『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

今日、一時停止で止まったらどのギアも全く入らなくなったんです。人間の力ではムリなくらいに…何度かクラッチを踏みなおしたら何とかバックには入ったので何とか左に
寄せました。その後修理工場に持っていかなければいけないので、凄く入りが硬いけど4速に入れてギアをかえずに走りました。修理工場に着く前にいつもの癖で信号待ちでギアを抜いてしまい「まずいっ」と思ったんですが、その後は普通に全ギアが入りました。ただ、3速に入れた時に足元
から「カサカサ」という枯葉が舞うような凄い大きな音がして走り出してからもその音が2秒くらい出ました。
その音が出た時は足元に振動が来てパネルのエアーゲージのメモリも振動と一緒に減ったんです。修理工場の人は
「カサカサ」という音は関係ないって言ってたんですが、
音と同時にエアーも減ったので絶対関係有ると思います。
あと、ギアが全部入らないのはクラッチが悪いと言っていました。午前中に症状が出たんですが、着く前に直ってしまったのでそのまま今日は仕事をしました。直すつもりではいるんですが、クラッチが悪いとは思えないんです。
シフトレバーもグラグラではないですし、クラッチペダルも全然おかしくないんです。(ギアが入らなかった時も)
「カサカサ」という音とギアが入らない理由を分かる方教えて下さい。「カサカサ」という音が出た時はとても怖かったです。足元揺れるし…車は平成9年式のライジングです。
宜しく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

当方もその様な経験をときどきしています。


ギアオイル漏洩時に発生し易い様です。
    • good
    • 39

クラッチペダルを踏んでいるのに、ギヤが入らない場合の


原因として考えられるものは・・・・・

「クラッチケーブルの緩み」
(油圧式ならばオイル漏れ、または気泡の混入)

「クラッチディスクの磨耗による切断不良」
(フライホイールに張り付いて固着している)

ぐらいなものです。

またミッションの、シンクロメッシュギヤの磨耗も
考えられますが、この場合は他の変速ギヤには入るはずです。

クラッチはエンジン回転と、車輪の回転を繋ぐものです。
お互いの回転差が少なく(低速のギヤで)、出来るだけ
半クラッチを使わず、クラッチを滑らせないことが
磨耗を少なくし、寿命を長くする唯一の方法です。

発進の時に高速用のギヤを使って、強引に繋げば
エンストさせるか、過大にクラッチを滑らせることになります。
当然クラッチは摩擦で加熱され、最悪の場合分解します。

さらに走行を続ければ、アクセルを踏んでも加速しなくなり、
次にはクラッチを踏んでも切れなくなります。
こうなると確実に、重大な事故になる可能性があります。

車両は運転者にすべての責任が掛かっています。
取り返しの付かない事態に至る前に、修理してください。
故障が解っているのに、運用していたという事実があれば、
あなた自身ばかりか経営者も、その管理責任は免れません。

「プロ・ドライバー」とは、それらを承知の上で、
運転に従事している者のことなのです。
くれぐれもご注意ください・・・・・
    • good
    • 38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMT車のギアが突然入らなくなりました。

これまで何の異常もなかったのですが、さっき運転中に突然MT車のギアが入らなくなってしまいました。
クラッチペダルをめいっぱい踏んでも一速やRに入りません。エンジンを切ると簡単に入るので、とりあえずそれで一速に入れてエンジンをかけ、後はダブルクラッチのように?回転数を合わせて無理やりシフトアップすれば入る状態です。
あと、クラッチペダルを踏んだときに何か引っかかっているような違和感があります。
メカに弱いですが、やっぱり故障したのでしょうか。ディーラーまで持っていくのも大変ですが、上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ(悪化しないでしょうか)。
ちなみに車種はアクセラ15Fです。

Aベストアンサー

>やっぱり故障したのでしょうか。

故障です。
しかし、クラッチ(ディスク)板など重要で高価な部品の故障ではありません。

>上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ(悪化しないでしょうか)。

そのままの状態で走ると危険ですし、交差点では、非常に危ないです。
また、クラッチ本体を痛める可能性があります。

私も(他車種ですが)同じ経験があります。
私の場合、交換部品が無かったので3日ほど代車で過ごしました。
部品代・工賃・税込みで、1万円でお釣りがきました。(値引き有り)

