出産前後の痔にはご注意!

消防設備士の資格について。


新たに資格試験を受けようと考えています。

消防設備士では、乙種第1類~第7類までありますが、実際の設備現場では何類が一番求められているのでしょうか?
もう一点としまして、ボイラー技師と消防設備士のどちらのほうが求められていますか?
その理由は、ボイラーそのものの需要が下降傾向にあると聞いたことがあるためです。

この手の資格を求められている業界におられる方、ぜひアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は、ビルメンの元経験者で、消防設備士の資格者です。


ボイラー技士は持っているけど、実際には「ボイラーを設置しているところは相当少ない」
と思いますし、真空式発生器と言って、ボイラー技士の資格がなくても大丈夫な機械が
多いと思います。(複数の現場を見てきましたが)

ですが、(3冷凍もそうですが・・・)欲しいのは 知識、理屈を解っているかどうかです。
有資格者で、実際に器具を触ったことがない人よりも、無資格者でも、理屈が解っている方が
現場は重宝します。

消防設備も同じで、「Aと連動してBとCが働く、その為に、Cが働かないように
○○の処置をあらかじめ行っておく・・」と言うのを理解しておかないと、
「持っているというべきではないでしょう=そのためには消防設備士の資格2,3個程度合格して、
消防設備業に就職してから、資格を増やしてゆくか、ビルメンの会社に就職して、消防点検にできるだけ
立ち会って、(資格取得者なら)知識を増やしてゆく=それから消防設備業へ・・と言うのも手です。

「2種電気工事士を取得したのに、テスターの使い方を知らない」とおんなじことです。

圧倒的に必要なのは 乙6と、甲4と甲1です。
ビルメンに就職するなら、ボイラーの方が良いと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ちゃっかり、甲乙兼用の4類のテキストを買ってしまいました。甲の受験資格はありますので、勉強をして試験を受けようと思います。

仰る通り、今や経験がなくとも、この手の資格を持っていないと、応募条件を満たさなかったり、給料に影響しますので、揃えざるを得ないという気がしております。

お礼日時:2010/07/10 19:08

消防設備の会社を経営しています。



まあ一般的には甲種4類と乙6でしょう。

消火器はどのような物件にも原則的に設置されていますので、取り扱いができると便利です。
4類は次によく設置されている自動火災報知設備に対応できますので、重要です。とくにビルメンテナンス会社でも消防設備のトラブルというのは大体が自動火災報知設備の不具合ですので、資格があると便利です。

ただし、有資格者だからすぐに作業ができるということにはなりません。甲種であっても(受験資格は別として)合格するだけならそれほど難しいことではありません。

しかしほぼ毎年変わる消防法、メーカーや製造時期による違い、建築基準法とのからみでの設置要件の基準、消防との折衝、など資格を持っていてもできないことのほうがたくさんあります。

私の会社でも過去に有資格者を雇用したことがありますが、はっきり言って職業訓練校などで勉強して取ったというような経験の無い人は、まったく仕事になりませんし、5年程度この仕事から離れると、かなり浦島太郎になります。

もし消防設備業に就職を考えているなら、入社してから会社の要求する資格を受験したほうがいいでしょう。
またビルメンなどの就職を考えていて、資格を取るなら面接で資格を持っているとアピールしないほうがいいです。現場に配属されてすぐにトラブル対応になったときに「お前資格持っているだろう」と指名されてもなんにもできないからです。

資格をとるなら現場経験を同時積むことを考えるようにしてください。

なお、ボイラー資格はたしかに最近下火になっています。これはボイラーの需要がなくなったのではなく、小型のボイラー資格の要らない湯沸かし器でかなり大きな建物もまかなえるようになったからです。
それでも大きなボイラーを必要とするところはありますから、需要が無くなるということはないでしょう。
でもこれもやはり経験がものを言う仕事ですので、単に資格を取る、という風に考えないほうがいいと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


>資格を持っていてもできないことのほうがたくさんあります。
>トラブル対応になったときに「お前資格持っているだろう」

現実的には、こういった結果、結論に達するのですか。
田舎のペーパードライバーに対し、いきなり都内の道を走らせるようなものでしょうか(笑)

参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/10 19:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 消防設備士乙-6を取るよう勤務先で進められます。自分としてもチャレン

 消防設備士乙-6を取るよう勤務先で進められます。自分としてもチャレンジしようと思います。どこでどのような教本を買えばよいでしょうか?。若くない(61歳)ので今頃から準備したいと思います。58歳で危険物取扱者を取りました。それに比べて難易度はどうでしょうか?。

Aベストアンサー

乙6消防設備士です。

乙6は消防設備士の中では最も基本となる区分で参考書の数も多いです。大型の本屋さんで読みながら探されると良いと思います。(たいてい資格書か建築関係・消防関係の所に置いています)オーム社と弘文社の本は評判が良く、使用している人は結構多いです。後で出てきますが、写真や図の多いものをお薦めします。

消防設備士は筆記試験と実技試験です。筆記は4択のマークシート、実技と言っても内容は記述式の筆記で、写真を見て名前や役割などを答えさせたり、整備方法を答えたりといった内容です。
危険物よりかは少々難易度は上がります。乙6の場合は機械の問題が出てきますのでその対応が必要なこと、法令の問題は危険物より込み入っていることなどが難易度を押し上げています。消火器そのもののことや整備方法などはしっかりやればそれほど難しくないと思います。実技対策は乙6の場合は、筆記の延長で十分対応できます。合格率は乙6で40%程度と言われていますが、もともと取得意識のある人が多く受けるので、危険物よりは合格率は上がっています。
一方で試験の合格点が、筆記で各分野40%以上の全体で60%以上、実技が減点式採点で満点の60%以上なので、ハードルは下がります。

そして注意事項を1つ。
法令の勉強をしたら出て来る内容ですが、消防設備士の免許を取ったら一定期間毎に講習の受講が必要です。これは危険物と違って、実務に就いていなくても必ず受けないといけない講習です。講習は丸1日ですし、費用も7000円と高めです。会社が講習費用と時間を負担してくれる分にはいいのですが、実務を引退した後も受講が必要だということを頭に入れておいて下さい。

乙6消防設備士です。

乙6は消防設備士の中では最も基本となる区分で参考書の数も多いです。大型の本屋さんで読みながら探されると良いと思います。(たいてい資格書か建築関係・消防関係の所に置いています)オーム社と弘文社の本は評判が良く、使用している人は結構多いです。後で出てきますが、写真や図の多いものをお薦めします。

消防設備士は筆記試験と実技試験です。筆記は4択のマークシート、実技と言っても内容は記述式の筆記で、写真を見て名前や役割などを答えさせたり、整備方法を答えたりといっ...続きを読む

Q消防設備士と消防設備点検資格者の違いについて

現在、施設管理をしておりますが、消防設備の部署へ移動したいので、消防設備関係の資格取得を考えています。

【消防設備士 甲種】
指定区分に応じた消防用設備等の工事、整備及び点検をすることができる。

【消防設備士 乙種】
指定区分に応じた消防用設備等の整備及び点検をすることができる。甲種と違い工事は出来ない。

【消防設備点検資格者】
消防用設備等の点検を行うことができる。

とあったのですが、取得してから何年かおきに講習でお金もかかるとの事で、どの順番で、どれを取得すればいいのか迷っています。

ちなみに第二種電気工事士の資格は、今年に受けて結果待ちです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は電気工事をして1種電気工事士、消防設備士甲4、その他にいくつか持っていますが

施設管理で消防設備の業務でしたら、整備・点検に工事もできる消防設備士甲種を取得すれば良いと思います
大規模な工事は専門の業者に依頼するとしても、部品の交換などの工事が出来ます

消防設備でも消火設備(消火栓・消火器・スプリンクラー)避難設備(避難器具・誘導灯)などありますが
最初に警報設備(自火報・ガス漏れ警報等)の甲種4類を取得されるのが良いと思います

また消防設備点検資格者1種・2種は、主にビルメンテナンス(ビル管理)・防災設備会社が
防火対象物の消防設備法定点検を行い、消防に点検結果報告書を提出するのに必要な資格と思っています

1種電気工事士・消防設備士は5年ごとの定期講習が義務付けられて、これがなかなか大変です
何はともあれ、2種電気工事士を無事合格されるといいですね

Q消防設備士の需要ってどうなんですか?

将来性はありますか?また独立可能な資格なんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には必要に迫られて取る資格だと思います。ビルメンテナンスや一般企業の
管財や総務、防災関連の部署などで点検を自前でしたり責任者となるためには不可
欠なことも多い資格であり、一定の需要はあるでしょう。また、甲種は工事もでき
るので、建築関連でも必要な場合があると思います。(特に電気関連の甲4、乙7)
独立できるか?というのは、目的や取得後の事業形態にもよると思いますが、この
資格だけで独立はちょっと難しい(上記のように、主事業の付随業務的な面がある
ので)のでは・・・(防災のコンサルタント等におなりになるなら分かりませんが)

Q消防学校に入校するまでの勉強

先日消防の採用試験に合格し、来春から消防学校に入ることになりました。
そこでそれまでの期間、事前に勉強したいと思っています。
前もって取得しておいて役に立つ資格などありますでしょうか?
今のところ危険物乙4と消防設備士乙6の勉強をしながら体力トレーニングに励んでいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合格おめでとうございます!

前もって取得しておくと役に立つ資格ですが
採用される消防本部の地域の特性によって違いますね。
たとえば海岸を管轄する本部では小型船舶操縦士など持っていて
損はないと思います。

また勉強のほうですが、しいて言えば「一般常識の漢字」「基礎的な計算力」
を今一度復習なされておいたほうがいいと思います。(中学卒業程度で充分です)

幸運にも救急隊になられた場合、現場で患者さんの氏名を聞いても
漢字が出てこないことが、たまに(しょっちゅう)ありました。(汗)

将来、機関員(消防車の運転手のこと)になった場合にも放水量や圧力の計算など
結構、計算力も必要です。(公式などは、消防学校で教えてくれます)

救急隊や救助隊の選抜試験ですが、これも採用された本部によって様々ですので
一概に言えません。
一つ言えるのは、採用後に自分が「救急隊員になりたい」というアピールを上司に
見せ続けていくとだと思います。
(採用後、いきなり救急隊になれることはありませんので)

救急隊志望ということなので今出来ることの一つとして、
採用された所属の「救命講習」を受けられてはどうでしょうか?
「上級」「普通」とありますが、いずれも無料で受けられると思います。
救急隊員志望のアピールとしては、良いと思うのです。
それに今現在は、一般市民ですので堂々と受講できますよ(笑)

合格おめでとうございます!

前もって取得しておくと役に立つ資格ですが
採用される消防本部の地域の特性によって違いますね。
たとえば海岸を管轄する本部では小型船舶操縦士など持っていて
損はないと思います。

また勉強のほうですが、しいて言えば「一般常識の漢字」「基礎的な計算力」
を今一度復習なされておいたほうがいいと思います。(中学卒業程度で充分です)

幸運にも救急隊になられた場合、現場で患者さんの氏名を聞いても
漢字が出てこないことが、たまに(しょっちゅう)ありました...続きを読む

Q消防設備士どれから受ければ良い??

今日危険物乙4合格しました!!(T.T)/
転職を考えています。職種は消防員です.

消防設備士の乙1種から7種のどれを受ければ良いか悩んでます・・・
日常業務を考えるならば乙1種と乙4種かと思うのですが・・・
(1)私はこの順番で受けました!
(2)二科目同時受験 賛成or確実に一科目!

どうかアドバイスお願い致します!

Aベストアンサー

レスどうもです。
お話の内容だけからでは甲種受験資格は無いですね。
ところで、消防吏員(これが法令上の用語です)に
なりたいとのことですが、どんなことをしたいのですか?
消防の主だった職務には次のようなものがあります。
1.警防
2.鎮圧
3.救急
4.予防
5.その他
消防設備士が一番ものをいうのは「予防」です。
予防担当の職員を3年務めれば
甲種特類以外の甲種受験資格ができます。
甲と乙の違いは工事ができるか否か、言い換えれば
着工届を自分の名前で提出できるかどうかです。
よろしくです。

参考URL:http://www.shoubo-shiken.or.jp/

Q現役消防士で持っていると便利(有利)な資格?

こんにちは。今僕は消防の仕事に携わっています。
 最近よく思うのですが、公安系の仕事をされている方ってどんな資格を持っておられるのかが気になっています。
 特に、消防なら大型四輪や危険物といったものがあるのでしょうけど、持っていたら役に立つ資格は他にどんなものがありますか??教えてください。
 また、一般的に見て、持ってたら役に立ちそうだなと思うものがあればそれも教えてください。
 お願いします。

Aベストアンサー

救助やってます。
  大型自動車
  小型船舶
  潜水士
  スキューバー
  酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者(講習です)
を持ってます。
時間があったらクレーンと玉がけも取りに行きたいと思ってます。

あと最近ではJPTECを受ける人も増えていますよ。

Q消防設備士甲種全てと乙6、7を取るのに効率の一番良い勉強と試験方法

ビル管理に勤め始めたのですが、消防設備士は誰も持っていないので取得するように上司に言われたのですが、短期間(1年位)で取るのに効率の良い試験の受け方や免除をとるのに良い方法を知っている方、いらっしゃいましたら教えてください。
電工2種は持っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー


レスありがとうございます

取り方ですが、
乙6を取得して、(必須)
乙7の免除は
電気工事士の免除を使い
1・実技の免除
2・基礎的知識の電気に関する部分を免除
3・構造・機能・・の電気に関する部分を免除
乙6(が受かったとして)
4・法令の共通部分の免除
が出来ます これで、乙7類は たった10問です(しかも、実技なし)

甲種ですが、初めて甲種を受けるとして
電気工事士で免除が出来るのは、
「電気に関する基礎的知識」
「構造、機能の・・電気に関する部分」
「実技の電気に関する部分」の3つです。
そうして、1つでも取得できれば、法令の共通が免除
さらに甲1・2・3の内、1つをGETしたならば
他の1,2,3類の受験に
「基礎的知識」が免除になります。

ちなみに、電気工事士を持って甲1の受験とすると
基礎的知識ーーーー全10問の内、電気の部分4問が免除
構造・機械ーーーー全20問の内、電気の部分6問が免除
全出題 45問の内、合計10問免除
これに、実技が7問
すべて、60%以上で合格です(実技は、減点方式です)

それで、甲4を先にとれば(電気工事士の問題1部免除も使えるので)
法令の共通部分が免除できます。

さらに詳しくは、参考書の立ち読みでも・・


レスありがとうございます

取り方ですが、
乙6を取得して、(必須)
乙7の免除は
電気工事士の免除を使い
1・実技の免除
2・基礎的知識の電気に関する部分を免除
3・構造・機能・・の電気に関する部分を免除
乙6(が受かったとして)
4・法令の共通部分の免除
が出来ます これで、乙7類は たった10問です(しかも、実技なし)

甲種ですが、初めて甲種を受けるとして
電気工事士で免除が出来るのは、
「電気に関する基礎的知識」
「構造、機能の・・電気に関する部分」
「実技の...続きを読む

Q名刺に掲載できる資格って

ビジネスで使用する名刺に掲載できる資格と、できない資格、キャリアがあると聞きました。こんなルールあるんでしょうか?
私は金融機関勤務で、公的資格のほか、公的ではありませんが金融業界特有の資格(コンプライアンスオフィサーや個人情報保護オフィサー各1級)を有しています。対外的に信用をあるためにこれらを掲載してみたいのですが、一般的には公的資格しか掲載できないと聞いたことがあります。
法律などはないでしょうが、お詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

私は金融機関勤務者ですが、二級ファイナンシャル・プランニング技能
士(きんざいのHPに正式な名称での名刺への載せ方が書いてあります)
と宅建(県へ登録し、免許証も個人で取得しています)の2つを載せて
います。コンプライアンスオフィサーや個人情報オフィサーも持っては
いますが、個人情報保護は金融マンなら当たり前の事なので、1級だと
しても、載せる方は皆無だと思います。

Q消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験

消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験ですか、
また、資格をいかすとしたら、どちらが役に立つ資格になりますか

Aベストアンサー

> 消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験ですか、
私は危険物乙種の全類しか持っていないのでイメージで答えますが、本屋で立ち読みして見ると、消防設備士のテキストの方が難しく感じました。

> また、資格をいかすとしたら、どちらが役に立つ資格になりますか
どちらが役に立つのかは、私には判りません。
私の認識では消防設備士の資格は、消火または避難の為の機材に対するものなので、それらの製造・販売・メンテナンスに係わる業種で働くか、一般企業の中で便利な資格者として存在する形しか思い浮かびません。
危険物は、乙種で考えると1類~6類ありますから、取得した類に応じた業種に勤めていれば役に立つと考えます。危険物は必ずしもガソリンスタンド等でしか使えない資格では御座いません。


尚、危険物受験用講習会についてですが・・・
私の勤め先では社員に対して期限を決めずに危険物乙4取得を要求しており、毎年1名は必ず受験用講習会を自己選択で受講しております。講習会を受講した者が持っているテキストを見たり、講義スタイルを聞くと、昔とは異なり、出席しても合格の可能性を上げる事は無いようです。

> 消防設備士と危険物取扱者 どちらが難しい試験ですか、
私は危険物乙種の全類しか持っていないのでイメージで答えますが、本屋で立ち読みして見ると、消防設備士のテキストの方が難しく感じました。

> また、資格をいかすとしたら、どちらが役に立つ資格になりますか
どちらが役に立つのかは、私には判りません。
私の認識では消防設備士の資格は、消火または避難の為の機材に対するものなので、それらの製造・販売・メンテナンスに係わる業種で働くか、一般企業の中で便利な資格者として存在する形しか...続きを読む

Q消防設備士の免状が届くのは、試験後何日くらいかかりますか

消防設備士の免許試験(乙4)を12月6日に受ける予定です。
その後、乙6、乙7と受けようと思うのですが、乙4の免許があれば
法令の一部が免除されると申込用紙に書いてあるので、免許が届き次第
乙6、乙7と受けていこうと思っています。

消防設備士の免許試験後、免許が届くまでどの程度の期間がかかるもの
なのでしょうか?

お詳しい方がおられましたら、ご教授の程をお願い致します。

Aベストアンサー

消防設備士です。

免状発行は、東京と東京以外で変わってきます。

東京:合否通知は試験当日、免状交付は申請後2週間
東京以外:合否通知は試験後1ヵ月、免状交付は申請締切後(合格発表から10日)約3週間~1ヵ月です(地域によります)。万が一提出が遅れても受け付けてもらえますが、免状発行はその分延びます。


人気Q&Aランキング