「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

喧嘩の最中に不可抗力で第三者の所有物を壊してしまいました。
この責任は、喧嘩に加担した人全員でしょうか?
それとも、喧嘩の加害者でしょうか(警察に処理されたので、加害者・被害者がハッキリしてます。)

A 回答 (2件)

壊された被害者の自由です。


全員に連帯して払えと請求することもできますし、特定の誰かに請求
することもできます。
連帯して払えといったほうが、何かと都合はよくなるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
感謝します。

お礼日時:2010/04/15 00:27

共同不法行為ですので被害者は誰に請求してもかまいません


一番金取れそうなやつに請求するのがいいのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
参考に成りました。

お礼日時:2010/04/15 00:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q器物損壊の被害にあいました 告訴後について

器物損壊の被害にあいました 告訴後について
長文になります。一昨日の夜のことです。
ある場所に愛車を停車していたところ、かなり泥酔した男がとおりかかり、いきなり「なんかコラー!」などと意味不明な大声を発しつつ、私の車のワイパーをへし折ったり、そのワイパーで私の車をバンバンたたき出しました。いきなりのできごとに焦って警察をよんでいると、大声を聞きつけた周辺住民の方に囲まれ男性は座りこみました。その後、警察が来るとまた男性は暴れだしたため逮捕されることになりました。

被害者である私は現場で写真を撮られたり、警察署で事情聴取を受けたり、被害届を書いたりしました。
その後刑事課の方に「逮捕者が出たので被害届だけでなく、告訴状も書いてもらいます。明日朝一で修理見積書をとり、それを持ってまた来てください。」と言われたので翌日修理見積もりをとり、警察署でその修理金額(被害額)を記入した告訴状を書きました。

ここからなのですが、告訴状を書いた後刑事課の方に「車の修理をしたら領収書を一応保管しておいて下さいね」といわれたので、「一応ってどういう意味ですか」と聞きました。すると刑事は「犯人は58歳の無職だからね。支払い能力があるかわからないし、告訴しても払わない人だって多いからあまり期待はしない方がいいかもよ」と言うのです。さらに「支払えなどというのは警察の仕事じゃないのであとは当人同士で」というので、正直関わりたくない気持ちもありますが「それであれば加害者男性の連絡先等教えてください」というと、事件の処理が終わるまで無理と言われました。現在その処理というのを待っている状況です。

ここで質問なのですが、犯人が現行犯で逮捕されていて告訴状まで書いているのに支払われないといのは普通にありうることなのでしょうか?修理にかかる費用は約15万円で、全然ふっかけたりしていませんし、迷惑料などというつもりも全くありません。私にとっては高額ですが、弁護士さんにお願いするとおそらく割に合いません。ただ事情聴取その他もろもろ、告訴状書いたりなど4時間以上かかったのはなんだったんだという気持ちでいっぱいです。警察が今後何もしてくれないのはわかりましたが、相手が払えないと言ってしまえば終わりなのでしょうか?今後どういった行動をとればよいかアドバイスを頂きたいです。

器物損壊の被害にあいました 告訴後について
長文になります。一昨日の夜のことです。
ある場所に愛車を停車していたところ、かなり泥酔した男がとおりかかり、いきなり「なんかコラー!」などと意味不明な大声を発しつつ、私の車のワイパーをへし折ったり、そのワイパーで私の車をバンバンたたき出しました。いきなりのできごとに焦って警察をよんでいると、大声を聞きつけた周辺住民の方に囲まれ男性は座りこみました。その後、警察が来るとまた男性は暴れだしたため逮捕されることになりました。

被害者であ...続きを読む

Aベストアンサー

お早うございます。
災難でしたね。

警察は、犯罪を取り締まってくれますが、金銭面でのことはノータッチです。

例えば、泥棒をされても、そのお金は何もしなければ返ってきません。

もし、払えないと言ったら、民事裁判になります。
勝訴はするでしょうが、ない物は払えないということになりかねません。

もしその人に家族がいて、その人の罪を軽減させたいと思ったら、何もしなくても賠償してくれるのですが・・・。

その人の刑事裁判の際「被告は、罪を悔いて、賠償も済ませています」といった弁護に使えるからです。

そうなるといいですね。

ご参考までに

Qけんかの末に車を破壊、その修理代の負担は?

彼氏とけんかをして、彼氏のあまりに不遜な態度に業を煮やし彼氏の車のフロントガラスを破壊したという一件で相談です。

けんかの発端は相手に有り、そのけんかについては非は全面的に相手にあります。
にもかかわらずまったく不誠実な態度をとられたあまりに堪忍袋の緒が切れ、フロントガラスに投石をした、とのことです。

しかしながらその彼氏はそのけんかの原因を反省しないばかりか修理代(全額)を彼女に請求したそうです。

警察に被害届をだせば逮捕されるとも言われたそうです。

車の破壊に至る経緯を考慮すると全額を負担するというのはあんまりだと思います。そもそも原因を作ったのはその彼氏のほうなんだし…

法律的にはどうなんでしょうか?過去の事例を踏まえて教えていただかれば助かります。

Aベストアンサー

法律論になる以前に、まず客観的に物事を見る必要がある気がします。
わかりやすく言うと、相手の立場になって物事を考えるということです。
例えば、彼女に原因のあるケンカで、彼氏が逆上して彼女の大切にしているものを意図的に壊したとしたら、彼女は「自分に原因があるのだから、大切なものを壊されてもしょうがない」と思うでしょうか?

もし上記の通り、壊されてもしょうがない、自分が絶対に正しいと思うのなら、彼女は訴訟を起こしてみてはいかがでしょうか?ただ、状況的には車のガラス代が免責になる可能性は限りなく低いと思われます。

その逆に、「いくら彼女側に原因があったとしても彼氏が彼女の物を壊すのはお門違い」と思うのなら、彼氏がガラス代を請求してきても文句は言えないと思いますし。

原因が伴えば、何をしてもいいということになっては、残念ながら江戸時代の「切り捨て御免」と同じになってしまいます。

客観的なものの見方を彼女にお勧めします。

Q公共の物を壊して器物損壊で現行犯逮捕されました。やっぱり初犯でも懲役ですか?

私は公共の物を酔っ払って壊している所を通報され現行犯で逮捕されました。県立公園のトイレの窓です。

警察に行き留置されて半日で帰されました。
もちろん事情聴取で調書作成されました。
お金は一週間後に謝罪と弁償にいきました。

検察からお呼びが掛かるだろうとの事です。

(1)このような事件でも初犯で懲役なりますか?
やはり公共の物を壊すのが一番罪が重いですか?
(器物破損は3年以下の懲役と30万以下の罰金)

(2)このような事件の場合は、誰が被害届出したり、
情報をどのように集めるのですか?

(3)検察に行って何するのですか?調書を取られたり
して、拘留されたりするのですか?

(4)検察の取調べの態度なども後に響くのですか?
反省の態度と聞きますが、具体的にはどんな態度ですか?

Aベストアンサー

もしあなたが初犯ならまず大丈夫とは思います。>公共の物を壊すのが一番罪が重いですか?仰せのとうりやはり重いです。>2)このような事件の場合は、誰が被害届出したり、情報をどのように集めるのですか?公園管理者から被害届が出ます。情報は現行犯ですから逮捕した警察の情報が一番でしょう。>3)検察に行って何するのですか?調書を取られたりして、拘留されたりするのですか?
調書は取られるでしょうが、酔っ払いの行為で拘留までする必要は薄いので大丈夫でしょう。それより警察で調書を取られているはづで、その内容により検察の対処も変わるでしょうが。
>4)検察の取調べの態度なども後に響くのですか?
反省の態度と聞きますが、具体的にはどんな態度ですか?
>お金は一週間後に謝罪と弁償にいきました。これは反省してることと評価されるでしょう。また取り調べの際は、酩酊していてよく覚えていないが、警察で状況を教えられて大変恥ずかしいと思います。位の感じの答弁をしておきます。恥ずかしい話ですが、私も酔っ払って公衆電話をたたいて居たらしく、誰かに注意されたところまで覚えていましたが、後がわからづ、気がついたら留置されていました。翌日勿論写真や指紋、足型など正式な犯罪人の扱いで、調書も取られましたが、夕方家内が来て釈放となりました。そのとき「もう10日ほどとまっていくか」といわれましたが勿論「ご勘弁を」でした。そのとき検察からの話は一切ありませんでしたから、>検察からお呼びが掛かるだろうとの事です。はある程度重い感じはしますが、傷害事件でもなく、弁済や謝罪もすんでいるので、罰金刑はともかく「拘留」までもとは思います。感じからすれば、何かお灸はすえられるかなという思いがします。お互いお酒は気をつけたいものです。あまりご心配なく。

もしあなたが初犯ならまず大丈夫とは思います。>公共の物を壊すのが一番罪が重いですか?仰せのとうりやはり重いです。>2)このような事件の場合は、誰が被害届出したり、情報をどのように集めるのですか?公園管理者から被害届が出ます。情報は現行犯ですから逮捕した警察の情報が一番でしょう。>3)検察に行って何するのですか?調書を取られたりして、拘留されたりするのですか?
調書は取られるでしょうが、酔っ払いの行為で拘留までする必要は薄いので大丈夫でしょう。それより警察で調書を取られているは...続きを読む

Q器物損壊 逮捕 現行犯以外

器物損壊は現行犯以外の逮捕はできますか。
証拠は目撃証言だけです。教えてください。

Aベストアンサー

必ず逮捕されるとは言ってません。
目撃証言だけで逮捕される可能性はゼロではありません。

たとえば、店の看板を 店の店員の前で 壊したとします。
この犯人は100%無罪となるでしょうか?、これで100%捕まらないとすれば、そこらへんのものを壊し放題です。

痴漢をしました。でも物的証拠もでません。しかし目撃した人がいて
証言をしました。それで逮捕された人はいます。その後の処分が無罪か
有罪とは別にして。

しかも、器物破損は必ず書類送検というのもありえません。
逮捕もありえますよ。実際にありました。

最初に任意で警察で取り調べをするのは、その通りだろうなと思います。

あくまでも、すべて100%の確率で言っている訳ではありません。
ありえるということです。

Q器物損壊について質問させてください。

賃貸マンションのドアを2年前当時付き合ってた彼氏に壊されました。
壊されたとき警察を呼んだので証拠はあります。
直すと言っていたので、被害届は出しませんでした。
でも2年経った今結局直してもらえないみたいなので
器物損壊で被害届をだそうと思います。
自分で出せますか?
賃貸の場合は不動産から委任状とか貰わないと
被害届は出せないんですか?
説明が下手ですみません。
教えてください!

Aベストアンサー

1,玄関ドアが器物なのか建造物なのかは
 一つの問題です。
 判例では、ドアを壊すのは建造物損壊に
 なるとしています。
〔最決平成19年3月20日・刑集61巻2号66頁〕
 
 損壊といいますが、どの程度なんでしょう。
 程度が低ければ損壊とは言えない場合が
 ありますので、念のため。

2,被害届も、告訴もできます。
 委任状はあればそれにこしたことはありませんが
 無くても大丈夫です。

 でも、モノは大家さんのですから、一言説明して
 おいた方が良いですね。

3,犯罪が小さいので、警察でまともに取り上げて
 くれるかわかりません。
 それよりも少額訴訟で、損害賠償を検討した方が
 良いのではないでしょうか。

Q器物破損について

器物破損で逮捕されるタイミングが謎です。

ニュースで見る器物破損で逮捕される人はほとんどが現行犯であると思います。
器物破損は現行犯でないと逮捕は難しいということも聞きますしこれには納得です。

しかし犯行時刻と逮捕までの日にちが何ヶ月も開いている事件も何件かはあります。

翌日に逮捕というのならばまだ理解できるのですがこれだけ期間が開く理由がわかりません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

窃盗とか殺人とかの犯人の身元が判明するのに数か月またはそれ以上掛かることがあっても不思議はないのと同様、器物損壊罪の犯人の身元が判明するのに数か月掛かることがあっても全く不思議ではないというだけのことです。
身元は早期に判明していたが逃げ隠れしていたなどの理由で直ちに逮捕できなかっただけの場合もあると思いますが。

器物損壊罪を他の犯罪と区別する理由はありません。捜査にどこまで時間と労力と人員を投入するかという違いはあっても、犯人特定に時間が掛かることもあれば掛からないこともあるのは不思議でもなんでもありません。また、犯人が特定できれば直ちに逮捕できるとも限りません。
そもそも器物損壊罪が現行犯でなければ逮捕が難しいというのは、被害の軽微な一回限りの通り魔的な事件の場合(器物損壊罪は親告罪であるところ告訴自体がほとんどないので捜査自体ほとんどしません。現行犯ならばその時点ではまだ告訴がないと言っても証拠保全のために逮捕することはありますが、告訴のない軽微な事件についてわざわざ逮捕状を取って通常逮捕するほど警察は暇ではありません。)であって、例えば時々ニュースにもなる駐車場の多数の車を無差別にパンクさせるなどの同じ犯人が同じような犯行を繰り返す場合には、それなりに捜査して数週間から数か月掛かって犯人を特定することなど珍しくありません。現行犯でない場合はそれなりの捜査で容疑を固めないと逮捕できないので、それなりに時間が掛かることはよくあります。結局のところ、一口に器物損壊事件と言っても他の事件と同様に色々あるというだけのことです。
殺人ほどに長期にわたって捜査に資源を投入はしないので1年以上経ってから逮捕という事例はほとんどないと思いますが、数か月程度なら別に疑問に思うほどの話ではありません。

以上

窃盗とか殺人とかの犯人の身元が判明するのに数か月またはそれ以上掛かることがあっても不思議はないのと同様、器物損壊罪の犯人の身元が判明するのに数か月掛かることがあっても全く不思議ではないというだけのことです。
身元は早期に判明していたが逃げ隠れしていたなどの理由で直ちに逮捕できなかっただけの場合もあると思いますが。

器物損壊罪を他の犯罪と区別する理由はありません。捜査にどこまで時間と労力と人員を投入するかという違いはあっても、犯人特定に時間が掛かることもあれば掛からないこ...続きを読む


人気Q&Aランキング