出産前後の痔にはご注意!

寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出する簡単な方法を教えてください。
「立面図」は、勾配の分、「高さ」が短くなっていますよね。
切妻屋根なら、隣合わさった立面図の「流れ」を測れば、わかるのですが・・
知りたい目的は、屋根に何枚ソーラーパネルが載るのか
自分で調べたいからです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No4です


立面図東の斜Aの長さと、平面図のAを屋根に登って測った長さは同じ長さになる。
立面図南の斜Bの長さと、平面図のBを屋根に登って測った長さは同じ長さになる。
「寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出す」の回答画像5
    • good
    • 9
この回答へのお礼

shorunさん
単純明快にお答えいただき感謝です。
すっきり、この通り覚えます。
ご親切なご対応、本当にありがとうございました!!

お礼日時:2009/12/31 21:53

No4,5の回答者です。


No6さんの慎重なご指摘に目が覚めました。
私は、辺ACが必要だとの思い込みで回答して、No3を否定する内容であったことになり

No3さんにお詫び申し上げます。
ところで
No6のお礼に知りたいのは「辺ABなのでNo2の方の回答の通りにいたします」とありますが、
辺ABは寄棟の長さのことであり、立面図には表示されませんから
No2の方法(No4,5も同じ)では辺ACは測れても、辺ABは測定不可能です。
辺ABは平面図には表示されますが、投影寸法で、屋根に登って測る実寸とは違います。

●結論、辺ABを求めるなら
No3お礼「これなら私にも納得できます!(喜)ピタゴラスの定理ですね」が正解です。

◆老婆心 ソーラーパネルの枚数を検討するなら
     辺ABよりACまたはADを優先して検討するのが妥当だと思います。
     ABなのかACなのかよく考えて誤算のないようご留意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shorunさんのおけげで、モヤモヤ感が解消されました。(感謝)

私は、ソーラーパネルの枚数を調べたい、それには
台形の屋根の「高さ」(辺AC)を求めることが必要だ
それは、三角形の「立面図」の斜辺(辺AB)と同じである

ということで、整理できました。(それで、合ってますよね?)

shorunさんは
ちゃんと、私の立場に立って教えてくださいました。
何がわからないのか、私以上に分析して教えてくださいました。
その誠実なご姿勢に、深く敬意をささげます。

お礼日時:2010/01/04 00:36

屋根勾配(角度もしくは何寸なのか)と桁行・梁間方向(縦横)の長さが分かれば算出できますよ。



(1)各寸法の関係は図のとおりです。
寄棟屋根では屋根伏図上の隅(登)棟(斜めに走っている線)は必ず45°を通ります。
梁間の長さが分かれば、陸棟までの水平投影距離が算出できます。
ちなみに陸棟が全く無い屋根が方形屋根となります。

(2)屋根の投影(平面上の)面積S1’=A^2/4(小平の場合)となります。

(3)投影面積をcosτ(τは屋根勾配○○°)で割るか、{√(100+X^2)}/10(Xは屋根勾配○○寸)を掛ければ本当の屋根面積が算出できます。

・屋根面積S1or2 = S1'or2'/cosτもしくはS1'or2'×{√(100+X^2)}/10
・頂部(陸棟)高さt=(A/2)/cosτもしくは(A/2)×{√(100+X^2)}/10

投影面積と実際の屋根面積の関係は、0寸(フラット)は1倍、5寸は1.118倍、10寸(カナ勾配、45°)は1.414(√2)倍になります。
「寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出す」の回答画像7
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この世界を、ちょこっと覗けた感じがします。
はぁ~っ!!って感じです。
ついていこうと調べてみましたが、
「梁」や「桁」の意味がなんとな~くわかったところで断念でした。
こういうことわかったら面白いだろうなぁ・・と思いました。
本当にありがとうございます!!

お礼日時:2010/01/01 11:58

求めたい辺が曖昧です。


辺AB?
辺AC?
辺AD?
辺ABであればNo2の方の回答の通りです。
辺AC,ADであればその他の回答、周りの人の言う通りです。
屋根の面積を求めたいのであればどちらも必要です。
「寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出す」の回答画像6
    • good
    • 1
この回答へのお礼

辺ABなので、No2の方の回答の通りにいたします。
ありがとうございます。

辺ACっていうのも、あるんですね・・??
図形がホント苦手で、質問の仕方も的を得ず、申し訳ないです。(汗)

お礼日時:2009/12/31 22:03

No2さんご回答のとおりです。


お知りになりたい屋根の斜面の長さは A です。
添付図の a を測ると高さで 、A を測れば斜面の長さです。
「寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出す」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり図解は、わかりやすいですね。
ご親切に本当に感謝しています!

たしかに、shorunさんやNo2さんが仰ることと同じことを
周りの人も教えてくれました。
「何を難しく考えてるの? いたってシンプルだよ。」って。
だけど、

>A を測れば斜面の長さです。

ここが、私にはわからないんです。(すみません)
本当にこれで納得できれば、とても簡単ですよね。
でも
三角形の面の立面図では、斜辺(隅棟?)が勾配しているため
短くなっていると思ってしまうんです。
(じっさいに、紙を切って測ってみたりしたんです)

たとえば、切妻屋根の切り落とされた三角形の斜辺(ケラバ?)
であれば、勾配がないので、
>A を測れば斜面の長さです。
ということが納得できるんです。

すみません。周りの人は「なんでわからないの?」といぶかしむので
もう、これ以上「わからない」って言えなくて、困っています。

お願いですから、そこのところを教えてくださいませ。
モヤモヤしたままなんです。

お礼日時:2009/12/31 03:48

斜線(勾配面)の長さは、添付図を参照して下さい。


次の式から計算できると思います。

C=√(a^2+b^2)

ただし、
a:側面図の高さ
b:平面図の斜線部分の長さ
c:立体図の斜線(勾配面)の長さ
とします。
「寄棟屋根の「高さ」を「立面図」から算出す」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おおっ!!なんと!
これなら私にも納得できます!(喜)
ピタゴラスの定理ですね。
3D図面まで、ご用意いただいたおかげで
飲み込みの良くない私にも、理解できました。
ご親切な図解に大感謝です!!

お礼日時:2009/12/31 03:08

こんにちは。



寄棟屋根を立面図で見ると、ある面が台形だとすれば、それと隣り合った面が三角形になってますよね。

三角形の斜辺に、定規を斜めなりに当てて測ると、棟から軒先までの長さということになります。

切妻屋根の、斜辺を測ることと同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やさしく教えてくださり、感謝です!
めちゃめちゃ わかりやすいです!

>(隣り合った)三角形の斜辺に、定規を斜めなりに当てて測ると、
>棟から軒先までの長さということになります。

そこなんです!
台形の棟から軒先までの長さを知りたいときは
隣り合った三角形の斜辺を測ればいいのですね。

すごくわからずやで恐縮なんですが

寄棟なので、その三角形も勾配を持っていますよね。
とすると、その斜面も、立面図では、
実際の長さより短いのかなぁ・・?と思ってしまうのです。

真横から見た立面図の長さは、勾配があると短く見えますよね・・?

お礼日時:2009/12/30 15:13

建物の高さとは、地盤面から垂直に測ったものを言います。


立面図の高さは、屋根に勾配があろうとなかろうと高さは同じです。
あなたがおっしゃりたいのは、屋根面の長さのことでしょうか?

それなら別の面の立面図で勾配面の長さが出ています。
確認申請には、立面図を2面付けますので図面上で判断できます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございます!
私は、「高さ」の定義を間違えていました。
すっきりとご指摘いただき、感謝です。

>それなら別の面の立面図で勾配面の長さが出ています。

「勾配面の長さ」とは、「流れ」のことでしょうか?

質問者である私はシロウトです。
調べたばかりの言葉を使いながらの質問なので、
何を聞きたいのかわかりにくいかもしれませんが、
どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2009/12/30 14:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋根の計算方法

寄棟の屋根面積の計算方法を教えてください

Aベストアンサー

ピタゴラスの定理とは、三平方の定理のことです。
直角三角形の直角を挟む2辺abと直角の対線cの関係は、
aの2乗+bの2乗=cの2乗

5m×9mの寄棟で勾配が3寸の場合
・底辺2.5mの3寸勾配の勾配長さ×2=底辺5mの3寸勾配の勾配長さ
・底辺5mに対する3寸の長さ=1.5m

√(5×5+1.5×1.5)=5.22 (←ここでピタゴラスの定理をといた)
5.22m×9m=46.98m2

この計算が理解できなかったら、これを使ってみれば?
http://www.murae.co.jp/benri/yane.htm

QJWCADの質問

■木造の屋根を書く場合■

たとえば5寸勾配の屋根を書く場合、斜めの線はどのように書いたらよいのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

 5寸勾配ということは、5:10の勾配ということでしょう。
 その場合、直線の勾配を入力する欄に、「//0.5」と入力します(5/10=0.5)。下がる勾配の場合は、マイナスを付けて「-//0.5」です。
 ”//”のあとは計算式でも入力できます。その場合は、「//(5/10)」というようにします。

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Qjw-cadで線の太さを変えたい。

あらかじめ基本設定で基本的な線色、線幅を設定してあるのですが、
ちょっとここは太めの線で描きたいなと思う時に、太い線を簡単に描く方法はないでしょうか?

今までは基本設定でわざわざ線を新たに設定し直しておりました。

線属性のパネル(添付画像)を使ってもっと簡単に線の太さを変えることはできないでしょうか?
添付画像のように線幅を222のように設定しても太い線を掛けません。

やり方が分かる方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

済みません。
トンチンカンな答えをしてしまいました。

質問に貼り付けてあった線種選択ダイアログ画面の上にある、「SXF対応拡張線色・線種」にチェックを入れると、線属性という別画面に切り替わります。
そこで、好きな線色を選び、下の方の線幅(1/100mm単位):基本幅18の欄に数字を打ち込めば変化させる事が出来ます。
JWの通常の線幅設定とは異なる数値ですが、別のCADソフトとのやり取りは、こちらの方が元に近い形で受け渡せます。
その為、こちらでの設定に慣れていた方が、仕事には使えます。

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q建築面積、延べ面積の計算方法について

建築面積、延べ面積の計算方法について教えてください。
住宅が四角形(2階)だと仮定して、

建築面積は 柱芯×柱芯+庇などの突起したものの投影面積

延べ床面積は 1階の柱芯×柱芯+2階の柱芯×柱芯
(庇などは含めない)

で宜しいのでしょうか?
柱芯と壁芯とでどちらを計算に使うのか解らない時もあるのですが、なにか定義ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されるとみなされるからです。
greensnakeさんの言われるように庇先端より2mを超える部分が床面積に計算されるのもその為です。
玄関ポーチや、ピロティー、ロフト等などにもそれぞれ床面積に算入するかどうかの基準があります。

駐車場(屋内)は延べ床面積には算入されますが、容積率の計算に1/5までは算入しなくてもよいという緩和をしてもらえます。

敷地に余裕があれば細かいことを考えなくて良いのですが、ぎりぎりの敷地ですと、確認申請時にいつも行政庁との攻防(相互の見解の主張)が起こります。まあそれは設計士の仕事ですが。

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されると...続きを読む

Q屋根勾配と軒の出について意見を下さい。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建材は優秀だから
問題無い」と言われました。

(1)ネットで調べると、外壁が"木造の場合"は耐久性の観点から
「最低でも60cmが望ましい」と書かれておりましたが建築会社の
言う通りサイディングの場合は25cmでも大丈夫という事なのでしょうか?

(2)知人の大工も「最低でも60cm。意匠なんかどーでも良いから軒を出せ」と
言われましたが「意匠はどーでも良い」とも思えないため悩んでおります。
機能性だけでなく意匠も考慮した場合、何cm位の軒の出がバランス良いと思われますか?

『屋根勾配について』
(3)スレート(コロニアル)のメーカー推奨が3.5寸以上となっており、建築会社も
3.5寸が良いと言っていますが、3.5寸「以上」と言う事は、以前に別の方が
仰っていた通り4寸勾配にしておいた方が良いものなのでしょうか?

大変お手数ですが、ご教授頂ければ幸いです。

今週末に最終決定を出さなければならないので、
屋根勾配と軒の出について教えて頂きたく質問させて頂きます。

木造軸組み工法で限りなく総二階に近く、切妻屋根、
屋根材はスレート(コロニアル)、外壁はサイディングです。

『軒の出について』
以前、別の質問の際に「屋根も軒も4寸が理想的」とご教授頂いた事が
あるのですが、依頼先の建築会社曰く「昔ながらの和風の平屋ならまだしも、
最近の家はそんなに軒を出さない。25cmが良い。」と言われています。
耐久性についても話しましたが「昔と違って最近の建...続きを読む

Aベストアンサー

軒は長いほど良いと思います。
私が以前建てた家はコロニアルで1尺でした。
日当たりが良く南面は全て大きな掃き出しでした。
夏は地獄のような家でした。
夏は家に入ると温室のように暑かったです。
紫外線により10年で床板は傷みました。
今は瓦屋根の古い中古住宅で2尺です。
夏も涼しく外から入ると締め切っていてもひんやりしています。
冬の日差しを確保するより、夏の日差しをさえぎる事の方が重要だと思います。
日本の家は夏向きが良いと言います。
理想の軒の長さは、軒から窓の下端までの高さの1/3が良いだったと思います。
夏の日差しをさえぎり、冬の日の入る長さです。
冬の日を入れることより、夏の日を遮るちょうど良い長さだと思います。
私の家は2尺ですが、庇が低いため1/3になっています。
当然家の中は少し暗いです。
屋根の勾配もきついほど良いと思います。
天井裏も大きくなります。
汚れも雨で流れますし、良い事はあっても悪い事は無いのでは。
安く建てたコロニアルの家は暑いですよ。

Q平面図の平米と坪の出し方がわかりません

タテが9849mmでヨコが14803mmです。

Aベストアンサー

タテ:9849mm = 9.849m
ヨコ:14803mm = 14.803m
9.849m × 14.803m = 145.794747m2 ≒ 145.8平米

1坪 = 3.30578512m2
145.794747m2 ÷ 3.30578512m2 = 44.10291102042349 ≒ 44.1坪

Q隅木の長さの出し方

こんばんは、ご覧頂きありがとうござ今s。

質問ですが、図面から隅木の長さを出す計算方法を教えてください。
(√2+軒の出の長さ)×屋根勾配だと思っていたのですが、それでは違うと言われたので…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追加回答します。
計算例
軒の出45cm、屋根勾配2寸勾配、桁から棟までの距離270cmの場合
1)底辺の長さ=45+270=315cm
2)高さ=315×0.2=63cm
3)隅木長さ=√(315^2+63^2)×√2=454.27cm
この計算例で分かりましたか!

Q勾配から高さの出し方を教えてください

初歩的な質問ですみません。(下記は排水の勾配なのですが)
勾配は1/100
A(h=4500)B(h=?)
A~B間での距離は450
の場合でBの高さを求める場合は
h=4500-450/100 で合っていますか?

また、1/200の場合は
h=4500-450/200 でよいでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

正確な解答が出ていますね。

質問者様の計算で良いと思います。計算上ね。
上がるか下がるか解りませんが、排水の勾配としたときは
Bが下がる場合 h=-4500-450/100
Bが上がる場合 h=-4500+450/100 が本来でしょう。
単純に1/100 100mm行ったら1mm下がる(上がる)と思っていれば良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング