ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

論文や国際学会などのタイトルで冠詞を入れるときもあるのはなぜですか?

学術論文や国際学会での英語タイトルでは、基本的に、theやaといった冠詞を全て抜かして書くのが
普通です。
しかしながら、たまにaやtheが入っている文章を見かけることがあります。
それもそのタイトル全てのに渡って冠詞が入っているのではなく
一カ所だけといったことが多いです。

例えば、ある論文のタイトルですが、
Effect of substrate potentials on the structural disorders of alkanethiol monolayers prepared by electrochemically directed assembly
といった感じです。
ある論文のタイトルですが、なぜ敢えて、structuralの前にだけtheがあるのか
意図が全く分かりません。

なぜこのように微妙に冠詞を入れることがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

SP さんのは、A についてはわかりますが、 the については何を言いたいのか、よくわかりませんね。



2番目の方も、書いてあるとおりで、部分的に理解してらっしゃるということのようです。

 実際、a 、the の使い方は、いつも大勢を悩ますもので、

  例をあげると、関係代名詞の使い分けとなどとともに、もっとも頭を悩まされるもののようです。

 以前日本で目にしていたものは、こういった文章を日本人のアメリカのバークレーなどで博士をとった人が

 作成し、その文章が、ことごとく赤字で訂正されてアメリカの役所から戻ってきていたのですが、

 それは興味深いもので、 関係代名詞などで、that を何度も使いすぎている(つまり日本人特有のややこしくしすぎ)

 which などもthat に修正される、それから the ,a の訂正がもっとも多かったのです。

  それは毎度毎度、数百枚に及ぶ文書の中で、いつもたいていそれが多いことから、

  とても興味をひかれたのを覚えています。

  初心者だからとか、そういうことではなく、はっきり言うと、アメリカで大学を出ても文法、英語の問題は
  常に頭を悩ますものであり、悲惨な場合、英語のことでクビになることもある、ということになります。

  寛容な会社やボスのもとでは、英語の少々のことではクビにならないかもしれません。移民が多いですしね。

  けれど、このことから、スタンダードで無難な英語文章が書けた方が良いことになります。

  別にバークレーが悪いわけではありません。バークレーに限らず、特殊な才能をもった日本で博士などだったり
  する人は、東京から青森まで50マイルと言おうと、その特殊せいゆえ、受け入れられ、研究に参加、そして

  卒業することができます。これは一つ、重要なことです。ただ、日常のことについては、とんと英語とんちである
  可能性があります。

   なので、卒業後、日本にかえって行く人も多いのは、彼らは英語力が十分ではないことを自覚している場合など
  が多いです。

  ですから、謙虚であることは更なる学びを得るということで、私が例にあげたその工学博士などは、
  運がいいと思います。日本企業にあって、アメリカの役所が添削してくれるのですから。

  クビなんてこととは無関係な立場での仕事ができているのです。

  ですので、私も知らないことはたくさんあるのですが、私は日本語でものを聞いたり、日本語を普段つかいません。
  日本人と話しませんから。(チャンス無いですし)会ってもお互い質問したりしません。

  質問は、アメリカ人にするべきであって、わかっている人たちに聞くべきだからです。

  もし、ここで質問されている方で、英語に関することだったとしたら(法律などでなくて)

  そして海外に住んでいる方だとしたら、正直とっても大変だろうと思います。

  日々のことを周囲の人に聞けず、フォーラムで質問しているのですから、悲惨です。

  さらには、回答者はいつも似たような人たちで、その回答の半分が、一部正解、あるいは間違っている

  というところでしょう。


   質問者もそのくらいは理解しておいたほうが良いと思います。


    私の場合、ひたすら、文章を英語で書く(タイプ)して覚えるほうなので、

  この the , a がかなり自然に使えるようになりました。

  おそらく間違えることもあるでしょうが、以前よりも指摘を受けなくなったということは、かなり自然になったということでしょう。

  で、おそらく回答者の方も感覚的なところで理解している部分が多いからうまく説明できないのではないかと察します。

  
で、本題ですけれど、 検索すればヒットしますが、

  The Effect of Structural Disorder on Scaling Behavior   http://prl.aps.org/abstract/PRL/v87/i18/e186807

    これが、disorder が単数であり、The がつくのは自然だと思えるでしょう。

   the structural disorders of alkanethiol monolayers


    私に言えることは、単純な間違いじゃないですか?

    Structural disorders か、  The structural disorder にしたかったのでしょう。


   だって、投稿者が外人たちですよ。

    Peng Diao、Qunchao Houa, Min Guob、Min Xianga and Qi Zhanga
    • good
    • 1

<effect も of の前にあるわけですが、the が必要ではないのでしょうか?>



ここだけは文頭なので the を省いているように見えます。私が示したように The effects of と書く方がむしろ普通だからです。
でも題名だから機械的に省くのではなくて、Effect と単数形にしています。これは単数形にすると不可算名詞のように感じられる英語の特性を利用していると考えられます。

<このケースのように敢えてstructuralの前にだけ入れている理由が分かりません>

前に議論したようにこの文章は論文の題名ということを離れてももともと the を入れるべき場所の殆どない文章です。文頭を別とするとこの文章で the を入れたい場所はもともと the structural disorders of の the だけです。

<実際にはthe やaを入れた方が良い場所でも入れないケースがほとんどです>

具体例がない議論は困ります。私の手元の本の文献爛でも
------The Transistor, a Semiconductor Triode
-----The Theory of p-n Junction in Semiconductors and p-n Junctions
-----A Proposed Class of Heterojunction Injection Lasers
といった題名の論文が並んでいます。つまり入れるべき時には入れます。
ところでこれらの文章でも複数形を用いた場所には the が入っていません。これは冠詞を入れないための工夫?ではあります。つまり
-----Transistor, Semiconductor Triode
-----Theory of p-n Junction in Semiconductor and p-n Junction
-----Proposed Class of Heterojunction Injection Laser
とはしていません。単に冠詞を抜くだけではなくて、そういう(複数化などの)工夫を織り交ぜながら、冠詞を減らしていく必要があります。
あなたが引用された論文も複数形を多用していますね。
    • good
    • 0

 本の題でもそうですが、冠詞の使い方で微妙に違いが出る時があります。



1. A Psychological Analysis of XXX

2. The Psychological Analysis of XXX

 1ですとXXXの心理的分析の一つの試み、2ですとXXXの心理的分析は、私のをもって、最高最終、これに過ぎる物はない、他はみんな、駆け出しのピーピーばかり、(あまり微妙じゃないか)という相違があります。まあ学会のプログラムは、新聞の見出しみたいな物で、うるさい物は抜きます。

 また英語が一種の国際語になったということは英語ネイティブでない学者が、嫌々ながら、委員とか、プログラムの編集委員を押し付けられたり(自信過剰の身の程知らずは、買って出たり)しますので、「要らないのは適当に抜いて印刷に回しといて、私大切なことで忙しいんだから」ぐらいの扱いでしょう。

 印刷屋は印刷屋で、「ここ1行にならないんですけど」と新入社員が聞くと、「これ何語?英語ってのか、a とか the っての邪魔だから、適当に抜いとけや、印刷代もう入金済みだろ? 俺税金の計算で今忙しいんだから、下らんことは聞くな」「はあい」みたいなことでしょう。
    • good
    • 1

題名だから the, a を取り除くという機械的な発想ではまずいと思います。



(1: The) Effect of (2: the) substrate potentials on (3: the) the structural disorders of (4: the) alkanethiol monolayers prepared by (5: the) electrochemically directed assembly

可能性のあるすべての箇所を上に示しましたが、(題名ではなく)普通の文章と仮定しても、どうしても the を入れたいと思う場所は実はほとんどありません。下記が普通でしょう。

