はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

これまで何の異常もなかったのですが、さっき運転中に突然MT車のギアが入らなくなってしまいました。
クラッチペダルをめいっぱい踏んでも一速やRに入りません。エンジンを切ると簡単に入るので、とりあえずそれで一速に入れてエンジンをかけ、後はダブルクラッチのように?回転数を合わせて無理やりシフトアップすれば入る状態です。
あと、クラッチペダルを踏んだときに何か引っかかっているような違和感があります。
メカに弱いですが、やっぱり故障したのでしょうか。ディーラーまで持っていくのも大変ですが、上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ(悪化しないでしょうか)。
ちなみに車種はアクセラ15Fです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

mtの車」に関するQ&A: 軽自動車のMT

A 回答 (4件)

>やっぱり故障したのでしょうか。



故障です。
しかし、クラッチ(ディスク)板など重要で高価な部品の故障ではありません。

>上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ(悪化しないでしょうか)。

そのままの状態で走ると危険ですし、交差点では、非常に危ないです。
また、クラッチ本体を痛める可能性があります。

私も(他車種ですが)同じ経験があります。
私の場合、交換部品が無かったので3日ほど代車で過ごしました。
部品代・工賃・税込みで、1万円でお釣りがきました。(値引き有り)

通常だと、クラッチデスク、クラッチプレッシャープレート、クラッチレーリーズベアリング、パイロットベアリング、レリーズレバーの交換です。
私の場合、クラッチプレッシャー関係が原因だったようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。安価な部品の故障とまで特定していただいて助かります。症状が最悪な分、ちょっとほっとします。いろんな部品があるんですね~。簡単に直ることを祈ります。

お礼日時:2008/06/12 00:01

こんにちは。



経験あります。(笑)

僕の場合は、クラッチホースの破裂でした。(ランティス Type R)

原因は違うかもしれませんが、車には良くないし危険です。
ディーラーを呼びましょう。

この回答への補足

お仲間ですね。(笑) やっぱりクラッチの故障ですね。諦めてディーラー呼びます。

補足日時:2008/06/11 23:35
    • good
    • 1
この回答へのお礼

間違って補足に書いてしまいました。改めて回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/06/11 23:55

クラッチにアソビはありますか?。


クラッチは減るとアソビが無くなります。
アソビが無ければクラッチディスクが減ったのでしょうね。
調整でアソビが出ればOKですが、調整できないほど減ってればクラッチディスクの交換です。

今の状態で使用するといずれミッションを壊しますよ。
ディーラーや修理工場に連絡し車を牽引して修理に出しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アソビとは踏んでない状態から半クラまでの距離でしょうか。さっきまでは普通だった気がします。特に半クラからめいっぱい踏むまでの距離はもともと長めでした。あと、まだ初回車検前で半年に一回は点検に出していましたが、異常なかったはずですが。。。今は半クラもよく分からない状態です。クラッチペダルが異様に重いです。ついでにブレーキペダルも違和感があります。ディーラーに頼むしかなさそうですね。

お礼日時:2008/06/11 23:33

どこの故障か判断つきませんが、たぶんクラッチが切れなくなった?



>上記のようなギア操作して運転しても大丈夫でしょうかねぇ
ん~、クラッチの故障なら、きちんと回転数を合わせればギアには問題ないでしょうけど、少なからず負担がかかっていますし、万一ギアだったら悪化するでしょうからね~。

ディーラーに頼んで車載で取りに来てもらうのが一番かと思いますが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。やっぱり負担かかりますよね。ディーラーに頼んでみます。

お礼日時:2008/06/11 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qクラッチが切れない

本日1時間ほど車を運転後、車庫に入れようとしたら突然ペダルを奥まで踏んでもクラッチが切れなくなりエンストしました。

クラッチオイルが漏れたのかと思いましたが、特に減っていませんでした。

他にどのような原因が考えられるでしょうか?

