人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

建築関係の仕事をしているものです。
シックハウス対策のための換気計画で、第三種換気を適用しています。
確認申請に行ったところ、自然給気口を「全居室」に設置するように役所の担当に指示されました。
扉は全て引き戸なので換気計画は一体で、計画では換気経路の空気の流れはきちんと確保できていますが、それでも「全居室」ということのようです。
建物は木造2階建てで全て漆喰ぬりの無垢材使用のため、元々シックハウス症候群とは無縁なので、デザイン的にできる限り給気口を減らしたいと思っています。
上記のようなことを指摘されたのは初めてだったので数日間法令を探しましたが、「全居室」に設置することが記された法文が見当たりません。
地域ごとに基準法のとらえ方が違うのはいいとしても、法文になく、かつ必要のないものをつけることは納得がいきませんので、役所に協議に行こうと思います。
つきましてはどなたか給気口を「全居室」に設置することを義務とした法律が本当にあるのか、あるとすればどこに記載されているのか、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

4です。


単純な例を挙げます。
左から子供室、リビング、キッチンと並んでいると仮定、全て外気に面しています。
子供室には給気口を設ける。
リビングには設けない。
キッチンに常時換気扇を設ける、給気口は設けない。
各室は引き戸などにより通気が確保されている。

キッチンの換気で全室まかなう訳ですが、この場合でもリビングに設置しろと?このパターンすら認めない?。
我が地域ではこの程度は認められます、又先にある様な続き間の例も同様。

「居室」にこだわる、言い方を変えれば居室に給気口があって当たり前、との先入観のみから判断、回答しているとすれば職務怠慢の極みですね。

先週用途変更の事前申請に陸路4時間掛けて行って来ました。
担当者は前例や他地域の解釈を重んじるタイプ、「間違いを無くす為、時間が欲しい」旨訴えましたが施主の都合により2日間での回答を要望。
協議中はかなりあいまいでしたがさて結果は法文通りの回答が得られ安堵しております。
この担当者は以前解釈を3転させた事のある方で、良く言えば妥協無く真理を究明する真面目なタイプ、悪く言えば能力不足。

前にも書きましたが少なくとも田舎では、審査機関は市に倣う、市は県に倣う、そんな図式が一般的だと思います。
納得されなければ上位の機関に問うてみるのが効果的でしょう。
これの極端な例ですが遠方ゆえその県の最大手の設計事務所に質疑を依頼、県に陳情してもらいあいまいな点を崩した事もあります。
お互い妥協しない話し合いの果てにこそ住む人、使う人の為の法解釈は見えて来る、そう信じたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。

挙げていただいた例の場合でもリビング設置しろということです。
うちは必ずF☆☆☆☆以上の建材しか使っていない上に高気密住宅ではないので
本来必要ないこの法律を通すのにいつも苦労します。
そのときも他の担当を呼んで三人の協議となりましたが、
「うちではそうなっている」ということでした。
経験上そういうときに限って、別にそうなっていないことが多いので
やはり主事に直接掛け合ってみます。

>お互い妥協しない話し合いの果てにこそ住む人、
使う人の為の法解釈は見えて来る、そう信じたいです。

とてもいい考え方ですね。
法律は話し合いや過去の事柄の果てに、どうしてもしょうがない、というところで出てこないといけないと思っています。
物事が起こる前から「はじめから決まっている」
と考えるのは、法を扱う仕事についている人間にあってはならないことです。
現場で起こっていることやそこに住む人間のことをきちんと考え、
法律と照らし合わせながら臨機応変に対応するのが、審査係の務めだと思います。
法改正もあり前途多難ですがいいものを残すために根気よく頑張っていきたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 18:23

#2です


>例えるなら、居間6畳と和室6畳が障子だけで区切られていて、
>居間から換気扇で排気し、和室から給気口で給気する、
このような計画でハネられた事無いですねぇ。
認めない根拠何なんでしょうね?
逆に、根拠をお尋ねになっては如何?

前述しましたが、換気経路を矢印等で図示すると見やすいです。
根気よく説明。。それでもだめなら、
検査機関変えるか、上司の方を呼んでもらうか。。
頑張ってくださいね~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。根拠をたずねてみます。
皆さんのおかげで少しだけ自身が出ました。

頑張ります。

お礼日時:2008/08/01 09:15

かなり憤慨されているようですが、あなたの質問文からまるで給気口がないかのような文面や、シックハウスの根拠について誤りがあると想像できる内容があったと思いますよ。

みなさん、野次を書いたわけではないのです。法に疑問を唱えるなら法根拠のここがまずいというように論じてくれればわかりやすかったと思います。

さて、2部屋で考えるという時ならば続き間の例があったように不可能ではないとおもいます。ただ、注意点は二つだと思います。一つ目は、排気量に見合う給気口の数があるかどうかです。この量が異常な気流を生じさせると無理があるとして認められない可能性があります。これを検討すると物理的に無理のある計画かどうか数値で出てきます。二つ目は、主事の意見です。これは第2の法律で民サイドでは変えられません。

それ以外だったら、余地はあると思います。
片方に給気口を設けない論理的な説明があればあちらも考えるでしょう。法律に反対だからとか、とにかく給気口を減らしたいという論法では無理だと思うので。頑張ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

質問文がわかりにかったかもしれません。
反省しています。

建築主事と直接話し合いをもちます。
経験上、変えられないこともないでしょう。

無礼なもの言いに対し、二度も誠実にお答えくださったことを感謝したします。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 16:19

すでに回答が出ていますが・・・



法令で義務付けられているのは、給気口の設置ではなく「居室の換気の確保」(0.5~0.7回以上)で、その対象は全居室となっています。
貴方の採用する換気システムで、当該居室の換気が有効に確保できているということが技術的に証明できれば給気口なしでも問題ないでしょう。

一方で、第三種換気とのことですから、居室内での排気方向とほぼ対角上に給気口(新鮮空気)がないと部屋の換気が有効に確保できないと考えるのが常識的ですから、通常は給気口が必要ということになります。
プラン等がわかりませんのでこれ以上は不明ですが、「ファンの能力が○○m3/hある」などというだけでは根拠にはなり得ません。(いくら引張っても給気がなければ換気されません)

この回答への補足

返答ありがとうございます。

回答をはじめに下さった方が、
今回の計画が給気口をつけていない計画だと受け取られたことで
その後の回答に響いているようですが、給気口はあります。
空気の流れは吹き溜まりがなく、
気積から割り出した換気回数も大幅にクリアしています。

法では全居室への設置義務がないこともわかりました。
もう一度協議にいってきます。ありがとうございました。

補足日時:2008/07/31 14:35
    • good
    • 0

前回答者に同じです。


貴方は、シックハウス対策の基本理念を理解していないようですネ!
私個人としては、本法令は必ずしも好ましいものであるとは思っていませんが、規則は規則です。
後は、お近くの建築設備士(空調換気)の方に『換気の何たるか』を伺ってから、ですネ!

この回答への補足

「規則は規則」という人間にものをつくる資格はありません。
国の決めたことに従っていれば、健康で文化的な最低限度の生活ができるとお思いですか?

補足日時:2008/07/31 14:32
    • good
    • 0

建築士の方ですか?。

先々に書かれてますが吸気無くして換気は成立ませんよね、まず三種の大前提として。これ、散々地域裁量の横暴とその是非を日常あまたのストレスにかこつけ書き続けて来た私でも容認しうる・・・失礼が無い事祈りつつ書きますが法以前、力学の領域から導き出される理屈でしょう。見識ある遁者によれば屁理屈になるにせよ。頭の下に枕、携帯からの回答ゆえ条文が添えられぬ事、何卒ご容赦下さい。100Φ程度の吸気口を漆喰塗りフードで隠し極力目につかぬ配置を心掛ける、それすら難しい部分、特に主要室に限りロスナイにてダクトに配慮する、などが対応策として浮かびます。ご参考までに。

この回答への補足

返答ありがとうございます。

給気口はつけています。
「換気計画」は排気と給気があって成り立つものですが、
「全居室」は多すぎるというのがわたしの主張です。
給気と排気の空気の流れを、吹き溜まりのないように考慮して計画しています。気積から割り出した換気回数も法規をクリアしています。

給気口は内部の意匠を損なうだけでなく、外部フードも邪魔なので、
いいものをつくるという作業にとってこれは由々しきことです。
役所としては給気口が多い分には法規にかからないわけですから「全居室」設置を指示すれば楽でしょうが、こんなことが納得いくわけがありません。

もう一度協議してきます。ありがとうございました。

補足日時:2008/07/31 14:17
    • good
    • 0

あなたの言っているのはあくまで排気経路でしょう。


換気というのは新鮮空気を引っ張り汚染空気を抜くことです。
全居室にドアから(引き戸)廃棄する計画なら新鮮空気はどこから入れるか計画するのは換気計画では自然なことだと思いますが。

しかもシックハウスは建材のためだけで行うものではありません。
持ち込み家具などの規制は行き届かないのでそういうものも考慮されています。

ただ、外気に面していない続き間や畳コーナー(建具あり)などは大きな換気経路の中に取り込んで、自然吸気口を設けなかったこともありますし、広縁しか外気に接していない和室は広縁も換気経路に入れて広縁に自然吸気口をつける計画にしましたよ。

すべての居室といってもそれは間取りによる指導ではないかと思います。

この回答への補足

返答ありがとうございます。

「換気計画」は排気と給気であることは重々承知しています。
ですので「換気計画」という時点で、給気口はつけています。
問題は指示されたとおりに給気口をつけると「多すぎる」ということです。

シックハウス法が持ち込み家具を考慮していることも存じております。
しかしそれは本来であれば家具をそのものを取り締まるべきであると考えます。
法というものは人間がつくったものですので、いつでも疑問をもって取り組まないといいものはつくれません。

もう一度協議に行きます。ありがとうございました。

補足日時:2008/07/31 14:10
    • good
    • 0

引き戸かアンダーカットされた建具で、


空気の流れが確保されていれば問題無いと思います。
指摘された『居室』は三種換気設備のみ?
それとも経路になってるだけ?
空気の流れを矢印等で図示して説明されてみては如何でしょうか?
吹きだまりの様になっていない限り、
踏み込んだ指導だなぁ、、と思います。

この回答への補足

返答ありがとうございます。

例えるなら、居間6畳と和室6畳が障子だけで区切られていて、
居間から換気扇で排気し、和室から給気口で給気する、
というような計画を提出しました。
気積計算をし、換気回数もクリアできています。
空気の流れを考慮した配置になっていますので
吹き溜まりはありません。
説明もしましたが、「居間にも給気口を」というわけです。

もう一度協議してみます。
ありがとうございました。

補足日時:2008/07/31 13:46
    • good
    • 0

そもそも、給気口が無ければ、換気経路の空気の流れはきちんと確保できていないのと違いますか。

排気だけしていても、給気が無ければ換気は出来ません。

この回答への補足

給気口はつけています。

補足日時:2008/07/31 13:31
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給気口のより適切な設置位置について

給気口の設置場所についての他の質問も拝見させていただいた上で、なかなか納得の出来る答えが見つからないため、質問させていただく事にしました。
よろしくお願いします。
給気口の設置条件につきましては、以下(1)~(4)が主なポイントかと思われます。

(1)給気口と換気扇(または排気経路の扉など)は出来るだけ部屋の対角線上に配置すること。
(2)扉下から排気する場合は給気口は高い位置に、上部の換気扇で排気する場合は床近くに給気口を配置するのが基本。
(3)エアコンの直下に設置すると効率が良いらしい・・・?
(そのような意見が見受けられました。確かに理にかなっている気がします。)
(4)冷気、気流等による不快を生じないように、ベッドの位置(頭の位置)、ソファ等の位置を考慮した設置場所とする。


しかし、全条件を満足する事はむずかしく、程度問題かとは思いますが、どれを優先すべきか、アドバイスいただきたく、質問させていただきました。
あるいは更に注意すべきポイントがありましたら、あわせてアドバイスお願いします。

大雑把な考え方としましては・・・

イ>換気を優先すべきである。
給気口がベッドの頭の上であっても、それほど(言われている程)冷気が気になる事もなく、むしろ換気を優先しないと、空気がよどみ、その事の方が住環境に悪いし、24時間換気を阻害する事になりかねない・・・
この場合、エアコンが直上にあれば冷気の心配もなくなり理想ではあるが、そのために無理やりエアコンの位置を変えるのはどうか?
(給気口同様、エアコンの位置もなかなか決めずらい部分があります。換気の流れ、室外機の設置場所、効率の良さ等、やはり全ての条件を満足できない事の方がが多いかと思います・・・)

ロ>生活上不快となる位置への設置は絶対に避けるべき。
対角線ではない場所であっても、それほど気にする必要はなく、対角線側の空間の換気も徐々にされると考えてよい?あるいは空気がよどんでも特に支障はない・・・。?


といったところですが、<イ>、<ロ>どちらの考え方によるべきでしょうか?

自分では、<イ>の換気経路を優先して考えていましたが、いろいろ調べていると、冷気が気になって、冬場は給気口を閉じているなんていう方もおられ、そうなってしまうと本末転倒であると思います。
対角線に拘りすぎているためにこうした迷いが生じていますが、そこまで拘る必要はないのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

給気口の設置場所についての他の質問も拝見させていただいた上で、なかなか納得の出来る答えが見つからないため、質問させていただく事にしました。
よろしくお願いします。
給気口の設置条件につきましては、以下(1)~(4)が主なポイントかと思われます。

(1)給気口と換気扇(または排気経路の扉など)は出来るだけ部屋の対角線上に配置すること。
(2)扉下から排気する場合は給気口は高い位置に、上部の換気扇で排気する場合は床近くに給気口を配置するのが基本。
(3)エアコンの直下に設置すると効率が良いらしい...続きを読む

Aベストアンサー

気にしすぎですね。
そもそも、24時間換気するのは、シックハウス回避が目的です。
目的を逸脱した空気の対流考慮はナンセンスです。

そもそも、部屋の空気は温度がどこも一定ではありません。
また、人が活動すれば空気も動きます。
図面上では誰も動いていませんが、生活とはそういうものではありません。
あくまでも、
対角線が望ましいだけであり、全く空調のふき出し対流に頼るものとして計画するものでもありません。

さらに、生活上不快となるには新鮮空気の取り入れ口が「温度差」や「気流が早い」事によるものですのでそれを防ぐ計画をすればよいことです。室内でも気流は数m/秒あっても不快ではありませんので換気扇で引っ張る量と空隙を比較して気流が不快でないか確認すればよいのです。たいてい1室1給気口で居室の1時間で部屋の空気の半部を入れ替えるような設計なのですから不快気流が起こることはありませんね。
あとは温度差です。
これは、給気口から入る空気はH1600以上のところからという考え方もありますので(当初はかなりこの高さは指導に出てきましたがすっかり今は指導もされませんが)書かれているうちの低い位置からの給気というのは不快な温度差を人が感じやすいのでやるべきではないと思います。新鮮空気はある程度室の高ところから入れるべきなのはその辺りにもあると思います。

もっと頭をやわらくして考えましょう。
空気の滞留は望ましくないですが、高い天井の空気は人は吸いません。そこの空気まで換気を必ずしなければならないのではないのです。24時間換気は人が吸う空気を新鮮空気を入れながら吸うことが目的です。なので、天井や床を這うような空気の部屋の隅々までまで(赤ちゃんは吸うから床の空気は綺麗な方がいいですが)換気できなくても大勢に影響は無いでしょう。

それに空気の滞留が起きるような部屋は換気に頼ることなく、サーキュレーターや窓あけによって通気を行うべきでしょう。機械に頼って自然な生活を失っては仕方ありませんからね。

気にしすぎですね。
そもそも、24時間換気するのは、シックハウス回避が目的です。
目的を逸脱した空気の対流考慮はナンセンスです。

そもそも、部屋の空気は温度がどこも一定ではありません。
また、人が活動すれば空気も動きます。
図面上では誰も動いていませんが、生活とはそういうものではありません。
あくまでも、
対角線が望ましいだけであり、全く空調のふき出し対流に頼るものとして計画するものでもありません。

さらに、生活上不快となるには新鮮空気の取り入れ口が「温度差」や「気流が早い」事...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q24時間換気で給気口は必要なのでしょうか?

15坪の戸建を考えているのですが、24換気設備についてですが、
居室が、6畳間が3部屋あるのですが、内装は、全て板です。
それぞれに、はきだしの窓H1800 W1700の窓が、あるのですが、
それぞれの部屋に壁用のプロペラファン25をつける予定ですが、
給気口はなしでもいいのでしょうか?
また1部屋は、台所と居間がいっしょの部屋9畳ですが、
窓H1800、W1700が1ヶ所 窓H900、W700が2ヶ所です。
台所換気扇プロペラファン25です。
いわゆる給気口は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

給気口を設けないで換気扇を稼働させても、ファンは回っても排気をしません。
例えばオートマチック車で、シフトレバーをドライブに入れて、ブレーキを踏んでいる状態のようなものです。エンジンは回転しているけれど、車は前に進まない。

一般のプロペラ式の壁付換気扇は、天井扇などのシロッコファンと違って静圧がほとんどありません。そのため隙間をぬって排気する力がありません。
そのため空気の取り込みが必要不可欠になるのです。

一方、きちんと給気をした場合、25cmの換気扇は500m3/hの排気能力があり、14畳程度のエアコンの能力を屋外に吐き出してしまいます。
設計の見直しをされたほうがよいですね。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q24時間換気で給気口しかないのは正常?

8年前に家を建てましたが、換気について調べていて、ふとおもったのですが、
我が家には各部屋に自然給気の給気口はあるのですが、強制排気する
排気口がどこにもありません。確か建てる時も24時間換気が義務付けられたとか
言われて付けた記憶があります。

24時間換気は第1種~3種まであり、給気、排気のいずれかにモーターで
強制的に給排出する口がついているとありますが、電動換気は
トイレと脱衣場にしかありません。
勾配天井なので、天井に隠れていることもありません。
やっぱりおかしいですよね??

この場合、どうやって施工業者にクレームつければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

建築としては、1時間あたり0.5回以上換気する『能力を備えた設備を設置すること』という
基準をクリアすれば良く、そのシステムを稼働させるか、止めるかは、
住んでいる人それぞれの運用となります。
そのため、スイッチを切ると換気がなくなってしまうのは、建築的には問題ありません。

例えば、真冬に部屋を暖房しているのに、外の冷たい空気をガンガン取り入れていたのでは、
暖房の効率が落ちますよね。
逆に、真夏に部屋を冷房しているのに、外の暑い空気をガンガン取り入れていたのでは、
やはり冷房の効率が落ちます。
そういうときは、24時間換気を停止するなり、吸気口を閉めてしまうなりして良いのです。

「24時間換気が義務付けられている」という基準は、スイッチを入れればそういうことができる設備が
設置されていればクリアできており、
24時間決して止めてはならない、というものではない、ということです。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング