比重の差のあるものの入った寒天ゲルの分離を防ぐ方法を教えてください。

A 回答 (2件)

高温での溶解時に粘性が低いので、比重の重いものは沈んでしまったり、軽い物は逆に浮いてしまったりするわけですね。


そこで、ある程度温度を下げて粘度が高くなってから比重の違う物を入れてかき混ぜると、分離しにくくなります。(これはNo.1さんが仰ってますね)
家庭で少量だけ作る場合は簡単できますけど、大量に作るときは温度の管理が難しいと思います。
それから、寒天の一部をカラギーナンに置き換えたり、グアーガム、キサンタンガム等の増粘剤を少量加えると、溶解時の粘度が高くなるので分離しにくくなります。但し寒天だけのゲルと若干食感が変わってくる可能性があるので、注意が必要です。最も逆に寒天だけの食感より好ましいものになることもありますが。よくゼリーなどで「増粘多糖類」という原材料の表記があることがありますが、これはこういった複数のゲル化剤、増粘剤を組み合わせて使ったということです。

参考URL:http://www.ishiharacompany.com/ishi/kiso/gel/gel …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく教えていただきありがとうございました。
URLもとても参考になりました。

お礼日時:2003/07/13 13:48

比重差のあるものは寒天を煮溶かした後、比重の小さいものを先にいれ比重の大きいものは寒天を少し冷ましてから入れ静かに混ぜ合わせると分離しにくいです。


比重差のある両者がすでに混同している場合は流し固める前に粗熱を取り(40度)くらいにさましてから静かに混ぜてから流し固めるといいですよ。参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速実践してみようと思います。

お礼日時:2003/07/13 13:46

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオマスプラスチックと高比重プラスチック

フタル酸エステルに対してアレルギー症状がでていると思われる子供(化学物質過敏症)の為に、学校で使用するリコーダーを探しています。
バイオマスプラスチックと高比重プラスッチックでは、一般的にどちらがよりフタル酸エステルを含まないと思われますか?

ちなみにバイオマスはヤマハで、高比重プラスチックはスズキのリコーダーです。

購入は自己責任で行いますが、その前にプラスチックについて素材の観点からお聞きしたいと思い質問しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

子供のためにちゃんと製造元メーカーに確認です。

Q着色料が毛糸につく理由。

実験で着色料を毛糸に着色させることはできました。が、どうして着色できたのかがわかりません。
教えてくれませんか?
ちなみに実験の手順は 食品をコップに入れる→水を入れる→酢と毛糸を入れる→なべに水を入れて20分加熱→取り出す。
こうなんですが、酢が関係しているんですか?
教えてください。時間がないものでご回答お願いします。
参考になるサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

>実験で
 学校の課題ですか。夏休みに宿題ですか。いずれにせよ、回答しにくいのですが。それても、個人的に知りたいのでしょうか。とりあえず ヒントダケ

まず、毛糸は、タンパク質。すなわち、アミノ酸が結合しています。アミノ酸は、両性電解質です。すなわち、酸にもアルカリに溶けるような官能基(-NH2と-COOH)を持っている。逆から言えば、その官能基は、酸やアルカリで溶けない(=解離しない)。

 人工着色料は、塩基性のものは発がん性の故に禁止され、現在許可されている者は全て酸性色素です。すなわち、アルカリには溶けるが、酸には溶にくい。そこで、酢を入れて酸性にすると、イオン結合で・・・・。
 天然色素は、酸・アルカリの反応ではないので、このような実験には使いません。
 色素名は、商品の裏側などに明記してあります。

 以上で分かりにくければ、知りたい理由と分からない部分を明確に書いてください。

Q比重と比重量

こんにちは
ぜひとも、わかりやすく教えてください。

(1) 比重と比重量の違い
(2) 単位体積重量と比重量の違い
(3) 比重と単位体積重量の違い

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

比重は、ある体積を占める物質についての、同じ体積の水(1気圧,4℃)に対する質量の比です。
単位体積重量は、(質量)密度とも言い、ある物質単位体積あたりの質量です。

比重瓶という実験器具をご存知でしょうか。単純で正確な形状をもたない場合、物体の体積を正確に測ることは難しいのですが、この場合でも、容器内の水と置き換えたときの重量変化は、比重瓶を使って正確に測定できます。そこで、実測上、密度に代えて、比重(水に対する密度比)がよく用いられるのです。

1気圧,4℃の水の密度は 0.999973gcm^-3です。したがって、比重1の物体というのは、密度が0.999973gcm^-3になります。そこで、実用上、比重と密度の数値部分は同じだと思って差し支えないです。

「比重」を「比重量」と表現するのは、私はあまり見たことがありませんが、同じことだと思います。

Q寒天とゼラチンの違いを教えて下さい

レシピによって寒天を使用したりゼラチンを使用したり…。
書いてある物と逆の物を有り合わせで使ってはいけないのでしょうか?
まだ試した事はないのですが、どっちでも同じ固まるのには変わりない…そう思うのは私だけ??

Aベストアンサー

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓子にという用途が考えられます。
ゼリー代わりに、「寒天」を使う位は問題ないかと思います。
ゼラチンの代用品としては「アガー」というものがあります。
食材専門店、業務用食材を扱う卸店などで購入できます。
よくケーキなどにフルーツが飾られている時その上にゼリー状のものがコ-ティングされていることがあるかと思います。それは「アガー」」を使っています
アガーは植物由来の増粘多糖類で、ゼラチンよりも凝固力が緩いです。
寒天の代用品としては、杏仁(アンズの種の仁)の粉などがあります。これは字からおわかりのように、杏仁豆腐の原料です。本格的な飲茶の杏仁豆腐ではこれを使っています。(逆に寒天での杏仁豆腐は「代用」ともいえます)ただし、杏仁粉は高価ですし、どちらかというと漢方薬として使われることが多いです。

以上のような違いがありますので、ご参考下されば幸いです。

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓...続きを読む

Q【英語】「lb」が「ポンド」の意味なんですか? ハワイは米ドルだけでなくポンドでの支払いも出来るの

【英語】「lb」が「ポンド」の意味なんですか?

ハワイは米ドルだけでなくポンドでの支払いも出来るのでしょうか?

アメリカ本土でもポンド払いが出来るのが普通?

lbがなんでポンド??

Aベストアンサー

>lbがなんでポンド??

ヤード・ポンド法のポンド。
通貨の単位ではなくて、重量の単位。1ポンド=約454g。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%89_(%E8%B3%AA%E9%87%8F)

Q上皿はかり(竿式)の使い方教えて下さい。

上皿はかり(竿式)の使い方教えて下さい。この秤は付属の分銅を使用して重量をはかるそうです。どのように使用すればいいのですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、上皿にはかりたい物を載せます。
で、付属の分銅を右にある釣り金具の上に載せていきます。
(以降量りたい物は左、分銅の釣り金具は右にあると仮定します)

一番重い分銅で台が右に傾くようなら、分銅が重過ぎるという事ですから、2番目に重い分銅に載せ替えます。
2番目の分銅で右に傾かなかったら、2番目の分銅はそのままで、3番目に重い分銅を追加します。
3番目に重い分銅で右に傾くようなら、3番目の分銅では重過ぎるという事なので、4番目の分銅に載せ替えます。

分銅とは別に左右に動く重りがあります。
これは左にあるときは0kgの分銅と同じ、右にスライドさせるほど動かした目盛り分だけ重い分銅と同等の役目をします。


前置きが長くなりましたが、右に載せる分銅で大雑把な釣り合いをとり、微調整は左右に動く重りで水平に釣り合いをとるという流れになります。

重さは右側に乗せた分銅に書いてある数値+右に動かした重りの目盛りの合計です。

文字にするとややこしいですが、一度やってみればすぐに慣れると思います。

Q英語初心者は4つの力のうち何の比重を大きくすべき?

英語初心者です。

英語には基本的に4つの能力があると思います。
読む(リーディング)、書く(ライティング)、聞く(リスニング)、話す(スピーキング)です。

英語の初心者が、これから勉強するにあたっては、
どの能力の勉強の割合を、時間的に多くとるのがよいのでしょうか?

すべての能力はお互いに関連しているだろうし、
何か一つがかけても成立しないのは想像できます。

また、自分が何を目指しているかでも違ってくると思います。
例えば翻訳家になりたければ、リーディングやライティングの比重が大きくなるだろうし、
外資系企業で営業マンをやりたければ、スピーキングの比重が大きくなるとは思います。

TOEICやTOEFLなどの点数をあげたい場合や、
留学をしたい場合、英語サイトを理解できるようになって
ネットビジネスに生かしたい場合などでも、それぞれ比重は異なってくると推測します。

さらに、どのレベルの翻訳家を目指すか、
どのレベルの営業マンを目指すかなど、
目指すレベルでも変わってくるとは思います。

「目的は何か」「どのくらいのレベルを目指すか」という2つの変数で
最適な勉強法は変わると思うのですが、
それを踏まえたうえでも、あえて、

「初心者(ここでは中学校1、2年レベルの英語は理解している人とします)」が、
とりあえず、中級者~中の上くらいになるのを目指すとした場合、

4つの能力のうち、どの能力の学習に比重を強めるべきだと思われますでしょうか?

繰り返しですが、4つとも必要だろうとは思います。
しかし、100の持ち時間があるとして、
読む(リーディング)…25
書く(ライティング)…25
聞く(リスニング)…25
話す(スピーキング)…25
というふうに均等に学ぶべきなのか、

それとも
読む(リーディング)…60
書く(ライティング)…20
聞く(リスニング)…10
話す(スピーキング)…10
というかんじで、まずはリーディングに比重をおくべきなのか、

このような意味合いのことが知りたいです。

もしかしたら、どの道から登っても
たどり着く山頂は同じなのかもしれませんが、

効率の良い勉強法、という意味で、お聞きしたいです。
また、「継続できる勉強法があなたにあった勉強法」という回答は避けてください。
どの方法でも、「私は継続ができる」という前提として、お願いいたします。

何卒ご教授お願いいたします。

英語初心者です。

英語には基本的に4つの能力があると思います。
読む(リーディング)、書く(ライティング)、聞く(リスニング)、話す(スピーキング)です。

英語の初心者が、これから勉強するにあたっては、
どの能力の勉強の割合を、時間的に多くとるのがよいのでしょうか?

すべての能力はお互いに関連しているだろうし、
何か一つがかけても成立しないのは想像できます。

また、自分が何を目指しているかでも違ってくると思います。
例えば翻訳家になりたければ、リーディングやライティングの比重が...続きを読む

Aベストアンサー

>効率の良い勉強法

ここに関する回答はできません
ここを追い求めるのは間違ってます
そんなうまくいくものではありません

私の好み、私の勉強法、他の人の傾向などを総合的に考えると、「リーディング」です
まず、vocabularyが増える
構文理解ができる
文の理解速度が早くなる
前記を踏まえて、"読む"ことを"聞く"ことに置き換えると、リスニングにも効果がある(頭の中で文字を音に置き換えるということです)
構文が理解できるとライティングにそのまま応用できます(当然スピーキングにも効果はあります)
そしてなにより、自分一人だけで足りる

音だけで同じことをできる人もいるかも知れませんね
リーデイングは全くダメだけれども、話す量はとてつもなく多いという人はいます
でも、質はてんでダメだったりします
つまり、簡単な単語・表現をつなぎ合わせているだけで、難しい内容を説明するためのやや硬い表現ができないんですよ
そういう人の傾向としては、難しいものから逃げてばかりで覚えようとしない
話しが通じて楽しければいいやー、って感じ
表面的には"ペラペラ"という表現でカッコよく見られるのでしょうが、深みはないです

次はリスニング、スピーキング、ライテイングでしょうか
あれれ、#3さんと同じになってしまいました(意図したわけではないです)

ま、スピーキングとライティングはお好みで順番をつける感じでしょうか
ライティングでスピーキングがのびる人もいますし
スピーキングって、感情的な影響などがあったりするので、outputの能力があったとしても実際の発話に結びつかないことが結構あります
この場合は、ライティングで"正しい"表現を身につけると自信につながるのでこの感情的な部分を打ち消すことができます

音に強い人はリスニングを選ぶかもしれません
ただ音だけで多くのボキャと構文など文法的なことを習得できるでしょうか
母語(私たちは日本語)のことを考えた時、子供のつくる文の量や質が飛躍的に伸びるのは学校に入ってからなんですよ
つまりそれは、文字というもの、そしてリーディングという要素があるからです

第一言語習得と外国語学習は一緒に語れませんが、やはり文字の影響度はかなりあります
本をいっぱい読む人の話し方や話す文体などは、やはり読まない人のものとは違います きちんとしてます
ただ量はこなさないといけない

>「私は継続ができる」という前提
そうですね、では200-300ページの本(ペーパーバックがこのぐらい)を1ケ月に1冊必ず読むということで(1日10ページです たいした量じゃないです)

>効率の良い勉強法

ここに関する回答はできません
ここを追い求めるのは間違ってます
そんなうまくいくものではありません

私の好み、私の勉強法、他の人の傾向などを総合的に考えると、「リーディング」です
まず、vocabularyが増える
構文理解ができる
文の理解速度が早くなる
前記を踏まえて、"読む"ことを"聞く"ことに置き換えると、リスニングにも効果がある(頭の中で文字を音に置き換えるということです)
構文が理解できるとライティングにそのまま応用できます(当然スピーキングにも効果はあります)
そし...続きを読む

Q重曹を使った蒸し物に、酢を入れる理由は、なんですか。

饅頭や、蒸しパンのレシピに酢を入れるものがありますが、その理由はなんでしょうか。
入れないとどのような不都合がありますか。

Aベストアンサー

重曹に酸を加えると炭酸ガスが発生するからだと思います。生地を膨らませるために炭酸ガスを利用するのは良く使われる方法ですが、重曹の場合は酸との化学変化でガスを発生させるので、必然的に酢も同時に使うという事でしょうね。

Q金の比重について

先日大掃除をしたのですが
その際金のピアスが何個か出てきました。
全てk18と刻印されていたので
買い取り屋さんに持って行ったところ
比重が足りません
と言われ買い取ってもらえませんでした。

k18と刻印されているのになぜでしょうか?
比重とは金の濃度ということでいいのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクセサリーを扱う商売をしている者ですが、比重が足りない原因は18金以外の金属が使われていると言う事ですが、考えられる原因は一つだけです。
シャフトとキャッチは18金だけど、本体部分は合金を使用している。
これは、販売価格を下げるために良く行われていますので、詐欺などではありません。当然、シャフトとキャッチなどの刻印のある部分はK18で出来ています。飾りの本体部分が合金だからと言って、特別指し示す刻印する必要ありません。

なので、18金と合金を一緒に比重量で計測すれば、比重不足になります。

Qハンバーグに入れるパン粉&牛乳の割合を教えてください。

ハンバーグを作りたいのですが、
たまねぎ・ひき肉・パン粉・牛乳・卵が主流?かと思います。

卵はつなぎだと思うのですが、牛乳とパン粉の役割は何でしょうか?
以前牛乳なしで作ったのですが、特に違いがわからなかったので・・。

あと、どれくらいの量が適当なのかも教えてください。

焼き方なのですが、
両面焦げ目をつけてからお湯を半分くらい入れて、お湯がなくなるまで焼く。という方法をこちらで拝見し、今度チャレンジする予定なのですが、お湯を入れてからの火の強さが分かるかたいましたらこちらも教えてください。

Aベストアンサー

卵と同じく、パン粉もつなぎです。パン粉の代わりにお麩を砕いて使う人もいるようです。
牛乳はパン粉やお麩が肉に混ざりやすいよう湿らせる為です。水でもOKです。酒やコンソメスープ、玉葱をすりおろした水分を使う人もいるようです。(ハンバーグには少し水分を足した方がジューシーで美味しくなると説もあります)
これら全部、なければ無いで全く問題ありません!

最多で、つなぎ:肉=1:1ぐらいまで行けるんじゃないでしょうか。
今、冷蔵庫に肉がどれくらいあるか、どれくらいフンワリさせたいか、肉々しい味が好きか、ファミレスっぽい味(?)が好きか、
などお好みに合わせて、好きなように加減してください。
毎回気分によって変えると楽しいですよ。

お湯焼きは強火でお願いします。餃子と同じで、とにかく熱々の沸騰したお湯を入れるのがコツです。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報