これからの季節に親子でハイキング! >>

アルコールと薬物(アヘン、覚せい剤など)の違いは何ですか?

アルコールも覚せい剤などと同じくらい依存性があると聞きました。このOKwaveでも、両者が違うのは、歴史的背景とか、経済的、政治的実利面のみである、とするものが多々あります。

しかし、私はアルコールと、薬物の違いは、やはりそれが人体に及ぼす影響の程度にあると思うのです。

私は、学校で薬物を常習すると「脳の神経回路が破壊される。」と習い、薬物常習者の書いた文を見せられました。ひらがなばかりで稚拙な文章がつづられていました。また、円などの簡単な図形も書けなくなるようで、乱用者が書いた円がぐちゃぐちゃになっている、というものも見ました。

そのような重大な疾患が起こる点で、薬物はアルコールとは違う、のではないでしょうか?

例えばアルコール依存症の人は、ひらがなしか書けなくなり、図を描くこともままならない、ということは無いと思います。同様にタバコも吸いすぎてその人の知能が著しく低下する、ということも無いと思います。

だから、それらはぎりぎり合法で、薬物は違法なのではないのですか?

みなさんの意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

酒と煙草は、どちらも明治維新の前から日本にあり、広く嗜まれていましたので、そのような歴史的事情も考慮する必要はあると思います。



ついでに歴史を紐解くと、喫煙は元々南北アメリカの文化で、ヨーロッパに伝わったのは1500年頃の話です。
(コロンブスがインディアンから渡されたタバコを捨てたという有名な話もあります)
そのヨーロッパでは、煙草は当初薬草として広まり、喫煙は「万能薬」とまで言われました。
喫煙の効能としてよく言われるのは「頭が一時的にすっきりする」というようなもので、具体的にはニコチンが神経伝達物質の代替で働くというものです。
この状態に慣れると、本来神経伝達物質として働くはずのアセチルコリンが働きにくくなるため、ニコチンが切れると逆に頭の働きが鈍くなります。
依存性はコカイン等の薬物とほとんど変わらないのですが、ニコチンは致死量が他の薬物よりかなり低い(~60mg)ため、日本の法令における範疇上は麻薬ではなく毒物に入っています。
喫煙による健康被害が初めて指摘されたのは1900年頃の話で、本格的に敵視されるようになったのは1950年代からです。

N0.5さんの言う「過去の悪習」とは、具体的には何をさしているのでしょうか?
煙草が国による専売制となったのは日清戦争による財政難が原因ですので、大蔵省が管轄していたのは当然のことと思います。
(そもそも、当時の位置づけは嗜好品ですから、アヘンと違い内務省(→厚生省→厚生労働省)が管轄する必要性がありません)
他にも、日露戦争では戦費調達のために塩を、日中戦争では製造振興のために工業用アルコールを、それぞれ専売化しています。
(塩は、生活必需品にもかかわらず収益主義の専売化により価格が高騰して非難が集中したため、1918年に安定供給を目的とする公益主義に切り替えています)
管轄を切り替えるべき、というのなら分かるのですが、たばこは専売化から現時点まで常に重要な財源となっているので、政府のパフォーマンスはともかく、実際にはなかなか財務省からは切り離せないでしょう。
(参考:タバコ税による税収は約22.5兆円 国税・地方税合計額は約85兆円(いずれも2005年度))


あと、依存性という観点を廃した場合、アルコールよりましな薬物としてはコカインやマリファナ等があります。
特に、マリファナは急性中毒でも生命に関わるようなことはまずないとされています。
ですので、心身への影響だけで合法違法を判断することはできないと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

歴史についてよく知らなかったので、大変参考になりました。

喫煙の効能としてよく言われるのは「頭が一時的にすっきりする」というようなもので、具体的にはニコチンが神経伝達物質の代替で働くというものです。
この状態に慣れると、本来神経伝達物質として働くはずのアセチルコリンが働きにくくなるため、ニコチンが切れると逆に頭の働きが鈍くなります。

知りませんでした。ニコチンが替わりに働いてしまうんですか。本来は不用なんですね。

タバコの税収が22.5兆円?!…2.25兆円の間違いでしょうか。
それでも結構ありますね。

あと、依存性という観点を廃した場合、アルコールよりましな薬物としてはコカインやマリファナ等があります。

これはちょっとよくわかりませんでした。手足のしびれや幻聴、幻覚など、深刻な症状が起こると思います。何をもって「まし」としているのか説明してほしいです。

特に、マリファナは急性中毒でも生命に関わるようなことはまずないとされています。

これは知りませんでした。でも、死にはしない、というだけですよね。


税収を見てみて、アルコールやニコチンの依存性というものがいかに強いか思い知らされました。タバコを吸っているのか吸わされているのか、わからないですね。

お礼日時:2010/05/01 18:52

> 同様にタバコも吸いすぎてその人の知能が著しく低下する、ということも無いと思います。


> だから、それらはぎりぎり合法で、薬物は違法なのではないのですか?

知能は著しくは低下しませんが、
激しい依存(アルコールよりは軽いが使用頻度が格段に多い)により、
タバコを奪われる事に対する認知が歪み、
受動喫煙の加害を否定したり、
解剖学者ともあろうものがたばこの害を否定してはばからなかったり、
不法な喫煙に対して相手を殺してでも喫煙を守ろうとするに至ります。
他人に火傷や受動喫煙を負わせる環境で平気ですいます。

*不法な喫煙:禁煙条例違反や、
      駅施設禁煙エリアでの、制止に抗った喫煙(鉄道営業法34条違反)
       2005年には逮捕者
       その後府中本町駅で注意に逆ギレして7ヶ月の重傷を負わせる事件
       筆者も2回殺されかかる

タバコが合法なのは過去の悪習と、国家管理の不当さからです。
管轄が薬物を扱う厚生労働省ではなく
金を扱う財務省であることからです。
JTの絶対大株主は財務大臣です。
こうしたいびつさもタバコを正当化させており、
上記のような危険な事象にもかかわらず適切な規制が行われておりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

JTの絶対大株主は財務大臣です。

本当ですね。初めて知りました。

最近は禁煙が進められていて、今後もその傾向が続けばいいですね。

お礼日時:2010/05/01 21:47

ちなみにドラッグ、一回の摂取で中毒になんか100%近くなりません。

スピードでもLSDでもなりません。通常、体が受け入れずに不快感、初めてのお酒に嘔吐、タバコに頭がぐらぐら状態になるのと同様、決して快感には至りません。
それどころか死んでしまうことすらあります。
それに耐えた者だけがジャンキーになれるのです。だれもがたやすくキメれるわけではないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、いきなり死んでしまうこともあるのですね…。

たしかに、アルコールもタバコも苦いだけですよね。初めてのときに感じた不快感も、知識によって「これは快楽が得られる」という情報が前提的にあることで意識として上りづらくなる、否定するのかもしれません。信頼と言うか、知識による保証というか、そういうものがあるからこそ、次に続くのかもしれませんね。

参考になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2010/05/01 21:59

合法かどうかはともかくとして、アルコール依存について。



「酒は百薬の長」ですから、使い方で薬になります。

アルコール依存は精神依存から始まります。
一ヶ月断酒すると分かります。

酒が手元にないとないと落ち着かない、何か不安、
これが精神依存です。
この段階で治療しないと後戻りできなくなります。

次第に飲む機会、量が増え、昼間から飲むようになります。
これが肉体依存です。
アルコールがないとやっていけない状態です。

アルコールは覚せい剤などと同様に、
脳にとって危険な物質をブロックしている部分(名前忘れた)を
すり抜けて、脳にダメージを与えます。
CT or MRIで脳を見ると、萎縮が見られることがあります。

幻覚や幻聴が起こり、殺人などの犯罪につながる事もあります。
それだけでなく、家族にも暴力や暴言を吐き、家庭崩壊もあります。
そのようになったら、元には戻りません。

糠漬けのきゅうりが元に戻れないのと同じです。

治療法は断酒しかありません。
とはいえ、この断酒が非常に難しいので、
日本各地にAAや断酒会があります。

酒を一滴でも飲んだら、振り出しに戻ります。

肉体がアルコールを欲しがっているので、
理性で押さえ込むのは並大抵の努力では出来ません。

酒を飲めなくする薬、厳密に言えば、
薬を飲んでいるからアルコールは飲めないと自分に言い聞かせる薬があります。

シアマナイドとかノックビンとかです。

これを飲んでてアルコールを飲もうものなら、
肝臓で猛毒であるアルデヒドの分解を薬が阻止していますから、
血流にいつまでもアルデヒドが残り、死ぬ思いをします。
4~5時間のた打ち回ります。

アルコールを含むお菓子などはもちろん、酢でも反応します。

アルコールは猛毒のアルデヒドに変化しますが、
そうなるまで3時間かかります。
気持ちがいいのでそれまでは飲み続けます。

しかし肝臓は、アルデヒドが発生したら、何はさて置き
この猛毒の処理に追われることになります。

体のあちこちにアルコールによる損傷が出ていたり、
肝臓自体もアルデヒドの被害を受けますから、
でも、それらを修復するための手が足りません。

やがて、アルコール性肝炎から肝硬変へと移ります。

手術です。

アルコールによる被害が体の臓器に出ている状態、
これが、アルコール中毒です。
肉体依存がそこまでさせます。
身も心もボロボロです。

覚せい剤などの薬物は、脳のA10神経に異常な興奮と快楽を与え、
一発で肉体依存になります。
あまりに強烈過ぎて、その興奮が忘れられず、
海馬に忘れられない記憶を刻み付け、常にチャンスをうかがいます。

一種の快楽PTSDとでも呼べるかもしれません。

そのため、身も心もボロボロになります。

鍵は「精神依存」と「肉体依存」のような気がします。

酒は性善説に基づいて販売されていますし、
精神、肉体の依存症を経て中毒になりますから、
理性でコントロールできる部分があります。

覚せい剤などは、1回で肉体依存、そして中毒になります。

だからどうと言う事では在りませんが、
たまたまアルコール依存の治療のために教育入院した時に
覚せい剤はもちろん、買い物、対人、ギャンブルなどなどの方も
それぞれ別個に教育を受けており、
依存症ミーティングが週2回行なわれていて体験談を聞いて、
私が学んだ事です。

でも、アルコールのことは病院で教育を受けた事なので間違いありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

「幻覚や幻聴が起こり、殺人などの犯罪につながる事もあります。」

これははじめて聞きました。アルコールも幻覚などが起こることがあるのですね。

なるほど、アルコールは精神依存から始まり、後には肉体依存も始まるが、麻薬は一発で両方の依存が始まる、ということですね。
確かに「精神依存と肉体依存」という分け方は的を射ていると思いました。
アルコールの方は精神依存であるとわかってから肉体依存になる前にインターバルが存在し、その間に対策を講じることができるということですね。

精神依存の面ではアルコールと麻薬が変わらないので、断酒はそれと同じだけ苦労するものなのですね。

でも例えば1回お酒を飲んだとして、1回で精神依存にかかるようなことはほぼ無いと思いますし、アルコールを飲む人であってもお酒が常に手元にないと不安になる、という人は少ないと思います。
そうなれば、1回あたりのアルコールの危険度は麻薬と比べて低く、「理性でコントロールできる」面がそれと比べて多分に用意されている、よってその面で両者は異なる、のかもしれませんね。

toshichan-さんの話はとても参考になりました。アルコール中毒は恐ろしいものなのですね。
WHOもアルコールそのものに発がん性を認め、飲酒を喫煙と同じく深刻な健康被害をもたらすものとしています。
「酒は百薬の長」というのも、相対的全体的な評価ではかなり訝しいものとなっています。
科学的な見地からの考察ではまだまだ不確定な要素も多いものなんですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/04/28 16:37

薬物と言うのは、一般的には「依存性薬物」のことです。


依存性薬物には、大麻、アヘン、覚せい剤等一般的に「麻薬」として知られるものの他に、お酒に含まれるアルコールやタバコに含まれるニコチン、さらにはコーヒー等に含まれるカフェインも含まれます。
そして、「依存性薬物」として纏められてしまうということは、アルコールも質問者さんが挙げられている薬物も、本質は変わらないということです。

No.1の方が薬効について書かれていますので、依存症のほうについて書きます。
まず、薬物依存というのは基本的にどの薬物でも同じくらい強烈なものです。
これは、薬物のみならず、数多ある依存症のほとんどが当てはまります。
ただ、表面的には依存症と言うとまず肉体的な症状が思い浮かぶでしょうが、そちらは薬物により千差万別です。
質問者さんが書いている文章の記述能力は、アルコール依存症でも時折見られるものですが、ニコチン依存症ではめったに見られませんし、カフェインも同様です。
しかし、精神疾患として依存症を見ると、どれも「(意識的か無意識かに関わらず)異常な執着」「行動の衝動性」「意欲の喪失」等、極めて重い症状を持っています。
これらの治療は、本人の認知や意識改善まで必要なものが多いために未だに容易なものではなく、社会的な影響が出てしまうケースもあります。

薬物依存症はどれも人体に極めて大きい影響を及ぼしますので、人体への影響だけで合法/違法を区別することはできないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

たしかに依存性薬物というものは身体と精神両方に多大な影響を及ぼすものですよね。

人の自由な精神を侵害、規制することは極大に避けるべきことです。「健康」であるということも身体だけではなくて精神も健全であることを要求しています。
例えば、タバコが吸えなくてつい人を殴ってしまった、とかアルコールが入って人を傷つけてしまった、という場合、その人の性向に薬物が決定的な影響を与えてしまい、その人の自由な精神のもとでの行動ではない、ということになります。
(ただし、刑法では、これらの行為は「原因において自由な行為」とされ、その薬を服用する前に、その効用を理解し、その行為に至る可能性を承知で服用したのであるから、それらの行為をした人は悪い、ということになります。)


embrambleさんの回答は、
依存症の定義は、異常な執着や、行動の衝動性、意欲の喪失などがあり、その点でカフェインやアルコールと麻薬は同じである、ということですよね?
精神に対する依存性という点で見ると、違いがないということだと思います。

ならば、その点で違法か合法かという判断を下す場合、どちらも合法か、どちらも違法か、の2通りになると思います。
しかし、今の社会はその区切り方ではありません。その点では区別していないということです。

そこで、両者を区別する差異として、「政治的、経済的、歴史的背景」という観点が持ち出されたと思われるのですが、
私は、その観点を持ち出す前に、それよりも直截的な観点で両者を区別できると思うのです。

それは「依存性という観点を排した」心身への影響の差異だと思うです。

例えばアルコールと麻薬が同じ依存性を持っているとして、今仮に、両者が合法であったと想定します。
普通に店にその2つが売られている状況で、どちらの服用者が害を多く及ぼすか、実践しなくてもわかると思います。
アルコール中毒者で幻想を見る人は少ないと思いますが、麻薬中毒者は幻想や事実の誤想などを頻繁に見ると思います。それらの幻想が自分に刃物を突き付けてきた、といって自分を守るために人を殺すことも起こりえますが、アル中やヘビースモーカーで、そのようなことはまず起こり得ないのではないのでしょうか。

だから、政治的歴史的背景を持ち出すまでもなく、現れる言動の危険度、害を及ぼす相対的程度の点で、明白に違法、ということがいえるんだと思います。

お礼日時:2010/04/26 16:00

投稿者は医療関係の学生さんかと推測します。


私もドラッグに関してはいろいろ調べました。結論的にはどんな薬物でも適量を効果的に使用すればなんらかのメリットはある、ということです。逆にどんな薬にも副作用は必ずついてきます。問題は効果>副作用、副作用>効果、かということです。
あなたのおっしゃるとおり政治的、経済的背景でリーガルになったりイリーガルになったりします。それはドラッグに関してだけではありません。禁酒法の時代はギャングはアルコールを闇で流していました。日本でも戦時中はヒロポンといいましたが、覚せい剤を国民に配布して戦争を鼓舞したものです。兵士は皆ヒロポンをぶって突撃したと聞きます。アンフェタミンだかエフェドリンだかと言ったと思いますが、覚せい剤の100%合成に成功したのは日本人の科学者だったと思います。(ちがっていたらごめんなさい)それらの薬剤は風邪薬にはいっています。咳止めにはまずはいっています。繰り返しますが、どんな薬剤も適量を使用すれは効果が期待できるということです。ちなみに抗がん剤といわれるお薬、まずまちがいなく副作用>効果、で、早くイリーガルドラッグに指定すべきだと思うのですが、これは経済的理由?からかますます幅をきかせています。がんで亡くなるより先に抗がん剤で弱ってしまい死期を早めているのが現状です。賢明な患者が抗がん剤を拒否しますと、退院させられるといいます。大きな声では言えませんが医者を儲けさせているだけでしょう。
アヘンは生成度合いによって、モルヒネ、ヘロインと名前を変えますがモルヒネはご存知のように末期がん患者の痛み止めに有効に使われています。お酒だって週2日の休肝日をとって適量を晩酌すれば肉体的にも精神的にも身体に良いのは旧知の事実です。飲みすぎ注意!
最後にスピードもエクスタシーもハッパもアルコールもニコチンもすべてドラッグです。使い方しだいで善にも悪にもなる、ということです。(たばこは疑問ですが)ぎりぎり合法か違法かはその時の政治的、経済的背景で決まります。もし、スピードが合法化したら北朝鮮は製造をやめることでしょう。売れないので。←補足
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

「問題は効果>副作用、副作用>効果、かということです。」
これは本当にその通りだと思いました。
戦時下では、ヒロポンが人が人を殺す行為を行うには良い影響を及ぼし、副作用と考えられるものは二の次だという価値観が、容易にそれを合法にしたと思います。
その効果と副作用の大小は、その時々の場所、文化に基づいて形成される価値観に規定されます。「法」が相対的なもので、絶対的なものでないという事実も、ここに起因します。
しかし、何人を殺してもいい、というような法律は作られませんし、今日できた法律が明日無くなる、ということもめったにないと思います。法も変化しますが社会の中では変化しにくいもので、人に害を被ることは基本的に許容しないと思います。流動する社会の中では定点となるものだと思います。


たしかに、tarara22さんの言うとおり、その薬物の量によって、その副作用を効果より小さくできることも可能かもしれません。しかし、挙げられた例はごく限られた条件が付きます。末期がん患者の将来の可能性をなくすことによって得られるものです。

それはつまり、その薬物の影響力の強さを如実に物語っているのではないでしょうか。

少量で心身に多大な影響を与えてしまい、その相対的程度(依存性を除く)は、アルコールやニコチンと比べて著しく高い。またその性能も制御しにくい。
したがって、法で規制せざるを得ない。ということだと思います。

たとえばアルコールを100%にできるだけ近づけて販売したとしても、特にそれを飲んだ人に重大な影響を及ぼす(急性アルコール中毒などを除いて)ことはないと思います。それに飲もうと思う人も少ないと思います。
でももしアヘン100%で売り出したとしたら、それは著しく健康を害するものとなります。アヘンなどは合成量が多いからといって不味いとかはならないと思います(?)から、服用する人も少なくなりません。

法で麻薬を合法にしている国もあると聞きますが、そのような国は、人を殺してもよい、という法律がある国(今は無いと思いますが)と同じように、ごく少数派にとどまり、非難される、また否定すべき「価値観」を有していると思います。


*補足*
私は学生ですが医療関係じゃないです^^

お礼日時:2010/04/26 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酒を飲み、致死量を越える覚醒剤摂取するとどうなりますか?。(尾崎豊)

酒を飲み、致死量を越える覚醒剤摂取するとどうなりますか?。(尾崎豊)
[尾崎豊を最初に診察した医師への当日インタビュー]
診察の結果、血圧、呼吸、脈拍などに異常はみられませんでした。
例えば呼吸状態が悪いとかね、血圧が、循環状態が悪いとか、そういう状況が、私ども、あればですね、これはもう問答無用で、いかに患者さんのファミリーがですねえ、拒絶しようが、もうやるだけのことはやりますけども。少なくともそういう、いま何かしなければ、もうすぐ命に関わる状態と、いうふうにはちょっと思えませんでしたのでねえ。
http://www.geocities.jp/ozakifan2/sirahige.html

歌手の尾崎豊さんは、他人の家の軒先で全裸になって倒れているところを発見されました。警察の調べでは、死因は肺水腫。大量に酒を飲んでいたうえ、致死量の2倍以上の覚醒剤が検出されました。
このような状態で最初の病院に運ばれたのですが、血圧、呼吸、脈拍などに異常がないということがあるのでしょうか?
酒を飲み、覚醒剤を大量摂取し、肺水腫を起こしている状態だと普通は、いろんなところに異常が現れると思うのですが。
医師の言い逃れなのでしょうか、それとも案外そんなものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

酒を飲み、致死量を越える覚醒剤摂取するとどうなりますか?。(尾崎豊)
[尾崎豊を最初に診察した医師への当日インタビュー]
診察の結果、血圧、呼吸、脈拍などに異常はみられませんでした。
例えば呼吸状態が悪いとかね、血圧が、循環状態が悪いとか、そういう状況が、私ども、あればですね、これはもう問答無用で、いかに患者さんのファミリーがですねえ、拒絶しようが、もうやるだけのことはやりますけども。少なくともそういう、いま何かしなければ、もうすぐ命に関わる状態と、いうふうにはちょっと思えませ...続きを読む

Aベストアンサー

覚せい剤の急性中毒は交感神経賦活化作用によるものです。よって、本当の初期には頻脈、高血圧がでてきます。しかし、血管拡張作用によって血圧を下げる効果のあるアルコールを同時に摂取することによって血圧の増加は検出しにくくなったと考えられます。
なぜ、交感神経賦活化作用で肺水腫になるかというと、高血圧性緊急症による高血圧性心不全という病態がおこったと推察されます。すなわち、肺水腫という病態は覚せい剤の直接作用によるものではなく、間に左心系の破綻という病態をはさみます。
想像でしかありませんが、帰宅してアルコールによる降圧作用が減弱して高血圧性緊急症になり肺水腫をおこしたと推定します。

Qアルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

アルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

私は毎日、発泡酒を晩酌に350mlを1本と氷結350mlを2本飲んでいます。 このままのペースで行っても大丈夫でしょうか?

また、痛風も将来恐いのですが、大丈夫でしょうか?
ビールよりも発泡酒の方が痛風になりにくいのでしょうか?

詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、目安となるアルコール依存症の症状を以下に列記してみます。

・飲まないと眠れない。

・飲んだ翌日、手が震える。または指先がこわばったようになり、字が書きにくい。

・飲んだ翌日、汗が出る。 

これらは、離脱症状といって、アルコール依存症の重要な徴候だそうです。
これに
・2日(48時間)以上に渡って、飲んだら寝るを繰り返す

という症状が加わると、完全にアルコール依存症と診断されるようです。
もちろん、これらの症状に当てはまる=アルコール依存というワケではありません。
ただ、可能性は高いと思われますので、ご心配でしたら専門医を受診してみてください。
もし、アルコール依存であるなら1人で脱却するのは無理ですので、、、。

痛風に関しては、「何とも言えない」というのが答えでしょうか。
たしかに「アルコールが原因だ」という研究結果もありますが、まだまだ「研究段階」であり、因果関係は解明されていないと言えます。

取り合えず、毎日の飲酒をやめ2~3日事に休刊日を入れることをお薦めします。
アルコール分解の為の肝臓をいたわってください。

参考URL:http://www.ask.or.jp/sodankikan.html

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、...続きを読む

Q覚せい剤ってどんだけ気持ちがいいんでしょうか?

ひとたびやり出したら止められないと聞く覚せい剤ですが、
一体どれだけ気持ちがいいものなのでしょうか?
言葉では表現できる範囲でいいのでその快楽の度合いを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

>覚せい剤ってどんだけ気持ちがいいんでしょうか?
覚せい剤はアンフェタミン、メタンフェタミンと呼ばれる
化学物質で中枢神経の興奮させる物です。
アッパー系の薬物です。

参考までに
それに化学合成式が類似している塩酸メチルフェデテート(商品名リタリン)、塩酸エフェドリンを治療で服用したことがあります。
その経験では、ODしても気持ちが良くなる訳では有りません。

24時間以上眠らずにいられる事(だから車を長時間運転する人に覚せい剤使用者が多数存在しました)や
自分は何でも出来ると言う高揚感、人によっては多幸感を感じる事があるそうです(確かに、不安や嫌な事を忘れますけどね)
後は、食欲がなくなり体重が落ちてきます。
その為に治療ではなく、娯楽の為にスニッフして効き目を高めてる人も存在しました。
薬の切れると高揚感は消え、ひどい疲労感が襲って来ます。
そして、泥のように何時間でも寝てしまいます。

覚せい剤はこれらの2~10倍位効力が強いと言われています。
SEXでは感度が良くなると言われていますが
おそらく同様に、トリップは出来ないと思います。

トリップするのはダウナー系の薬物でしょうね。
もちろん、日本では違法薬物として法規制されていますけど
諸外国では大麻、ヘロイン等のダウナー系の違法薬物が主なようです。
フェタミン系のアッパー系は価格も安く、「貧者のドラック」とか
自分で作る人が多いので「キッチンドラック」と呼ばれてるそうです。

ちなみに、以前咳止め液の乱用があったのは、塩酸エフェドリン(アッパー系)と
リンゴ酸コデイン(麻薬でダウナー系)が同時に摂取できる事からです。(現在の咳止め液は成分が異なっています)
違法薬物の「スピードボール」の感覚に近い物だったそうです。(おそらくすごいトリップ感があったんでしょうね)
これを常用していた人は、廃人?か薬物乱用の治療をしなければ社会的に適合できない状況にあると思います。

フェタミン類の覚せい剤も依存と耐性が有りますから
常習すれば、同様の結果になります。

こんばんは

>覚せい剤ってどんだけ気持ちがいいんでしょうか?
覚せい剤はアンフェタミン、メタンフェタミンと呼ばれる
化学物質で中枢神経の興奮させる物です。
アッパー系の薬物です。

参考までに
それに化学合成式が類似している塩酸メチルフェデテート(商品名リタリン)、塩酸エフェドリンを治療で服用したことがあります。
その経験では、ODしても気持ちが良くなる訳では有りません。

24時間以上眠らずにいられる事(だから車を長時間運転する人に覚せい剤使用者が多数存在しました)や
...続きを読む

Qなんでタバコとか酒って禁止にならないの?

麻薬は、禁止されてるのに、タバコとか酒はなんで禁止にされないのですか?。麻薬が依存性高くて、体に影響あるから駄目なら、タバコとか酒でも一緒ですよね?。タバコなんか依存性しかなくて、ニコチン切れたらいらいらして、八つ当たりされるし、吸った本人も肺がんになったりして苦しむし、周りにも副流煙撒き散らして非常に迷惑だから禁止にしてもいいと思うのですけど・・。
酒とかも依存性強いし、アルコール中毒とかなんかとで、体にも害あるし、近年問題化している飲酒運転の事故のそもそもの原因ですよね?。十分迷惑です
なんで麻薬は禁止なのに、この2つだけはいまだにお咎め無しのがまったく理解できません。
単純に使ってる、飲んでる人ガ多いから規制がめんどくさいから?。それならみんなが麻薬すえば、法律の網を抜けられるんですかね?w

Aベストアンサー

かつて米国で、1920年から1933年までの間
禁酒法が施行された期間がありました。

その結果、多くのもぐり酒場が生まれたり
禁酒法が施行されていない隣国に、多くの
アメリカ人が、アルコール飲料を飲む為に
国境を越えた事で、それらの国の蒸留所と
醸造所が大いに栄えました。

またギャングの多くがアルコールの密造
・密輸販売により大金を稼ぐ事になりま
した。
それが、ギャング同士の利権の奪い合い
と、それに伴う血で血を洗う激しい抗争
を生み、治安を悪化させる事になった。
一方で、禁酒法を取り締まる費用と治安
維持の費用が重大な問題になった上に、
酒税収入が無くなったので、政府税収に
悪影響を与える事になった。
そのため、禁酒法に対する反感が大きく
なり撤廃される事になりました。

結局、下手に禁止して地下にもぐられた
上に治安も税収も悪化させるより、公認
する事で有力な財源にした方が得になる
という事です。

Qコカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっ

コカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっていればもうやりたいと思わなくなるものなのでしょうか?

彼が昔やっていたことを知りました。
昔の話は聞かないようにしていましたが、先日少しだけ話をしてくれました。
私はただ彼の話を何も言わず聞くことしかしなかったので細かい情報も分からない状態で
す。
「よく辞めれたね」と言ったら、「コカインはきつかった」とだけ言っていました。
当時どのくらいの摂取量でどのくらいの期間やっていたのかは分かりません。
自分自身やったこともないし、知り合いにやっている人(やっていた人)もいないので、全くわからないのです。
それを聴いて引くと言うより、心配になりました。

彼は最低でも4,5年前から辞めているとは思います。

全くやりたいと思わない期間が何年あっても、年数に関係なく突然やりたくなるものなのでしょうか?

またどういった方法で辞めましたか?

辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正しいのでしょうか?

全くやりたいと思わなくなることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

質問の通り、辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正でしょう、あえて言うなら今は使って居ないというべきでしょうか。

薬物依存の怖いのは、今は使って居なくて、普通に生活できて居ても、生活の中で極度なストレスや、偶然で有っても、薬物が手に入る環境に措かれた時だと思います。

心が弱っている時や、悩みを抱えている時、本人の意思で制御する事は大変難しい様です、現にその様な環境で再使用をしてしまう人を何人も見てきました。

もし貴女が私の身内で相談を受けていたなら、私は彼が過去に殺人を犯し服役していたと言う話しならば、罪を償い更生しているのなら、其れをとがめたり交際に反対はしないでしょうが、相談者さまの彼氏の様な状況で有れば、交際事態を反対します。

殺人は本人の心しだいで再犯する事が防げますが、薬物は其処が非常に難しいからです。

特に自分はもうやらないと言う人が危険です、常に再使用の恐怖を持った人の方が再使用率は低い様に経験から感じます。

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

...続きを読む

Q彼氏が薬物使用者なのか確かめる方法ありませんか

こんにちは。

今年の5月から付き合い始めた彼氏のことで
最近不安に思っていることがあります。
タイトルにも書いていますが、薬物(覚せい剤とか)を
使っているのではないだろうかと思い始めています。

きっかけは、彼の言動です。
私は一人暮らしをしていて、彼は自営業なので
比較的時間に都合がつくときは泊まっていったり
しますが、不自然な行動をするなぁと思っていました。
例えば

・外で会っているときも警察を異常に警戒している
・あまり外デートをしたくないようだ
・私の女友達に絶対会おうとしない、自分の友達にも会わせない
・異常に喉が渇き、いつも500mlペットボトルを2~3本持って来る
・不眠(私の持ってるハルシオンも効きませんでした)
・毎日下痢している
・歯がボロボロ(特に上の歯がほとんどありません)
・すごくたくさん食べる(ハンバーガー4個に弁当2個とか)
・ハイテンション(ずっと喋り続け、寝させてくれない)
・仲のいい親戚に覚せい剤で逮捕された人がいる
・本人は否定していたがシンナー吸引の経験は有りそうだった
・もともと依存性が強い性格と自覚があるらしい
 (だから自分はクスリなんて手を出さないようにしている、らしい)
・先日、私の部屋に来ている時にいつもつるんでいる友達から
 連絡があり、何かを譲り受ける?分けてもらう?約束をして、
 泊まっていく予定をキャンセルして急いで帰ってしまった

彼はとても優しく繊細で、荒っぽいところもありますが
私を大切にしてくれています。暴力もありません。
でも箇条書きの一番最後の、「何を」譲ってもらうのかは
聞いても「秘密」としか言ってくれませんでした。

彼の家にも行ったことが無いし、仕事はしているようですが
生活の様子は見たことがありません。
すごく不安です。

本人の口から聞くのが一番確実なのは分かっていますが
彼は元々なのか薬の影響なのか抑うつ的なところがあり、
家族仲も悪いようで「お前だけが心の支え」みたいに
言われることもあって、追い詰めたくないと思っています。

でも不安なのです。
もしクロなら彼を失いかねないことではありますが・・
クロなんでしょうか・・

詳しいかた、見抜き方を教えてください。
それと、私はどう対処すべきなのでしょうか。
お互い将来を考えていたのに、どうすればいいのか
分からなくなりました。

友達にも相談できないので・・(;_;)

こんにちは。

今年の5月から付き合い始めた彼氏のことで
最近不安に思っていることがあります。
タイトルにも書いていますが、薬物(覚せい剤とか)を
使っているのではないだろうかと思い始めています。

きっかけは、彼の言動です。
私は一人暮らしをしていて、彼は自営業なので
比較的時間に都合がつくときは泊まっていったり
しますが、不自然な行動をするなぁと思っていました。
例えば

・外で会っているときも警察を異常に警戒している
・あまり外デートをしたくないようだ
・私の女友達に絶対会おうとしな...続きを読む

Aベストアンサー

No.5の方がいうように、頭髪はごまかしが聞かないようですね。
先端ではなく、なるだけ頭皮に近い部分がついた状態で数本は採取したほうがよさそうです。

http://blogs.yahoo.co.jp/momotarojaga/16565405.html

Q●ズバリ!なぜ酒を飲むのか?

 ズバリ質問したいです。
 最近飲酒運転が再三問題として取り上げられていますが、そもそもなぜ大人の大半の人は酒(ビール・ワインも含む)を飲むんでしょうか。飲酒運転が後を絶ちません。それによる事故のニュースのたびに悲しくなります。

 ちなみに私は酒は一切飲みません。というより酒に興味がないのもあります。一方で、なぜ大半の人は酒に酔うのを快感がるのか、たとえ付き合いとはいえ飲むのか、あるいは上司などが無理やり飲ます風潮があったりするのか。私は酒を飲みたい人の心理が正直分かりません。

 批判覚悟で質問しました。何気に素朴にそう思ったんで。できれば酒を飲む方の回答あるとありがたいです。

Aベストアンサー

酒を飲むと別世界に入るのです。またその世界は楽しいのです。
いつまでもそこに居たいと思うのは私だけではないでしょう。

Qお酒と煙草止めるのはどっちが難しいでしょうか?

個人的には、お酒ですね。煙草は二年前に禁煙に成功しました。
お酒も出来たら止めたいのですが、なかなか。

Aベストアンサー

お酒の方が難しいと思います。

実際、他の方の回答を見ても、実際に酒をやめられたと言う方はほとんどいません。「やめる」というのは、時々摂取しないようにするのではなく、生涯を通して断つということですから、2,3日飲まないからと言ってもお酒を完全にやめたことにはなりません。禁煙と同じです。私の経験だと、嫌煙家のほとんどは、一度に健康を害する量の飲酒をする適正外飲酒をする人達です。

最近は、飲酒習慣とメタボリック症候群に因果関係があることが分かってきました。今年、WHOがアルコールの発がん性を発表したので、やはり、タバコと同程度、体には良くないでしょう。また、飲酒運転や暴力などの犯罪とも深く関係があります。

依存症が専門家の先生によれば、『薬物依存の立場から見るとアルコール依存症の人なんかのほうが、比べものにならないほど悲惨なんですけどね。』だそうです。たばこには、幻覚やけいれんはありませんが、お酒にはありますよね。カフェイン:ニコチン:アルコール=1:8:64 ぐらいの依存性の強さと聞いたことがあります。

依存性があるので、長年、飲酒している中年以降の男性は、6割が毎日飲酒するそうです。「ヒゲの殿下」として知られる三笠宮寛仁さまは、飲酒が原因のがんになり、7度も手術をしたのに、結局、お酒がやめられず、アルコール依存症の治療を受けています。そのぐらい、やめるのが難しいわけですね。たばこと違って、お酒は体がボロボロになってから死ぬまでに時間がかかります。

こちらの質問も、参考にしてみてください。
『どうしてお酒をやめるのがつらいの?』
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3267143.html

参考URL:http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000205_all.html

お酒の方が難しいと思います。

実際、他の方の回答を見ても、実際に酒をやめられたと言う方はほとんどいません。「やめる」というのは、時々摂取しないようにするのではなく、生涯を通して断つということですから、2,3日飲まないからと言ってもお酒を完全にやめたことにはなりません。禁煙と同じです。私の経験だと、嫌煙家のほとんどは、一度に健康を害する量の飲酒をする適正外飲酒をする人達です。

最近は、飲酒習慣とメタボリック症候群に因果関係があることが分かってきました。今年、WHOがアルコール...続きを読む

Q飲酒による記憶力の低下

僕は20歳ごろからお酒を飲み始め、今ではほぼ依存症といわれても仕方がない程飲んでいます。

そのせいか、最近昔と比べて記憶力や思考力が大きく落ちているのを感じます。
最近、とある台本を覚える必要がありそれに取り組んでいました。
おおよそ10ページ程度のテキストの分量+いくつかの動作なのですが、これが本当になかなか覚えられず、しかも、僕以外の人間は着実に覚えているのです。そのとき、時間は比較的融通がきいたので、他の人たちよりも有利だったはずでした。
しかし、結果として一番きちんと覚えられなかったのは僕でした。

飲む酒類はほとんどビール系。ほぼ毎日、1日に1.5~2リットル。

最近は徐々に減らそうとしていますが、果たして、記憶力の回復はなるものなのでしょうか…。
30歳を前にして不安がいっぱいです。

Aベストアンサー

適量でもアルコールを飲むと、脳萎縮が起こり、非飲酒者に比べて10年早まるのだそうです。たくさん飲む人だともっと萎縮します。飲酒すると、脳がアルコール漬けになることによりリラックスしたり酔ったりするのですが、その結果、梅酒の梅干のように縮んでしまうのです。脳が縮むと、お酒が止められなくなります。やめれば多少は治るでしょうが、完全には元に戻りません。また、量を減らしても、少なからず萎縮し続けると思います。

台本の話が出ていましたが、ベテランと言われる俳優さんは、お酒を全く飲まない人が多いのです。高倉健さん、三國連太郎さん、津川雅彦さん、緒方拳さん、小林念侍さん、田中邦衛さん・・・。今年亡くなった、植木等さんも私生活では全く飲まない人だったそうです。お酒を飲む人は、俳優を続けていくのが難しいのだと思います。俳優に限らず、何事も同じことだと思いますが。

お酒を飲む人には、年を取ると、反応がワンテンポ遅くなったり、最近のことは覚えていないから昔話を繰り返したり、理性が働かず感情的で涙もろくなったりと、すっかり性格が変わってしまった人がよくいますね。そういう方が、脳の健康を心配して、小学生の計算ドリルをやっていますが、そんなのも出来ないぐらい思考力が低下しているのかと、痛々しいものがあります。

私は飲みませんが、30歳に近くなると、ずいぶんお酒を飲む人と飲まない人の間に差が出てきた感じがします。飲む人は、お腹が出ていたり酒ヤケした顔で、見た目にも体が老化しています。久々に試験を受けて、愕然とする人もいます。また、脳が衰えただけでなく、ず~~~っと飲酒してきた時間に、飲まない人達は勉強や趣味など創造的なことをしてきたわけです。その差は大きいですよ。

参考URL:http://www.medical-tribune.co.jp/mtbackno7/3706/06hp/M3706211.htm

適量でもアルコールを飲むと、脳萎縮が起こり、非飲酒者に比べて10年早まるのだそうです。たくさん飲む人だともっと萎縮します。飲酒すると、脳がアルコール漬けになることによりリラックスしたり酔ったりするのですが、その結果、梅酒の梅干のように縮んでしまうのです。脳が縮むと、お酒が止められなくなります。やめれば多少は治るでしょうが、完全には元に戻りません。また、量を減らしても、少なからず萎縮し続けると思います。

台本の話が出ていましたが、ベテランと言われる俳優さんは、お酒を全く飲ま...続きを読む

Qマリファナのメリット・デメリットは?

マリファナは日本では非合法だと聞きましたが、
マリファナはどんな効果があり、また、どんな副作用や危険性があるのでしょうか、

私は精神安定剤を何年も常用しているのですが、
かなり効果があります。
楽観的になる、大らかになる、不安やうつ状態を取る、心地よい眠気に誘ってくれるなど・・・

マリファナもこれと似たような効果が現れるのでしょうか、
マリファナは比較的安全と聞きましたが、
実際のところどうなのでしょうか、
もちろん、マリファナを体験したいわけではありません、
参考までにお聞きしたいのだけのことです。

ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

大麻には禁断症状がなく、肉体的・精神的にタバコ・アルコールより害がなく、しかも使用量が増えることがなく、さらに暴力的どころか、平和でリラックスした創造的な気分にさせるメリットがあります。しかも、向精神薬と違い、ナチュラル系なのです。
たとえば、アンフェタミンは、メチルフェニデートと、そんなに変わらないのに罰せられたり、また、戦時中には、合法であったヒロポンも、時代の都合で罰せられるようになったりします。これは、昔だと、中学生とセックスをしても罰せられなかったのが、児童買春法ができてから、ばっせられるようになったのと似ています。
それで、カジノ特区構想がありますが、マリファナ特区を作って、実際に、人に与える影響を見てみるのがいいと思います。これをJTBの専売にして、マリファナ税を課せば、タバコ税を上げなくてもいいと思います。今のままだと、運び屋のトルコ人やイラン人を儲けさせるだけです。


人気Q&Aランキング