人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ご回答者さん こんばんわ。

大学のレポートで「学級崩壊」を調べることになりました。

最新の本がないので、「学級崩壊をどうみるか」という
NHK出版の10年前の本を読んでいます。

これによると、
「家庭や社会にも原因があるが、大きな原因は、家庭や社会の変化に
影響を受けた子どもを教育できない教師の力量不足」という結論です。

知り合いの複数の校長も同意見でした。

ただ、この本の前半では、
「力量十分の教師をもってしても、学級崩壊を起こし得る」と書いて
おり、内容として矛盾しています。

ということで、結論が分からず混乱しております。
学級崩壊は教師の力量なのか、ということです。

そこで、何か参考書籍をご存知の方、
参考意見をお持ちの方がいらっしゃいましたらお教えください!
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

小学校で勤務しています。


自分自身は幸い、学級を崩壊させてしまった経験はありませんが
周りに崩壊してしまった学級をたくさん見てきましたし
自分の学級がいつそうなっても不思議ではないと思っています。

hokutotukusiさんも、いろいろ勉強してお感じになったと思いますが
「学級崩壊の原因は、100%○○です!」という答えはありません。
教師の力量不足、家庭の教育力低下、社会の変化…と、様々な要因が絡み合っていることは確かです。

ただ、hokutotukusiさんのご質問は
「(ある一人の)子どもの問題行動」の原因ではなく
「学級崩壊」の原因、ですよね。
そう考えると、やはり
子どもを学級という集団として受け入れ、まとめていく立場にある教師の力量は、その原因の大半を占めるだろうと、私は考えています。

図に描くとわかりやすいと思うのですが…
学級崩壊の要因を、仮に【学校体制・学級・教師】【家庭】【地域・社会】の3つの側面から考えてみるとします。

【学校体制・学級・教師】
(良い状態)個性の違いを認め合える人間関係が築けている、児童一人一人が安心して自分らしさを表現できる環境がある、児童と担任の間に信頼関係が築かれている、生活面でも学習面でも教師の指導力が高い
(悪い状態)自分と違うところを認められない子が多く、人間関係がギスギスしている、周りからバカにされることを恐れて自分の気持ちを押しこめて我慢する子がいる、児童と担任の間の信頼関係が崩れている、教師の指導力が成熟していない

【家庭】
(良い状態)子どもが学校でのできごとをよく話す、また、話しやすい環境を親が作っている、友達や先生の悪口も受け止めながら、同意するのではなく前向きなアドバイスをする、我が子の言うことを盲目的に信じすぎない、保護者同士・保護者―学校間のコミュニケーションがよくとれている
(悪い状態)学校のことを話しづらい雰囲気である、その結果子供があまり学校の様子を話さない、我が子の言うことを盲目的に信じ、子どもと同じレベルで友達や先生の悪口を一緒に言う、保護者同士や学校との良好なコミュニケーションが取れていない

【地域・社会】
(良い状態)地域の大人たち(商店街・町内会など)に子どもたちを見守ろうという姿勢がある、学校の行事や学習に協力的である、子どもたちが挨拶ができる大人が地域にたくさんいる
(悪い状態)地域全体が子どもや学校活動に無関心、子どもと地域の大人の交流がまったくない

などなど。私の思いつく限りですが。

この3つの場において、それぞれが「良い状態」にあるならば、学級崩壊は起こらないでしょう。
でも、1つでも「悪い状態」にあると、少しずついいバランスは崩れていき、学級崩壊の原因になるでしょう。
ましてや2つ、または3つとも「悪い状態」であれば…どうなるかは容易に想像できますよね。


問題の原因を一つに求めることは、とても危険なことです。
また、その要因に関わりながら、自分の立場を棚に上げて他にばかり原因を押し付けることも、大変危険です。
なので、私はそうならないよう、自分の対処法、指導法をふり返り、よりよくしていく努力を続けているつもりです。
その上で初めて、家庭や地域にも協力を求めることができるのですから。

話がそれたかもしれません。
hokutotukusiさんの研究と、それが生かされるであろう将来に
少しでも役立てば幸いです。
    • good
    • 7

「家庭や社会にも原因があるが、大きな原因は、家庭や社会の変化に


影響を受けた子どもを教育できない教師の力量不足」という結論です。
知り合いの複数の校長も同意見でした。
責任感や,指導力の全然ない校長だと思います。
上記のような認識をもつ管理職には,幸いなことに出会ったことはありません。(つりだとは思いますが。)
実際には,管理職・関係の職員等連携して,解決をしようとしています。

崩壊については,皆様が書かれているように
学校 地域 家庭 この関係が崩れてきたことが原因と言われています。
崩壊に関する新しい教育書が多く出版されています。新刊書を読むことをお勧めします。

hokutotukusi様が学生ということなので,別の視点からみてもレポートが書けると思います。
付属や私立校・大手の学習塾でも,公立学校と同じように一斉型の学習形態で授業をしています。しかし,授業が成立せず崩壊したという話は聞こえてきません。なぜでしょうか?
    • good
    • 5

学級崩壊の原因はコレだ!と理由付けして解決。


はい終わりみたいな流れに持っていかせたいようなレポート問題ですね。
ほかの方々の一部も書いている通り。「原因は100%コレです!」みたいな答えは当てはまらないと思います。

私的の考えを述べますと、教師の力量も関係しているでしょうし、子供の考え・感情・欲望、そしてその親の身勝手さ、及び感情・希望などなど色々なものが混ざり合って、じゃぁ何を第一に優先するのかという選び方にもそれぞれの考えがあり、それぞれのケースによって違ってくるのではないでしょうか。十人十色という言葉があるように全員が同じものを見て、同じ考えになるというわけではありませんし。

青緑の絵を見て、
・青
・いいや緑
・青だけどちょっと青みたいな緑も入ってそう
・青1緑9
・青2緑8

例を挙げるときりがなくなりますが、ほんの少しの微妙な考えの違いが人間誰しも含まれているわけです。僕はこうこうこういうことを考えているし、○○君も賛成してくれてる。絶対こうに決まってる。
ここ最近で似たようなわかりやすい発言がありましたね。
小沢幹事長の「天皇陛下も絶対こういうに違いない」と言っていたあの発言も自分の考えの正当性を相手に言い放つ。言い方を変えると強要していると感じる人もいれば、同じ考えだぁと納得する人もいる等々

学校内は、比較的教師が偉いという表現が正しいかはわかりませんが、家庭のような見方をすると、先生→親 生徒→子供 ですよね。

先生のいう事を聞き、従い、そして学ぶわけです。
保護者も、先生に任せているという点でも先生は責任重大だと思います。勝手に、全部を先生に押し付けないで欲しいと考える教師も中にいるかもしれないですし、いないかもしれないですが学校というシステムがこういったものが前提にあるというスタンスで成り立っているものだと私は理解しています。そうやって育ちましたから

だから、最近の先生がどういう風に考えているかというのも、私自身の想像でしかないわけです。人の心を覗けるようなものは存在しませんからね。だから、教師の表面を見て判断するしかないわけです。心にもないことを発言していても、疑わずに信じるしかないんです。まさか犯罪思想を持っている人が教職に就くなんて思うわけもないですしね。
でも、生徒よりも自分の生活自分の給料いかにラクしてお金を稼ぐかなどそういう自己優先な教師が増えていることは否定できないと思います。

そして、学校に預けたらいちいち口出さないっていうスタイルも最近は変わってきていますよね。何に対しても親が口を出してああしろこうしろというのも目立ってきています。それが全面的に悪いとはいいませんし正しいとも言いません。

ただ、冷静に考えて発言しているか?と考えるとどうなんだろう?という疑問は強いですね。一方的な自分の感情任せにその場限りの発言を軽々しく口にする親も増えてきてますし、更に徒党を組んで多勢に無勢のような攻撃方法を使用される方も中にはいますし…

そういうのを見てる子供でも、そういった後ろ盾。バックに強いものがいるからと調子に乗る子供だって出てきますし…絶対にこうである!みたいな決め付けをするのは間違っていると思います。

書けば書くほどまだまだ書き足りない終わりのない問題ですが、長すぎるのも読む気をなくしてしまうかもしれませんね。
ということで、無理やりまとめますが、レポートで提出しなければいけない。じゃぁそのレポートは絶対に原因がこうである だからこれが悪い!というような結論に絶対しなければいけないのか?ということです。
どれが原因かは、探せば探すほどキリがない。どれもこれも問題で、そして新たな問題が出てくるといったような結論で提出するという選択肢もあるのではないでしょうか?

結果的に自分の納得したものをまとめるのがレポートだと思います。大学行っていない身なのでどういうものかを理解していない点もありますが…
本などを読み、それを参考にするというのはいいと思いますが、それ全部を鵜呑みにするようなことはしないほうがいいと思います。
その本を書いた人の考えがぎっしり詰まっているものであり、いやらしい表現でいうなれば、自分の都合の良いように書いているとも言えるんです。今回書いている私の文章も結局は私自身の考えで書いているわけで、やはりそれも都合の良いように書いているではないか!と指摘されたら否定できませんし、むしろ否定しませんし(笑)

色々調べるということは、労力を使い疲れることだとは思います。そして、参考になる本などを見るというのは自分で一から手探りで探すという労力に比べるとはるかに手間のかからずにラクに進めれるというモノであり、人間誰しも、後者を選びたがるものでしょう。私自身も参考になるものは優先して見ますし。ただ、その参考になるものを見てどう感じたかそして、その参考になったものをそのまま信じるか、ソレを元にまた調べるかなどは人それぞれになってしまいます。

相談者が大学生という身分であると思って書いていますので、学生のうちにもっと色々な方向性から考えて調べてみたほうがいいと思います。

レポートを見る教授の育った時代と、大学生である相談者の育った時代、そして色々と回答してくださっているほかの方々の育った時代と、すべてにおいてそれぞれ違っているんで、毎年毎年変化していってるんですよ。教育方針から考えから何もかも。

なので、どの年代のどの部分を取り上げてこうである!という結論よりも、現在進行形の問題であり、決め付けて完了する問題ではないと思います。

長くなりましたけど、まだ書き足りないですけど、きりがないので終わります
    • good
    • 2

以前から言われていたことですので、詳細は割愛しますが、


低学年、中学年、高学年の学級崩壊の原因は異なります。

また、近隣の小学校では保護者が率先?して学級崩壊のように仕向けている(保育園VS幼稚園出身)など児童が巻き込まれているケースもあるので、本当に児童、家庭、教師の力量、学校の姿勢など複合原因の結果です。

参考書籍としては昨年度(2009年9月)
「小学生の生活とこころの発達」:心理科学研究会

などもいかがでしょうか。直接的ではありませんが、学級崩壊にも触れています。
    • good
    • 3

 学級崩壊が生ずるようになった原因はいろいろあると思います。


 教師の資質や力量不足は彼らだけの責任ではない部分もあると思います。

 一人の指導者がグループの動態を完全に把握し、問題が生じても集団をコントロールできる管理限界は20名とされています。このことから、欧米などの先進国では20人以下の少人数教育をしています。20名を超えればアシスタントがつきます。日本の場合、まともであった時やテレビやネットがない時代は情報も少なく、多人数教育でも良く、問題はなかったと思います。教育に掛ける予算も先進国と比較するとかなり低く、この影響もあると思います。教員の数を増やすとか、これから高齢化が進み、地域でボランティアを有効に活用する方法もあると思われます。

 1980年代に文科省が高校の教育内容の削減政策を行いましたが、約30年経過、極端な言い方をすると専門以外は中学時代のレベルの知識しか持たない人間がそれぞれの分野で中核な人物になりつつあります。専門以外は中学レベルの教授も出現している可能性もあります。そのような教授に教わった学生が卒業して小学、中学、高校の教師になります。いろいろな事件を見ると、すでに、学力低下の連鎖反応が生じていると思います。また、卒業する学生の割合、米国2割、ドイツ3割、イタリヤ6割となっているが、日本の場合はかなり甘く、学生が勉強しない、学力低下の原因の一つになっています。本気で教育システムを変えないと取り返しがつかなくなると思います。

 また、都会に企業等が集中した結果、核家族になってしまった。そして、自然環境がないコンクリートの箱の中での生活。本来、三世代同居でしきたりや伝統が受け継がれてゆくものと思っている。地方では状況的には三世代同居可能であるが、仕事が少ない。三世代同居でモンスターペアレントもかなり減らせるのではないかと思う。情報が発達した現状では、産業構造も地方に分散する政策も可能と思われる。限界集落と言われる現状であるが、経済中心で社会が成長した結果、都会への一極集中で、地方は人材も文化も経済も奪われたと思っている。本気で地方を再生することを民社党に
期待したい。

 謙虚で、勤勉で、礼儀正しい日本人を取り戻したいものです。
    • good
    • 2

体罰容認になる事は、もう無いのでしょうから


その件とは分離して考えなくてはならないのでしょう。

わたしが思うに、最近の教師は嗅覚が悪いような気がします。
問題行動しそうな児童を、あらかじめ抑えて置けないというか
見つけ出す事もできない。要するに無責任なのです。

能力の無い教師は、直ぐに全体責任を口にする。
小賢い子供は、そうなる事を分かっているから
なるべく責任を分散するように仕組む。
気が付いた時には手遅れ、という図式でしょう。

つまり人生経験が足りないと言う事。
子なり、親なりを見れば、何をしそうか
分かりそうなものを見過ごしている。
一包めに考えずに、個々で捉え
その家庭にある様々を理解してから
意見や苦情を聴く努力が必要だ。

校長が教師達の鏡とするところを、教師の事すら把握していない。
やはり原因と責任は、この辺りに帰属するものと思われる。
    • good
    • 0

  件の書籍、少し前に読んだ物です。

そして現在、小学生に通う子供を抱えています。

  先生のお子様化現象も崩壊を引き起こす一つの要因かと思います。保身や事なかれ主義に走った結果、児童たちの気持ちに沿う事をせず、統裁力を持たない管理者:教師は少なからずいますね。また若い先生の中には、世の中のスタンダードと思うレベルがお粗末にも緩い人がいたりで。どうやら我が子のクラスの場合、前述の緩いスタンダードの先生に指導して貰っており、親としては幾度も論点が違う! と申し入れをさせて頂いたり、管理職に相談したりはしていますが、児童たちがどうやら白けている様で崩壊には至っていません…

  指導力、クラス運営能力に長けた先生の場合、しっかりと児童たちと意見を交わし頭ごなしで無い指導をした結果、イジメの目の摘み取りに成功した例を聞いた事もあります。ある面において、指導力・クラス運営能力の低さは崩壊への近道と言えるだろうと当方は考えます。

  
  一つ置き去りにしてはいけないのは、児童たちの家庭環境かと。崩壊が始まると、自分より弱い立場の人間をターゲットにして憂さ晴らしをする児童が出て来ます。そしてそれに釣られて行く児童。弱い者イジメをする児童の家庭環境を聞くと、ネグレクトであったり、アビュースがあったり。家庭の中で存在価値を見出せず、虚ろな気持ちを抱いているから、どう対処したら良いのか判らないイライラに振り回されるケースがあるかと。褒められると言う形での自己実現が行われた場合に、知っている事例では崩壊原因となっていた児童に良い変化が表れたと聞いています。家庭内環境、これを外部の人間が“指導”した所で、目覚ましい変化に繋がるとは思えないのですが、崩壊を何とかしようと思うのなら、満たされずに苛立つ児童の心の隙間に、身近な大人である先生がスポットを当ててあげる対応は好ましいと思います。

  先生側の高い観察力、大きな視野での流れの判断、包み込む強さ、必要であれば助けを頼むなどが有りましたら、きっと崩壊学級数も減少させて行けるのでは? と当方は思います。しかし残念に思うのは、誰をどの様に動かしたら、どの様な方向に向かえると言う推測が立てられない人が教師にも保護者にも多い事です。こう言った独り善がりに気付かない大人が是正されずにいる事が、崩壊の根底にある理由の一つなんだろうと当方はボンヤリ思います。児童も、彼らを取り巻く大人も、深呼吸して思いやりの余裕を持ったなら、相手を許す度量の広さを持つ事が出来たら、学級崩壊のみならず色々な事が違っているのでしょうね。と偉そうに言いながらも、感情に振り回されるシーンがままある当方です。発展途上人として、取り敢えず EQ に関する書籍を読んでマシな人間になれるよう心掛けて行きます!


  と言う所で、当方の考えは、ケースバイケースかと思います。問題行動の児童が居たため、数多く居たために崩壊したケースもあるでしょうし、逆に教師側の指導力によって誘発されたケースもあるかと。いずれ人間同士の事柄ですので、白黒などの決着など付かないと思います。そして崩壊した学級に関与する児童も教師も管理職も、悪い方向に向かわせないために出来た事柄がそれぞれあると思います。ですから、一人ひとりの結論と言う事で間違えを声高に言えない事だと思います。

  ご質問への回答になっているのか判りませんが、当方の考えとして一筆寄せさせて頂きました。質問者さんはこの先、教職に就くお考えなのでしょうか? 素敵な先生になって下さいね。
    • good
    • 0

 教育講演会などに参加することがあります。

その中で学級崩壊の話も出て事があります。そこで感じたことを書かせて頂きます。

 先生の力量。これは関係してきますがある先生の取り組みを行っていて先生と生徒のつながりが強いと崩壊しにくいのかと思います。子供の意見や子供が思っていることを作文により感じている先生でした。またその作文を読むことで友達が自分で感じていることと同じなんだと共感するなども大切だと言う事でした。そういった子供たちが先生が替わってしまって先生と子供が意思疎通出来ない状態になったことがあり、いじめも行われている状態でした。誰もが不安な中にあったようでした。それをしった先生は子供の思いなどを作文などにから感じ取り話し合いをして解決させていったそうです。そして、子供たちは子供たちで解決できない程に相手がわからなくなっているようです。自分勝手ではなく、みんなが被害者でもあり加害者にもなっている状態で、わからないから無視をする、無視されたことで傷つき相手を信用出来ないという形が出来ているように感じられました。私の経験も含めて先生と生徒の信頼関係があり、子供同士が同じ思いをしている、悩んでいる事がわかることで集団としてまとまっているように感じられます。

 保護者の問題。
 家庭環境も様々です。親も様々なので、それが子供に影響を与えているのは確かですね。あまりひどいとモンスターペアレンツなんですが。そこまで行かないけどという家庭もあります。これも学校と保護者の関係の問題もありますが。
 それと父親の存在の少なさです。多くの学校行事など母親がほとんどです。私は二児の父親ですが私が参加するとものすごく喜ばれます。現在でもPTA会長にという声も多く困っていますが。
 崩壊した現場の先生がその父親が介入したことにより解決に結びついた事例を紹介されたそうです。ほとんど学校での子供の状態をしらないお父さんが多く、それをわかったお父さんが動いて、他のお父さんに声をかけて子供たちを行事を通じて心の交流など行ったそうです。そして解決へ向かって行ったそうです。今でもそのお父さんの集まりは続き、バンドも結成したとか。

 先生は学校という環境の中でしか動けません。学校と家とが協力していかないと駄目なんです。我が子は今学童保育というもう一つ環境にいます。そこでもトラブルが起きますが、現在の指導員が頑張ってくれているのと、そこで起きたことを包み隠さず報告するとで保護者同士の共通の認識も生まれます。保護者どうしで話し合ったりと子供に関わるすべての人々が考えて行動しています。おかげで我が子が行く小学校には学級崩壊など発せしにくい状態のようです。地域でも見守るという雰囲気もありますから。
 学級崩壊は全体でみないとわからないかもしれませんね。
    • good
    • 0

体罰を禁止するようになったからだと思います。


それ以外にも、授業を聞かない生徒を廊下に立たせたり、教室から追い出したりするような厳しい態度を教師が取ることがやりにくくなったことが挙げられると思います。

今までさんざん体罰禁止を訴えてきたマスコミが、体罰をなくしたおかげで学級崩壊が進んだなどと主張できる筈がありませんので、そのような検討を行うことさえタブーになっていますが、体罰禁止の活動が広がっていった時期と学級崩壊が広がっていった時期とは、確実に一致していると思います。
    • good
    • 2

こんばんは、疑問はつきませんね。



さてご質問の件ですが、私なりの意見を述べさせてもらいますと
遠因としては、学校を取り巻く社会環境の変化だと思います
 以前でしたら地域社会が機能していたため、教育力のない保護者であっても、子どもがある程度健全に育つ環境が、地域社会に存在していました。それが、都市化の波に寄って崩壊してしまい、保護者が孤立し、子育てを一手に担わなくてはならなくなりました。

 また、昔でしたら、「先生」というだけで尊敬されるべき存在であり、権威を持った存在でしたが、現在は、社会の中にそういった考えがなくなり、むしろモンスターピアレントなどに攻撃される対象となるほどです。(すべてではありませんが)

近い原因としては、教員の指導力の低下もあると思います。モンスターピアレントなどに代表されるように、子育てを放棄し、子どもの側に立ってしまい、子どもの主張を実現させることが、親の役目であるという間違った教育観を持った親などへの対応。本来の仕事でない、クラブ活動の指導等の雑務により、研修の機会がないことなどが考えられます。

また、ADHDなどの子どもなどが出てきたために、多様な生徒に手厚い対応をすることが必要となってきているにもかかわらず、集団教育を必要とされ、集団を育てることが難しくなっているのだと思います。

雑ぱくな意見で申し訳ないですが、だいたいこんな印象を持っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学2年のクラスが学級崩壊で困っています

小学2年の子供のクラスが学級崩壊で授業も進まずクラスの子供たちの過半数が勉強が理解出来ていない状況です
先生は「私1人ではもう無理なんです」と、、、
学級崩壊の原因は2人のお子さんの多動行為?で
1時間目早々歩き回りクラスの子を殴る、騒ぐ、お友達の持ち物を便器に捨てる、窓ガラスを割る、学校中何処へでもウロウロする・・・・・等で数人のお子さんは登校拒否や朝になると頭痛、腹痛を訴える、
中には引っ越される方もいましてひどい状況です

問題のある子供の家庭環境は2人とも母子家庭でそのうち1人は
「家に男の人が来たら外に出される」らしくひどい状況で
やはり家庭環境から問題行動が起こっていると言わざるを得ません
問題児の保護者はもう話しにならない(連絡つかない)様です
この問題については今後保護者会を開き話し合って行きますが
簡単に解決出来ないだろうと・・・

子供は(他の子供たちも)
「先生が教えてくれないから勉強が分からない」と困っていますし
親としても不安でなりません
(先生はその2人を追いかけ捕まえ叱り疲れ果て、、、)

年長の頃から公文にお世話になってはいますが
授業に沿ってないですし学校でしっかり授業を受けられない分
このままではいけないと家庭でフォローしつつ
学研か塾に通わせるべきなのかと考えています

普通に授業が行われる日が来るまでこういう状況の中
どうすればいいのかご意見お願いいたします

小学2年の子供のクラスが学級崩壊で授業も進まずクラスの子供たちの過半数が勉強が理解出来ていない状況です
先生は「私1人ではもう無理なんです」と、、、
学級崩壊の原因は2人のお子さんの多動行為?で
1時間目早々歩き回りクラスの子を殴る、騒ぐ、お友達の持ち物を便器に捨てる、窓ガラスを割る、学校中何処へでもウロウロする・・・・・等で数人のお子さんは登校拒否や朝になると頭痛、腹痛を訴える、
中には引っ越される方もいましてひどい状況です

問題のある子供の家庭環境は2人とも母子家庭...続きを読む

Aベストアンサー

私の息子の学年では1年生の時からどこかの1クラスが必ず学級崩壊をしていました。

1年生のクラスで問題児がおり、担任が保護者らと衝突、精神的な病となり、担任が変わりました。

2年生の時には担任が病気になり、また変わりました。
問題児も増えて、ガラスが割れる、暴力、立ち歩きなどがありました。

3年生の時に息子のクラスがあなたの子供さんのようなクラスになり、常に3~6人ぐらいの子供達が授業中に立ち歩きをしていました。
やっぱり問題児がいるのです。
その子が全てを引き起こしています。
私達保護者は「このままではダメだ!」とPTA本部へ助けを求め、PTA本部から教育委員会へ連絡、視察に来ました。
教育委員会は「担任が悪すぎる。が、もう3学期なので手のうちようが無い。ボランティアを入れるぐらいしか対策のしようがない」と言われました。
でも、担任はボランティアの受け入れを拒否。
その時に私達保護者が先生に「授業に私達が行ってお手伝いします」と言いましたが、担任がこれまた断固拒否。
結局、校長や教頭が空いている時間に行く事は了承しました。
そしてそのまま3年生が終わってしまいました。
やっぱりその時に勉強面もですが、クラスが荒れていると息子も精神的に全然落ち着かないのですよ。
勉強面のフォローも大変でしたが、精神的なフォローが大変でした。

4年生になった時に「もうあんなことはごめん」と思い、塾に入れました。
勉強面でのフォローだけでもしっかりしたかったからです。
この時に校長が変わって、息子の学年にはボランティアの人達が入るようになりました。
それでちょっとはマシになって、学級崩壊しそうなクラスが2クラスも出ましたが、なんとか無事に終わりました。
でも、息子はまたその問題児と一緒のクラスになり、今回はいじめを受け、散々でした。
その保護者と話し合いをしましたが、ダメなんですよね。
話が通じる相手ではありません。
校長に「悪いですが、あの子がいつも問題を引き起こしています。もう巻き込まれるのは真っ平ごめんです。
もしまた同じクラスになったら、私どもは息子を学区転校させます」と言いました。

5年生になってその問題児と同じクラスではなくなり、校長も力のある担任をそろえました。
厳しい先生方ばかりです。
そしてボランティアも入れています。
今のところは落ち着いていますが、問題が表面化するのが今までのパターンでは運動会後が多いので安心できません。
特に問題児と一緒のクラスの保護者達は戦々恐々としています。

あなたのクラスの場合は担任が保護者にフォローをお願いしているのですから、
クラスに入っても良いと思います。
3年生のクラスの時は「保護者が授業中に常に2~3人いるような状態を作ろう!」と保護者の時間割を作ろうとしたほどです(拒否されましたが)。
他のクラスの保護者達も「私達も手伝うよ!」と言ってくれました。
今は問題児と同じクラスではなく、被害にあっていないけれど、来年度は一緒になるかもしれないからとみんな協力的でした。
みな仕事やまだ小さい子を持つ人もいる中で、保護者達は必死でした。
校長がなかなか動かないので、PTA本部が動いてくれて、助かりました。
結果、校長が変わり、3年生の時の担任は他の学校へ転任させられました。

自治体にボランティアはいませんか?
また、もう一人、補助の先生を入れてもらうことも今の時期だったら可能かもしれません。
なんにせよ、1クラスの保護者達だけでは動くのも限度があります。
学級委員が中心となり、PTA本部にも協力をお願いしても良い問題です。
これは1クラスだけの問題ではありません。
学校全体の問題なんです。
校長に話をする時もPTA本部役員を連れて行って話をすべきです。
学校側の対策は?
1クラスだけの保護者だけにその責任を押し付ける事は間違っています。

でもやっぱり、誰かがクラスを引っ張らないとなかなか対策もできないし、動きはしません。
誰も動かないならあなたが動くしかありません。
「私は学級委員じゃないから。そんな事苦手だし」というならあきらめて下さい。
そういうふうにできないのなら塾か何かに行って知らん振りする事です。
子供にも「巻き込まれないようにね。勉強さえできたら後のことには目をつぶろうね」と教えましょう。
でも、子供は「こういうことが起こっても自分さえよければ動く必要は無いんだ」と思う子供になります。
実際、そういう保護者も中にはいます。
「私はあなた方のようには出来ない。うちは塾に行ってるからもう良い」と拒否されました。
それも良いと思います。
人それぞれですから。
そして転校とかも視野に入れるべきです。
別に逃げる事が悪いわけではありません。
「教育意識が少ない、モラルの低い地区だったんだなあ」ってことだけですから。
そこから出る事は悪い事ではありませんよ。

がんばって下さいね。

私の息子の学年では1年生の時からどこかの1クラスが必ず学級崩壊をしていました。

1年生のクラスで問題児がおり、担任が保護者らと衝突、精神的な病となり、担任が変わりました。

2年生の時には担任が病気になり、また変わりました。
問題児も増えて、ガラスが割れる、暴力、立ち歩きなどがありました。

3年生の時に息子のクラスがあなたの子供さんのようなクラスになり、常に3~6人ぐらいの子供達が授業中に立ち歩きをしていました。
やっぱり問題児がいるのです。
その子が全てを引き起こし...続きを読む

Q新任ですが辛いです

4月から小学校の新任教師になりました。

児童は大好きなのですが、同僚や保護者に疲れてきました。
「配布物が配られてない。」とか、連絡がいきわたってない。とか、こちらはしっかりしてるつもりでも、穴があったようで、責められます。

そんな詳しいやり方なんて、どこにも誰も教えてくれないし、そんなこと言われても・・って気分に段々なってきました。
他の仕事に追われてる時も、遠慮なく学校に押しかけてきます。。
明らかに私に対して嫌悪感を抱いてるのが伝わってきて、細かいことに文句をつけてきて、もうそれを受け止めるのが嫌になってきました・・

同僚は、その人がいないところで、他先生の悪口のいいあいです。
ちょっとした言動や行動を、あとで文句つけているのが聞かれます・・
なので私も職員室では「うかつな話は噂がまわって危ないからしない方がいい」っていわれました。

都会の小学校なのですが、人間関係が田舎みたいに、ギトギトしています。そういうのが嫌いで田舎をとびだした自分にはつらいです・・
学校社会って、本当外界と閉ざされていて、外の話には本当に疎い方が多いのに、その学校中だけで優劣をつけて、偉そうにしてる方が多くて・・本当にうんざりです・・・
話を聞いていても、勤務外でも同業としか会ってない人が多いですし・・

もちろん私が仕事ができてなかったり、きづかいがうまくできてないこととかが悪いんだと思いますが・・・
嫌な指導の仕方する先生は多いし、もういっぱいいっぱいで心を閉ざしてきました・・

児童は大好きなんですが、この前児童に教室で「先生元気ないね」っていわれ、申し訳ない気分になりました・・

教員の人間関係ってこんなにめんどくさいものなんでしょうか・・・辛いです。。

4月から小学校の新任教師になりました。

児童は大好きなのですが、同僚や保護者に疲れてきました。
「配布物が配られてない。」とか、連絡がいきわたってない。とか、こちらはしっかりしてるつもりでも、穴があったようで、責められます。

そんな詳しいやり方なんて、どこにも誰も教えてくれないし、そんなこと言われても・・って気分に段々なってきました。
他の仕事に追われてる時も、遠慮なく学校に押しかけてきます。。
明らかに私に対して嫌悪感を抱いてるのが伝わってきて、細かいことに文句をつ...続きを読む

Aベストアンサー

> 児童は大好きなのですが、同僚や保護者に疲れてきました。
たぶん、どこでもそうです。
何年経っても、そこはつらいです。
でも、子どもだけを相手にするわけではない仕事なので、
(そこが、たぶん、思っていたことと違うので、戸惑ってらっしゃると思います。)
そこをどう切り抜けるかも仕事のうちです。

> 「配布物が配られてない。」とか、連絡がいきわたってない。とか、こちらはしっかりしてるつもりでも、穴があったようで、責められます。
こういったことがあった場合、経験が浅いと、つい、
自分の事情を説明してしまいがちです。
でも、相手にとって、(残念ながら)教員の事情なんて知ったことじゃありません。
だから、ひたすらこちらの穴があったところを、謝るしかないです。

> そんな詳しいやり方なんて、どこにも誰も教えてくれないし、
1を聞いて1を知るでは、どんな仕事もやってはいけません。
新任の方なら、初任者研修の担当者が居ると思います。
少なくとも、その方は、質問者様のバックアップが第1の仕事だから、
どんどん聞いても良いとは思いますが。
他の方はたぶん、ご自分のこともあるのだから、かなりきついですよ。

> 他の仕事に追われてる時も、遠慮なく学校に押しかけてきます。。
明らかに私に対して嫌悪感を抱いてるのが
授業中以外は、親にとって、関係ないことですからね。
嫌悪感を抱くのは、たぶん、上記の通りの理由です。
保護者の方の学歴も高くなり、免許保持者も多い今、
ちょっとした指導者気分でぶつけてこられる方もいるのが事実。
一つ一つ誠意を持って対応することで、信頼を得ていくのが、
地道で遠回りでも、後々の財産になりますよ。

> 同僚は、
そうですね、不安があっても言えない環境はつらいですね。
こういったサイトを利用するのも、大事だと思いますよ。

> 都会の小学校なのですが、
会社員の経験もありますが、どっちもどっちです。
結局集まった人たちの相性をいうか、何というか、・・・。

> 話を聞いていても、勤務外でも同業としか会ってない人が多いですし・・
これは、明らかに仕事量が多いせいだと思います。
疲れてしまって、家と職場の往復だけで精一杯。

> もちろん私が仕事ができてなかったり、きづかいがうまくできてないこととかが悪いんだと思いますが・・・
これに関しては、質問者様が悪いとは思いません。
要領がいい方も居ますが、たいてい何らかの社会人経験があります。
特に、教職は、実践是研修です。
経験に勝る研修はないのだから、今年は、仕方ない部分もありますって。

空元気も元気。
子ども達との絆がしっかりするための、大切なことです。
でも大好きな子ども達の前で笑顔が出なくなったら、休むべきだと思います。
頑張りすぎてはいけないと思う。
人として弱いことは、決して弱点ではありません。
痛みを分かることも大事な力の内だと思う。
でも、それに振り回されてしまうようなら、対処するテクニックは、
勉強していくと良いと思います。

まもなくGWですね。
何もかも忘れて、ひたすら眠るだけでもずいぶんすっきりします。

> 児童は大好きなのですが、同僚や保護者に疲れてきました。
たぶん、どこでもそうです。
何年経っても、そこはつらいです。
でも、子どもだけを相手にするわけではない仕事なので、
(そこが、たぶん、思っていたことと違うので、戸惑ってらっしゃると思います。)
そこをどう切り抜けるかも仕事のうちです。

> 「配布物が配られてない。」とか、連絡がいきわたってない。とか、こちらはしっかりしてるつもりでも、穴があったようで、責められます。
こういったことがあった場合、経験が浅いと、つい、
...続きを読む

Q高学年の担任をすることについて

実際に小学校の担任をされた事のある方に質問します。今年担任をして三年目です。今までずっと低学年ばかりもってきました。しかし来年はおそらく5.6年生を担任することになりそうです。今まではトラブルなどもありましたが頑張って乗り越えてきたつもりです。しかし多くの先生が「低学年はいいよねー。高学年はやりがいあるけど来年はつらいよー」といつも言われます。すると始めはやる気いっぱいだったのに、だんだん不安でたまらなくなってきました。多くの先生方が高学年を持って体をこわされています。子供は子供だと思って接しようと思いますが正直今は怖くてたまりません。また子供を保育園に預けながら働いており、体を壊しながら働くならこの子の為にだけ生きてみたほうがいいかもと思い悩んでしまいます。もちろん仕事が楽しいだけではないことは分かっています。ぜひこんな考えに陥ってしまっている私にアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 辛いことは確かです。子どもたちとうまくいくかどうかで全く違う2年間になります。私は何回か5,6年生を担任しましたが、子ども扱いをしないことで、彼らの自主性や責任感をそだて、学校生活作りを応援しました。大人のようで子ども、子どものようで大人な彼らですが、一人前として接することが一番大切だと思います。子供だましの手法は通用しません。また、思春期に突入するので難しい問題もたくさん出てきます。世の中の情報に惑わされる前に「愛や性」について先制攻撃をしておかねばなりません。中学受験組みが多いとそれもまた大変です。親掛かりでがむしゃらに突っ走ってしまいますから・・・。そんなことが複雑に絡み合いながら、高学年をどう乗り切るのか?子供同士の結びつきが強いと、子どもたちと協力して超えていくことはできます。そうなったとき、それは子どもにとっても教師にとっても最高の財産になります。でも、そうならないことも多いのは事実です。低学年ばかりやっていた20代後半の先生が高学年を持ってやめちゃった例も知っています。ただ、一年から六年までを通して経験しないと教師として一人前とはいえないでしょう。出口付近を知らない、入り口を知らないでは、見通しを持った教育はできませんから。・・・後は一人で抱え込まないことも大事です。学年会を開いて相談をしあう、学級通信を出してクラスの様子を知らせ家庭の協力も得る、保健や図書、音楽の先生などと情報交換を密にする・・・いろいろ手立てはあります。若くて頭が柔軟なうちに挑戦することをお薦めします。成人した、社会人になった教え子は高学年の担任に帰ってくることが多いです。「あの時、このクラスを持ってよかった。」という感慨にふけられるのは、高学年を持った教師の特権です。がんばってください。

 辛いことは確かです。子どもたちとうまくいくかどうかで全く違う2年間になります。私は何回か5,6年生を担任しましたが、子ども扱いをしないことで、彼らの自主性や責任感をそだて、学校生活作りを応援しました。大人のようで子ども、子どものようで大人な彼らですが、一人前として接することが一番大切だと思います。子供だましの手法は通用しません。また、思春期に突入するので難しい問題もたくさん出てきます。世の中の情報に惑わされる前に「愛や性」について先制攻撃をしておかねばなりません。中学受...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q 授業参観に失望・・・ 先生は自信がないの?

 小学生(公立)の子供の参観に行くたび、いつも失望。 
 私は、特別な授業より、いつも通りの子供の様子を見たくて行きます。
 ところが、今までのは、3クラス合同での発表会や、合奏・合唱、体育でもなぜか3クラスを二つに分けてドッジボールやゲーム。 先生の指導力を見る機会はありません。 子供たちも、どこを見てもらうわけでもなく、緊張感がありません。
 私が子供の頃には、親はシーンとして後ろで見ていて、先生は緊張をほぐすようにいつものようにしてくれて、でも頑張って手を上げて発表したもんですよ。(昭和40年代) 
 私が思い描く授業参観は古いかもしれないけれど、私は今の先生はお茶を濁して逃げているように思えて、こんな授業参観のために仕事を休んでいくのが、無駄のように思ってしまいます。 皆様はどうお考えですか? 学校の先生にも直接は聞けませんが、本音が聞いてみたいです。

Aベストアンサー

私も失望派です。だから、自分の用事が優先です。授業内容を子どもに聞いてから、行ってもよさそうだと自分が判断した場合のみ行きます。小学校の参観に行っても、懇談に参加しても、林間や修学旅行の説明会でさえ、「良かった」と思えることが最近なくなりました。

子どもが多いので、もう、14年間小学校に通っています。明らかに、先生のレベルは下がっています。これで、授業なのかと疑ってしまうものも多く、これからも期待できないと思います。

私には、子どもの全員参加のために発表会的授業をしているとは思えず、ただ、先生の怠慢でしかないように思えます。算数や国語や理社をしてしまうと、自分の力量のなさを露呈してしまうため、逃げの参観をしているとしか思えません。

プロならプロらしくしてほしい。私も小学校教員免許だけは持っているので、なおさら、先生のサボっている姿が悲しく思えてなりません。

もう、小学校に期待はしません。勉強は塾で。学校は友達とのかかわりを求めているだけです。不登校がいないことが自慢だった(つい4年前)小学校が、低学年ではクラスに2人ぐらい不登校児が出てきて、「その先生自体がいることが子どもの害になっている」という親までいるぐらいです。ほんとに、子どもたちのこの環境の悪さをどうしたらよいのでしょう。未来はどうなってしまうのでしょうか。

私も失望派です。だから、自分の用事が優先です。授業内容を子どもに聞いてから、行ってもよさそうだと自分が判断した場合のみ行きます。小学校の参観に行っても、懇談に参加しても、林間や修学旅行の説明会でさえ、「良かった」と思えることが最近なくなりました。