The effects of substrate potentials on the structural disorders of alkanethiol monolayers prepared by electrochemically directed assembly

Effect は単数形にすることで一般化の意味を持たせているように感じられます。potentials, monolayers は複数形ですしこれに the を付ける気にはなりません (apples に the を付けないのと同じ)。assembly は不可算名詞で the を付けることも可能でしょうが、付けない方が普通でしょう。the structural disorders of は of の前なので the が欲しいところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ですが、やはり納得いきません。

実際にはthe やaを入れた方が良い場所でも入れないケースがほとんどです。
しかしながら、このケースのように敢えてstructuralの前にだけ入れている理由が分かりません、
effectもofの前にあるわけですが、theが必要ではないのでしょうか?

何か法則性のようなものがありましたら教えて頂けますでしょうか?

お礼日時:2010/07/21 00:43

バランスですね。

タイトルでは the を省略したりして簡素化しますが、ないと意味が取りにくいところではちゃんと付いています。

http://ci.nii.ac.jp/search?q=The&range=0&count=& …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で過剰書きする際の動詞の形

英語で、プレゼン資料を作っております。そこで気になったのですが、ちゃんとした文ではなく、簡素に箇条書きで項目を書く際、例えば、この機械を使えば「作業時間を短縮できます!」と書く場合、

Reducing productive time. と書くのか、Reduce productive time.か、どちらで書けばよいのでしょか?

一応、主語が機械であることは共通認識としてあるので、わざわざ-ingをつけなくても、動詞だけで(それも三単のsもはずす)でいいのではないか?と思っている次第です。


ご存知の方、よろしくお願いします。、

Aベストアンサー

 私は、箇条書きの場合to不定詞で始めるよう指導を受け、以来その通りに使っていますが、特にネイティブスピーカーからこの使い方で訂正を受けたことはありません。

 -To reduce production time

とすればいいと思います。べつに先行文がNo. 2の方の例文のenableのようにto不定詞を伴う文の形で終わっていなくても、「~すること」についての箇条書きであればto不定詞で始めます。

 また、Reducing productive timeは「生産的な時間を削減する」!となってしまいますので使えません。ご注意ください。

Q名詞+of+名詞の冠詞の付け方

標題のofを使ったときの冠詞の付け方が、今一理解できていません。
例えば top(名詞)+ of + page(名詞)で熟語を作りたいとき下記の例題で使用不可であるものを選び出し、理由を添えて頂ければ幸いです。

a top of page
a top of a page
a top of the page
the top of page
the top of a page
the top of the page

Aベストアンサー

冠詞は難しいですね。私は「今一」どころか半分以上解りません。しかし使わざるを得ないので一応考えながら使っています。使用可能かどうかではなく、意味的にありうるかどうかを考えるほうがよいと思います。実際に使われているかどうかはGoogleなんかで確認してください。
a top of page
pageが抽象化されて「top of page」のひとつ、という感じでしょうか。
a top of a page
あるページのトップの一つ、ですが何か変です。普通、トップは一つですから。
a top of the page
そのページのトップの一つ。やはりトップが複数あることを示唆していて変です。
the top of page
これはイディオムとしてあるのかもしれませんが、よく解りません。
the top of a page
あるページのトップ、ということで普通の表現です。
the top of the page
そのページのトップ、ということで普通の表現です。

Q「なお、~」の英語表現

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with
」というように)。

どなたかご教示下さい。

なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。法律関係は別ですが。
例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that (or, please note), in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。
単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多...続きを読む

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

Qenダッシュ(半角ダッシュ)の入力方法(テンキーのない場合)

恐れ入ります。

Wordの論文作成時にハイフンとダッシュの違いを指摘され、修正を
しております・・。

論文は英語のためenダッシュを入力したいのです。

テンキーのあるキーボードの場合、Cntl+テンキー「-」と記載がありましたが
現在使用しているノートPC(IBM)にはテンキーがなく
Cntl+「-」だと反応がありません。

簡単な方法をご存じでしたらぜひ教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

enダッシュなるものを初めて知り勉強になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5_(%E8%A8%98%E5%8F%B7)#en.E3.83.80.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A5

1.IMEでの入力方法
日本語変換はWindows附属のIMEでしょうか。
それならば日本語バーから「IMEパッド」を起動し
「文字一覧」をクリックしてください。
右上のリストが「シフトJIS」になっていたら「Unicode」に変更します。
その隣のリストより「一般句読点」を選択すると
ハイフンに似た記号がいくつか出ます。
文字の上にマウスカーソルをのせるとその文字コードが表示されるので
「Unicode:0x2013」とあるものがenダッシュにあたります。
この字の上でダブルクリックすると、Word上に表示できると思います。

2.テンキー利用
NotePCなのでテンキーがないとのことでしたが
NumLKキーがついていれば切り替えて
テンキーのようにキーボードを使用することが可能だと思います。
「=」のキーの手前斜面あたりに、マイナス記号があれば打鍵できますよ。

enダッシュなるものを初めて知り勉強になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5_(%E8%A8%98%E5%8F%B7)#en.E3.83.80.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A5

1.IMEでの入力方法
日本語変換はWindows附属のIMEでしょうか。
それならば日本語バーから「IMEパッド」を起動し
「文字一覧」をクリックしてください。
右上のリストが「シフトJIS」になっていたら「Unicode」に変更します。
その隣のリストより「一般句読点」を選択すると
ハイフンに似た記号がいくつか出ます。...続きを読む

Q映画のタイトルと冠詞、同格表現とカンマ

細かい点で恐縮ですが、どなたかお教えください。

次の文章は映画「ラストサムライ」と 渡辺謙についての話で、ある英語研修会で配布された教材の一部です。

“The Last Samurai” is a spectacular adventure and Ken Watanabe is stunning as Katsumoto, a noble 18th century warrior. With this role, ken was nominated for a best supporting actor in the 76th Annual Academy Awards.
Ken Watanabe, 44, never appeared in an American movie before the “The Last Samurai” but Ed Zwick, the director of the film said, “When Ken walked into the room, and within two minutes, we knew he was our man.” (以下、省略)

質問(1)第2段落の第1文にあるthe “The Last Samurai”の部分は、普通の表現でしょうか? この場合theはとるべきではないか、と思うんですが。

質問(2)そのあとのbut Ed Zwick, the director of the film said,…の部分ですが、the directorの後にカンマが必要なのではないかと思うのですがいかがでしょうか?Ed Zwickを同格表現を用いて、この順番で説明するときはその前だけではなく、後ろにもカンマを打つべきだと今まで思っていたんですが。

よろしくお願いいたします。

細かい点で恐縮ですが、どなたかお教えください。

次の文章は映画「ラストサムライ」と 渡辺謙についての話で、ある英語研修会で配布された教材の一部です。

“The Last Samurai” is a spectacular adventure and Ken Watanabe is stunning as Katsumoto, a noble 18th century warrior. With this role, ken was nominated for a best supporting actor in the 76th Annual Academy Awards.
Ken Watanabe, 44, never appeared in an American movie before the “The Last Samurai” but Ed Zwick, the ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)the "The Last Samurai"ですが、
theはなくてもいいような気もしますが、あっても構わないようにも思います。冠詞の感覚はネイティブにしかわかりづらいところも多いのですが、冠詞がないと概念がイメージされ、冠詞がつくと実体をイメージするような気がします。
the "The Last Samurai"は、「この」"ラストサムライ"で・・・で映画の存在を強調しているようには取れます。
"the The ~"の表現は著作権の表記なんかではよくある(Copyright ? 2005 by the The American ××など)のですが、上のような使い方が適切かどうなのかはよくわかりません。

(2)カンマが必要だとすれば、the filmのあとでしょう。
but Ed Zwick, the director of the film, said,…
でも"the film, said,"とカンマだらけで見苦しいし、読み間違いはしないので省略してもよいでしょう。カンマに関してのルールはかなり流動的だと思います。ちょうど日本語の読点(、)が人によって違うように。

(1)the "The Last Samurai"ですが、
theはなくてもいいような気もしますが、あっても構わないようにも思います。冠詞の感覚はネイティブにしかわかりづらいところも多いのですが、冠詞がないと概念がイメージされ、冠詞がつくと実体をイメージするような気がします。
the "The Last Samurai"は、「この」"ラストサムライ"で・・・で映画の存在を強調しているようには取れます。
"the The ~"の表現は著作権の表記なんかではよくある(Copyright ? 2005 by the The American ××など)のですが、上のような使い方...続きを読む

QDr. Ph.D.

英語の表記について質問です。英語のタイトルで、名詞等で、”Dr."と”Ph.D."は使い分けていると聞いたことがありますが、それは本当でしょうか。それぞれの意味を教えください。また、日本と米国に意味の差があればそれも教えてください。

Aベストアンサー

面白そうな質問なので見てみたら、いろいろな回答が出ていますね。
僕も自分なりの回答をしてみようと思います。僕はアメリカの大学からのPh.D.を持っていますが、僕の回答にも間違っていることもあると思います。でもまあ、日常生活においてはこの程度の理解で問題ないだろう、というくらいの回答はできると思います。

まず、Dr.はDoctorの略語で、Doctorには医者と博士の2つの意味があります。Doctorと近い単語のDoctorateになると、意味は博士に限定されます。
Ph.D.(D.Phil.と書くこともありますが)はDoctor of Philosophyの略語で、哲学博士ということになります。ただし#6さんが書かれているような歴史的経緯で、理学、工学、社会科学、その他諸々、ほぼ全ての学問分野でPh.D.が使われています。
これがDr.とPh.D.の言葉の意味です。

さて、Dr.とPh.D.の違いを知るには、どんな人がDr.なのかを説明するといいでしょう。以下の人はみんなDr.です。

医者(M.D.; Doctor of Medicine)
医者というだけでもDr.ですが、M.D.という学位自体は博士レベルの学位と規定されているようなので、学術的にもDr.です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Medicine

医者の卵(B.M.; Bachelor of Medicine; 医学学士)
Doctor には医者の意味があるので、医者の場合についてのみは、学位的に学士レベル相当でもDr.が使われるらしいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Physician

研究系の博士号(Ph.D.)
例外もある気がしますが、少なくともアメリカでは、研究系の博士号=Ph.D.と思っておいていいと思います。イギリスでは#3の方のいわれている「上級学位」も使われていると聞いたことがありますが、アメリカでは聞いたことがありません。
下のリンクによるとD.Sc.の場合、イギリスでは上級学位、アメリカでは工学など比較的新しい学問領域を中心に与えられるPh.D.相当の学位となっているようです。でもアメリカでは普通は、新学問領域でもPh.D.を使っています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Science

実務系の博士号(Doctor of XXXX)
Doctor of Education(Ed.D.)、Doctor of Business Administration(D.B.A.)などは実務系の博士号です。博士号の価値自体に上下をつけるのはよくないかもしれませんが、研究系の博士号よりも低く見られる傾向にはあります。その他、Doctor of Engineering(D.Engr.)などがあります。
ちなみに、アメリカで例えば工学系のPh.D.とD.Engr.の違いは、プログラム自体がPh.D.ならより研究系、D.Engr.ならより実務系、と僕は理解していますが、ここは少し自信がありません。

名誉博士号
いろいろな分野で名誉博士号があります。

上記の全てがDoctorです。敬称として使う場合はMr./Ms.のかわりにDr.が使われることが多いです。

質問にあった名刺についてですが、アメリカでは「Anthony Robison, Ph.D.」とか、「Anthony Robison, M.D.」とか学位名の後または下に学位が書かれたものをよく見ます。
「Dr. Anthony Robison, Ph.D.」という風な名刺も見たことがありますが、一般的ではないようです。自分に敬称を付けると変だからかな、と思います。

ところが、日常生活での自己紹介や手紙などでは、My name is Dr. Anthony Robisonという使い方も多く見ます。この使い方は僕にとっては少し奇妙なんですが、普通に広まっています。
この場合、多分Dr.は敬称としての意味合いより、「私は博士学位をもっています」という学位名併記に近い感じで使われていると思います。

面白そうな質問なので見てみたら、いろいろな回答が出ていますね。
僕も自分なりの回答をしてみようと思います。僕はアメリカの大学からのPh.D.を持っていますが、僕の回答にも間違っていることもあると思います。でもまあ、日常生活においてはこの程度の理解で問題ないだろう、というくらいの回答はできると思います。

まず、Dr.はDoctorの略語で、Doctorには医者と博士の2つの意味があります。Doctorと近い単語のDoctorateになると、意味は博士に限定されます。
Ph.D.(D.Phil.と書くこともありますが)はDoc...続きを読む

Q“thus”の文頭での使い方

academic essayを書く練習をしている者です。“thus”の使い方について、よく分からなかったので教えてください。文頭に“thus”を持ってくる場合、“thus”の直後に“,”は置くべきなんでしょうか、置かないべきなんでしょうか?辞書に載っている例文には付いているものがあったり付いていないのがあったりするし、nativeの人に聞いても人によって意見がばらばらで、いまいちよく分かりません。自分でも一応調べてみたつもりですが、結局すっきりしないので、わかる方がいらしゃったらどうぞ教えてください。

Aベストアンサー

コンマは付けない方が賢明だと思います。
今まで、読んできた本の中では、多くは付いていなかったように思います。

これをごまかす方法もあります。
文頭に来ると言うことは、thusは「このようにして」という意味で漬かってますよね?
この場合、thus=in this wayとしてコンマを付けずに入れても良いと思います。

ちなみに、nowは一般に
I am playing the piano now.
Now,I am ~.
となります。

Q図面の説明文における冠詞の省略

詳しい方にお尋ねしたく思います。科学技術の解説文を書いて英文校正の会社に添削を依頼することがよくあるのですが、図面の説明文について気になることがあります。これまでの経験では、半数の添削者は図面の説明文では冠詞を削除します(本文についてはそのようなことはない)。たとえば「トランジスタの断面」を示す図の説明に "The cross section of a transistor" と書いておくと "Cross section of transistor" というように直して来ます。ところが残り半数の添削者は "Cross section of transistor" と書いておくと "The cross section of a transisitor" のように冠詞を入れてきます。これは、どちらでもよくてあまり気にすることではないのでしょうか。また、解説文のタイトルなどでも同じようなこと(冠詞は付けても付けなくても可)が言えるのでしょうか。

Aベストアンサー

私は長く外国のengineering会社で働き自分で図面も書きましたが、図面では the, a はつけません。タイトルでも不要です。the, a がついてなくても意味は通じますし、そのほうが図面がすっきりします。(勿論図面上に書く名称でもtheやaが固有名詞に含まれているのであればこのかぎりではありませんが)

Q・(中黒)に対応する英語表記

英語での正式な書類を書くときに「・(中黒)」はどのように英語表記するものでしょうか?

- A・Bユニット
というようなものがあった時に全角である中黒はそのままでは使えないと思います。

- A/Bユニット
のような書き方になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 #2です.捕足です。

>>A・BユニットはAとBから構成される(1つの)ユニットなのですが、この場合は、「A and B unit」とunitは単数でいいのでしょうか?

 こう言う時は誤解を避けるために a unit consisting of A and B と言ってはどうかと思います。

例えば、ブレーメンの音楽隊を1つのユニットとする場合「ロバ, イヌ, ネコ and ニワトリ unit」で正しいでしょうか?

a band consisting of a donkey, a dog, a cat, and a rooster、みたいなことでしょうかね/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング