。つまり,これから原稿を纏めて投稿する予定のものです。

 ご参考まで。
    • good
    • 0

物理屋の siegmund です.


私(および普通の物理屋も恐らく同じ)の認識は次のようです.

submitted : 論文を投稿したが,まだ審査中(あるいは審査前)で,
その雑誌に載るかどうか決まっていない.

accepted,in press,to appear,to be published:
論文を投稿し,審査(+やりとり)の結果,掲載が決定した.

accepted と in press は厳密に言えば段階が違うのかも知れませんが(rei00 さん),
あまり気にしないようです.

うちの業界では to be published in ○○ はよく目にします.

rei00 さんの
> もう1つは,投稿して雑誌に掲載する予定であるが,未だ投稿していないもの。
> つまり,これから原稿を纏めて投稿する予定のものです。
は通常 in preparation と表現すると思います.
(少なくとも,うちの業界では) to be published とは表現しません.
    • good
    • 0

通常論文を提出すると、submitted (受理)となりますね。


ただ、実際に掲載してもらえるかどうかはその後に行われる審査次第です。
つまり submitted されたからといって published されるとは限りません。

どこまで厳密に区別しているかはわかりませんが、to be published となれば審査が既に済んでいて掲載されることは確実だと思います。
    • good
    • 0

submittedは、投稿しただけで掲載の可否の連絡が来ていない状態。


acceptedとか、to be publishedなら、掲載の許可がおり印刷準備中。
publishedなら印刷物になった状態です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学術論文と国際会議プロシーディング

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうすると、特にステップアップのために多くの業績が必要な、助教、准教授などは
プロシーディングより学術論文の方をバンバン数多く出してそうなイメージがしたのですが、
実際は、上記のようにそうではありませんでした。

これはなぜなのでしょうか?

もしかして実は国際会議プロシーディングと学術論文に、業績価値としての差は
あまり無いからなのでしょうか?
(もしそうならば、プロシーディングは査読期間が短く一回の審査だけで採否が決まるので、
プロシーディングを数多く出そうとするのが理解できるのですが。。。)

ほとんどの研究者が、学術論文数よりプロシーデング数の方が多い一番の理由は何なのでしょうか?

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうす...続きを読む

Aベストアンサー

個々の学会によって違うでしょうが、国際会議のプロシーディングでは、オリジナリティが求められないことが多いと存じます。
プロシーディングの数が多いのは、ほぼ同じ内容を発表しているからでしょう。
業績を論文などの数で表すという風潮には合点がゆきませんが、
それはともかくとして、
会議のプロシーディングの価値は、“無いよりはあった方がまし”という程度だと思います。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/


人気Q&Aランキング