Aベストアンサー

クラッチ板の異常か、クラッチオイルのチューブの中にエアーが入ってしまったためではないでしょうか?以前私の時にはエアー抜きをして一時的には直りましたが、すぐまた切れなくなりました。根本から直すには4万円位と言われました。

Q14万キロ走った車のギアが入りにくいのですが。

マニュアル車に乗っています。もうすぐ14万キロに
なろうとしていますが、ここ数ヶ月ギアの入りがスム
ーズではないんです。特に1速とバックが。
はじめはギアオイルかな?とも思いましたが、先日友
人を乗せて走ったところ友人の車も10万キロ超えて
いますがやはり同じようにギアの入りが悪いとの事で
す。

これってマニュアル車における部品の何かが消耗して
交換時期を向かえているのでしょうか?
それともギアオイルが劣化して入りにくいものなので
しょうか?ちなみにギアオイルに関しては車検の都度
交換しています。で、もうすぐ車検を向かえます。
よくクラッチ板の交換とかいいますがその辺も絡んで
いるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。不具合は実車を確認しないと何ともいえませんが・・・他の方々が回答していらっしゃる原因の他に、もっと根本的に点検して頂きたいことは、クラッチの遊びはちゃんとありますか?油圧式の場合、オイルが漏れていたりするとギヤの入りが悪くなります。
 また、ミッションオイルが適量でいらっしゃいますか?それから、エンジンマウントが切れていたりして正規の位置を保持できなくなっていますか?コーナーで左右でギヤの入りが違ったり、前後に動くと変化があったりするとそのような場合があります。
 あとはミッション内のシフトフォークが曲がっていたりすると貴方のような状態になります。またメインとカウンター側のリバースギヤの間にリバースアイドルギヤがあり、その部品が不良の場合にも同様な症状になります。一速側にはシンクロがあり、リバース(バック)側には基本的にはシンクロはありませんので、1速とリバースが入りが悪いと言うことになると、別々の不具合が同時に起こっている場合もあります。
 基本的にミッション内の不良を疑う前に、車上で解る所から点検していくのが一般的ですし、そこで不具合が改善されれば、費用も安くなります。
 すぐにミッション(変速機)の不良を訴える自動車屋さんより、基本的な部分を最初に点検してくださる自動車屋さんのほうが信頼できますね。
 お店探しにもご参考にして頂けたら幸いです。
 あと、貴方のお車がどんな車種で何年式なのかがわかれば、同じお車に乗っていらっしゃる方が同様の症状で苦労されたお話なども聞けますよ。
 ご参考までに・・・

 こんにちは。不具合は実車を確認しないと何ともいえませんが・・・他の方々が回答していらっしゃる原因の他に、もっと根本的に点検して頂きたいことは、クラッチの遊びはちゃんとありますか?油圧式の場合、オイルが漏れていたりするとギヤの入りが悪くなります。
 また、ミッションオイルが適量でいらっしゃいますか?それから、エンジンマウントが切れていたりして正規の位置を保持できなくなっていますか?コーナーで左右でギヤの入りが違ったり、前後に動くと変化があったりするとそのような場合がありま...続きを読む

Qバックギアになかなか入らない! (MT車)

三菱GTO初期型に乗っています。

最近中古で購入したのですが、バックギアになかなか入らなくて非常に困っています。
1~5速はスコスコ、スムーズに入るのですが、バックギアに入らないときは気合でも入りません。。

気まぐれなのか、入るときはスコッとはいるのですが、入らないときは

ゆっくり入れる×
素早く入れる×
何回か連続で入れようとしてみる×
ニュートラルでクラッチを繋いで再度挑戦×
少し前進して再挑戦×

この前立体駐車場で本当に困りました。。
周りの方はMTのギアが入らなくてピンチ状況をわかってくれないみたいで、クラクションが飛んできます…

ミッションオイルはザーレンの物に最近交換しています(デフオイル等も)

なかなかバックギアに入らないときは、なにかコツ等あるのでしょうか…?

Aベストアンサー

ミッション車は初めてですか?
GTOに限らず良くあることです。

1、一旦ローに入れる。
2、バックに入れる。
3、スコーンと入る(笑)
です。

これでもだめなら…オーバーホールしてください。
って言うか、クラッチ踏んでおられますよね??(爆)

Qクラッチの交換時期

マニュアル車のクラッチの交換時期についてお伺いします。

「マニュアル車のクラッチは、どんなに上手に繋いでも6~7万キロもすれば滑り始める。その結果、交換することになる」という話を聞いたことがあります。

しかしその一方、「10万キロくらいは平気で使えるよ」という話も聞いたことがあります。車の使用状況や運転者の技能にも大きく左右されると思うのですが、どちらの説が正しいのでしょうか?また、滑り始めの兆候や、滑っている・滑っていないのチェック方法をお教えいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

No.6の者です。
半クラを使わないと言っても全く使わないわけではありません。
しかし、シフトアップ時なんかは、
タコメーターを見て回転を合わすようにしてポンと繋いでいました。

それから、サイドブレーキを引いてのチェックは
もちろんテストの時だけです。
日常的にするのなら、寿命も縮むでしょうが数回位では全く影響ないです。

実際、テストした私が16万キロ走行後も全く滑らなかったわけですから・・・
乗り換えた理由は他のクルマに乗りたかっただけで
クルマ自体は絶好調でした。

ちなみに、クルマはホンダのスポーツ系でした。(高級車ではありません。)

QMT車のミッショントラブルについて教えてください。

ランサーエボリューションVI RS 60000km マフラー交換以外ノーマル に乗っています。

今日夜間走行中、違和感のある軽い何か踏んだのかなと言うシャリっと音(おそらく偶然そういう音がする何かを踏んだだけだとは思いますが・・・。)がした後、100m程走ったところで赤信号で停車しました。

再発進しようとクラッチを踏んだところ、普段よりペダルが重く完全に違和感があり何度か確認のため踏んだところ、やはりかなり重い様子。

次にクラッチを踏んでシフトでギアを入れようとしたところ、シフトレバーは普通にどのギアの方向にも動きますがどこのギアにも全く入らず(通常走行中に回転が全く合っていないのにクラッチレスで無理やり入れようとした時の様な感覚)発進ができませんでした。

エンジンがかかっている状態ではクラッチを踏んでもどこにもギアは入りません。切るとギアが入り、入れたままクラッチを踏んでエンジンをかけるとクラッチを踏んでいるのに発進するかストールします。あとのパターンの場合、クラッチを目一杯踏んでいるためギアを抜いてニュートラルにするには無理やり引き抜くしかない状態です。


不可解なのが、ローダーで移動し、3時間後少し車を移動しようとした際、再度確認しようとしたところ、何の問題もなく普通に走行しました。広い駐車場内、全く何の問題も無い普段と変わらない状態で走行可能です。

シフトレバーをニュートラルにしてサイドを下ろせば、押すと車両は動きます。

今まで違和感は何もありませんでした。クラッチが滑っている等の症状もありません。

500kmほど前にクラッチフルード(DOT3)を交換しています。


この場合、原因はどこが考えられるでしょうか。何か分かることがございましたら教えていただけると幸いです。

ランサーエボリューションVI RS 60000km マフラー交換以外ノーマル に乗っています。

今日夜間走行中、違和感のある軽い何か踏んだのかなと言うシャリっと音(おそらく偶然そういう音がする何かを踏んだだけだとは思いますが・・・。)がした後、100m程走ったところで赤信号で停車しました。

再発進しようとクラッチを踏んだところ、普段よりペダルが重く完全に違和感があり何度か確認のため踏んだところ、やはりかなり重い様子。

次にクラッチを踏んでシフトでギアを入れようとしたところ、シフトレバ...続きを読む

Aベストアンサー

クラッチが切れていない症状。
クラッチを踏んでも切れていないので、ギヤを入れられない。
エンジン停止時にギヤを入れて始動すると発進するかストールする。

クラッチへの伝達経路の不具合。
クラッチ板やミッション自体の不具合では無いと思う。

クラッチが動作しなくても、
動いている状態であればギヤと回転数を合わせれば、
シフトチェンジは可能。

Qクラッチ板交換の費用は?

最近,エンジンの回転数が異常な上がり方をするようになりました(インプレッサMT).
ディーラー工場で見てもらったところ,恐らくクラッチ板ではないか,と.
そしてその費用が8万強かかるというのですが...

そんなにかかるものですか?
いくらディーラーといえど,8万は高すぎるような気がするのですが,相場はいくらくらいでしょうか?

Aベストアンサー

妥当な線だと思いますが・・・。
エンジンの回転数が異常な上がり方をするようになりました。
これって、アクセルを踏み込んだら車速よりも先に回転が上がってしまうっと言うことですよね??
デしたら、クラッチ板の滑りだと思われるのですが・・・。
もし、違う症状でしたら、他に原因があるかもしれません。
さて、費用はクラッチ板3000円程度、クラッチカバー15000円程度、レリーズベアリング2000円程度
と大きな交換部品は全部で20000円程度となります。
後、雑品で10000円程度??
クラッチ板を交換するにはエンジンかトランスミッションのどちらかを車体からおろさないと行けません。
これがかなり大変な作業で、工賃も高くなります。
参考にエンジン脱着時間8時間時間、単位工賃8000円としても64000円となってしまいます。
部品とあわせると約10万円となるので、8万円位なら安いのかもしれません。
ご参考までに。

QMT車でトランスミッション交換が必要はご臨終か?

MT車で、トランスミッションの交換が必要だというのはマイカーの終わりですか?
とにかく、私は直したいです。

インプレッサスポーツワゴン:100馬力、11年目
走行距離:185500km

この4月に車検を通した。
サスペンションの交換を行った。

中古品のトランスミッションで17万円。(65000km使用のもの)
だと正規ディーラーから話しがあり、数日後直す予定です。

貯金は70万円ありますが。

マイカーでの年間走行距離:25000KM

4年前に、一度「クラッチとタイミングベルトを交換済み」・・・・・・・当時の走行距離:89000km

Aベストアンサー

修理後に、やっぱり買い替え。。なんていわないなら 修理して乗れば? 

17万円では軽自動車も難しいし、預金と相談してとりあえず修理でしょう。
この修理だけで2年乗れるならいいと思います。

仮にこれからの修理も含めて総額50万円出費としても、5年以上乗ればそれはそれでいいと思います。
それだけの価値を見出せる車ならもったいなくはありません。

そこらあたりで判断してもいいかもしれません。

QMT車のギアが入りにくい

マツダのラピュタ(軽自動車)に乗っていますが最近マニュアルのシフトが硬い(入りにくい)ような感じがします。14年式で初回点検3000KMの時に交換して以来ミッションオイルとデフオイルは交換していません。
現在の走行距離は2万KM越えた辺りです。
ミッションとデフの交換サイクルはどのくらいでしょうか?
そもそも、交換は必要なのでしょうか?
それとも、ミッションの入りが硬いのは気のせいでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ミッションオイルは経年劣化すると柔らかくなるので、シフトが硬くなるということはないです。
(新品交換で硬くなります)
デフオイルもそうですが、取説に必須の交換時期が記載ないなら、入ってさえいれば本来は機能する油です。

クラッチの切れ調整をしても硬いのであれば、シフトリンケージのジョイントブッシュの劣化の可能性もあります。
これが切れると微妙にシフトが動きにくくなります。
ミッション後端とシフトレバーをジョイントしている小さな部品で、シフトレバー全体を外して持ち上げると付いているはずの物ですが、
まれに劣化で無くなっている場合もあるので、確認してみる価値はあるかも。
(部品だけなら数百円です)

Qクラッチの使用限界の見極め方は?滑り?異音?

半年・5000km以内で廃車にする予定のMT車(CD5W)に乗っています。
クラッチペダルをかなり戻さないと半クラッチにならなくなったので、何かしらの整備が必要になってきました。
しかし磨耗したクラッチ(プレート?ディスク?)を交換するとなると、近いうちに廃車にする自動車に対しては不経済な投資になります。
クラッチの調整などで延命させることはできないのでしょうか。

現在は滑りや異音といった症状はありません。
教習所に通っていた頃、半クラッチにすると「キー・・・」という金属的な音がする教習車があり、教官が「この車はそろそろクラッチを交換しないといけないんだ」と言ったことがありました。
こんな記憶もあるため、あわよくば「クラッチをペダル側で調整し、異音が出るまで延命することができるかも」と考えるにいたりました。

さて、磨耗したクラッチを調整し、延命させることはできるのでしょうか。
クラッチが完全に磨耗して使いものにならないと判断する基準は何なのでしょうか(減りを目視するしか無いのでしょうか)。
クラッチの調整ができるとして、費用はどの程度を見込まなければならないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

半年・5000km以内で廃車にする予定のMT車(CD5W)に乗っています。
クラッチペダルをかなり戻さないと半クラッチにならなくなったので、何かしらの整備が必要になってきました。
しかし磨耗したクラッチ(プレート?ディスク?)を交換するとなると、近いうちに廃車にする自動車に対しては不経済な投資になります。
クラッチの調整などで延命させることはできないのでしょうか。

現在は滑りや異音といった症状はありません。
教習所に通っていた頃、半クラッチにすると「キー・・・」という金属的な音がする教習...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言って、延命はする方法はありません。
あるとすれば、半クラッチなどクラッチに負担となる操作はしないことしかありません。
滑り出しが見られたら早期交換又は車をやめるの二拓です。

クラッチの調整ができるものは、そもそもが単なる遊びの調整でしかありません。
油圧式のクラッチには調整機能がないものがほとんどでしょう。
遊びの調整とは、クラッチペダルを踏んでクラッチレリーズフォークが動き出すまでの間の事です。
クラッチペダル側で調整する車もありますが、油圧の場合のクラッチペダル奥のクラッチマスターのアジャストロッドでの調整は聞きませんしやりません。

レリーズフォークが動き出しレリーズカラーがプレッシャープレートダイヤフラムスプリングを押込む(引張る車もある)ことにより初めてプレッシャープレートとクラッチディスクとフライホイールが離れて「クラッチが切れた」状態になります。

レリーズフォーク、レリーズカラー、ダイヤフラムスプリング間には僅かながらに調整ができない遊びはあるもののクラッチペダルとレリーズフォーク間の遊びに比べればほぼゼロです。

プレッシャープレートの動き量は決まっていますので、クラッチの滑り(繋がらない)は、
例えば手のひらを合わせて、合わせた間の隙間を1cmにした場合1cm以上のものをはさんだときには手から落ちませんが、1cm未満であれば落ちてしまいます。
手でしたら隙間を1cm未満にする事ができますので落ちる事を防ぐ事ができますが、プレッシャプレートの動き量は決まっていますのでそれ以上はクラッチディスクを押さえつけられなくなります。

また、油圧クラッチの場合、エアがかんでいたらクラッチマスターからの油圧がクラッチレリーズにうまく伝わらずクラッチレリーズの動き量が少なくなり、この話とは逆にクラッチの切れが悪い(切れがない)状態になります。
「滑り」とはまったく関係ないですね。

また、「滑り」の確認方法としては、「サイドブレーキを引いて云々」で行う場合は、乾いたアスファルト舗装の人のいない広い場所で行うようにしてください。何かあったら大変です。
私が確認する場合は、走行して確認します。
ローで全開加速後セカンドに入れず一気に4速あるいは5速に入れアクセルもほぼ全開にします。
滑る兆候のあるクラッチでしたら4速あるいは5速に入れて加速したときにエンジン回転だけ上がり車速が付いてこない症状が出れば間違いありません。
いずれにしても、できるだけ短時間で確認しましょう。
磨耗したクラッチディスクは薄くなっておりますので大きな衝撃などで、いきなりクラッチフェーシングがばらばらになる事もあります。

>クラッチの調整ができるとして、費用はどの程度を見込まなければならないのでしょうか。

冒頭にも書いたように調整については諦めてください。
クラッチが滑るというのは、クラッチディスクの磨耗と同時にプレッシャプレート自体も磨耗しますので両方とも交換になり、他にもレリーズカラー(ベアリングで作られている)、パイロットベアリングや磨耗具合によりレリーズフォーク、フライホイールの交換が必要になる場合があります。
トランスミッションの脱着をしなければなりませんし、FF車ですとミッションオイルも出てしまう(出ないようにする工具もありますが)ので、基本的にはミッションオイルの交換もする事になると思います。
金額的には、5万~9万くらいでしょうか。

結論から言って、延命はする方法はありません。
あるとすれば、半クラッチなどクラッチに負担となる操作はしないことしかありません。
滑り出しが見られたら早期交換又は車をやめるの二拓です。

クラッチの調整ができるものは、そもそもが単なる遊びの調整でしかありません。
油圧式のクラッチには調整機能がないものがほとんどでしょう。
遊びの調整とは、クラッチペダルを踏んでクラッチレリーズフォークが動き出すまでの間の事です。
クラッチペダル側で調整する車もありますが、油圧の場合のクラッチペダル奥...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング