ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

新築の家に越しました。
吸気口の前にベッドという配置しか考えられないのですが、
とても冷たい風が入ってきて寒くて眠れません。
ON/OFFは押し込むことで切り替えできるようですが、
押し込んだ状態(OFF)でも少しは風が入ってきます。
ちょうど顔に風が当たるという最悪の配置なのです。

いろいろ調べると寒い地方はパネルヒーターを吸気口の下に配置することで寒さが気にならなくなると書いてありました。
吸気口は下から40cmほどの低い位置についているのですが、吸気口の前にパネルヒーターを置いても大丈夫でしょうか?
パネルヒーターの真後ろに吸気口という配置です。

OFFにして寝たところiphoneがほんのり結露しているような気がしたのであまりOFFにはしない方が良いのかな?と思っています。
ONにした状態での解決策を教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

「吸気口の風が寒いのですが」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

賃貸マンションならしかたないですね。



カバー使用で、向きを変えても冷気は入ってきます。

パネルヒータを正面に取付すると、冷気と暖気がぶつかり結露する可能性が高いですね。

解決策としては、仕方ないので寝室の吸気口の空洞に布でも詰めて閉じ、一時的(冬季)に使用
しない事ですね。

 部屋の換気状態は悪くなりますが、よほどではない限り影響はすくないでしょう。

ちなみに浴室での24H換気は、浴室から各部屋の空気を一箇所に集中して全体の換気をしている
方式です。

 各部屋の吸気口から入った空気が、浴室から集中的に排気されるシステムです。

それにしても、床上1mに吸気口は首をかしげます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。

以前の部屋でも同じくらいの高さにありましたので低いことはあまり気にしていませんでした。
(その時は閉じていれば空気は入ってきませんでした)
本来は高い位置につけるものなのですね。
とりあえず板を斜めに立てかけて風が直撃しないようにして対処しています。
カバーとフィルターを購入しましたのでとりあえず向きを変えて風が顔に当たらないだけでもと思います。
寒いのは羽毛布団と毛布でしのぎたいと思います。。。

お礼日時:2010/04/01 17:52

 詳しい吸気と排気(換気)の状態がわかりませんが、部屋ごとに換気扇と吸気が設置されているのでしょ うか?



  だとしても基本的に吸気は床上には取付しないものです。

 天井に近い位置に取付するのが普通ですので、建築業者へ位置の変更をして頂いた方が良いと思います。

 早い内であれば対応してくれるはず。(良心的な業者であれば)

 今の吸気口を塞いでもらう事をお勧めします。(外壁空洞に断熱処理して)

  ただ天井に近い位置に取付しても、同じ吸気口であれば冷気は入ってきますので、冬場は閉めておき

 支障が無い場所に取付してある吸気口を1~2箇所程度ONしておけば良いと思います。

  夏場ONするのを忘れない様に。
 

この回答への補足

写真のタイプの吸気口になります。
24時間換気がお風呂でついています(それが部屋までかどうかわかりませんが)
部屋は1Rタイプです。
高さ40cmというのはちょっと間違いでした。
1mくらいの高さです。
足つきマットレスを置いて寝るとちょうど顔の高さくらいになりますので低いことに変わりありませんが。
賃貸マンションなので位置を変えてもらうのは難しいと思いますのでこのまま解決できないか検討中です。
カバーを取り付けることができるようなのでそれで風の向きだけでも調節して様子を見たいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2010/03/30 16:06
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q換気口??空気口??虫対策の為に塞ぎましたが…

無知な私に、どうか教えて下さい(>_<)

二階建てのアパートの一階、2DKに今年から住んでいます
直径15センチぐらいの白くて丸い空洞??ツマミがついていて開けたり閉じたりできるものデス
それを、ガムテープを使って全部ふさいでしまいました。理由は、そこから侵入してくる虫(主にゴキブリ)を入れたくない為と、防音の為です

一つはキッチンのある玄関近くの部屋の下の方に。
もう一つは、2部屋あるうちのエアコンがついている片方の部屋に。計2個ついています
普段も、窓を開ける事は一切なく網戸にもしません(虫が入ってこない様に…)

お風呂とトイレの換気扇は、ほぼ付けっぱなしで、お料理する時だけ、コンロ上の換気扇もつけてます

この様に、生活してる上で、何か問題点などありましたら教えて下さい

空気の入れ替えが出来ないから体に悪い…など

換気扇の意味がない…など

あと、やはり、白い空洞(換気口??空気口??)を塞ぐのはやめた方がいいですか??
そこは、テープをしていても、耳を近づけると、外の音がよく聞こえてきます(x_x;)

無知な私に、どうか教えて下さい(>_<)

二階建てのアパートの一階、2DKに今年から住んでいます
直径15センチぐらいの白くて丸い空洞??ツマミがついていて開けたり閉じたりできるものデス
それを、ガムテープを使って全部ふさいでしまいました。理由は、そこから侵入してくる虫(主にゴキブリ)を入れたくない為と、防音の為です

一つはキッチンのある玄関近くの部屋の下の方に。
もう一つは、2部屋あるうちのエアコンがついている片方の部屋に。計2個ついています
普段も、窓を開ける事は一切なく網戸に...続きを読む

Aベストアンサー

重大な問題は特にないと思います。

建物によりますが、台所などで強力な換気扇を動かしていると玄関ドアがものすごく重たくなりますが、それらの通気口が空いていれば、少しはマシになります。

通気口が空いている方が、風呂、トイレ、台所などの換気扇による排気がスムーズになります。

という程度でしょうか。

換気扇の意味がないという事はないです。一般の住居、特にアパートなどのアルミサッシにはある程度の隙間がありますので。

Q部屋の通気口を塞ぎたい。

変な質問ですが、まじめに質問します。マンションに住んでいますが部屋に通気口がありますね。例の丸いやつで引っ張れば開く、押せば閉じるになります。その通気口を塞ぎたいときだけ塞ぎたいのです。理由はセックスです。音漏れするので、その時だけ防ぎたいのです。変な質問ですが良い方法ありませんか?専門の閉じるものがあればいいのですが?

Aベストアンサー

音漏れは密閉度によるところも大きいので、通気口部分をレジスターと言いますが、それをより密閉できるものに交換するのがいいと思います。

サイズは規格で直径100mm、150mmがほとんどだと思います(この限りではありませんが)。

http://dkp.shop-pro.jp/?pid=32621654
こちらの製品はフタを押すとカチカチと閉まり、3段階目で密閉されます。
密度の高いスポンジが付いてますので密閉性が高めです。

さらに通気口の管部分にサイレンサー(効き目はわかりません)もあります。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/maido-diy-reform/npj100.html?sc_e=slga_pla

さらに室外側にあるガラリを防音にするという手もあるかと思います。
http://item.rakuten.co.jp/yamayuu/uk-mbon100bfd/

いずれもいま付いているレジスターなどを取り外してから、各種採寸をして装着可能かどうかを下調べしてからがいいと思います。

Q各部屋の吸気口について

この度、木造の新築を購入したのですが、今まではマンションだったもので、各部屋に吸気口が無かったのですが、木造の新築にはあり、内覧会時には、カバーを開けたままにするようにと説明を受けました。またトイレも24時間換気を指示されました。
そこで質問ですが、マンション時は密閉度が高い為、結露などが多いので換気などは解りますが、木造の戸建てでは、住み始めて間もないですが、マンションの時に比べ非常に寒く感じております。各部屋の吸気口を開けたままにせず、寝る時などは閉めたり、トイレも24時間換気扇を付けた状態では寒くてなかなか行き辛いです。使う時だけ付けるなどは何故ダメなのでしょうか?木造の戸建てなので、密閉度がさほどないように思うのですが…。
教えて下さい。

Aベストアンサー

電源をオフにしても違法にはなりませんよ。あくまで24時間換気の機能を持った家を作ることが法律の主旨ですから。(何故24時間換気かと言われれば、NO.1の回答者の言うとおりシックハウス対策です。)
家族にアレルギーの方がいなければ、365日24時間換気扇をつける必要はありません。
現状の使い方で問題無いです。
(余談ですが現在の木造住宅は結構気密性は高いですので、調理をする場合等は必ず換気扇は回してくださいね)

Q給気口のより適切な設置位置について

給気口の設置場所についての他の質問も拝見させていただいた上で、なかなか納得の出来る答えが見つからないため、質問させていただく事にしました。
よろしくお願いします。
給気口の設置条件につきましては、以下(1)~(4)が主なポイントかと思われます。

(1)給気口と換気扇(または排気経路の扉など)は出来るだけ部屋の対角線上に配置すること。
(2)扉下から排気する場合は給気口は高い位置に、上部の換気扇で排気する場合は床近くに給気口を配置するのが基本。
(3)エアコンの直下に設置すると効率が良いらしい・・・?
(そのような意見が見受けられました。確かに理にかなっている気がします。)
(4)冷気、気流等による不快を生じないように、ベッドの位置(頭の位置)、ソファ等の位置を考慮した設置場所とする。


しかし、全条件を満足する事はむずかしく、程度問題かとは思いますが、どれを優先すべきか、アドバイスいただきたく、質問させていただきました。
あるいは更に注意すべきポイントがありましたら、あわせてアドバイスお願いします。

大雑把な考え方としましては・・・

イ>換気を優先すべきである。
給気口がベッドの頭の上であっても、それほど(言われている程)冷気が気になる事もなく、むしろ換気を優先しないと、空気がよどみ、その事の方が住環境に悪いし、24時間換気を阻害する事になりかねない・・・
この場合、エアコンが直上にあれば冷気の心配もなくなり理想ではあるが、そのために無理やりエアコンの位置を変えるのはどうか?
(給気口同様、エアコンの位置もなかなか決めずらい部分があります。換気の流れ、室外機の設置場所、効率の良さ等、やはり全ての条件を満足できない事の方がが多いかと思います・・・)

ロ>生活上不快となる位置への設置は絶対に避けるべき。
対角線ではない場所であっても、それほど気にする必要はなく、対角線側の空間の換気も徐々にされると考えてよい?あるいは空気がよどんでも特に支障はない・・・。?


といったところですが、<イ>、<ロ>どちらの考え方によるべきでしょうか?

自分では、<イ>の換気経路を優先して考えていましたが、いろいろ調べていると、冷気が気になって、冬場は給気口を閉じているなんていう方もおられ、そうなってしまうと本末転倒であると思います。
対角線に拘りすぎているためにこうした迷いが生じていますが、そこまで拘る必要はないのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

給気口の設置場所についての他の質問も拝見させていただいた上で、なかなか納得の出来る答えが見つからないため、質問させていただく事にしました。
よろしくお願いします。
給気口の設置条件につきましては、以下(1)~(4)が主なポイントかと思われます。

(1)給気口と換気扇(または排気経路の扉など)は出来るだけ部屋の対角線上に配置すること。
(2)扉下から排気する場合は給気口は高い位置に、上部の換気扇で排気する場合は床近くに給気口を配置するのが基本。
(3)エアコンの直下に設置すると効率が良いらしい...続きを読む

Aベストアンサー

気にしすぎですね。
そもそも、24時間換気するのは、シックハウス回避が目的です。
目的を逸脱した空気の対流考慮はナンセンスです。

そもそも、部屋の空気は温度がどこも一定ではありません。
また、人が活動すれば空気も動きます。
図面上では誰も動いていませんが、生活とはそういうものではありません。
あくまでも、
対角線が望ましいだけであり、全く空調のふき出し対流に頼るものとして計画するものでもありません。

さらに、生活上不快となるには新鮮空気の取り入れ口が「温度差」や「気流が早い」事によるものですのでそれを防ぐ計画をすればよいことです。室内でも気流は数m/秒あっても不快ではありませんので換気扇で引っ張る量と空隙を比較して気流が不快でないか確認すればよいのです。たいてい1室1給気口で居室の1時間で部屋の空気の半部を入れ替えるような設計なのですから不快気流が起こることはありませんね。
あとは温度差です。
これは、給気口から入る空気はH1600以上のところからという考え方もありますので(当初はかなりこの高さは指導に出てきましたがすっかり今は指導もされませんが)書かれているうちの低い位置からの給気というのは不快な温度差を人が感じやすいのでやるべきではないと思います。新鮮空気はある程度室の高ところから入れるべきなのはその辺りにもあると思います。

もっと頭をやわらくして考えましょう。
空気の滞留は望ましくないですが、高い天井の空気は人は吸いません。そこの空気まで換気を必ずしなければならないのではないのです。24時間換気は人が吸う空気を新鮮空気を入れながら吸うことが目的です。なので、天井や床を這うような空気の部屋の隅々までまで(赤ちゃんは吸うから床の空気は綺麗な方がいいですが)換気できなくても大勢に影響は無いでしょう。

それに空気の滞留が起きるような部屋は換気に頼ることなく、サーキュレーターや窓あけによって通気を行うべきでしょう。機械に頼って自然な生活を失っては仕方ありませんからね。

気にしすぎですね。
そもそも、24時間換気するのは、シックハウス回避が目的です。
目的を逸脱した空気の対流考慮はナンセンスです。

そもそも、部屋の空気は温度がどこも一定ではありません。
また、人が活動すれば空気も動きます。
図面上では誰も動いていませんが、生活とはそういうものではありません。
あくまでも、
対角線が望ましいだけであり、全く空調のふき出し対流に頼るものとして計画するものでもありません。

さらに、生活上不快となるには新鮮空気の取り入れ口が「温度差」や「気流が早い」事...続きを読む

Q換気扇を通して冬の冷気が入ってきます

洗面所やトイレに換気扇があるのですが、
北側に面しており、冬の冷たい北風が換気扇を通して流入してきます。
家の北側には風をさえぎるような建物がないため、けっこう勢いよく風が吹き込み、換気扇が風の勢いで逆回転するような形で、ぐるぐる回ります。
高齢者対策として、トイレや洗面所を暖房で暖かくしようと考えているのですが、その一方で換気扇からの外気の逆流ももう少し防がないと効率が悪い気がします。

現在ある換気扇は、ごく普通の小型のタイプだと思われるのですが、何か対策を取るとしたらどのようなことが考えられるでしょうか。

例えば、
・別の換気扇を探す
・直接外気が入らないよう、家の外の換気扇カバー(すみません名称が分かりません)を工夫する
といったことを素人的に考えてみたのですが、お知恵を貸して下さい。

Aベストアンサー

>洗面所やトイレに換気扇があるのですが…

壁に付いていて、直径 7~8センチぐらいの羽根が見える丸いタイプでしょうか。
それなら、通称パイプファンといって、シャッターなしが一般的ですが、一部にシャッターの付いた機種もあります。
たとえば、
三菱電機「とじピタ」シリーズ V-08PSE \12,600 ほか各種
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kankisen/pr/pipe/pipe_b.html?room=living
もちろん、他社にも同等品があるかと思います。

パイプファンで、コンセントが近くにある機種は、手前に静かに引き出せば丸ごと外すことができます。
代わりに買ってきたものは、ぽんとはめ込むだけでけっこうです。

電源コードが見えないタイプだと、素人さんの手には負えないものとお考えください。

>家の外の換気扇カバー(すみません名称が分かりません)を工夫…

屋外フードのほうに、シャッター機能を施した製品もあることはあります。
ただ、フードを取り替えるのは、換気扇本体にように簡単な話ではありませんし、雨仕舞いもたいせつですから、専門家に依頼することになります。

>洗面所やトイレに換気扇があるのですが…

壁に付いていて、直径 7~8センチぐらいの羽根が見える丸いタイプでしょうか。
それなら、通称パイプファンといって、シャッターなしが一般的ですが、一部にシャッターの付いた機種もあります。
たとえば、
三菱電機「とじピタ」シリーズ V-08PSE \12,600 ほか各種
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kankisen/pr/pipe/pipe_b.html?room=living
もちろん、他社にも同等品があるかと思います。

パイプファンで、コンセントが近くにある機種は、手前に...続きを読む

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Qマンションの空気穴?についてです

お世話になります。
マンションに越して来て早半年になりました。
各部屋についている空気穴?
(壁に小さな丸い窓みたいな物があります)についてなのですが、
夏場は暑く、湿気ているのでつまみを全開にしていました。
冬になってきたらそこからもの凄い冷たい空気が入ってくるのですが
開けておくべきなのでしょうか?

ずっと一軒家だったため、この穴の正しい使い方がわかりません。
マンションは気密性が高いと聞きます。
閉めておくと窒息なんて事も有るのでしょうか?!
正しい使い方と正式名称を教えて下さい、
どうぞヨロシクお願いいたします。

Aベストアンサー

呼び名は吸気口でよいと思います。(少なくとも通じます)
キッチンや浴室・トイレには強制排気装置(換気扇)があると思いますが、
そこで排気した分の空気を取り入れる役目を果しています。

開閉調整が可能なので寒い時には閉めても良いですが、外気が入らなくなると、
排気装置を作動させた時に室内に負圧がかかって音鳴りがしたり、玄関ドアが非常に空けにくくなったりします。
また、室内に空気が滞留しますから、湿気などがたまりやすくなってカビも発生しやすくなると思います。

基本的には各居室の吸気口は全て開にして、まんべんなく空気が入るようにし、
1箇所から外気が集中して吹き込んでくるような状態にはならないようにしましょう。
あとは、排気スイッチの強はなるべく使わず、弱か中にすると吹き込みを減らすことができます。

Q24時間換気システムと寒さ対策

24時間換気システム(自然吸気、強制排気)のマンションに住んでいます。
冬場になり、寝室(東側)の換気口から冷気が入ってきて寒いので、換気口をPUSHして閉にし、それでもまだ隙間から風が入ってくるので、冬の間はセロテープで防ぐことにしました。でもまだ冷気が漏れて入ってくるようで、ここで寝ている子供は何度ものどを痛め、結局、冬場は他の部屋で寝かせることにしました。

ここは沖縄で最低気温が10度を下回ることもまずなく、夜は24時間換気のスイッチを止めているのにこのありさまです。
寒冷地の人はどうしているのでしょう?

せっかく機密性を高めたマンションの壁に穴を開け、換気口が設置されていますが、寒さ対策が必要だと考えています。

住宅エコポイントも始まるようだし、どのような対策が良いでしょうか?換気口から入ってくる空気を暖めるような装置もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「閉」にしても隙間もあるようですし、その隙間を塞いでもその閉めたフタ?一枚へだてた中は冷たい外気と通じているわけですから、そのフタ自体もかなり冷やされ、そこに触れた室内の空気が冷気として室内を循環しますね。

もしドライバーなど必要なのか、その室内側の換気口のフタは外せませんか?
当然、外した中は通気管の口径の穴かトンネルがあるわけですよね。
そこに大きなホームセンターで資材館など持っているようなところだと置いてありますが、断熱材のロックウールなどを買ってきて、いざというときの取り出しに困らなように詰め込んでおいてはいかがでしょう?

わざわざ入ってくる外気を温めずとも、入ってこなくする=断熱、で用は足りませんか?

Q換気レジスター

換気レジスター(通風口)は外からの空気を部屋にいれるのですよね?
では、部屋の空気を外にださないのでしょうか?

また、家族が各部屋や台所の換気扇の下でたばこを吸い、私の部屋の換気レジスターを開けとくと、私の部屋を閉めててもたばこの煙が私の部屋に入り、換気レジスターを通して外にだされるのでしょうか?

意味不明な質問ですみません><

Aベストアンサー

一般的な換気レジスターであれば特に空気の方向性はありません。
つまり室内気圧が高くなれば外に空気が出て行くし、室内気圧が低くなれば外から空気が入ってきます。

換気扇は室内の気圧を下げる方向ですから、換気扇が動くと換気レジスターから空気が室内に流れる方向です。

他の部屋からの話になると簡単ではありません。
一般的には風上にある部屋の換気レジスターから空気は入り、風下に当たる部屋の換気レジスターから外に出て行くということになります。
つまり風の方向などにより異なるわけです。

Q24時間換気で給気口しかないのは正常?

8年前に家を建てましたが、換気について調べていて、ふとおもったのですが、
我が家には各部屋に自然給気の給気口はあるのですが、強制排気する
排気口がどこにもありません。確か建てる時も24時間換気が義務付けられたとか
言われて付けた記憶があります。

24時間換気は第1種~3種まであり、給気、排気のいずれかにモーターで
強制的に給排出する口がついているとありますが、電動換気は
トイレと脱衣場にしかありません。
勾配天井なので、天井に隠れていることもありません。
やっぱりおかしいですよね??

この場合、どうやって施工業者にクレームつければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

建築としては、1時間あたり0.5回以上換気する『能力を備えた設備を設置すること』という
基準をクリアすれば良く、そのシステムを稼働させるか、止めるかは、
住んでいる人それぞれの運用となります。
そのため、スイッチを切ると換気がなくなってしまうのは、建築的には問題ありません。

例えば、真冬に部屋を暖房しているのに、外の冷たい空気をガンガン取り入れていたのでは、
暖房の効率が落ちますよね。
逆に、真夏に部屋を冷房しているのに、外の暑い空気をガンガン取り入れていたのでは、
やはり冷房の効率が落ちます。
そういうときは、24時間換気を停止するなり、吸気口を閉めてしまうなりして良いのです。

「24時間換気が義務付けられている」という基準は、スイッチを入れればそういうことができる設備が
設置されていればクリアできており、
24時間決して止めてはならない、というものではない、ということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング