出産前後の痔にはご注意!

AT車でエンジンブレーキを使うと燃費は良くなりますか

私は減速は常にエンジンブレーキを使うように心がけています。
D→(2)→(1)と落としていきます。追突防止のためにブレーキランプがつく程度フットブレーキも踏んでいますが、予想以上に減速してヒヤリとする事もたまにあります。

時速60キロから(2)に入れた時にレブが急激に上がるのは、自動車の進む力(慣性)とギア比で回転が上がっているのか、それとも変速ショックやタイヤのロック(回転不足)によるスピンや制御不能状態を防ぐなどの理由でヒールアンドトゥのようなことが行われていて、結果的にアクセルを踏み込んでレブを合わせていて燃費を悪化させているのか、どちらですか

エンジンブレーキを多用するとミッションが壊れたり、エンジンが壊れたりする可能性はありますか、これも聞く人によって意見が様々で、「その程度では壊れない加速や坂道程度で壊れるか!」という人もいれば「無理な使い方だから壊れる、オイル漏れを起こす」という人もいます。実際私の車はオイル漏れ(エンジンブロック上に滲んでいます)を起こしています。

加速も一緒に乗っている友達が焦るほどのふんわり加速で、後ろの迷惑になっている可能性もありますが燃費には代えられず、60キロに達するまでに20~30秒かけて徐々に速度を上げています。坂道を登るときもタコメーター凝視しながら、レブが上がりギアが下がる制御がかかったときには、アクセルを軽く煽って低いレブ高いギアを保つようにしています。

私の運転はエコドライブではなく、燃費重視のエゴドライブです。
燃費悪化を招く間違えているところがあれば指摘してください。
ただし、赤信号でアイドリングストップ後発進が遅れ、通過できる台数が減り、結果として二酸化炭素排出量が…という指摘はいりません。全体ではなく自車のみの燃費を考えてください。

燃費計をつければ解決しそうですが、3万円の燃費計をつけて元が取れるかどうかと思うと本末転倒なような気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

まあご自分で「エゴドライブ」と言われているのでおわかりかと思いますが、やめておいたほうがいいような運転でしょうね・・・。



というのは置いておいて。
>60キロに達するまでに20~30秒かけて徐々に速度を上げています。
間違いです。
・スロットルの開け方が小さい場合、狭いところを空気が通るためにそれ自体が損失になってしまいます。負荷の小さな巡航中ならともかく、加速中では余計な損失となり効率が良くありません。
・また、ATであればODギアへのシフトアップが遅く低いギアを使う時間が長くなり、結果として回転数もさほど下がりません。
・さらに、EFI車であればアクセル開度と燃料噴射量は必ずしも比例せず、負荷がかかったダラダラ加速では、加速用燃料マップを使用し通常より燃料を増量した状態を延々と続けることになっているかも・・・(ベタ踏みほど増量しないのはもちろんですが)。これは車種によってセッティングが違うので一概には言えませんが、傾向としてはこうなるはずです。

ふんわり加速そのものは間違いではありませんしベタ踏みが燃費最悪なのも間違いありませんが、本気のエコ運転であれば、動き出したらある程度アクセルを踏んで必要な速度に早目に到達し、巡航時間を長くする方がメリットです。
これは、ダラダラ加速では「負荷がかかってパワーも出ない低効率状態が長く続く」のに対し、巡航は「負荷が小さくパワーを必要としない状態を長く続ける」ことになるからです。


本題のATですが、
・ブリッピング(ヒール&トゥはこれするための操作です)制御をしているATであれば、急減速時にはそれなりに多量の燃料を噴いて回転数を合わせているでしょう。
・回転数について、「レブリミッター」はNo.5さんのお書きのとおりのものですので、エンブレによる許容外回転数を抑止することはできません。ただ、AT自体が許容回転数を上回る結果を招くようなシフト操作を拒否しますので、結果としては大丈夫です。
・大丈夫といっても、外からの力でムリヤリエンジンを回させるのがエンジンブレーキなので、あまりにも急激なエンブレを常用していれば、エンジンには負担でしょうし、それ以上にミッションへの負担が大きいと思います。ただ、オイルは関係ないような・・・。

なお、
>坂道を登るときもタコメーター凝視しながら、レブが上がりギアが下がる制御がかかったときには、アクセルを軽く煽って低いレブ高いギアを保つようにしています。

というのがよくわからないのですが。
キックダウンを防ぎたいがためにアクセルを煽って(燃料を増量して)、何か意味があるのでしょうか?回転数増加による噴射回数の増加と、アクセルを踏んだことによる燃料増量のどちらがメリットあるかなんて、かなり謎なのですが・・・。どちらかというと高いギアで回転数が低い状態(パワーが出てない状態)で燃料を増量した方が効率が悪いように思えてしまいます。
こちらはわたしもよくわかりませんけどね。
    • good
    • 2

他の回答者さんも指摘されていますが、今時の車はアクセルオフしたときに、時速20キロ以上であれば燃料の供給を一切しないはずです。


したがってわざわざ強いエンジンブレーキを掛けなくても良いはずです。
燃費ということでは変わらないはずです。
ただし、常にエアコンをつけているとか、電力の消費が多い車では発電という意味ではプラスがあるかもしれませんが。
それから、2速は良いと思いますが、1速に落とすのはいかがなものかと思います。
ギア比にもよりますが、1速は発進専用で減速には適さないのではないかと思います。
もっとも、エンジンブレーキを多用したくらいでミッションやエンジンが劣化することはないはずです。
その程度回しただけで壊れるのであれば、軽自動車で高速道路を走ったら頻繁にエンジンやミッションが壊れることになります。

また、60キロまでの加速ですが、2500回転くらいまでエンジンを回していち早く60キロに到達するのが一番の省燃費運転と思われます。

それから、ガソリンの消費量とは別で、20秒から30秒かけて60キロまで加速することはエンジンの劣化を招き、結果、高い出費となるので気を付けてください。
エンジンは3000回転くらいから本来の性能を発揮します。
それ以下の回転数ではノッキング(不完全燃焼)が起こりやすくなります。
ノッキングが起こるとカーボンやスラッジといった燃えカスが発生してエンジン内に蓄積します。
これがこびりつくと大変なことになります。
アイドリングが不安定になってすぐにエンストしてしまったり、加速力が落ちてしまったりと不調になります。
結局、エンジンの清掃(フラッシング)やオーバーホールでお金がかかります。
こうならないためには、エンジンが本来の性能を発揮する3000回転以上の回転数までまわして、燃えカスを吹き飛ばしてあげることを日々定期的に心がけるのが一番です。
ガソリンの量にして、数十CC。
数円の出費です。
数円の出費でエンジンをきれいで高性能に保つことが出来るのですから安いものだと思いませんか?
    • good
    • 4

エンジン回転数が高いエンジンブレーキは、車からより多くの運動エネルギーを奪います。


ただし、得られるものは、その時間あたりのアイドリング分の燃料が節約できるだけです。

それよりも、前もってエンジンブレーキを使わなくても済むようなアクセルワークを心がけるほうが、何倍も燃料を節約することができます。

http://www.eccj.or.jp/recoo/annai/page_annai02.h …
http://www.nenpikoujyou.com/nenpi/gengraf2.gif
    • good
    • 2

>D→(2)→(1)と落としていきます。



マニュアルミッション車両でもこんな操作はしません。
ATミッションが壊れますよ。
    • good
    • 8

どのような話を信じたのかは知りませんが、ミッションからのオイル漏れがあるならすでに車の限界を超えています。



一般道で訳のわからないシフトダウンが燃費向上になるはずもありません。
むしろ悪化してるはずです。それなのに燃費が上がったと言ってる事が信じれません。

ODをOFFで、十分なエンジンブレーキが得られますし、普通の速度なら必要ないでしょう。
レース場での話ならわかりますが、一般道では迷惑な走行です。

質問を読んで、今まで事故のなかったことはラッキーでしょう。
現実に「ひやり」としたんでしょ?後続の車のドライバーに感謝してください。

高齢者、初心者では突っ込まれてますよ。
    • good
    • 1

No.2です。

ちょっと補足を。
私の車、相当低い回転まで燃料カットが働いているように思います。Dのまま、1500回転程度でもカットされ、1000回転を割ったあたりで供給でも過給が再開されるようです。このあたり、車によっても違うのでしょうけど、わざわざシフトダウンして減速しなくても十分燃費には良いでしょうね。それよりも、シフトダウンで減速する必要もないような先読みが大切だと思います。
私の車・・・古い高出力車です。普段の走りでは、同型車の人が驚くような燃費で走っています。
    • good
    • 1

エンジンブレーキを使っても、その間ガソリンを噴射しないだけであって、ガソリンが増える訳では有りません。

せっかく加速した運動エネルギーを捨てているのは同じです。

重要なのは、頻繁にブレーキを掛けなくて済むように無駄に加速をしないことです。
    • good
    • 1

私は、減速時エンジンブレーキを・・・これは当たり前の話です。


アクセルペタルから足を離した時点で これがエンジンブレーキです(心がけなくとも誰でもやっていること)平坦路でD→(1)→(2)減速 尚且つブレーキを踏む(疲れますね~)
燃費 悪くなりますよ Dレンジで静かに 大人しく走った方が燃費は向上するのでは・・・

それよりも路面状況が悪い(湿潤)冬場の雪道状況で急激な減速をしたら車はどうなるか?考えたことがあるでしょうか。

質問者さん AT車 よりMT車に乗って 今のような操作をし乗ることお勧めします(燃費計 3万円すぐに買えますよ)
    • good
    • 1

>エンジン回転については、リミッターなどが付けられていて、過回転になることはありません。



これはでたらめですから信用してはいけません

リミット動作はエンジン自体が過回転を防ぐものであり
ドリブン側からの力(車輪側から回される)を抑制することはできません
リミッターは燃料カットや点火カット(一般的な車は燃料カット、後者はバイクなど)
によって過回転を防ぐ仕組みになっているので・・


知ったかぶりは皆の迷惑です
    • good
    • 0

>オイル漏れ(エンジンブロック上に滲んでいます)


カムカバーの滲みでしょ。
ある程度年数が経てば、どの車でも可能性はあります。
当然、MT車でもありますよ。

>自動車の進む力(慣性)とギア比で回転が上がっているのか
燃焼による、ピストン押し下げの、(+)的力が無く、吸気抵抗や、圧縮抵抗だけの(-)的力だけだからエンジンブレーキになります。

AT/CVTの場合、許容範囲外の動作は受け付けません。
変速すると言うことは、許容範囲内であって壊れる可能性が低いと言うことです。

エンジン回転については、リミッターなどが付けられていて、過回転になることはありません。

>加速も一緒に乗っている友達が焦るほどのふんわり加速で
必要な速度までは、一気に上げた方が燃費は良いと思いますよ。
ばかげた加速ではありませんが。
速度を維持するために必要な燃料以上の燃料消費時間を如何に少なくするかです。

>道を登るときもタコメーター凝視しながら、
その前から加速して、必要なパワーを速度に換えて溜めておいた方が良いんじゃないの。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオートマでエンジンブレーキを頻繁に使うと?

スパシオに乗っています。
最近燃費向上のためエンジンブレーキを多用しています。
例えば信号が赤になるようだったらセカンドにし、10m位まで近づいたらロウに切り替え、
ブレーキは3m位でかけます。
このような使い方は何か問題があるでしょうか?
先日ガソリンスタンドでオートマオイルが汚れていると言われました。
関係あるんのでしょうか?
メカ音痴なのでよろしくお願いしいたします。

Aベストアンサー

すっごい盛り上がりですね。

結論。
AT車でもMT車でも
燃料カットは行っています。
ATの方がノッキングにシビアであるので
MTとは違うカットのマップになっていますが
「シフトダウンブレーキを行うと確実に燃費は向上します。」

面倒くさい・流れに乗れない…
そう言う人は行うべきではありません。
速数の多いATであれば、予測しながら流れに乗りながら
シフトダウンを行う事は全然可能です。
というか、5速以上のATでは
速度域に合わせての変速操作を普通行います。それが面倒な人はAT限定運転者なのでしょう。

さすがに3速ATでそれを行うのは危険=速度域が危険すぎる。
とはいえます。
Dで走行中にフットブレーキを踏みながら2NDやLに入れるのは
ブレーキが掛かりすぎます。
4ATであれば実際は、せいぜいODカットなどの併用くらいですね。

質問者さんは、スパシオ=4AT車で
しかも信号を見たらセカンドに入れる!?
それは流れに乗っていないでしょう?
フットブレーキ併用すると、ブレーキが速すぎます。
=その後だらだら交差点まで近づくのですね?*???
そんな事したら却って燃費が悪いです。
=だらだらの走行区間は、アクセルオフには出来ないから
その区間は燃費の悪い2NDでわざわざ走行してガソリンを出していることになります。

それだったら、赤信号を遠目に見たら、Nレンジに入れて(アイドリング)
フットブレーキでコントロールする方が遥かに危険でなく燃費に良いです。
=だからってエンジン切らないでくださいね。死にますよ?

オートマオイルの汚れ=摩耗ではないですが
色合いで負担度は判断できますが
GS店員の言うことをまともに請け合う必要は在りません。
=ディーラーなど信頼の於ける工場の言うことだけ聞いていてください。

すっごい盛り上がりですね。

結論。
AT車でもMT車でも
燃料カットは行っています。
ATの方がノッキングにシビアであるので
MTとは違うカットのマップになっていますが
「シフトダウンブレーキを行うと確実に燃費は向上します。」

面倒くさい・流れに乗れない…
そう言う人は行うべきではありません。
速数の多いATであれば、予測しながら流れに乗りながら
シフトダウンを行う事は全然可能です。
というか、5速以上のATでは
速度域に合わせての変速操作を普通行います。それが面倒な人はAT限定運転者なのでしょう...続きを読む

Qエンジンブレーキで燃費は悪くなる?

CARトップという車雑誌を読んでいたら
「山道では燃費なんか気にするな」
というタイトルで内容は
”雪の山道を下るときは安全のために
 燃費なんて気にせずエンブレを活用しよう”
というものでした。
アクセルを踏んでいないのでアイドリング以上のガソリンを
くうことはないと思っていたのですがエンジンブレーキを
多用すると燃費は悪くなるのでしょうか。

Aベストアンサー

どう考えても燃費は良くなると思います。
他の方も言っておられるように、エンジンブレーキを使うと(アイドリング回転数位までは)燃料はカットされるので燃料消費は「0」です。

雪道の走り方でも無謀な走りをしない事前提であれば適宜エンジンブレーキの使用で燃費は改善されます。

まぁそれ以前に、雪道での「安全的速度」はかなりの低速となるので通常路と比較にならない程燃費は悪いですね。

ですから、「雪の山道を下るときは安全のために燃費なんて気にせずエンブレを活用しよう!」じゃなくて、
「雪の山道を下るときは安全のために低速走行で適宜エンブレを活用しよう!」の方がしっくり来るなと思います。

ただ、行きの登坂路よりも帰りの方が燃費は良いです。

QATでヒールアンドトゥのような運転してもいいの?

ATでヒールアンドトゥのようにアクセルとブレーキを両方踏んで、減速しても問題ないですか?
右足だけでのヒールアンドトゥというイメージで運転してみたいです。実際にそんなことしてる人いますか?

Aベストアンサー

MT車でヒールアンドトゥを行う意味(意義)をご存知ですか?
ブレーキで減速させながら、シフトダウンさせたギアを繋ぐ時に、適切なエンジン回転数に
合わせる為にアクセルを踏むのです。

で、AT車では、車が自動的に(勝手に)ギアを選ぶので、アクセルとブレーキを両方踏んでも
ブレーキ性能(制動力)を維持しつつ適切なギアを選ぶ事は出来ません。
#できる自動車があるなら是非紹介してください。

>右足だけでのヒールアンドトゥというイメージ

左足を使った、ヒールアンドトゥはあり得ません。
#左足は、クラッチ操作をするので
#FF車などでのコーンリングテクニックに、アクセルとブレーキを同時に踏むテクニックは
 ありますが、ヒールアンドトゥではありません。

>実際にそんなことしてる人いますか?

行動ではいないと思いますが、いたとすると、お馬鹿な人。
レースなどではあり得るかもしれませんが、超高度なテクニック。
そして、現代のレースカーではそんな操作は、殆どの場合無意味なように出来ています。

Qオートマでエンジンブレーキ使いますか?

長い下り坂はオートマでもエンジンブレーキ使うのは当たり前ですが、
平坦な道で信号などで止まるときもエンジンブレーキ使いますか?
使った方がブレーキパッドの減りが少なくなりますが、
ブレーキランプが付かないので危険なような気もします。
なるべくエンジンブレーキを使って止まる方が上手い運転か?
なるべく使わず止まる方が上手い運転か?どちらでしょうか?
また頻繁にエンジンブレーキを使う運転と
あまり使わない運転とではエンジンに良いとされる運転はどちらですか?

Aベストアンサー

>平坦な道で信号などで止まるときもエンジンブレーキ使いますか?
 はい。

>ブレーキランプが付かないので危険なような気もします。
 エンジンブレーキのみで停止直前まで急減速する訳ではないし、
 後続車高速域からいきなりローに入いる訳ではないので危険はない。

>なるべくエンジンブレーキを使って止まる方が上手い運転か?
 運転の上手下手には関係ないと思います。

>また頻繁にエンジンブレーキを使う運転と
>あまり使わない運転とではエンジンに良いとされる運転はどちらですか?
 今のオートマは、オーバーレブ(過回転)しない設定になっているので
 エンジンへの負担に差は無いといえます。

>ブレーキパッドの減りが少なくなりますが、
 そうですね、フロントは10万キロ、リアは20万キロくらい持ちます。

危険回避は、減速して回避するのが基本ですが、
加速した方が回避しやすい場合もあるので、
Dレンジホールドより2ndなり1stなりにシフトした方がスムースです。

QギアのDに右にあるSって何でしょうか?

お世話になります。
私は免許は持っておりますが車を持っていないので教えてください。

先日、叔母の車(ヴィッツ)を運転する機会があったのですが、
ギアを見てみると、見慣れないSというのがありました。
それはDの右側にあったのですが、そこにギアを入れて固定できるのか
一瞬だけ入れるのかは判らなかったのでずっとDで走ってました。

Sというのはどういう時に使うギアで、どのような
役目があるのでしょうか?
初歩的な質問なんでしょうが、何せ車には疎いものなので
教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

皆さんのご指摘どおり「スポーツモード」です。

しかし、このモードは誤解が多いので改めて書きます。

メーカーの取説などには、#3様回答のように記されていますが、分かったような分からないような内容ですね。
具体的に説明すると
といってもヴィッツのオートマはCVTなので「何速ギア」と言うわけにはいかず解りにくいのですが・・・。

>下り坂では軽いエンジンブレーキが得られます。
◎コンピューター制御で最適な減速比(ローギアー側)に設定します。
アクセル開度(踏み加減)と車速の伸びを車速センサーなどが感知
→コンピューターが降坂走行と判断→最適なギア比設定する
すなわち
通常のDレンジ走行では、オーバードライブのギア比設定となり、エンジンブレーキは効きません。
すると、(フット)ブレーキ多用してしまいますから、それを回避しようとするわけです。

>上り坂ではエンジン回転数の変化が少なく、なめらかできびきびとした走行ができます。
◎ギアチェンジをしにくく設定されると考えると分かりやすいです。
例えば、急坂をそれなりのスピードで登坂中の急カーブにさしかかったと想定すると。
Dレンジ走行では
それまで2速相当のギア比で走行してきたものが
→急カーブ手前でアクセルOFF
→駆動力が不要になったと判断して
→より高速側のギヤ比へ切替ります
→カーブを立ち上がってアクセルON
→駆動力不足するので→低速側ギア比へ切替えてから加速へ移ります。
この一連の変速は不要だったのです。
Sモードなら
以上の変速を、アクセル開度と車速センサー情報から判断して最適ギア比をホールドしますから
無用な変速がなくギクシャクせず、かつカーブからの素早い立ち上がりが可能であると。
いかにもスポーティーなイイ感じでは?

ついでに付け加えれば
Sモード選択したからと言って、絶対的な加速や最高速度のアップはありません。
市街地でSモード走行すると、変速し難い設定になりますから
例えば加速中に、一瞬前が詰まってからスグに再加速するような状況で、先ほどの急勾配登坂中の急カーブ通過時と同様に無用な変速が発生せずスポーティー走行が可能です。
もちろん燃費悪化は避けられませんが。

日常的にオートマチック車を運転していない場合は、分かり難いと思いますが・・・。

皆さんのご指摘どおり「スポーツモード」です。

しかし、このモードは誤解が多いので改めて書きます。

メーカーの取説などには、#3様回答のように記されていますが、分かったような分からないような内容ですね。
具体的に説明すると
といってもヴィッツのオートマはCVTなので「何速ギア」と言うわけにはいかず解りにくいのですが・・・。

>下り坂では軽いエンジンブレーキが得られます。
◎コンピューター制御で最適な減速比(ローギアー側)に設定します。
アクセル開度(踏み加減)と車速の伸びを車速...続きを読む

QMT車でフットブレーキとエンジンブレーキどちらを使うとより燃費によいですか?

国産MT車に乗っています、私は信号でとまる時など事前にギアを下げてエンジンブレーキでスピードを下げておいて最後にフットブレーキで停止させています。先日妻を乗せたときにエンジンブレーキを使うと回転数が上がって返って燃費が悪くなるのではないのか?と言われました。確かにそうだなと・・・実際のところどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

車の燃料供給はほとんどが電子制御されています。
エンジンブレーキをかけている時は、燃料が供給されなくなりますので燃費は悪くなりません。
逆にフットブレーキを多用すると、ブレーキディスクやパッドの消耗が大きくなります。

Qエンジンブレーキ時のガソリン消費について

車でエンジンブレーキを使用した時、ガソリンは消費するのでしょうか。アクセルを踏んでいないので消費しないと言う意見と、エンジンが回っているので、するという意見で分かれています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 エンジンの制御の 
 突っ込んだ話を書いとくと

 日産時は、
 結論を書くとエンジンブレーキ時のガソリン消費について完全に0ではありません
 限りなく0に近いのが正解です
 それが一般にはガソリン消費しないと言う認識で問題無いです

 実際にエンジンの燃料噴射ポンプに噴射指令のパルスを送りますが、ガソリンの噴射の量はパルスの幅で決まります
 少なくとも、この噴射指令のパルスの指令はエンジンブレーキ時のガソリンカット時も・・・・
 では、どの様な噴射の量のパルスの幅かと言うとパルスの幅が最小の状態を言います
 この最小の幅の時は、燃料噴射ポンプが噴射するかしないかの時間ですので・・・・出でもホンの微量です
 この状態でインジェクターのデータを収集して燃費を表示する機械で見ると燃料噴射が限りなく0に近いの・・・・
 データが表示される範囲を超えてしまいますので
  -- とかの表示にされます

 他社も多分同様でしょうね

 したがって、一般的な解釈として燃料をカットと表現しても問題は無く、一般ユーザ向けの説明に燃料をカットと表現されてますし、そのように解釈をして問題無いです

 

 

 エンジンの制御の 
 突っ込んだ話を書いとくと

 日産時は、
 結論を書くとエンジンブレーキ時のガソリン消費について完全に0ではありません
 限りなく0に近いのが正解です
 それが一般にはガソリン消費しないと言う認識で問題無いです

 実際にエンジンの燃料噴射ポンプに噴射指令のパルスを送りますが、ガソリンの噴射の量はパルスの幅で決まります
 少なくとも、この噴射指令のパルスの指令はエンジンブレーキ時のガソリンカット時も・・・・
 では、どの様な噴射の量のパルスの幅かと...続きを読む

Qレギュラー車にハイオクを入れる利点は?

(1)レギュラー車にハイオクを入れるメリットは
あるのでしょうか?
(2)またいったんハイオクを入れてレギュラーに
戻す時は注意すべきことはあるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ハイオクとレギュラーの違い

エンジンは空気と霧状のガソリンを混ぜたもの(混合気)をシリンダ内で圧縮して火花点火をすることによりパワーを得ます

パワーを上げるには単純にこの「圧縮」をどれくらいにするかで決まります(他の要素も沢山ありますが)
圧縮すればするほどパワーは上がりますが、圧縮している途中で圧力に耐えられなくなったガソリンが自然発火してしまいます(ノッキング現象を引き起こします)

そこで高圧力に耐えられるガソリンがハイオクです
オクタン価はアンチノック性能を示す度合いです
レギュラーで90前後 ハイオクで98~100です
レース用ガソリンは110~120くらいあるものもあります

これを踏まえて、ここで質問に当てはめて考えてみると

(1)レギュラーガソリンを前提としているエンジンにハイオクを入れても意味はありません

(2)混ざっても本質はガソリンです、特に注意点はありませんし問題もありません


市販のハイオクは、オクタン価以外にも各社工夫をしており、様々な添加剤やエンジン洗浄剤を添加している場合が多く、オクタン価以外の恩恵があると考えられます
しかし、ハイオク入れるよりも市販の添加剤を混ぜたほうがより期待できると思われます

ハイオクとレギュラーの違い

エンジンは空気と霧状のガソリンを混ぜたもの(混合気)をシリンダ内で圧縮して火花点火をすることによりパワーを得ます

パワーを上げるには単純にこの「圧縮」をどれくらいにするかで決まります(他の要素も沢山ありますが)
圧縮すればするほどパワーは上がりますが、圧縮している途中で圧力に耐えられなくなったガソリンが自然発火してしまいます(ノッキング現象を引き起こします)

そこで高圧力に耐えられるガソリンがハイオクです
オクタン価はアンチノック性能を示す度合...続きを読む

Qエンブレはガソリン食う?

国産のちいさいマニュアル車に乗ってます。エンブレかけるときシフトダウンしますが、その際ガソリンは食うものでしょうか?回転数が上がるだけ? 環境のことを考えるのもありますが、ここのとこのガソリンの高騰で辟易していて・・リッター22キロだから十分だろうかとも思うのですが、毎日乗るから気になって。どなたか詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今の車は、電子制御で、アクセルペダルを離した状態で、エンジンの回転数が一定以上の場合、燃料をカットします。これをフューエルカットといいます。

蛇足ですが、
エンジンブレーキをかけるために、シフトダウンはどのようにしているのでしょうか?

マニュアル車はエンジンとクラッチディスクを圧着させて動力を伝えて、変速する時は、エンジンとクラッチディスクを離して動力を遮断しています。

クラッチを繋げるとき、半クラッチの状態になりますが、エンジンとクラッチディスクは、こすっている状態で、この状態は、クラッチディスクを摩耗させます。

変速の理想は、エンジン回転数とクラッチディスクの回転数が同じ場合、できるだけ半クラッチ状態が短いことが理想です。

エンジンブレーキをかけるとき、どうかけているか解りませんが、ブレーキで速度を落とさず、シフトダウンして、ちょっと長め半クラッチをして円滑に繋いでいる場合、クラッチディスクは摩耗します。急激に繋げば、衝撃がはしり、動力伝達部品にねじれ振動がかかります。これで破損することはないですが、乗り心地が悪いと思います。

クラッチディスクが摩耗したら、クラッチペダルを離しても、エンジンの動力を確実に繋げることができず、エンジンの動力をいくぶんか損失させ、結果的に、燃費が悪くなります。

ブレーキを考えた場合、ガソリンカット(フューエルカット)、クラッチディスクの摩耗、ブレーキパットの摩耗、乗り心地を上手く考えてしないと、どれかで痛い出費、もしくは不快になるかもしれません。

私は、データがないので、どうすればいいかよく解りませんが、こういうことを頭に入れておいても損はないかと思います。

以上、参考になれば幸いです。

今の車は、電子制御で、アクセルペダルを離した状態で、エンジンの回転数が一定以上の場合、燃料をカットします。これをフューエルカットといいます。

蛇足ですが、
エンジンブレーキをかけるために、シフトダウンはどのようにしているのでしょうか?

マニュアル車はエンジンとクラッチディスクを圧着させて動力を伝えて、変速する時は、エンジンとクラッチディスクを離して動力を遮断しています。

クラッチを繋げるとき、半クラッチの状態になりますが、エンジンとクラッチディスクは、こすっている状...続きを読む

Q正月のガソリンスタンドは開いてる?

正月三が日はガソリンスタンドは開いてる所があるんでしょうか?
休日扱いで、よく第1、第3日曜は休みとかの持ち回り休日みたいになるんでしょうか?

Aベストアンサー

一般道 
主要国道や、宇○美、太○、一○、24時間セルフスタンドは、
営業してます。
意外と、都市部や個人経営の小さいスタンドは、
休みが多いですね。
高速道
地方の高速道路(山間部に多い)は、
営業時間が7:00~22:00までが多いですね。
(年末年始は分かりませんが・・・。)

よく計画を立てて出発を。
 


人気Q&Aランキング