硫酸を水で希釈する時に発生する希釈熱はどういう方法で求めるのでしょうか。
また実用的な計算式のようなものがあれば教えてください。
学問的に調べるのではなく、実際の作業上発熱量を知っておきたいので数パーセントの誤差があってもかまいません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

希釈」に関するQ&A: 強酸の希釈について

A 回答 (3件)

 溶解熱:物質1molを多量の水に溶解するときの発熱量または吸熱量。


 H2SO4+aq=H2SO4aq+19.0kcal
 これは、濃硫酸(98g=1mol)を多量の水に溶かしたとき(希硫酸をつくったとき)発生する熱量が19.0kcal/molであることを示す式です。
 aq=aqua(アクア):多量の水を表す。
 使用する濃硫酸の量および、水の量(溶解した希硫酸量)が分かれば求められます。

この回答への補足

dagon-2さん早速ご回答をいただきありがとうございました。
これならわかりやすいですね。
ところでこの式は希硫酸をつくるとき、ということですが濃硫酸を希釈して60から70%硫酸を作るときにも使えるのでしょうか?
お手数ですがよろしければ教えてください。よろしくお願いします。

補足日時:2001/04/02 23:38
    • good
    • 0

 前回お答えした反応式は無限に希薄な溶液に希釈した場合の発熱量です。


濃硫酸を希釈して60から70%硫酸をつくるときは、もちろん、水に濃硫酸を徐々に加えるのですが、(例えば約50%のときは100mlの水に約100gの濃硫酸を徐々に加える)と発熱量は19.0kcal/molより低下しますが、全体の体積が少ないので温度上昇は激しいのです。全量が約160mlで、発熱量は少なくても16kcal/molはあります。ですから、16/0.16=100 で希硫酸の比熱を1とすると温度がこの場合でも100℃上昇します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

dragon-2さんありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/28 10:23

 回答ではないんですが,どの様な作業を想定してられるのでしょうか。



 その内容によっては,計算するよりも少量で実際に測定した方が早いと思います。ただ,私の経験では,10% 硫酸でもかなりの発熱をしましたので,60-70% 硫酸では相当の発熱になると思います。充分御注意下さい。

 また,チョット気になったのですが,御質問にも dragon-2 さんへの補足にも「濃硫酸を水で希釈する」と書かれています。御存知とは思いますが(御存知だからこその御質問でしょうから),濃硫酸に水を加えるのは大変危険です。水に濃硫酸を加えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00さん回答ありがとうございます。お礼がおそくなってすみません。
rei00さんのご指摘のように濃硫酸に水を加えるのは危険ですね。
今回、私が考えているのは配管の中で、つまり閉ざされたところでやろうと考えています。もちろん沸点に達すると危険なので硫酸を熱交換器で冷却しながらですが。その熱交換器を設計するのに発熱量を簡単に計算できないかなと思ったのです。

お礼日時:2001/04/19 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

希釈」に関するQ&A: 希釈倍率の計算の仕方

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硫酸ピッチの組成

硫酸ピッチの主成分は、硫酸イオン(36%:未反応の硫酸を含む)、タール分(34%)、油分(7.7%)であり、タ-ル分に含有さる有害物質は、主として芳香族炭化水素(フェノ-ル類、ピリジン類)であるということは特許文献や東京都のホームページでしらべたのですが、硫酸ピッチの具体的な組成がわかりません。どなたか、硫酸ピッチの組成を教えていただけないでしょうか。


硫酸 A mol%, ベンゼン B mol%
硫酸 C wt%(重量パーセント)、ベンゼン D mol%

できれば、情報源も教えていただけるとうれしいです(本、特許、ホームページ、文献)。 パーセンテージでなく、molやgを記載してあるものでも問題ありません。英語の文章でも問題ありません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原油というのは、産地などによって、かなり成分や組成が違います。

ですから、硫酸ピッチの一般的な組成というのは、決まっていないと思います。

Q硫酸を水で希釈した場合のpH値が、希釈のパーセンテージごとに一覧表にな

硫酸を水で希釈した場合のpH値が、希釈のパーセンテージごとに一覧表になった物を探しています。
もしくは、Excelなどで数式を入れて表を作成できるなら、それでも良いです。
どなたかご存じないですか?

