自分のお店を開く時の心構えとは? >>

初めてでカテゴリーがよくわからないのでこのカテゴリーに質問させていただきます。
たまに吸血鬼と人狼の仲や相性が悪いなどの設定のある作品が
あるので気になって調べてみたのですがそういう伝承は見つけられませんでした。
まだ調べ足りないのか、それとも何か創作作品がもとになっているのでしょうか?
回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

再びNO.4です。



「吸血鬼」や「吸血鬼 民俗学 フォークロア」で検索をかけるだけでもいろいろと面白いサイトは見つかりますが、まずはウィキペディアを読めばだいたいの概要は理解できると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%B8%E8%A1%80% …
関連書や外部リンクの項目も参考になります。
書籍をあたる場合は関連書に書かれているものの書名で検索して、それぞれ大雑把な内容と書評やユーザーレビューなんかを参考にして選ぶのがいいかと思います。
個人的におすすめなのは、NO.4にて紹介した「吸血鬼伝承-生ける死体の民俗学」平賀英一郎 中央公論新社 中公新書、です。

サイトもいくつか紹介しておきますね。

吸血鬼の物語
http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~morita/Culture/f …

本朝人狼考
http://www.h2.dion.ne.jp/~dogdom/jinrouko.html
(ブラウザによっては正常に表示されないようです、IEなら大丈夫、おいらはFirefoxにIE Tabを入れてIE表示で正常に見れます)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧な返信ありがとうございます。
民俗学やフォークロアで検索すればよかったですね
サイトまで紹介していただいてうれしいかぎりです。

お礼日時:2009/12/13 22:57

吸血鬼・狼男・フランケンシュタインは西洋の三大怪人です。


(正しくはフランケンシュタイン博士の作ったモンスターですが)

で、B級ホラー映画のオールスターキャストではありませんが、
『ルパン対ホームズ』のように、三大怪人の2人あるいは全員を
登場させて戦わせる映画が、かなり昔から作られていたようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
歴史があるんですね
フランケンシュタインは調べていなかったので
調べてみます。

お礼日時:2009/12/15 01:13

そうですね、この対立は後付だと思います。


私もルーツは判りませんが推測を‥、

バイロンのお付き医師のポリドリは、
ヨーロッパ各地で同時多発的に報告された食人鬼(マンイーター)の民間伝承をもとに、
完全無欠なモンスターをBL系オカルト小説として書いたようですが、
ここにはウルフェン(人狼)は出てきません。
その後のシェリダンレファーニの「カミーラ」にもブラムストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」にも出てきません。

そこで、ヒーローが輝くためには強力なライバルが必要なように、
無敵な吸血鬼に、モンスターのくくりとして同じマンイーターとして扱われるウルフェンを、
ライバルのポジションに置くのはとても判りやすいですし、
夜しか活動出来ない吸血鬼と、満月で変身するウルフェンは、
対決させるには治まりがとても良かったのではないでしょうか?
というか、同じような民間伝承がルーツなので、
民族学的には一つの物の別の顔かもしれませんね。

それと、普段単独で活動していて、餌食とする事で新たな吸血鬼が生まれる、縦社会の吸血鬼と、
リーダーの下でみんな横並びの人狼の対決というと、数十年前の赤狩り時代に広く普及した形式のような気もします。
なんにしても、人間の英知を代表するヴァンヘルシング教授より、
ウルフェンとの対決の方が派手で面白いと言うのはエンターテイメント系の欲求に対する答えのような気がします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはり強大な存在には並び立つものが必要なんですね
自分でも調べ直して見ましたがご指摘どうり
元々は同じ伝承であり同じ存在というところが
関係しているようですね。
参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/13 17:23

吸血鬼、魔女、夢魔、狼男、といった面々は、もともとゾンビ的なもののバリエーションとして厳密な区別は無かったんよ。



”ドラキュラ”以前のフォークロア的な吸血鬼(というより”生ける死体”)についても調べてみると、いろいろ面白いと思うよ。


以下、「吸血鬼伝承-生ける死体の民俗学」平賀英一郎 中央公論新社 中公新書、から一文を引用

「吸血鬼」はホラーの主人公としてこの世に生を享けたわけではない。それは、人びとが切実に恐れる一つの<現象>だった。東欧を中心に、吸血鬼にまつわる伝説・昔話・公文書・俗信の記録などを丹念に読み解くと、そこには、人びとの信仰や禁忌の有様、疫病や戦争、そして死そのものへの不安が色濃く影を落としていることがわかる。

ドラキュラ以前の吸血鬼に興味なかったらごめんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
ドラキュラ以前の吸血鬼にも興味はあるのですがどうやって調べたらよいか悩んでいたのです
何か問題がなければ参考になる本やサイトを教えていただければ幸いです。

お礼日時:2009/12/13 16:28

arashi1です。


私は吸血鬼モノの小説は、先ほど回答した「トワイライト」しか読んだことがないんです(オススメです!是非!)
なので、日本の吸血鬼モノに人狼が出ているなんて知りませんでした。

日本の設定だけではないと思いますけど・・・。
なんか回答になってなくて、すみません。
吸血鬼モノの漫画「ヴァンパイア騎士」は日本のものですが、人狼は出てきませんね。
吸血鬼と人狼が登場する作品が多いということは、作者さん達にとっては良い組み合わせなんでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私は海外の作品はあまり読んだり見たりしないので
かってに日本のオリジナルなのかと思っていました、
もう少し海外の作品も調べてみようと思います
ありがとうございました

お礼日時:2009/12/12 21:53

何が原本かは私もわかりませんが・・・。


洋書の「トワイライト」(映画化もされていますが)は
吸血鬼と人狼は天敵であったと思います。

なんかあるんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
海外の作品にもそういう設定があるのですね
ということは日本だけの設定ではないのでしょうか?

お礼日時:2009/12/12 11:30

仲が悪い作品だと


菊池秀行「吸血鬼ハンターD」(小説)
渡邊裕多朗「ヴァンパイア・ガーディアン」(小説)
阿智太郎「僕の血を吸わないで」「僕にお月様を見せないで」(小説)
瑞山いつき「スカーレット・クロス」(小説)
光永康則「怪物王女」(漫画)

吸血鬼が吸血によって人狼を下僕にしてるケースが多く
プライドの高い人狼がそれを良しとしてないケースが多いみたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。
やはり日本人にとって狼は気高いイメージがあるのでしょうか?
知らない作品もあり参考になりました。

お礼日時:2009/12/11 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q狼男と吸血鬼。

洋画ではときどき狼男と吸血鬼の対立が描かれています。
たとえば『アンダーワールド』(2003年)とか、
『ヴァン・ヘルシング』(2004)などですが、
そういう対立を示唆する伝説・伝承の類は存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

もともとそういう伝承や伝説は無いはずです、
もともと森が身近であったヨーロッパでは狼は敵対者であり、
そのモンスターとして獣人化現象を起こす狼男(女版もあり)の方がメジャーで(男が狼男で女は魔女になる)、
吸血鬼は18世紀ごろからの流行、
狼男伝承の中には血を飲むというのもあり、
後には狼男と吸血鬼が混同されてた伝承も東ヨーロッパにはあったようです、

特に狼男と吸血鬼の対立を物語化するのには、
ドラキュラを代表とした貴族的な吸血鬼と、
荒々しく野蛮な狼男との対比がビジュアル化しやすいためでは?

Q狼男や吸血鬼が銀の銃弾やにんにくに弱いのは何故ですか?

ブレイドという映画では、ヴァンパイアは銀の銃弾とにんにくと太陽光線に弱いという設定です。
これは昔の吸血鬼や狼男の映画の影響だと思います。
そもそもどうしてにんにくや銀の銃弾に弱いとされているのでしょうか?
にんにくは強壮剤だし、銀の弾と鉛の玉もさほど違いはないように思えます。
なにか文化的、伝統的な背景があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 自称“妖怪研究家”です。まず、一般に吸血鬼と狼男は別種と考えがちですが、人狼も吸血鬼の一種と見なす、または人狼が死ぬと吸血鬼になるという考え方があります。

 さて、現在の吸血鬼のイメージは、東欧のスラブ地域などの吸血鬼伝承に基づくものが大きいでしょうが、(ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』もそうですね)そこには、キリスト教以前の民間信仰に基づく概念が大きく影響します。“香草・香木は邪気を祓う”という考えは洋の東西をかかわらずに存在します。そして、東欧ではニンニクもそのひとつとされ、悪魔・吸血鬼・亡霊を祓うとています。その民間伝承に基づいて、ブラム・ストーカーが吸血鬼の弱点と大きく取り上げたので、本来は香草全般が魔除けだあったにもかかわらず、現在ではニンニクのみが弱点と思われがちです。香草は悪臭を消すために咒力があると思われたのでしょう。
 銀も同様で魔除けの力が広く信じられています。 東欧では、塩、イバラ、豆、馬蹄なども魔除けとされました。
 もともと、吸血鬼というのは単体ではなく、性質に共通点は持ちながらも、その地域地域によって特性があったわけです。ところが小説『吸血鬼ドラキュラ』に取り上げられたことによって、知名度は大きくなりましたが、逆に地域の独自性が消されていった観もあります。
 また、十字架・聖水などのキリスト教関係のものが弱点とされるのは、この地方にキリスト教が広まるにつれ、“いかなる魔物も「創造主(唯一にして絶対なる神)」には無力である”という思想からです。

 なお、吸血鬼が太陽で灰になるというのは、映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』によって初めてなされた演出であり、まったく新しい概念です。

 自称“妖怪研究家”です。まず、一般に吸血鬼と狼男は別種と考えがちですが、人狼も吸血鬼の一種と見なす、または人狼が死ぬと吸血鬼になるという考え方があります。

 さて、現在の吸血鬼のイメージは、東欧のスラブ地域などの吸血鬼伝承に基づくものが大きいでしょうが、(ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』もそうですね)そこには、キリスト教以前の民間信仰に基づく概念が大きく影響します。“香草・香木は邪気を祓う”という考えは洋の東西をかかわらずに存在します。そして、東欧ではニンニク...続きを読む

Q本当にいるの?さくらんぼの茎を固結びできる人。キスは上手?

さくらんぼの軸(茎)を口の中で結べる人は
キスが上手いとよく聞きますが、

●本当に結べる人はいるのでしょうか?

●また、キスが上手になるのでしょうか?
(自己申告するのも変な話ですが・・・笑)


「それぐらい器用ってこと」を表現するための例えで、
実際に結べる人はいないんじゃないかなーと思い、質問してみました。


●もしできる方がいたら、コツを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>輪に通りそうにはなるけれど引っ張ることができないです@@

輪に通すと言うよりは
輪に押し込むという感じでしょうか?
輪を歯に引っ掛けて舌で押し込む
こんな説明で出来るかな~~~?

Q19世紀フランス

この時代、フランスの歴史上ではどんなことがあったのでしょうか?うまく調べられませんでした。色々おしえてください!!

Aベストアンサー

19世紀に時代が変わる直前の18世紀末、フランスでは革命があり、それまで王としてフランスを統治していたルイ16世、王妃のマリー・アントワネットが処刑されるという大事件がありました。この頃、ヨーロッパ各国の王家はそれぞれ縁戚関係にあり、互いに戦争をすることはあっても、王族同士は互いを国家の統治者として認め合っていました。その王族(しかもルイ16世はブルボン家、マリー・アントワネットはハプスブルグ家という、ヨーロッパの中でも名家中の名家の出身でした)が市民によって断頭台に送られたというニュースにより、各国の王侯貴族は激怒し、新しく出来たばかりの共和制フランスに敵対します。しかも、その時フランス国内は革命直後からの混乱が収まっておらず、国内は共和派左派、共和派右派、王党派残党などに分裂して、テロの嵐が吹き荒れている状態でした。

そして時代は19世紀を迎えます。19世紀フランス最初の事件は、ナポレオンの台頭です。ヨーロッパ中の国家と戦争を繰り広げた革命後の共和制フランスは、優秀な軍人が立身出世するのに最適な舞台でした。ナポレオンはイタリア、オーストリア相手の戦争で名を上げ、1799年、クーデターでフランスの頭領となり、1804年には皇帝に即位します。ここにフランスの第一共和制は崩壊し、フランス第一帝政が始まります。

最初こそナポレオンの対外戦争は順調に展開し、イギリスとロシア、スエーデンを除くほぼ全ヨーロッパを支配下に収めますが、その後ロシア遠征に失敗、フランス第一帝政は急速に瓦解します。一度退位させられたナポレオンは、その後パリに戻って皇帝復位を宣言しますが、再度の敗戦により囚われの身となり、大西洋の孤島に流刑となりヒ素により毒殺されます。

その後のフランスは、ルイ16世の弟であるルイ18世、およびシャルル10世による王政に戻りますが、そのシャルル10世は1830年の7月革命により王位を追われます。その後に王位についたルイ・フィリップも1848年の2月革命で王位を追われ、フランス第二共和制が成立し、その第二共和制の大統領に選ばれたルイ・ナポレオン(ナポレオン・ボナパルトの甥)がクーデターにより第二共和制に幕を引きナポレオン3世として皇帝に就任します(1852年、第二帝政)。

この頃には、フランスでもイギリスに遅れること数十年、産業革命により市民(ブルジョワジー)が急速に力を付け始めました。この市民達は復古主義貴族による王政復古や、下層労働者による急進的な共和制のどちらにも賛成せず、中庸なナポレオン3世による帝政を支持したため、ナポレオン3世による第二帝政は比較的長続きし、対外戦争にも順調に勝利を収めたフランスは、ヨーロッパの中で確固たる地位を築こうとしていました。

それが一転したのが普仏戦争です。1870年、プロイセンの鉄血宰相ビスマルクの策略により、プロイセンと開戦させられたナポレオン3世は、プロイセンの罠にはまり、セダンで大敗し捕虜となります。一国の皇帝が捕虜になるという最悪の事態に驚愕したフランス国民は、ナポレオン3世を皇帝位から追放、第三共和制を樹立します。第三共和制フランスはプロイセンに降伏しますが、その際、混乱のパリで労働者が放棄し、史上初めての労働者による政府「パリ・コミューン」が成立します(ただし直ちに瓦解)。

普仏戦争後、フランスは共和国として存命を許されますが、その代償として、新生のドイツ帝国(旧プロイセン王国、バイエルン王国などが連合国家である帝国を樹立したもの)に対し、その国境沿いの地域にあるアルザス・ロレーヌ地方を割譲することとなります。また、ドイツ帝国の鉄血宰相ビスマルクによるヨーロッパ外交により孤立化を余儀なくされたフランス共和国は一度は弱体化しますが、普仏戦争による傷も癒える頃、度重なるパリ万博など産業の振興により再び強国への道を歩み始め、20世紀最初の大事件である第一次世界大戦に突入することとなります。

19世紀に時代が変わる直前の18世紀末、フランスでは革命があり、それまで王としてフランスを統治していたルイ16世、王妃のマリー・アントワネットが処刑されるという大事件がありました。この頃、ヨーロッパ各国の王家はそれぞれ縁戚関係にあり、互いに戦争をすることはあっても、王族同士は互いを国家の統治者として認め合っていました。その王族(しかもルイ16世はブルボン家、マリー・アントワネットはハプスブルグ家という、ヨーロッパの中でも名家中の名家の出身でした)が市民によって断頭台に送られたとい...続きを読む

Q女はビッチ、男は?なんて言うんですか?

男の言葉で英語のビッチみたいな言葉を知っていたら教えてください。 雄犬 不愉快 嫌いな男

Aベストアンサー

 >男性個人を屈辱する.....そんな英語は?

 7568さん御質問の、相手(男性・女性)に「罵(ののし)り」、「罵倒(ばとう)」の意味を込めた言葉を総称して英語で“ swear words (スウェア ワード)”と言います、斯(こ)う言った slang(スラング)は聞いて居て好い感じがする物は余り在りませんが、英語だと一度覚えると一生と言って好い位忘れられない言葉が多い様です。

1)女性に対しては、
bimbo(ビンボ)<bitch(ビッチ)<slut(スラット)<cunt(カント)の順で酷(ひど)い言葉に成(な)ります。

2)男性に対しては、
現在では単にbitchもOKの様ですが、此れでは7568さん御質問の主旨(しゅし)とは違って来ますので御答え致します。
stupid(スチューピッド)、idiot(イデイアット)<bugger(バガ)<asshole(アスホウル)<cad(キャド)

stupid、idiot位は「馬鹿、間抜け野郎」程度、
buggerは「厭(いや)な野郎」、
assholeは「くそったれ野郎」、
cadは「下衆(げす)野郎」.....此のcadは現在は登場が減って来て居る様です。

変わった処(ところ)では、 perv(パーヴ)(=pervertパーヴァート)、 geek(ギーク)、 nerd(ナード)等も在りますよ。

※斯うゆうスラングは基本、教科書には載(の)って居ません、映画や本等を見たり聞いたりして覚えて行くしかないでしょう、シュワルツェネガーの映画なんか見てますと、好く“asshole”が出て来ますよ、

参考URL:http://aplac.info/gogaku/zakki/swear.html

 >男性個人を屈辱する.....そんな英語は?

 7568さん御質問の、相手(男性・女性)に「罵(ののし)り」、「罵倒(ばとう)」の意味を込めた言葉を総称して英語で“ swear words (スウェア ワード)”と言います、斯(こ)う言った slang(スラング)は聞いて居て好い感じがする物は余り在りませんが、英語だと一度覚えると一生と言って好い位忘れられない言葉が多い様です。

1)女性に対しては、
bimbo(ビンボ)<bitch(ビッチ)<slut(スラット)<cunt(カント)の順で酷(ひど)い言葉に成(な)ります。

2)男性に対し...続きを読む

Q頭の悪い母親と上手くやっていくには・・・

母親は馬鹿ですが、昔から夫や私達子供への愛情だけはありました。
今結婚を控えて色々準備に忙しいのですが、馬鹿な母とのやりとりが多く正直疲れます。

母は高校を卒業してすぐに結婚し、舅と姑同居の環境で専業主婦をしておりました。
世間を知らず、全て自分の考えが正しいと信じて疑いません。

毎日、「ご飯食べなさい」と1日3食摂る事を強制してきます。
それも、ただ脂っこいものを沢山食べるのがいいという思い込みから、水分摂らずの肉だらけ、
野菜はほとんどありません。食べないと怒ります。ヒステリーを起こします。
ですから、私が野菜を買ってきてサラダを作ります。
そうするとそれにマヨネーズをたっぷりかけてきます。
お箸はお皿でカンカンと汚れを落とし、スプーンもガチャガチャ音を立て、大体なんでも
ズズーっと啜って食べます。食べながら喋ります。食事中にゲップを平気でします。
父は去年亡くなりましたが、癌でした。糖尿病もありました。
糖尿病は「あの時、輸血をしたことでそういう体質になった」と母は言います。
輸血で糖尿病になる事があるのかは分かりませんが、そんな確率より毎日の食事に原因が
あるのだと思います。そこを全く振り返りもしないで、私は100%正しいと他人を否定する事しか
出来ない人間です。母も太っています。父も太っていました。弟は100kg超えています。
妹は70kg超えています。私は、普通です。脂っこい夕食を食べさせられて気持ち悪くなれば
吐いています。朝はしっかり食べますが、少し吐いたりサプリメントや運動でなんとか補っています。

話は大体通じません。言っている事が中々伝わりません。
私は彼氏に自分の日本語おかしくないか、上手く話せているか、分かりづらくないかと
よく尋ねます。とても不安になる程母との会話のやりとりは面倒臭いです。
大体、全て思い込みで話してくるので、ゆっくり2回ほど説明してやっとヒステリーの
ガミガミが止みます。こちらが話して、その返答にいつも数秒相手は固まります。
聞いているのかと思うくらい固まる時もあります。
頭の回転が遅いのか電話で会話しても、その後いつも着信が2~3度入ります。
一度の内容で済む所を本人はすぐには言う事が思いつかないのか、
電話を切ってから10秒ほどで追加の内容を、また切って10秒後に追加の内容を話してきます。
1回の通話で済めば数分の話をこうして何回もに分けてかけてきます。
それに加えて相手の状況を想像する事が出来ないのか、追加の着信に出られなかった場合は
何十回とかけてきて、都合の良い時に折り返すと怒鳴られます。
すぐ出なさいと相手の話も聞かず喚きます。結局、いつものことなので、我慢して用件は
何だったのかを尋ねるとそんなものはもう覚えている訳がないと怒って電話を切られます。

今は近くに住んでいるのですが、毎日(脂っこい)食事を食べに来なさいと、
電話があります。ヒステリーでどうしようもないので、逆らわず大体行きます。
ですが、顔を見るのも精神的に疲れる事があるので週に2回ほどは理由をつけて断ります。
断ると合鍵を使ってインターホンもなしに勝手に家に上がりこんできます。
結局同じ事なのですが、母と食事を摂るイライラがないだけ少しはましです。
適当な理由をつけて断るのは、何度説明しても相手が理解しない為諦めています。
食べないと早死にすると言います。私は母によって精神的にやられているので早死にするとしたら
それでしょう。風邪をひいたときは、早起きしないからだとか、ご飯をたまに食べないからだとか
怒鳴りつけられます。風邪の時くらいは黙っていてくれと思います。

年齢のせいでこうなった訳ではありません。
昔からそうでした。高校生の時は真剣に自殺を考えた程でした。
父はとても頭がよく母はとても馬鹿でした。
父は高校進学も大学進学も自分で考えて決めた事に親として応援してくれるといった姿勢でした。
一方母は、馬鹿という言葉をよく使いました。
馬鹿な友達とは付き合うなと言ってみたり、電話を取次ぐ際も母の気に入ったお友達しか
取り次ぎませんでした。地元の進学高でよかったのですが有名な私立を受けさせられました。
電車で2時間通学するような場所で、無理やりの受験でした。1つは落ちて1つは受かりました。
落ちた学校は、不合格と分かった当日に母に言いふらされました。
学校の友達でも親同士仲のよかった人達もいましたので、当日中に不合格を母によって
広ねられることになりました。口癖はお父さんの子だから出来て当然。出来ないのは
あなたの努力が足りないから・・。怠けてばかりいるその性格の問題だと毎日言われ続けました。
お母さんの子供なんだから馬鹿で当たり前でしょうと中学生の頃から思っていました。
大学受験も同様にうるさく言われました。
親戚、知り合いにも愚痴を言われました。母の口から誰かに伝わる内容は大体母の思い込みを
挟みますので、事実とは違った内容であることが多いです。
事実と違った話を伝えられた人は私と話がかみ合わなくなる事も時々あります。
そんな空気になると決まって母は私を睨み後で恥をかかされたと喚きちらします。
何度か叩かれたこともあります。学歴コンプレックスを持った母親はこんなものなのでしょうか。

私は3カ月後結婚するのですが、母と毎日打ち合わせをしていて疲れます。
母が用意しないといけない事が多いと毎日お昼から呼び出され、内容の何もない打ち合わせを
している最中です。結婚についても、食事同様戦時中の様な無駄に古い考えに捉われている為
本当にイライラします。もらってもらう。全て相手の言うとおりに。女は・・男は偉いと
毎日持論をぐだぐだと展開しています。
遠方に嫁ぐので、仕事は式の1カ月前に辞める予定でおり、職場にもそう伝えておりましたが、
私が妊娠した事で今すぐに辞めろと騒ぎました。
初期流産は可能性は高いものの、染色体異常で流産する時は安静にしたからといって
流産します。職場に妊娠したからと言って翌日から辞めたのでは迷惑がかかりますし、
職場に妊娠を伝えた上で無理をしないように結婚前まで引継ぎも合わせて働く事を
予定通り了承してもらいました。
その当日、怒り狂った母親は職場に電話をし、流産した場合は責任が取れるのか、
こんな馬鹿な話はないと上の人に何度も怒ったそうです。
馬鹿は母なんですけどね。私は何度も職場に謝罪し辞める事になりました。
皆いい人たちでしたので、無理はしないようにねと優しい言葉をかけて頂きましたが、
相当迷惑をかけたと思います。気持ちよく辞めるつもりでしたが、母には何も通じないので、
諦めました。物を投げつけてくるほどのヒステリーを起こしていて職場に乗り込む勢いでしたので、
いつも通り私が折れました。

来週結納です。母はすでに、親戚中に相手の家族関係のあることないことを言いふらしています。
事実を伝えてもあまり覚えておりませんし、悪気もありません。
本人は自分の中で膨らんだ想像半分、事実半分を伝えているのだと思います。
これから結婚式終了まで相手にどれだけの迷惑をかけるか心配でたまりません。
学歴コンプレックスの母は、特に学歴が気になるのかすごい勢いで聞いていました。
結婚となると言わないわけにもいかないので、ある程度は伝えました。
最初は言わないようにしていたのですが、どういう素性の人かも分からない所には
嫁がせられないと相手と話し合うといった風で仕方なく伝えました。
彼の叔父さん、祖父母が東大出身だという事も伝えました。散々注意したのですが、
やはり、言いふらされました。それどころか、相手から結納の日時の確認と前もって伺いますとの
挨拶の電話を頂いたその電話で、母はすごい学歴ですね、と学歴の事を相手に話しました。
もう、死んでくれと思いました。

彼氏は私がどんなに母の事を伝えても母の事を悪く言う事は一度もしませんでした。
彼のご両親も、特に気にしておられないようです。
こんな素敵な彼氏とそのご家族を父に紹介できなかった事が悔やまれます。
母を馬鹿だと見下しながら、母から産まれた子である自分自身にも自信が持てません。

弟や妹とは母について話した事は一度もありませんし、大人しいので何も言いません。
私がそれとなく聞いてみても、妹には人それぞれでしょと冷めた感じであしらわれます。
今仕事で忙しく、弟も妹も家にほとんど帰りません。
私だけがこうして被害を受けているのですが、
私が嫁いだ後、弟が家をつぎます。弟にも意見を聞いて決めたらいいのではと提案しましたが、
母は男なら同居は当たり前だし面倒みてもらって当然とききません。
いくつかの土地と実家と賃貸にしている物件があるのですが、全て弟が相続しました。
母の独断でそうなりました。弟は全ての固定資産税を支払っていくそうです。
頑張って夜遅くまで働いて貰った少ないお給料から固定資産税や実家の光熱費や電話代を
ひかれていきます。0になるんじゃないかと心配しますが、弟は何も言いません。
賃貸で入る収入は全て母の口座に入ります。
弟はただ、維持費を払っているだけになります。
この母親と二人暮らしという条件付きで。母は自分がご飯作るから弟は食費も何も要らないのだと
言います。服も母が買うから弟にお金は必要ないと母は言います。
他人の悪口を言わない無口な弟は母のいい様にされるでしょう。
こんな状態では結婚できるわけもありません。そろそろ疲れたから家事を全てしてくれるお嫁さんを
早くもらわないとと口にしはじめました。これでは家族の誰が幸せなんでしょうか。

母親は馬鹿ですが、昔から夫や私達子供への愛情だけはありました。
今結婚を控えて色々準備に忙しいのですが、馬鹿な母とのやりとりが多く正直疲れます。

母は高校を卒業してすぐに結婚し、舅と姑同居の環境で専業主婦をしておりました。
世間を知らず、全て自分の考えが正しいと信じて疑いません。

毎日、「ご飯食べなさい」と1日3食摂る事を強制してきます。
それも、ただ脂っこいものを沢山食べるのがいいという思い込みから、水分摂らずの肉だらけ、
野菜はほとんどありません。食べないと怒ります。ヒス...続きを読む

Aベストアンサー

お父さんがご存命だったら、お母さんは「深窓の奥さま」のままで
可愛らしい、ほほえましい所のある方だったのかもしれません。
おそらく、お父さんとの夫婦仲も悪くなかったのでは?

ところが、このタイプの人が頼みの伴侶に先立たれ、
「その責任が、あなた(:母)にもあるのでは」などと突っこまれると、
もろくも心を壊してしまいます。
ショックと淋しさからか、毒舌極まりない「別人格」の母が現れて、
心配する家族をどこまでも傷つけ、家庭を崩壊させていく…

いえ。あなたの母さんのことでなく、うちの母の話。
私たちきょうだいが、20数年前に経験したことです。

うちの場合一番あおりをくらったのは、父が亡くなった翌年に
出産した娘の私と、2年後に結婚したすぐ下の弟でした。
当時、うちの母が震源のドタバタは日常茶飯事で、
親戚のそしりから母をかばいつつ、私たちは耐えました。

そんな母も今はすっかり老いました。
弟夫婦に大切にされ、おっとり趣味に生き、
孫たちにあふれるように愛情を注ぎながら、
弟嫁の悪口を生きがいに(?)暮らしています^^;

経験から思うのですが、失礼ながら質問者様は、
今の「荒ぶる」お母さんを鎮めるには、ふさわしい存在ではありません。
お母さんに必要なのは「父性」。
ご質問の中で言うと、あなたの弟さんのような受容者です。
質問者様の役割は、一歩引いた「弟の支えに徹する姉」

だって結婚するのですからね。あなたにはあなたの家族ができます。
お母さんのことは反面教師として、どうかお幸せにと心から祈ります。

お父さんがご存命だったら、お母さんは「深窓の奥さま」のままで
可愛らしい、ほほえましい所のある方だったのかもしれません。
おそらく、お父さんとの夫婦仲も悪くなかったのでは?

ところが、このタイプの人が頼みの伴侶に先立たれ、
「その責任が、あなた(:母)にもあるのでは」などと突っこまれると、
もろくも心を壊してしまいます。
ショックと淋しさからか、毒舌極まりない「別人格」の母が現れて、
心配する家族をどこまでも傷つけ、家庭を崩壊させていく…

いえ。あなたの母さんのことでなく、うちの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報