子どもが多いので、もう、14年間小学校に通っています。明らかに、先生のレベルは下がっています。これで、授業なのかと疑ってしまうものも多く、これからも期待できないと思います。

私には、子どもの全員参加のために発表会的授業をしてい...続きを読む

Q新任教員、辞めるべきか

今年4月から採用された者です。講師経験は数年あり
8回目の挑戦でやっと合格しました。5年40人学級を
担任しています。初めての高学年で不安がありましたが、子どもたちと心を通わせたいと毎日頑張っていました。早朝から出勤し、帰宅はいつも22時過ぎでした。G.W明けから子どもたちが私に反抗するようになりました。新任だからといって完璧なめられています。
ちょっとした私の言動に腹を立て、教室から出ていく子どもたち。注意しても全く指導が入りません。
学年の先生に相談しても「あなたの教室をうちのクラスの子どもに見せたくない!」と言われ、無視です。
管理職からのアドバイスはなく、逆に私の責任を追及されます。どうしたものか自分でもわからなくなり、
学校に行けなくなってしまいました。精神科に行くと
適応障害という病気だと言われ、2ヶ月は自宅療養が必要とのことです。新任なので病休をとるのも申し訳ないと思いましたが、しばらく休んでこれからのことを
考えようと思いました。休んだら楽になるかと思いましたが、毎日のように子どもたちの夢を見て、毎日がすごく苦しいです。辞めるのは簡単だけど、長年の努力で叶った教師という夢をたった3ヶ月で結論を出すのもどうかなぁと思い悩んでいます。でも、復帰のことを考えると今から気が重いです。
教職関係者の方、人生の先輩方、どうかアドバイスを
お願いします。

今年4月から採用された者です。講師経験は数年あり
8回目の挑戦でやっと合格しました。5年40人学級を
担任しています。初めての高学年で不安がありましたが、子どもたちと心を通わせたいと毎日頑張っていました。早朝から出勤し、帰宅はいつも22時過ぎでした。G.W明けから子どもたちが私に反抗するようになりました。新任だからといって完璧なめられています。
ちょっとした私の言動に腹を立て、教室から出ていく子どもたち。注意しても全く指導が入りません。
学年の先生に相談しても「あなたの教室をうちの...続きを読む

Aベストアンサー

現職の公務員です。教員ではありませんが、教育委員会にいたこともあります。
No.2および6の答えはかなり極端と思いますので、あまり気にしないでください。
 どこの自治体でも教職員のための相談室があります。「教育センター」といったところにあるはずです。そこに相談されてはいかがでしょうか。
 それから、いろいろと大変とおもいますが、せっかくなった教師という職業です。簡単にやめてはいけません。
 それから、生徒や児童が言うことを聞かない、というのはどこの学校でも起きうることと思います。そんなことでやめるようでは、現職の先生方の3分の1くらいはやめていくはずです。でも、そうならないのは、やはりせっかくなった教師という仕事を手放したくないこと、それから「何をいわれても自分のペースでやる」ことを知っているからだと思います。
 とにかく、教師を辞めないでください。今の世の中、民間は(たとえ一流大企業でも)はるかに大変です。でも、1人で教壇に立つって大変ですね、知り合いの教師が「歌手や役者が1人でステージに立つ、あれと同じだよ。ここどうすればいいのかなって、誰にも聞けないしね」と言っていました。

現職の公務員です。教員ではありませんが、教育委員会にいたこともあります。
No.2および6の答えはかなり極端と思いますので、あまり気にしないでください。
 どこの自治体でも教職員のための相談室があります。「教育センター」といったところにあるはずです。そこに相談されてはいかがでしょうか。
 それから、いろいろと大変とおもいますが、せっかくなった教師という職業です。簡単にやめてはいけません。
 それから、生徒や児童が言うことを聞かない、というのはどこの学校でも起きうることと思いま...続きを読む

Q生徒になめられており、よくからかわれます。

こんにちは。
新卒で正規採用され、4月から中学校で1年生の副担任をしている者です。

私は、背が低いぽっちゃりめの女で、顔は幼く、体力はなく、はっきり言って見た目からして貫禄が全くありません。
また、厳しく注意をしても生徒に口答えをされてしまいます。
4月当初は中途半端な注意しかできずにいました(なのでなめられて当然だと思います)が、最近やっと徹底した注意ができるようになりました。
が、生徒からはやはりなめられています。

さて、「なめられている」と感じた瞬間を具体的に述べようと思います。
 ・名前をもじって変なあだなを付けられ、呼んでは私の反応を見ている
 ・私が教室に入っても静かにならないのに、担任が廊下を通るだけで静かになる
 ・「ええ~朝から先生の授業なんですか~?」と言われる
 ・授業変更で私の教科がなくなると「よっしゃー!」と言われる
 ・下校時、「やったーこれで先生の顔を見なくて済みますね」と言われる
 ・「先生、太りましたね」と言われる
 ・担任の代わりに朝のSTをした時のこと、出席をとる時に「担任の先生に呼ばれないと大きい声で返事できません」と言われた
 ・ときどき「下の名前+先生」で呼ばれる

けれど、別に嫌われているというわけではありません。
そう思う理由を挙げさせていただきます。
 ・私の担当でない教科の質問を、わざわざ私にしてくる
 ・担任の先生には話せない悩みを聞いて欲しいと言われる
 ・授業が終わると教卓に生徒が集まってくる
…少ないですけど。

生徒は本当に私のことを嫌いというわけではなく、私の反応を見たいだけなのだろうと思います。
軽い冗談のつもりなのでしょうが、精神的にまいってしまっている時なんかはつらく感じることもあって…
とにかく、私をからかう雰囲気をなくしたいと思っているのですが、なかなか改善されません。

ご意見くださると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

こんにちは。
新卒で正規採用され、4月から中学校で1年生の副担任をしている者です。

私は、背が低いぽっちゃりめの女で、顔は幼く、体力はなく、はっきり言って見た目からして貫禄が全くありません。
また、厳しく注意をしても生徒に口答えをされてしまいます。
4月当初は中途半端な注意しかできずにいました(なのでなめられて当然だと思います)が、最近やっと徹底した注意ができるようになりました。
が、生徒からはやはりなめられています。

さて、「なめられている」と感じた瞬間を具体的に述...続きを読む

Aベストアンサー

「なめられている」かどうか?を判断するのは、その人の主観によるものであり、「私はなめられています。」と言われれば、第3者が否定してもあまり意味はないかも知れません。

でも、ご質問中の
1.「なめられている」と感じた具体例と、
2.別に嫌われているというわけではないと思う理由
を合わせて考えてみると、貴女は「なめられている」と言うより、生徒に親近感を持たれているように感じましたよ。

新卒・新人の先生であれば、良きにつけ、悪きにつけ、未だ先生然とした風格が生徒たちには感じられないのでしょう。
きっと生徒たちは、貴女に対してお姉さんのような、年上の友達のような、そんな感情も抱いているようにも思えます。

一家に、厳しい父親と優しい母親が居て、バランスの取れた良い子が育つように、勉強やルールに厳しい担任が居て、お姉さんさんのように優しい副担任がいるのでバランスの取れた学級運営が出来るのではないですか。。。??

これまでの経験から見て、子供たちは、親近感が持ってて、尊敬できる先生に出会ったときに、進歩が著しくなるように思います。

中学1年生と言えば、小学校時代の幼児期を卒業して、やっと小人(大人に対する子供)になったばかりの生意気盛りと思います。
「なめられている」と感じた具体例の幾つかは、彼らは無意識なのでしょうが、生意気を言って、自己主張してみたり、自分の存在を認めてもらいたかったりすることの彼らなりの表現とは捉えられないでしょうか!?

彼等が貴女に何か言ったら、貴女も彼らに、彼等がギャフンというような言葉を返してみてはどうでしょう。
そうすれば、貴女のストレスも少しは解消されかも知れませんし、彼らも貴女に一目を置くようになるかもしれませんよ。

例えば、「やったーこれで先生の顔を見なくて済みますね」と言われたら、「そうですね!、良かったですね!先生もあなたの顔を見なくて済みますね。ハッピーですね!」とか。。。
一寸、ウィットやユーモアーが加わると良いですが。。。

でも、生徒達が、あなたに認められようと思ったり、自分の存在を主張するかのごとく、雑言を言って来るなんて、観点を変えてみれば、先生冥利に尽きるように思いますが。。。どうなんでしょうか??

「なめられている」かどうか?を判断するのは、その人の主観によるものであり、「私はなめられています。」と言われれば、第3者が否定してもあまり意味はないかも知れません。

でも、ご質問中の
1.「なめられている」と感じた具体例と、
2.別に嫌われているというわけではないと思う理由
を合わせて考えてみると、貴女は「なめられている」と言うより、生徒に親近感を持たれているように感じましたよ。

新卒・新人の先生であれば、良きにつけ、悪きにつけ、未だ先生然とした風格が生徒たちには感じ...続きを読む

Q温和な性格の教師が、授業中の私語をやめさせるには?

よろしくお願いします。

私は新任の英語教師で、私立高校で働いています。高校一年生を教えています。学校の学力レベルは、中堅校です。

授業中の私語をやめさせるにはどうすればよいのか迷っています。

穏やかな性格のため、私語をしている生徒に対して大声で注意してやめさせるということは私にはできず、「私語をしていたら他の人に迷惑になるし、君自身も授業についていけなくなってしまうから、私語はやめよう」というふうに、静かな口調で説得する方法が中心になるのですが、それだと生徒が甘えてしまって、数分後にはまた私語が出てきてしまいます。私自身、生徒たちがいとおしく思えるので、変に子どもたちに理解がありすぎて、あまり怒りの気持ちが出てこないのです。

そのように私語が出る状態では、真面目に授業を受けようと思っている生徒たちにとってよくないので、何とかしてやめさせたいのですが、なかなかいい方法が思いつきません。私の性格では、どなってみても多分中途半端になってしまうでしょう。(一度どなってみたことがありますが、性格に合わないことなので精神的にすごく疲れて、二度とできないと思いました)

一つ考えているのは、「私語を何度注意しても聞かない場合は減点する」ということなのですが、他にそのようなことをしている先生はおそらくほとんどいないので、反発されて逆効果になる不安もあります。あるいは、別に生徒に憎しみの気持ちはもたずに、「しゃべってたら減点するから、私語だけはやめような~」というふうに淡々と話していけば、それほど対立も生まないかな、とも考えています。もしこの方法について賛成、反対など、ご意見があれば、ぜひよろしくお願いします。

それ以外にも、私の温和な性格に合った、私語撃退方法がなにかあれば、お教えいただけませんでしょうか?新任なもので、分からないことだらけで、困っています。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

私は新任の英語教師で、私立高校で働いています。高校一年生を教えています。学校の学力レベルは、中堅校です。

授業中の私語をやめさせるにはどうすればよいのか迷っています。

穏やかな性格のため、私語をしている生徒に対して大声で注意してやめさせるということは私にはできず、「私語をしていたら他の人に迷惑になるし、君自身も授業についていけなくなってしまうから、私語はやめよう」というふうに、静かな口調で説得する方法が中心になるのですが、それだと生徒が甘えて...続きを読む

Aベストアンサー

まず私語といっても、いい私語と悪い私語があります。いい私語とは授業に関することを友達に聞いたり話したりする私語で、静かな授業が一番良いというわけではありません。

もちろん全く関係のない私語は悪い私語なので、注意をしなければいけません。注意の仕方も先生によって様々で厳しくできないようでしたら、軽く言うだけでもいいです。

大切なのは、自分自身が授業を楽しむことだと思います。どんなに魅力的な授業でもどんなに分かりやすい授業でも聞かない生徒はいますし、クラスの雰囲気によっても聞きません。

でも学力レベルが中堅で真面目な生徒もいるようですので、まず真面目な生徒がより分かりやすく面白く、そして狙いは学力が少し下で少しは授業を聞こうとしている生徒です。

そして、授業を聞かない生徒にはときどき授業に参加すれば楽しいのにという風にアピールするように注意することが肝心です。

授業で自分自身を楽しくしようとすると生徒が楽しくなければ本当に楽しい授業をすることができません。もちろん毎回そんな授業をすることは無理ですが、時々やほんの数分間でも楽しい授業を目指すことが大切です。

授業が分かりやすい以外に今やっていることに関係する雑学なども話されたらいいと思いますよ。

僕の大好きだった英語の先生の雑談を何個か書きます。
「eyeは絵文字なんです。目(e),鼻(y),目(e)でしょ。英語は漢字みたいに絵文字の単語もあるんですよ。他に何があるかって、それはみんなで調べて下さい。(笑)」

「蜂は飛び回る音からbeeってなったんですよ。そしていつも飛んでいるでしょ、だから忙しいはbusyなんです。そして、今はサラリーマンをbusinessmanっていいますね。大変なんですよ~(笑)」

「平行っていう単語はparallel(パラレル)っていうんですけど、スキーにパラレルって板を平行にして滑る方法があるんですが、この真ん中のl(エル)の2つが棒なんですよ、この棒は交わらないでしょ、だから平行なんです。」「笑、先生、そんなん嘘やろ~、笑」
「本当ですよ。(笑顔) 例えば solo のlは棒じゃなくて、人なんですけど、一本ですのでひとりですし、sellは2人いないと成立しませんよねー。他に・・・」

みたいに面白く単語を簡単な単語を山ほど復習がてら紹介してくれました。その先生の一番影響を受けた言葉は

「私は図書館です。私が死んだらその図書館の本までなくなってしまうなんてもったいないでしょ。だから生きている間に私の知っている知識や本は全て皆さんに貸しますよ。もちろん、返して下さいね(笑)。定年退職したとたん図書館でなくなるのももったいないので、私は無料で教えるところを作っていってます。みなさんも一生、人に何かを伝えるところを作っていって下さいね。年を取って家や公園で座っているだけなんてもったいないですから」

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

まず私語といっても、いい私語と悪い私語があります。いい私語とは授業に関することを友達に聞いたり話したりする私語で、静かな授業が一番良いというわけではありません。

もちろん全く関係のない私語は悪い私語なので、注意をしなければいけません。注意の仕方も先生によって様々で厳しくできないようでしたら、軽く言うだけでもいいです。

大切なのは、自分自身が授業を楽しむことだと思います。どんなに魅力的な授業でもどんなに分かりやすい授業でも聞かない生徒はいますし、クラスの雰囲気によっても...続きを読む

Q新任の挨拶について

3月に大学を卒業し、5月から小学校で非常勤講師をすることになりました。非常勤とも言えども新任当日は全校生徒の前で挨拶をしなければなりません。
いったいどのような挨拶をしたらいいんでしょう。
あまり短くてもいけないでしょうし長くても退屈になるでしょう・・・

Aベストアンサー

「おはようございます。
 今度みなさんに○○を教えることになりました○○○と言います。
 とても元気な子が多い(あいさつがしっかりしている、勉強も運動もがんばる子ばかり、音楽にあふれた学校、など第一印象)と思いました。
 大学を出たばかりですので、一番みなさんの年齢に近い先生としてがんばりたいと思います。
 よろしくお願いします。」

などのように短くまとめると良いでしょう。

Q息子の授業態度が悪いようです(長文です)

特に学校の先生にお聞きしたく思います。

数日前,担任の先生から,小学1年生の息子が授業を聞かない,授業に参加しないとの報告がありました。
入学してから1学期の間は何事も問題なく学校生活を送れていたのですが,夏休みが明けてからはまったく授業に身が入らず,授業中の先生の話は聞かず,音楽や工作などの何かに取り組む時間は何もしようとしないらしいのです。

以前から著しく注意力が散漫で,人の話に耳を傾けたり目の前のことに気をつけたりするのが苦手なところがあり,また,自分の好きなことにだけは夢中になれる反面,注意力の欠如と相まって,興味の沸かないことに関しては全く集中できず,我慢して頑張るということができない子でした。
そのせいか,食事中のマナー,姿勢の悪さ,鉛筆や箸の持ち方など,何一つ正しく覚え,矯正することができないのです。
そんな調子なので小学校でもちゃんと授業を受けていられるか心配でしたし,AD/HDなどの病的な要因も疑ってはいましたが,入学してからは,細かい決まりごとなどに関して多少問題はあったものの,思いの外うまく集団生活に馴染めているようだったので,そのまま様子を見ていたところでした。

先生がわざわざ電話をかけて報告してきたくらいなので,よっぽどのことなんだろうと思い,その日のうちに帰ってきた息子に妻と二人でしっかりと言い聞かせました。
しかし,昨日外出先で息子の同級生と偶然であった際に,その同級生の子が私に告げ口してきて,息子の授業態度が改善されていないことが判りました。

困ったことに,先生からの報告では具体的な様子が分からなかったのですが,同級生の子の話によると,授業に身が入っていない程度の話ではなく,授業中でも話の合う子と前後で向き合って私語をしており,他の児童からたしなめられるほど騒がしくしているようなのです。
(息子も反論できず,言いつけられて憮然としているだけだったので,どうやら本当のようです。)


原因として思い当たることがあります。
夏休み中,どこにも連れて行けず,手持ち無沙汰にしている息子をかわいそうに思ったのか,妻がニンテンドーDSとそのソフトのポケットモンスターを買い与えてしまいました。
そして,夏休みの期間中にゲームセンターやおもちゃ売り場においてあるポケモンのゲームも覚えさせてしまったのです。

以前から息子は少しだけポケモンに興味を持っていて,友達の影響でテレビゲーム等にも関心が出てきたようで,デパートなどで欲しがる素振りを見せるようになってはいました。
しかし,前述の通り,息子は好きなことには夢中になってのめりこみ,残念ながらそれ以外のことは頑張れない子なので,ある程度親がコントロールしてやらなければなりません。

ゲームの類にのめりこみがちなことは既に判っており,他のことが疎かになることは容易に想定できましたので,ねだられて迷っている妻をその都度たしなめ,買うのを諦めさせていました。
ですが,妻は息子を溺愛するあまりいつも甘やかしすぎており,今回もとうとう出かけたついでに買ってきてしまったのです。

いつものことなので,しょうがないなと私もつい看過していましたが,案の定それ以来頭の中はポケモンのことで一杯になり,寝ても覚めてもその話ばかりするようになりました。
ですが,学校に行くのが大好きで,1学期はちゃんとできていただけに,授業に支障が出ているとは思いませんでした。

おそらく,それまでは興味の対象になり得ていた「学校のお勉強」が,他に強力な最優先事項が増えたせいで興味の対象から外れてしまったのではないかと思っています。
小学1年生で,しかも自己抑制力のまったく発達していないうちの息子には刺激が強すぎたのではないかと。

さすがに妻も反省したようで,厳しく叱りつけてゲームを取り上げてしまいました。
(本人にしっかり言い聞かせて納得はさせています。)

幸い学習能力には問題がないので,できれば特殊教育クラスには入らずに,皆と同じクラスで勉強させてやりたいのです。

しかし,いったん興味の薄れてしまった学校の勉強に,今からもう一度取り組ませることができるのでしょうか?
できるとしたら,この子には今後どういう指導をしていったら良いのでしょうか?

特に学校の先生にお聞きしたく思います。

数日前,担任の先生から,小学1年生の息子が授業を聞かない,授業に参加しないとの報告がありました。
入学してから1学期の間は何事も問題なく学校生活を送れていたのですが,夏休みが明けてからはまったく授業に身が入らず,授業中の先生の話は聞かず,音楽や工作などの何かに取り組む時間は何もしようとしないらしいのです。

以前から著しく注意力が散漫で,人の話に耳を傾けたり目の前のことに気をつけたりするのが苦手なところがあり,また,自分の好きなこ...続きを読む

Aベストアンサー

「特に学校の先生に」とのことですので,回答いたしますが,率直なところ,これだけの情報で
>学校の勉強に,今からもう一度取り組ませる
>この子には今後どういう指導をしていったら
について「○○したら」と回答できる(する)先生はいません。

可能なアドバイスは「担任と率直な話ができる関係を作ってください」ということです。それは一度や二度の面談でできるものではありません。

担任の心象風景を申しますと,
・正直,とても困ったお子さんだと思っています
・ADHD,PDDを含めて,何らかの障害を疑っているはずです
ただ,これらのことを親御さんに,言うのはとても難しいのです。

どの保護者でも,我が子が学校生活になじんでいない,と言われて面白かろう筈はありません。まして,その原因として「軽度発達障害の疑いも・・・」などといわれようものなら,冷静でいられるとは限りません。障害の問題については教員は素人です。場合によっては,自分(担任)の指導力の問題として指弾されかねません。

ですから,面談(特に男親との)ではオブラートに包むような言い方しかしないのが普通です。推測ですが,「1学期の間は何事も問題なく」というのは,担任が何とか制御して,ご家庭に問題を伝えなかった(伝わらなかった)というだけの話だと思います。

そして,「現状」については,担任が柔らかく言っている以上のことがあると思った方が正しいでしょう。友達から聞いた話,の方がリアルな事実だということです。質問文の端々に「やっぱり・・・」というニュアンスが感じられるのは,失礼ですがお父様もそのようにお感じになる部分があるということではないですか?

そこを率直に担任が言える・話し合える関係作りがどうしても必要です。教員も人間ですから,「逆ギレ」するような保護者にわざわざ嫌われるようなことを言いたくはないのです。それはもちろん保身という意味も含めて。だから,その方がどのような人なのかが分かるまでは慎重な言い方をします。

けれども,「あぁ,この人は我が子の実情をよく分かり,何を言ってもきちんと受け止めてくれる人だな」と分かれば,違います。
>学校の勉強に,今からもう一度取り組ませる
>この子には今後どういう指導をしていったら
リアルな実態も話しますし,学校でする・しようとしている指導,家庭にお願いしたいこと,今後の見通しも含めて(そこはプロですから)話をしてくれるでしょう。

また,そういう関係ができれば,その子に対する指導が変わります。「悪いこと」を抑えようとする指導から,「良い点」を延ばそうとする指導に変わるのです。「あんたの指導力の問題だ」と指弾されれば,どうしても「守り」に入りますから,悪いことを抑えようとする指導に傾きがちになるのです。それがまた悪循環を生むことも多いのですが・・・。

ですから,まずは担任から率直な話が聞ける,一緒に我が子のことを考えてもらえる関係作りをすることが,今,保護者としてできる一番大切な対策だと思いますよ。ゲーム機を捨てる捨てない,などは個別の問題です。学校・家庭生活全体を考えた上で,どうお子さんを育てるか,という大きな流れの中で考えた方が良い話だと思います。


さて,別件ですが特別支援学級についてです。もちろん現状で,この話は必要かどうかは分かりませんが,先の方の回答などでも出ておりますので制度の話だけ。

特別支援学級には通級制度というものもあります。これは,在籍は元のクラスのままで,必要に応じて通級する制度で,軽度発達障害の場合,年間10回(月に一回程度)からの通級が認められています。そこでの指導内容は様々で,例えば教科について個別指導を受ける場合もあるでしょうし,適応指導(集団生活への適応を目的とした指導)の場合もあります。

どのような内容が適切かは,お子さんの様子や学力などを見た上で判断します。まだ,1年生ということですし,実際に専門家の診断を受けたわけではありませんから,具体的な話はいささか先走りの感があります。
ただ,専門家の診断を受ける事は視野に入れておいた方が良いかもしれません。

「特に学校の先生に」とのことですので,回答いたしますが,率直なところ,これだけの情報で
>学校の勉強に,今からもう一度取り組ませる
>この子には今後どういう指導をしていったら
について「○○したら」と回答できる(する)先生はいません。

可能なアドバイスは「担任と率直な話ができる関係を作ってください」ということです。それは一度や二度の面談でできるものではありません。

担任の心象風景を申しますと,
・正直,とても困ったお子さんだと思っています
・ADHD,PDDを含めて,何らかの障害...続きを読む


人気Q&Aランキング