Aベストアンサー

濃硫酸は100倍に希釈してもpHは1より小さく、
1000倍に希釈してもpHは2より小さくなります。

濃硫酸は98%がH2SO4で、水の電離が少ないので、濃度が高いときの
pHの値は無意味になります。最低でも10倍希釈以上でしょう。

(第一段階) H2SO4 → HSO4- + H+
(第二段階) HSO4- → SO42- + H+
第一段階は完全電離と考えられますが、第二段階は濃度が高いと電離度が
低くなりますので、計算はちょっとややこしくなります。

簡単には、1000倍希釈のpHが1.6~1.8くらいになります。
あとは10倍希釈する毎に1ずつ大きくなります。
※ただし、pH5くらいまで。

Q化学成分の英語、教えてくださ~い!

下記化学成分の英語が分かる方、教えてください!宜しくお願い致します。
1.硫酸ナトリウム
2.ムコ多糖類
3.プロテオグリガン
4.グルコサミン
5.硝酸チアミン

Aベストアンサー

硫酸ナトリウム
sodium sulfate [sulphate]


酸性ムコ多糖類
acid mucopolysaccharide〔〈略〉AMPS〕
酸性ムコ多糖類
acidic mucopolysaccharides
硫酸ムコ多糖類
sulfated mucopolysaccharide

グルコサミン ;《化》
glucosamine

硝酸チアミン
thiamin mononitrate // thiamine nitrate

http://www.alc.co.jp/

Q硫酸の希釈溶液作成に伴う計算

私の友人からの質問なのですが

「74%の硫酸を水300(ml)で希釈して、0.3%硫酸溶液にしたい。74%硫酸は何g必要なのか?」という内容でした。

もしご存じの方がいらっしゃれば、過程の計算もご教示いただけると幸いなのですが…
わかりにくい内容で申し訳ありません。

Aベストアンサー

自分なら次のように考えます。

74%を希釈して0.3%にする。
つまり74/0.3=246倍に希釈する。
246倍に希釈して最終的な液量が300mLなので原液の量は300/246=1.22g

ただし、これは0.3%硫酸の密度を1とした場合。(まぁこんだけ薄ければ確実に1でしょうが)
あと加えた硫酸の量は全体から見ると微量なので無視してます。

現場や実験室で電卓を叩いてすぐに答えを出さないといけないようなときは自分は上記のように考えます。正確に計算したいならみなの言うとおり方程式を出して計算してください。

あと実際加えるときは1.22gなんていちいち重さを測るなんてことは普通しない。
74%硫酸の密度をあらかじめ調べておき容量で出す。
74%硫酸の密度は調べてませんがたぶん1.8くらいだと思うので0.6~0.7mlくらいいれたらいいと思います。あと当然ですが水に硫酸を入れてくださいね。逆はダメ。

Q成分名を英語に訳したい

仕事上以下の歯磨き粉の成分を英語に訳したいです。以下の英語名を教えてください。かなり専門的ですがよろしくお願いします。お願いします。
1.リン酸2Ca
2.水酸化Al
3.グリセリン
4.ソルピトール
5.ラウリル硫酸Na
6.セルロースガム
7.ピロリン酸4Na
8.安息香酸Na

Aベストアンサー

スペースアルクの英辞郎で引くと大体答えが出てくると思いまよ。例えば
2.水酸化アルミニウム
aluminium hydroxide
3.グリセリン
glycerine
5.ラウリル硫酸ナトリウム
sodium lauryl sulfate [sulphate](英だと括弧の中のスペリングになります)
8.安息香酸ナトリウム
sodium benzoate

イギリスで化学を習ったものですが、sodium chloride や sodium hydroxide など単純なものはともかく、複雑なものは化学式のままでも良い気がするのですが、いかがでしょう?<皆さん
1番のリン酸2CaってCaHPO4のことですか?
ならcalcium hydrogen phosphateなんですが。

参考URL:http://www.alc.co.jp/index.html

Q硫酸の希釈方法を教えてください (pH1.0とpH4.0)

95%の硫酸(17.8mol/L)を希釈してpH1.0とpH4.0の硫酸をそれぞれ
140Lずつ作りたいんですけど、95%の硫酸はどのくらいいいりますか?
濃硫酸と希硫酸でどうやっていいかわからないので教えてください。
お願いします!!

Aベストアンサー

より正確にはH2SO4は次のように2段階に電離します。
H2SO4 → H^+ + HSO4^- ; ほぼ100%電離
HSO4^- ⇔ H^+ + SO4^2- ; Ka=1.0*10^(-2) の平衡反応
H2SO4の初濃度をx(M)、HSO4^-がy(M)反応して平衡に達したとすれば、
pH=1.0より平衡時においては [H^+]=x+y=0.10Mだから、
[H^+][SO4^2-]/[HSO4^-]=0.10y/(x-y)=0.10*(0.10-x)/(2x-0.10)=Ka
x=9.2*10^(-2)M となり、(x*140*1000)/17.8=724ml必要になります。
pH=4.0のときも考え方は同じです。

Q分析法の英語名を教えてください

いくつかの分析法の英語名を調べていますが、まだわかりません。助けてください。明日までに調べて報告しないといけないので。

分析法は
・吸光光度法
・ICP発光分析法
・蛍光光度法
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
・クロム酸バリウム吸光光度法
・チオ硫酸ナトリウム滴定法

の7つの分析法の英語名を、誰かわかる方教えて下さい。「英語」のカテゴリーかなとも思ったのですが、専門用語なのでこちらに投稿させて頂きました。すみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次からは 断片的でもいいから自分で調べた努力を書いてください。

・吸光光度法
(Visible) Absorption Spectrophotometry
・ICP発光分析法
Inductively Coupled Plasma - Atomic Emission Specryometry
・蛍光光度法
Fluorescent Photometry
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
Lanthanum/Alizarin Complexone Method
Alizarin Complexone and Lanthanum Nitrate Photometric Method
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
Spectrometric Method using 1,5-Diphenylcarbazide
・クロム酸バリウム吸光光度法 比濁法
Barium Chromate Colorimetric Method (比濁法)
・チオ硫酸ナトリウム滴定法
Titration Method using Sodium Thiosulfate

次からは 断片的でもいいから自分で調べた努力を書いてください。

・吸光光度法
(Visible) Absorption Spectrophotometry
・ICP発光分析法
Inductively Coupled Plasma - Atomic Emission Specryometry
・蛍光光度法
Fluorescent Photometry
・ランタンーアリザリンコンプレキソン吸光光度法
Lanthanum/Alizarin Complexone Method
Alizarin Complexone and Lanthanum Nitrate Photometric Method
・ジフェニルカルバジド吸光光度法
Spectrometric Method using 1,5-Diphenylcarbazide
・クロム酸...続きを読む

Q至急 希釈について(段階希釈)

50%食塩水を10倍希釈し、10ミリリットル(A)、さらに10倍希釈して10ミリリットル(B)作るのにはどうすればいいんでしょうか

AはBを希釈するのに必要な分は抜いて10ミリリットル作らなければいけません

一応Aが5%食塩水、Bが0.5%食塩水になることは分かります・・・

Aベストアンサー

50%食塩水を1.1ミリリットル作って10倍に希釈し(11ミリリットルの溶液となる)、そのうちの1ミリリットルをとって10倍に希釈すればよいでしょう。

Q硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムが溶けている中性の溶液に水酸化バリウムを加えるとどうなるのでしょうか

硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムが溶けている中性の溶液に水酸化バリウムを加えるとどうなるのでしょうか?
問題集にはバリウムイオンと硫酸アンモニウムと硫酸ナトリウムの両方の硫酸イオン(表現がおかしくてすみません)と反応しているように書いています。
硫酸アンモニウムは弱塩基の塩だから遊離するとおもうんですが、強塩基の塩である硫酸ナトリウムも遊離したりするんですか?
もしそうだとしたら理由をわかりやすく教えてくれると嬉しいです。(>人<;)

Aベストアンサー

けっきょく、「イオン同士の反応」です。

ということで、
まずは
・水溶液にとけている塩が溶液中で「どのようなイオンになっているか」
・加える塩基が「どのようなイオンから構成されるか」

を考えよ。

硫酸アンモニウム->硫酸イオン + アンモニウムイオン
硫酸ナトリウム->硫酸イオン + Naイオン
水酸化バリウム->Baイオン + 水酸化物イオン

---

次に
上記の全イオンのうち、
「どのイオンとどのイオンが反応するか」を考えよ。

(1)アンモニウムイオンと水酸化物イオン
(2)硫酸イオンとBaイオンが反応し、
水に不要の塩BaSO4を形成する(※高校化学の基本知識)

---
1,2の反応の理由がわからなければ
先生に質問。

Q【化学】化学って元素の組み合わせを考えるだけの学問ですか? 数学は定理の組み合わせを考えるだけの学問

【化学】化学って元素の組み合わせを考えるだけの学問ですか?

数学は定理の組み合わせを考えるだけの学問って言われました。定理を覚えたらあとは組み合わせるだけの単純な学問だと。。

化学は元素の組み合わせで何が出来るか考える学問かなと思いました。

Aベストアンサー

誰に言われたんですかそれ?
少なくとも自分はもっと奥が深い学問だと思ってたいるのですが...


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報