通常だと、クラッチデスク、クラッチプレッシャープレート、クラッチレーリーズベアリング、パイロットベアリング、レリーズレバーの交換です。
私の場合、クラッチプレッシャー関係が原因だったようです。

Qクラッチが切れない

本日1時間ほど車を運転後、車庫に入れようとしたら突然ペダルを奥まで踏んでもクラッチが切れなくなりエンストしました。

クラッチオイルが漏れたのかと思いましたが、特に減っていませんでした。

他にどのような原因が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

クラッチ板の異常か、クラッチオイルのチューブの中にエアーが入ってしまったためではないでしょうか?以前私の時にはエアー抜きをして一時的には直りましたが、すぐまた切れなくなりました。根本から直すには4万円位と言われました。

Q4tトラックの正しい運転方法について

運送業で毎日4t車に乗ってるんですが
MT車の運転のコツを知らないまま運転していたせいか入社3カ月でクラッチ板がダメになり
交換した1ヶ月後(現在)で又、ひどくクラッチが滑る状態になってしまいました。
原因として狭い道、バックでの半クラ多用が考えられるんですが
半クラを使用しない場合で精密な動作をしたい時はどのようにすればいいのでしょうか?
コツを教えて下さい。

後、3か月の段階でクラッチ離すのが遅いと言われたので、現在は半クラ使用で3速発進、充分加速したらクラッチベタ踏み、4速にギア入れ、クラッチ完璧に離してから排気ブレーキ効き始めた時にアクセル踏んで加速、クラッチベタ踏み、5速にギア入れ…って感じですけどこれで合ってるんでしょうか?
クラッチベタ踏みの前にアクセルも完璧に離すんでしょうか?
発進と加速はスムーズですけどクラッチ板が傷んでないか心配です。

Aベストアンサー

3ヶ月でクラッチ駄目にしたら・・・かなりの半クラの使用頻度だと思いますよ、他の方の意見にも有るけど空車なら3速でも発信は良いけど(平地なら)積載状態なら2速で半クラは殆ど使わないで発信できるように(回転も低め、アイドリングより少しの所で繋ぎ始めてノッキングしない程度に離す、その後アクセルを踏み込む感じ)言葉を文章にしているのでイメージがわくか心配ですがジーゼルは低速トルクがガソリン車よりも有るのでアイドリングでクラッチを繋ぐつもりで良いくらい。
加速時は一瞬アクセルを緩めてさっとミッションを上げること(もたもたしたら回転が落ちすぎる、落ちすぎたら少しアクセル煽って回転を合わせる)職場で4トンの乗り方を教えることも有りますがやり方を見ないと適切な事が中々書けません。

またバックなども平地ならクラッチの上に足など載せないでスローに近い回転で下がること、もしあっと思ったらアコーデオンペダルのブレーキだと思うけどクラッチのことなどほっといてブレーキでエンストさせれば良いです(足をクラッチの上に置く癖を付けると直らなくなりますよ)なお、慣れてくれば加速などの時はクラッチ踏まなくても変速は出来るようになります(減速は難しいけど)昔の大型などはクラッチ有っても回転が合わないと変速できなかったくらいです(今のトラックは4トンも11トンも非常に乗りやすいですから変な癖を付けないで慣れるようにしましょう)

ナオ、当方過去にクラッチの切れない11トンを整備工場まで自走経験も有りますよ(発進は2速でセル発進するしか無いけどその後はノークラで変速して、空車ですが3速でセル発進は無理です)慣れれば大型でもバイクでもセルで発進して変速しながら走ることも出来ます(トラブル時にどちらも経験、もちろんギヤ鳴りしないで)かなり緊張はしますが。

また余りハンクラを多用して居るとフライホイールのクラッチディスクの接触面が高熱になって歪みでも出れば修理も高額になりますから(煙が出たり何か焦げたような臭いがしたりする様なことを繰り返すと)どちらにしても慣れるまでは丁寧なクラッチワークをしてください、いくら何でもクラッチを傷めるのが早すぎますから(また現在も滑りが出ているとのこと調整が出来るタイプだと思うので早めにクラッチ調整しておかないとどこで自走不能に成るか解りませんよ)また年配の大型車の経験がある人がいれば聞いてみてください(回転あわせのコツなど、こればかりは私は文章では美味く書けないので)

ノークラ変速をする必要はないがそのくらいの気持ちで居ればクラッチを傷めることも無くなると思います(慣れない内にやるとミッションが心配ですからしないでね)知人にはクラッチ切れなくなっただけで自走不能と諦める人が多いけど私は簡単に諦めません(応急処置が出来ることもあるが滑って自走不能はどうにも出来ない)説教も覚悟して配車係などに伝えて調整などもして貰ってください。

上記はあくまで参考程度にしてください、ノークラ変速などS40年代のUDでも経験してないと出来ない人の方が多いと思うので(俗にダルマUDと言われていた、慣れないとWクラッチ使っても変速失敗するような車でした)当時は4トンなんてパワステも無かったのですよ。

3ヶ月でクラッチ駄目にしたら・・・かなりの半クラの使用頻度だと思いますよ、他の方の意見にも有るけど空車なら3速でも発信は良いけど(平地なら)積載状態なら2速で半クラは殆ど使わないで発信できるように(回転も低め、アイドリングより少しの所で繋ぎ始めてノッキングしない程度に離す、その後アクセルを踏み込む感じ)言葉を文章にしているのでイメージがわくか心配ですがジーゼルは低速トルクがガソリン車よりも有るのでアイドリングでクラッチを繋ぐつもりで良いくらい。
加速時は一瞬アクセルを緩めて...続きを読む

Qトラックはクラッチを一気につないで発進するって?

マニュアル教習で免許を取りましたが、ずっとATのみ運転してきました。最近、たまに4トンのトラックを運転するようになったんですが、発進する際 弱々しいトロトロとした 発進になってしまいしまいます 。トラックはアクセルをふかさずにクラッチをつないでから発進すると聞いていたんですが、半クラ→止めていたクラッチをゆるめる→動き出す→回転が落ちてしまう→エンストが怖いのでクラッチを完全にあげきる前にアクセルを踏み込むんで発進→クラッチを完全に離す→回転ばかり上がってスピードが出ないモタモタ というかんじになってしまっています・・・・.
アクセルの踏み込みのタイミングと踏み込む量が悪いのでしょうか?
それとそのうち今度は、発進する際、クラッチをあげてきてもグッとつながる感じがなくなり、つながる位置がわからなくなってしまうことがあります。
こんな運転をしたせいで、クラッチがすべっているということなんでしょうか?すべっているというよりクラッチのつながる位置が変わることがあるということでしょうか?クラッチの戻りが悪くなってしまったということでしょうか?
『トラックでは半クラッチを使わない。一気にクラッチをつなぐようにする。』というのをネット検索で知りました。一気に・・というのがよくわからないのですが。トラックやバスの運転手さんからの私の運転の診断と正しい力強い発進のコツのアドバイスをお願いします。

マニュアル教習で免許を取りましたが、ずっとATのみ運転してきました。最近、たまに4トンのトラックを運転するようになったんですが、発進する際 弱々しいトロトロとした 発進になってしまいしまいます 。トラックはアクセルをふかさずにクラッチをつないでから発進すると聞いていたんですが、半クラ→止めていたクラッチをゆるめる→動き出す→回転が落ちてしまう→エンストが怖いのでクラッチを完全にあげきる前にアクセルを踏み込むんで発進→クラッチを完全に離す→回転ばかり上がってスピードが出ないモタモタ...続きを読む

Aベストアンサー

>『速度に連れてクラッチを更につなぐ』・・・
>なるほど、私はつながりかけで、アクセルを踏み込んでいたんですね
>完全につながるまでのタメがたらないということでしょうか?

ですね、その運転ですとクラッチの寿命が半分以下になります。アクセルを踏み足すのを我慢して、完全にクラッチがつながるまで待つ。
乗用車に比べて加速が鈍いのでついつい焦って踏みたくなりますが、ぐっと我慢で。
結局、半クラでアクセルを踏み足すと、より高い速度まで半クラッチ状態を継続しなくてはいけないので。
クラッチがつながりかけの時に一瞬回転が下がりますよね。そのほんの少し回転が下がった状態で速度が乗ってくるのを待ちましょう。
空き地か安全な構内で、3速でクラッチペダルのみの操作で発進の練習をしてみてください。アクセル踏まずにアイドリングでも発進出来ますよ。

Qバックギアが抜けなくなります

こんにちは。

タイトルの通りなのですが、昨日あたりから突然、50%くらいの確率でバクッギアが抜けなくなります。

それに加え、バック時はクラッチを踏んでいてもエンストしてしまう時があります。

前に進むのは何の問題もなくできるのですが、バックの時は上記のことが起こります。

パッと思いつく原因としては、プラグケーブルをいわゆる「パワーケーブル」に変えましたが、まさか原因はこれ?

確かに変えたとたん、いつものクラッチ操作でバック時にエンストするようになりましたが、この二次効果(というか影響)でしょうか?

とりあえず、来週末にでも点検に行こうと思いますが、何か対処法をご存知の方がいましたらご教授いただければと思います。

クルマはFF/1.5L/5MT/国産です。

説明が足りない部分もあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギアが抜けないときにエンジンをきるとすぐ抜けるようになるなら
まずクラッチが原因です
ワイヤー式のクラッチで、なんか変だなと思った数日後
ワイヤーと車体をつなぐ部分が破断してクラッチが切れなくなったことがありますが
そのときと症状は似ています
(そのとき抜けなくなったのは3速ですが)

Q半クラによる故障 修理代金80万請求されています

素人の質問になり、意味難解な説明になるかと思いますが、
ご教授いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

先ほど家族より、「先日会社の車を壊してしまい、修理代を請求されることになった。」と連絡がありました。

一週間ほど前に、会社の軽トラックを運転中に、半クラ?のしすぎ?で
クラッチ?が壊れてしまい、動かなくなり修理することになったようです。
その修理代金が80万ほどかかる。
でも、会社のなじみの車屋に依頼したため、格安でしてもらい30~40万ですむことになった。
会社としては、あまりにも損失がある為、修理代を請求する。という流れになったようです。
30~40万全額とまでいかないが、金額についてはまた連絡する。
と言われたようです。

質問ですが、このような修理で80万もし、しかも値引きで半額になり、そのようなことがあるのでしょうか?
最終的にはもちろんお支払いするつもりですが、なんとなく疑問を感じ、質問させていただきました。

つたない説明、乱文ですが、お詳しいお方いらっしゃればアドバイスお願いいたします。

最後までありがとうございました。

素人の質問になり、意味難解な説明になるかと思いますが、
ご教授いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

先ほど家族より、「先日会社の車を壊してしまい、修理代を請求されることになった。」と連絡がありました。

一週間ほど前に、会社の軽トラックを運転中に、半クラ?のしすぎ?で
クラッチ?が壊れてしまい、動かなくなり修理することになったようです。
その修理代金が80万ほどかかる。
でも、会社のなじみの車屋に依頼したため、格安でしてもらい30~40万ですむことになった。
会社として...続きを読む

Aベストアンサー

ものすごい反響ですね
No-11さんの言うことは最もと思います。
再確認されることをお勧め致します。

東南アジアのM国では、会社が雇用していて、仮に無謀な運転で車を壊しても、個人が支払うことには絶対になりません。
 事故の責任は法律的に運転者が罰せられ、後は自動的に保険で解決します。

 中国でも、会社が車の取り扱いが不備と認めて、このような請求はありえません。
M国でも中国でも即刻50人以上集まってきて、暴動が起こるでしょう。

 世界的に見ても保険はなんの為に有るか、高額の修理が必要なものは現在の車では皆無でしょう。
 クラッチを滑らして破損させたと言うもので、高額な修理が必要なものが考えられるのは、多分潤滑油を長期間交換せず、異常にオイルが少なくてエンジンの破損に及んだものを、会社は従業員に対してクラッチ破損のみを伝えたものとも予測ができます。

 何れにしても雇用者は従業員に対して雇用による指導があり、それを総称して雇用責任と言います。

 後進国でも一緒

 日本には、その様な住民通しの鉄則がないから、先進国であっても網の目から漏れた事件事故が多いようですね。

 アジアでは、街頭で女性に悪戯したりした者が居ますと、周りから黒山のように人が集まってきて女性を助け、悪戯したものはぼこぼこにされます。

 中国でも同じ。

 日本人は紳士過ぎて自己防衛力が非常に疎いようですね。

 アジア及び中国ではストーカーなど考えられない。
 ストーカーを行ったら、回りから住民が集まってきて、ぼこぼこ、やった者は一生住民に監視されるか、乞食になる以外には無い。

 日本人には男性が居ないようですね、非常に弱い。

 オー日本は住みにくい。

 Oh my god

ものすごい反響ですね
No-11さんの言うことは最もと思います。
再確認されることをお勧め致します。

東南アジアのM国では、会社が雇用していて、仮に無謀な運転で車を壊しても、個人が支払うことには絶対になりません。
 事故の責任は法律的に運転者が罰せられ、後は自動的に保険で解決します。

 中国でも、会社が車の取り扱いが不備と認めて、このような請求はありえません。
M国でも中国でも即刻50人以上集まってきて、暴動が起こるでしょう。

 世界的に見ても保険はなんの為に有るか、高額の修理が必要な...続きを読む

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qバックギアになかなか入らない! (MT車)

三菱GTO初期型に乗っています。

最近中古で購入したのですが、バックギアになかなか入らなくて非常に困っています。
1~5速はスコスコ、スムーズに入るのですが、バックギアに入らないときは気合でも入りません。。

気まぐれなのか、入るときはスコッとはいるのですが、入らないときは

ゆっくり入れる×
素早く入れる×
何回か連続で入れようとしてみる×
ニュートラルでクラッチを繋いで再度挑戦×
少し前進して再挑戦×

この前立体駐車場で本当に困りました。。
周りの方はMTのギアが入らなくてピンチ状況をわかってくれないみたいで、クラクションが飛んできます…

ミッションオイルはザーレンの物に最近交換しています(デフオイル等も)

なかなかバックギアに入らないときは、なにかコツ等あるのでしょうか…?

Aベストアンサー

ミッション車は初めてですか?
GTOに限らず良くあることです。

1、一旦ローに入れる。
2、バックに入れる。
3、スコーンと入る(笑)
です。

これでもだめなら…オーバーホールしてください。
って言うか、クラッチ踏んでおられますよね??(爆)

Qクラッチの遊びって何?クラッチの消耗とどういう関係が?!

クラッチの遊びとはどういう意味でしょうか?
また、クラッチの遊びとクラッチの消耗とは関係があるのでしょうか?
ex)クラッチの遊びが減るとクラッチが消耗してきた?など…。

Aベストアンサー

 一般的なクラッチは摩耗(消耗)するとクラッチの遊びが少なくなります。

 これを説明する構造モデルとして、家の2階から紐の先にバケツを付けて手で持ちます。
 このとき、手を一番下まで持っていった時にバケツは地面時接触して少し「遊び」がある状態とします。
 そのまま紐を引けば(クラッチペダルを踏む)紐(ワイヤー)の「遊び」が無くなり、バケツは地面から浮き上がり(クラッチが切れる)ます。

 しかし、長年使ってバケツの底が減って(クラッチ板が減って)しまうと、その分は手からバケツの底までの長さが減ってしまうので、「遊び」が減ります。
 進行するとバケツの底が接地しなくなります。

 実際のクラッチとは違いますが、構造の本質的なところは同じです。


 また、逆に遊びが増えることもあります。

 その理由として、クラッチ板に過大な熱が加わり変形してスプリングのようにたわんでしまい、クラッチ板の見かけの厚さが増加しているからです。

 先ほどのモデルで説明すると、バケツの底が熱で変形して伸びた状態です。 底が伸びれば全体の長さが増えるので、遊びも増えます。

 一般的なクラッチは摩耗(消耗)するとクラッチの遊びが少なくなります。

 これを説明する構造モデルとして、家の2階から紐の先にバケツを付けて手で持ちます。
 このとき、手を一番下まで持っていった時にバケツは地面時接触して少し「遊び」がある状態とします。
 そのまま紐を引けば(クラッチペダルを踏む)紐(ワイヤー)の「遊び」が無くなり、バケツは地面から浮き上がり(クラッチが切れる)ます。

 しかし、長年使ってバケツの底が減って(クラッチ板が減って)しまうと、その分は手から...続きを読む

Qトラックのシフトチェンジ(バックに)がしに難くなりかけ?

宜しくお願いいたします。分かり難くて申し訳ありませんが、

たまにですが、クラッチを踏み込んで、バックに入いりません。もう一度踏み込んだら、やっとバックに入ります。

私のトラックの乗りかたが悪い部分を推測できる範囲で教えてください。また、これからの注意点を教えてください。

Aベストアンサー

ご質問文を読ませて頂いた限りでは、
お車(トラック)にも異常はないようですし、ご質問者様の運転方法も間違っていないでしょう。

一部スポーツカーなどには、(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-5speed-gears.gif)の図の様に、リバースギアーにもシンクロが入っている車もありますが、通常は、リバースギアーにはシンクロは付きません。

よって、(http://auto.howstuffworks.com/transmission3.htm)の上の図、「ギラギラ動いている図」のように、リバースギアーは歯車が直接噛み合ったり離れたりするタイプのものも多いです。(通常はこのタイプ)

「歯車」は、イメージ付きますね?(http://science.howstuffworks.com/gear2.htm)山と谷とが噛み合って、歯車として噛み合う訳ですね。
リバースギアーの場合、上図「ギラギラ動いている図」のように、スライドさせて側面から歯車同士を離したり接続したりさせなければなりませんので、(http://static.howstuffworks.com/gif/gear-spur.jpg)の図のように側面は真っ平らではなく、入りやすいように側面も山状にとがらせてあります。(また、前進時にはリバースに入り難いように、はじき飛ばす形状にもしてあります。)

この、側面の山の、丁度、頂上と頂上とが重なり合って同じ位置に来てしまった時に、山頂上同士がぶつかり合って それ以上進まないことがあります。この状態の時に、「リバースギアーに入らない」 ということになってしまうのです。

よって、確率的には、必ず何回かに一度は起こることですね。


もし、ギアーが、
(http://static.howstuffworks.com/gif/gear-spur.jpg)
の図のようになっていたら、
それこそ、何度やってもギアーは入らず、20回に1度位しか入らないことでしょう。
しかし、この側面を山形状にすることで、ほとんどの場合でギアーが入るように工夫されているのですね。
それでも、100発100中とはいかず、数回に一度はどうしても頂上同士が重なり合ってステイしてしまうのです。

新車でも起きることですね。

この側面の山形状頂上付近が削れて変形してきますと、頂上同士が接触した時に上手くすり抜ける可能性が減ってきて、結果、リバースギアーに入らない確率が増えることはあります。

また、極稀にですが、このギアーの山の一部が欠けてしまいますと、その部分との接続時には常にギアーが入り辛くなりますので、もし、「以前よりは あきらかに入り難い確率が増えた」というのでしたら、ギアー欠けを疑ってみて下さい。




入らない時の対処法も、正しいですね。

一旦ニュートラルに戻してからクラッチを繋ぎ、

再びクラッチを切ってリバースに入れれば、良いでしょう。

リバースギアーのエンジン側のギアーの位置をずらして、山の頂上同士が重ならない位置にしてやるのですね。



※同じ原理で、1速も時々入り難くなる車もあります。その場合も、同じ対処法で難なくクリアできます。

ご質問文を読ませて頂いた限りでは、
お車(トラック)にも異常はないようですし、ご質問者様の運転方法も間違っていないでしょう。

一部スポーツカーなどには、(http://static.howstuffworks.com/gif/transmission-5speed-gears.gif)の図の様に、リバースギアーにもシンクロが入っている車もありますが、通常は、リバースギアーにはシンクロは付きません。

よって、(http://auto.howstuffworks.com/transmission3.htm)の上の図、「ギラギラ動いている図」のように、リバースギアーは歯車が直接噛み合...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング