プロが教えるわが家の防犯対策術!

NTT東日本の管理職になれる確率は同期の中でどのくらいでしょうか?

A 回答 (2件)

NTT東日本の全社員に占める管理職の割合ということでいいでしょうか。


推測でしかありませんが10人に1人、又はそれ以上だと思いますので、10%から15%程度ではないでしょうか。
    • good
    • 2

そういう事を一概に確率として数値化するのは難しいと思います。



つまり、それぞれの入社年での社会情勢や時代背景、また、管理職としての能力を持つ者の数でも違ってきますから、極端な事を言えば、管理者として能力が無いと判断されれば0%の時もあるかもしれません。
もし、入社間もない人の中でという事ならば、その考え方や「確率」として数値化するのはナンセンスであり間違ってる考え方だと思います(この場合の確率は結果であって、最初から考えるようなものじゃない)。
管理職、つまり昇進するという事はその努力と実績・能力を買われなければなれませんし、もしテストや試験で偶然管理職となっても職務を持続するのは難しいでしょう。
もし確率として出るとしたら、退職時か、入社から10年20年、それぞれ入社した者の年代別で算出する事はできるでしょう。
でも、それぞれの年代で数値は違いますので参考するようなものじゃないと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大体の年収等の目安を教えてください

質問1 大企業で、課長というのは、必ずなれるわけではないんですか?なれる確率というのは、何人に一人なんでしょうか?
また、40歳の大企業などの優秀な学生が入社したがるような企業の課長さんはどのくらいの給料をもらっているのでしょうか?50歳ではどうでしょうか?

質問2 大卒で大企業に入社しても必ず使えないなあという人は出てくると思います。いわゆる競争に負けた人、そうはいっても頸にするほどでもないという社員でも保証されている給料っていくら位なんでしょうか?

質問3 大企業の福利厚生やは公務員とも目劣りしないといわれていますが、どうなんでしょうか?また、大企業に入ると同僚との厳しい出世競争が待っているのでしょうか?また、公務員は出世競争は激しくないんでしょうか?

ちょっと面倒くさい質問なのかもしれませんけど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

他の会社は判りませんが、私の会社の例で回答させていただきます。
会社は一部上場の建設会社(いわゆるスーパーゼネコン)です。
建築業界はバブル崩壊後、極端に賃金レベルが下がりましたので、あまり参考にはならないかもしれません。

質問1
課長役職には限りがあり就けない人も多いのですが、対策として同待遇の「主査」職というのがあります。課長では無く仕事においては課長の部下になるが、給与面は課長と同等といった職階です。
大卒で総合職であれば通常入社後15~25年程度でなれます。高卒や現業職での入社の場合、社内総合職試験に合格すれば、経験年数に応じて同様になれます。
課長や主査の年収については年齢で相当違うのですが、40歳で概ね900~1000万円程度です。50歳ではその役職で相当違うのですが、参考までに部長や同等の「参事」で概ね1500~1800万円程度となります。

質問2
使えない社員は当然に存在します。当社はリストラしない方針なので、その手の者はごろごろしております。例えば総合職で役職の全く無い40歳位の者の年収は、当社の場合概ね800万円程度です。(現業職で600~700万円位)

質問3
福利厚生や給与については、大企業の方が公務員より遙かに上を行きます。私もそれが理由で公務員を辞めました。官民の人事交流制度で当社からも国土交通省へ出向や転籍した者が何人もおりますが、転籍の場合いつも給与が問題になります。40歳以上になってくると国の基準では払いきれない金額になってしまいます。よって年配者で希望する者は皆無となっております。
以上は低いと言われている建築業界の水準なので、電機・機械・自動車メーカーや金融などはもっと高額と思います。
出世競争については、一部の者は公務員だろうが民間だろうがあります。どちらも課長までは普通に仕事をしていればなれるでしょうが、課長以上になると、個人の能力よりも人脈が大きくものを言うのは同じでしょう。
私の会社で感じることは、若い者でもそこそこ給与がもらえるせいか、個人生活を犠牲にしてまで出世しようとするような上昇志向を持った者はいなくなったように思います。

他の会社は判りませんが、私の会社の例で回答させていただきます。
会社は一部上場の建設会社(いわゆるスーパーゼネコン)です。
建築業界はバブル崩壊後、極端に賃金レベルが下がりましたので、あまり参考にはならないかもしれません。

質問1
課長役職には限りがあり就けない人も多いのですが、対策として同待遇の「主査」職というのがあります。課長では無く仕事においては課長の部下になるが、給与面は課長と同等といった職階です。
大卒で総合職であれば通常入社後15~25年程度でなれます。高卒や現...続きを読む

Q課長になれる割合について

ちらっとインターネットで見て、驚いたのですが、
あくまで大企業での話らしいのですが、
大学卒業して、大企業に入っても
40歳で課長になれる割合は、26%で、
残りの70%は平社員のまま終わるとなっているのですが、
これって本当の話なのでしょうか?
(その記事は、業界によるとはなっていますが。。。)

何の役職もつかないで、そのままってあるのでしょうか?
この平社員って課長補佐や係長も含まれるってことですよね?

本当になんの役職もつかないまま、平社員で終わる割合って、
実際はどれくらいなのでしょうか?

もし、ご存知の方いましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

質問番号:6539875

Aベストアンサー

記事に書いてあるとおりです。

役職=部署の数ですよ?
しかも自分たちの代だけでなく、先輩も後輩もいる中で役職を取りあうことになるのです。当然、役職につかないまま引退される方が数多くおられますよ。かと言って、その方たち全てが能力が低いのではありません。そこを誤解してはいけません。例えば研究開発職。マネジメントというよりもスペシャリスト指向になりますよね?スペシャリストには通常役職はつきません。しかし、下手なマネジャーよりもよっぽどいい処遇・いい給料をもらいます。

役職に就くことが全てと考えるならば、マネジメント能力をしっかりと磨いてください。忠告しておきますが、単に部下だけをマネジメントすればいいというような甘い考えなら、諦めた方が無難です。自分の部署だけでなく、その上位部署、会社全体、業界全体、究極はいかに社会に貢献するか、部下だけでなくその家族も面倒を見るという覚悟がないと、真のマネジャーは務まりません。

そういう意味では、真の役職者はほんの一握りでしょう。
それ以外の役職者は「虎の威を借る狐」と言います。

Q昇格試験が納得できない

私は某1部上場企業の製造業の生産管理部門に勤務している40代半ばの中堅社員です。因みに最終学歴は大学卒です。

10年前に中途採用で入社以来、一環して工場の効率化と収益向上の為に取り組んできてました。例えば、海外進出に備えての海外物流拠点と物流ルートの構築、最適生産性に関して新規工場の立ち上げプロジェクト、昨年から取り組んでいる一元管理化と見える化への取組み、特に昨年からの取組みでは、関係部署の部長級にも説得しプロジェクトを立ち上げ、結果とし新一元管理システムが構築され、リーマンショック以前より在庫金額を約1億円削減させる事に成功しました。

それなのにです! 先日昇格試験に落っこちてしまいました。しかも階級は基幹職(課長)には程遠い基幹職の2段階前の階級です。

昇格試験は論文と面接があり、今年は論文は通ったのですが、面接でダメでした。そのダメだった理由が全く理解できないものです。

面接には冒頭に2分間スピーチがあり、その内容は事前に上司である部長(課長兼務)と面倒見のいい他部門の課長に意見を聞き、何度すり合わせ原稿をつくり丸暗記したものですが、スピーチ終了後の第一声として審査員の一人である人事担当者から、話された内容に階級に対しての役割がないと突っ込まれました。そんなこと言われるとは想定していない為、その場での反論として、階級にはとらわれず大きい目で収益向上に取組んでいますと咄嗟に回答をしました。結果はスピーチに内容が乏しく、しかも役割を理解していない事で失格となりました。

私は何回も原稿を読み返すも、キチンと内容に凝縮して含まれてると思っています。その結果に上司と協力してくれた他部門の課長も全く納得がいってません。何を基にそんな結果になるのか、落ち込むよりも怒りがこみ上げてきて押さえようがありません。

面接は受ける側が5名、審査員は全社から選ばれた課長10名です。確かに他の人はスピーチの中に、”その階級としての役割とは”と明確に口にし言ってましたが、私のスピーチにはその文言はありません。ただその分凝縮された内容と思っています。
私が思うに審査員である課長は私と同年代もしくは年下でかなりレベルが低いのではと思います。だから喋った内容が全く理解されず、その他の審査員も連鎖的にそう思ったのではないでしょうか?

全く納得のいかない中でモチベーションの上げ方が判りませんし、二度と受けたくもありません。落っこちたのは今回で7回目です。最初は3度目の正直と思い、今回は七転び八起きと挑んできましたが、現時点では七転八倒です、その次は十中八九駄目という気持ちにならざるを得ません。
この状況が納得できない限り、仕事を続けていく気持ちになれず、昨日から会社を調子が悪いと有給をとり休んでいます。

私の直属の上司は部長です。課内には私と同年で役職が2階級上(主事)の社員と今年の4月に他事業部から転籍してきた3階級上の基幹職(主査)がいますが、例えば事業部内であるが課外に対する書類などには、担当者XX主査、○○主事、責任者平社員の“私”と名前が記載されたもので提出し実行されています。
二人は会社の生え抜きですが、仕事ができないとの事で、私が今まで前を向く気持ちで頑張ってきましたが、もう限界です。人事はこのことは知っているのでしょうか?

今まで冒頭での効率化と収益向上に、10年間課の人間としてほとんど一人で取組んできましたが、その間昇格がない為、年齢給以外上がっていません。という事は全く評価されていないという事でとても悲しいし辛いです。せめて他の2名が私と同じ階級に降格されれば多少気が楽になりますが・・・。

因みに、この階級は30代半ばで通って行きます。私に他に何か重大な欠点があるかと思わざるを得ません。
みなさんの意見をお聞か頂きたく、お願い致します。

私は某1部上場企業の製造業の生産管理部門に勤務している40代半ばの中堅社員です。因みに最終学歴は大学卒です。

10年前に中途採用で入社以来、一環して工場の効率化と収益向上の為に取り組んできてました。例えば、海外進出に備えての海外物流拠点と物流ルートの構築、最適生産性に関して新規工場の立ち上げプロジェクト、昨年から取り組んでいる一元管理化と見える化への取組み、特に昨年からの取組みでは、関係部署の部長級にも説得しプロジェクトを立ち上げ、結果とし新一元管理システムが構築され、リーマン...続きを読む

Aベストアンサー

私も同様の年代で中途入社をしました。その会社では年齢がみな非常に若く多くは年下ということもあり、普通以上には昇格もできました。
文字通り実力主義の会社で、昇格もかなり厳格な選考がありました。

そういう経験から言うと、「落っこちたのは今回で7回目です」ということから、単なる選考担当者の能力不足や理解のなさとはいえないように思います。毎回同じ選考メンバーでもないでしょうし、中にはあなたの近くの職場の人もいることでしょう。1回か2回ならばそういう不幸もあるかもしれませんが、7回となると偶然とは言えません。

この際率直に上司に合格できなかった理由を聞いたらいかがでしょうか。
部長ならば選考結果を多分知っているでしょう。そこで何が不足していたかを教えてもらえないでしょうか。
選考は本当に面接だけで決まるのでしょうか。多分それ以外にこれまでの社内評価もかなりの影響を持っているのではないでしょうか。

ご自分ではプロジェクトなどでの実績に自信を持たれているようですが、周囲はそのような評価になっているのでしょうか。思っているほどには評価されていないということはないでしょうか。

中途採用がプロパーと同様に扱ってもらえないのはある程度は致し方ないことです。彼らとは人間関係の年数がまるで違うのですから。これは中途の場合は覚悟で入社しなければなりません。
それを上回る経験や能力で信用を確保していくものです。

これは個人的には辛いことかもしれませんが、このままではずっとこういう状態が続きそうです。
でもふてくされてはだめです。それは何の解決にもなりません。ここで何処かへ飛び出してもっと良い環境が得られる見込みがあるでしょうか。多分年齢的には無理でしょう。

そうであれば受験対策でも何でもとにかく落ちた理由を知って、次回こそは受かる工夫をするのが最善ですよね。

気を取り直してもう一度がん張りませんか。

私も同様の年代で中途入社をしました。その会社では年齢がみな非常に若く多くは年下ということもあり、普通以上には昇格もできました。
文字通り実力主義の会社で、昇格もかなり厳格な選考がありました。

そういう経験から言うと、「落っこちたのは今回で7回目です」ということから、単なる選考担当者の能力不足や理解のなさとはいえないように思います。毎回同じ選考メンバーでもないでしょうし、中にはあなたの近くの職場の人もいることでしょう。1回か2回ならばそういう不幸もあるかもしれませんが、7回となる...続きを読む

Q会社の昇格試験ってどんなの?

もちろん、企業によって違うのでしょうがどういう問題が出るのでしょうか?
年に1度の試験なのに、知人が何度も(4回ぐらい?)落ちているので、いったいどんな試験なのかなと・・・?

また、どういう勉強をすれば合格できるのでしょうか?できれば具体的に教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
ランクによってレベルがぜんぜん違います。
最近は、肩書きがどんどん減る時代ですので、昔風に言いますと、
主任は、入社4年ぐらいが目処で、推薦のみ。
係長クラスは、主任暦4年が基準で、推薦されて、筆記試験のみ。
管理職試験は、係長暦が4年が目処で、推薦、筆記試験、適性検査、論文、役員面接と盛りだくさんです。
晴れて通れば、後は、昔はやはり4年が目処で次長部長とありましたが、今は、じっくりそのままの方もおれば2年で一挙に部長もありです。

そこで、試験内容ですが、時事問題、一般教養、専門知識等がいっぱい入っていますが、うちの場合、試験の少し前に行う研修のテキストからけっこう出ます。

ちなみに、私が受けた昔の管理職試験には、日本3大名所や庭園、世界の3大宗教など今では考えられないのどかな問題が多くありました。
今は、新聞を読んでじっくり時事問題を頭に入れ、自分の意見を持たないと通らないと思います。

QNTTとNTTコミュニケーションズとNTT西日本の違いを教えてください.

NTTとNTTコミュニケーションズとNTT西日本の違いを教えてください.
採用面接に聞かれそうなのですが、普段何気なく使っているのですが、会社としてのそれぞれのはっきりした区別がわかりません。よろしくお願いします

Aベストアンサー

No.5がまとめているのが詳しいですが、今はずいぶんとサービスが増えているため、かなり微妙になってきています。重要なポイントは、

NTT:
持ち株会社であり、グループ全体の舵取り(経営方針の決定など)と研究部門のみの会社であること。
直接営業などを行なって利益を上げるのではないこと。

NTT東西:
日本電信電話株式会社法(いわゆるNTT法)によって規制がかけられる対象の会社であること。
基本的には県内通信のみを許可されている会社ですが、一部のサービス(フレッツ・グループアクセス、フレッツ・オフィス、ひかり電話など)では県間通信にも進出していること。

NTTコミュニケーションズ:
NTT法によって規制をうけない会社であること。
基本的には県間(長距離)通信、国際通信を対象とした会社ですが、マイラインサービスの導入時に県内通信にも進出しました。

大きな分類としてはNTTは持ち株会社としてコントロールをする会社、東西とコミュニケーションズは県内/県外および国際で分けられましたが、その後サービスが増えるにつれてその枠組みがあいまいになってきているということですね。
また、大きな違いとして日本電信電話株式会社法の規制を受けているかどうか、があります。

No.5がまとめているのが詳しいですが、今はずいぶんとサービスが増えているため、かなり微妙になってきています。重要なポイントは、

NTT:
持ち株会社であり、グループ全体の舵取り(経営方針の決定など)と研究部門のみの会社であること。
直接営業などを行なって利益を上げるのではないこと。

NTT東西:
日本電信電話株式会社法(いわゆるNTT法)によって規制がかけられる対象の会社であること。
基本的には県内通信のみを許可されている会社ですが、一部のサービス(フレッツ・グループアクセス、フ...続きを読む

QNTT東日本に勤めると

私は学部卒でNTT東日本に技術職就職したいと考えております
しかし、学部卒でNTT東日本に勤めると
研修後は支店に配属されるのでしょうか?
もし配属されたならば支店ではどのような仕事内容があるんでしょうか?

Aベストアンサー

前年度に就職をしたOB/OGから話を聞いた方がいいのでは?
学校に就職課などがあれば連絡先とか調べられるかも。

Q院卒はSEより研究・開発職になるべきか

こんにちは、理系学生の者です。私は現在4年生で修士課程まで進学する予定でいます。

情報通信の分野に大変興味があり、特にITアーキテクトやITコンサルタントになりたいと思っています。

調べてみると、キャリアパスとしては
「プログラマ→SE→ITスペシャリスト→プロジェクトマネージャ」のようなものがあるそうです。


しかし、一方で「SEは文系でもなれる職業」「院までいってSEは負け組」などという意見も聞かれます。


確かに、現在学んでいる専門知識を活かせるのは研究職や開発職なのかもしれません。しかし、SEのほうが研究職よりもキャリアアップが図りやすいというイメージがあるので大変魅力的に感じています。
また、給料の面でも技術だけを売りにしている研究職よりも、マネージメント力も兼ね備えたSEのほうが将来的には高給取りになる気がしています。



そこで以下のような質問があります
・実際に給料がいいのは(将来的なキャリアアップも考えて)SEと研究・開発職のどちらなのでしょうか?むしろ職種より入る企業名のほうが重要なのですかね?
・私の想像しているSEというのは幻想なのでしょうか?(実は、ITコンサルなんてできるのはほぼゼロでほとんどが使い捨てられているとか)
・逆に、研究・開発職は私が想像するほどネガティブな職種ではないのでしょうか?(キャリアアップの方法はちゃんとあるとか、技術力以外でも評価がされることがあるとか)


いろいろな情報があり、なにが正しいのかよく分かっていないのが現状です。上記以外のどんな些細なことでもいいのでなにかありましたら回答よろしくお願いいたします。

こんにちは、理系学生の者です。私は現在4年生で修士課程まで進学する予定でいます。

情報通信の分野に大変興味があり、特にITアーキテクトやITコンサルタントになりたいと思っています。

調べてみると、キャリアパスとしては
「プログラマ→SE→ITスペシャリスト→プロジェクトマネージャ」のようなものがあるそうです。


しかし、一方で「SEは文系でもなれる職業」「院までいってSEは負け組」などという意見も聞かれます。


確かに、現在学んでいる専門知識を活かせるのは研究職や開発職なのかもしれませ...続きを読む

Aベストアンサー

まあ東大の大学院とか出ると、東芝とか日立とかの研究所に行きますよ。確実に高給で将来も約束されてます。それに会社内だけでなく、外部に対してコネクションが出来ますから、本を書くとか海外の大学で教えるとかの道も出来ますね。

ただ僕の知ってるその手の人たちは、人間としてどうなんだろ?って人が多いです。初めから社会的「ウケ」を狙って仕事してるんじゃないの?。実際現実はあなたではやってけないよ?と云うようなひとが多いですね。

ただ正しい理論と正しい方式を考えるのが彼らなんで、そういう人が居ないと世の中バラバラに動いてしまうでしょう。現実だけで動いてると全体は見えないですから。

SEは今不足してます。実はプログラマとコンサルばかり増えて。技術的に仕切れる人が居ない。プログラマがSEになんてなれないですからね。人種が違う。日本の会社は年齢でエスカレーションさせてるだけで、どうしようも無いSEばかり。そのあとは営業に回してコンサルという名刺を作る。そんなもん無意味ですよ。

結論から言うと大企業の研究所に入った方が日本ではまだまし。その下のIT業界は特に中小は腐ってます。入るならNTTデータとか野村総研ぐらならまだ見込みがあります。

両方に云える事は、英会話がきちっと出来なければそこで終わり。今の請負先も下請けも海外が主体ですから。それにマネージメント理論とせめて内部統制理論を身につけましょう。海外ではITをやるには当たり前の事なので。

まあ東大の大学院とか出ると、東芝とか日立とかの研究所に行きますよ。確実に高給で将来も約束されてます。それに会社内だけでなく、外部に対してコネクションが出来ますから、本を書くとか海外の大学で教えるとかの道も出来ますね。

ただ僕の知ってるその手の人たちは、人間としてどうなんだろ?って人が多いです。初めから社会的「ウケ」を狙って仕事してるんじゃないの?。実際現実はあなたではやってけないよ?と云うようなひとが多いですね。

ただ正しい理論と正しい方式を考えるのが彼らなんで、そういう...続きを読む

Q東大や早慶でても大企業に就職するのは上位二割程度

って本当ですか?東大でても中小企業に就職したりするって本当ですか?逆にマーチとかで大企業に就職したりするというのも聞いたんですが本当なんでしょうか?何か質問ばっかりですいません。東大や早慶でたら人生安泰だとばかり思っていたので信じられなくて・・・・

Aベストアンサー

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きましたけどこういう人はけっこう多くいます。
早慶も同様です。
「絶対に就職」と思ってる人はそうそう多くないです。上位大学でも色んな人がいます。

次いで
1と関連するんですが、今って価値観は変わって来てる。
大企業や大金に対する嫌悪感の方が強い。正直、欧米の方がそうなってますね。
凄く優秀な人が国際公務員を蹴って小さい会社を立ち上げたり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
そこにゴールドマンサックス1年で辞めて蹴って入る人がいたり(わずか数人の会社ですよ)そういう感じです。
甘い部分もあるんですけど、NGOや中小などを最初から志望する優秀な人もけっこういます。


最後ですが、環境の変化が起こった、と言うこと。
前提として
1、大企業に入ること自体は難しくない。
大企業とは「300名以上」ですからここに入るの自体、偏差値60以上の大学生からすると、別に難しくない。東証一部上場企業も2000社もあるし、そんなに難しくない(その上、財務省やサントリーやゴールドマンサックスなど上位企業は上場してません)

2、上司は高卒
ギャグみたいな話ですが、いまの公務員人気はこの20年で起こったことで、それ以前はまるで人気がなかった。だから地方の市役所は京大なんかの帝大卒も多いですが4,50代なんかの上の世代は人気が無かったので4,50代はふつうに高卒です。いや本当に。どの企業もそういう部分ありますよ。

3、国力の低下
やっぱり1960-1990のわずか30年間だけど、日本国自体が右肩上がりだったし、人口比で見ても
大学生はエリートだったんだと思うんですよね。優秀だけども高卒や短大卒でって人も多かったし、彼らはその現実を受け入れるしかなかった。でも今は人口比で見ても、日本のエリートと呼ぶには届かなくなってると思います。供給量は拡大したのに、需要が減ってる。
そりゃあぶれる奴は出ますよ。

4、企業サイドの姿勢の変化
上記1,2,3を踏まえ企業はシビアになってる。
正直、海外営業なんて腐るほどいたし、売れるもんだから大量に営業を採った。営業もふつうにしてたら売れた。でも今は売れないわけで、システムを組み替えることと、あと根性系も残ってる。
で、理系(念のため行っておくと僕はド文系)、や専門職(医師や、弁護士や海外経験)の需要が高い。
JALのCAは契約社員で、三菱商事の一般職は派遣で、と労働者側から見ればキツイ、最悪な、株主や企業からすると利益を確保できる最高のシステムになってる。
こういう厳しい状況だから、過去の形式上新卒ののシュウカツはなくなって、欧米並みに難しくなってる。
欧米の場合は、あくまで専門性が重要で、「大学でどれぐらい勉強したかを発表する場」なんだから軸はカンタンなんだけど、日本はその辺が曖昧だから、じぶんの立ち位置に苦しむことが多い。

有名大を出てる=専門性があるわけじゃないってのは企業もわかってるし、その辺のギャップ(自己評価が高すぎる)と落ちる。
アマゾンでネット注文して3日で届く自体に、1つ1つの作業がのろい奴は落ちる(サービスを享受する時は安さやスピードを求めてるのに、自分がやる側になったらやりません、できません、っておかしいでしょ)。

東大早慶は、ある程度は受かりやすい。少なくとも書類とか、1次とかは受かりやすいと思う。
でも2次以降はふつうに落ちるし、「おれ○大だからさあ」みたいな奴は落ちる(こういう奴ってあんまり優秀じゃないことが多いし、そもそもキモい新人とわざわざ仕事しなきゃならんのだよ)。
あと中小やngoに「私は利益優先型に疑問があってこういう所に来ました」みたいなかわいこちゃんも落ちる。中小でも利益を必死になって生み出してるし、ngoでも鬼のような姿勢と行動力で寄付や政府系援助をぶんどってなんとかかんとかで運営してることが多い。

つまり『有利な面もあるが、それは”山本くん家は高校から歩いて5分”ぐらいのメリットであり、あまり深く捉えすぎると大やけどする。先輩の進路などを見てれば、ある程度自分のことは推測できるし、限られた環境でできることを楽しみながら1つずつ行う、それしかない』です。

あとは優先順位が違う気がする。
僕はバイト先で中小大の奴がバイトや恋愛やファッションに頑張ってるなあ、と感じたけど、
学内では海外留学やインターン、サークルを頑張ってる人が多かった。
メンタリティが違う部分があると思うし、大企業は後者のメンタリティを持ってる傾向にあるから後者が有効になりやすい気がする。

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きまし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング