【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

レッドロビンが元気がありません・・・。

数ヶ月前になりますが、生垣用にレッドロビン(の仲間の、確かスカーレットパール)を植えたのですが、まるで元気がありません。
写真のように、葉にはところどころ黒い斑点ができ、全体的に色も茶色っぽくなってしまってます。

原因として思い当たることですが、土がそもそも悪かったのかなと思ってます。
植える際に、単に庭土を掘り返して埋めただけなのですが、庭土は結構硬くて茶色で、粘土っぽいのです。

他にも庭木があるのですが、あらかじめ黒土を入れたものは比較的元気ですが、元々の庭土のまま植えたものは、やはり葉の色があまりよくなくて、黒い斑点が出たりします。

何かの病気か害虫かと思って、スミチオンを散布したこともありますが、変わりませんでした。


このような状態なのですが、どうしたらよいでしょうか・・・。

いったん全部掘り返して、土を入れ替えないとダメでしょうか。
それとも、上から何か肥料などを施したりして、改善できる可能性がありますでしょうか。

最近は、いよいよ元気がなく、枝までしんなりとしてきてしまった様子。
気候がよくなってきて、よその庭のレッドロビンがキレイに繁っているのを見ると、ヘコんでしまいます。

アドバイスなどありましたら、どうぞよろしくお願いします。

「レッドロビンが元気がありません・・・。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

数か月前と言うのは何時ですか。

原因として考えられる事は「植替え時期を
間違った」「水はけが悪いのに土壌改良をしなかった」「病気かも知れない
と勝手に思い込み、必要も無いのに薬剤を使用した」等です。

レッドロビンはバラ科カナメモチ属ですが、根が荒くて根付きにく性質があ
ります。移植する時は根の活動が弱まっている時期に行います。時期として
は4月中旬から5月中旬の間を狙って移植をします。成木になった時も移植
は困難で、プロでも一歩間違うと枯れてしまう事もあります。
時期を間違えて根を痛めてしまった事が原因一つに考えられます。

次に土壌改良ですが、日当たりと水はけが良く水持ちが良い肥沃な土壌を好
みます。土質が固く粘質土では十分な根張りをする事が出来ません。
他の樹木に黒土を使用されたようですが、庭土が基本用土なら黒土も基本用
土ですから、黒土では土壌改良をした事にはなりません。一般的にはバーク
堆肥や腐葉土を使用します。黒土は火山灰土の表層土ですが、保水性や保肥
性には優れていますが排水性や通気性が悪いのが難点です。
粘質の土に排水性の悪い黒土を入れると、排水性が良くなる事はありません
よね。他の樹木が元気なのは、多少は水はけが悪い土壌でも生育するタイプ
だったからだと思います。何でも黒土を入れれば育つと言う考えは止められ
た方がいいですよ。それぞれの特性に応じた改良をする事です。

薬害に関してですが、スミチオン乳剤は殺虫剤ですから病気には効果があり
ません。スミチオン乳剤はアブラムシやカイガラムシなどに広く使用する事
が出来る薬剤ですが、発生もしていないのに使用すると薬害を起こす事があ
ります。特に苗の場合は薬剤に対しての抵抗力が弱いので、規定の希釈率で
使用すると薬剤負けを起こします。規定希釈率を更に2倍に薄めて使用する
ようにして、徐々に濃度を上げるようにします。
発生した害虫も見ないで勝手に散布した事が原因でもあります。

さて今後の対応ですが、今の時期に植替えをするのは枯らしてしまう事です
から、根周りにバーク堆肥を多めに入れて熊手等で軽く耕して下さい。
その際に根を痛めないように注意をします。
今は根を回復させる事が必要ですから、肥料は施さないで下さい。
施す時期は2月の寒肥えのみで、必要も無い時期に与えると肥料負けを起こ
し根を痛めてしまいます。肥料を与えれば元気になるだろうと思う方が多い
のですが、元気が無い時ほど何も与えないのが原則です。元気の無い時は、
養生をさせて回復を見守るしか方法がありません。ただし水切れにさせない
ように水管理だけは十分に行って下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いろいろと詳細な注意を教えてくださいましてありがとうございます、大変勉強になります。
植えた時期は昨年の6月くらいでした、もう少し最近だと思ってましたが、もうほぼ1年弱経ってたのでした。
うーむ、今の時期の植え替えは危ないんですね。
今日バーク堆肥とメネデールを購入してきたのですが、ご教授のとおり掘り返すのはやめて、根回りに入れて耕すだけにして、様子を見たいと思います。
あ、でも試しに1本くらいは掘って土を変えてみようかなと。

質問させていただいて本当によかったです、皆様の親切なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/05 22:21

ツイッターからきました。


私は、根蜂に空洞があると思います。 根をいためないような形状で
指位の太さのもを逆さ富士の根蜂にそって差し込んで見ましょう。

大きな空洞だと、手指を使っても良いでしょう。
植物は硬い土でも育つものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

むむむ、空洞でも問題が発生するんですね。
いずれにしても、掘り返すことが必要っぽいので、最初にチェックしてみたいと思います。
違う角度からの指摘をありがとうございます。

お礼日時:2010/06/05 11:21

vaio_vineさんこんばんは。

レッドロビンの調子が悪いということなので少しながら回答させていただきます。写真の様子から根の問題と思われます。新しい根がほとんど出てないときにそのような状態になります。葉の斑点は根の状態が回復したら剪定して取り除けると思います。とりあえず一本のレッドロビンをスコップ等で抜いてください。今は根の成長時期なので根が白ければまだ必死に生き抜こうとしてるところです。問題は土ですが、造成した場合表面の30cmくらいしたは問題外で表面はさば土(赤土)というものだと思います。性質上は雨が降るとぐちゃぐちゃ乾きが早い、土の空気層が少ない。しばらくするとカチカチに固まり水を吸い込みにくくなります。vaio_vineさんや他の回答でもありますように土に腐葉土やバーク堆肥などを混ぜて土壌を空気層を多く含めるように改善しなければならないと思います。あとほかの木についてもいえますが、植えてから2,3年は根の成長過程ですから長い目で見てくれると嬉しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さば土というものですか、やっぱり土壌を改善しないといけないですね。
もっと早く相談すればよかった、というか、植える前に勉強すべきと後悔しきり!
バーク堆肥というものは良さそうですね、使ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/05 11:18

土質が違い過ぎて 新しい根が 周辺に伸びで行けないのでは?



庭土について どんなものなのか補足願います

粘土質  少しの雨でも水たまりが出きる
造成地  砂っポい
赤土   雨が降るとぬかるみ 乾くとパカパカ

土質により対処は変ります

この回答への補足

回答ありがとうございます。

> 粘土質  少しの雨でも水たまりが出きる
> 造成地  砂っポい
> 赤土   雨が降るとぬかるみ 乾くとパカパカ

数年前に区画整理した土地を購入したので、造成地ということになるかと思いますが、さほど砂っぽいということはなかったです。
あと、一応耕して植えたからか? 水たまりになるとか、乾くとヒビ割れるというほどでもありませんが、植えたところを掘り返してみたところ、根の周りの土は結構カチコチで固く、素手でほぐすのも難儀な状態でした。
こんな描写でわかりますでしょうか・・・

補足日時:2010/06/04 18:21
    • good
    • 0

元々庭土が良くなかったと想像できますね。



黒土が手に入るのでしたら、黒土に腐葉土などをまぜて植えなおしてみたらどうでしょう.

植えなおした後に水をたっぷりとあげて様子をみましょう。

丈が60センチ以上あるようでしたら風で倒れないように支柱をしましょう。

画像の様子ですと、肥料は必要なく、むしろ逆効果でしょう。。薄い栄養剤(メネデールなど・・)は効果的です。

スミチオンは殺虫剤です。虫を見つけたら使います。病気には殺菌剤を散布すべきです。

いずれにしても様子をみるしかありません。
木が自分で葉を落としても見守ってあげてください。
枯れる木は葉も落とせなく茶色になっていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

肥料は逆効果なんですね、確かに肥料を加えて悪化したような。
やっぱり土を入れ替えるのが本筋ですよね、気合を入れて、何箇所か分割しつつ植えなおしてみようと思います。
メネデールも試してみます。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/06/04 18:10

こんにちは



よく生垣にしているお宅多いですよね
http://育て方.jp/cat10/post_9.html

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa4931058.html

http://engeisoudan.com/lng.cgi?print+201004/1004 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクいろいろありがとうございます、参考になりました。
水を遣り過ぎてもダメなんですね・・・
写真のように萌えるような状態にしたいなーと意欲がわきました!

お礼日時:2010/06/04 18:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q枯れた生垣(紅カナメ)を復活させる方法を教えてください。生垣が数年にわ

枯れた生垣(紅カナメ)を復活させる方法を教えてください。生垣が数年にわたり端から枯れ始め、残っているものでも元気なものと、葉と枝の表面に白い粉がつき、上のほうを残して葉が落ちてしまっているうどん粉病のような状態のものがあります。これについては、最近消毒したところです。

枯れている紅カナメ(人の背丈ぐらいで、幹は10cm強)を抜いて、別のところにあったレッドロビンを移植しようとしたところ、枯れてから少なくとも2年は経っていて、枝は完全に乾いてパリパリなのに、根は幹よりも深くまだ湿っていて、かなり大きく掘って、根っこをのこぎりで切ったりして、幹に力をかけてようやく抜くことができました。でも深いところの根はとることができず、そのまま残っています。枯れている紅カナメの中には簡単に抜ける細いものと、このようにまだ根はかなりしっかりしている太いものがあり、このようななかなか抜けないものは、まだ生きていて復活させる方法はあるのでしょうか?枝は完全に乾いていて、このままでは葉の出てくる余地はないと思いますが、その場合はどうすればいいのでしょうか?

また、復活の可能性は低い場合、この木を抜くのにいい方法はあるのでしょうか?先の一本を抜くのに、相当な時間がかかったので、プロはどうしているのだろうと思いました。

アドバイス宜しくお願い申し上げます。

枯れた生垣(紅カナメ)を復活させる方法を教えてください。生垣が数年にわたり端から枯れ始め、残っているものでも元気なものと、葉と枝の表面に白い粉がつき、上のほうを残して葉が落ちてしまっているうどん粉病のような状態のものがあります。これについては、最近消毒したところです。

枯れている紅カナメ(人の背丈ぐらいで、幹は10cm強)を抜いて、別のところにあったレッドロビンを移植しようとしたところ、枯れてから少なくとも2年は経っていて、枝は完全に乾いてパリパリなのに、根は幹よりも深くまだ湿...続きを読む

Aベストアンサー

ベニカナメモチとレッドロビンが別物のように言われて居ますが、全く同じ
物ですよ。モチノキ科のカナメモチと中国産のオオカナメモチをアメリカで
作りだした物がレッドロビンです。

元気な物を枯れている部分に移植をと考えているようですが、ベニカナメは
生長が早いのですが根が荒く根付き難い性質があります。一度でも移植をし
た物を別の位置に移植をしても、先ほどに書いた性質があるため根付かずに
枯れてしまう可能性が高いですね。
このような場合には枯れた部分を全て取り除き、土壌殺菌と土壌改良をして
から新しく購入した苗を移植します。何もしないで枯れた部分を取り除いて
移植しても、生育はしないまま枯れてしまうでしょうね。

地上部が枯れて根だけが生きている場合ですが、根をそのまま埋めていても
何れは枯れる運命です。不要な根が残っていると移植の邪魔ですから、不要
な根は残さずに取り除いて下さい。そうしないと殺菌や改良が出来ません。

造園土木の会社に勤務していますが、このような仕事の依頼があった時には
依頼者と相談して全てを撤去し、土壌殺菌と土壌改良をして仕立て直す事を
勧めますね。残った物の間に苗を移植しても、見た目が悪くなります。
無駄な経費と労力を使うより、新しく仕立て直した方が結果としては安上が
りになるからです。

ベニカナメモチとレッドロビンが別物のように言われて居ますが、全く同じ
物ですよ。モチノキ科のカナメモチと中国産のオオカナメモチをアメリカで
作りだした物がレッドロビンです。

元気な物を枯れている部分に移植をと考えているようですが、ベニカナメは
生長が早いのですが根が荒く根付き難い性質があります。一度でも移植をし
た物を別の位置に移植をしても、先ほどに書いた性質があるため根付かずに
枯れてしまう可能性が高いですね。
このような場合には枯れた部分を全て取り除き、土壌殺菌と土壌改良を...続きを読む

Q元気のないベニカナメ(レッドロビン)対策?

元気のないベニカナメ(レッドロビン)対策?
後方に植えられていたレッドロビン(人の背丈程度)を、掘り返して垣根用に植え替えたところ、一週間たっても葉が垂れたままです。同時に植え替えた他の二本は、まったく元通りですが、一番大きかったこの一本は元気がありません。対策としては、どんなことが考えられるでしょうか?負担を減らすために、葉枝を多少切りましたが、もっと思い切ったほうがいいのでしょうか。掘り返して、浅く植えたほうがいいのでしょうか。水やりを含め、アドバイスをお願いいたします。

枯れて上部にしか葉がついていない古いベニカナメの生垣もありますが、どうすれば、また全体に葉がつくようになるのでしょうか?植木の高さをそろえようと思っても、そこを切ってしまうと葉がなくなってしまうので、それもできません。枯れている木はあきらめて、新しい苗を植えるしかないのでしょうか?このベニカナメは前出の新しいレッドロビンよりも、葉が小さくて細く、色も薄いタイプです。

宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

正確にはベニカナメモチと言います。カナメモチと中国産のオオカナメモチ
の雑種をアメリカで作りだしたのがベニカナメモチ(レッドロビン)です。
カナメモチの根は荒いのが特徴で、移植をしても根付き難いので植付ける時
は植替えをしなくても済む場所に植付けをする事が大切です。
どうしても移植をする必要がある時は、春の後半から夏の前半に行うように
します。この時期に移植をすれば大丈夫と言う事はありませんが、時期外に
移植をするよりも確率は高くなります。成功率は半々と思って作業された方
が安心が出来ると思います。

先程にも書きましたが、根が荒いと言う事は細根が少ないと言う事です。
細根が少ないと水分や養分の吸収率が悪くなるので、移植をした場合は今回
のような症状になってしまいます。出来るだけ根を痛めず掘り上げて、根巻
きをして根を乾かさないようにする事も根付きを良くする方法です。
このまま管理を続けられて、症状が良くならなければ根が傷んで駄目になっ
たと判断し、諦めるしか手はありません。

確かに樹木の負担を軽減するため、植栽前には軽く剪定を行います。だから
と言って負担を軽減させるために更に強剪定をしてしまうと、負担を軽減さ
せるのではなく負担を大きくさせてしまう事になります。切れば負担が軽減
されると安易に考えない事です。

移植をした時に、バーク堆肥を掘り土に混ぜて土壌改良をしましたか。
移植をした時に、化成肥料などを土に混ぜたりしていませんか。
水切れをさせないために、土の乾きに注意しながら水遣りをしていますか。

正確にはベニカナメモチと言います。カナメモチと中国産のオオカナメモチ
の雑種をアメリカで作りだしたのがベニカナメモチ(レッドロビン)です。
カナメモチの根は荒いのが特徴で、移植をしても根付き難いので植付ける時
は植替えをしなくても済む場所に植付けをする事が大切です。
どうしても移植をする必要がある時は、春の後半から夏の前半に行うように
します。この時期に移植をすれば大丈夫と言う事はありませんが、時期外に
移植をするよりも確率は高くなります。成功率は半々と思って作業された方
が安心...続きを読む

Q病気になったレッドロビン

生垣に使っているレッドロビンの一部の葉っぱに
斑点が出来ました。
だんだん広がっていきそうだったので、
とりあえず、剪定をして、取れるものは取り、
その後で、業者の人に消毒してもらいました。
(ちょうど、いつも消毒を頼む時期だったので)

その後、新芽が出ていますが、病気の葉を全部取ったつもりが
新たに斑点のある葉っぱを見つけてしまいました。

斑点のある葉っぱは、出る片っ端から切って取った方が良いでしょうか?
取る時は、その葉っぱがついている枝ごと切った方が良いでしょうか?
自分でも、消毒を続けた方が良いのでしょうか?

なんとか、生垣全体に広がらないようにしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
褐斑病のようですね。
放っておくと伝染、蔓延します。病気が発生した葉や落ち葉が伝染源ですから、今の時期ですと斑点の出た葉を摘み取り焼却します。また落ち葉も掃除して焼却します。
消毒は必ず殺菌剤(トップジンやダコニールなど)を使い春から秋口までの木の活動期に、月に3回くらいは散布することです。殺虫剤には病気の蔓延をおさえ予防する効果はないと思ってください。

すぐに病気を撲滅するのは困難ですから根気良く病葉の摘み取り、落ち葉掃除をし、定期的な殺菌剤散布をなさってください。消毒機(スプレー)をお持ちならご自分でなさったほうがいいでしょう。
殺菌剤はお近くのホームセンターや農協で手に入ると思います。

葉に発生する病気ですから枝ごと切り取る必要はないでしょう。
綺麗な生垣がよみがえってくるといいですね。

Q植栽(生垣)を植えるのに適切な時期

自宅の植栽(主に生垣)を、業者様に植え替えして頂く予定にしております。
具体的に言いますと、サザンカ&ヒイラギを抜いて、全てレッドロビンに植え替える予定です。

そこで質問させて頂きたいのですが、
植栽を植え替えるのに適した時期というのがあると思うのですが、これからの時期の植え替えは、いかがなものでしょうか?

1年を通して、植えるのに
○「絶対適切でない時期」
○「あまり適切でない時期」
○「適切な時期」
を具体的に教えて頂けると助かります。

当方 近畿に在住しております。
ご存知の方、どうか御教授頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どんな樹木にも植付け時期がありますが、造園屋や植木屋は樹木に関しては
プロですから、時期に関わらず植栽を行います。だからと言って樹木に対し
て知識がない素人も同じように植栽が行えるとは言えません。素人が植栽を
する時は、本等に書かれている時期を守った方が失敗は少ないです。
プロは樹木を枯らさせないようにするための知識や経験が豊富ですから植栽
を年間を通して行いますが、穴を掘って埋めれば勝手に生育する樹木は存在
しませんので、確実に植栽を行うには時期は守られた方が良いですね。

レッドロビンはモチノキ科の常緑小高木で、基本的に3m以上には生長しま
す。英字が使われていますが原産地は日本で、正しくはベニカナメモチノキ
と言います。暖地性の樹木ですが、意外と寒さには強い樹木ですから、関東
から南の地域でしたら問題無く生育します。もちろん生垣も適しています。

植栽時期は4月から5月上旬と、9月から10月上旬が最適です。一番良い
時期は4月から5月上旬です。日当たりと排水性と保水性の良い肥沃な場所
を好みます。現在植えてあるヒイラギとサザンカを撤去したら、バーク堆肥
を多めに混ぜて良く土と混ぜて土壌改良をしてから植え付けます。
適切な時期は上記に書いた通りの中で4月から5月上旬で、あまり適切では
ありませんが植栽は出来る時期は9月から10月上旬と考えて下さい。
それ以外の時期は不適切だと認識して下さい。
レッドロビンの場合は冬場は休眠するので、休眠から覚めて活動を再開しよ
うとする前に植栽をした方が、良く根張りをするからと言うのが理由です。

植栽をする時に常に考えて欲しいのは、失敗を少なくするために植栽時期は
必ず守る事、植栽前には必ず土壌改良をする事、樹木に最適な場所に植える
事、元肥を入れる時は必ず被せ土をする事、穴を掘って埋めれば勝手に育つ
とは思わない事、苗の場合は必ず支柱を立てる事です。

生長して生垣に仕上がった時の状況を予め予測し、最初から狭めて植えない
事です。サツキやタマツゲのような低木は30~40cmの間隔で十分です。
レッドロビンのように2m程度の生垣にするような樹木は、70~80cmは
間隔が必要です。また支柱は必ず必要で、180~200cmおきに杭を打ち
込む必要があります。その杭を利用して竹を横にして固定し、この竹に苗の
幹をシュロ縄で縛って固定します。
杭や支柱が必要な理由は、風が吹いて根が踊って(根元がグラグラする事)
しまい、活着(根張りの事)が悪くなり根付かなくなるので必要な訳です。
完全活着までは2~3年は必要です。完全に活着すれば杭も支柱も不要にな
りますから、完全に活着すれば取り除かれて構いません。杭は確実に打ち込
む事が必要です。杭と竹は釘で固定しますが、竹と苗の固定は結束帯を使用
して、軽く締めるようにすれば楽だろうと思います。

まだ苗は購入してませんよね。もし購入しているなら、今は植栽が出来ませ
んので、とりあえずは仮植えにして植栽時期まで管理をします。
まず庭の何処でも構いませんから、浅い溝を苗が入る長さ分だけ掘ります。
苗の根に麻布が巻いてある時は、麻布を取らないで穴に入れて土を被せて下
さい。ポットに入っている時は、ポットのままで埋めます。
時期が来たら掘り起こして上記に書いた方法で植栽をします。
麻布は既に朽ちていますから、取り外さなくても鎌みませんが、ポットは腐
りませんので、必ず取り外します。
まだ苗を購入していないなら、購入店に3月下旬頃に注文をして、4月上旬
の植栽に間に合うように仕入れて貰います。この方が確実です。

元造園土木の会社に勤務していて、その時の経験から回答させて頂きました
が、分かりにくい点があれば再び質問をして頂けたら、その事に対して回答
をします。

どんな樹木にも植付け時期がありますが、造園屋や植木屋は樹木に関しては
プロですから、時期に関わらず植栽を行います。だからと言って樹木に対し
て知識がない素人も同じように植栽が行えるとは言えません。素人が植栽を
する時は、本等に書かれている時期を守った方が失敗は少ないです。
プロは樹木を枯らさせないようにするための知識や経験が豊富ですから植栽
を年間を通して行いますが、穴を掘って埋めれば勝手に生育する樹木は存在
しませんので、確実に植栽を行うには時期は守られた方が良いですね。

レ...続きを読む

Qベニカナメが病気のようですが・・・。

ベニカナメが病気のようですが・・・。
生垣にしているベニカナメですが5月に刈り込みをしてから、添付画像のような葉になって、新芽が伸びてきません。生垣もすっかりスカスカの状態となってしまいました。近隣のベニカナメを見ても私のところと同じような状態の木が多数見られます。これは何かの病気なのでしょうか?。病気だとしたら対処方法を教えていただければありがたいのですが・・・、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごま色斑点病じゃないかと思います。褐斑病はもう少し被害の痕が大きいです。
対策はすでに回答がついていますが、一言。
春先の新葉がでる時にごま色斑点病ならベンレートを、褐斑病ならダコニール1000またはトップジンを説明書通りに散布します。原因はかびですが落ちた葉の上でも生きているので病気になっている葉や茎はすべて剪定、除去します。落ち葉も残らず除去します。
あまりにも被害がひどいようであれば思いきった剪定をしてください。

Qレッドロビンを食べる毛虫退治について

いつもお世話になっております。
うちの庭のレッドロビンに写真のような毛虫がたくさんついてしまいました。
同じような害虫を退治された方、よく効く駆除剤をご存知の方おられましたら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

画像を見る限りでは毒針を持つ毛虫には見えません。本当は毛虫の種類
を調べて確認し、レッドロビンに作物登録がされている薬剤を使用する
のが基本ですが、毛虫に一般的に使用されているスミチオン乳剤に展着
剤を混ぜて散布して見て下さい。基本的には1000倍に薄めて使用す
るのですが、とりあえずは1500倍に薄めて散布をして、1週間程度
様子を見られて下さい。それで効き目が悪いようなら通常の1000倍
に薄めて使用して見られて下さい。1回では効きませんから、1週間置
きに2~3回ほど繰り返して散布をして下さい。

Qカチカチの土壌での植え方(レッドロビン)

土地のみ住宅なしの宅地に植えたいのですがなにぶん20数年放置されている宅地なので分譲時のままです(雑草は生えます)。見るからに石が多くスコップでは数センチも掘れないような乾燥土?みたいな状況です。
このような土地ですが、つるはしでも使い掘ろうかと思うのですが、掘った後ふるいにかけて使えそうな土を堆肥とまぜて使うとしても石やガラの分だけ明らかに土が減ると思うのです。
堆肥で補おうと入れすぎてもやはり土・砂?を入れないとゆるゆるになるのかしっかり固定されないのですよね?
このような場合はどういったものを土代わりに使用すればよいのでしょうか?
山砂?川砂?それとも腐葉土(これもゆるゆるになりますか?)?
もしくは同宅地の植えない部分の土をふるいにかけて持ってきた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

つるはしで穴が掘れるなら、スコップの大きさくらいの穴を開けて、そこにホームセンター等で売っている野菜の土でも花の土でもいいですので、買ってきて、レットロビンを鉢から出して、買ってきた土で根を覆います。
レットロビンの鉢は9センチか12センチかと思いますので、その鉢の縦横高さが倍くらいの穴で充分です。

掘った土(石)は回りに散らかします。それを本数分だけやれば、値は付きますし、大きくなります。
レットロビンですので、垣にするのかと思います。
2メートルに3本を目安にして下さい。4本ですと、すぐに後ろが見えなくなりますが、枝が込みすぎて、葉が無くなり、厚みだけが増すように切らないといけなくなります。

植える時は肥料を使わずに、芽が伸びてきて、赤みが薄れた頃に化成肥料をやるようにしましょう。
今、苗で売っているレットロビンは、80センチくらいかと思いますが、1mを超えたら、根元に回りの枯葉、落ち葉、雑草を刈ったものなどを敷き詰めて、それが毎年のことで、腐葉土のようになれば、だんだん土も柔らかくなります。

水掛さえまめにやれば、植えつけた年は肥料が無くても大丈夫かと思います。
土は、一袋で2~3本植えつけられるかと思います。

つるはしで穴が掘れるなら、スコップの大きさくらいの穴を開けて、そこにホームセンター等で売っている野菜の土でも花の土でもいいですので、買ってきて、レットロビンを鉢から出して、買ってきた土で根を覆います。
レットロビンの鉢は9センチか12センチかと思いますので、その鉢の縦横高さが倍くらいの穴で充分です。

掘った土(石)は回りに散らかします。それを本数分だけやれば、値は付きますし、大きくなります。
レットロビンですので、垣にするのかと思います。
2メートルに3本を目安にして下...続きを読む

Qレッドロビンの害虫?病気?

庭のレッドロビンの3分の2ほどに写真のような木の皮のめくれがあります。この写真ではすでにめくれた皮を取り除いたあとですが、実際には、糸くずのような状態でめくれてます。糸くずのような皮を取り除くと写真のようになり、そこに小さな穴があいてます。どうも何かの虫が削って穴をあけたように見えるのですが、それを確認できたことはありません。そうとう広範囲で、めくれたところは新芽が生えてこないようなので、早急に原因を突き止めて対策を講じたいと思いますので、原因のわかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルリカミキリ幼虫の食害痕ですね。昨年のこの時期も回答しました。
http://okwave.jp/qa/q7421903.html

対策は上記URLにも書きましたが、早急に処置してください。針金などを穴から奥まで挿しグリグリとやってください。その後殺虫剤(特に指定はないです)をノズルから穴の中に大量に注入してください。
他にも産卵痕がないか、幼虫の食害痕がないか調査してください。バラj科の植物やレッドロビンなどが好きなようですが、念のため他の樹木も確認してみてください。
食害が進行した枝は枯れる可能性もありますが、万が一枯れてしまった枝は切り捨ててください。果樹農家では特に多い被害です。

レッドロビンに付いたルリカミキリ(成虫)
http://koh16.blog11.fc2.com/blog-entry-1421.html
ルリカミキリ(成虫)と幼虫の食害痕(右下の写真)
http://insectk.web.fc2.com/zukan/z_rw01/ruri.html
http://file.jidaraku.blog.shinobi.jp/DSCN1124.jpg

成虫の産卵痕
http://jidaraku.blog.shinobi.jp/Entry/169/
レッドロビンの枝の中にいた幼虫
http://ozi.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-1811.html

<生態・症状・対策>
http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=3573

参考: 幼虫の食害痕の例
http://www.wrass.co.jp/log/2005/2005_pic3/050609_Lkon.jpg
http://www.wrass.co.jp/log/2005/2005_log_ruriLB.html
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7c/ab/5f6aca447b5dbe4f0e7b9cb8d8d1ff4e.jpg

ルリカミキリ幼虫の食害痕ですね。昨年のこの時期も回答しました。
http://okwave.jp/qa/q7421903.html

対策は上記URLにも書きましたが、早急に処置してください。針金などを穴から奥まで挿しグリグリとやってください。その後殺虫剤(特に指定はないです)をノズルから穴の中に大量に注入してください。
他にも産卵痕がないか、幼虫の食害痕がないか調査してください。バラj科の植物やレッドロビンなどが好きなようですが、念のため他の樹木も確認してみてください。
食害が進行した枝は枯れる可能性もあります...続きを読む

Qレッドロビンの葉の縁が脱色

垣根に植えて13年半が経つレッドロビンの葉の縁が添付写真の様に脱色してきました。
症状が現れて始めて2ヶ月程になり、現在、徐々に他のレッドロビンにも広がってきている状況です。
これまでの手入れとしては、
・ルリカミキリ退治としてスチオミン乳剤を3回/年
・毛虫(イラガ)退治としてオルトランを3回/年
の頻度で散布してきました。また、今春、
・ごま色斑点病と思わしき症状に対してベンレート水和剤を3回散布
しております。
木の状態としては特に弱ったような感じは見受けられないのですが、上述のとおり、脱色の葉が横の木にも伝染しているようで不安です。
原因と対処法をご教示お願いします。

Aベストアンサー

斑入りにしてはかなり不自然だし、複数の木に発生しているということなので、これはクロロシスではないでしょうか。
(ウイルス斑の可能性も考えましたが、ほかの木がすぐに感染・発症することはないでしょう)

肥料やミネラルの不足、不適切なpH、排水不良などが原因のようです。
クロロシスなら感染はしませんが、土壌を改良しないと再発するんじゃないでしょうか。

剪定すると弱ってしまう可能性もあるので、まず土壌改良をお勧めします。

参考URL:http://www.good2golawncare.com/Iron_Chlorosis.html

Q生け垣 をうまく作りたいのですが・・初心者です

防音効果を期待して、生け垣を植えています。
あかめがし(紅要黐 ベニカナメモチ)です。
今、高さは2、5m、幅は1m、木と木との間は50cm位です。
葉の茂り方が疎らで剪定すると隙間が空いてスカスカで、防音壁になりません。

また、剪定ではなく新芽が出たら、枝を編むように中心に入れ込んで隙間を埋めていくとも聞いたのですが
枝が折れてしまいうまくいきません。〈そう言った人も素人です)
どうしたら緊密な生け垣に育っていくようになるでしょうか?

Aベストアンサー

生け垣に限らず植物は土、日当たり、肥料、剪定等が適切なら良く育ちます。
既に植えてあるようなので、土、日当たりは除外し、肥料、剪定についての私の知見です。

肥料は、寒肥を12月~1月に与えます(油かす、鶏糞など)。
剪定は関東なら春と秋のお彼岸の頃が適しています。これに加えて6月に行っても良い。
ベニカナメモチは萌芽力が強いので、任意の場所で剪定できます。生け垣の上と脇を剪定して外観を整え、内向きの枝も風通しと日当たりを良くするために適宜剪定します。

土、日当たり、施肥が適切なら剪定後1箇月程度で赤い新葉で覆われます。
わが家のベニカナメモチも上記の方法で現在、赤い葉が茂っています。

「枝を編むように中心に入れ込んで隙間を埋めていく」方法は聞いたことがありませんが、
日当たり、風通し、並びに枝が折れやすいこと等を考えると適切な方法ではないと思われます。

参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング